パワフルな薪を戴いちゃいました






設営中、ある方に声をかけられました。






日曜日の午後です。このタイミングで、電源サイトで設営しているのはウチのみでしたが… 




近くで小振りな薪ストーブを使ってたデイでソロなバイクキャンパーさんがいて、


「これ余ったので使ってください」と言い残し、撤収されて行きました。






実物を見るのは初めてかも。





オガライト。おがくずを固めた成形薪です。






ウワサは聞いたことがありましたが、確かに良いかも。後で使用したレポも書くことになると思います。ありがとうございました m(__)m






ところで青根キャンプ場、電源サイトだけでなく色々と施設設備に手を加え、


リニューアルを図っている様子。






道志川河畔に造られた新造のフリーサイトの入口には、売店か受付と思しきコテージっぽい建物があり。




その手前には、新たに作られた水場があります。








字がかすれてますが、飲料水専用で洗い物はダメということらしい。排水は地面に染み込ませるだけっぽいです。





しかしこの水場、うれしいのは排水面と蛇口との距離が離れていること。





イグルーの5ガロンジャグも、ホースを使わずに給水できます (^。^)





サイトは目と鼻の先なので、あえてジャグ使わなくても済みそうな距離なんですけどね (^_^;







電源サイトの奥には、まだ手付かずの場所も。








この高台には、春先にスタッフさんから「パオができる」と聞いてましたが、まだまだみたいです。





他にもリニュされた施設があり、レポしたい場所もいろいろある感じですが、






日が暮れて寒くなる前に、ストーブも確保しておかないとなりません… (^_^;





ちびストーブの仕込みを進めます。


 





煙突が無事に立ち、アルパカも点いたところで… 





車中で待機してた末子に声をかけ、ジルコンの中へ移動させます。






書くのを忘れてました。今回はひさびさのペアキャンプ。お兄ちゃんは学校があるのでワタシと末子だけ。



青根は河畔の立地ですからね。車中で待機させてました。







時刻はもうすぐ5時。





画像だと明るく見えますが、実際はもっと暗め。もう間もなく日が暮れ始めます。





ビールを戴きつつ… 









639C、3基を同時に点灯させると… 











一気に光源が手元に近くなります。






カメラもようやく本来の陽光の少なさに気付いたようです。







煙突ネットガード、キャンプで薪ストーブ使う時に幕体避けにもなりますよ。






にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン


良いと思ったらクリックお願いします♪ 












関連記事

青根の新区画サイトの広さは何平米?



先々週の森と湖の楽園では、最終日の朝に雨に祟られ、






この幕体は、ややしっとりした状態での撤収でした。





マッドスカートのあたりのPVC生地とか、


まだ完全に乾き切っていない部分もあるかもしれませんが…





青根キャンプ場の電源サイトで、まずジルコンのフロアを広げます。





これ、だいたい5メーター強の直径があるので…





フロア敷いた状態でのサイトの余りは、タテが4メーター、幅が3メーターくらい。





ちなみに受付でもらった案内図で見てみると…





「キャンプファイヤー」とあるところに、電源区画サイトができてます。





もう一枚もらったサイト図。具体の位置はここ。





7番サイトということ。いちばん出口側ですね。





場所により多少の差はあると思いますが、青根キャンプ場の電源区画サイト、


だいたい70平方メートルちょいくらいの広さがあるということでしょう。





で、ジルコン本体をサックから出すと…





やはり水分を含んだ状態でたたんだ後というのがわかりますね。しわくちゃだし… (^^;;





これはテンション強めにかけないと、しわが伸びないかなと思いつつペグダウンし、


ポールを持って中に入り、幕体を起ちあげますが… 





この後、予想外の苦労が待ち受けてました。







水分含んでるということは、重さも増すということです。ポールで幕体を持ち上げる時に重いのなんのって… (T ^ T)






やっとこさ、ジルコンを起ち上げて…








いよいよAC電源を使用します。




青根キャンプ場で電源が使えるようになる日が来るとは…





ここでホッカペを使えるなんて、夢のようだ… (T.T)






これで寝てる間も寒くありません♪





ホッカペの上にエアベッドを置くと、中の空気が暖められ、マット上のどこで寝てもまんべんなく暖かさを享受できるんですよね。





ところでジルコンのスカート部分ですが…








この時点では乾いてますが、やはり広げた時点では少し濡れてました。





ま、がっつりテンションかけて張ったので、






晴れの予報通りなら、明日は乾燥撤収が適うでしょう。





そんなことを考えながら設営を進めていると…





突然声をかけられて、ある戴き物をしちゃいました ^_^








にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン


良いと思ったらクリックお願いします♪ 




関連記事

青根キャンプ場の新造電源サイトはどうなっているかというと…





土曜日の代休が取れて、日曜日から道志みちへ。







いつもなら、反対がわの上り車線の混雑の中にいる頃。日曜の午後1時半過ぎです。







ダイエー津久井店で買い出しを済ませて… 






国道413号線を少し外れた、道志村も近い神奈川県内。このあたりもかなり紅葉が進んできましたね。






やってきたのはこちら。






この受付に見覚えのある方も少なくないでしょう。青根キャンプ場です。






今回は青根のあるサイトを事前に予約してから来ました。




青根キャンプ場は従来、テントサイトは予約を受けていなかったんですが、


ある設備がオープンしたんですよね。







敷地内のこの坂を登ると、それがあります。






予約サイトの立て看板がなにやら照れくさい… (^_^;










これはAC電源ボックス。青根にも電源付きサイトができたんですよね。






電源サイトの場所は高台になっている新造の敷地。





昨冬あたりから「電源付きサイトを造るよ」との情報は、スタッフさんがリークしてくれて、何度か書いてましたが… 






夏場のキャンプシーズンは激混みの人気キャンプ場です。現認しに来るのがこの時期までずれ込んでしまいました (^_^;







ちなみに電源ボックスは施錠されており… 





チェックイン時にカギを受け取らないと、ボックスを開けることはできません。










ボックス下部から電源コードを差し込める穴があればいいのになと思いました。これだと雨天時は中に浸水してしまうかも。












じゃ、設営しますか。






これまでは、青根は全面フリーサイトだったのが、区画サイトができたということでもあります。





気になる広さはというと… 続きの更新で。














にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン


良いと思ったらクリックお願いします♪ 





関連記事

2年乾燥のナラ薪をあのキャンプ場で試してきます












11月初旬の森と湖の楽園でのキャンプで、ナラ薪の魅力を思い知ってしまい… 





楽天でこれを見つけたので、思わず買ってしまいました。








コナラの薪の2年モノ。2夏を自然乾燥させたものだそうです。






箱入りで20~25kg程度ということでしたが、ウチに届いたのは… 





23kg入り。冬キャンプで2晩くらいは保つ量かな。






薪自体は1500円ほど。20kg超なので送料がかかるのはやむを得ません。ポイントで相殺されたし、道志まで薪を買いに行くガス代よりは安いかなと。





じゃ、開梱してみます。










確かにしっかり乾燥した感じ。





樹皮もよく燃えそう (^。^) 





カビや汚れからも、2年の月日を感じますが… 








やはり木目が詰まってます。これは良く燃えそうだし♪ 







で、何本かを箱から出して観察したのちに… 








箱に戻そうとしたら、収まらないし… (^_^; 





仕方ないのでこのままで車載して、今日はこれから出撃です。





あの人気キャンプ場に、電源付きサイトがオープンしたらしいので。土曜日に仕事を頑張ったおかげで、日月と休みになりましたから。





ちなみに薪を求めたのはこちらのお店。





まきはうすさん。




500kgぶんでも配送してくれますが、ウチが大量購入するなら軽トラ借りて道志に行ったほうが安いかな…。





岡山のお店で実店舗でも販売しているとのこと。近所の方にとっては、お得かもしれませんね。





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン







リコさんちのテーブル、オススメします♪











関連記事

ヘッ電に赤LEDがある理由って知ってます? 





夜間のキャンプ場での移動や設営の際、これはやはり必需品です。






ヘッ電。いわゆるヘッドランプ。








これは椿荘ACだったかな。キャンプ場によっては、照明が少ない場所もありますからね。







特にお子たちを安全に風呂などへ連れて行くには、欠かせない装備です。







こちらはSILVA(シルバ)のシジュー。





ボタン電池式なので、わずか30グラムの重さしかないヘッ電です。




 しかし、





ボタン電池稼働がゆえ、点灯前は一瞬ためらいます。電池切れたら捨てるにも困りますから… ^^;





通常の電池式ヘッ電、以前はこれがあったはずなんですが… 






ブラックダイアモンドのギズモ。廉価なヘッ電ですが、単4電池三本で点くのはありがたい。




単4三本なら充電式の電池を使えるし、充電池を忘れても、100均でお安く求めることができますが… 





これキャンプ道具箱の中から見あたらなくなってから、すでに半年以上。どうやらお子たちに、無きモノにされてしまったようです。




 仕方なく諦めて… 





新しいのを買いました… (T.T) 






エルブレスのオンラインショップで求めたのは… 








同じくブラックダイアモンドのコズモ。





パッケージにあるスペックはこんな感じ。





40メーター先まで照射可能で、単4電池三本で250時間保つとありますが… 





何より欲しかったのはこの機能。後で触れます。




外観は光沢があり、かなりプラスチッキー。マットな質感だったギズモのほうが好みだったかなぁ…






さっそく付属の電池をインストールし…





パチンとボディを閉じます。








なんというか… ガンダムっぽいなぁ (^^;;





…で、いよいよ点灯。





まずはいちばん明るいモード。センターの大口径LEDがシングルで点きます。





70ルーメンの光量は、ペツルのジプカあたりと同スペックです。





続いて2LED灯での省エネモード。2灯だけど消費電力は抑えられており、こちらで稼働させると250時間保つらしいです。




しかしこれじゃ、違いがわかりませんよね (^^;;





なので夜間に自宅の壁を照射してみました。





これがシングル大光量モード。





そしてこれが省エネモード。





省エネモードは焦点が近くなってるのが分かります。キャンプ場での移動なら、省エネモード固定でもいけそうです。





で、これが欲しかった機能。





最新のコズモには、赤色LEDが付いたんですよね。





これだと白色LEDで照ほどまぶしくない。夜間の山小屋でトイレに行きたくなった時など、周りにまぶしさを感じさせず起こさずに済みます。






お子たちが寝入った幕内でも使えるということです。





今日は残念ながら土曜出勤のため、キャンプに出られませんが… 





日月曜で休めることになりました。さっそくコレ、試してきます。






…今日は6時前出勤です。コメ返 遅れます。スミマセン (m_m) 













にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン


良いと思ったらクリックお願いします♪ 




関連記事

標高差の美は道志みちで分かります





朝6時半にはあれだけ降っていたのに、嘘のように止んでくれて… 





晴れ渡りました。  






心配してたジルコンのスカート部分。ここだけコットン混紡生地ではないので、雑巾で拭き上げてます。






全体的に多少のしっとり感は残りますが、なんとかたためる状態と判断し… 





テンティピを仕舞います。





森と湖の楽園のオートキャンプサイト、チェックアウト定刻は11時です。





1時間もずれ込んでしまった。スミマセン (m_m)



これで帰路に就けると思ったら、





お子たちにはもうひとつ、心残りが…





キャンプ場に住み着くノラネコってけっこう多く、森と湖の楽園も例外じゃありません。





実は初日の晩から何度も姿を見てました。サイト近くに来た時は、猫好きな我が家のお子たちが追っかけてたりして… (^^;;





確かに可愛いかなと思います。よく人に懐いてますし。お兄ちゃんが物心ついたくらいの頃まで、ウチにもニャンがいたんですよね。






後ろ髪をひかれるお子たちでしたが、ニャンに別れを告げて、走り出し… 






河口湖インターに入る前に、こちらで昼食。





富士五湖近くで寿司というのも何だかなぁだけど… (^_^;





ファミキャン後は寿司というの、わが家のお約束です。仕方ありません。







昼食後、富士五湖道路を走ります。





リニア実験線の高架下を通過。いつかこちらの見学もできたらいいなぁ。ぽぉーさん、今は公開していないんでしたっけ?





中央道に入り、談合坂で休憩した後、連休最終日に付き物の渋滞が始まったので… 





中央道を相模湖ICで降りて国道20号、413号線へと抜け、帰路を辿ります。







その途中、ひさしぶりにこちらへ寄り道です。





津久井湖城山公園。







ここに寄るのはキャンプを始めたばかりの頃が最後と思います。6、7年振りに来たことになるかな。





庭園の整備が行き届いてます。ランタナの花が美しい… (^。^) 





ひととおり公園内をまわり、トイレと観光センターで買い物を済ませて、


外に出たところで気付きました。






津久井湖畔あたり、標高80メーター弱の地では、紅葉はまだまだこれからのようです。








下は3日前、おなじ国道413号線沿い。





ただし標高にして、700メートルくらい違うはず。





標高差はあれど、30km違うと同じ国道沿いなのに、こんなにも違うものなんですね。今がいちばん標高差を、視覚的に捉えやすい時期なのかもしれません。





…で、自宅へ戻りましたが、





実は、最近のキャンプで、


ずーっと気になっていることが、ひとつあります。







どうも最近、キャンプ道具入れの中で見あたらないものがありまして…




下のLEDハンドライトで代用してました。





ずっとコンテナの中などを探していますが、ここまで出てこないと言うことは、アレ、なくしちゃったらしいです…(T.T)





仕方なく、再度買うことにしたという次第。楽園キャンプには間に合いませんでしたけど… (T.T)





何を無駄買いしたのかというと、それはアレ。







灯り系です。道志の森とか椿荘ACあたりでは必須なモノ。ひさびさの道具レポへと続きます。










にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン


励みになります。ぜひともクリックをお願いできたらと… (^∧^)  




関連記事

ナラ薪はストーブにも良いのかもしれない




まだ時々小雨がぱらつくものの、天気は回復傾向みたい。







ジルコン、けっこう乾いてきました。やはりこの幕体は雨に強いです。





ただしまだ畳むには早い気がします。もう少し待つことにして、先にもうひとつの大物を片付けることに。







冬キャンプの撤収でいちばん大がかりなのはコレ。ちびストーブ一式です。





前回の道志の森で使ったあとは、煙突のメンテをはしょってました。






道志の森撤収時の画。巻き式煙筒は煤を処理せず、オガワデフォルトの煙突パーツに巻いてます。






メンテをはしょったのは、面倒くさかったからじゃありません。





2回使用につき1回メンテにした方が、筐体や煙突の材を傷めつけないと思ったから。3年半、ちびストーブを運用して、やっと気付きました。






思い当たった結果は正解だったかな。



前回のキャンプを含めて3泊4日で煙突内部についた煤は… 





それほどひどい状態ではありません。





これもナラ薪を使った効果かもしれません。





火保ちの良いナラ薪を多用したことで、熾火の時間が長く続いたことになります。





これは念のため、ちびストーブ近くに薪を置き、輻射熱で乾燥を進めてる画。表面しか乾かないでしょうけどね。






長く燃えるナラ薪のおかげで必然、煙突が冷やされる時間も少なかったはずですから。






2本の巻式煙筒の結束をほどくと…





案の定、乾いた感じの煤け方。





3泊ぶんの煤汚れは、これ一発で楽に落とせました。





ちびストーブの筐体に…





煙突・煙筒を突っ込んで焼くだけ。






ほんの15分程度焼き入れて、こんなにキレイになりました。






粉ふるいでの灰漉しも終えて、ちびストーブ撤収完了♪





パパがストーブと遊んで 格闘している横では…






お兄ちゃん、ヘリノックスを仕舞ってくれてました。





そして 時過ぎ、期待してなかった青空も見えてきたし… o(≧▽≦)o





朝の時点では諦めかけてた乾燥撤収、なんとか叶いそうです。





にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン


森と湖の楽園キャンプレポ、もう1日だけ続きます♪ 










これがあればもっと撤収は楽かもしれません。でもなかなか手が出るお値段じゃないしなぁ… (^_^; 







関連記事

コットンテントの幕内は雨の時にどうなるかというと…





森と湖の楽園、2日目の夜は過ぎていきます。






既に日付が変わる頃。ナラ薪の残りも少なくなってきましたが、夜中にこの薪を燃やし始めれば、幕内の暖かさは多少は長持ちするでしょう。





雨は降ったり止んだり。





この20kgの幕体を濡れたまま持ち帰ることは、あまり考えたくない。明朝早めに雨が止むのを祈りつつ… 






CO検知器も動作させてるので、アルパカくんも点いてます。









幕内の温度が30度に達したことを視認した後、ワタシも休むことにします。







そして翌朝。6時半頃。





前夜は遅くまで起きていたのに、不思議と疲れとか睡眠不足を感じません。スタミナというか、漲るものを感じます。ジビエをいただいたからかな?






ただ、残念ながら祈りは通じず。





この時点で、かなりの勢いで雨が降ってるし… (T.T) 





ジルコンを見ると、みごとに濡れたコットンの色。





これ乾くかなぁ… 





外側はかなり水分を含んでますが… 






幕の中はまったくの別世界。





濡れているのは分かりますが、雨が染みてしたたることはありません。コットンテントの威力を思い知りました。





お子たちも起きてきたので… 











朝メシです。





昨夜の残りの吉田うどんに、朝になって新たに麺を足したもの。





温まるなぁ…(^。^) 





やがて雨は小降りになり… 







幕内で暖房を使っているせいか、少しずつジルコンは乾いた色に変わってきました。






…が、





こっちはなかなか乾きません。ノルのテントウイングはPVCですからね (^_^;









ジルコンのコットンではない部分もまだ雨粒が残ってます。






果たして雨はこのまま上がるのだろうか… 続きます。







にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン


良いと思ったらクリックお願いします♪ 












関連記事

冬キャンプはお燗ってアリですか?




楽園2日目の夕餉は続きます。







ダッチオーブンでは吉田うどんが出来上がりました。





つまみに馬刺をいただいた後は、これも焼きます。





きこりさんちでいただいた鹿肉。解凍して2日目なので加熱調理。馬と鹿を同時に戴くということで、馬鹿肉の競演です(笑)





塩は遠めから振り…
 





コショウは近めから振ります。





きこりさんちで教わった味付け方は、塩コショウだけでイケルとのこと。







スキレットで加熱して… 








念のためウェルダンで。奥の生肉はまだ焼く前のものです。






昨日刺し身で食べた時より、肉の熟成を感じる味でした。ガーリックがあっても良かったかもしれません。





トウモロコシは北海道産。








豚カルビも炙りました。






日本酒の燗も進みます。





冬キャンプでお燗は初ですが、これはアリですね。





…で、トウモロコシを食べた後は当然、芯が残りますが、








炉内に放り込めば、これもちびストーブの燃料になります。






時刻はもうすぐ7時というところ。突然のぼつぼつという音がしたと思ったら… 





予報通りでした。やっぱり雨が降ってきた… 





予報ではこの後、月曜の振替休日は雨の1日。





明日は、雨の撤収になるかもしれません… 





パパの心配を余所に、夕餉のシメにデザートを炙るママさんと末子。焼きマシュマロです。





カメラのレンズにも水滴が… (^_^; 







この後、小振りになったところを狙って風呂へ行くことに。








まずは男子チームが管理センターの風呂へ向かいます。











この夜も楽園は団体客の利用予約が入っているとのことで… 





森の居酒屋は大盛況の様子。ということは… 





今日も風呂は貸し切りでした (^。^) 








温かく、清潔なお風呂。これがあるとないとでは、楽園のキャンプ場としての魅力は大きく違ってくると思います。





男子チームが温まり、サイトに戻ったら、次はママさんとお姉ちゃんが風呂へ向かいます。





火の番、ありがとう。






しかし雨は小降りながら続いてます。やっぱり明日は雨撤収かな… (T.T) 







にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン


励みになります。クリックお願いします♪ 












関連記事

河口湖近辺キャンプじゃ最強の買い出し先かなと





楽園2日目の夜。午後5時半前だけど、もう真っ暗。






光量の大きいケロシンランタンを点けると尚のこと、画が暗く写ります。





ちびストーブにはナラ薪を投入。





やはり火保ちは良いです。




冬のファミキャンは荷物が多く、車載スペースの余剰も少なめです。



「燃焼効率の良いナラ薪のほうが暖かいよ」とのきこり店主さんのアドバイスは正解でした。


安価な広葉樹薪や杉薪では、11月に河口湖近くのキャンプ場で3日間の暖房をまかなうには足りなかったでしょう。









楽天にこういうのもありました。20kgは2~3日分くらいかなと。北海道からの配送で、関東圏は1,000円、関西圏は1,100円の送料がかかりますけど。





この後で少しだけ薪が足りなくなり、楽園の薪を求めましたが… 





明るい時に撮ってあった画。元は建築端材かな。





細いしすぐに燃え尽きてしまうし何より高いし。森と湖の楽園に来る時は、薪や炭は別買いしていった方が良いかも… (^_^;





で、どんどん暗くなるので急いでこっちの火も熾します。





富士河口湖町のベルに入っているスーパーセルバで求めてきた木炭。3キロで398円でした。






幕内のちびストーブ上では、ママさんが焚火缶やダッチで別メニューを仕込みつつ… 







ふじやまビール館PLATZで求めてあった、これをいただきます♪ 





ふじやまビールのピルスナー。1リッター缶です。





富士の地ビールです。やはり水が良いんでしょう。メチャクチャ美味くて、2人であっという間に1リッターを空けてしまった。








これも売ってました。2リッター瓶。フタはヒンジ付きでボトルの再利用もできるし、こっち買えば良かったです… (^_^;






炭に火が熾きる前、ダッチや焚火缶の料理が出来上がるのを待つ間に、


やはりセルバで求めてきたこれをツマミにして… 






山梨県に足繁く通うからにはいつか食べたかった。馬刺しです。





昨夜の鹿刺しより明らかに淡泊な味わいは不思議。鹿肉にはなかった脂身があるのに。




野生と非野生の違いを、舌で感じます。





お子たちも食べたがったので… 





ジビエ(狩猟された野生の鳥獣肉)な生肉ではない馬刺しなら、安全だろうということになり… 





馬刺初体験中。



しかし魚介とは違う畜肉の刺身です。この旨さはまだ分からないかな… (^_^;





やはりお子たちはこっちのほうが良いようです。地場産のソーセージ。メーカー名は失念してしまいましたが… 





面白いのは「茹でてから焼いてください」と説明書きにあったこと。と、いうことで茹でてから炙ってます。





これなかなかの歯応えでした。ワタシは一本しか食べられなかったけど… (T.T) 






焚火台の上では炭火の熱を利用して、スキレットも温めます。





その奥には… 





SPのケトル No.1でお燗です (^。^) 





これもスーパーセルバで見つけました。萬屋醸造店謹製で、春鶯囀(しゅんのうてん)という山梨の地酒。お燗が美味しいらしい。







ちなみに徳利とお猪口も、ベルに入っていたダイソーで求めたモノ。





河口湖でキャンプする時は、かなり使えるスーパー。事前にキャンプ場の手前で買い出ししていく必要がありません。





ベル、オススメです。ちなみにフードコートやジュピターという○ルディっぽい輸入食材店も入ってます。






夕餉はまだまだこれからですが、キャンプでお燗したくなったらこれもオススメ。ちょうど良い大きさだし、何よりSPにしちゃ安いし♪ 








にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン


良いと思ったらクリックお願いします♪ 












関連記事


サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ