インスタ映えハンパない展示模型の聖地•本物の記録と見比べても凄い精緻さだった



これなんでしょう?





答えは下の画像 




イタリア ローマの古代遺跡

コロッセオです コロッセオなのですが… 





画像に透かし文字が入っているものが 

今回訪れた東武ワールドスクエアのもので

透かしが入っていないものが本物 

過去にローマを訪れた時に撮った画像





上下で本物とワールドスクエアの模型を見比べてみると

確かに作り物感は分かってしまうし 

他のお客さんが写り込むことで

模型っぽさがことさらに強調されてしまいます





でもそんなことは

たいした問題ではありません




東武ワールドスクエアのコロッセオは 

映画 「ローマの休日」の撮影風景を再現したものでした




この洒落っ気が面白い♪ 


他にも… 




カンボジアのアンコール・ワットに 





京都の金閣寺 





広島の厳島神社 

さらに… 




長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産 

大浦天主堂です 




それぞれの展示模型のそばには

きちんと説明のプレートが配置されており 

世界文化遺産登録されている場合は 

それも分かるようになっています 


模型の作り込みの精緻さ

ここ まさにインスタ映えの聖地です 


なのですが… 




クフ王のピラミッド 

本物は砂漠の中にある筈ですが 

背景にどうしても緑の山が写り込んでしまう… (^^ゞ 


さらに… 




角度によっては 隣の展示ゾーンにある

エッフェル塔も写り込んでしまったりして… (^^ゞ 


ここ 確かにインスタ映えしそうな模型が多いのですが 

植栽の写り込みが気になってしまう展示が多いようです




インドのタージマハル 

本物は周囲にほとんど緑はない筈だけど

展示模型のあまりの精緻さや 垣間見える遊び心が 

そんな思いを払拭する感じで 

ま いいかなと思ってしまいます




お殿様がいたりして (笑) 





 

ニューヨークにあったワールドトレードセンターは

9.11の同時多発テロの標的とされ 

今は存在しません 



国会議事堂も作り込みがハンパない 











日本のクルーズ客船の嚆矢であるふじ丸 

すごい精緻さです 




残念ながら今はお盆休み期間中 

向こうにお客さんが写り込んでしまった… (^^ゞ 



また展示模型の中には

動きがあるものもいくつかあります 






東京駅の模型は新幹線と中央線が往き来してましたから… 




子どもたちがたくさん群がっていました 


成田空港の展示模型は… 






空港内の飛行機が滑走路をゆっくり移動 

さすがに離着陸まではしませんが 




実はつい1ヶ月前 海外留学したお姉ちゃんの見送りで 

本物に家族で訪れていたんだよね 



こうして夏休みの東北遠征キャンプは 

1日で行ける世界旅行をもって幕を閉じました 




東武ワールドスクエア… 

つっこみ所はありますが 

精密でユーモア溢れる展示模型は

インスタ映えすること間違いないような魅力がありました 

ここ 鬼怒川辺りに寄ったら ぜひ行くべき場所と思います 


で 帰宅してデリカの距離計を見たところ… 




今回は1130キロあまりのドライブ 

出発前と帰宅ちょい前に2回給油したのですが 

軽油代は9,000円ほどで済んでます 





ディーゼルはさすがの低燃費 モデルチェンジも近いので

新車価格も下がってきましたね 今が狙い目かな








更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 東武ワールドスクエア 精緻 模型 世界旅行 インスタ映え 大浦天主堂 ワールドトレードセンター

たった1日で行く世界旅行へ行ってみた… 



今回の更新のお題はこちら




「1日で行く世界旅行」は… 

実在します



とりあえず前の更新では

山形県鶴岡市 羽黒山キャンプ場を発ったところあたりまでを

お伝えしました




ここ数年、家族での盆暮れキャンプは

よほど差し迫った事情がない限り

自宅に直帰せず 中途で屋根のある宿を取る…

いわば「キャンプ後泊(こうはく)」で終わることが多いのですが

今回も…




昨夏の軽井沢でもキャンプ後泊で

お世話になった東急ハーベスト

今回は鬼怒川にて宿を取ってあります


ちなみに羽黒山から鬼怒川への道のりは…




大したことはありません ほんの350キロほど

今回のキャンプは初日に500キロを走って

その後でサイトを設営してますから

それに比べたら まったく問題ないドライブでした 


なのですが…




到着した時刻の鬼怒川は 

土砂災害警戒情報が出るほどの豪雨…






よりによってこんな荒天の時に

ハーベストの駐車場 ほぼ満車状態で… 




傘が役立たない状態でずぶ濡れになり

広い駐車場の端から フロントまで歩く羽目に…( ; ; )






何とかたどり着いた部屋は和洋室




今回 ここまでほとんど運転は私だったのと

中高生の姉兄たちは宿題が残っており

襖で室内を仕切れる和室で

夜遅くまで取り組むそうで…




私と末子でベッドを使うことになります



そして翌朝は

贅沢にも 2日続けてのホテル朝食バイキング 




これはお姉ちゃんの摂った食事

ワタシは空腹すぎて 自分が取った食材を撮り損ねました



うーん…

ハーベストの洋食系な食材

確かに美味しかったのですが…

やっぱりというか何というか 山形の休暇村羽黒の方が

和食材系が充実していた印象がありました







東急ハーベストのチェックアウト定刻

なんと11時で キャンプ場並み♪ 

しっかりゆっくりと休めるのはありがたい


チェックアウト後は自宅に直帰しても良かったのです

ワタクシ 翌日には朝から出張の予定がありましたし… 


なのですが… 




東武ワールドスクエアにやってきました


東急ハーベスト鬼怒川とここ

あまりに近すぎます




なんと車なら1分で到着可能なのです

ただ 最短距離を取れば

東武鉄道の踏切を渡る必要がありますが

それでも200メートルほどしか離れていません  




近くまで来たし… 

せっかくなので行ってみることにした次第ですが 




デフォルト入園料

けっこう高い気がしました

我が家は東急ハーベストで事前に割引入場券を買っていたので 

もう少し安く上がりましたけど… 









出入国証明スタンプなるものがあります 

こういう茶目っ気は面白いなぁと思いつつ 

入場したのです 




結果として 捉え方が大事な場所かなと 

そしてそれは

現在ならばこそ 万人受けしそうな絶景なのでした




マンゴーかき氷もフワフワで美味しかった 

これデジイチでなくiPhoneで撮るべきだったかもしれませんが 

この観光地は総じて そう感じる状況でした 続きます







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 羽黒山キャンプ場 キャンプ 鬼怒川 東急ハーベスト 東武ワールドスクエア 世界旅行

夏休みキャンプ最大の皮肉・一番良かったのはオプションのホテル朝食バイキングだった… 



8月14日

羽黒山キャンプ場の朝は気持ちの良い晴れ空です





雪深い山形県の羽黒山キャンプ場の開設期間は

4月下旬から10月下旬まで





それ以外の期間 上の芝生は

スキー場として使われているらしいのですが

夏真っ盛りのお盆休み期間中は

フリーの芝サイトとして開放されておりました




ただしオートサイトではありません

車は別場所に停め そこから荷物を

手や台車等で運ぶ必要があります


その場合のサイト使用料は1,030円で

利用者ひとりあたり年齢に関係なく

410円の管理費が発生します




オートサイトの使用料は2,060円と倍ですが

全年齢とも管理費は510円





羽黒山キャンプ場、オートサイトといえど

AC電源サイトの設定はないため

長期滞在ならフリーサイト

我が家のような2泊程度なら

オートサイトで快適度を上げるのが良さそうかなと… 




ただし 長期滞在時は撤収の余力をじゅうぶん残しておく必要はありそうですけどね




ところで我が家の今年度は忙しすぎて

親は仕事の合間の親族のケア 中高生の子どもたちは

海外短期留学や夏期講習などにギリギリまで出ておりました


なので3日目の朝メシは あるプランを利用することに… 




羽黒山キャンプ場から休暇村の本館へ向かいます





先行していた末子は

本館の脇の木立にあるハンモックを堪能中(笑) 


本館のエントランスをくぐり… 




その先へ… 





そう、ホテルの朝食バイキング




休暇村羽黒では、本館の宿泊客と同様

キャンプ客でも本館での朝食バイキングを

いただけるプランがあります




このプラン オートサイト利用者用の

朝食バイキング付きというもの

サイト使用料2,060円は変わりませんが

管理費が大人1,910円、小学生は1,510円

幼児(4~6歳)は1,210円ですが

3歳以下の幼児は0円だそう


つまりバイキング利用料として

大人は1,400円 小学生の末子は1,000円を

追加で支払ったことになります




バイキング食材は山形地元の玉こんにゃくや

漬け物などが豊富ですが これがまた旨かった




自宅に帰ってからも 近隣のスーパーに入ると

思わず山形産の漬け物などを探してしまう自分が

いるほどなのです


  




末子はイクラ大好きで 普段から寿司屋に行くとそればかり…

さすがにイクラはなかったけどね

筋子食べ放題にはまってました…(^^ゞ 



漬け物や筋子を山盛りに食べ

朝から塩分摂取過多となった感は否めませんが

酷暑の今はそれくらいでちょうど良い




サイトに戻り 撤収開始




久しぶりでしたが

身体はその手際を しっかり確実に憶えていました





設営は難儀しましたが

撤収は定刻45分前に完了です



今夏の甲子園では残念でした




一回戦で廃退した高校野球山形代表

羽黒高校 正門のすぐ脇を通り

自宅方向へハンドルを切りますが… 




何だか空模様が怪しくなってきた

そして… 




なぜか東京ドームのある場所へ? 

続きます





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 羽黒山キャンプ場 キャンプ 東北 山形県 休暇村 バイキング 朝食

40800mAhのポータブル電源を2泊のノーACキャンプで試したら?



山形県鶴岡市に立地する羽黒山キャンプ場ですが

この地は温泉が多く湧く地です

しかし… 




現在のところ、休暇村羽黒の入浴施設は温泉ではありません

ただし休暇村羽黒のスタッフブログによると

7月末までに敷地内で温泉を掘り当てており

今秋11月頃には温泉を楽しめるようになるとのこと




惜しかった。来年訪れていれば

キャンプでも温泉を楽しめたことになります…(T.T)

ちなみに休暇村羽黒での現在の入浴料は大人430円 小人220円で

これは山形県の日帰り温泉として一般的な入浴料と同じ価格設定のようです


なのですが… 




お盆休みであるこの時期、キャンプ場は混雑しており

フロントでは休暇村の風呂より

場外近隣の日帰り温泉の方が快適と勧められておりました



そこで2日目に訪れたのがこちら




やまぶし温泉 ゆぽか

こちらはナトリウム・カルシウム塩化物泉の天然温泉で

休暇村フロントで入浴割引券もいただいており

大人は430円が360円に、小学生は210円が170円の入浴料になります

※ 羽黒山五重塔ライトアップ受付でも同様の入浴割引券をいただけるようです



さてサイトに戻りましたが

晩メシの画は撮り忘れてしまったので… 




もう22時。クワイエットタイムです






ちなみに羽黒山キャンプ場には

AC電源付きサイトの設定はありませんでした

なので出発前にある備えを整えてあったのですが… 




これです。左下で青色LEDの明かりを灯しているのは

ポータブル電源




お盆休み前後のキャンプに出る方が激増する今の時季

品薄になることは承知してましたからね

7月中旬頃に入手してありました




実際40800mAhというバッテリー容量は

3台のiPhoneと1台のiPad、そして

3DSとPSVita1台ずつを3日間フル充電しても

一度もコンセントや車のシガーソケットに繋がず、充電が切れずに済むものでした





これ届いてから自宅で試用してみたところ

スマホやゲーム機等のバッテリーへの充電は

減りが遅いのですが、扇風機等のモーター系家電に繋ぐと

すぐに充電残量が減る感じ




今回のキャンプには扇風機も持参していたのですが

幸い今年のお盆休み、羽黒の夜は涼しかったので

稼働させずに済んでおりました




そして3日目の朝




昨日はたくさん海で遊んだせいかな

ある必要から7時前に末子を起こしましたが

まだ起き切れていない感じ




ですが1時間後には全開です。さすが小学生(笑)

続きます






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 羽黒山キャンプ場 キャンプ 東北 山形県 休暇村 ゆぽか ポータブル電源 40800mAh

透明度高めの海水浴場でキャンプもできる場所だらけってマジかここ?



夏休みに2泊の家族キャンプで

羽黒山キャンプ場から鶴岡市街地に降りたとなれば

小学生の末子が、夏定番のアクティビティを楽しめる場所に

向かいたがったのも無理はありません




海水浴場

我が家の家族 全員にとって初・日本海でした




訪れたのは小波渡海岸




白山島の景観が楽しめる由良海水浴場と迷ったものの

小波渡の方がプライベート感が強そうだったので

こちらをチョイスしたのですが… 




この選択は間違っていませんでした

画像ほど人がいない訳ではないのですが

上下のように家族以外の海水浴客様を写し込まずに済む画が

いとも簡単に撮れてしまうのです




やっぱりいちばんはしゃいでいたのは末子




パパもママも、姉も兄も、4月からずっと忙しかったからね

今回の家族キャンプをいちばん楽しんだのは

彼だったのでしょう




海水の透明度も高く砂も白い

これまで湘南や伊豆の海岸で見た太平洋とは

明らかにきれいさが違います




この小波渡海岸が素晴らしいのは

砂浜での海水浴と岩場での磯遊びが同時に楽しめること




ヤドカリはおろか、ワタリガニを掴まえたり

クサフグやたくさんの小魚たちが泳ぐ姿も見えました




もちろん漁業権侵害行為の違法性を告知する看板も立ってます



そして関東や伊豆の海岸と決定的に違うのは

この許容度の広さ




なんとキャンプ可能なのです

小波渡海岸だけでなく、前述の由良海水浴場なども

簡易的なサンシェードでなくテントを設営してのキャンプが可能らしく

実際にテントやスクリーンタープを設営している方々が

何組もいらしてました




海岸に限らずですが、山形はバーガンディ率が高い気が… 




いやいや、山形って良い意味でユルい

こういうユルさは大歓迎です♪




小波渡海水浴場、ヘッドランドが設置されていることから

元もとは岩場だけの海岸だったのかもしれませんが

砂浜の海中でも小魚やカニの姿が多く見えてました




これまで日本海に対しては暗くて激しい冬の海としての

固定観念しかなかったのですが、大間違いでしたね…(^^ゞ 



さて帰り道は休暇村 羽黒のフロントで教わったこの場所へ




お得な割引券もいただいておりました

続きます





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 羽黒山キャンプ場 休暇村羽黒 東北 山形 海水浴 小波渡 透明度 砂浜 磯遊び 日本海

羽黒山キャンプ場・JKは廃墟感を欲し男子は岩牡蠣を望む




羽黒山キャンプ場には8月12日の16時半に

チェックイン予定として予約してありましたが

さすがにお盆休み。山形自動車道を湯殿山ICで降りてから

目的地までの国道112号線は大渋滞でした


休暇村羽黒にたどり着いたのは

予約時の見込み時刻からは1時間も遅れ

初日の設営は日暮れ後まで続き…




晩メシも食べずに風呂にも入れず

5分200円のコインシャワーで汗を流し

ビールを飲むだけで眠りについた有様… 


休暇村羽黒の風呂、キャンプ客には

18~20時までしか開放されませんから

家族には早めに風呂に行ってもらいましたが

自分の手際が悪かっただけなのでしょうね




テンティピの設営、あまりにも久しぶり過ぎましたから





この画は8月13日の朝

羽黒山キャンプ場2日目にようやくアクティビティ開始です


が…

休暇村羽黒を出て間もない峠道で

この現実に出くわします




山道の舗装路が崩落しており復旧工事中でした

片側交互通行です


8月5、6日にかけて前線に伴う線状降水帯がかかり

山形県や新潟県などが集中豪雨に見舞われました




山形県酒田市では5日、東北地方の観測史上1位となる

1時間に112.5ミリの猛烈な雨が降り

6日朝の鶴岡市鼠ケ関では

たった6時間で、8月平年の1月分に相当する

191.5ミリの雨が降りました




この国の気候が年々不順さと激しさを増してきていることは

特に今の季節、キャンプに出ると良くわかります

自然は先人が残してくれたものでなく

子孫から借りたものであるとの視点も必要かもしれません






この日の空は数日前の土砂災害がまるで嘘だったかのよう。

青く晴れ渡っています


初めて訪れた地の活動日が好天に恵まれたことに感謝しつつ

手始めに訪れたのはこちら




庄内観光物産館ふるさと本舗

お目当てはこちらです




岩牡蠣

7、8月が旬とのことで

この機を逃がすべきではないと考えてました




上の大きいほうが800円で

下の3つ並んだ小さいほうが600円




レモンと醤油タレをかけていただきます

元気な胃袋を持つ中高生の前では秒殺でしたけど




ワタシは大と小両方をいただきましたが

味に違いは無し。どちらも濃厚で美味しかった

しかしどちらも一口で食べられるので

ボリュームの差はほとんど感じず… 

次に行く時があれば、600円のほうだけ頼めば満足できると思います






庄内観光物産館ふるさと本舗の次はこちらへ






龍澤山 善宝寺… 

…の、すぐそばにあるこちら




善宝寺鉄道記念館

ただしその名称には「旧」の接頭語を冠した方が良いようです




元もとは庄内交通湯野浜線の駅でしたが

湯野浜線の廃線に伴って1975年(昭和50年)4月1日に

駅としての機能は廃止

それから3年後、鉄道記念館として再び日の目を見ます




しかし開館から20年余を経て

1999年頃に鉄道記念館も閉館

現在も施設や車両は残されていますが

放置されたままの状態。荒廃が進む一方なのだそう




廃墟感がハンパないけど

廃れていく文化遺跡の持つ景観もまた

滅びの儚さを感じさせます




さて岩牡蠣はワタシや中学生のお兄ちゃんの希望で

旧善宝寺鉄道記念館はお姉ちゃんの希望で訪れたのですが

もう一箇所、家族の希望をかなえるために

訪れた地があります





ここのみ700円の駐車場代がかかりましたが

それに見合うだけの素晴らしい場所だった… 




続きます






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 羽黒山キャンプ場 キャンプ 東北 山形県 休暇村 鶴岡市 土砂災害 生牡蠣 廃墟 善宝寺

東北から愛を込めて・ブログ再開します



ご無沙汰してました。

更新を止めていたこの4ヶ月、いろいろありましたが

たくさんの方にブログのコメントやツイッター上で心配のお言葉をいただき

本当にありがとうございました。


4ヶ月の間、更新を止めていたのには理由がありますが

事細かに説明してしまうと、知り合いのプライベートな事由も明かさなければならなくなるので

それは差し控えさせていただきますが… 




公私ともに自分が他をケアしなければならない立場になったこと… 

そしてそのために忙しく、時間が作れなくなったことが更新停止の大筋です。




自分にリアルの生活とブログ更新を両立させるだけの甲斐性が無かったと言えば

それまでのことなのですが。



そして、まだ以前のようなペースでのブログ更新はできないと思いますが

取り急ぎ、3月以来久しぶりにキャンプに出れたので

そのご報告です。


自宅から500キロ自走し、辿り着いたのはこちら。




羽黒山キャンプ場。

山形県鶴岡市にある休暇村羽黒が経営するキャンプ場。




以前、岡山県にある休暇村蒜山のキャンプ場に

ご招待を受けたことがありますが、今回は純粋に自腹で訪れました。





初の東北キャンプでしたが、良い意味でも悪い意味でも

東北地方のユルさを感じる旅になったかなと…。




今回は取り急ぎここまでで。





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 羽黒山キャンプ場 キャンプ 東北 山形県 休暇村



サイト内検索


ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村





スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ