キャンプ場でいちばん慌てる瞬間かもしれないこと…(^^;;




いやしのキャンプ場、椿荘ACで日曜日に目覚めた時は、はっとしました。





7時近い。平日なら時間休を取らないとならない時刻で、しかも… 





お子たちは起床済み。





見上げた光景でキャンプ中であることを思い出しました。今日は寝坊しても良かったんだった… (^^ゞ 






梅雨の合間で、昨日は晴天に恵まれましたが今朝の天気は気になるところ。





ジルコンのエントランスから外の様子を伺いましたがよく分かりません。外に出てみると… 








スカーっと晴れてました。今日も梅雨の晴れ間が続いてくれるようです。








椿荘ACの南の森は、朝のこの時間帯はまだ日差しが差し込んでませんが。






前夜のうちに朝メシは仕込んでありましたから、いつでも食事を出せる状況でもあり、


お子たちの声が届く範囲で、朝の散策に出てみます。







南の森サイトから2~30メートルくらい離れた場所に流れる椿沢。





空は晴れ渡りますが、今が梅雨時であることは、沢の流量の多さが物語ります。








椿沢に流れ込む支流も水量が多い。足場がすくわれそうなので、お子たちはここには連れて来ませんでした。







で、末子がワタシを呼ぶ声が聞こえたので… 





あわててサイトに戻り、朝メシです。











前夜、仕込んでおいたサンドイッチ。ハムとトマトとレタスとキュウリをマヨであえ、はさんであります。







お子たちだけでなく、ワタシも空腹を感じていたので、食事風景を撮る間もなく朝メシの時間は過ぎて… 






食後、南の森にも強烈な日差しが注ぎ込んできました。





夏が近いことを感じさせます。




もちろんテンティピも夏仕様。





幕内から、コードを操作して… 








トップのベンチレーションを全開にし… 














ボトムのも全開にします。












こうすることで自然に空気が流れ、すぐに幕内は快適な気温に変化します。











陽光が強い。6月の梅雨時季とは言え、晴れたらすっかり夏の日差しです。季節が変わりましたね。





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 







昨日は脱線事故で大変でした。今朝もコメ返遅れてます (>人<;)











関連記事

テーマ : ワンポールテント・参天
ジャンル : 趣味・実用

パワー対決。森林香 VS ケロシンランタン?



早々に寝入ってくれた、親孝行な息子たち。





ありがとう。





ここからパパの、擬似ソロというかエアソロというか、ともかく貴重な時間が始まります♪









とりあえず幕外に出てマンティスチェアに腰掛け、ビールをいただきつつも…






まずは朝メシの仕込みを済ませちゃいます。





いま気付きましたが、スライスチーズを買い忘れたなぁ… (^^;;





適度に酔っ払ってるので、それなりの出来栄えにしかなりませんでしたが、


翌朝ワタシが寝坊したとしても、お子たちが空腹で泣くことはない状態にしたので…










マンティスの限界を試すくらいのけぞり、星空を眺めたり…





これの効能を検証したくもあり… 





パワー森林香の効果を確かめたりします。






すでに羽虫が舞うシーズンインと思います。



でも、これだけ強烈な光量のランタンを並べているのに…









サイトに飛んでくる虫の数は、圧倒的に少なく感じます。





貴重かもしれません。焚火テーブル上にいた小さい蛾ですが、羽根の深緑色とカタチが美しく感じ、撮りました。





名も知らぬ虫たちは、森林香のパワーの前に、まさに虫の息でしたけど。











理由は良くわかりませんが、639Cよりペトロマックスのほうが虫を多く引き寄せる感じ。紫外線が出てるのかも?






そろそろ眠くなってきた。





23時を回りましたし。





バリゴを見ると、屋外でも17度以上の気温。







この時間でこの気温なら、お子たちも寒くなく、朝を迎えられるでしょう。





お子たちはオガワのフィールドドリーム1組ずつに、フリースブランケットを掛けて寝ています。






封筒型だけど初夏なら単品でも大丈夫。寒い時季は単品でなくブランケットとか3シーズンマミーと組み合わせれば、なかなかです。





ワタシはこれで。





スナグパックの化繊シュラフに、イスカのライナーシーツと、パシフィックアウトドアのエアマットを仕込みました。







2週間前のスカイバレーではストーブ使いましたが、今回は暖房が無くても大丈夫。標高差はありますが、もう夏キャンプの時期ということですね。





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 








本日予約投稿です。コメ返遅れます。スミマセン… (m_m) 











関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

ビーフステーキキャンプのはずが…





お子たちに今回のキャンプ地の楽しさを伝えるのに、


椿荘AC近くの、ここのこれを思い出させれば、事足りてしまいました。








紅椿の湯には、ドクターフィッシュと戯れることができる水槽があります。





風呂上がり後です。これなぜか大好きなんですよね。









昨夏の北海道遠征時も、東神楽町のキャンプ場横の温泉ではまってたなぁと…





ちなみに紅椿の湯は、19時前に来てしまうとこのお値段。





3時間で大人1,000円、子ども500円だけど…






19時過ぎならサービスタイム。





大人は半額の500円、子どもは300円になります。ウチの場合なら3人で900円も値引きです。この差はデカいですよね。





すっかり夜の闇に包まれた紅椿を後にして…





椿荘ACに戻ります。





南の森の、水場の蛍光灯が点灯してましたが…







やはり639Cをひとつだけでも点けて出たのは、正解です。









あと3つ、ケロシンランタンを点灯させるので、手元で自由になる灯りがあると、作業効率が大きく変わります。





自サイトに戻ってから15分ほどで、照明の確保完了。





そして焚火に炭を放り込んでおいたのも、正解だったかと。





風呂から戻って、すぐに炙りモノをスタートできたし♪





ただし… 








詳細を撮り忘れましたが、初めて買い出ししたスーパーでは総菜が安かったので、ホットドッグとかコロッケとかも買いすぎてしまった… 





スペシャルなメインディッシュも、同じスーパーで求めてありましたが… 





この画の右下隅にも写ってますけど。






そう、ステーキです。





安心のオージービーフ♪ 225グラム、ハーフポンドの大きさです。





すでに塩コショウしてあったのですが、お腹いっぱいと言われてしまい… 








仕方ないのでラップを掛け、クーラーボックスの中に仕舞いました。








時刻は21時半を過ぎる頃。自宅のママさんに電話で無事を伝えさせて… 








この時刻には、2人とも寝入ってしまいました (^。^) 





宵っ張りなことが多い末子が22時前に寝てくれるとは思ってもみませんでした。嬉しい誤算です ♪ 




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 







予約投稿にてコメ返遅れます。ご容赦ください (m_m) 











関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

あえてマッチから焚火するには理由が…




「例の場所」へ向かう前に、設営中の出来事を書くべきでした。






幕体を起てる前準備として… 





左薬指の指輪を外しておきます。前回、こちらで紛失しかけて捜索に時間を割きましたから… (^^ゞ






そしてこれ、実戦投入。








パワー森林香。夏キャンプの風物詩である、吸血虫対策のリーサルウェポン♪







椿荘ACの南の森は、椿沢からも近いので、ブヨが潜む可能性があります。






今回は点火のためにマッチを用意しました。その理由は後で触れます。





ちょっと火が弱い気もしますが、これくらいで大丈夫。このあとモクモクと煙が出てきました。






で、ジルコンは起てる際にペグを仮打ちしないとなりませんが… 





南の森の、ジルコンを起てようと思った一角は大当たり。


サイトに石がたくさん埋まっており、テンティピのデフォルトペグが、16本中10本がそのまま刺さりませんでした。






でも、慌てず騒がず、こういう時は… 





先端の尖った鋳鉄のエリッゼステーク。これで先行穴を開けてから、デフォルトのペグを打ち込みます。






一手間多くかかりますが、固い地盤のキャンプ場は少なくありません。これとかソリステを1本でも持っておくと、先行穴用途で活躍することが多いですよ。







いつも通り、前室にノルのテントウイングをしつらえますが… 






恣意的に、ジルコンからやや距離を取るように仕向けてます。






2幕の間に、パワー森林香をぶら下げたかったので♪






幸いなことに、南の森は水場が近いこともあり… 








今回持参したジャグはSEA TO SUMMITのパックタップのみです。これだけでこと足りました。






灯りの準備も、余念なく済ませておきます。











最近知りましたが、コールマンのランタンにも、ペトや武井と同じく自転車用ポンプで加圧可能なパーツが存在するようです。後日に求めることになるかもしれません。






そろそろ「例の場所」へ行くのにも良い時間が近づきつつあります。





しかしあともうひとつ、やるべきことが残っていまして… 





SP焚火台に、お子たちが集めてきた枯れ葉や小枝を満たし… 







前述のマッチ。





焚火台にマッチを使うのは、ワタシでなくお兄ちゃんです。





彼は来月、林間学校の予定が控えており、


野外炊飯でマッチを使って薪火を熾すことになってます。





担任の先生からできれば練習を、と言われたこともあったのでやってもらいました… 






しかしなんと…











マッチ2本で点火完了。


教えたことはなかったはずですが、ウチのお子たちはみんな火を怖がらないので、ハードルは低かったのかも。





父として一応、落ち葉とか、着火剤の役を果たす物に火が点いてから薪を足しても遅くないよということは教えましたけど。





「あったかいね~♪」





ついでに薪火に炭を投入しておき…




そして幕内にひとつだけ、ランタンを点火させて… 








この後、サイトを離れて戻るころには真っ暗でしょうからね。






出発です。








やってきたのは、紅椿の湯でした。








じゃ、天然自噴温泉で温まってきます♪ 




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 















関連記事

テーマ : ワンポールテント・参天
ジャンル : 趣味・実用

ヘビロテなキャンプ場の魅力とは


土曜日にキャンプ場に着いたのは、この時刻。







ヘビロテの椿荘AC。





私的にヘビロテなキャンプ場がいくつかありますが、どのキャンプ場にも共通項があります。









ひとつはソロでも気兼ねなく利用できること。ただしお盆とかゴールデンウィークとかは、その範疇ではありません。








そしてもうひとつの共通項は、予約を取らず、飛び込みでインできること。







夜になってしまってからのインなら、青野原とか道志の森なんですが、







まだ夕暮れまで時間がある時は、やはりここ。








ワイルドなサイト構成とか、きれいなトイレや水場など、何気に使い勝手が良い椿荘ACには、魅力を感じます。







で、このサイトです。南の森と呼ばれるサイトの一角の東屋がある広場。






ここでグルキャンされる方も多いようですし、冬場はこの東屋が秘密基地的な使われ方をすることもあるみたい。


どんな秘密基地なのかは、来て使ってみればわかります。ここでは敢えては触れません。








しかし、そんな魅惑のキャンプ場、椿荘ACにも弱点があり…






キャンプの受付も民宿で行いますが、民宿に泊まりのお客さんがいない日は、お風呂を沸かさないとのこと。







この宿のお風呂、温泉ではありませんが、とにかく安い。キャンプ場利用者は大人300円・子ども200円で入れます。






確か前回も、前々回もこちらのお風呂には入れませんでしたが、同じ理由で沸かさない日に当たったようです。









ということで設営を済ませたら…






デリカに乗り込み、例の場所へ向かいます。





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

いちばん人気のあるサイトがガラ空きだった幸せ♪







昨日は仕事都合で寄り道をしつつ… 









いつもとは違うルートで道志へアクセスします。中津川あたりです。





いつもとは違うお店で買い出しを済ませますが… 






都合により出発が遅くなることは予見できたので、予約を取らない場所を目指しましたが、


そうなると場所はある程度、限定されてきます。










…で、目指したのは、この橋の向こうにあるキャンプ場。





この建物を見ればどこか分かる方も多いでしょう。







崩れた飛行機雲がある以外、空は晴れて、今が梅雨の真っ最中であることを忘れさせてくれます。





そして、嬉しいことに… 








グループの方に押さえられていることが多い、このキャンプ場でいちばん人気のある? エリアがガラ空きでした♪ 





現地からの更新。とりあえずのショートな内容で公開します。電波事情も芳しくないので…(^_^; 






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 














関連記事

大人買い向けだけどチープでないキャンプ用食器


夏休みのグルキャンの予約は、希望していたキャンプ場を抑えることが適いました。







弟家族との8人所帯でのキャンプになりますが、弟にはまだ、我が家と同道する以外、キャンプの経験はありません。





兄として、また叔父としても父としても、憂いのない環境を用意しておきたく考えており、



そこでふと思い出したのは、この時のキャンプのこと。








昨年末から今年の正月にかけて、西伊豆で年越しキャンプを敢行した時のこと。





大晦日の年越し蕎麦など、使い捨て容器で賄いましたが…





こんな製品だったと思います。





公私ともに忙しい年末期で、満足のいく装備を用意できないまま年越しキャンプに突入しましたが、やはり使い捨て容器というのはね… ^^;






やはり使い捨てでない容器を捨てずに使うほうが、ずっと自然に優しいと考えます。





キャンプ中に汁物をいただきたくなることもあるし、できれば深型で、





なるべくなら仕舞い姿はスタックできるような、省スペース貢献度も高く、


なおかつおサイフにも優しいプレートがあればなぁと考えていましたが…





これ意匠的には素敵ですが、磁器製なのでキャンプ向きではありません。




そんなわがままな望みを適えてくれるプロダクトが…






あるんですこれが♪









さすがです。モンベルさん (^^)






その名も「アルパイン スタッキングボウル」






素材はポリプロピレンで、ひとつの重さは60グラムと軽量。もちろんスタックできます。










サイズはφ14.5×7.8センチで、容量は0.78リットルありますから、年越しでなくても、蕎麦とかラーメンくらいは余裕で戴けます。






さらに送料無料に届かせるため、こっちも同時に求めました。








同じモンベルのスタッキングプレートの20型。浅皿タイプですがこっちはφ21×4.1センチサイズで、容量1.1リットル。







14も20もモンベルの「アルパイン クッカー」とスタッキングできるらしいですが、






ダッチオーブンとかMSRのストアウェイポットにも収まりそうなので、それで良いかなと。






ちなみに14・20のいずれもたったの380円です。楽天ポイント使って買ったので、購入費は0円。


実費だったとしても、3,000円もかかってません。







…ということで、今日はこれからニューアイテムのテストも兼ねて、野に出てきたいと思います。ラーメンキャンプになるかもです (≧∇≦)





クッカーとプレート、それぞれ14と20というサイズ同士がスタッキングに適合するようです。クッカーも欲しいけど、鍋も多くなってきたしなぁ… (^^ゞ 







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 

















関連記事

獣も避ける最強の蚊取り線香




これが届きました。





過日求めておいたアレです。今夏のブヨ対策の決め手。パワー森林香。





赤箱ですが… 





こっちも合わせて購入しました。





携帯防虫器。フツーの蚊取り線香より厚みがある、森林香専用の容れ物。





これオマケで2巻、パワー森林香が付いてくると聞いたのと、


ウチにあるキャンプ用の蚊取り線香立ては、ひとつだけだったので… 






昨夏、富良野のニングルテラスで求めた鍛鉄の直差し蚊取り線香立て。これもうひとつふたつ買っとけば良かった… 





森林香用の携帯防虫器、この手の物としてはけっこういいお値段するんですが… 





それだけのお金を取るだけの機能はあり… 








背面の容器に、予備の森林香を収容できます。




それだけでなく… 





携帯防虫器のフタの開閉のギミックは、男心をくすぐられました (^。^) 





銀色の金具は蝶番で取り付けられており、これを閉めることで上下の防虫器パーツをホールドできます。




さらに… 





ベルト等に取り付けるフックが付いたヒモは、上下の防虫器パーツや背面パーツも結束する仕組み。








さすが林業御用達の逸品です♪ 



ではさっそく試し焚き。





緑箱の森林香と比較できれば良かったんですが、昨夏で使い果たしてしまったので…(^_^; 






やはりけっこうな量の煙が出ます。








そして香りはなんというか… 







そう、これです。炭っぽい匂い。





赤箱のパワー森林香は、獣除けの効力もあると聞いてました。


何をもって獣除けのチカラなのか、点火してみて初めて分かったかなと。


これなら確かに虫も嫌がるでしょうし、獣も不快感を憶え、寄って来ないと思います… 


が… 


実は昨年末から家族が増えてたことを忘れてました。


彼らとは距離を離し、窓も閉めて庭先でパワー森林香を試用したつもりだったんですが… 



ごそごそと、ケージから音が聞こえてきたので覗いてみると… 





ジャンガリアンハムスター、上がシロちゃんで下がクロちゃん。生後半年の男の子たち。ネーミングは見たまんまです。





彼らには、窓越しの森林香ですら、刺激が強過ぎたようです。





ま、おかげで獣避けの効果があることは分かりましたけど (^^ゞ 





できればこれ、今週末に実地で試したいものですが果たして… (^_^; 








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 







本日早出のため予約投稿にて、コメ返も遅れます。スミマセン _| ̄|○











関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

1000円以下で靴紐を解けなくする魔法…(笑)






モントレイルのフリューイッドフィールを求めてから、早くも2ヶ月。






履き心地も良く、キャンプだけでなく日常使いでも欠かせないフットギアになりつつあります。





シューレース(靴紐)の調整も最近はしなくても済むようになってきて、ワタシの足のカタチにフィットしてきたようです。


そうなるとシューレースを結んである状態は、逆に鬱陶しくなります。






ゆるんでほどけてしまうと危ないし… 





そこで先代のロックリッジに施していたアレを、フリューイッドフィールにも持ってくることにしました。








ナイトアイズのノットボーン・レースロック。ロックリッジからの転用ではなく、新規購入してます。






開梱してみると、中味は3年前のロックリッジに付けた時とまったく変わらず。





カタログは内容が変わってるでしょうけど、マニュアルは同じでした。





シューレースを固定する方法は2種類あり、ロックリッジの時は簡易な「CINCH AND GO」に落ち着きましたが… 






今回は、しっかり固定する「LOCK AND GO」で施工してみます。






まずはシューレースを2本取りでロックに通して… 










矢印に沿って、シューレースを折り返します。










グルッとレースロックに巻き付けたら… 








裏側からレースを通します。






このあと、一度足に通してフィット感を確認。





シューレースの長さが大丈夫と分かったら… 










余分なシューレースを切ってしまいます。マニュアルだとなぜか細かい長さの指定がありますが… 





いいかげんな性格でスンマセン (m_m) 





目分量です。このあたりでチョキンと… 







切断したシューレースを収めるためのロックの先端部パーツに、切れ端を収容して… 








ペンチでなくても、しっかり締められれば大丈夫。












先端部パーツをシューレースの先端に差し込めば、作業完了です。






靴紐がほどけ、踏ん付けて転ぶなんて危険性は、無くなりました。











これで安心してどこでも使い倒せます。靴紐がほどけず、脱ぎ履きも容易いです。






品薄になってきた感じがします。これ秀逸ですよ。欲しい人はお早めに。






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

お盆キャンプの予約は数時間の格闘の末に…



6月1日、お盆休み時期のキャンプの予約で動き始めましたが、本命はハードルが高そうでした。


そこで保険となるプランを練り、問い合わせたり調査したりしてますが、なかなか良い結果に繋がりません。






この、囲炉裏を囲める民宿も良いかなと思いましたが… 





ちょっと煮詰まった感じもしてきて、そういう時は原点に戻るに限ります。






この画の左側あたりにある山伏AC、今まで行ったことがなく、人気もあり予約が取れたのは嬉しいことでもあるんですが… 







やはり行きたいのはここ。





スカイバレーキャンプ場です。





ジャグジーも良かったし… 









サイトごと、個別の流しもあるし… 





AC電源はほとんどのサイトで使えるようです。ウチのお子たちも甥姪も、ゲームの充電ができないとダメでしょうから…(^_^; 









何より、モチハギ沢で安全に水遊びできそうなことと、サイトの広さに惚れました。






ということで6月の某日、いよいよスカイバレーキャンプ場の夏休み予約解禁日。


午前8時がスタートラインでした。




iPhoneから電話しますが、過日にここでチェックアウトした時、


オーナーさんに言われていたとおり、まったく電話は繋がらず。



朝は通勤途中でしかかけられず、そのあと休憩時間にも何度も何度も電話して… 






(98)というのは電話をかけた回数。98回も、他のiPhoneの通話履歴が全部消えるほど、リダイアルした結果… 



祝・予約完了 (^。^) 





やはり原点に返って正解だった。


ちなみに上のキャプ画で山伏ACと出てるのは、保険での予約をお断りした時の履歴です。






しかし予約を取った数日後に、スカイバレーキャンプ場のHPの予約状況を見てみると… 





あれだけ苦労して電話しまくったのに、オートサイトはまだ空きがある感じ?




このキャンプ場、ボーイスカウトや子供会の利用が多いので、


そっち系の予約が殺到したということらしい。


バンガローやロッジが完全に埋まってるのは、子どもの団体の予約ということでしょう (^_^; 


解禁日の電話殺到も、おそらくボーイスカウトの世話人や子供会の役員になっているお母さんたちが、


電話をかけまくっていたのではないかと思われます。







ちなみにウチが押さえたのはこのサイト。


グループ用で奥にもう1サイト隠れてます。オーナーさん、ウチのブログも見て戴いたらしく、対岸のこのサイトだと教えてくれました。







HP見たらちょっと力が抜けた感じでしたが、予約できたのでヨシとしますか (^_^; 





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 













関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用



サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ