星野リゾートがキャンプ事業進出か?



先月のことだったか、ある日に突然急激なアクセス増加があって、ビックリしたことがあります。


ウチのブログに貼っている解析ツールで見てみたら、このキーワードでの訪問数がとんでもないことに… 





たまたま気づいて調べたら、「グランピング」に関連した検索子で、1分間に200以上のPV数が刻まれる状態でした。






そのときはいったい何が起こっているのか、まったく分からなかったのですが、


一ヶ月近く経って、とあるニュースを目にした時、謎が解けた気がしました。








コンセプトは「丘陵のグランピング」! 富士山が育んだ雄大な自然の中に建つ「星のや 富士」オープン 





あの星野リゾートが、河口湖畔にグランピングを楽しめる宿泊施設をオープンさせるらしいです。


先月のアクセス急増は、どうもこれに絡んだ関係者の方の訪問があったんじゃないかと思っています。






グランピングとはなんぞや? と思われた方、過去の更新で触れたことがあるのでご参照ください。





簡単に言うと、グラマラス(glamorous)な キャンピング(camping) を略して、グランピング(Glamping)と言うそうで、


最近ではWILD MAGICなんかもその範疇に含まれるんじゃないかと思います。







新豊洲駅前という立地で、手ぶらで高規格なアウトドアを楽しめる施設。







星野リゾートが手がけるのは、「星のや 富士」という宿泊施設で、


河口湖を臨む丘陵に小さなキャビンに、赤松の美しい林に浮かぶようにテラスを用意しているとのこと。





焚火も可能で、自然を身近に感じながらくつろぎ、グラマラスな休日を届るための空間になるようですです。








オープンは2015年10月30日予定ですが、予約受付は4月15日から開始されています。










気になるのは宿泊料金ですが、1泊1名あたり31,500円(税・サービス料込。食事は別料金。)から。




ちと高いなぁと思いましたが、ホームページ限定の120日前までの予約(2~4泊以上)を対象とした早割プランというのもあり、


このプランを利用すれば1泊1名あたり25,500円で泊まることもできるらしい。







テラスには薪ストーブも設置されています。ただしキャビンの定員は最大で3名まで。我が家の場合は2部屋借りないとダメかな…(?_?;





あともう一つ気になるのは食事ですが… 





詳細は9月以降でないと分からないみたいですが、グリル料理をメインとするダイナミックな食事を楽しめるとのこと。





ホテル業界の雄である星野リゾートが手がけるグランピング施設だけに、


宿泊料金は高めですが、どんな雰囲気なのかは見てみたいところ。





場所も我が家からはそう遠くない河口湖畔です。いつかお財布に余裕ができたら、ぜひ行ってみたいかなと… 








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

デリカ当て逃げされました




今週前半の、とある晩のこと。


仕事から帰りましたが、ママさんがまだ仕事が終わらず帰宅してなかい状況で、


自宅のIHが不調になり、すでに小学校から戻ったお子たちもおなかが減っていたので、やむを得ずコンビニへ走りました。






異変に気づいたのは、コンビニで買い物を済ませた後です。







デリカのバンパーが落ちかけてる?





あれ? と思い、まだ仕事中のママさんに電話をかけて、「もしかしてデリカをぶつけたりした?」と確認しましたが、


全く心当たりはないとのこと。








…どうやら自宅の駐車場で、当て逃げされたようです。






我が家の前の道路は袋小路になっており、その道路は車を転回できないことを知らずに入り込んでくる商用車が、


時々難儀して、我が家の駐車場を使って転回して行きます。





もちろんその行為は不法侵入です。


お子たちやその友だちが遊んでいる場合もあり、またワタシのオートバイも停めているので、


万が一の不測な事態を想定し、ワタシが在宅中に不法侵入する車両があった場合には、警告を進言しています。







憶測するに、家人が不在の時に、どこかの商用車が袋小路の自宅前道路に入り込み、


ウチの駐車場で転回しようとしてデリカに接触し、壊していったのでしょう。









正直言ってハラワタが煮えくりかえる思いはありますが、冷静になって、今さら何ができるかと考えると、


泣き寝入りするしかないのかとも思います。







馬鹿野郎がウチの駐車場に侵入してきた時、お子たちが遊んでいない状況だったことは、救いだったかと。






それでもやっぱり悔しいは悔しいので、ブログ上で叫びます。




Photo by (c)Tomo.Yun


見つけたらただじゃおかねー!


てめーの車、廃車にしたるぞコラ~ (--#)










やっと週末がやってきました。とりあえずディーラーに連絡して部品の調達をお願いしないと…(T.T) 






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

あのオシャレ系コンテナはコットにもなるらしい(笑)




あのアイテム、またも買ってしまいました。





すでに自宅には届いてますがその梱包サイズのデカイこと… (^^ゞ 





開梱して出てきたのはこれら。








そうです。キャンプ用コンテナのニューカマー、グリッドコンテナ。


新色の白。以前はグリーンをひとつだけ買ってすでに実地投入してますが、


その使い勝手が、思いのほか良かったということです。






梱包がデカイのは当たり前。今回はふたつ求めましたから。






ここで違和感が… 





こないだ求めたグリーンのコンテナには、ついて無かったパーツが付属するのを発見。






どうやら、側面パネルがはずれないように固定を強めるパーツが加わったようです。








この固定パーツの取り付けは、非常に簡単で… 








軽く押し込むだけで完了♪ 


でも最初に買ったグリーンのコンテナの側面パネル、すでにキャンプで二度ほど使ってますが、


車載して下ろしてまた車載してを二度繰り返しても、ばらけるようなことは無かったんだけどなぁ… 








心配しすぎじゃないかと思いつつ固定パーツを取り付け、パカパカと組み上げて行き… 











あっという間に完成です♪ 





キャンプで使うので白を買うのは少し躊躇しましたが、くっきりはっきり目立つのは白だしね。キレイさを保って使うつもりです。






ところでこのコンテナ、道具入れとしての機能だけじゃなく、フタをはめてしまえば、


ひとつにつき100キロの耐荷重があるので、たとえばベンチとしても使えます。








スタックも可能。すっきりと収まりますね (^。^)









2色展開に増えたので、道具箱としての運用は…





白いコンテナは食器やクッカーの類いを入れ、グリーンにはクッキング用途以外の小物を入れるようにしてみようかなと♪ 






あ、あともうひとつ! 別の運用方法も思いつきました。





もう3個ほど買い足して並べれば、ベッドとしても使えるんじゃないかと (笑) 






これ10個使った画像。ダブルベッド並みになりますね。







キュービーなフォルムが目新しいだけでなく、100キロの耐荷重が頼もしい、しかもそんなに高くないです。





コット仕様、本気で目指そうと考えてますよ~♪ 








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

キャンプ向けオートバイあらわる





あいにく今週は菜種梅雨が続いており、雨模様の日が多いのですが、


確実に暖かくなってきて、そろそろバイクでの遠出も良いなぁと思える陽気になってきました。








しかしワタシのバイク、CRM250ARモタードですが、


これで何度もソロキャンプに出ているものの、オフロードバイクはどうしても積載性が低く、


あまりに荷物が乗せられないのは、時に辟易としてしまいます。






積載性の低さは、いかにUL(ウルトラライト)な装備で済ませられるかという、自虐的なヨロコビを感じてしまうほど。






ただ、ご近所にこのバイクを持っていられる方がおり… 





ホンダのレジャーバイク、PS250。すでに絶版車です。




CRM250ARの極端な積載性の低さと相まって、いかにも荷物が載りそうなそのフォルムは、


2サイクルジャンキーなワタシの心をも突き動かしそうな勢いで揺さぶってくれたりします。


通勤で使っているバス停近くに停車してるので、イヤでも毎日その姿を目にしてしまうんですよね…(^^ゞ 





そんな日々を過ごしているワタシの元に、ある電撃的なニュースが飛び込んできました。





「第31回 大阪モーターサイクルショー2015」で、レジャーコンセプトモデル『ブルドッグ』が世界初公開!とのニュース。






このブルドッグ、開発のテーマは、「愛すべき旅の相棒」として、これまでのレジャーモデルの枠を超えた、

自由な発想によって、アウトドアライフで楽しく活躍するイメージを具現化したものとのこと。





15インチサイズのワイドタイヤと低重心フォルムは、730ミリの低いシート高を実現。







ちなみにCRM250ARのシート高は895ミリ。




ワタシのCRMは前後17インチ化してあるため、もう少し低くなっているはずですが、


170センチちょいのワタシがオフブーツ履いて跨った状態で、何とかベタ足で靴裏全面が路面に付くくらいです。


ブルドッグの730ミリのシート高というのは、160センチくらいの方でも余裕で足裏ベタ付きなんじゃないかと思います。







エンジンは水冷4ストローク DOHC直列2気筒400ccを搭載。





CBR400RやCB400Fと同系列のエンジンということでしょうから、最大46馬力くらいかな。扱いやすそうな感じです。





さらにキャンプツーリングなどに対応したキャリアを採用。






燃料タンクの横には小物が収納できるスペースを装備。








これおもしろいです。デザイン上のアクセントにもなっていますよね。





なおこのブルドッグ、デザインは本田技研研究所二輪R&Dセンターデザイン開発室の濱田夏美さんの手によります。





デザインコンセプトは「頼りがいがある逞しさの中にも愛嬌を感じさせる独自のスタイルで、ライダーのみならず、


普段モーターサイクルに乗らない人も思わず笑顔になるような魅力を持たせたかった」とのこと。






エキパイの取り回しが車体下部であることから見れば、このバイクはオフロード向けではないことは確かですが、


発売されれば「旅バイク」として新たなポジションを獲得するのではないかと思います。








販売されたなら、アフターマーケットもにぎわいそうな気がします。カスタマイズしても面白いんじゃないかと♪ 











もしかしたら… ワタシにとってはCRM250ARの後釜が見つかったということかもしれません。










PS250も悪くないけどもう少しパワーが欲しい感じでした。ホンダさんの本気を待ちたいところです♪ 





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

マナスル121、ナチュラム入荷も即売り切れ・でもここならまだあるかも?




半世紀以上にわたり生産を続けているけど、


この冬場は極度の品薄になった、あの純国産のキャンプ用ケロシンストーブ。





マナスルストーブですね。




マナスルストーブには3サイズ、小さい方から96、121、126のラインナップがあり、


中間サイズである121はバーナーヘッドが126と同じものが使われていることから火力も強く、






3つのラインナップの中でも特に人気が高いようです。








一時期は、とんでもない高額でオークションに出品されたりしてたんですが… 





これは青葉台のトレファクに置かれてたマナスル126。19800円のプライスタグでした。




これよりもっと高く、2万円を超す価格で、もっと小さな121が取り引きされていたのは、


ついこの間のことでした。




しかしついに… 





4月になって、ようやく121が入荷されたという情報が、あちこちから聞かれるようになってきた♪ 






ちなみに上の画はナチュラムからのものですが、


この更新現在でナチュラムの当該ページに行ってみると… 







残念ながらすでに欠品。もう売り切れてしまったようです…(T.T) 





さらに楽天でマナスル121を検索してみると… 





全く入荷がない状況…。ちなみに通常の商品検索よりアフィのほうがわかりやすいのでこっち載せてます。




最近のマナスル人気は凄まじいものがあり、異常と言っても良いような盛り上がりです。


いまだに生産が追いつかないマナスルヒーターなんざ、相変わらずオクでは1万円前後の価格で出品されてますからね。




それでもどうしても121が欲しいと言う方に朗報を… 





マイクスさんならまだ在庫があるみたい。ただしすぐに売り切れてしまうのは必至かと。






欲しい方は急ぐべし♪ 





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

20リットル2000円で釣りが来るデリカの高燃費



バリゴが示す時刻は午前7時44分。





後ろにまだシャングリラが立っているのが写ってます。この後、撤収を開始して… 





8時17分には跡形もなく撤収完了。やはりULな幕体。撤収が激早です。






降雨を懸念して早撤収し、椿荘ACを後にします。








以前は朽木のような丸太の看板でしたが、リニューアルしたようです。





午前9時過ぎの国道413号線。





日曜でもこ時間帯なら交通量は少なく、ストレスを感じずにデリカを走らせることができます。







信号待ちの合間に413号線沿いの桜をパチリ♪ 








さすがにこの更新時は散ってしまったでしょうが、上道志あたりまで上れば、今でも満開の桜に出会えるでしょう。





昨年はGWのキャンプの時に、往路の山伏峠で満開の桜を楽しめましたから。








今回キャンプ、そんなに距離は走ってませんが、


ソロで出た際は、自分で消費したぶんの軽油を補充しておくのが我が家のルールです。






いつもの16号線沿いのスタンドに立ち寄り給油しますがやはり安い。





実際の単価は94円/Lでしたが、20リットル給油しても2,000円でお釣りがきます。





クリーンディーゼルの車を選んで良かったと思える瞬間です♪ 





しかも… 





レシートは1円割引券付き。1ヶ月有効なのでGWの家族キャンプ時、その恩恵に預かれそうです。






…で、このブログに来られる方の検索キーフレーズとして、いちばん多いのがこの件なので、


一応乗せておきます。






デリカの燃費。これ給油時の数値。リッター13.9km。




峠である道志みちを下り坂として走ると、リッター14kmに近い数値になりますが… 






自宅に到着した時はこんな数値です。やはり街中走ると燃費は落ちますね…(^^ゞ 







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

撤収30分未満を可能にするテントにはもう会えない




昨夜から降り続いた小雨が、ようやく止みそうな気配。








椿沢の散策を終えて、朝メシを摂ることにします。












この日の朝食は、道志みちに新しくできたサークルKサンクスで求めてありました。





おにぎり3個と総菜パン、フリーズドライのみそ汁で、しめて500円ちょい。スーパーで値引き品買った方がたぶん安かったかな…(^^ゞ 






フリーズドライのなめこ汁。見た目は良くないけど味は確か。ニッポンのフリーズドライ加工の技術ってスゲーと思います。






朝メシが済んで、まだ時刻は午前7時台なんですが… 








幕体の隙間から感じる外気は、この後さらに降雨を予感させる湿気を含んでいました。




椿荘は「混雑していなければ夕方までいても良い」と、HPに公言されている懐の深いキャンプ場です。


できればその言葉に甘えてのんびりしたいところですが、iPhoneで天気予報アプリほ眺めても、


この後降雨となる可能性は高いようです。






ということで撤収開始。画像のタイムスタンプ見たら、まだ8時前なんですが…(^^ゞ 





前回の青根でもあのクソ重いジルコン15で早撤収しましたが、今回はさらに軽いシャングリラ5です。


さらに早い撤収が可能だろうとは思ってましたが… 









荷姿はこんなもの。狭いデリカの荷室が広々としています…(^^ゞ 





そして撤収を終えたのは… 





8時17分。なんと30分かからずに撤収を終えてしまいました。






シャングリラ5




やはりULな幕体は撤収が早い。でもこの快感、もう新品では味わえないんですよね。ゴーライトの市場撤退はホント残念です。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

小さな子ども連れ水遊びキャンプにおすすめな人気サイト




椿荘ACでの起床時、幕内の気温は一桁でした。





8.5度です。寒の戻りがあったここ数日と比べれば、先週末はまだ暖かだったと思います。






その温度環境下で休んだことを考えれば、化繊シュラフであろうと、


モンベルの#1の耐寒性能からすれば、全く寒くなかったことは当然といえば当然です。









リミットは-8度。遙かに余裕があったことになります。7時間の熟睡でしたが、自宅での睡眠時間とほぼ同じでした。






では朝の散策へ。





椿荘ACでは特に夏期には人気のある場所。西の森の端にあるサイトなので… 








すぐ眼下には椿沢が流れています。







このサイトからは沢へのアクセスもしやすく… 








沢のたもとまで、すぐにたどり着くことができます。















流量は少なめです。





溜まりになっている箇所も、大人のくるぶしくらいの深さしかありません。




冬があけたばかりの今の時期は枯れ葉が落ちてますが、夏場は家族向けにも人気がある場所と聞きます。


確かにサイトからすぐ近くに、深さのないきれいな沢が流れているとなれば、


子どもを水遊びさせるには最適なロケーションと言えそうです。









浮き輪やボートの類いは必要なさそう。大人なら水着も不要かな。夏場は足を浸すだけでも涼がとれるでしょう。


ただ、我が家のお子たちが水遊びするにはやや迫力不足な感は否めません。盛夏の水遊びキャンプはこことかこことかになるでしょうか。







夏の水遊びに思いをはせながら、シャングリラに戻ると… 








アルパカにかけたケトルが良い感じに沸騰してました。





じゃそろそろ朝メシにします。






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

花見時期のソロキャン向きキャンプ場みたいです





よくよく考えれば、化繊綿でなくダウンを使ったシュラフを買った方が、暖かいし嵩張らないし、


賢かった気がします。






しかしダウンシュラフは高すぎて楽天ポイントだけでは手が出なかった。なので化繊シュラフでも耐寒性能の高い、モンベルの#1を求めたのですが…






その真価を試したく、暖房熱源は消火してから就寝します。







辛うじて自分の体温以外に熱源と呼べるのは、ペトロマックスのランタンのみ。





この状態でダウンパンツとウールソックスを身に付け、3月の標高600メートル超の椿荘ACで眠りにつきました。







そして翌朝。





結論を先に言えば、全く寒さは感じませんでした。朝になって起きるまで、一度も目覚めることはなかったし♪







青根のペアキャンプで、同じシュラフを使ったお兄ちゃんが「寒かった」と言ったのは、やはり頭までシュラフを被らないで寝てしまったからでしょう。










で、就寝中に一度も目覚めなかったので…






夜中から雨が降り出していたことを知ったのは、起床した後だった…。








うーん、けっこうがっつり濡れちゃいましたね…(^^;;





起床した時点でも小雨は時々落ちてくる感じで、どうやら乾燥撤収は適わなそうな雰囲気。




ゴミ袋撤収かなぁと考え始めながら、椿荘ACの場内に目をやると…





桜発見♪






どうやら椿荘ACは桜が少なめなキャンプ場のようです。この一本のみが懸命に咲いてました。






桜の木の下のサイトも空いてたなぁ… 。こっちに張ればよかったかも。






しかし桜が少なすぎる。






残念ながら椿荘は、お花見キャンプを楽しむには、不向きなキャンプ場と言えそうかと。






だからこの週末、ガラガラに空いていたのでしょう。






逆に見ればこの時期、静かにソロでキャンプを過ごしたい向きには、狙い目のキャンプ場なのかもしれませんけど…。







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

アルコールストーブはスピーカーになる?




市場から撤退してしまったゴーライトの絶版幕、シャングリラ5は、


夏以外の三季に設営する場合は、寒くないようにするためのコツが要ります。









午後9時を過ぎて幕内に入りましたが、この時間はけっこう寒い…







しかしまだシュラフに入るにも早いため、暖房が必要です。








アルパカストーブを点火します。






シャン5の暖房としては、我が家にある熱源ではこのストーブがベストマッチです。


幕体の構造的にちびストーブは煙突をインストールできないことと、


隙間風対策として、薪ストではない最強火力の暖房を使う必要がありますから。







幕内はすぐに27度に達して…







さらに30分後には、30度を目前にするくらいまで暖かくなりました。




ちなみにこの温度域まで上げるにしても、前述したコツが必要だったということです。










さらに暖かくなるために、この装備も着用することに。






キャラバン製ダウンパンツ。この装備で何度冬キャンプを凌いだことか…。








…で、シャングリラ5を夏以外に暖かく運用するコツですが…





センターポールを、設営時より10センチ以上縮めます。たったこれだけです。





ワンポールテントのセンターポールを縮めるということは、


幕体のテンションがかからなくなるということで…






内側から見たところ。けっこうだらしなくフライシートが垂れてきますが、これで良いんです。




シャングリラ5にはマッドスカートが無いので、テンション高めてしまうと、フライシートの下辺と地面の間に隙間が生じます。


ポールを縮めて幕体のテンションを下げることで、その隙間を限りなく少なくすることができるということです。







ユル~い張りはだらしなく感じるけど、割り切ればあったかさが増すので、仕方ないかなと…(^^;;





眠くなるまで、iPhoneでスージークアトロを聴きますが、スピーカーの音はこれで拡大します。





FREELIGHTのトリニティワン。本来はアルコールストーブだけど、こんな使い方もできるようです。












そろそろ眠くなってきたので、防寒対策も総仕上げ。ウールソックスを履き込んで…






そしてアルパカストーブは、この時点でお役ご免。







前回の青根でお兄ちゃんが誤った使い方をしたっぽい、冬山用シュラフの真価を試そうと思いまして…





スパイラルバロウバッグ#1は、ちゃんと頭からかぶれば温かいのかどうか。答えは翌朝にハッキリしました。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用



サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ