トレラン靴のレースロックを見直してみた… 



モントレイルのトレランシューズ2足を入手し、

使い始めてから約3週間が経ちました。





BAJADA(バハダ)とFLUIDFLEX II (フリューイッドフレックスⅡ)。


バハダは頑丈なソールがもたらす登山靴に似た履き心地。

フリューイッドフレックスⅡは、履き潰したフリューイッドフィールに似た軽快なフィッティングで、

キャンプや日常での足としては、満足この上ありません。




なんですが、デフォルトのシューレース(靴ひも)に対しては、

何度も感じてきたこととして… 


やっぱり旧来の靴ひもを結ぶだけではほどけやすく、

ほどけたことに気付かずに自分で踏んで転ぶことも無くはなさそうな気がします。




上の画は恣意的にほどいたものです。

しかしこの3週に1日交替で履いているにもかかわらず、

2、3度は結び直す必要があったことは書かなければならないでしょう。






以前履いていたものと同じように、

アフターマーケットパーツで手を加える必要があることは、

2足を購入した後すぐに考え始めていたのですが… 






これまでは日常的に履くシューズの靴ひもには、

ナイトアイズの KNOT BONE LACE LOCK (ノットボーン レースロック)を使って、

靴ひものフィッティングをカスタマイズしてました。


ノットボーン、ブラ製で一見すぐにも壊れそうな印象を受けますが、

そう消耗するパーツではありません。

代替わり前の何足かに付いてるナイトアイズの 結束骨 を再利用してもヨカッタのですが… 







2足も新しくしたばかりですし、どうせなら新しい製品に目を向けても良いかと思い、

別のプロダクトをオーダーしてみました。





ネイサンのロックレースです。





カラーはバハダとフリューイッドフレックスⅡのデフォルトに準えたかったのですが… 





レッドは入手できたモノの、残念ながらイエローは欠品。

元もと鮮やかな色合いの靴ですから、補助色としては無難なグレーをチョイスさざるを得ず… 




なのですが、2色の選択だけでもいろいろ遊べそうな気がします。



そう考えたところでパッケージを改めて見直しますが… 




マニュアルの類いはパッケージ裏面の英文だけでした。

中学校までは英語の成績は満点だったのですが、今はだいぶん衰えてきたしなぁ… (^^ゞ 



不安を感じつつパッケージを開封します。




とりあえずレッドを開封。



パッケージ裏面を何とか読みとり、まずデフォルトの靴ひもを、

靴から外さないとならないことを知り… 







バハダとフリューイッドフレックスⅡの靴ひもを抜きました。



そしてネイサンのプロダクトが用意した、

新しい靴ひもを通します。






バハダは何の難もなくでした。

この後残った片側にもネイサンのシューレースをすぐに通せました。




ここまでは簡単だったのです。



しかしこの半月ほど、バハダよりも軽めの履き心地を感じさせてくれていた、

フリューイッドフレックスⅡが… 




思わぬ反骨心 ? を呈してくれました…(^^ゞ 


どちらかというとこっちの方が履くかもしれないような感触を感じていたシューズからの

思わぬ反骨で、難儀することになりました。続きます。





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 










関連記事

頑強さ向上! 伝説のガレージブランド製ウッドテーブル・販売再開を切に願う…



デザイン・リコさんの渾身の一作、

Living Table (リビングテーブル) とでも申しておきましょうか…。





リリース当初はヒノキ製だったと記憶していますが、

その後ヒノキ材の調達が難しくなり、アッシュ材に変更されたと聞きました。




材の変更で頑強になったようですがその代償として、

ヒノキ材の持つ軽さという耐久性と背反する魅力は失われたようです。


何が言いたいかというと、とにかく重いということ。




このことについてはデザイン・リコさんも 「重いですよ」と仰られてましたが、

過去に分けていただいたこのクーラーボックススタンドもアッシュ材で… 




重いは重いのですが、それがゆえ、

耐久性も高いようで、今もまだまったく材が欠けることなく使わせて頂いております。

耐久性が上がってるのなら、多少の増重量はむしろ歓迎したいところです。



そしてこの新生・リビングテーブル。





青野原でも開発者様の手で見せて頂きましたが、

収容時と展開時両用で活きる工夫が施されておりました。


これです。






卓面下部を支えるフレームに、ダボとダボ穴が設えてあります。


この施工、左右両方のフレームに施されております。

リビングテーブルは卓面が左右に分かれており、ロープで結ばれる構造ですが、

その仕舞い方法がゆえ、折りたたんだ後に収まりが良くない状況を開発者様は感じていらしたようです。



たたんで収容する時はダボがダボ穴にはまるので… 




設営前も撤収後もフレームが擦れたりせずに運べます。



そしてこのダボは、デザイン・リコさんのリリースの中では、

中・大型テーブルの場合は一貫され車載時に収容しやすい折りたたみ型にこだわられてきた

ロックアームにも活かされており… 




テーブル両端の下に設えられたアームのロックボルトは指先でねじって外せる機構ですが… 




ロックアームにもダボ穴があり、

フレームのダボにはめ込むことで強度が上がる仕組みになっています。







前述通り指先で回せばロックできるボルト。

設営撤収に、工具はまったく必要としません。




ロックボルトを4箇所はめ込めば、リビングテーブル設営完了です♪ 

堅牢にして濡れ色の質を呈する仕上がり。堪りませんね (^.^) 



さらにあと2つ。

ワタシが過去に自作キットを分けて頂いて組み上げた、

ワイドタイプの天板テーブル、P-1246 Kit と同じ物で、

デザイン・リコさんが組まれた物をお分けいただきました。




やはり開発元が作った物となると、全然出来が違います…(^^ゞ 



そしてもうひとつ、小振りな自作Kit用をご自身で作られたサンプル? も… 




天板エッジがカットされた仕様。これカッコイイなぁ (^.^)



思い出すとデザイン・リコさんとのお付き合いが始まったのは、

もう3年も前のこと。




自作テーブルのモニターをご依頼いただき、調子に乗って不躾な仕上げで、

このブログに掲載しました。




その後も変わらず見守っていただき、何度もモニター品や試作を頒布いただいたりして… 





本当にありがとうございます。


現在は出荷を停止されておりますが… 




いつか再び蘇られるようにと願って止みません。








更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 伝説 ガレージブランド ウッド テーブル デザイン・リコ ロックボルト ロックアーム アッシュ材 ヒノキ

あの伝説のガレージブランドのウッドテーブル、再降臨



KBを出発したのが10時45分頃。





道志みちを相模原方面へ走り、途中で左折してこちらの坂を下ります。





そう… この坂は青野原ACへのアプローチ。





この日この時はダム放水中とのことで、道志川の流量は上流の久保よりも多かった。





この日は平日でしたが、ワタシと同じように連休中の仕事で振替をもらったか、

はたまた美容業界の方々が多く訪れていたのか… 




場内は平日であることが信じられないくらいの、けっこうな混雑ぶりでした。


この最奥のデイキャンプエリアでお約束していたのは、

あの伝説のガレージブランド… 




そう、デザイン・リコさん。2年半ぶりの邂逅です。


久しぶりにメールをいただいたのが9月初旬で、

いくつかテーブルをいただけるとのありがたい話をいただいていたのですが、

なかなかワタシの都合が付かず、約1ヶ月後のこのタイミングでやっとお会いできた次第です。



2年半ぶりの邂逅で話は尽きませんでしたが、

この後ワタシも自宅での家事が待っており、泣く泣く青野原を後にします。




またいつかご一緒させてください。その時は年季の入った里子たちの姿をお見せできると思います。



そして帰宅後、洗濯などの家事を済ませてから、車載キャンプ道具の片付けはそこそこに… (^^ゞ 

いただいたテーブルをじっくりと拝見させていただくことに。



ひとつめはLight Table (ライトテーブル)




現在デザイン・リコさんのHPに載っている物ではなく、初期の頃のライトテーブルです。





脚が短めですがこれと同じ物を過去にも分けていただいており、

何度もキャンプに連れ出すうちに負傷してしまったので、ワトコでメンテして、

今も現役で、幕内と自宅室内で使用しております。


小振りな卓面ですし短足がゆえに脚部に負荷がかかりにくいようで、

分けていただいた中では、いちばんエイジングダメージが少ないのがこのテーブルです。



そしてこちらは試作品だそう。




サイドテーブルとして使えそうな意匠。

デザイン・リコさんにしては珍しく、褐色系のオイルステンでフィニッシュされています。




ランタン台として使うのもアリですが、この意匠は… 




末子がベンチと勘違いして座らないように強く言っておかないと… (^^ゞ 



さらにこちらは Living Table




これ以前も同じ物を分けていただいたのですが、

話を伺うともう、材から構造から確実に進化を遂げておりました。


素晴らしい加工精度はまさに伝説の仕事ぶり と言って良い仕上がり。

さすがでございます。


詳細は長くなりそうですので続きます。







更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 青野原 伝説 ガレージブランド デザイン・リコ 邂逅 テーブル ワトコ

秋冬キャンプでは絶対に常備すべき「45L」


このテントを張ると雨に降られることが多いのですが… 




ファウデ ファーリット3。昨夜も小雨が降りましたが、この時点では大丈夫。


幕体はサラッと乾いたままです。





ピコグリルの焚火から舞い降りた灰が乗ってます。これで雨が降り出したらと考えると、

あまりゾッとしない状況だったりします。




でも大丈夫。今回は撤収完了まで降られませんでした。

でもでもそれなのに、ゴミ袋撤収になっちゃいましたけどね。その理由は後で書きます。



さて、今回のキャンプではある方との約束がありまして… 




この後、道志みち沿いの某所でお会いすることになっているので、

できれば身綺麗にしておきたいところ。






と言うわけでKBのシャワー棟にやってきました。





これまでこちらに伺ったのは幸いにも全て露天風呂の稼働日だったので、

今回が初利用ということになります。




料金は5分200円と道志標準仕様。料金投入後にお湯が出っぱなしになるのではなく、

ボタンでオンオフできるタイプ。



さらに嬉しいのは、湯温調整ノブが付いていること。




これ当たり前じゃんか~ と思う方が多いと思いますが、

キャンプ場のシャワーは利用者が浴びながら湯温調整できないタイプもけっこうあるんですよね。

確か青野原ACはまったく調整できなくて、ニュー田代ACは個室の外にある操作盤で設定するタイプ。


さらにコインシャワーにしては珍しく… 




シャンプーとボディソープが備え付けられています。


ここまでは素晴らしかった。

この後200円を投入してシャワーを浴び始めたのですが、

湯温は随意に調整できるものの、残念ながら水圧が弱すぎました。




久保キャンプ場、風呂は最高に気持ちいいのですが、

このシャワー水圧の弱さは残念でした。やはり前夜のうちに、近くの紅椿の湯に行っておくべきだったようです…。


なおシャワー棟備え付けのシャンプーは(パックスナチュロンほどではありませんが)洗浄力が強めのタイプで、

私的にはさっぱりできたのですが、髪質によっては乾いた後にガサガサ感があるかもしれません。




ということで朝シャワーを終えさっぱりしてから、いよいよ撤収を開始します。





ここでなんとツイとものkatosvxさんが、Bサイトに見えたのですが… 




ワタシの約束の相手というのは別の方。katosvxさん、たまたまお休みでこちらに見えただけでした。


「このあと別場所での約束があるんです~」とお伝えし、

katosvxさんがデイの設営されている横で黙々と撤収を進めます…(^^ゞ 


そしてさらに残念な出来事がこのテントに起こります。




うーん… 晴れてるのにフライ内側が結露でびっしょりでした。





こうしてやむなく今回もゴミ袋撤収です…(T.T)




これ車内に常備しておくと雨撤収だけでなく役立ちます。PVC幕はこれからの季節、晴れても結露することが少なくないですからね。

なお結露したファーリット3は帰宅直後に自宅駐車場で乾かし事なきを得ております。








更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 ファウデ ファーリット3 ピコグリル キャンプ場 シャワー 青野原AC ニュー田代AC ツイとも ゴミ袋撤収

冬キャンプは鍋だけじゃなし・旨辛エスニックで芯から温まる♪


せっかくのソロ行、せっかくの平日キャンプです。

サイト貸し切り状態をみすみす楽しまないと、罰が当たりそうな気がして… 





幕内には引き籠もらず、冷風を運ぶ道志川を尻目に焚火を熾します。




これで多少は暖かくなるでしょう。


そして自分以外、Bサイトには誰もいないのを良いことに… 




LED点灯が電池稼働中の証し。




iPadに繋ぐスピーカをパッシブモードではなく、

電池で稼働させ最大まで音量を上げて、60~90年代の古めな洋楽を楽しみます。



KBはお世辞にも大きめのキャンプ場ではありません。

Bサイトは貸し切り状態であるものの、河原サイトとCサイトには他のお客さんがいらっしゃったのですが、

それでも決して迷惑をかけないという自信がありました。


300mW×2個くらいのパワーくらいでは絶対に敵わない轟音です。




道志川の流音がほんの3、4メーター先から響いてきますからね。

昨夜パッシブモードで同じ場所で鳴らしていた時は、ホントちょっとでも椅子を動かすと聴こえなくなるほどでしたし。


では朝メシ作り。




マナスル121。焚火だとクッカーが真っ黒になるのでこちらの熱源を使います。



予熱して着火させたマナスルで温めるのは前夜の食事です。




塩ちゃんこ鍋はある意図を持って残してありました。



これらの食材も求めてあったからです。






白飯と温泉たまご。



そう、前夜は鍋のシメでこれをやりたかったのだけど… 




雑炊です。翌朝も寒いままでしょうから、胃袋から温まるための食材を残しておきました。

雑炊を塩系鍋で作ったのは初でしたが、信じられないくらい旨かった♪ 

ダイエーの海鮮塩ちゃんこ、また買うと思います。もちろん白飯と温玉もセットで (^.^) 



しかし前日、他のお客さんから杉薪の残りも頂いていたのですが… 




着火性は良いけど火保ちは悪い薪種です。あっという間に燃え尽きていきます。


気温はずっとこんな感じ。




夜間にアルパカを消した際の幕内温度とほとんど変わりません。



更に温まる必要を感じ、マナスルとマイヤー トラディショナルケトルでお湯を沸かし… 





前夜は辛旨チョリソで温まりましたが、今朝はこれ。

寒い時季のキャンプではエスニックな辛味系食材を効果的に使うことで、

体内から温まることができます♪ 




ポッカのトムヤムスープ。




レモングラスの香りも良くクリーミー。

調子に乗って1パック内の2袋とも頂いてしまいました。






これ浮き実にインスタント麺で使われるようなチープな乾燥エビが入っていないところがまた良かった♪ 

ご飯を入れていただいても美味しいとのこと。







コンビニで発見しましたがこんな製品も出てるんですね。

4人分で具材は自前で足す必要がありますが、そのあたりを工夫するのも楽しそうです。








更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 ソロ 平日 キャンプ マナスル マイヤー トラディショナルケトル エスニック トムヤムスープ

安物では暖かさが担保されない冬キャンプ道具の筆頭…(^^ゞ




前夜、桟敷サイトでの道志川からの冷風に凍えてしまい、思わず

自宅を発つ前に閃いて積み込んであったアルパカストーブを、

今シーズン初めて運用したのですが… 




就寝前に鎮火させました。



ファウデ ファーリットの幕内に入れば川伝いの冷風は防げましたし、

就寝中、何度かうつらうつらしながらも垣間見たバリゴの表示では、

幕内気温は14度前後で推移しておりました。


全く寒い思いをせず、朝まで眠れたのですが、

アルパカだけでなく、この秋冬用装備も今季初投入です。

そしてその恩恵は小さくなかったように思います。




モンベル ダウンハガー#2。

このモリモリな嵩高のダウンシュラフにくるまっていれば、寒さは無縁でした。


650FP(フィルパワー)は厳冬期にはキビシイかもしれませんが、

快適使用(コンフォート)下限温度は2度で、使用可能限界(リミット)下限は-2度。

まだ秋と言って良いだろう今回に限れば、実に10度以上のアドバンテージがあったことになります。



そう言えば、こんなデッドな製品の再販メールが来てましたけど… 





現在このシュラフが某○チュラムから数量限定で販売されているようです。

同じダウンシュラフなのに、価格はモンベル#2よりも1万以上も安い。

一見お買い得品かと思ってしまいがちなのですが、レビューを良く読むと、

そのスペックは、提示されている数値性能 ( コンフォート下限が-3度、リミット下限が-8度 ) に届いていないのだと、簡単に分かってしまうのです。


だってほとんどの方が「冬キャンプで暖かく使えた」というレビューを書いていないので… (^^ゞ 


これナンガが悪いんじゃなくて、

「安かろう悪かろう」を是とした別注モデルを企画販売する店側に問題があるのかなと… (^^ゞ 




いっぽうのモンベル#2も、冬季を除く3季用と捉えても良さそうなスペック表示ですが、

控え目な数値表現の割りには、冬で無雪の道志界隈あたりなら、

ほぼ問題なく使えます。


mont-bell モンベル ダウンハガー650 #2 #1121256 0824楽天カード分割
価格:26460円(税込、送料無料) (2016/10/14時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


ほぼ問題なく、というのは長袖長ズボンを身につけてくるまる、という前提ですけどね。


シュラフはある程度のお値段で買うことを覚悟しないと、

暖かさが担保されない冬道具の筆頭であることは、紛れもない事実のようです。



さて、昨夜は雨男ならぬ雨テントの呪縛を思い知るような空模様に見舞われたのですが… 






曇天ですが空は明るくなってきた。雨は降りそうと言えば降りそうですが… 




この後は奇跡的に (笑)

降られないまま撤収まで漕ぎ着けることができました。




よく見りゃファーリットってカマボコ型テントだなぁ。トンネル型という分類の呼称は、もはや古いのかもしれません。



で… やはりここからの冷風は相変わらず凄まじいものがあり… 






桟敷サイトの冬は寒そうです。次にこちらに来る時は、別のサイトをお願いしようかなと。


再び幕内に戻り、アルパカに火を入れます。





瞬く間に気温は上がり、あっという間に25度超え。




うーん… 逆に暑いし…(^^ゞ 

この時季の温度調整は難しい。




思わず人型シュラフが欲しくなった瞬間でありました… (^^ゞ 




更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 ソロ キャンプ アルパカストーブ ファウデ ファーリット モンベル ダウンハガー #2

いよいよ鍋キャンプの季節到来♪



寒さの中で、辛い食事は体温を温存してくれます。




例えばキムチなども個人の体質によっては良いのかもしれませんが、

過去に何度か冬季の野外泊で味わったところ、自分の体質にはあまり合わないように感じました。




植物性の発酵食品より、動物性タンパク質を主体とした辛い系食材の方が自分には合うように感じます。



今回のソロ、本物チョリソとその悪魔的に旨い肉汁を含んだホールコーンは本当に美味しかった…。 




しかし残念ですが、「量的に少々足らない」 という神経信号が、

満腹中枢に送られてしまったようです。


でも大丈夫。往路の買い出しで自分の胃袋が満足できる分量の食材は、

調達してありますから。このブログではお馴染みのアレです。




ひとり鍋を求めておきました。今回は海鮮ちゃんこの塩味。



時刻は午後8時を過ぎ、やはり予報通りに寒くなってきたので、




アルパカストーブをファーリットの中に入れてます。



もちろんこれも稼働中。




CO検知器。

今のところトラブルを検知して、起動時以外に警報音を発することはないのですが、

何度も冬キャンプを過ごした我が家の全員が存命しておりますし、滞りなく活き活きと活動してますからね。

この検知器、きちんと機能しているということなのでしょうか。



もちろん検知器以外のCO対策も怠っていません。




幕体上部に2箇所ある換気口は開けてありますし… 



入口ドアも半開にしてあります。





そしてファーリット自体、3季用のテントですから。






マッドスカートを持たないテントです。フライの地面部分は開放されてますが… 


この状態の幕内でアルパカを運用しても、これだけの暖かさが担保されています。




約23度。幕外との気温差は10度前後ある筈です。いや~暖かい♪ 




海鮮塩ちゃんこはデフォルトから鍋替えし、ストアウェイポットでアルパカ上にて加熱開始。





30分もかからず、良い香りが幕内に充満してきます。







海鮮塩ちゃんこ完成♪




ストアウェイポットにていただく鰯つみれ、なかなかオツなお味です。






解けちゃいましたが餅きんちゃく。これがいちばん美味しかったかな…。

一人鍋、夜のうちには実は全部は食べず、翌朝用のリメイクに向け、半分を残しておきました。



食後は身体も温まったので、安全のため… 







アルパカは鎮火させます。




もっと寒い時季のキャンプなら点けたまま寝てしまうこともあり、

前述したように10度を下回る気温下になりそうだったので、アルパカを今季初投入したのですが、

この時点での外気温は11度。大丈夫と踏んで安全を優先しました。




果たしてこの判断は正しかったのか。翌朝に続きます。












更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 ソロ キャンプ 動物性タンパク質 海鮮ちゃんこ CO検知器 ストアウェイポット

スキレットで手軽に味わう本物チョリソ・悪魔の肉汁は寒くても旨い


三連休最終夜にして、久保キャンプ場でのソロキャンプの夜。

時刻は19時ちょうど頃でした。






桟敷サイトにテーブルとマンティスチェアを広げてくつろいでいたのですが、

トイレに行こうとして桟敷の屋根から出たところで、

頬に触る水気に気付きます。


ファウデのテントを設営するとなぜか雨に降られることが多いのです。






うーん… またか…(^^ゞ 




ごく小粒ですが確かに雨が降っています。

実は往路の道志みちでも何度か小雨が降っては止むことを繰り返していたのですが、

設営後はここまで降っておらず、このまま乗り切れるかと思っていたのに… (^^ゞ 




同じ頃、遠目に撮った画像でもレンズが濡れた形跡がはっきりと…。



この後少しだけ雨の勢いが強くなり… 




デリカのフロントグラスはここまで濡れてきた。

ま、こうなれば開き直るしかありませんから、

せめて濡れて寒さが増さないように体温保持に努めないとなりません。




トイレ横の露天風呂棟は消灯されてます。今夜は風呂に入ることはできませんから。


とりあえず桟敷の屋根の下に戻り、長袖を羽織りますが… 







気温が下がってきた。




現在14度ちょうどです。予報では今夜の道志は11度前後まで気温が下がるらしい。



こんな時なら、まずは飲んで食べて、

体内から熱量を上げるべきと考え、あのとっておきの食材をクーラーから取り出します。




今夏のグルキャン用に求めた、ブエナサルシッチャ(株式会社グルマン)さんの生チョリソ

これ自宅の冷凍庫に最後の1パックを温存してありました。いや冷存かな…(?_?) 





夏のグルキャンで親戚に振る舞ったところ大好評で、

持参したチョリソはほとんど食べ尽くされてしまったのですが、

過去に働いてたステーキ屋でも人気だった食材です。間違いなくそうなるだろうと予見できたので、

自分用にひとつだけ残しておいたもの。




これ注文すると、冷凍された状態で配送されます。

自宅で調理する場合はレンジ等で解凍する必要がありますが、

キャンプ場で味わうなら、あまり保冷力が強くない状態のクーラーボックスに放り込んでおけば、

保冷剤の役割を果たしながら、現地着までに程よい状態まで溶けてくれます。




焚火上で温めたスキレットに並べた途端、何とも言えない香りが拡がりますが、

解凍が済んでいればじっくり加熱する必要はありません。


弱火で5分ほど上下両面を加熱し、

醤油を垂らした直後に片掌に少しだけ汲んだ水をかけ、スチームさせれば出来上がりです。




なるべくならホールコーンを添えた方が良いです。二度楽しめますから。



ここでステーキナイフを持ってきていなかったことに気付きました。が… 




ステーキ屋時代から使っていたペティナイフの切れ味の方が鋭い。

問題にはなりません。




グルマンさんのチョリソが本物であることの証のひとつです。




ソーセージは皮が繋がった状態で入手できる方が、

調理した後は絶対に美味しく食べられると思いますし、

皮を切り離すことができた後の幸せは、調理者でなく食べ手が享受すべきものと思います。









囓った後に染み出てくる肉汁は… 




これが病みつきになる味わいの素です。

でも間違っても、口で啜っちゃいけません。




チョリソを食べ終えた後に残ったホールコーン。

ここにあの悪魔の肉汁がたっぷりと染み出ています。







完食です。身震いするくらいの旨さはやっぱり本物だった。


このチョリソ、見た目からしたらBBQ用の網に載せて炭火で炙りたくなりますが、

それはしない方が賢明です。




肉汁を逃さないよう、スキレットを用意して、

ぜひホールコーンといっしょに焼いてみてください。

寒ったとしても、間違いなくいつもよりビールが進みますから。





楽天でもほぼ同じような味の物を求めることができるのですが、残念ながらこちらは皮が切られた状態でのパッケージングでした。

グルマンさんの方がより本物に近いと思います。







更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

フジカや武井より希少価値が上だと言っても言い過ぎではない?



久保キャンプ場にインする際、管理棟で聞いた話では、

「今現在、Bサイトにいるお客さんは全てデイキャンプの方で、夕方には全員帰るから、

車をサイト近くに動かしてもらって良いですよ」とのことでした。




明日は世間的には平日です。ワタシは休出の振替休日ですけどね。

そして今夜Bサイトに予約しているのはワタシだけとのことで、

その後も飛び込みのお客さんは現れませんでしたから… 




スタッフさんが「もう僕は上がるので…」と挨拶しに来て頂いた後、お言葉に甘えることにして、

車をテントの近くに思いっきり寄せさせていただきました。



これを最後にして、この日はもう運転しませんから… 




やっとビールにありつけます。

本心はもっと早い時間に、受付で生を求めてガブガブとイキたかったのですが、

今回はタイミングが合わず…(T.T) 



そしてもうひとつ。独り占め状態になったBサイトで、

このキャンプ場に初めて来た時に適わなかった設営を行います。




今年の6月の初KBソロでは設営し始めた時、ノルのテントウイングを前室に張り出そうとしていたのですが、

周囲の混み具合から断念せざるを得ずだった。





傍目にはただの自己満足に映るのでしょうけど… 




やはりファウデ ファーリットと、ノルディスクのテントウイングの相性は素晴らしいと思います。

翌朝、明るくなってから眺めてみても、再びそう思った次第。



そしてこれも自己マンかもしれないのだけど… 




明日は平日。かつてここに訪れたタイミングは週末やお盆休みでしたからね。

人気の桟敷サイトを完全にひとり占めです。



ただし… 




現在の気温は16度を切ってます。


自宅でも朝晩は寒さを感じて長袖を羽織るようになりましたし、

この連休から、急速に秋が深まり始めた気がするのですが… 




残念なことに今日のタイミングでは、久保キャンプ場の露天風呂の温かさに与ることは適いません。

おそらく前日までの宿泊者さんなら入浴できたのでしょうけど。


翌朝思い知ることになりますが、もう少しビールの喉ごしの爽快感を我慢して、

ここからそう遠くない、紅椿の湯に行けば良かったのかもしれません。




源泉かけ流しのクリアな温泉です。久保キャンプ場からも使いですしね…(^^ゞ








とりあえずはデイの方々にいただいた杉薪での焚火で暖まろうとするものの… 


独占状態の桟敷サイトの暗闇な左側からは… 




轟音を立てて流れる道志川をつたい、

つい半月前だったらありがたかったけど今は相当ありがたくない冷風が吹き付けてきます。



そこでこれの初投入。




日本よりもっと寒い韓国産。現地の冬キャンで活躍しているというアルパカストーブ。


構造が単純で、とにかくタフです。




実は前回使用時の灯油がそのままタンクに満タンで残っていた状態だったのですが、

芯を上げてライターで着火すると… 





何の問題もなく点火完了。今のところは屋外での運用ですが、

これでも昨冬味わったのと全く同じ熱量を、頬で感じることができました。



今はいろいろな事情で日本国内では買えなくなってしまったけど… 


武井バーナー ストーブ/パープルストーブ 301Aセット/BR-301A
価格:45360円(税込、送料無料) (2016/10/11時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]



ひょっとしたらアホみたいに高値な武井やフジカよりもね… 




アルパカの方が、ある意味では希少価値は上なのかもしれません。







更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ソロ キャンプ アルパカストーブ 道志川 振替休日 ファウデ ファーリット ノルディスク テントウイング

連休最終日からキャンプに出るのも悪くない



世間的には昨日で三連休は終わりましたが… 




この連休中、日曜に休日出勤があったため、土・月・火の飛び石休みとなってしまった…。



ということで連休最終日の昨日からキャンプ。

ですが飛び石で休みなのはワタシだけで、家族は明日は仕事だったり学校だったりします。




ということでソロ。曇天ですが。

最近は末子とワタシ2人でのペアキャンプばかりだったので、久しぶりのソロ行です。




今回は、とある理由から荷物を減らしております。



連休最終日の道志みち。相模原市内へ向かう車道は、これでもかといわんばかりの混雑です。




青野原AC入口付近ですね。前走車が右折待機していたおかげで撮れました。



そして予約してあったソロの聖地へのエントランスを、デリカで駆け下ります。




久保キャンプ場です。相変わらずの急勾配。しかしこの先にソロの聖地が待ってます。


平日にかかる一泊予約を入れておりましたが、

管理棟で聞いたのは意外な事実。ワタシ以外にも4~5組ほどのお客さんが宿泊予定だそう。

ただし半数以上の方がソロで、同じような事情で飛び石休みとなった方々ということなのかもしれません。


そしてもうひとつ、

連休中に連泊されたファミリーでグループな方々が、デイキャンで残っているとも聞きました。




残念なことにワタシが予約したサイトの周りを囲うようにテーブルを広げてくつろがれていたので、

サイトを横切って荷下ろしして良いかと訊ねると快諾いただきました。

上の画は、荷下ろしを終えてデイの方々が撤収するのを待っている間の1コマです。




彼らが撤収を終えるタイミングを見計らいつつ、動線が交錯しないように幕営を進めつつ… 



ランタンにケロ給油して、周囲のサイトが空くのを待ちます。




こちらは時間がある身です。

急かすような振る舞いを見せず、のんびりと設営を進めればいいやと思い… 





iPadで音楽を流そうと思ったら… 




ここは久保キャンプ場のB3、桟敷サイトです。




道志川の川音が大きすぎて、iPadデフォルトのスピーカーだと音が掻き消されてしまうし…(^^ゞ 

iPadのスピーカー位置は筐体底部ですからね。指向性が仇になります。


でも大丈夫。




iPhone用にと求めてあったモバイルスピーカー。これで指向性の問題は解決されました。

自宅でiPadに繋げて試聴した時はデフォルトから方が音量も音質も良かったのですが、

こういう状況下では逆転するんだと分かり、買って良かったとつくづく感じました。




ちなみにこれ単4電池3本を入れることで、300mW×2のパワーで慣らせますが、

この時点ではパッシブモードで鳴らしており、自サイト内くらいでしか聞こえない音量であったことを申し添えます。




さてそろそろデイの方々もお帰りになるその頃に… 





何とも嬉しい頂き物をしてしまいました。しかも2組別々のグループの方々から。




「薪が余ったので使ってください」とのこと。 ※ 奥のコードが解けていない薪束は自分で求めた物です。


久保キャンプ場で通常求められる薪は杉薪で一束400円と、正直安くはありません。

広葉樹薪をキープできるシステムもあるキャンプ場なので、今後の薪ストシーズンを見据えれば、

それの利用を考えても良さそうですが、今はまだ微妙な時季だったりしますからね。






火付きは良いが火保ちは良くない杉薪です。焚火ならたくさんあるに超したことはありません。





お心遣い、ありがとうございます。帰路、お気を付けて♪ 







更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 

















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 ソロの聖地 キャンプ 桟敷サイト iPad スピーカー iPhone 広葉樹薪



サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ