夏こそAC電源サイトを予約した方が良い理由




道志村の総延長は縦貫する道志みちを走れば、25キロほどしかないことに気付きます。


その中に25~6ものキャンプ場がひしめいているワケですから、道志村を… 





「キャンプ場銀座」と呼ぶ声があるのも頷ける話です。




そのキャンプ場銀座である道志村、キャンプ場の生存競争もあるのでしょうか。


道志村でいちばん新しいキャンプ場には、これまで二度ほど訪れましたが… 






いずれも閑散とした状況が広がっていました。





見て頂くと分かると思いますが、道志では珍しい全面芝サイトなのに…。





子どもたちの学校が夏休みに入るこの海の日の連休、最近はパパとキャンプに行きたがらなくなっていた我が家のお子たちも、


久しぶりに野に出たくなり、その声を聞いて急きょ空きのあるキャンプ場を探すことになりましたが、


おそらくどこに行っても満杯状態であることは必至です。





ならばと考え、過去2回利用した際、いずれも貸切状態だった、その新興キャンプ場に電話をかけましたが… 





「すでに満杯状態だけど、普段は解放していない場所なら空けても良いですよ」とのこと。






このキャンプ場とはレストリブレさん。道志では貴重な芝が敷かれるだけでなく、AC電源を使えるサイトもあり、


炊事場前の緊急解放サイトでもAC使用可とのこと。もちろん電話で即決でお願いして予約完了。







そして現地に訪れると、確かにサイトは満杯状態。






電話で言われた通り、炊事場前しか場所は空いていません。





電話でも告げられてましたが、炊事場前の芝はやや少なめ。






しかし他の区画より広めで、チェックイン時にフロントで聞かされたのは… 





AC電源もコードも設置しておきましたよ」とのありがたいお言葉です♪ 黄色いコードが見えますね♪






嬉しいご配慮に感謝しつつ、ジルコン15を設営します。





それにしても暑い。この時季ジルコンのトップベンチレーター全開は必要な措置です。





後で知りましたが、この時点で関東甲信地方は梅雨明けしてたんですね。どうりで暑いワケです。





しかしAC電源サイトを予約したのに、今の時期に罹らないあるアイテムを忘れてきてしまったことに気付いたのは、


自宅を出てから、すでに30分以上走った後でした。







我が家の夏キャンプのマストアイテム、充電・AC両用サーキュレーター

いったん忘れ物を取りに自宅に戻ろうかとも思いましたが… 





我が家のある家電がおざなりな状態だったことを思い出して、そのまま現地を目指しました。





ダイエー津久井店では季節モノの家電も売ってます。扇風機、お買い上げです。






自宅にある扇風機は末子が今よりずっと幼い頃、羽根部分に鉛筆突っ込んでくれて、一部が壊れたままだったんですよね(^^ゞ 






ちなみにダイエーでは2500円。楽天で同じ製品探すと単価はこっちの方が安いけど送料含むと実店舗の方が買い得です。






設営で動いてると、流れ落ちる汗のしずくが止まりません。






箱から出して組み立てて、まずは自分自身を目一杯冷やしてから… 






自然換気でも冷却可能ですが、この方が幕内を冷やすのに手っ取り早い。ジルコンの中を換気します。






この後、朝方までこの扇風機、回りっぱなしでした。






充電式サーキュレーターはじゅうぶんな風量で涼むには長く動きません。


木立等、キャンプ場の環境にもよりますが、夏キャンプこそAC電源サイトでフツーの扇風機を使う方が快適な場合もありそうです♪ 








更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : レストリブレ Rest Rivulet AC 電源 サイト テンティピ ジルコン サーキュレーター 扇風機

台風余波で道志は薪不足に?




海の日の三連休、我が家のお子たちが久しぶりに「パパ、キャンプ行こうよ」と乗り気になりました。


しかし連休初日は台風余波で雨模様だったので、空模様をにらみつつ空きのあるキャンプ場を検索したりして、


連休2日目にやっと出発です。





晴れるは晴れましたが、晴れすぎて暑すぎるし… 








往路の信号待ちで見たデリカの車外温度表示は37度





土曜のうちにお子たちの習い事などは済んでいるので、我が家にしては珍しく、


日曜日はキャンプ場往路にランチタイムとなり… 






ここに立ち寄りました。栗の里さんです。






末子はお子さまステーキ。おもちゃ付き。








ご飯は一杯までおかわり無料。もちろんパパとお兄ちゃんはおかわりしてます。





地場産の新鮮な野菜と安心のオージービーフを用いた肉系ランチを堪能し、会計を済ませると、


「お客様は2人以上でご来店ですのでトマトをお好きなだけどうぞ」と言われて空ケースを渡されたので… 






お店の裏にあるビニールハウスへ行ってみます。







ここのプチトマトを詰め放題とのこと♪ 








狂喜乱舞したのは末子。プチトマト大好物なんですよね(^。^) 





これは我が家としては嬉しいサービス。往路の買い出しで求める食材をひとつ調達できちゃいました♪ 





この後、いつものダイエー津久井店で買い出しを済ませ、青山交差点から道志みちに進み、


いつもの薪補給源へ向かいますが… 






さすが道志。道志みちを上がるほどに涼しさが増すのが分かりましたが、道の駅付近では30度を切りました。







しかし… ここで残念なお知らせです。





きこりさんちですが… 









薪の在庫なし (T.T) 台風余波の影響か…。


きこりさんちのツイートでは杉の在庫はあると発信されてたんですが、それも捌けてしまった様子。








薪は予約してあるキャンプ場で現地調達するしかないようで、諦めて目的地を目指します。





かつて二度ほど訪れた場所。少し狭いけど、道志にしては珍しいフルグラスサイト。


オープンしてから、まださほど時間が経っていないためか、過去の訪問では閑散としていたその場所は、嬉しい変容を遂げていました。










にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 







出先からの更新です。コメ返やメールが遅れております。ご容赦ください (m_m) 











関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

安全かつ最終兵器な自作虫除け・作り方も載せました




過日に仕込んだクローブ精油。







これをベースにオリーブオイルを足して自作したブヨ避け剤の効果は… 







道志の森で試したところ、ブヨはもちろん、他の羽虫も近寄らず。





アトマイザーで塗布した地面からは、ミミズまで這い出してくるくらいの駆虫効果を経験できました。







しかしこの自作虫除けにはひとつ問題があります。






燃料用アルコールを用いているため毒性が強く、肌に直接吹きかけることはできません。







ソロキャンで体感した自作虫避けの効果の凄さは家族にも伝えましたが、


やはりメタノールの毒性が気になるとのことだったので、仕切り直すことにしました。










過日と同じショップから再びクローブのホール100グラムを取り寄せて… 







メイソンジャーも調達してあります。








そしてアルコールはこれを用意。








スピリタス。アルコール96度のウォッカです。








度数は高いけどあくまで引用可能なアルコール。これを用いた虫除けなら、直接肌にかかっても問題ない筈です。







メイソンジャーを開栓し… 







クローブを全量投入。











スピリタスを注ぐ前に、その香りを嗅いでみましたが… 





飲み物というよりお酒というよりは… 薬ですねこりゃ…(^^ゞ 







たぶん燃料としても使えるであろう、スピリタスをメイソンジャーに注ぎ入れ… 








全量を注入完了。








メイソンジャーにしっかりフタをはめて… 











4日間、1日2回ほど攪拌してクローブ成分を抽出します。海の日あたりには使えるようになるでしょう。






前回は最後にオリーブオイル100mlを足して完成しましたが、今回はこれを混ぜてみようと考えてます。





ハッカ油ですね。これもブヨが嫌う成分です。


クローブと合わせれば自作虫除け剤としては最終兵器と呼べる代物になるんじゃないかと考えてますが果たして…(?_?) 







【 材料 】

・ アルコール 500ml (スピリタスは500ml瓶で売っているのでそれをまるごと使います)
・ クローブ (ホール)   100g
・ オリーブオイル 100ml  (今回はハッカ油20mlを足すのでオリーブオイルはそのぶん減らす予定です)


【 作り方 】

1.アルコールにクローブを漬け、4日間寝かせる。

2.1日に2度、1をかき混ぜる。

3.4日後、オイルを1に混ぜる。アトマイザー等に小分けして使う。





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

ヘリノックスOEMって大当たりかも♪

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
関連記事

本物か偽物か・ヘリノックスOEM届きました

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
関連記事

3列目シート重量はあの巨大テントと同じだった




デリカD:5の積載性能を飛躍的に上げるには、本当ならルーフ上やヒッチを介したキャリアを付けるのがベターなんでしょう。


でもコスパというか、オサイフに優しいかという視点では、もう少し手軽な方法があります。







多くのミニバンがそうなっているように、デリカも3列目シートを荷室内で左右に跳ね上げられますが、


その跳ね上げた容積は長期旅行やキャンプで生じる大容量の荷物に対して、邪魔者以外の何者でもありません。






その邪魔者を取り外し可能にするキットが、キャリア増設よりだいぶん安い投資で施工できるのであれば、乗らない手はありませんでした。 








ということでデリカD:5 サードシートデタッチャブルキット取り付けの続きです。



この更新前までに、デリカサードシートのシートアームカバーに、型紙に沿ってキリで穴あけまで済ませてあります。





続いてサードシートデタッチャブルキットに付属するホールソーで… 





シートアームカバーに穴を開けていきます。デタッチャブルキットのボルトを貫通させるための施工です。





あらかじめキリで開けておいた穴めがけてホールソーを入れ込みますが、少しくらいずれても大丈夫。





シートアームカバーは4つ。メリメリと穴を開ける行程を4回繰り返し… 





この日はかなり暑かった。額や脚の汗をタオルで拭きつつ、穴開け作業完了です。






しかし… 








バリバリバリ…(^^ゞ 



でも大丈夫。





説明書では丸ヤスリがあると良いと書かれてましたが、ワタシは手持ちの半壊したサバイバルナイフでパリを削りました。


器用な方ならカッターナイフでも何とかできるかなと。







そしてここからが長かった… 





いよいよサードシートを車体側のブラケットから外します。





ここで必要なのは14ミリのナットを外せる工具ですが、手持ちの工具はメガネレンチだけでした…。





このナット外しの作業が長かった…(T.T) 





サードシートを跳ね上げたまま、固定するナットを外してしまうと、


外れた瞬間、自重でシートがグラッと傾きます。当たり前のことを予見できなかったかなと…(^^ゞ 







ぐらぐらするシート何とか手で支えつつ、純正ナットを外して… 






サードシートの右側を取り外しました♪ 








サードシート左側は、お姉ちゃんの指定席なので残します。




デタッチャブルボルトを組み立てますが… 







三菱純正の純正ナットに付くこの樹脂パーツは、再利用する必要があるそうです。








デタッチャブルボルトの先端にはめて、ねじ込まなきゃならないとのこと。







再びサードシートの重さを支えつつ、デタッチャブルボルトを装着し… 





左側のサードシートは残します。







右側のサードシートは外しました。







現段階では、右のサードシートのみ外した状態ですが… 








けっこう広め。跳ね上げたシートが無いと、かなり容積がアップした感じがします。






そして我が家のリビングに1脚、素敵なソファが増えました(笑)






Web上では多くの方がデリカサードシートデタッチャブルキットを取り付けるレポを掲載されてますが、


一様に見られるのが、取り外したシートがとにかく重たいという記述です。






計ってみると確かに軽くはありません。19キロちょいあります。






しかしワタシがこのシートを持った時、Web上で見聞きした前評判ほど重たさを感じませんでした。




おそらくその理由は… 








テンティピ・ジルコン15とほぼ同じ重さだから。むしろ四角いシートのほうが同じ重量でも保持しやすいと感じました。






…つうことで、デリカサードシート・デタッチャブルキット取り付けレポ完了。関西遠征の前に、試行もやってみたいモンです (^。^) 








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

D:5デタッチャブル取付け楽勝と思いきや…




実を言うと、電動ドリルを使うのは20年以上ぶりでした。


簡単な木工作業で何となく使い方を思い出したら、デリカのサードシートデタッチャブルキットの取り付けを開始します。









まずは説明書通り、サードシートを跳ね上げて… 














サードシートのカバーをまくります。





ここで困惑したのが、取り外すべきビスの位置。





説明書の2つめの行程のビスがなかなか見つかりません。







説明書の「シート裏のビス」という記載。


この位置からは見つからないのは当然です。この場所にありました。








↓これは下から見上げた画。





隠れてますが右側に2本目のビスがあります。






この場所のビスを抜くには、やはりドリルとドライバビットがあると便利です。






続いて3つめの行程。シートアームを外します。








ビスのキャップをこじ開けるには、精密ドライバのマイナスがあると便利です。





この作業は説明書通りに行えば大丈夫♪ 





これでシートアームがむき出しになりました。





次にキットに付属する型紙を使います。








型紙を切り出すため、言うまでもなくはさみとカッターは必要です。









切り出した型紙を、シートアームカバーの内側に合わせて… 







型紙とシートアームカバーの内側の格子の位置を合わせます。








次に必要なのはキリ。








型紙の十字に合わせ、シートアームカバーに穴をあけます。さほど苦労せず穴は開きますが… 





後で分かりましたが、この時は思い切ってキリの根本までねじ込んでしまって大丈夫。


なるべくなら、径4~5ミリほどの「大き過ぎたかな~」と思うくらいの穴を明けてしまった方が、次の作業がしやすくなります。






なぜなら… 








この後キット付属のホールソーを使うんですが、キリで開けておいた穴がホールソーのガイドになるから。











ここまでで全体の3分の2くらいの行程を終え、評判通り特に苦労することなく作業が進みました。


しかし残り3分の1の作業は、思ってもみなかった力ワザが必要な事態に…(^^;;







続きます。











にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

デリカD:5の積載性をアップする計画・着工開始




デザインリコさんちから譲っていただいたリビングテーブル、A-1164なんですが… 





現行品はホワイトアッシュとヨーロッパビーチなのでもっと固い材ですが、ワタシのは檜材仕様。





ホワイトアッシュよりは明らかに軽量な筈ですが、経年変化というヤツでしょう。






残念ながら脚部分に割れが入ってるのを見つけてしまいました。








気付いたのは数日前ですが、このタイミングで割れてくれたのは良かったのかもしれません。






なぜなら、我が家に電動ドリルがやってきた後だったから。








近所のホムセンでステンの木ねじを求めてあります。


ホントは真鍮ねじが良かったんですが、あいにく長さが合うモノの在庫がありませんでした。






以前ならこの手の補修はキリで穴あけて、手でドライバ回してねじ込んでましたが、





今はドリルがありますから、プラスドライバのビットを取り付けて… 





クラッチを調整しつつ、楽にねじ込んで行きます。






ちょっとナメりましたが大丈夫です。ビットに引っかかる山はきっと残ってます…(^^ゞ 








木ねじで補修した箇所は、脚を展開すればちょうど隠れる場所なので、補修痕も目立たないと思います。











このテーブル、卓面の広さの割りにコンパクトに畳めるんですよね。リコさんちのプロダクトの中でも特に秀逸の作と思います。







…では本題。





電動ドリルの事前学習を完了し… 






いよいよデリカの3列目シートを外すための加工に入ります。









サードシートデタッチャブルキットを取り付けるためには、電動ドリルが必要不可欠だったので買ったんですが… 







先の週末、実際に施工してみていろいろ分かったことがありました。









デタッチャブルキットには詳細な取説も付いてきますが、これだけでは迷うところもあったり… 







他にも、あった方が作業が格段に楽になると気付いた工具もあります。








デリカ乗りの方でこれからサードシートデタッチャブルキットの施工を考えられている方の参考になれば♪ 続きます。





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

遠征キャンプ帰路、さらにキャンプ場に泊まることにした



過去に行った夏休みや冬休みの長期キャンプの際は、


キャンプ後にホテルや高規格ユースで温泉や上げ膳据え膳を堪能することが間々ありました。









上の画のキャンプ後泊は、いずれも往復でも500キロに満たない距離の時のものですが、


今夏予定している関西へのキャンプ行程は、片道でも700キロを超える移動になります。








もっとも過去に遡れば、さらに長い距離をキャンプしながら移動したこともありました。






北海道に遠征した時の総走行距離は、2,300キロ近い数字だったし。





その時は、北海道でのキャンプの前後にフェリー船中で泊まったことになりますが… 









苫小牧~八戸間の渡航時間中にとれた睡眠時間は、二等船室で6時間ほどしかなく… 





絶えず床面がロールする感覚もあり、じゅうぶんな休養には至らなかった記憶が残っています。






今夏の移動も、北海道に渡った際に自宅から八戸まで辿った距離とほぼ同じ、片道で700キロをデリカで走ることになりますが、


往路途中の神戸まではママさんとお子たちだけなので、途中1~2泊しながら移動するようです。










ちなみに往路に母子で泊まる宿の予約はすでに押さえてあるらしい。







じゃ、帰路はどうするかというと… 





北海道遠征時のように、700キロを一日で走り切ろうかとも思いましたが、大阪や名古屋を抜ける際に時間が読めない気がして… 





帰路にも一泊、宿を取ることにしました。





ただしホテルではなくキャンプ場。








大垣の消印があります。その辺りのキャンプ場ということ。予約確認票もすでに郵送で送って頂きました。





帰宅翌日には仕事もあるため、肉体的疲労を考えて幕営せず、コテージ泊にしましたけどね…(^^ゞ 







しかしなんと、予約できたのは8人用コテージ…  








このキャンプ場、コテージは6人用と8人用しかなくて、予約の電話をかけた時はすでに6人用は埋まってたのでやむを得ず…(T.T) 







ではその8人用コテージの気になるお値段は… 





18,540円。素泊まりで5人の総額です。ホテル取ると考えたらこれでも安いし!







寝具付きなので車からシュラフを下ろす必要もなし。冷暖房と風呂も付いてるみたいです。







さらにキャンプ場内には喫茶があり、飲み物を頼むとモーニング(トースト、ゆで卵、サラダ他)が付いてくるとのこと。





名古屋圏名物の喫茶店モーニング、初体験になりそうかなと♪  







長距離を遠征するキャンプ旅で、テント起てて道具並べて自己満に浸るんじゃなく、しっかりと休養するためにコテージなどの設備を利用する。


こんなキャンプ場の利用の仕方もたまには良いかなと♪ 








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

四駆車が2台に増えました




この週末、ついに我が家に2台目の車がやってきました。















トヨタのハイエース。ノアです。





前の更新で書いたんですが、長期の海外赴任の辞令を受け取った親戚・義弟の車です。


義弟の自宅(集合住宅)の駐車場に置いたままでは維持費がかかるので、帰国するまでウチの駐車場に置くことになりましたが、


状態を維持するため、たまに乗って欲しいとのことで、保険も我々夫婦が乗っても大丈夫なように契約を変更してもらいました。




正直なところ義弟の稼ぎなら、もっと新しくてハイグレードな車も買えるんですが、実はこのノアは… 





すでに亡くなって久しい義父の形見なんですよね。







義弟と義母、つまりウチのママさんの弟・母上の亡き義父への思いがあり、維持してきた車ということです。


ちなみに義母は運転免許を持っていません。






川釣りが趣味だった義父だけに四駆だし♪






タイヤは私的には懐かしい、15インチ。





ボンゴフレンディも似たようなサイズだったなぁと… 





デリカの18インチと比べると、今は可愛らしい感じにさえ映りますが… 








実は、まだこの車のスタッドレスタイヤも倉庫に眠ってたりします。





ボンゴフレンディの遺産も活かせそうです。




おそらくノアでキャンプに出ることはないでしょうが、車が増えたおかげで、


週末にソロ出ても家族の予定を気にして早帰りしたりしなくて済みそうかなと…。






何より嬉しいのはその辺りだったりして…♪ 









にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 












関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用



サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ