同じ燃料でこうも違うのか・未使用ノーザンライツ初点灯の儀





ノーザンライツのオイルランタンは

ずっと羨望の眼差しで眺めていた灯火器でした。




なかなか手に入れることができず

気付けばメーカー自体が無くなってしまったのですが

今年の9月、たまたま開いたネットオークションで入札し

気が付くと落札。未使用品を入手できたのです。





末子の花火は今年最後でしょうが

このランタンは今ここから歴史を刻み始めます。


その記念すべき初点灯ですが

火を点けてみて、やっぱり少し… 

後悔の念が沸いてきました。




たぶん何とかなるだろうと

灯油100パーセントで運用開始したものの… 




家庭用灯油だとやや煙が多い印象です。

ホヤを被せましたが

煤は付くだろうなぁ… 




そんな懸念も沸きますが

灯色の暖かさが後悔を吹き飛ばしてくれます。




しかしノーザンライツも、その後ろで強烈な光量を放つ

コールマンの加圧式ランタンも

まったくおなじ灯油で燃えているのですが

まったく別次元の光量と灯色です。



さて現在時刻は20時半を過ぎました。





標高820メートルのこの地ですが

まだ外気は暖かめ。




20度もあります。

なのですが過去の経験則から

9月下旬の下善之木の夜は

この後が冷えると知っていますので… 




トヨトミレインボーです。

より強烈なアルパカと迷いましたが

今季初ストーブは燃費の良い国産機にしました。



寝具も夏キャンプから衣替え。




8月までは化繊でも大丈夫でしたが

ダウンシュラフにした方が快適に眠れます。




モンベルは末子に取られてしまった。

ワタシはナンガを使うことになりました。





しかしホント、まったく同じ燃料なのに

全然違います。




加圧するかしないかで燃費も変わるのでしょう。

639Cもですが、ケロシン灯火器って面白い。

ノーザンライツとは長い付き合いになりそうな予感がします。













更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

キャンプ夜間、授乳が寒かったと小言を言われ続けてもう数年…(^^ゞ



道志への往路で末子と交わした会話です。

「お兄ちゃんは初めてキャンプいったのは何歳?」

との問いに、記憶を辿り答えます。




この時4歳。

これ初のパパとのペアキャンプの時のものですが

それ以前に那須のコテージで

まだ末子が産まれる前、お兄ちゃんが2歳になるかどうかの頃

初めて家族でキャンプ場を利用したのが最初と伝えました。


その答えを聞いて末子が言ったのは

「じゃあボクが初めてキャンプいったのは何歳?」 との問い。


この質問には即答できます。




「うまれてまだ3ヶ月の時」だったと。

この答えを得て末子は嬉しそうに

「よっしゃー! お兄ちゃんに勝った~♪」

と叫んでました。




彼らには6歳の年齢差がありますが

男子同士です。決して仲が悪いほうではないと思うのですが

ライバル心を燃やすこともあります。




その末子初参戦時のキャンプはまだ装備が乏しく

車載の嵩を考える前に

とにかく使えそうな道具を漁り集め

キャンプに出ている状況でした。




この時まだ乳児の末子に、夜間に授乳する時

メチャクチャ寒かったと… 

いまだにママさんから小言をいわれることがありますからね。




キミを始めてキャンプに連れ出した日のことは

夫婦間の小言という後付けで

パパの記憶を強化しているのです… (^^ゞ 



で、キミがキャンプデビューしたこの道志の森で

その9年後に行うのは… 





手持ちの花火ですが、楽しみ方が

少々進化したらしい




手持ち花火を点火してから

その串を地面に刺してます。




こうすると確かに火薬が安定して燃えるんですよね。

同じことを何度かやって見せていた気がしますが

その意味が、分かってきたのかもしれません。



じゃ、次はワタシの番です。




これ今回のキャンプに間に合うか… 

ビミョーなタイミングでオーダーしてあったのですが

届いたのは撤収して帰宅した後でした。



根拠はありませんが、何とかなるかもしれない。

一縷の望みというヤツです。




往路のガソリンスタンドで求めてあります。


新鮮なはずの灯油を激レアなランタンの

タンクに注ぎ… 





未使用の芯を垂らし入れました。







フタを閉めて

芯に燃料が上がっているか




触診します。


すると… 




芯の先端、燃焼する部位に

灯油がじゅうぶん上っていることを確認できました。

Exifデータを確認すると、たったの3分で

芯先に上った灯油を触感できたことになります。

未使用品の証しかもしれません。


やっちゃイケナイかなと思いつつも

ここまで来たら… 





いっちゃいました。







この照度と灯色… 

何だかなぁ… 良いかもしれないです。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










不完全燃焼な花火大会がレアアイテムへの自制心を解き放った夜


9月23日 土曜日の夜に

道志みち沿いにあるレジャー施設の複数で

花火大会が催されていました。




ひとつはこれ。

道志の森キャンプ場からも見える、道の駅どうしの花火大会

もともとは9月16日の開催予定だったのが

台風の影響により延期となったもの。


そしてもうひとつはコーラスのつどいの

プレフェスとして開かれたこちら。




青根緑の休暇村 合唱祭の前夜祭です。




ワタクシ 道志の森に来るまで

道の駅どうしの花火大会が台風で順延されていたと知らず

花火が見えそうで見えないのは、ここから少し遠い

青根で催されているからかと考えていました。




しかし青根と道志之森では

標高が500メートル前後も違います。

そんな山間部で、20キロも先の花火大会が

見える筈がありません… 




少し考えてみて、間違った思いこみをしていたと

すぐに気付きましたけど (笑)





19時20分近くになっても

道の駅どうしの花火が上がる音と光は

遠くの木陰の間から断続的に見聞きできるのですが… 




渾身の晩メシが完成してしまいました。




パエリアです。




新鮮な南半球産のレモンも

添えてあります。




花より団子。

木々の間からしか見えない花火大会に

末子も飽きてしまったようです。

もちろんワタシも不完全燃焼な心持ちなのでしたが。




ため息混じりに父の力作を頬張り始めましたが

最近自宅では小食気味の彼が、「うまい」とつぶやき

2杯目をおかわりしてくれたのは、作った甲斐があったように思います。



さて… 

ここからは子どもも大人も火遊びタイムになります。





差し置いての感はありますが

まずは大人部門。




超絶レアにして未使用

ノーザンライツのオイルランタンを入手したばかりです。




ここまで我慢したので… 

暴挙とも言える振る舞いなのですが

自制心を解き放ち、良しとすることにしました。








更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










熱血キャンプ調理中、空が真っ赤に燃え上がる事態に?


テレ東系で放映されている「男子ごはん」は

テレビをあまり観なくなったワタシにしては

よく観るほうの番組ですが、ワタシだけでなく

これをご覧になっている方は少なくないと確信します。




関東地方の日曜正午前という小さくない枠で

割りと長く続いている番組ですからね。


たとえブログであっても

その人気番組のパーソナリティである栗原心平氏に… 




勝負を挑むようなタイトルで更新をしてしまったからには

それなりの工夫を披露しないとなりませんが… 



ゴメンナサイです。




自宅で洗った米をジプロックに入れ

キャンプ場に持ってきたくらいでした。




それでもあえて言うとしたら

ケロ化して久しいMSRドラゴンフライ。


これ屋外で満足な炊飯とか米料理を作るなら

絶対的に必要なアイテムであり

工夫というか… 





登山とかキャンプする方には目新しいアイテムではありませんが

まだバーベキューしかやったことがないという方には

目からウロコな熱源として目に映ることは間違いないと思います。


ともかく微細な火力調整が可能なのですから。




プリムスのフライパンに

やや多めにオリーブオイルを垂らして… 




他のガス缶バーナーだけでなく

ケロシンバーナーでも

すぐに油がバチバチ言いそうなくらい

加熱しすぎな状態になりそうですが… 




ドラゴンフライならその寸前あたりで

すぐさま火力を調整できます。





タンク側とバーナー側の両方に

火力調整できる調整弁がありますからね。




そのありがたいしつらえを使い

自宅で洗ってあった米を投入して

透き通るまでいため、ソースを加えます。




冷蔵庫で凍らせてあった魚介類は

すでにクーラーボックス内で解凍し

ソースで和えてあり、それを投入し… 




あとは弱火で数分間

加熱すればいいかなと思ったところでした。






突然、爆音と

雷鳴のような大音響が響き渡ります。




道志の森のむこうがわの空が

真っ赤に染まりました…(?_?) 



これ何かというと

異常気象でも何かの爆発事故が起きたりしたのでもなく

こちらのお祭りです。




道の駅どうしの花火。





しかし見えそうで見えない… (^^ゞ 


このあと数十分間、カメラを携えて

ねばりましたが… 

諦めて調理に戻った方が良さそうな趨勢でして… (^^ゞ 






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










男子ごはん・栗原心平さんに勝負を挑んでみる?


設営を終えて夕暮れが近くなると

どっちにしようかなと迷うケースが多いのです。







ビールと照明確保の

どちらを先に行うべきか…


サッポロクラシックの誘惑に負けそうになりましたが

現在時刻は18時に近く、道志村の日没時刻をすでに過ぎました。




こっちが先です。

ケロ灯ですから、給油と加圧後に

アルコールでの予熱という手間を踏みます。




燃料用アルコールをそれ用に

ちょうど良いランタンの位置にあるカップに注ぎ

チャッカマンなどで着火して

しっかり機関を暖めれば大丈夫です。




ケロシンランタンにはデフォルトで

予熱のための燃料用アルコールをカップに注ぎ入れるための

ボトルが付属してきます。




この大光量のランタンが灯った瞬間

周囲の景色が変わります。




デジカメは大きい光量を発する光源に困惑し

一気に周囲を、深夜と同じくらい暗い空間として

表現してしまいます… (^^ゞ 




画像の正規表現真偽は時を追うごとに曖昧になりますが

そんなことより危なくなくキャンプを楽しむ環境を確保するのが

今は先です。



複数個のケロシンランタンを点灯させました。

しかし前述したように砂嘴サイトの沢を挟んだすぐ隣には

設営されている方がいられますから… 




遮光板として

ウインドシールドを立てることにしました。



ここで… 

テンティピの中で気まぐれに遊んでいた末子から

お腹が減ったという声が聞こえてきます。




甘いかなと思いつつ

ワタシも空腹を感じ始めていたのです。





これもケロシン。MSRのドラゴンフライ。

正確にはケロシン用に

ジェットを替えてあり、灯油仕様ですから

もちろんアルコールで予熱して… 




きっちり着火し運用してます。




きれいな青火は

順調な燃焼状態である証し♪ 




なるべく早く

フライパンでのレシピを作ろうと思いますが

こんなものを自宅から持ってきていたのでした… 




水研ぎした米です。



他の、もっと簡単なレシピも用意があったのですが

子連れだと気張ってしまいますし

生もの系の食材は持ち帰れないので… 







この後、あの番組を思い出しながら… 




男子ごはん作りを頑張りました… (^.^)



 











更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










9月下旬のキャンプは暖房ストーブ装備が必要なのかというと…



今回は末子とのペアキャンプなので

もっと小さいテントでも良かったのです。




しかしテンティピ。

TC幕とは言えカビる可能性は否定できませんから

できれば1~2ヶ月に一度は設営して風を通したかった。



そして3回連続設営のヘリテイジヘキサ。




ケルティ ノアズと迷いましたが

砂嘴状サイトは幅が狭いので

左右に広くなるウイングタープは見送りました。



ヘキサを選んだ理由はもうひとつ。




沢の対岸には先に設営された方々がいられたので

せめてこちらから視線が交錯する状況を

軽減した方が良いと考えまして… (^^ゞ 




幕体両端を、より地面に近く広く張れるヘキサタープの方が

後から来た者としては、少しでも失礼が少なくなるかと思い

頂角の多いこちらで設営しております。


出発が遅れ往路は渋滞してましたが

なんとか日没前に設営完了。




左右は沢です。

やっぱり砂嘴だし (笑)




このサイト地形、地震大国の海浜のキャンプ場だったら

絶対に設営していませんが、ここは山の中ですからね。

こんな場所での設営は初めて。

トイレや水場に行くのに遠回りする不便もありますが… 




他のサイトで走り回っているお子さんたちが

自サイトの張り縄に足を引っかけ、転んだりするかもと

余計な心配をしなくて済むのは本当にありがたい。



さて時刻はもうすぐ18時。






外気温は23度と表示されてますが

この後は間違いなくもっと気温が下がります。





道志の森の標高は800メートル超。

アプリで検索して道志村の予報を探しても

それで得られるのはもう少し低標高の地を

観測点として提供された情報かもしれません。





何度となくそんな差異に辛酸を舐めさせられてますから

予報の気温を信じず、あるアイテムを持参しております。




たった2時間後、この道具が

ほっこりする幸せをもたらしました。



季節は確実に秋へと進んでいるようです。







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










サイト左右が沢・砂嘴(さし)サイトって初経験♪



先週末の連休、3週間ぶりにキャンプに出る予定でしたが

連休レジャーを台風に阻まれ末子の嘆願もあり

土曜日からリベンジに出ました。




なのですが… 

待望のニューアイテムを運用するための燃料が

けっきょくは土曜正午までに配送されず

見切り発車で出発したのです。



しかし… 

台風リベンジを目論んだ方は他にも多くいられたようで

キャンプ場への往路は混雑…。




道路だけでなくどのキャンプ場も満場と思われましたが

宛てはありました。



道志の森です。




林間サイトは難民キャンプ状態でしたが

道志の森では繁忙期になると

この グラウンド と呼ばれる場所を

開放していただけます。


水場もトイレも簡易式のものが設置されているだけなので

遠慮する方が多いのかもしれませんが

林間サイト主体の道志の森にあっては珍しく

草原のロケーションを楽しめるサイトなのです。




その中の、端の方にある面白そうな場所に

空きを見つけることができました。




細長いサイトの両端には

沢から引かれた水路が走っており… 







それらがこの先で池になっています。





いわば砂嘴(さし)のような立地のサイト。




砂嘴としては有名なのが、大分県の住吉浜。

砂嘴とは海流により運ばれた堆積物が

海岸でくちばしのような地形を作った地形のことですが… 




道志の森のこの地形は

おそらく人為的なものなのでしょう。


ですがさすがの道志みち沿い

キャンプ場の王者。




ほどよい人為的造成と手付かずな自然が共存するのが

道志の森の魅力なのかもしれません。




信じられないような野生動物の落とし物とか

たくさんの小動物たちとの出会いに

末子も歓喜しておりました。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










このブログについてお知らせがあります


先週はこれでキャンプやめました。




連休は台風でしたしね。

中日の夜あたりからやっぱり暴風雨で

行かなくて正解だったと胸を撫で下ろしました。


じりじり悶々と一週間が過ぎましたが

同じ思いを彼も抱えていたらしいです。




末子に昨夜、いたずら心で

「明日はキャンプに行けなくなっちゃったよ」と伝えると

「えーうそー」と本気で困惑の表情を浮かべてましたから。




大丈夫。今日は必ずキミと

ペアキャンに出ますので。




ということで何とか雨も止んだので

そろそろ出発したいところなんです。


しかしこれ。




末子だけでなく

新しく加わったレアアイテムも連れて行くつもりですが

気を付けなきゃならないこととかいろいろと…


まずひとつめなんですが… 




ノーザンライツのオイルフィラーの裏側です。

パッキンが非常に外れやすいことが判明。




小さいし黒いしで、これあっという間に無くしそう。

サイズを測って控えておく方が良いようです。


そしてもうひとつ。

一週間じらされたというのに

この時間まで出発できてないもっとも大きな理由。




ノーザンライツ用に求めたパラフィンオイル… 

今日が配達指定日なんですが

いまだ玄関のチャイムが鳴りません。




佐川は時間指定がてきないんだよなぁ… 

うーんどうしよう… (^^ゞ 



なおここでこのブログについて

お読みいただいている方にお知らせです。


ついにFC2ブログが常時SSL接続を選択できる設定を実装しましたので

早速設定したのですが、それに伴いアドレスが変わりました。


 旧 : http://campdaisuki.blog9.fc2.com/

 新 : https://campdaisuki.blog.fc2.com/


旧アドレスでアクセスしてもhttpsにリダイレクトされると思いますが

ブログをお持ちでこちらにリンクされている方は、手作業で貼り替えていただく方が

後々良いことが起きるかもしれませんのでお知らせしておきます。









更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










USAノーザンライト製ランタンはやっぱり伝説のアイテムだった


すでにメーカー自体が存在しないのですが

ずっと昔から恋い焦がれていた

オイルランタン。







タイミングが合い

やっと入手できたその名は… 






Northern Lights

素で読めばノーザンライツですが

ノーザンライト と言った方が

まだ通りが良いかもしれません。




検索すると、2012年前後にはすでに

ブランドが消滅して久しく

入手困難になっていた模様。




しかし2010年より前…

2008年頃の日付で探すと、

現役として小振りなキャンドルランタンや

オイルランタンを世に送り出していたしていた

模様です。





では収束状態をばらしていきます。

初めにチェーンのあるアウターキャップをはずして

ガラスホヤを取り外します。





提供元の情報を疑ったのではありませんが

念のため確認です。




フィラーキャップをねじってはずし

芯の状態を確認。




ご対面です。





確かに燃焼の形跡はありません。

芯は未燃焼の色のままで

間違いなく未点灯品と分かります。


ここまで来ると火を灯したい欲求がたかぶりますが… 




おそらくケロシンランタン用として我が家に在庫がある

家庭用の灯油でも点灯できるでしょう。

しかし専用のパラフィンオイルで運用した方が

煤が出ないことはあらかじめ調べてありまして… 




最近、自制心が身に付きつつあるのかもしれません。

別注してあるパラフィン油が届くまで、

ノーザンライト初点灯を我慢することにしました。





しかし何とも可愛らしい。

昔の恋人とやっと邂逅できた心持ち… 

とでも言ったら良いのかな。





LED全盛の今ですし

爆発的な光量のケロシンランタンを

キャンプ中の照明主軸として使用する我が家では

決してメイン照明にはなり得ないでしょう。




それでも灯したくなる灯りとして

キャンドルパワーなどの数値化した単位では表し切れない

魅力的かつ暖かさを持った光を放つのだと思います。




いつか近いうち、この希少種を入手できる

幸せな方もいそうに思います。数は少ないながら

ワタシが入手したのと同じネットオークションで

他にも出品物があるのを目にしていますので。

金属パーツの取り回し方等、運用方法は別の更新で触れたいと思います。







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










超激レアな絶滅メーカーのオイルランタンを手に入れた♪




ずっと昔から知っていて

それでいてもなかなか手に入れられなかった

憧れの道具があります。


一時はそれに似たような似ていないような… 




新進気鋭のベンダーの手によるアイテムを入手し

「これでもいいか」と思ったりもしたのですが… 

実は自分を誤魔化していたのだと気付きます。




これ取り扱いが難しく、何度も炎上してしまいました。

冷却用に水を浸すカーボンフェルトを配する工夫もあったのですが

毎度炎上することが常で、危なっかしくて使うのを止めてしまいました。


自分の使い方が拙かったのかもしれませんけど。


そして数年が経ちますが

物欲にかまけて躍起になり

ネットオークションで資金力が許す最大額を投じ

足掻いたこともありました。しかし

それでも手に入れられなかった人気アイテムです。




自分でも忘れてしまうくらい待った後に

そのタイミングは訪れました。




結果としては昔より安い出費で

入手できたのだと思います。




ケースは年季が入っていますが

本体は未使用品とのこと。




考えていたより大きいのにはビックリしましたが

こういう驚き、初めて手にする道具を入手した時は

珍しいことではないかなと。




iPhone (Xでも8でも+7でもありません。ただの7です) と

高さも幅も同じくらい。

小さめの灯火器と聞いていた過去の憶測が甘かったとは

別に悔しかったりはしません。




過去からずっと持っていた

期待の中の思惑を裏切る大きさですが

これはこれでいいでしょう。




あー… 

やっと出会えたなぁ…。




ずっと伝え聞いていた伝説の絶版アイテムです。


ちなみに… 




キャンドルでなくオイルです。

手間が減るのか増えるのか… 

コンディションは抜群みたいなので、たぶん大丈夫でしょう。









更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 












ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ