キャンプ場口コミの不評部分にあえてつっこんでみる… 




炭火を早く熾したい時は、薪も一束くらい用意しておくと楽です。


着火剤やバーナーで直接木炭に火を点けようとするのではなく、





薪の方が炭より簡単に火が点くので、その火の中に炭を突っこんでおく方が楽に炭火を熾こせます。






で、炭火が熾きたら… 





炭は焚火台の片側に寄せて、グリルネット上で火力の差異が生まれるようにしておきます。





しかしもう15分ほどで、風呂を予約した時間が来ます。入浴は18時から25分間しかありません。



今から炙りモノは始められませんから、別用途で炭火を活かすことにします。






MSRストアウェイポットに水を入れて炭火に掛け…









道の駅どうしで求めた、地場産の新じゃがを… 






軽く洗ってから火にかけます。風呂から上がる頃には、新じゃがが茹で上がっているでしょう。







風呂に向かいがてら、近くの空きサイトを覗いてみると… 





すぐ隣のサイトの水場は、蛇口が園芸用のシャワーになってました。





雰囲気的には違和感を感じますが、むしろ使い勝手はこっちのほうが良い気がします。







沢を見やりつつ、まだ18時まで5分以上あるのでもう少し先のサイト? へ足を伸ばすと… 








某キャンプポータルの、検索窓で見た情報を現認してしまいました。





5年前の口コミ情報だったけど、場内に廃車が何台も野ざらしになっているとのことでしたが…





5年間で片付けが進んだらしい。廃車っぽいのは1台だけで、このスペースはキャンプ場整備の資材置き場と見受けました。





振り返ると、ウチのサイトがあるひな壇の再下段サイトが見えます。





こちらに設営したら、角度によっては廃車の存在は気になるかもしれません… (^^;;






もちろんウチのサイトから、資材や廃車の存在は全く見えませんでした。





そろそろ良い時間です。風呂に向かいます。








中に入ると、どこかで見た憶えのある設備がありました。どうやら近縁の関係があるっぽいです。続きます。




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 















スポンサーサイト



未経験なレベルの超急勾配サイトの恩恵とは



スカイバレーキャンプ場のテントサイトには、前述通り個別の水場があります。


そのことは事前にHPで見てたので、ジャグの類いは必要なかったことになりますが…





イグルーはふもとっぱらのバタバタな雨中撤収で中が汚れていたので、洗いたい意味もあり持参しました。






パックタップは道具入れに入れっぱなしだったし幕内でも使えるし、一応水を満たしておきます。






ここで自サイトの周囲を散策です。


まず周囲を見渡すと… 





徒歩30秒のところに見えるトイレ。






その右手には沢にかかる橋があり… 





やはり徒歩40秒くらいの場所に風呂があります。









ふだんは1時間ごとに男女を入れ替えるシステム。





今日は日曜で空いてるので、30分交替の家族風呂として運用とのことでした。






トイレに行ってみると… 








ウォシュレット付き。山間のキャンプ場だと施設が新しめでも、蜘蛛の巣や虫の死骸が放置されてることもありますがここは大丈夫。清潔でした。





そのトイレの前は、だだっぴろい広場になっており… 





奥にロッジが見えます。これ山彦ロッジという大型の宿泊設備。





広場は山彦ロッジ利用者用の駐車スペースということらしい。





振り返るとジルコンが見えますが、高さ3メートル超の幕体なのに… 





なんと頭しか見えません。






サイトのひな壇状態の切り立ち具合がスゴイ。けっこうな角度の斜面に立地することが伝わると思います。








歩いて上るのはたいへんだけど、この急勾配によるひな壇は、サイトのプライバシーを守ってくれることにも繋がります。





実際、トイレから時々水を流す音が聞こえた後に人が来たことに気付かないこともありました。ここまで急勾配なひな壇って経験がありません。


この恩恵はスゴイかなと。







…で、そろそろ風呂の予約時間が近づいてきたので、いったんサイトに戻り


火を熾すことに…。






白井平のヤマザキで求めた薪。いつものきこりさんで買わなかったのは、行ってみたんだけど、杉薪しか在庫がなかったからです。






まずは紙ゴミや薪の樹皮で焚き付けて… 







火に勢いが付いてきたら、投入する薪を少しずつ太くして行き… 







木炭も投入。





焚火に投入すれば、炭火を熾すのも楽ですからね。








立ち昇る煙と、少しずつ香り出す木炭の燃える匂い…





うーん、気持ち良い♪





キャンプで炙りものするにも適した季節が、訪れつつあるようです。





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 







今日もコメ返遅れます。予約投稿です。すみません (>人<;)











テンティピ夏仕様と暖房のトラウマと



日曜日、スカイバレーキャンプ場のある道志村長又は、午後から曇り始め、


夜には雨が降る予報でした。






しかし予報は外れ、日中は木々の間からも、強めの陽光が差し込んできます。




気温がガンガンと上がるので、早くもテンティピのトップベンチレーション、全開です。





半月前のふもとっぱらでは、まだ薪スト使ってたのに…。





テンティピのベンチレーションの機能は素晴らしく、開放すればあっという間に幕内の温度を下げることができます。










いくぶん過ごしやすくなりましたが、暑がりなお子たちはこんな軽装だし (^_^;





しかしまだ5月で場所は標高900メーター近い山の中。






今の暑さからすると不釣り合いな装備に見えますが、夜間は暖房が必要です。


そのことは、後でバリゴの温度表示が教えてくれました。














時刻はまもなく午後4時。気温はまだ26度近い。





少し早めですが、灯りの支度もやっときます。





ペトに給油してると、先日の武井の爆発事件を思い出します。





武井と同じく、空気入れで加圧するアダプタを付けてますからね。






でもペトロマックスなら大丈夫。





デフォルトでプレッシャーケージが付いてます。これ見ながらエア入れれば、危険な状態まで加圧することはありません。





と思ったら、こっちに問題発生か?





仕方ないことですが落ち込む瞬間。639C、マントル落ちです。





もちろんスペアは持って来てあります。






在庫はあと5つほど。そろそろ買い足す時期かもしれません。








新しいマントルを取り付けて…








キャンプ道具の中にはハサミを入れてありますが、マントル装着時に使う場合がいちばん多いと思います。





新品に交換完了です。







ランタンの支度が終わるまで、約50分かかったことになりますが…





バリゴの温度表示が急激な気温の下降を示してました。10分ごとに1度近く下がったことになります。






夏と他の季節との季節の変わり目です。





同じ日なのに昼間は幕体を換気して涼しさを追求し、夜間は暖房で暖かさを追求。このアンバランスさも、キャンプの非日常的な魅力なのかもしれません。




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 







本日家族の体調不良のため、コメ返遅れます。











一見固そうなサイトがペグを打ちやすいかったと思ったら落とし穴が…


スカイバレーキャンプ場のオーナーさん、利用前日の予約だったにもかかわらず… 





素晴らしいサイトをご用意いただきました。やはり日・月のキャンプは素晴らしい♪





サイトの広さは申し分ありません。







焚火用の炉もあります。





これは結局、使いませんでしたけど。






そしてサイトごとに個別の給水設備があり、流しも設えられています。





予約時にAC電源を使いたいという希望を伝えてあり、





キャンプ場ではよくあることです。電源ボックスは苔むしてますが通電は問題ありません。






チェックインの際、オーナーさんに持参した電源コードの長さを尋ねられ、「5メートルくらい」と伝えたところ、


「それじゃ足りない」と言われ、これを貸していただきました。






ドラムの賃料は無料。ありがたいです。






このサイト、トイレや風呂棟が近いです。それら設備については別の更新で触れますが、


それらだけでなく、別の特典もありまして… 






道志川に注ぐ支流。沢の名前は分かりませんが、徒歩2~3秒で清水が流れる沢にたどり着けます。






じゃ、設営です。まずはテーブルを出して… 








リコさんちのテーブルやクーラー台。キャンプ用のウッドファニチャーとしては、国内有数のクオリティと言っても良いかもしれません。





ジルコンのサックを車から引きずり出したところで、末子が姿を消したことに気付きました。


あわてて見回したらやはりここ。






勝手に沢に降りてるし… 





サンダルが流されたようですが… 





無事に掴まえたと思ったら、この後みごとにやらかしてくれて… 











彼の着替えはママさんが用意してくれてました。ズボンの替えがあってヨカッタです (^_^; 





ちなみに沢の深さは彼の膝丈ほどもないのですが、


ズボンとパンツを着替えさせ、車内でおとなしく待つように言い渡したら… 





ようやく幕体を設営開始しようとして… 






あることに気付きます。





いかにも固そうな地面。道志の下や中での経験則からすると、さぞやたくさんの石が埋まってそうかなと思いました。






が、そうでもなかった。案外とサクサク刺さってくれました。が… 



一箇所だけ木の根っこに打ち込んでしまい、苦労したところがありましたけど…。









ジルコンの設営完了。今回から煙突は使わず。夏仕様ということです。





今回、ワタシにしては珍しく、まっとうに午後2時にインしており、この時点でまだ午後3時半です。





明るいウチににビールを開けられるシアワセ♪ これからのんびりとした時間を過ごせます。
 






楽天ではジルコン15は品切れ。現在はファロスストアにしか在庫が無いようです。







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 















このキャンプ場のレポがネット上で少ない理由とは?




土曜日に運動会で月曜が振替休日になったお兄ちゃん。末子は保育園児なのでそれに付き合ってお休みです。


ワタシも土曜に休日出勤だったので月曜に代休を取ることになり、訪れたのは… 






スカイバレーキャンプ場。道志の上、すなわち山中湖に近い場所にあるキャンプ場。





このキャンプ場、どうしみちを山中湖側から来た場合は良いのですが、


相模原側から来た場合、どうしみちの入口となる脇道へ、鋭角的に曲がる必要があります。








上の2つの画像、同じ位置から撮りました。上の画の道路がどうしみちで、下の画のコンクリ舗装路が脇道です。角度が伝わるかな?






スカイバレーキャンプ場の看板はどうしみちだけでなく、脇道を入ったところにも所々に配置されており、


迷うことはないのですが… 








この看板を曲がったところからの山道、なかなかワイルドです。







デリカを駆る身には嬉しくなるような(?) 急勾配と未舗装路。





ガードレールなんざありません。





右側は崖。怖い人は怖いと思います。






そしてしばらく山道を登ると… 





トーテムポールかな?





良く見ると、ボーイスカウトの団体が訪れた記念? 記録? として残していったものらしい。





そういや白井平のザキヤマショップ近くの看板にも… 





ボーイスカウト・ガールスカウト受付中とあります。




そう、ここスカイバレーキャンプ場は、ボーイスカウト・ガールスカウトの受け入れを考えて始められたキャンプ場とのこと。


後で管理人さんと話して、そのことを知りました。







どおりでこのキャンプ場、ネット上のレポが少ないはずです。少年少女たちはキャンプレポのブログを積極的には書かないでしょうし。



しかしこの勾配… 





四駆向けというかワイルドというか。歩いて上り下りするのはキツイかも。






そう思いつつ、受付でチェックインを済ませると、ベストなサイトを案内されました。







案内を受けたのはこちら。








ジルコン15を張ることは伝えていなかったけど、未就学児がいることは伝えてあったので、ご配慮いただいたようです。









1-Fというサイトはトイレと風呂の直近でした。これは嬉しかったです♪ 









にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 















ワイルドかつ高規格・なぜかレポの少ないキャンプ場へ



土曜日はお兄ちゃんの学校の運動会だったのに、ワタシは休日出勤。



実はこの時期、お子たちの学校の土曜行事とワタシの休出が重なることが多く、


過去にもお子たちの運動会を見れないことが何度かありました。






しかし裏を返せば、親子で日月と休めるということであり… 





土日で混むキャンプ場より、日月で空いたキャンプ場のほうが静かだし、のんびりできそうな気がします。





過去に仕事都合で平日キャンプした時の画。貸し切りでした。まさにプレミアムなひととき。





…ということで、もしかしたら今年の夏休みに、グルキャン候補となりそうなところへ行ってみます。





日月なので予約しなくても、飛び込みでOKな気もしますが念のため電話予約してみると… 




電話に出られたのはオーナーさんと思われます。前評判で聞いてましたが、かなりユニークな方らしく、





「明日はお客さん含めて3組いるから寂しいなんてことはないと思いますよ」との話(笑)




なんというか、よくキャンパー心理を心得てらっしゃるなぁと感心してしまいました。






道の駅どうし。日曜日はさすがに混んでます。








橋本のマックスバリュであらかたの食材は買い出し済みですが、白井平のヤマザキショップで薪などを求めて… 





どうしみちを更に奥へ… 







目指したのはどこかというと… 











道志の上のほうは風呂付きだったりAC電源付きだったりと、充実した施設を誇る場所が多いですがどこに行ったかというと… 






このワイルドな山道のむこうに楽園が待ってました。続きます♪ 




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 














あの人気キャンプ場、入浴施設だけはアウトでした…




気持ち良い5月の風に、ノルディスクのテントウイングもたなびきます。






昨夜は冷たかった道志川を渡る風も、今は暖かい。








時刻は11時を過ぎる頃。キャンプ代金は払ったし、今日は何時にアウトしても大丈夫 なはずですが… 




道志川に沿って届く風は、近くのデイキャンの方々の焼く炭火の肉の芳香も載せてきます。


視覚にもビールが美味しそうで、目や鼻に毒と感じました。






そろそろ撤収の潮時のようです。







照りつける太陽の下で片付ける中で、ひとつ発見しました。





デザイン・リコさん
ちのクーラースタンドですが… 





ユニフの焚火テーブルと高さが近い。これらを並べて使うことで、使い勝手が広がりそうです。






…で、ソロだと撤収も早く済み、1時間もかからずにシャン5の中は空になりました。






基本的にティピ型テントの片付け方は共通するようです。





テンティピもゴーライトも同じで、ペグループのテンションを最弱に調整して…








この状態まで弛緩させてから、仕舞ったほうが、次に良いことがあります。





参天でなくても、ドーム型テントの撤収時も同じお約束なのかもしれませんが、


ドーム型の設営はポールが主要素なので、そんなに気を使わないで済むことが多いと思います。





しかし参天は特に、ペグループの調整でテンションをかけた張り姿に仕立てる作業が不可欠なので、


これを弛緩させてから仕舞うことで、次回設営時の手間をひとつ減らせますからね。









そして正午過ぎに撤収完了。





空気が乾いているからか、5月の直射日光はけっこう暑い。その中で動いてたので、ちと汗をかきました。





このまま帰っても良いんですが…





ふと気になって、こちらを使ってみることに…。青野原ACのシャワー棟。






このキャンプ場に来たのはもう何度目だったか覚え切れないくらいですが、


シャワーを使ったことって、ほとんどありませんでした。






200円で3分間、お湯が出るとのこと。





シャワー室の床はコンクリ打ちっぱです。





すのこが小さいなぁと思いましたが…





いろんな意味で、備えは必要最小限。





脱衣所はカゴはなく、この棚に脱衣や荷物を置かないとなりません。





湯温が安定するまで、1分ほどかかりましたが、湯温調整機能はありません。道志のキャンプ場では多いタイプかなと。


一度お湯が出始めれば、ほどよい温度だったので快適でしたけど。シャワー室内は適度なヤレ感かあり、


清潔感あふれるとまではいきませんが、目が届く範囲は掃除してある感じでした。





しかしシャワーを浴び終えて、脱衣所に戻った時に、困ったことが…





脱衣所のすのこも小さすぎ。たまたま加圧タイツ履いてたこともあり、この上で身体を拭いて脱ぎ着するのはキツかった… (^^;;




青野原ACのシャワーを使う時は、マイすのこか、足拭きタオルを持参してもいいかもしれません。











シャワー棟を出ると、目の前にはこの光景です。





青野原の対岸の崖崩落じたいは手付かずのまま。というか手は出せないでしょうけど…





さすがに立入禁止の虎ロープは張られてました (^^;;












じゃ、下界に戻りますか… 。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 















GWグルキャンの撤収がやっと終わった日


SEA TO SUMMITのパックタップ、ジャグとしての機能は案外と (失礼 ^^; ) しっかりしていて、


保冷力もまあまあです。さすがにイグルージャグと同一線上に比べられるほどじゃありませんが…。




さらにこの光景、予想は嬉しい方向へ裏切られました…♪ 





中ブタの注水弁を押すと… 





思っていたより勢い良く水が出てくれます。ストレスを感じない水勢でした。これは素晴らしい (^ ^)





楽天ポイント入ったらこれ買うことになると思います。6リッターか10リッターかなと。







ところで今回、休日出勤の後で遅くなると分かっていたのにもかかわらず、ソロキャンに出たのは、


命を洗濯したかった以外にも、どうしても出なければならなかった理由がありました。






これがその要因。ちびストーブ。





GWのグルキャン撤収時は豪雨に見舞われて、幕体だけでなくちびストーブも濡れた状態で仕舞わざるを得ませんでした。







一週間経ってどうなったか。恐る恐る収納バックを開けてみると…






やはりです。目皿がはまるあたりに、赤サビが見えました。










ふもとっぱらでは、かなり湿度の高い中での撤収だったので…





漉した灰が湿気を吸い、いつもより粒子が粗い感じがします。分かりにくいかもしれませんが… 





その中に収めてあった巻き式煙突はステンレス製なので錆びないはずだけど… 








茶変してるのは雨水が煙突に沿って入り込んだから。煤と雨水で付いた色と思われます。






外気温は27度前後まで上がってるはずですが…





ダイエー津久井店では薪も売ってます。これ使って薪スト運用開始です。





豪雨の中での撤収で、仕上げられなかったちびストーブの撤収開始。











いま済ませておかないと、次の冬が来た時にいざ使おうと思ったら、錆びてたなんて可能性もありますから。





薪火で焼き切り、ウェスで煤を払うとこんな感じ。








酸化した感じは残ってますが、煤のこびりつきは運用上差し支えない範囲まで落ちたようです。






オガワデフォルトの煙突も、スッキリと煤が落ちました。








豪雨での慌ただしい撤収で煙突の端が曲がってしまった部分もあり、





ペンチで直して接合を確認します。







ストーブ本体の錆が出ていた部分には556を吹いて… 





これでこのままシーズンオフになったとしても、次の冬も錆びずに使えるかなと。今週末あたりはまだ使うかもしれませんが。







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 







本日休日出勤で早出です。コメ返遅れます m(_ _)m











1年でいちばんキャンプが気持ちいいってことらしい



5月中旬を過ぎ、沖縄や九州南部の島々では入梅したとの報道も聞こえますが





本州では今の時季あたり、キャンプするのに一年でいちばん適した時季かもしれません。







シャン5に接続したテントウイングの隙間から覗く空は、青く晴れ渡り…











ほどよく空気も乾いているため、起床時からしてすでに、どちらの幕体にも結露はありませんでしたし♪ 




連休時のふもとっぱらとは真逆の状態。


撤収も楽に済みそうだな~と思ってたところ、隣でデイキャンしてる方々のところへ…





青野原ACの朝の定例業務。管理組合の方の料金徴収タイムです。





もちろんこの後、ワタシのサイトにも見えまして、今冬はお世話になりましたから出し渋る理由もありません。


きちんと代金を支払わせていただきましたが… 





なんと青野原ACも値上げしたらしい。領収書の修正は手書きでした。それでもじゅうぶん安いんですが…。






キャンプ代を払って、時刻は9時を過ぎたところで… 





これって夏日ってことか。バリゴの表示は26度を超しました。





入梅前の5月の頃は、思いのほか暑くなることもあります。



それでも、この新規導入したファブリック系のジャグは、頑張ってくれました。








SEA TO SUMMITのパックタップの中に前夜に汲んでおいた水は、日照で温まってはいなかったです。






10リッターサイズのも欲しくなりました。2レイヤーなので外側から保冷剤ぶち込むこともできそう。そうすりゃもっと冷えるかもしれません。







しかし風も気温も、暑すぎず寒すぎずで気持ち良いし (^。^) 





自由だし、ひとりで来れてよかったです。武井さえ壊れなければもっと良かったんですが…






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 















砂地のサイト設営時には気を付けましょう

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ