ストーブ給油の不便を劇変させるヒントは歴史深いあの道具にある?



少し更新の間隔が空いてしまいました。

ただでさえ仕事が忙しい上に

この週末は出勤予定があったのですが… 




台風の影響でその休出予定も流れてしまうという

言ってみれば最悪の週末でした。


こんな時は余計なことを考えず

夜にはコイツの温かさを抱きしめて

眠ってしまえば良いのです。




冬キャンプの夜を温かく眠るために買った

ブリキ製の湯たんぽ。


自宅で試用したところ思いのほか快適で

購入した後2日間ほど、連続で布団に入れてましたが

子どもたちの羨望の眼差しに負けて貸したところ

特にお姉ちゃんにはすごく好評でした。



取り急ぎ彼女用にもうひとつ

買い求めれば父親の株が上がるのは間違いなさそうです。



ところで湯たんぽという道具、実は

案外と歴史が古いのです。





発祥は大陸。唐の時代には「湯婆(たんぽ)」として

すでに存在していたようです。

なお「婆」とは妻の意味で、妻の代わりに抱きしめて寝ても

同じくらい温かいことを表しているそう。


その湯婆が日本に伝わったのは、なんと室町時代。



日光山の輪王寺には徳川綱吉が使用した犬型の湯たんぽも

現存しているとのこと。




(出典 : 湯たんぽ - Wikipedia


そして今回の更新でお伝えしたいのは

その歴史深い湯たんぽの

言ってみれば周辺器材。




注湯用のじょうご。

これも歴史を感じさせる

スゴイ機能を持っています。




注湯口のフタをはずして

じょうごを取り付けると… 




自立するのです。

え? たったそれだけ? と思われたそこのあなたは

この道具を使ったことがない方かもしれません。




加圧式ストーブです。

これにも給油のためのじょうごが付属しますが

自立することはありません。




ただ単に、給油口刺さっているだけで

下手に勢いよく給油すれば

簡単に燃料がこぼれてしまいます。


いっぽう同じような材質の湯たんぽ用じょうごですが… 




注湯口に自立するだけでなく

その状態でエア抜きのためのスリットが機能します。




コールマンなどのフュエルファネルには

エア抜きの機能が備わっていますが… 




さすがのコールマン製でも給油口に刺すだけで

自立せず。これまで何度、勢い余って

燃料をこぼしてきたか分かりません。




ランタンやストーブも歴史を刻んできた道具ですが

それらより遙かに遠い昔から存在する道具です。




歴史の重みを感じる機能と工夫。

これスゴイと思いました。


なおマナスル121の給油用じょうごと

湯たんぽの注湯用じょうごを比べてみると… 




材質はほぼ同じっぽいのです。

サイズが合えばマナスルの給油用に

転用できるかもと思いました。が… 




残念ながらマナスル給油口より

湯たんぽ用じょうごの注湯口のほうが

径が大きく、はまりませんでした…(T.T) 





真似るのは簡単と思います。

ぜひ加圧式ストーブやランタンメーカーの技術開発担当者様に

このすばらしい工夫が施されたじょうごに気付いて頂き… 




火器類を快適に運用するための

周辺器材バージョンアップに繋げていただけたらなぁと

思ってしまいます。








更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ランタン マナスル 湯たんぽ 湯婆 室町時代 じょうご

コスパ最強・冬のファミキャンでも絶対寒くなく眠れる湯たんぽってスゴイ


冬キャンプの夜に

確実に温かく眠ることができる装備を考えると

色々な道具が思い浮かびます。




AC電源を使えるキャンプ場なら

ホットカーペットなども有効ですし

電気と隔絶した環境であっても… 




灯油系暖房や薪ストーブを使えば

外に酷寒の雪景色が広がっていても

幕内では温かい時間を過ごせます。





出費を惜しまねば

ふんだんにダウンを封じたこんなシュラフを使えば

寒さへの不安もなく、暖かく夢を見られることでしょう。

ただし出費を惜しまねば、の話です。


上のダウンシュラフ、絶対確実に暖かいと思いますが

こんなに良いお値段です。





残念ながらこれを家族5人分

揃えられるだけの甲斐性はワタシにはありません。

悲しいかな、もっとコスパの良い道具を

厳選して使う必要があります。




ということで選んだのがこちらで

湯たんぽ 土井金属化成のminiまる です。




家族でも冬にキャンプを楽しんでますから

伝承的情報としても確実に温かく眠れて

かつパッキング時に嵩張らない容量のこちらを選んでます。


ただし湯たんぽとして

小振りな部類のこちらでも

気がかりな特徴があることは

昨日の更新でも触れました。




低温やけどの対策は必須です。


もちろん言うまでもなく、それ用の対策品は

同じタイミングで取り寄せてあります。




湯たんぽカバー。



ワタシが求めたのより大きめ… 

というか汎用的な大きさの

湯たんぽ用カバーしか探せませんでした。



98度のお湯を投入したminiまる湯たんぽを

湯たんぽカバーに入れてみるとこんな感じ。




明らかにオーバースペックで

布地が余ってます。

しかしこの状況で良かったようです。




昨夜は21時に98度のお湯をminiまる湯たんぽに投入し

カバーに入れた状態で、掛け布団と毛布

マットレスの中に入れて休みましたが

ポカポカでした。




朝6時に目覚めたのです。





カバー内の本体を出す時は

思わず指先が熱く

ビックリして目が覚めてしまったくらいでした。





湯たんぽって

準備には手間や時間がかかりそうだけど

冬キャンプの夜に温かく眠るには




コスパ的には最強と思います。




しかも、もうひとつこのレガシーアイテムの

凄さに気付いちゃいました。





やっぱりニッポンの伝承技術って

スゴイのです。





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 湯たんぽ キャンプ コスパ カバー 低温やけど miniまる

無垢でメタルな輝きの無骨系アイテム・冬キャンプの強い味方が降臨♪



かねてから考えてあった

冬キャンプの夜を暖かく過ごすためのアイテムです。




アマゾンで2点、オーダーしてあります。


まず大きいほう。段ボールで届いた荷物を開梱。





土井金属化成製。






そう、湯たんぽです。

かつてプラ製も所有してましたがあまり温かくなかったので

今回はトタン製。


土井金属化成製の同型湯たんぽには

こんなカラフルなデザインのものもあるのですが… 




色が付くと1,000円も価格が上がります。

おまけにカラー湯たんぽは人気があり

売り切れの場合も少なくないので

安くて無骨なトタン無垢のこちらにしました。




いかにも無骨。




しかしメタルな輝きの

こちらの廉価バージョンのほうが

私的には好みだったりしますが。





ちなみに大きさはこんな感じです。




iPhone7と並べてみます。

まん丸な湯たんぽの直径は20.5センチです。


付属品はふたつあり

ひとつはパッキン予備。




フタには漏れ止めのゴムパッキンが付いてきます。





口金部分はフタと同じく真鍮製。

加工精度の高さはもちろんメイドインジャパン。

もうひとつの付属品はなかなか秀逸ですが

それは次の更新で触れます。






湯たんぽの高さは6.4センチ。




容量は約1.2リットル。

湯たんぽとしては少なめですが

金属の保温力の高さと外で使う前提であることから

この小ささがイケるのではないかと考えた次第。




底の部分は… 




これって直火にかけられるということ?


添付の説明書を確認すると

どうやら大丈夫らしい。




しかもIH対応とのこと。

ただし直火にかけると変色しますと書き添えられてます。

その際はもちろんフタは外さないとなりません。




さすがにキャンプ場にIHは持ち込まないと思いますが

自宅で寒い夜に加熱するのはありでしょうか。


さて湯たんぽ、特に金属製と言えば

これが心配です。




低温やけど。

でも大丈夫。それを防ぐためのアイテムも買い添えてあります。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

土井金属:トタン湯たんぽminiまる1.2L シルバー 2831
価格:1512円(税込、送料別) (2017/10/25時点)




これ小さいけど実力はなかなかでした。

試用レポや低温やけど防止のアイテム、付属品については次の更新で。








更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : キャンプ 暖房 湯たんぽ 口金 真鍮

不自由の中にしか自由は感じられない




ありがたいことに

とっても愛おしいのに、かなり長い間走れなかった

マイバイクのリペアを、決定的に進められるパーツは

入手のメドが立ったのですが… 





何だかクソミソに忙しいのです。





来週末はすでに確定ですが、その次の週末と

さらにその次も、仕事や私用が入りそうな気配が濃厚なのです。





仕事だけでなく

親戚の手伝いという予定も入ったりして

ともかく自由な時間がありません。





私用はさておき、仕事で忙しいのは

ありがたいことなのでしょうが… 





再来週まで休日出勤により、キャンプなど… 

ソロでも家族でもレジャーを封印しなくてはなりませんが

繁忙期が過ぎた頃…

紅葉を愛でに行くことができるかもしれません。





でも今のそんなタイミングだからこそ

あの強者の言葉を引用したいかなと…。





本物の自由は不自由の中でしか感じられません。





本当に戦った者だけが吐くことができる

その言葉の意味を噛みしめられるよう

自由を感じられる日が来るまで… 

頑張ります。





息継ぎも必要ですからね。








更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : キャンプ 紅葉 村田諒太 自由 不自由

台風の功名? リターンバイクに向け大きな壁をひとつ乗り越えた♪


次の週末に休日出勤の予定が入っているので

どうしてもこの週末はソロで出たかったのですが

台風21号の襲来、そして上陸は確定的でしたし

実際にそうなりましたからね。





たとえソロキャンプを強行したとしても

道路網は寸断されておりましたから… 




帰宅できない事態になったかもしれませんし… 




キャンプ場が所在する場所でも

避難所が開設されるくらいです。

キャンプ場に行ってみたら臨時休業で… 




戻ろうにも道路はゲートが閉まっており戻ることができないなんていう

最悪の状況に陥ることになったでしょう。



今年は台風でキャンプを諦めざるを得ないケースが多すぎる気がしますが

またも悔しいノーキャンプな週末が終わり

新しい週が明けてしまいました。


傷心のあまり、2日間もブログを更新する気になれなかったのですが

ならばとじっくり腰を据えたことで

別の嬉しい進展もあります。




ワタシのバイクです。

20年前のモデルであるホンダCRM250AR。




倒立フォークのシール抜けを修理したのが

今年の3月だった。




これはオイル漏れを起こしている方のフロントフォーク。

その代替品を中古で入手できたのです。




グリッドコンテナを使って前輪側を持ち上げ

デリカのジャッキも使い

何とか代替の倒立フォークと交換できたのでした。


しかし… 




交換してから気付きましたが

代替品も倒立フォークの宿命を背負ってました。

すでにシール劣化が始まっており

換装後に試走するとアンダーステアが出て

意のままに走らせるにはほど遠い状態でした。






何とかしたいと思いつつ、モノは20年前の車体です。

フォークシールのパーツとフロントフォーク代替品を探すこともしましたが

前者はすでに在庫が無いっぽく… 




楽天で見つけられるのは1型CRMの正立フォーク用のみ。


やはり程度の良いフロントフォークをまるごと交換する方が

まだ現実味のある選択肢。しかし程度の良いものを探すと

中古でも3~5諭吉の対価が必要でした。


しかしケガの功名というか何というか… 

この週末、中古良品のフロントフォークを

まずまずの対価で入手できる目処が立ったのです。




これは3月に交換したものですが

今回入手できるモノのシール部分は、明らかにコンディションは上です。





台風のおかげでコスパの良いパーツを探してゲットすることができました。

実際に手元に来て換装作業を済ませ

試走してセッティングという手間はかかると思いますが

バイク復活に向けていちばん大きな壁を乗り越えたことは確かです。




リターンバイクまであと何日かかるかは

まだ先行き不透明な部分はあります。




すくなくとも道志みちに雪が降る前に

バイクソロに出られますように。








更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

24時間だれとも喋らない・完ソロは贅沢な癒しの時間




実は昨夕の設営時点で、すでに

異変に気付いておりました。




あるいは一晩、外気にさらしたら

事態が好転するかもしれないとも思いましたが

そう上手くはいきません。


何の話かと言うと、これです。





伝説のガレージブランドとなって久しい… 




デザインリコ謹製 ホワイトアッシュ材のテーブル。




上下の画像はこのテーブルをいただいた直後のもので… 




このように二つ折りで収容状態になります。



いただいてから1年の月日が経ち

何度となく野外で活躍してくれたのです。




が… 




現認できるのは

天板が合わさる辺が干渉している状態。


テーブルを裏返すと

別の見え方になります。




リコさんの中~大型テーブルは

共通の意匠をもってデザインされてました。




左右2分割の天板パーツを接合するのは

ロックアームですが

これも固定しにくくなっていました。




木材が膨張や収縮するのは仕方ないことですが

あるいは我が家での保管状況が

あまり宜しくなかったということなのかもしれません。




本格的にメンテしなくてはならない状況を示唆するのですが

この週末は台風の影響が出そうで

屋外での作業が適うかなぁと… (^^ゞ

そんなことを考えつつ撤収を進めます。


しかし… 

ここで時間を使う必要が出てきました。




久しぶりに持ってきたMSRツインシスターズを広げて

天日干ししつつ… 




道志川を眺めつつ

撤収のスピードを遅らせなければならない事態に…(?_?) 





この時点で14時です。

平日でほぼ完ソロな状況とはいえ

すでに久保キャンプ場のアウト定刻を

大幅に過ぎています。




テントも収容し、あとは退出するのみですが

実を言うとこの時点でまだ支払いが済んでません。

今回のKB利用で、まだ管理者様には一度もお会いできていないのでして… (^^ゞ 





体育の日の連休が明けた直後の平日

管理者様が出動されるのを待っていたのですが

ケータイでのやりとりではまもなく来場されるはずが

なかなか姿が見えず。




Cサイトもすでに日が差さなくなってしまった…。


この直後に連絡があり

急なご予定が入られたとのこと。

結局この日に管理者様が来場されたのは

もっとずっと後になってからだったらしい。




仕方ないけど時間切れ。

支払いは、ある方法で滞りなく済ませました。





帰路はもちろん緩やかな方のアプローチを上ります。


完ソロは静かで嬉しい時間でした。

誰とも喋らず24時間ほどを過ごして

身も心もリフレッシュできましたし

道具のメンテを済ませたり、課題も見えたりしましたし。




厳冬期にもソロ会員向けの開放があるとのことで

ぜひまた訪れたいものです。







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 MSR ツインシスターズ 管理者 道志川 完ソロ

再び大失敗 : 飲み過ぎて灯火器をいじるとロクなことは起きません…





道志渓谷の川の流れと日射しとが織りなす

光景の色合いに秋を感じます。




河畔の植栽はまだ緑が優勢ですが

すでに色付き始めた木々も見えます。




あと1ヶ月経てば紅葉の季節です。

この秋は今夏の暑さの影響が

どんな風に彩りを添えるのでしょう…




自然が豊かなこの国で

アウトドアを楽しめる幸せを感じます。

今から楽しみです。


さて人気がありすぎて品薄が続く

アウトドア用のストレージボックス… 




フィールドトランクの運用方法は

我が家では、おそらくプラノ社の思惑と違う方向に

落ち着きました。




フタの内縁に走るOリングを外してしまい、

簡易防水機能を切ることで、収容アイテムの乾燥状態については

ナーバスにならずに済むのでした。


しかし一難去ってまた一難。




レアな絶滅種ランタンを幸運にも入手でき

初点灯では専用燃料が間に合わず

とりあえずな手持ち灯油で運用したら、やっぱり手痛い思いをしました。




専用の燃料も届いており

今回は万全の体制でのぞんだはず… 




だったけど…(?_?) 



うーん 残念です。




ホヤには煤汚れがありますし

それだけじゃなかった。




トップフードをはずしますが

裏返してみてビックリ 




煤がスゴイ。

粉末でなく固形物に近い厚さで

トップフードにこびりついてます。






パラフィンオイル6割・灯油4割くらいで

点灯させてはずだったのですが

昨夜の記憶が蘇り… 




深いため息を吐き出しました。


一度消えてしまったのを見たのは寝ぼけ眼でした。

夜中に起きた時、不注意にも灯油を足し

そのまま再点灯させていたのでして… 


さらに…  




芯も長めに引っ張り出してしまってました。




おそらくラーメンを平らげた後

KBソロサービスの生ビールを

いただいた前後と思います。




飲み過ぎ注意だなと… (^^ゞ 



芯が出過ぎた状態で点灯すれば

さすがに煤も山盛りになるはず。




青天の霹靂というヤツでしょう。

悔しさを嘲笑うかのような空の色でした。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ノーザンライツ 久保キャンプ場 Oリング フィールドトランク プラノ 出しすぎ トップフード

プラノ フィールドトランク湿気対策の決定打は売りの機能を捨てること?



好天に恵まれたものの、なかなか日が差さなかった

久保キャンプ場のCサイトにも

やっと陽光が差し込み始めました。






この状態になるのに

10時を待たねばならなかったのですが

こうなればテントやタープの結露は

完全に乾燥させてからの撤収が適います。




しかし油断は禁物。




どんなに晴れても… 

道具の収容で湿気への対策を怠れば

例えばクッカーやカラトリーが

カビたりする事態が起こります。


このタフそうに見えるストレージ

プラノ フィールドトランクが、つい先日

カビの温床になっていたことが判明し

漂白剤で徹底洗浄したのです。





その漂白洗浄後、初実地投入するにあたり

いくつかの対処療法を施してあります。


まずは洗い物のための小物です。




スポンジの類いはこの中には収容せず

タワシもカラビナでコンテナ外に吊すことに。




こうすればタワシがまだ湿った状態であっても

躊躇せず撤収できます。


ただ、この工夫… 

今回はまったく用を為しません。





久保キャンプ場と言えば

亀の子束子さん。関係はよく分かりませんが

こちらのキャンプ場のスポンサーなのかも? 





場内炊事場のいたる所に

タワシがしつらえてありますからね。




マイタワシの出番はありませんでした…(^^ゞ 



で、もうひとつの

大きな対処療法ですが… 





フィールドトランクのフタをひっくり返すと

それが何かが分かります。





そう…

Oリングをはずしてしまいました。





フィールドトランクの持つ

簡易防水機能のかなめなのが

このOリングです。

しかしながらストレージ内部に

湿気を含んだ物がある場合

その水分の蒸発を妨げてしまうのもまた

これなのです。





ちなみにOリングをはずした状態で

フタの閉まり方はどうなるかというと… 






こんな感じでガタが出ますが

フタが外れたりすることはありません。

むしろ内部の通気性は向上している筈です。



でもそれ以前に… 




クッカーやカラトリー類は

とにかく乾燥させてから仕舞うこと。

これを守るのがいちばんの特効薬かもしれません。



ところで朝になって気付いたことですが… 




このランタンの運用に関して

やっちまったらしいです。


続きます。









更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 プラノ フィールドトランク 湿気 Oリング タワシ 束子 亀の子

思わぬ嬉しいリプライでキャンプ場管理の大変さを思い知った話



何度か考えたことです。




三度の飯よりキャンプが好きなら

利用者として楽しむ側でなく

管理する側に回っても良いのではないかということ。





しかしそんな逡巡は甘かったのだということを

思い知らされました。





KB管理者様をフォローされている方は

すでに見られたと思いますが

先のこのブログ更新をツイートした内容に対して

管理者様からご返信をいただきました。





道志は水道がないため

このシャワーの水源は沢から引いたものだそう。

なのでフィルターに落ち葉等が詰まりやすく

水勢が落ちることも少なくないそうです。




その立地条件にあって、前回利用時より

快適さが増していたのは、きちんと給水系を管理され

メンテされている証し。





シャワーヘッドで直流とミストが調整でき

気持ち良いシャワーでしたから。



そして管理者様のツイートを見て

私的には決意を新たにしております。

やっぱり好評と聞きました。




次に伺う際、あの気持ちいい露天風呂に絶対に浸かれるよう

何としてでも日程調整しようと考えてます。








さて平日ソロの朝は

メチャクチャに良い天気。




でも9時前後の外気温は20度に達しません。


朝シャワーをいただいてさっぱりできたのですが

そろそろ空腹も何とかしたい。




なので遅めの朝メシを作り始めます。




食材はこちらで…。





カルディー生パスタ フェットチーネなので

絡みそうなクリーム系ソースを合わせます。




DUG HEAT-1 でパスタを茹でたのは始めてかも。

その前に同じHEAT-1 で

ポルチーニのレトルトも加熱してあるのですが…。




皿がでかすぎたかな… (^^ゞ 

もうちょい小さめのに盛ったら

もっと見栄えが良くなったかもしれません。






トマトポタージュと石釜パンを合わせ

ポテサラも付いて、朝メシは思ったよりもスゴい

ボリュームになりました。

ポルチーニ茸ソースが思ったより重く

パンとポテサラは昼に持ち越すことになりましたけど。





ちなみにこちらは起床後に寒くて

朝メシで飲んだのは2杯目ですが

オイルソテーしたパスタに粉末状態で振りかけるのもアリと思います。



ところでこのコンテナ

ついにどうにかする方法を見つけた… 




…かもしれません。

意外と簡単な方法でした。続きます。








更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 沢の水 シャワー 落ち葉 管理 フェットチーネ ポルチーニ カルディ

幻の露天風呂があるキャンプ場・気持ち良さは道志No.1なのですが…



10月10日 火曜日は世間的には平日ですが

休日出勤の振替休日を貰えて

前日からこちらに来ています。




久保キャンプ場にて

絶賛一人キャンプ中です。





さて夜が明けた空は晴れてますが… 




この鉄柵の向こうには道志川が流れています。

河畔なので結露が凄まじいのです。




デリカのフロントガラスの曇り方を見れば

だいたい想像が付きますが… 




期待を裏切らないような?

しっかりしっとりしたモノが見られるでしょう… (^^ゞ





タープの結露はこんな感じでした。




水滴になる以前というか… 

まるで霧吹きで吹いた後のような状態。



これが氷点下となると、幕体はバリバリに凍ります




しかしこうなってくれた方が、一気に片付けられるのですが

今回は太陽の登場を待つしかない…。


現在時刻は8時を過ぎましたが

残念ながらKBのCサイトに日が差すまでは

もう少し時間が必要です。




太陽が高くなるまで時間を使うのと

前夜は入浴していなかったので

この階段を上った所の設備を利用する決心が付きます。




こちらへやってきました。

シャワー室。






いわゆるコインシャワーで

料金は5分200円。





KBのシャワー水勢はあまり強い方ではないのですが

過去に使った時と明からに違う点がありました。




普通に熱いお湯が出ます (笑) 

管理者様には申し訳ありません。正直に言うと

前に使った時はあまり熱いお湯が出ず

寒い思いをしたのです。


しかし今回は違いました。


ただ… 




道志みち沿いにあるキャンプ場では

もっと高スペックなシャワーがあるキャンプ場が他にあるのは

揺るぎない事実。




下善之木のせせらぎさんです。

水勢は強くて温度も自在に調整が効きますし

何より安い。1回5分はKBと同じですが100円で済みます。


シャワーという簡易入浴設備なら

間違いなくせせらぎさんにあるそれは

道志で最強に快適な設備です。


が… 

久保キャンプ場も入浴設備系は道志最強のモノをお持ちでして… 




昨夜は管理者様もご帰宅されてましたし

平日は団体予約でも入らない限り

ボイラーは稼働しないのですが

ここの露天風呂ってば… 




雰囲気最高

それこそ気持ち良さは道志で1番なのです。




言ってみればKBのこれって

幻の露天風呂 と呼ぶべきなのかもしれません。

いつかまた入りたいなぁ… (^^ゞ 




更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 ぼっち 一人キャンプはじめました。 シャワー せせらぎ 露天風呂 道志

<


ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪
icon icon

icon icon











メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
いろいろ