【全自動車メーカーリコール情報】 ほとんどのパジェロミニに起きるAT不具合がリコールにならない理由




ずいぶん入院が伸びましたが あと一週間ほどで

退院できそうなめどが立ちました


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

パジェロミニ H58A

前の記事に書いたように ATの滑りが再発して

バックできなくなり 私のもとに来て二度目 の

トランスミッション交換に踏み切ったのですが

これも前述したように 最初に交換したリビルドATの

保証が効いたので トランスミッションの部品代は

かかりません




そしてこの部位の交換作業と動作検証は

すでに完了しているそうです


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

もともとは定期点検での工場入りが長期入院の端緒でしたし

インタークーラーのパイプやタイベルの

プーリーテンショナーなど 数点の劣化が 見つかって

それらの処置のため 一週間ほど退院が伸びた次第…


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

しかし 約1年で二度も起きた 同じATのこの弱点…

ある程度の距離を走った三菱軽AT車の動力伝達が

滑ってしまう症状なんですが 修理を待つ間に

ふと気がつきました

これってもしかしたら リコール対象なんじゃないか…

と いうことで 少しググると 同じことを考えている方もいました


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ
天然ガス, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

H42 トッポBJのAT滑りや変速ショックを修理した

プロの方も 同じメーカーの修理事例に 何度も

出くわしたそうで リコールを懸念されてます



そもそもリコールとはどういうことなのかというと…


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

国土交通省によれば

同一の型式で一定範囲の自動車等又はタイヤ、
チャイルドシートについて、道路運送車両の保安基準に
適合していない又は適合しなくなるおそれがある状態で、
その原因が設計又は製作過程にあると認められるときに、
自動車メーカー等が、保安基準に適合させるために必要な
改善措置を行うことをいう


なのだそうです


ちょっと探しても かなりのパジェロミニで

同じ不具合が出ているようですが これらはあくまで

SNSで発信された困り感や 注意喚起の情報です

リコールに足る根拠としての効力があるのかというと

微妙な感じがします


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

保安基準に適合しないことがマズいのでしょうが

不適合による具体事例とは 要はそれに起因して

起きた事故の報告が複数存在するか ということに

なるからです


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ
特命掛りの青島, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

リコールになるか否かの発議はメーカー側の判断によりますが

各社とも 情報を開示する義務が課されているのでしょう

国内で正規販売される自動車は そのメーカーHPに

リコール情報の告知や 自分の車が該当するか検索できる

Webコンテンツが用意されています


国産車メーカー
メーカー名WEBサイト
いすゞメーカーサイト
カワサキメーカーサイト
スズキメーカーサイト
スバルメーカーサイト
ダイハツメーカーサイト
トヨタメーカーサイト
レクサスメーカーサイト
日産メーカーサイト
日野メーカーサイト
ホンダメーカーサイト
マツダメーカーサイト
三菱メーカーサイト
三菱ふそうメーカーサイト
ヤマハメーカーサイト
UDトラックスメーカーサイト


輸入車メーカー
メーカー名WEBサイト
Stellantisジャパンメーカーサイト
アウディメーカーサイト
ベントレーメーカーサイト
BMWメーカーサイト
BMW アルピナメーカーサイト
ジープ / クライスラー / ダッジ メーカーサイト
シトロエンメーカーサイト
フェラーリメーカーサイト
GMメーカーサイト
ハーレーダビッドソンメーカーサイト
ジャガーメーカーサイト
ランドローバーメーカーサイト
メルセデス・ベンツメーカーサイト
プジョーメーカーサイト
ポルシェメーカーサイト
ルノーメーカーサイト
ロールスロイスメーカーサイト
テスラメーカーサイト
トライアンフメーカーサイト
フォルクスワーゲンメーカーサイト
ボルボメーカーサイト

※ Stellantisジャパンは アルファロメオ・フィアット
・アバルト・ジープ・クライスラーが含まれます



ということで 三菱自動車のリコール情報のページで

調べてみたところ 似た症状のリコール案件がヒット

ただし このリコール対象車種に パジェロミニは

含まれていません


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

症状的にはそのものズバリな感じもしますが

よく見ると違うかなと…(^^;

ネットで調べた町工場のパジェロミニATの修理事例とは

厳密には不具合箇所が異なるようです


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

また 先ほど書いた三菱のHPでは 車体番号を入力すると

その車種のリコールを調べることができるので

やってみましたが…


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ
パジェロミニではバルブボディーのリコール情報は無し

出てきたのは 別個所のリコールのみ…


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

ターボ付きのECU 制御プログラム不良による

排気マニホールド破損のおそれと…


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

ラジエーターファンモーター構成部品の不良による

ファン停止のおそれがあることで AT不具合は該当なし

さらに 車ごと個別に修理歴も分かるので

車検証に記載された車体番号を入力して

調べてみましたが…


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

私の車両はすでにECUやファンモーターのリコール対応済みです

これはこれで良いのだけれど パジェロミニでAT滑りが

起こりやすい件は 残念ながらリコールになっていないという

結論に達しました


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ
DY5W-スポーツ, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

確かにミニカやトッポBJなどとパジェロミニは

エンジン形式は違うし 4気筒と3気筒の違いも

あるんですが 「変速ショックや変速不良が発生し

後退不能となる」
と書いてあり 経緯や症状は

共通項がありそうなので 消化不良な感じが残ります


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

思うに 三菱HPのミニカ等のリコール案件に記載されている

不具合が パジェロミニに適用されないのは この不具合で

おそらく事故は起きておらず 人的被害がないであろうこと

また古いクルマなので 経年劣化として処理され

修理されたり廃車になったりするケースが多そうなこと


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

誰も事故で痛い思いをしていないのなら 古いクルマだから

仕方ないよね と 大ごとになっていないのではないかと

感じます


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

悔しいけど あがいてもダメみたいです…

ちなみにネットで調べた修理事例では

AT開けてガスケット片を取り除いたら直ったとか

中にはATフルードを全取っ替えしただけで全快したという

幸運な方もいらっしゃる感じ…


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

この4月から異動があり 相変わらずパジェロミニは通勤に

使用するのですが 幸い3月までより 圧倒的に

通勤距離が短くなるので 今までよりトランスミッションの

負荷は減らせる筈です


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

普通に乗っていれば の話ですが 新しい通勤経路は

普通の道しかないので 大丈夫でしょう きっと…


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

かくして駆動系はまもなく元に戻りそうですが

もうひとつ 気になっていることがあります

それは 車体を真後ろから見ると一目瞭然…


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

明らかに右が下がってますね


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

これ リアショックに原因があります

リア右のアブソーバーがきちんと機能していないのです




乗っていてまったくダメな感じではないのですが

減衰が効いていないことは 自宅でのタイヤ交換時

ジャッキアップしたときに リアの右タイヤがなかなか

地面から浮かないことで 確信を持ちました


なのでこれはすでにオーダー済みです



ホントはこっちが欲しかったのですが

実は長女が念願かなって某T芸大の入試で桜を咲かせたので

学費ねん出のため 少しでも安いほうにした次第…(^^;


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

間に合えば 今回のトランスミッション換装と合わせて

三菱でやってもらうつもりだったのですが

オーダーしたカヤバのショックが届くまでに

時間がかかってしまったんですよね


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

なので今回の修理にリアショック交換を乗っけるのは

断念しました…(^^;




ま もともと自力で交換するつもりで 先にウマを

(リジットラック) 買っておいたので あとは 油圧ジャッキが 

入手できれば 自分で 交換できるはずです




ただしこうなると しばらくパジェロミニでのソロキャンには

出れない感じ…(^^;


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

仕事もしばらく忙しいでしょうから あっという間に

大型連休までノーキャンプのまま過ぎていきそうな…

いやな予感しかしませんけどね (^^;


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

リコールにはならずとも 部品代は保証で無償でしたが

工賃はある程度かかりますからね


何がなんでもキャンプだし パジェロミニ 三菱 全メーカー リコール情報 AT ノッキング 滑り KYB ショックアブソーバー ソロキャンプ

リアショックくらいは自分で取り換えようと思います




更新の励みになります



にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

バナークリック、ぜひともお願いします 


PVアクセスランキング にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



テーマ : パジェロミニ
ジャンル : 車・バイク

tag : パジェロミニ三菱全メーカーリコール情報ATノッキング滑りKYBショックアブソーバーソロキャンプ

【パジェロミニ廃車危機】 リビルドAT換装1年でトラブル再発・修理を諦めた矢先に伸びた救いの手とは?




今年最初のキャンプだった久保キャンプ場は

その気になれば デリカでなく パジェロミニでも

行けた場所です


何がなんでもキャンプだし

昨年の晩秋にパジェロミニで行った奥道志ACより

自宅に近くて 長男と私とココアなら テンティピと

薪ストを積んでいたとしても パジェロミニで問題なく

行くことができたキャンプ場だったのですが…


何がなんでもキャンプだし

デリカを 使わざるを得なかった事情がありました

実はこのとき パジェロミニのトランスミッションに

滑りが出てしまったのでして…


何がなんでもキャンプだし

このトラブルは 今回が初めてではありません

ちょうど1年前も滑りが出て リビルドトランスミッションに

交換したのは記憶に新しいです

ただし前回は 前進のみできなくなっていたのですが

今回は逆の症状が出てます

バックがスムーズに行えない状態です


何がなんでもキャンプだし

スムーズではないと書いたのは 全くバックしないのでは

なくて エンジン始動直後は問題ないのです

しかし 15分くらい走行して いったんエンジンが暖まると

リバースに入れても動力が円滑に伝わらなくなる感じ

3千くらいまで回転を上げると 突然 ガツンとつながって

ダッシュで バックするといった状態なので 怖くて

キャンプ場に乗り付けるなんて とてもできませんでした


何がなんでもキャンプだし

前進は何の問題もないので 日常では上の画像のような

工夫が必要になってます

通勤で 自宅を出たばかりだと 例えば狭い道で

対向車に出くわしても道を譲るためにバックできますが

職場に着く頃には エンジンが暖まり切ってますから

バックしづらいので 仕方なく頭から駐車場に入れなくては

なりませんでした


何がなんでもキャンプだし

リビルドに交換して まだ1年経ったかどうかだったのですが

実はこれ そんなに珍しいことではないようです


何がなんでもキャンプだし
天然ガス, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

エンジンが暖まるとバックできなくなるこの症状は

ある程度の距離を走った三菱の軽オートマ車に

よく起きるトラブルらしく 直し方も探せました

オートマトランスミッションを開腹して バルブボディを

交換したり ATオイルパン内を点検しバルブボディを

洗浄し ガスケット片を取り除いたりとか あるいは

ソレノイドバルブを中古良品と交換したりといった

修理方法が検索でヒットしましたが どれも面倒だったり

繊細な作業だったりして 整備士さんを泣かせる面倒な

施術ばかり…


何がなんでもキャンプだし

このトラブル パジェロミニだけでなく アイや

ミニキャブなどの古めな三菱AT車でも起きるらしく

「 三菱 軽 バックできない 」などでググると かなりの

事例がヒットします


何がなんでもキャンプだし
特命掛りの青島, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

他社製の軽の事例もありますが 圧倒的に三菱車の

ケースが多いので 同社製の軽ATの弱点であることは

間違いないようです


何がなんでもキャンプだし

そもそも 私がパジェロミニを購入したのは

職場の配置換えで 乗りつぶしてもいいような足が

必要だったから という理由が第一義だったことに

ほかなりません


何がなんでもキャンプだし

そしてこの年度替わりに 再び配置換えがありそうで…

つまり仕事で使うという名目は消えてしまいそうな

趨勢です


何がなんでもキャンプだし

もともと 14万キロの過走行な中古車を入手してますから

購入時に そうなる日が遠くないことは覚悟の上でしたが

ここへ来て 覚悟の二文字の現実味が増してきてしまった…


何がなんでもキャンプだし

悪いことを思い出せば 正直 燃費は最悪な数値でしたし

あちこちいろいろと壊れたしなぁ…(^^;



ですが ほんの1年前くらいに大枚はたいて

トランスミッションを直したばかりですからね


そして…


何がなんでもキャンプだし

仕事でも乗りましたが 私用でも乗ってましたし

ソロキャンプの足にもなってたし…


何がなんでもキャンプだし

何より パートタイム四駆で四気筒という ガラパゴスだけど

今後 二度と作られないコンポーネントの軽クロカンは

通勤でしか乗れない日でも 楽しさを感じる車であることは

確かです


何がなんでもキャンプだし

デリカ乗りのみなさんにはごめんなさいなんですが

正直いうと 勝手に速く走ってくれる FFベースの四駆より

だんぜん 面白いと感じた2年間でした…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

CUSCO LSD type MZ リヤ 1.5WAY パジェロミニ H53A/...
価格:132000円(税込、送料別) (2023/3/12時点)


トランスファーを四駆に入れて 低速の転回が辛くなっても

愛しさすら感じてましたし いつの日かクスコのLSDを

突っ込んでやろうかななんて 無謀な夢を

見たりもしたりして… (笑)


何がなんでもキャンプだし

そこで決意しました

なんとかして直せないかと いろんな情報を集めてみることに!

すると 同じような状態から直ったケースをいくつか

見つけたのですが 成功事例をおさめた方々が

たどった道に共通点があることに気づきました


それはまず ディーラーの門戸を たたくこと


何がなんでもキャンプだし

…と言っても ディーラーでは リビルドトランスミッションへの

換装を勧められて修理見積りで諭吉20~30と提示され

廃車にするか ディーラー修理を諦めるかする事例が

ほぼ100パーでしたけどね (^^;

その後 廃車にしない道を選んだ方がたどる道は

町の修理工場に修理依頼したり 中には自分で直したりする

ツワモノもいられるようでした


何がなんでもキャンプだし

自分の場合 自力では無理なので 同じような三菱軽ATの

修理歴のある工場を近所で見つけておいてから ちょうど

定期点検の日程にあたったこともあり まずはいつもの

ディーラーに持ち込んでみることに…


何がなんでもキャンプだし
東日本三菱自動車販売株式会社より

こちらから症状を伝えて相談し いちおうATフルードを

交換してみると言われたので お願いしたところ 案の定です

ネットで見た情報とまったく同じ経緯をたどります



入庫の翌日 スマホに入った連絡では ATFを交換したところ

まったくバックできなくなったとのことで

一瞬 廃車を決意しなくてはならないか と 考えましたが

三菱営業さんの電話の続きでは どうやら前回交換した

リビルドトランスミッションの保証期間が残っているとのこと…


何がなんでもキャンプだし

つまり 部品代は無償交換できるということです

いやいや よかったわ (^^;

整備歴にも拠るのでしょうが 私の場合は まず

ディーラーに相談したのは大正解だったようです


何がなんでもキャンプだし

工賃はある程度かかると言われましたが 保証が残ってるなんて

まったく想定してませんでしたからね

再びリビルドトランスミッションを 取り換えた場合の

修理費用の想定もしており そうした場合の総額より

だいぶん安かったので 即答で保証での交換を

依頼したのは言うまでもありません


何がなんでもキャンプだし

ということで現在修理中ですが 前回の

トランスミッション交換時も けっこう時間がかかったので

今回も待つ必要があるみたいです


何がなんでもキャンプだし

そんな無理な乗り方はしてませんでしたが 古いし過走行だし

もともと ATに弱点がある車だと考えるとね…


何がなんでもキャンプだし

まったく思い当たるふしが 無いとは言い切れませんけど

今回は運が良かったらしい…(^^;


何がなんでもキャンプだし

サービス工場から出てきたら アクセルの踏み方や

エンジンオイルの交換サイクルを引っ張らないことなど

以前よりさらにいたわりながら 乗り続けようと思います






更新の励みになります



にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

バナークリック、ぜひともお願いします 


PVアクセスランキング にほんブログ村



関連記事

テーマ : パジェロミニ
ジャンル : 車・バイク

tag : パジェロミニ三菱自動車軽クロカントランスミッションにダメージAT滑りリビルトトランスミッション載せ替え廃車バルブボディー保証期間

【TCテントを汚してしまったら】 薪ストで焦げた疑惑から復活・TCテントやタープをきっちり洗濯し撥水処理する方法




2月中旬の道志村では まだ氷点下になる時間帯が

あることはわかっていました






ということはもちろん薪ストキャンプになります

今年になって こちらの薪屋さんで求めた広葉樹薪を

持ってきてありました




東京薪販売さんです

キャンプに持ち込んだ薪は 果樹コンテナに2箱

約40キロで 雪が残っていると知っていましたから

きっと寒くて 40キロくらいは軽く使い切るだろうと

考えていたのですが…




朝になっても消費したのは半量にも満たず

だいたい15キロくらいで このあと使う分を

差し引いても コンテナ1箱で収まりそうです




朝10時でも幕外の気温は4度までしか上がらず…

外が寒いことは間違いないので 意外に感じます




これは芯を交換したアルパカが

思いのほか火力が高くて 暖かかったからだと思います




前述したように 薪ストの煙突の長さ調整に失敗したまま

運用していたので 薪の消費が少なくて済んだのは

不幸中の幸いでした




煙突の先端がテンティピの天頂部と同じくらいの高さにしか

なっていない状況で 風向きが変わらないことへの祈りは

虚しく やはりテンティピ天頂部はダメージを受けた感じ…




撤収してテンティピを畳む段階になれば

もっと間近で確認できるはずです

あまり考えたくないことを考えながら

撤収を開始します




正午を過ぎると 太陽が高くなり もう少し暖かく

なってきました

おかげで撤収のピッチも上がります




デリカをバックさせ テンティピに近づけて

荷物を搬入しやすくして…




薪ストの撤収をしながら 新しい装備も加えた

煙突まわりを振り返ってみることに…




アイアンストーブちびの継ぎ煙突

実は焼き付きやすく 撤収時に外れにくくなることが

多いです そのため本数を増やすことを躊躇ったのですが

それでももう一本 継ぎ足すべきでした




自作と市販品を組み合わせて長さを稼いだ煙突ガードは

成功です

ちょうど良い位置に吊り下げられましたが 継ぎ煙突を

足すのであれば 吊り具の再検討が必要になります




雨傘の支柱部に30cmのステンワイヤーを通し

吊り下げているのですが 継ぎ煙突をもう一本足すなら

煙突ガードの位置を下げる必要があるので

ワイヤーの長さを倍にする必要がありそうです



ワイヤーは2本使うので これと同じものをもう2本

用意しなくてはなりません

この吊りワイヤーは どのホムセンでも

たいてい置かれているので すぐに入手可能です




そしていよいよテンティピを畳む段階へ…




センターポールを引き抜いて 天頂部が地面に

着地したのち おそるおそる見てみると…




これは… 焦げてしまったのか?

うーん いろんな意味でダメージがでかい…




焦げたのか 煤けただけかわかりませんが

とりあえずトップハットのコードをはずして

自宅で対処することに…




のんびり作業していたら いつの間にか時間が

経ってしまい 撤収の完了したのはこんな時間に

なってしまった…






空模様が怪しくなってきたので 途中から急いだのですが

これだけ遅れたのは テンティピを焦がしたかもしれないという

ダメージが 大きかったということ…




幸い帰路は雨も雪も降らず 無事に帰宅して

荷下ろしを済ませてから テンティピ トップハットの

復旧を試みます




焦げたのではなく煤けただけと信じて マジックリンで

ガシガシこすり洗いしたところ…




ほっとしました

焦げてはおらず 煤けただけだった…

近年まれにみる綺麗な状態まで戻せました




でも洗っただけじゃダメなので 撥水処理も施します

ニクワックスのコットンプルーフです

ジルコン15全体に撥水処理するには これが2本必要なので

自宅に2本キープしておいたものから 少量だけ使いました




コットンプルーフ1に対し 水9で希釈しますが

かなり溶けにくいので 割り箸でしつこく攪拌します

もっと大量に使うなら 大き目の塗料バケツと

電動ドリルがあれば こんなものを用意すると楽になります




エポキシなどを拡販するドリルのアタッチメント

コットンプルーフはとにかく溶けにくいので

電動工具の力を借りたほうが格段に作業が捗ります




今回はそこまでの量ではないので 手で攪拌した希釈液に

トップハットをどっぷり浸します

テンティピ ジルコン15は全高3.6m で 底面の直径6m の

巨大なTCテントです




トップハットは小さめのパーツなので 小ぶりな塗料バケツに

浸せましたが 全体を撥水するなら…




デッキブラシと 多めの洗濯洗剤と

広めのコンクリート張りされたような場所が

必要です




すすぎはジェット水流が放出可能な

ガーデンホースがあったほうが良いでしょう




また 水を吸ったTCテントはかなり重くなりますから

濡れた状態で運んだり動かしたりする必要が

生じた場合は…




大きめで強めなポリ袋を用意すれば

運搬しやすくなります

転がせるようになりますから(笑)




さらに撥水材の塗布にあたっては

塗料バケツと刷毛が絶対に必要です




テンティピ ジルコン15の場合は6リットル近い

水でコットンプルーフ2本を希釈しました




このバケツだと6リットルはあふれてしまうので

3リットルずつ希釈して 作業してました



次にジルコン全撥水するときは

これくらいのサイズのバケツを用意するつもりです


…で トップハットの撥水はもっと簡単なので

あとは固く絞って干して乾けば

再撥水完了




この状態で一昼夜放置して乾かし

試しに乾いた状態で水をかけてみましたが…




きっちり弾いてます

無事に復旧完了です




過去に一度だけジルコン15を全洗いして

全撥水処理を試みましたが あまりに

大変だったので 縫製部だけ塗布にとどめました




また汚れてきたので 近いうちに二度目の全洗いと

今度は最後まで全面再撥水処理を施そうと思います




あと煙突の突き出しはこれくらいになるように

今シーズン中に何とかセッティングのめどを

つけたほうがよさそうで 春休みを取りたいものですが

たぶん 取れないだろうなぁ…(^^;



更新の励みになります



にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

バナークリック、ぜひともお願いします 


PVアクセスランキング にほんブログ村



関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場TCテント薪ストーブキャンプキャンプギアメンテナンスニクワックス撥水コットンプルーフ煙突ガードキャンプギア自作

【初春の通年営業キャンプ場】 止水トイレを使うマナーと薪スト煙突調整失敗の予感と



2月15日の朝

久保キャンプ場です


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

昨日は雪がちらつく時間もありましたが

この日は朝から 晴れました


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

たまたま仕事の休みが取れて 平日にキャンプへ

出ていたこともあり 我々以外の利用者はいません

貸し切りの場内のため 朝のココアの散歩は

ノーリードです


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

目の前は深い淵でしたから 泳ぐことが好きな

ワンちゃんなら 飛び込んでしまうかもしれませんが…


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

でも こんな場所でも大丈夫です

ココアは久保キャンプ場に何度か来ていて

暑い時期なら川に入ることもありましたが

今は足先を浸けるだけで とんでもなく冷たい

思いをすることは わかっているようでした


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

この時期に 自分から川べりまで近づくことはなく

水ぎわへたどり着く前に引き返してます


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

以前 3月下旬のキャンプで沢近くに設営したとき

調子に乗って入水したけど そのあと陽が翳ってしまい

寒くなって震えていたことがありましたが…


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

この時の記憶が蘇ったのかもしれません

同じ水系の川と沢でしたからね


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

桟敷の道志川側は ココア連れだと これ以上は

上流に進めないので引き返し 管理棟方向へ向かいます


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

まずはトイレへ

もちろんこの時期は 凍結防止のため

全ての水場の給水は止まっています


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

それでも使用後に流すことはできますから

必然 こういうことになるのです


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

トイレ前には大量のバケツに水が汲まれ 置かれてます

水は道志川から手で汲んだもので トイレの使用後は

このバケツ水を使って流すことになります


ただ単に流せばいいのではなくて

空になったバケツは使用した人が自分で

道志川へ降りていき 水を汲んで戻すのが

お約束…


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

ただし 川から水を汲むことになるので

できればバケツの中に 砂や落ち葉などのゴミが

入らないよう川の水を掬ったほうが良いことは

言うまでもありません


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

混ざりものがある水を流して 排水管が詰まれば

とんでもない迷惑がかかりますし…

この修繕は別の要因だと思いますが

排水管工事となったら 営業を停止せざるを得なくなるかも

しれません なので…




可能な限り腕を伸ばして 岸から離れた水をバケツで

掬うほうが良いと思います

来冬にパトキャンデビューをお考えの方がいましたら

ぜひ記憶の隅に置いて 実行いただくようお願いします


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

先ほど道志川側から見た桟敷はサイトから見ると

こんな感じ


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

いまは氷点下なので 轍にできた水たまりが凍ってましたが

ここに設営したら 靴やテントのボトム グランドシートなどは

泥でグチャグチャになっていたことでしょう


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

実は凍った水たまりで滑って 転けそうになりましたが

無事に持ちこたえました


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

寒さをこらえて散歩してましたが そろそろ限界…(^^;

テントに戻って薪ストで暖を取ることに


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

薪を足したばかりなので吸気口は全開状態

あっという間に かじかんだ手指が元の感覚を取り戻りましたが

ここで気になったのは 前夜きちんとセッティングできなかった

煙突ガードのこと


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

設営時と違って いまは明るくなったので どんな感じか

おそるおそる見てみると…


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

内側からは問題ありません

テンティピ天頂部の煙突穴から 煙突を出すにあたり

幕体と高温の煙突が直接触れないようにする保護具が

煙突ガードなのですが…


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

垂れ下がるメッシュ網帯よりも 煙突ガードが下に降りています

この位置なら幕体生地やメッシュが 煙突に触れて溶けたり

穴が空いたりする心配はありません

幕内からの検証はOKです


では外側はどうなっているかというと…


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

あちゃー (^^;

やってしまったかもしれない



何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

煙突の長さが短かったようです

テンティピの煙突穴の高さと 煙突の高さが

同じくらいしかありません


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

理想はこれくらいの突き出し量だったので

継ぎ煙突をもう一段 増やしてもよかったかもしれません

幸いいまは テントと反対側へ向けて風が吹いており

天頂部に煙がかからないようでしたが このとき感じた

不安は 撤収時に現実になってしまいました


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

この時点では確かめようがなかったので

風が吹く方向の安定に祈りを捧げながら 朝メシの支度へ

スキレットでアルミホイル越しに温めたのは この食材です


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

おやきですね

ちなみに具は茄子味噌です


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

長男も起きていたので 昨夜に引き続き

調理してくれました


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

朝からチョリソと無塩せきプレーンのソーセージ盛合わせ

欲を言えば野菜が欲しいところですが 私が作ってきた

キャンプ朝メシも 決して野菜多めではなかったので

文句は言えませんが…(^^;



なお更新現在は3月を過ぎてますので すでに

久保キャンプ場の止水は 解かれているそうです

そして いまは道志川の禁漁期間も明けています


何がなんでもキャンプだし 久保キャンプ場 止水 ヤマメ解禁 冬キャンプ 薪ストキャンプ 犬連れキャンプ バケツ 道志川 テンティピ 煙突ガード

春はすぐそこですね






更新の励みになります



にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

バナークリック、ぜひともお願いします 


PVアクセスランキング にほんブログ村



関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場止水ヤマメ解禁冬キャンプ薪ストキャンプ犬連れキャンプバケツ道志川テンティピ煙突ガード



サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ


PVアクセスランキング にほんブログ村



更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪
メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
いろいろ