本気で作られたバリアフリーサイトは本気でみんなに優しかった



昨年末もこのキャンプ場のお世話になりました。




静岡県伊豆の国市、伊豆半島北部にあるモビリティパーク。


昨年末はお姉ちゃんが高校受験を控えていたため

男三人のトリオキャンプでしたが、今年は家族全員で伺っておりまして… 




今回の予約時、モビのサイトで

特別な要望を書き込んだ憶えはないのですが

4番のテントサイトを宛っていただきました。




ここ、高規格キャンプ場であるモビリティパークにあって

その中でも特に高規格なサイトだったのです。


下は昨年末に訪れた時の画。




29番サイトでした。

道路に段差がありますが、今回のバリアフリーサイトでは

段差はありません。




ま、まだ段差が気になるお年頃の家族はいませんが

バリアフリーサイトを宛われてありがたかったのは

こちらの設備の違い。




上下2枚は昨年末の通常テントサイトです。




モビリティパークの水場はお湯が出ますが

通常サイトのその機能は全ての蛇口では適わないのですが

こちらのバリアフリーサイトでは… 




蛇口の数は少ないのですが

全てに給湯のための蛇口が付いてました。これはありがたい。


そして水場の横にはある建物が立ってます。






これバリアフリー風呂棟とのこと。

我が家は対象ではなく使えませんでしたが、さすがのモビリティパーク。

みんなにやさしい備え、万全と感じました。



ところでモビリティパークと言えば

全サイトにAC電源が備わっておりまして

今回ももちろん使用を申し込んでおいたのですが… 




以前こちらを利用した時に見た

このコンセント設備が、このサイトには見当たらない…。




どこにも無い…。





ん…(?_?) 

もしかしたらコレか…?
 





いやいや恐れ入りました。

段差だけでなく突起物となるコンセントタワーも

地下埋設でバリアフリー化してたんですね。




本気のバリアフリーサイトです。

もちろんしょうがいをお持ちの方だけでなく

みんなにやさしいサイトであり、これまでより快適に過ごせた気がします。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : モビリティパーク バリアフリー サイト キャンプ AC 電源 段差

冬キャンプ前に最強激辛メニューを食す



今年のわが家は12月28日から冬休み。




家族でのキャンプ旅行はほぼ半年ぶり。

冬の家族キャンプですから暖かい土地へ。

毎冬の定番となりつつある伊豆を目指します。




ここは十国峠。

正午過ぎにレストハウスに辿り着いたので

昼食を摂ることにしました。




蕎麦好きの末子と、もう少しボリュームのある食事を摂りたい

中学生の意見が合わず、仕方なく父と末子はこちらに入ります。




店名は無いらしく

「十国峠レストハウス そば処」と言うのが通り名みたい。




末子はおおざるそばで

ワタシはこれです。





本わさびご飯とざるそばのセット。




本わさびご飯の作り方が添付されてます。




まずはわさびをすり下ろし… 




ご飯に乗せて海苔を振り

醤油をかけていただきましたが

以前も伊豆でいただいたことのあるわさび丼より

辛味が鮮烈で、何度も蒸せて咳が出てしまった。




そば湯は厨房に声をかけるといただけます。

つゆは醤油が強い感じでしたが

そば湯はしっかりそばの風味を楽しむことができました。


食後は熱海峠から伊豆スカイラインへ抜けます。




昨年の今頃もここで停車して写真を撮ったなぁ…。

玄岳付近です。







幻の湖と言われる氷ヶ池。

かつてはここから天然氷を切り出していたと聞きます。






伊豆スカイラインを亀石峠で降りて

いよいよこの場所へ。




伊豆随一と言って良い高規格キャンプ場。

昨年に引き続きやってきました。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 年末 キャンプ わさび そば 十国峠 レストハウス

5年ぶりのAC/DCインバータ新調・パワーは倍でも値段はなんと…





この車に乗っていた時から使っていたアイテムでしたが

寿命を迎えたようです。





DC / AC インバーター。

車内のシガーソケットから電源を取り

直流を交流に替えて、車内で家電を使えるようにする定番のアイテム。




充電はできるのですが

警報音が止まらなくなり、しばらくしたら異臭… 

焦げ臭い匂いが漂い始めたためただちに使用をやめました。

これ以上はもう使えません。




車内で大人用のiPhoneやタブレット、また

子どもたちのゲーム、さらにPCやデジカメの充電もこなしてきたアイテムです。

異臭発生は年末の家族キャンプ旅行を目前にしたタイミングだったので

間に合うかと危惧しましたが… 





あす楽で取り扱いがありました。

しかも送料無料。




そして驚くべきはその価格。5年前のオートバックス店頭で

値引き品だった120Wのインバーターとほぼ同じ。

なのに倍以上のパワーがあります。




定格300WのDC / AC インバーターです。


新しいインバーターが優れているのは定格出力だけではありません。




出力端子の数もアップデートされてます。

旧インバーターはACコンセントが2口とUSB1口なのに対し

新インバーターはACもUSBも2口ずつ。




USBはどちらも5Vですが2.1Aと1.1A。




実は旧の背面には出力用シガーソケットもありましたが

これはあまり実用性が無かったのでほとんど使わなかった…。





大きさもだいぶん違います。


旧型のマニュアルはとっくに無くしているので正確な数値は分かりませんが

新型は幅120 * 高さ47 * 奥行き80 ミリ。




古い方は2012年の夏に買ったもので

最大150W、瞬間最大出力は300Wまで。




一方でこちらは最大350W、瞬間最大出力は700Wまでだそう。

出力波形はどちらも正弦波でなく短形波ですが

性能対価格的には納得のできるパフォーマンス。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:2980円(税込、送料無料) (2017/12/28時点)



あす楽に対応しているのは上の赤いインバーターだったので

2980円をポイントで払いましたが、急ぎでなければ下の方にしたでしょう。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:2680円(税込、送料無料) (2017/12/28時点)



どちらも送料無料なのですが、黒は1~3営業日以内に発送とのことでした。





これで今日からの旅に間に合います。





昨年は受験都合でトリオでしたが今年は5人です。

移動の車内でiPhone3台とゲーム機やらがフル稼働したとしても

間に合ったインバーターのおかげで快適に過ごせるでしょう。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 家族 キャンプ 車内 充電 インバーター 300W あす楽

自分でやればディーラー半値・かつ確実にパワーアップできるパーツ交換の好例とは?



車のバッテリーは大きさ等の規格が同じであれば

容量が大きいほうが良いそうです。

値段が上がってサイフに優しくないことくらいしか

悪い影響がないらしい。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:16780円(税込、送料別) (2017/12/24時点)



ディーゼルのデリカD5の場合

三菱デフォルトでは95Dのバッテリーを積んでいますが

今回は145Dに容量アップします。



そして交換のためのバッテリー入手と作業は

ディーラーやカー用品店で行うより、ネットで入手して自分で行う方が

確実に安く上がります。




たとえ走行距離等、メモリー保持用に

こんな道具を新たに買い足したとしても

じゅうぶんお釣りが来るのです。





エーモン メモリーバックアップ 12ボルト用。

バッテリーが送料無料だったのですが

同じ店舗でオーダーし同梱してもらったらこちらも送料無料。





100均で単三乾電池を6本、求める必要はありました。




しかしこれらアルカリ電池とバッテリーと… 




さらに同梱してもらった別アイテムを合わせても

その代金はディーラー等に交換依頼するより安く上がってます。



ではいよいよ交換作業の核心へ。






バッテリーのターミナルに触ってしまう可能性があるので

ここからはゴム手袋を装着し… 




バッテリーのマウントバーを外して… 





プラス側の保護カバーを外します。


そしてメモリーバックアップのワニ口を

プラス側から端子に噛ませます。




言うまでもないことですが

ワニ口はバッテリーのターミナルでなく

本体側の端子部分に接点を持たせないと意味がありません。





マイナス側にバックアップの黒いワニ口を噛ませたら

バッテリーターミナル端子の結束をほどきます。




プラス側から10ミリのメガネレンチで緩めていき… 




マイナス側も外れました。

ここからは乾電池だけで、デリカの距離計情報等が維持されることに… (^^ゞ 




取り外した95D31Lのデフォルトバッテリー。

3年間お世話になりました。




そして青箱。カオス145Dをインストール。







青箱のプラスとマイナスターミナルの順に端子を繋げば

バックアップはお役ご免。



さてメモリーは守られたのかというと… 




完全に保持されてます。この日は交換前に

近所を走り回っただけで、10Km/Lを切るやや悪めな燃費表示だったのですが

それもきっちり再表示されてました…(^^ゞ 



これだけでは終わりません。もうひとつ

定番の安心アイテムを導入しましたので。




パナソニックのライフウインク。

バッテリー端子に繋ぐと、その健康状態を

LEDで知らせてくれるスグレモノ。






当たり前ですが良好の表示。




これ両面テープで固定できますが

バッテリーのプラスターミナル保護カバー上に設置。




さて… 

高品質なバッテリーに換装すると

オーディオの音質が上がった感じがするらしいのですが

残念ながらわが家はそれほど車の音響装備に注力しておらず

そっち系への効果は分かりませんでした。


しかし走りの面では明らかな体感差。




自宅前の坂道を上がる時にまず驚きました。

アクセルを踏んでからトルクが出るタイミングが自然になった感じ。

明らかにスムーズで、これまでとは別物になりましたし

坂道だけでなく、全般的に走りの滑らかさが向上したのが分かります。





数日後に見たらライフウインクもきちんと機能してました。

バッテリー交換でデフォルト比1.5倍の容量アップになりましたし

もう寒冷地でエンジンがかからないような事態とは

しばらくおさらばできるでしょう。




もし万が一、リンゴループが再発したとしても

絶対に車のACCで充電して何とかしようとしなければ

問題は起きない筈…(^^ゞ 



なお今回のバッテリー交換でかかった費用は

税込みトータルで19,652円。見積もりを取ってはいませんが

ディーラーで交換したとしたら、バッテリー代だけで倍くらいの出費になった筈です。




技術的ハードルもそう高くありませんし

この出費と手間だけで、安心と確実なパワーアップをはかれるなら

バッテリー交換は自分で行うべき作業と断言できます。





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : デリカ D5 バッテリー ライフウインク 青箱 145D 95D リンゴループ 交換 メモリー

車の記憶喪失は単三6本で防止できる(笑)



ここ2ケ月で二度もバッテリー上がりを起こしたデリカ。




やっとその問題修復のための手筈が整いました。




バッテリー交換です。

デリカのバッテリー交換については

ググるとみんカラなどでいくつもの情報がヒットしますが

ほとんどがガソリンエンジン車のもので

ディーゼルエンジン車でそれを行った記録は僅少。




基本的にはガソリンもディーゼルも同じですが

微妙に異なる点もあるので、デリカのディーゼルエンジン車を所有する方の

参考になればと思い記事にします。


デリカのバッテリー交換には

ボンネットを開けてまず見える、このエアインテークダクトを外します。




エアクリーナーボックスに繋がるダクトを留めているのは

プラスねじに見えますが… 




実はネジではなく、プラスティリベット。

リベットを外すにはプラスドライバーが必要です。




ある程度緩んできたら

裏側に指を回しおさえて引っ張ると、すっと抜けてくれます。







紛失したり壊したりしても、そう高いものではないので

新しいものを用意しても良いかもしれません。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:150円(税込、送料別) (2017/12/24時点)






車用のクリップではスクリュータイプということ。

ネジ山が舐めている場合は交換した方が良いらしいです。





リベットが外れたらダクトを外します。




固定はリベットだけ。こじればすぐに外せます。





これでバッテリーを塞ぐものはなくなりました。

あとはバッテリーマウントバーを外せば

新しいバッテリーへ交換可能ですが… 




その前に、時計やオーディオのプリセットしてあるラジオチャンネル

トリップメーター値などの電子情報を保護するため

繋いでおく道具があります。





メモリーバックアップ。




単三電池6本でバッテリーを外している間に

メモリーを保持してくれる物。

ただし電池は別売りなので… 




100均で5本100円のアルカリ単三電池を2パック購入しておきました。





では記憶喪失防止のため

バックアップを繋ぎます。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1003円(税込、送料別) (2017/12/24時点)



長くなるので記事を2つに分けます。





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : デリカ バッテリー 交換 メモリー バックアップ プラスティ リベット

一度使うと手放せない・最強コスパの冬キャンプ用暖房をW追加オーダー完了



あと少し、仕事や学校を頑張れば冬休み。

家族でのキャンプ旅行というご褒美がもらえます。




昨年末も同じ時期、冬キャンプに出たのですがその時はまだ良かった。

上の画がそれを物語ってますが

わが家には冬キャンプを寒くなく乗り切るための決定的手段である

ダウンシュラフは3つしかありません。


化繊中綿を大量に詰め込んだ廉価なシュラフは

いくつかありますが、それらは車載の嵩を取ります。




たとえばこれ。モンベルの化繊シュラフは

同社や他社製のダウンシュラフと比べると




収束状態でもこんなに違います。





やっぱり家族5人分、あとふたつは

ダウンシュラフを求めた方が良い筈なのですが… 




ワタシの趣味と実益を活かすこれだけじゃありません。

子どもたちが大きくなってくると、いろいろと足枷が増えます。


単に経験則を直訴するだけでなく、本気で対費用効果を訴えなければ

大蔵省を納得させることはできないのです。




根回しは大事ですが

それはしっかり行ってました。実質、わが家の大蔵大臣の補佐を務める

お姉ちゃんには、このアイテムの効能、我が身の寒さを切ってでも

身をもって知ってもらってましたから。




右は自宅で取り合いになってます。左はだいぶん前に買ったプラ製ですが

これ自宅での勉強中にお姉ちゃんに使ってもらっているもの。



そして実を結んだのがこの梱包物。






今冬のキャンプで初投入して体感できたその暖房効果は

ダウンシュラフより遙かに安いにも関わらず

絶大なものがありました。




湯たんぽです。追加購入に踏み切りました。

しかも2個。




亜鉛メッキ鋼板製、つまりトタン製。

湯たんぽとしてはやや小ぶりな約1.2Lの容量ですが

この大きさが良いのです。


中味はまったく同じで

こんなオシャレな湯たんぽもあるのですが… 


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:2160円(税込、送料別) (2017/12/20時点)



色が付くだけで値段が1000円近く違ってきます。

トタン製ですから数年使えば中から錆びてくる筈ですから

カラーなど不要と考えました。




化繊シュラフを使う家族用として

すでにある1つと合わせ

2つになればそれでも良かったのですが… 




何かあった場合に備えてプラス1。

2つをオーダーし、合計3つの揃えとしました。




湯たんぽはそのままで使うと火傷しますから

もちろん専用の袋も求めてあります。




メール便配送の嵩を減らすための工夫と思いますが

真空パック入りの状態で配送されてきたのはビックリでした。




例の凄すぎる漏斗も増えております。

これ曲がりやすいので数が増えるのはありがたい。




年末キャンプはAC電源サイト使用の予定で

ホッカペ、そして薪ストも合わせて使えば寒さ対策は万全でしょう。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:1166円(税込、送料別) (2017/12/21時点)



一度使ったら手放せなくなります。

冬キャンプで湯たんぽ未経験の方、高い物ではありませんから、ぜひ一度お試しを♪ 






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 湯たんぽ キャンプ ストーブ ミニまる 自宅

バッテリー品番の読み方は難しくない・冬前に容量アップ換装する時のお約束とは?



充電モノは寒さに弱いのです。

例えばデジカメも然り、スマホも然りで

それは車のバッテリーにも状態によっては

同じ悪影響が起こります。




デリカのバッテリー、KBの寒い河原サイトで

ほんの10分間、エンジンをかけずACC電源オンにしただけで

またもや上がってしまいました。




寒さがなぜ充電を早く減少させるのかを噛み砕いて書くと

通常の気温下ではじゅうぶんな電気抵抗のもとで分子が活動し

電気を発生させていたのが… 




低温下だと抵抗が減るだけでなく

分子の動きも鈍くなります。

それでいて、回路は通常通りの電力を供給しようとするため

分子の活動量を無駄に増やすロスが生じるのだそう。




そのロスが起きることにより、常温下より急激に

充電が減る現象が起こるらしいです。




また車のバッテリーは一度上がってしまうと

信頼性が著しく低下しますし、実際の機能面でも

問題を起こします。


KBでそれが起きた時点では

ドアの電動開閉はまだ大丈夫。




しかしセルモーターを回すまでのパワーは

酷寒によりすでに奪われてました。


年末にはソロでなく家族でのキャンプも予定していますし

JAFからはバッテリーの余命宣告を受けております。




アクシデントから一週間経つ前

すでにバッテリー交換の算段は始めていましたが

調べてみると、ディーラーや

車用品店で交換作業を行った場合、総額で3~5万かかります。







しかし自前で交換を行えば

高くついても2万程度で収まることが分かりました。


またデリカのバッテリーを具体的に交換する工程について

ボンネットを開けて見た感じでは

ワタシでも何とかなりそうと判断できまして… 




視認したのが良かった。自力での交換に踏み出しました。



まず適合するバッテリーを探します。

デリカD5は国産車なのでJIS規格表示ですが

気を付けなければならないのはエンジンの違い。

ウチのデリカはディーゼル2.26Lで、純正バッテリーは 95D31L

しかしガソリンエンジンの場合、85D23L がデフォルトで積まれています。


※ 2.4L 4WDの場合です。


ところでこの規格化された文字と数値列… 

普段から車に接していないと分かりにくいのですが

次の基準で読み下すと、たぶん何とかなります。




①性能ランク。数字が高くなるほど始動性能や容量が高性能になる。

②バッテリーの短い側面長のサイズ。幅と高さからA~Hの8規格に細別。

 Dは幅173mm×高さ204mm。

③バッテリーの長い側面長。そのまま31センチ。

④+端子の位置。+端子が左側はL、右側はR。

ということです。


これわが家に当てはめてみると

不用意な検索結果からガソリンエンジン用のバッテリーを選んでしまったら 

性能面はもとより、サイズからして適合しなくなることになります。


ま、他の家族にはまかせていないので大丈夫とは思いますが。


また一方でD31というサイズの縛りを守れば

より高性能なバッテリーに換装することが可能です。




なお95D31Lというバッテリーはパジェロのデフォルトも同じらしい。


ということでコレ。




デリカディーゼル電装チューンの定番。

カオス青箱の145です。定格より容量を上げることにしました。


そして安心のためこれもまた定番なアイテムも

同時にオーダー。




ライフウインク。

このアイテム、ご存知の方はご存知でしょう。




寒冷地に赴くことが多い車ですから

転ばぬ先の杖ということで。届いたら換装してまたレポします。



なお車用バッテリーの性能表示はJIS規格だけでなく

輸入車用や次世代エコカー用、ハイブリッド用など、さまざまな規格バリエーションが

乱立していますので、こちらが参考になると思います。



パナソニックのバッテリーサイト




更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 三菱 ミツビシ デリカ パジェロ D5 バッテリー 容量 アップ ライフウインク

KBソロ薪会員とJAF会員・真冬ソロキャンプは両方入っておくと安心です




12月10日 日曜の朝

あまりに寒い久保キャンプ場の河原サイトで

デリカのイグニッションをオンにして

外気温を見た後です。




この10分後、イグニッションをオフにし忘れたことに気付き

デリカの運転席に戻ると、すでにそれは起きていました。


キュルル… という音でなく、クククッ… と息絶えるセルモーターの動作音。

エンジンがかかりません。




そう、バッテリー上がり。




先月、リンゴループが引き起こした

バッテリー上がりの恐怖
を味わったばかり。




椿荘ACで保険屋さんのロードサービスをお願いし

ジャンプスターターでエンジンをかけていただき帰宅した数日後

ちょうど車検だったので、ディーラーでみて貰った筈で… 




点検項目にバッテリーの液量と比重を点検し

問題なかった旨が記載されているのですが

事態はもっと深刻だったらしい。



今回は椿荘の時と違い、自前の通信環境も生きてます。




保険屋さんと迷いましたが、JAFは家族会員に入っているので

#8139に連絡し、レスキュー要請。


なお場所はKBです。

谷間のサイトまでのアプローチが細く急な坂道ですから

救援車両は小さめの方が良いことを担当者にお伝えした後

KB管理棟のスタッフ様に、JAFの車両が

入場してくる旨をお伝えしました。


その際伝えられたことですが

KBにはスターターケーブルの用意があること… 




※ イメージです。

またスタッフ様も私物のモバイルジャンプスターターをお持ちで

使ってみたら… とありがたい話もいただいたのですが

こちらの不注意で生じた事態です。

ただでさえ無料開放いただいているのに

管理業務を滞らせるのは申し訳なく

やはりJAFにお願いすることにして、救援を待ちました。



連絡を入れてから1時間もたたず

JAFマークを車体に付けた軽自動車が来場し… 





作業時間はたったの5分。

ジャンプスターターでデリカのエンジンを始動していただき

その後ここまでの状況を説明、アドバイスをいただいたところ… 




ディーラーのバッテリー点検は比重を計るくらいで

電圧までは見てくれないこと、1ヶ月前に一度上がってしまったバッテリーは

すでに信用がおけないことと… 




やはりこの環境。寒すぎると言われました。

デリカのディーゼルはもともと寒冷地仕様と同じ

95Dという大きめのバッテリーなのですが

いかに大容量のバッテリーでも、すねに傷を負った状態です。




この寒さの中は

かなりバッテリー上がりに陥りやすい温度状況と言われました。




電圧の不足は僅かだったらしいのですが

やはりバッテリーは要交換と伝えられ

JAFのレスキュー車両はKBを後にされました。




思っていたよりだいぶん早く

救援に来ていただけたので、本格的に撤収するのはこれから。





バッテリーを充電させるため

エンジン掛けっぱなしのままで撤収を進めます。




昼前に河原サイトに他のお客さんが見えたので

事情を説明し、エンジン音が五月蠅い理由を説明して謝った後

撤収を進めます。






煙突の事後メンテ、今回は見送りです。




煙突ガードを忘れてグラスウールのヒートバンテージだけで

幕体避けにしましたが、これでもじゅうぶんでした。

次回年末のファミキャン時は、車載物軽減のため

同じ手で行こうかなと…。





昨夜インの際、「今回はいつもよりゆっくりしていって大丈夫ですよ~」と

管理者様から伝えられていたのですが… 




ゆっくりし過ぎですね…(^^ゞ 




KBのソロ薪会員向け無料開放サービス

しっかりと楽しませていただきましたが

自身の危機管理能力の甘さに気付かされた休日にもなりました。



娘からもらった誕生日プレゼントのおかげで

寒空の下でも熱々のコーヒーで身体の中から温まれたことが… 




唯一の救いです。







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 デリカ バッテリー 上がり 寒さ 椿荘 AC JAF レスキュー

幸せだけでできている・ストアウェイポットとスタンレーの中味には…



薪ソロ会員無料サービス期間中です。






久保キャンプ場、特に桟敷サイト(Bサイト)やCサイトは

先月の無料期間前に来た時より遙かに混んでますが

宛っていただいた河原サイトは貸し切りでした。




鳥のさえずり啼く声と道志川が流れる音しか聞こえてこない
 
静かな空間で気持ち良いのですが…




とにかく冷えてます。




10時20分頃でもデリカの窓は凍り付いたまま。


試しにイグニッションをオンにして

車外温度を測ったら、もっと低い温度表示が出るかと思いましたが… 




一応氷点下ではない表示。

この行為は余計だったのですが…。


昨夜のうちに管理者様からいただいてあった振る舞い品で

朝メシにします。




ストアウェイポットの中味は、冬のKB名物と言っても良いのでしょう。

白モツ煮をのせていただく豚汁です。




こってりしたモツ煮ですが味付けは上品。

しかし脂身の塊なのでヘビーな量感を胃袋で受け止めます。




幕外はいまだに凍り付いてますが

幕内温度は20度。




このキャンプ場、冬に来てこそ

その真価を堪能できます。




良好な乾燥状態で燃え盛る薪ストーブと

熱々のモツ乗せ豚汁のおかげで、身体の内と外から暖かい。




まさに、幸せだけでできている感じ(笑)



食後はさらにこれです。




チヌークの3カップ用パーコレーターは

あの逸品にちょうど適合する量だった。




継ぎ目のないティンバーライン パーコレーターの中では最小容量。

満水で700mlほどのコーヒーを淹れられますが

容器に刻まれた3カップの目盛りを遵守すれば

スタンレーのワンハンド真空マグをぴったり満たせる量になるのです。





つい先日、長女からもらった誕生プレゼント。




この中もまた、幸せだけが詰まってます。




この後、予期せぬ事態が起こり

余儀なく河原サイトに長時間の滞在を強いられることになりましたが… 




このサーモマグの中の、適量にして熱々なコーヒーのおかげで

寒くなくやり過ごせました。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 幸せだけでできている 久保キャンプ場 ソロ キャンプ ちびストーブ ストアウェイポット 豚汁 白モツ スタンレー

パズルで作るLEDランタンシェードがあるって知ってた?


KBソロ薪会員無料開放期間のキャンプレポ

まだ途中なのですが、いったん離れます。




こんなアイテムをいただきましたので。




LEDランプシェードですがパズルで作るのだそう。




キャンプで子どもたちに作ってもらうのもあアリと思い

申し込んだら当選したものです。


しかし家族でのキャンプ日程はまだ先なので

自宅で組み立ててもらうことになりました。




三年生の末子の手で、シェードとなる

パズルを組み立ててもらいます。





開梱するとLEDキャンドルと球体パズルのピース

そしてそれを留めるための台座が現れました。





これが台座。




ピースは全部で80個ありますが

パズルを組み立てる際、とっかかりになるのは

フチにくる直線部のあるピース。しかし球体パズルであるこちらでは

これがそのフチのピース。




台座に組み付けるための突起があります。




組み立て方が記載されたマニュアルも同梱されているので

三年生の末子でもサクサクと組んでいくことができます。








ただしこのくらいになってくると

残りピースをはめようとした時に力かげんが難しくて

最後に少しだけ手伝いました。

ピースどうしがけっこうガッチリと組み合わさるのです。




何とか完成。

次にキャンドルパーツを組み付けるための台座を

取り付けます。








残念ながら電池は付属しないため

ここでいったん制作はストップ。

翌日の仕事帰りにボタン電池をひとつ(CR2032)

買ってくる必要がありました。




LEDキャンドルはブロウスイッチ。

息を吹き掛けることで点灯・消灯します。




屋内で点灯させましたがちょっと暗い…(^^ゞ 

なので夜間に庭に出してみました。





LEDキャンドルは灯りが揺らぐタイプで、なかなかキレイ。

これキャンプ場に持っていき作っても良さそう。




キャンプ用のテーブルランタンを自分で作り上げるというのも

面白そうです。





なおワタシがいただいたシェードは

不思議の国のアリスの図柄ですが… 


 

 

 

他にもアリエルやアナとエルサ、プーさんなどのディズニー系や

ムーミン、わちふぃーるど等のパズルシェードがあるみたい。




年末年始に家族でキャンプに行かれた際

お子さんといっしょに作ったり、プレゼントにしたりも良いかもしれませんね。

お値段もお手頃みたいですよ。




更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ヤノマン ランプシェードパズル ディズニー わちふぃーるど ダヤン アリエル アリス LED ランタン プレゼント

<


ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪
icon icon

icon icon











メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
いろいろ