無骨系のメタルな道具が増殖中♪





今回のキャンプで新規投入した道具は、リコさんから戴いたクーラースタンドだけではありません。







ずっと必要を感じてた、これもやっと届きました。


















いわゆる炭ツボ。1,000円ちょっとで買える安いものですが、増税直後に購入したら届くのに時間がかかってしまった…(^_^; 
















末子はあいかわらず杉葉で火遊びしてます。今は親の監視の元で、ですけどね。







椿荘AC、混む時期でなければ夕方まで滞在してもオケーなキャンプ場なので、


まだ撤収には入りませんが… 






日が昇り暖かくなってきたので、撤収時にいちばん手がかかるコイツだけ先に片づけてしまいます。





ちびストーブ。暖かいけど撤収でいちばん手間がかかるのも事実です。






まずは巻き式煙突の結束をほどいてみると… 








ナラ薪の成果。乾いた煤汚れは掃除の手間がかからなそう(^。^) 






前回、ピカでやったのと同様に灰漉しをした後の炭の余熱で… 








煙突の煤を焼いてしまいます。





…ここでピカと同じ出来事が。


見知らぬ方に声をかけられました。「ブログいつも見てます」との言葉をかけられ、


そのまま話し込んで煙突掃除の成果を撮り忘れるところでしたが… 







今回は忘れません(笑)多少削りましたけど、これくらいまで煤を焼き落とすことができます。






ここで火消しバケツの出番。






まだ火の残る炭といっしょに煙突を繋いでたニップル管や雨ブタを入れて… 










火消しバケツ、安いけどガチっとフタが閉まります。このまま放置で持ち帰り。次回使う時はきれいになっているでしょう。





シンプルなデザインもなかなか。無骨さが良い味出してます。











煙突を抜いたジルコンの図。これで夕方の撤収になっても大丈夫。楽になるでしょうと思ってましたが、とんでもないことが起きてしまった… 







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 












お湯が出ないキャンプ場でも困らない三種の神器



末子が杉葉をたくさん突っ込んでくれたおかげで、ちびストーブは盛大に燃え盛ります (^^;;






煙突からの排煙がスゴイです。





時刻はすでに8時半を過ぎてるし、お兄ちゃんも起きてきたし、





そうなると当然、朝メシを作らねばなりません。






今回の材料はコレら。





ということはアレです。





BLT。バターロールのベーコンレタストマトサンド。







これやはり旨い。





素材同士の絶妙な組み合わせは、マヨネーズもケチャップも不要です。






調理の過程で加熱するのはベーコンのみ。パンに切れ目入れてトマト切って、千切ったレタスと挟みこめばできあがります。






これキャンプの朝メシとしてオススメです。ちなみにマックスバリュならバターロールは6個入り2袋で150円ちょいとコスパも高いです♪








お子たちにはコーンポタージュもつけました。インスタントだけど、この味が好きらしくて… 









食後は椿沢を散策したり…








林間を流れる穏やかな沢です。水遊びするにはまだ寒過ぎるけど。






しかし… 





清水の流れを眺め、その音に耳を傾けているとほっとします。







でも、食後はこれもやらなきゃ…





SEA TO SUMMITのキッチンシンクが待ってます。





ちびストーブにかけておいたボンジュールケトルの2リッターの水は、薪の火力であっという間に沸騰してくれます。








キッチンシンクに汚れた食器類を入れ、洗剤を注いでからケトルのお湯を注げば… 







椿荘ACのような、水場でお湯が出ないキャンプ場でも、脂汚れをすっきりと落とすことができます。





洗った後に天日にて乾燥中の画。先週末は乾燥してたので、すぐに乾いてくれました (^。^) 






グリルスタンド、こんな場面でも使えます。メッシュなので洗い物の乾きも早いです(^。^) 








グリルスタンドとキッチンシンクとヤカンがあれば、お湯が出ないキャンプ場でも洗い物には困りません。三種の神器と言ってもいいかも。




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 










現在クーラースタンドのモニター募集中。販売予定価格15,800円 -> 6,000円♪ 実機に触れたら安いのが分かると思います。






4月24日締め切りです。このチャンスを逃さない方が良い気が… 


定員に達しました。モニタ募集は締め切りです(^_^;











絶妙なサイト構成・プライベート感が高いキャンプ場




お子たちが寝入ったのを見届けてから…






末子はこの4月で年長組。ついこの間生まれたばかりのような気がしますが1年後は小学生。時間の流れが早い…





パパも休むことに。





時刻は22時半を過ぎました。





道志村椿の4月初旬の夜、気温はひとけた台と思います。





煌々と光る月が寒そうです。





いつもの化繊モンベル#3だけでは絶対に寒いので…









シュラフカバーを被せ、イスカのインナーシーツも入れたら大丈夫でした。







そして目が覚めると…






盛大に寝坊しました。8時過ぎまで爆睡というか…


実はまだ夜が明け切らない午前4時に、お兄ちゃんがトイレに行きたいというので一度目覚めて連れて行ったので、


ぶっ通しではありませんが、9時間近く寝てたことにはなります。








末子もほぼ同時に目覚めました。彼に至っては10時間も寝てたことがよく分かる表情です(笑)






ちなみに起床時の幕内は…





12.6度。シュラフをきちんと被っていれば寒くない温度。快適な睡眠には快適な温度調整が必要ということですね。









やはりアルパカは春先のキャンプでも必要な装備。たぶん6月くらいまでは必要かなと。







ちびストーブにも火を熾します。








こちらは5月中くらいまではオンシーズンかなと。キャンプ地の標高によっては6月の稼働もあるかもです。







パパがトイレに行くと言うと、後から末子も着いてきました。





親子で用を済ませ…





周りを見渡すと、けっこうな混みっぷりであることに気付きます。








段差のある林間の立地が良い意味で効いてます。





この距離だと、適度にプライバシーが守られてるのが良くわかりますね。






ここ椿荘ACには、ソロ優待料金の設定がありますが、


それだけでなく、プライベートが守られやすいサイト構成だからこそ… 






ワタクシも含め、ソロキャンパーが多く集うんだろうなと。改めて納得してしまった。






…てなことを思ってジルコンに戻ろうとすると、








煙突から出る煙がミョーに多い気が…?






原因はこれでした。





杉葉。枯れて乾燥した物は、良い焚き付けになります。






そのことを知ってる末子が、まさか勝手に火遊びしてたとは…





ひとりで先にサイトに戻すべきではなかったか…(^^;;









にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 







スンマセン。今日も忙しくてあんまり寝れてません…。予約で更新してまして、コメ返も遅れます(m_m) 











冬キャンプ最多登場のストーブは意外にも…





カリウム含有量が多いナラ薪のおかげで、幕内は暖かく保たれており…








燃焼速度を遅らせるため、エアインテークは閉めてます。









28度近い幕内の温度は暑くもなく寒くもなく、快適そのもの。






末子の着衣を見ればそのことがよくわかります。





ロンTだけでも寒くないらしい。





しかし温度と胃袋は別モノ。どんなに快適な温度環境であったとしても関係ありません。





ギョウザとおでんだけでは腹保ちが悪かったらしい… 





紅椿の湯から戻ってから「おなかへった~」と言い始めたので…






DUG焚火缶に湯を沸かして、あるモノを茹でてます。










そう、パスタです。リングイネ。






食材用コンテナにあった、これを合わせて…







きのこと野沢菜の和風パスタの完成。





ギョウザとおでんだけだと、やはり炭水化物が足りなかったということでした… (^^;;






かくして、晩メシ第二弾のスタート。








2人ともホントよく食べるようになりました。





やはり男の子ですね。300グラムのリングイネ、あっという間になくなってしまったし… 







食後は末子をトイレに連れて行きます。








椿荘ACの「南の森サイト」には3部屋が連なったトイレがあります。どれも和式ですが、サイトから近いのはありがたい。






ちなみに洋式が良い場合は、ここから徒歩2分で「中央の森」のトイレ棟へ行けば良いことです。





南の森のトイレから戻ったら… 







そろそろ寝る支度に入りますが、その前に。


晩メシに使ったお皿の類いはここへ。






リコさんちのクーラースタンド、底にも卓面があるので… 





これがちょうど収まります。SEA TO SUMMITのキッチンシンク。






お湯が出ないキャンプ場では寒い時季は特に有効。ヤカンでお湯を沸かし、汚れた皿と洗剤を注いでおけば、水場で洗う時に脂汚れもスッキリと落ちてくれます。






そろそろ本気で眠くなってきたので… 





忘れちゃいけません。CO検知器に電池を入れて… 











一応、ナラ薪もちびストーブに補充しますが… 





残念ながらちびストーブの容量では、


ナラ薪の熾火を翌朝までキープすることはできませんから… 






これですこれ。アルパカストーブで就寝中の暖を取ります。





しかしよく考えてみると、冬キャンプでいちばん長い時間使う暖房って…






ちびストでなく、こっちだったようです。








ファミキャンの就寝中だけでなく、今冬ソロ時は全て、アルパカが熱源でした。これ使い倒しまくりです。










さて、そろそろ寝るよ~ (^_^;







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 













ナラ薪の火保ちが良い理由って知ってる?






温泉に行く前の晩メシに、お子たちの好物を用意しておいたのは、理由があります。









好物のギョウザとおでんでお腹いっぱいになっていれば、日帰り温泉の食事処で「あれ食べたい!」と駄々をこねる可能性も減るだろうと目論みましたが…





…狙いどおりです。完食のタイミングで、直近の「紅椿の湯」の値引きタイムにさしかかりました♪








19時過ぎるとググッと安くなりますから。実は今回のキャンプ、サイフの中身がさほど潤沢ではなかったので…(^^;;






椿荘ACから歩いて行くこともできますが、


すでに道中はかなり暗いのでデリカに乗り込み…








紅椿の湯へ。





駐車場で見えたのは、この看板。





3月20日に道志川各所でヤマメが放流されてますが、紅椿さんで釣り客に駐車場貸してるとは知りませんでした。






それにしても、やはり晩メシ先に食べさせておいたのは正解だった。





お子たちは紅椿の湯の中の自販機には見向きもせず。風呂前のトイレに直行だし。









ちなみに紅椿の湯館内のジュース価格、増税後の金額にはなってませんでした。







男湯に入ると…







脱衣所はガラガラ。気持ち良く空いてます。







浴室には人影があったのでこれ以上は撮れません。道志みち沿いの日帰り温泉としては、アメニティは充実している方と思います。






この後、溜まりに溜まった仕事の疲れを癒しまくり…





温泉がこんなに気持ち良いと感じたのは、ワタクシ生まれて初めてのこと。





お子たちは 今回も… という感じですが、エントランス付近のこれがいちばん楽しかったようで…








ドクターフィッシュ。風呂上がりにこれだけ喰いついてくるということは、右手の洗いが足りなかったのかもしれませんが…(^^;;









親子でそれぞれ紅椿の湯を堪能し、椿荘ACのサイトに戻ります。








ナラ薪はカリウム含有量が多いので、火保ちが良いようです。





加熱されたカリウムは、水素と酸素を結びつける触媒として作用するので、


酸素が炭化の行程に奪われるのを抑制してくれます。


そのため燃焼のスピードがゆっくりになり、熾火の状態が長く続くという仕組みです。





薪を足すと、すぐにナチュラルドラフトな吸気音が聞こえてきます。





お子たちは…





ゲームに夢中。外はもう真っ暗だし自宅だとゲームは時間制限あるし、まいいか…






パパもやっと、これにありつかせて戴きます。





温泉上がりまで待ったビールは格別の味でした ^_^







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 












ランタン給油の緊急代用に使えた道具とは?




フューエルファネルを道具箱ごと忘れてしまったので、


持ってきてあった道具類からいろいろ探して、これで代用することにしました。







ケロシンの火器類をプレヒート(予熱)する用途のアルコールのボトル。右側を使います。




アルコールの残りも少なかったのは幸いでした。左のプレヒートボトルに中味をすべて移してから… 






これなら口径がギリギリで灯油タンクのノズルと適合します。500ml容量なので、一度にランタンに入れる灯油量としても適切かと。














フタの穴が小さいので、これをランタンの給油口に密着させ、ボトルに圧をかけて一気に灯油を注入します。







これを3回繰り返し、こぼれる量は最小限な感じで灯油を補充できました♪ 








冷えてきたので、久保つりで求めたナラ薪を使い、ちびストーブも運用開始。










アルパカも持ってきてありますが、これは就寝中用。





ランタン、何とか点灯できました (^。^)




ところで椿荘AC、普段は格安で入れる民宿の風呂を使えるのですが、


この日は宿の都合で入浴できないとのこと。






そのかわり、直近の日帰り温泉の割引券を貰いました。しかしこれ使って入るより、値引きされる遅めの時間帯を狙った方が安上がりなので… 





先に晩メシにします。







お兄ちゃんの好物、おでんとギョウザです。











おでんはストアウェイポットに移し、ちびストーブ上で温めます。







ギョウザもパリっと焼き上がりました。







外にいるお子たちに声をかけるため、晩メシできたことを知らせようと幕外に出ると… 








飛行機雲と一番星♪ 











仕事で疲弊した心が少しずつ緩んでいくのを感じます。やっぱりキャンプって良いなぁと…♪







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 







今朝は早出でコメ返遅れます(m_m) 









プロトタイプのクーラースタンド試用と忘れ物



基本的に予約を取らず、飛び込みでもOKの椿荘AC。


そういうキャンプ場なので、早い者勝ちの要素もありますが、






この日は時期的に谷間というか、たまたま早めに辿り着いたからなのか… 






いつもはグルキャンで占有されていることが多い、「南の森」と呼ばれるこぢんまりとした広場です。





奇跡的に空いていたこちらに設営します。







冬場はこの「小屋」がグルキャンの「アジト」になるんですよね。





青野原ACと同じです。







ジルコンを起てつつ… 








これも展開です。





リコさんからいただいた、ホワイトアッシュのクーラーボックススタンド。







持ち上げると、自重で勝手に広がるので… 








脚部をはめこんでやれば、すぐに使用可能状態になります。その間、約5秒弱です(笑)






スチベルあたりと合いそうな卓面の大きさですが、






我が家のイグルー・クールメイトとも相性良し♪ これから使い倒せそうです。







ジルコン内の設営も進めますが…








ここであることに気付かされました。どうやら忘れ物をしてきたようです。




いつも持ってくる、道具入れのUSポスタルサービスボックスを積むのを忘れてました。









これがないということはすなわち…





これもないということ。









迂闊だった。フューエルファネルがありません。






灯油タンクから直接ランタンに給油することは…








ほぼ不可能です。やったとしてもかなりの量がこぼれるでしょう (^^;;





さて、どうしようか…





試しにタンクから直で入れてみましたが、この状態を見て諦めました。









はたしてランタン無しで過ごすことになるのか、それとも策があるのか…






どうする? itchann? (満作さんまたも戴きます。)







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 













いつもはグルキャン占有状態のサイトを押さえられたシアワセ♪ 






かなり仕事の疲れが溜まってますが… 






お子たちのキャンプ出たいという要望をはぐらかして数週間経ってましたから、土曜日から出てます。





いつもの道志みちを目指して走りますが… 






眼精疲労を吹き飛ばすような光景が目に入りました。



旧・城山町のあたりで見えた山肌は… 








桜花がちりばめられた山景色。







青山交差点の近くで見えた桜は…  





まだ満開状態♪







青山交差点を右折して道志みちに入り、


神奈川と山梨の県境を過ぎて数キロのところにあるこちらへ立ち寄ります。








久保つりばし直売所。下~中道志あたりでキャンプする時は、貴重な薪の補給場所です。











こちらでナラ薪を3束求めました。やや短めの裁断ですが400円。きこりさんちよりは割高な気がしますが… (^_^;












そして辿り着いたのはこちら。














またも来てしまった。椿荘オートキャンプ場(椿荘AC)です。






こちらには何度も来てますが… 





今回は珍しく、いつもグルキャンで埋まることが多いサイトに設営できました♪ 











続きます。





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 













ホワイトアッシュのクーラースタンド・格安モニタ募集中です♪



過日の更新で、無骨なエキスパンドメタル系のクーラーボックススタンドを紹介しました。





小振りだしデザインとしてはすごく面白い。ただし鋼材なので重さが5.5キロあります。






欲しいけどちと重たいかなと思っていたら、今週のある日に… 








ある方から戴いてしまいました。











この焼き印。デザインリコさんですね。






開梱してみます。





ホワイトアッシュとヨーロッパビーチで組まれたこのプロダクト、いったい何なのかというと… 









椅子に見えなくもないけど… 違います。






90度倒すと、脚部分の収容が見えます。







オレンジのコードで結束されたペグ。





これが収束状態をキープするのに一役買ってます。






では脚部を展開してみましょう。








しっかりと精度が出された脚部は小気味よく動きます。








何の説明書も同梱されてませんが、直観で組み立て方が分かる造り。天板をセットして… 









底板も直観ではめ込む箇所が分かります。














精度が素晴らしい。寸分の狂いもありません。





…で、組み上がるとこう。








これ何かというと、クーラーボックススタンド。冒頭の画像リンクと被りますが、こちらはメタルでなくウッド系です。






今回、デザインリコさんちで次の新製品として企画された天然木の折りたたみ式クーラースタンドの、


プロトタイプを戴いてしまいました。リコさん、ありがとうございます。




ちなみにデザインリコさんちでは、現在このクーラースタンド実使用モニターを募集しているとのこと。


販売予定価格15,800円のところを、モニター価格6,000円で求めることができます。


詳しくはこちらまで。







ちなみにこれは4.2キロ。ネイチャートーンズの鋼材製のクーラースタンドより大柄ですが1キロ以上軽いです♪ 










ワタシもこれら載っけてレポりたいと思います。ということで今週末はひさびさに野に出るかなと♪





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 















震災時7時間の徒歩帰宅時にも耐えた靴





数年前に入手して、ヘビロテしてた靴ですが…







ラ・スポルティバ。リンクスという名のトレランシューズ。






山道を走ったりはしてませんが、軽量で歩きやすくて… 





家族での日帰り登山では、その軽さに助けられ、スタミナ切れの末子を背負うことも出来たかなと…





また、この靴ではありませんが、3年前。


3.11の夜に30km超を徒歩帰宅した際も、ワタシの足元はトレランシューズでした。






他の靴だったらアスファルトオンリーで7時間超を踏破できたかは、疑問符が付きます。







いわば機能性の高い靴の類いということができると思いますが、


耐久性はそのぶん、やむを得ないところがあるかもしれません。









片側のつま先側に穴が空いてしまった… (T ^ T)







もしかしたらこれで直るかもと思い…





シルネットです。シャン5の幕体修理でお世話になりましたが、当然チューブ全量は使いませんから、残っていたもの。






リンクスの穴あき部分に塗布しましたが、これで直ったとしても、もはや山登りなどのハードユースには耐えられないでしょう。






ということで、新しい靴を求めました。








トレランシューズとしては4足目になります。





求めたのはこちら。





モントレイルです。フリューイッドフィール( Fluidfeel )。







圧縮成型のFluidFoam(フリューイッドフォーム)ミッドソールに、耐摩耗性の高いカーボンラバーのヒールが奢られており、


足の中心と前方には、軽量でスムーズな履き心地のブローンラバーが配置されています。









これすでに廃盤で、2013年現行型? のフリューイッドはこっちの方。






左がメンズで右がウイメンズ。実は現行型の方が安いんですが…








意匠としては旧製品の方が琴線だったし、楽天でもすでにこれが最終在庫っぽかったので購入に踏み切りました。




サイズとしては、普段履きよりワンサイズ上の方が良いらしいんですが、


過去の経験則から大丈夫だろうと考え、普段履きサイズを求めたら…






問題ナシ。モントレイルは3足目ですが、いずれもサイズは26.5でピッタリです。


ただし甲高や幅広な足の方はワンサイズ上を求めた方が良いかと思います。







これでいつ徒歩で30km歩くことになっても大丈夫。





もちろんトレイルとしての話。徒歩帰宅はもう嫌ですからね (^_^;







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 

















サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ