コットン混紡テントの結露は本当に少ないのか?







時刻は午前5時40分。道志村の新しいキャンプ場、レストリブレの朝。







新しいキャンプ場で新幕のデビューでした。





前日は設営しようとしたら通り雨が降り始めて、それが止んでからジルコンを初張りしたのですが、









設営後は雨に降られず。寝ている間も大丈夫だったようです。






しかし… 





レストリブレは全面が芝サイトです。





雨が止んだ直後に設営したとなれば、当然こうなります。





結露です。芝も呼吸していますからね。








ジルコンの生地はコットンとポリエステルの混紡素材であるBreathable Cotpolmex C.





この素材は一般的なポリエステル素材に比べ「呼吸」するため、他のナイロン幕と比べれば結露は少なめ。





思い出すと、例えば先日の青根でのソロでは… 





やはり梅雨期で芝サイトでしたが、雨はまったく降らず。






…にも関わらず、朝にはMSRツインシスターズの中はこんなに結露してました。だらっと垂れる感じの露です。





ポリコットンの混紡素材であっても結露はしますが、


じたいが呼吸するため、最小限の結露で済むんだそうです。







やはり販売元が謳うように、最小の結露なんでしょう。結露の粒の細かさが、それを物語っているようです。






6時を回る頃、やっと陽光が差してきましたが… 








この後、コットン混紡生地のスゴさを思い知ることになります。






そしてこの機能。









内部から操作できるネット付きダブルトップベンチレーションは6つの稼働域があり、


内部の低い位置から微調整が可能です。






6本のコードを操りトップベンチレーションを任意のカタチに開けば、幕内の空気の循環を促すことができます。





ほぼ全開状態。これで幕内の湿った空気もかなり抜ける筈。






てなことをやってたら、ごそごそと… 





お子たちを起こしてしまったようです。



朝メシは仕込んであります。いつでもコイです♪








 


15も9も7月1日の9時59分までポイント10倍らしいです。ウチもこのタイミングで買えば良かったなぁ… (^_^;








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン







天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ 送料込みに値下げされてますよ。












サイトから徒歩30秒・美しい炊事場のあるキャンプ場








道志の新しいキャンプ場、レストリブレの夜。







花火も終え、美味なイベリコ豚も食べ尽くして、もうすぐ午後9時。






テンティピのインナーにしたマーモットのテントの中で、そろそろ末子が眠たそうにしてました。







彼はもうオネショはしないのですが、それ以前に就寝前にトイレや歯磨きをさせたいので… 





幕体を出て、レストリブレのトイレ兼洗い場へ向かいます。






レストリブレの母屋を見上げつつ、







サイトからは徒歩30秒。





ウチは6番サイト。貸し切りだから全部使ってもいいと言われてましたが、1サイトだけでも巨大なジルコンが収まってしまった… 







まずは炊事場。





母屋がせり出していてその下なので、雨が降っても濡れません。





お湯は出ませんが、洗剤常備でした。







そしてトイレ。







洋式便座がひとつだけですが、8サイトしかない小さいキャンプ場です。





ウォシュレットは道志では珍しくなくなってきましたが、あるとないとでは大違い。暖房も備え付けられてます。


暖房があるということは、冬場もオープンしているということかな…








末子のトイレが済んだら再び炊事場に戻りますが、






流しには子ども用の踏み台があります。歯磨きさせるのにちょうど良い♪





流しの横にはゴミ箱類。








瓶・缶のたぐいは捨てていけます。






黒いバケツは炭捨て用。







もちろん生ゴミ用のバケツもありました。







道志のキャンプ場でコンクリ打ちっ放しで、こんなに天井が高い炊事場って貴重かも。





これからの季節、不意のゲリラ豪雨に降られたりした時の逃げ場にもなりそうです。






サイトに戻り、そろそろ9時半ちかく。








お子たちは電池切れ。マーモットの中であっという間に寝息を立て始めます。





パパはもう一本、ビールをいただいてから… 








しかしやっぱり腫れてきちゃったなぁ… 





ブヨ被害。刺されてすぐにブヨを潰したんですが、油断せずに毒を吸い出せばヨカッタです。









もちろんこれも持って来てたんですが、すでに後の祭り…(T.T)





外に出て見上げると、レストリブレ母屋では、まだまだ宴が続いている様子。











気付けばお子たちが寝入ってからあっという間に1時間ほど。





ワタシもそろそろ寝ます。おやすみなさい。







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ







天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ 送料込みに値下げされてますよ。












ファミキャンの花火でゴミを出さない方法



今年できたばかりのレストリブレにも、他のキャンプ場と同じく、


花火を楽しむためのルールがあります。






打ち上げ花火はアウト。手持ちのみ許可されてます。





いつものようにSPの焚火台に薪火を熾し、これを火種にします。





ローソクとかキャンドルだとすぐに消えてしまうので、最近はもっぱらこの方法。








燃え尽きた手持ち花火も、焚火台の炉内に放り込んでしまえばゴミにならないし♪ 














去年あたりは、まだ幕体に火を向けたりしてましたが、





パパに言われなくても、テントに花火を向けてはいけないということが、そろそろ分かってきたようです。











キミの初花火の時は、後ろからママに手を添えられてたことを憶えています。






花火を持って走り回るようになったんだなぁと… 







で、花火が終わると案の定… 





「お腹へった~」と言い出したので、これです。





スペイン産のイベリコ豚。





ダイエーで求めておきました。なかなか良さげなサシが入ってます♪ 






炭火の直火で炙っても良かったんですが、フランベするプランが閃いたのでフライパンで。







オリーブオイルでソテーして… 








品質の良い豚肉です。ミディアムレアを目指してます。






ワインなどがあれば良かったんですが、あいにく切らしており、これで風味付けします。 








焼き肉のタレですが、フライパンに回し入れ、強火で炙ればいい香りが出ます


が、素材の良さに救われたかな… 





道志だし、クレソンでも添えれば良かったかなぁ… 





お子たちがつまめるよう、一口大にカットして…









うーん、旨い♪





確かにミディアムレア。若い頃、ステーキハウスで培った腕は落ちてませんでした。





自己満足に浸るヒマもなく、末子はそろそろ眠たいらしい… 







幕体を出て、就寝前のトイレに連れて行きますが… 






レストリブレ、トイレもキレイでしたよ。次の更新で紹介します。















本日多忙のためコメ欄を閉じてます。コメ返も遅れます。スミマセン(m_m)




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン







天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ 送料込みに値下げされてますよ。



テンティピとスーパームーン



午後7時ちょい前、サイトに戻りました。







ジルコン天頂部のベンチレーターを開けると、涼やかな夜風が幕内を通ります。





お子たちはインナーテントにしたマーモットの幕体の中で、ゲームに興じてますが、





お腹は減ってるらしく、リクエストの声が上がるので… 





まずはコレ。





昨夏も買ったっけ。






ダイエー津久井店で買える、枝豆の浅漬け。


これ、癖になる美味しさです。






半額でしたが今日じゅうに食べてしまうなら賞味期限内。とりあえず自宅のとは違う、変化球なエダマメを皿に盛って、





もうひとつ、やっておくべきことをやっときます。


まもなく暗くなるのでその前に、灯りを確保しておかないとなりません。







いろいろと課題の多い古ペトで、マントルはまだ届いてませんが… 





やむなく現状の国産製・代替マントルのまま、点火の行程に入ります。





HK500用のポンプアダプターを取り付けてありますが、HK250でも使えますよ。








チャリの空気入れでの加圧が、適正値に達したようです。







プレヒートカップにアルコールを注ぎ入れて予熱しますが… 





なんだろう… 





この日はペトの灯力は、国産の代替マントルにも合う感じでした… (?_?; 





古ペトが気まぐれなのに対して、こっちはバリバリの実力派というかタフというか…。





同じケロシンランタンでも、かなり使い勝手が違います。639Cってスゴイかも… 






しかしランタン点灯に腐心したワタシの横で… 




美味しいエダマメは、確実に減ってました。








ふと気付くと完食だったし (^_^; 






父のいろんな気持ちとは裏腹に… 





「ボクはもうお腹いっぱいだから、アレをやろうよ~」と末子が言い始めます。





アレとはアレです。





夏のファミキャンのお約束、花火ですね。





後で「おなかへった~」と言うのは目に見えてますが、焚火台に火を熾します






この後のことも見越し、薪だけでなく炭も混ぜておきました。





この判断は正解でしたけど。






コットンテントである、ジルコンの中で焚火することも可能ですが、





花火の着火用だし、いきなり焦げ臭くなるのもどうかと考え、この日は止めときました。







ここで気付きましたが、この日はミョーに月がデカイ… 








帰宅してから知ったことですが、この日はスーパームーンの前夜でした。











花火の飛び火もまた、綺麗なモノです。












にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ







天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ 送料込みに値下げされてますよ。












風呂がスゴすぎるキャンプ場





この日のレストリブレはほぼ貸し切り状態でしたが、約束の時間は守らないといけません。






初張りしたジルコンを後に、午後6時すぎに風呂へ向かいます。





サイトから徒歩1分ほどで、レストリブレの母屋入り口へ… 









チェックインの時に入浴料は支払い済みです。





フロントに挨拶をして、2階の風呂へ… 












ここ、風呂上がり後の待ち合わせ場所になるようです。








風呂は2階と思ったら… 踊り場からさらに半階上でしたが… 






なんと男湯と女湯に分かれてます。





キャンプ場なのに風呂が男女別にわかれているのはスゴイことですが、


ここはホテルなので、当たり前と言えば当たり前。





ただしこの日は利用者が少なかったためか、男湯のみ開いてるということでした。





中にはいると… 





ホテルですからね。脱衣場のアメニティは充実しています。















ひげ剃りや綿棒があるのも道志みち沿いでは珍しいと思いますが…





ブラシだけでなく、消毒器まで置いてあるのは驚きました。道志みち沿いでは、他では見たことないし…








いやしの湯や紅椿、道志の湯でも、ここまでの備えなどありません。






もちろんお風呂も… 





温泉ではありませんが、清潔さが気持ちいい♪ 














カランは4つ。シャンプー、リンス、ボディソープはしっかり備えがあります。






さらに小振りですが… 





なんとサウナまであるし。




いままで道志みち沿いのキャンプ場では、風呂があるだけでありがたい感じでしたが、


レストリブレのは、そういうレベルではありません。



ここまでの充実した入浴設備を見て思ったのは、初めてキャンプする方は、ここには来ない方がいいかもしれないということ… 





レストリブレ以外のキャンプ場に行ったら、幻滅してしまいそうだし…(笑)






母屋のフロント近くには展望レストランもありましたが、





晩メシの用意を買ってきてしまったので、利用せずでした。











お品書きにあったメニューはオーソドックスなレシピでしたが、良心的な価格帯でしたよ。





じゃ、サイトに戻って晩メシにします。





リーズナブルだけど美味しいオニクを買ってありますから♪








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン







天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ 送料込みに値下げされてますよ。








ジルコン15初張り♪




設営しようと思ったら降り出した雨… 







レストリブレのご主人も心配して様子を見に来てくれて、


「雲行きとしてはすぐ晴れそうな感じだけど、万が一雨が止まなかったら、ホテルの釣り客用の雑魚寝スペースも空いてるから、


そっちを使っても良いですよ」と言って頂きました。






できれば新しい幕を設営したいので、そのご厚意に甘えなくて済むほうの展開を祈りつつ… 





なんとかするしかないなぁと思いつつも、 





諦めに近い気持ちで、オーニングの下で 第3の ビールを開けていただきますが… 





さすが道志の地元の方の見立ては正しかった。





往路ではまっ黒な雨雲を見ましたが、どうやらここへは来なかったみたい。通り雨で済んだようです。







雨が止んだので、いよいよジルコンを設営します。





パッケージにはペグの仮打ち用のガイドが同梱されており… 





真ん中にペグをうち、白い紐を通して対角線の延長上にペグを仮打ちするよう、






ペーパーのガイドには記されてます。















紐には 5、7、9、15 の刻印があり、各サイズごとに幕体外周の大きさに合った場所にペグを打てるようになってますが… 





ジルコン15は16角錐なので、このガイドだと8角錐までしか対応しておらず、役不足の感が否めません。




ところで同梱されているのは、このガイドだけでなく…








USBメモリもあります。


この中にデータでリファレンスなどが入っているらしいですが、わざわざ見もせず… 








ガイド通りにペグを打っても、結局はワンポールテント。





微調整で何度かペグ打ち直す必要があるのはゴーライトのシャングリラと同じでした。






ちなみにシャングリラ5では8箇所のペグダウンが必要ですが、ガイドなんざ付属しません。カラダで憶えた感じでしたけど。





で、いよいよ… 





「起ったよ~」と教えると、お子たちも「待ってました」とばかり中へ♪ 





さすがに高さ3.6メーター。ボンゴフレンディのAFT天頂部より高いです。







パパがある操作をした後でお子たちを呼びましたが… 







ジルコン15のベンチレーションは幕体下部に一箇所と、








天頂部のふたつのみ。3メーターの高さにあるベンチレーターは、幕内のコードで自在に開閉できます。





後で詳しく書きますが、これは感動モノでした。





このふたつのベンチレーションと、メッシュになる出入口からの吸気もあり、内部は自然な空気の流れが起きるようで、涼やかな感じ。


欲を言えば設営前に雨に降られなきゃ、湿度も低く感じ、もっと快適だったことでしょう。






で、インナーテントにマーモット ライムライト3をフライ無しで入れ込み…







リコさんちのテーブルをぶっこみ… 







クーラーやジャグ、コンテナの類いも配置し、








コットを置いてもまだ余裕があります。5人くらいならゆとりを持って過ごせそうな広さ♪ 






…と、ここで時刻は夕方6時を回っていたことに気付きました。






レストリブレの風呂を6時から予約してあったことを忘れるところだった… (^_^;





ということで風呂へ向かいますが、間違いなく道志みち沿い最強の気持ちよさでした。








あの高規格さで風呂が綺麗なことで有名な、某ピカ系列より高いクオリティだと言い切れます。




続きます。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ







天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ 送料込みに値下げされてますよ。



ブヨにも効く最強の蚊取り線香




今回訪れたのは、リストリブレというキャンプ場。





今年の4月に、道志みち沿いのこのあたりにできた、新しい宿泊施設。


しかし上の画ではわかりにくいですよね。








道の駅どうしから、道志みち沿いにある看板を曲がって1キロほどです。





道志みちを曲がる場所には、道志の森キャンプ場やラビットオートキャンプ場といっしょに看板があります。





…で、上で宿泊施設と書きましたが、






実際のところ、ホテルに併設されたキャンプ場と言ったほうが適切かもしれません。









左側、山の斜面というか法面というか、立派な木造のホテルがあり、右下にグラウンド様のキャンプ場があります。





サイト数は8つのみですが、





ここ道志みち沿いでは珍しく、なんと芝サイト♪






道志みち沿いでは神奈川県の青根キャンプ場が、サイトの芝化に乗り出したところですが、


レストリブレのキャンプ場は、出来た時から芝サイトということになるようです。






ホテルのフロントで受付した時は、サイト横の駐車場に案内されたので、車を乗り入れてはイケナイのかなと思いましたが、






後から「今日は貸し切りだし、中に車を入れても良いですよ」と、わざわざ伝えに来て頂きました♪ 





手厚いなぁと思いつつ、設営し始めたその直後に、





空から雨粒が… 






こういうタイミングで雨が降ると、サイドオーニングがある車でヨカッタと思います。 





広げかけた椅子やらテーブルを、この下に避難させることが出来ますからね。






しかし、




サイドオーニングの下で雨宿りしていたのは、人間だけではありませんでした。


ここでもれなくワタシとお兄ちゃんが、コイツの餌食に…。






油断してました。ブヨですね。過去にも何度かやられてるのに… 





パパが騒いでいるその横で、末子はなんと腹を出してるし… (^_^;





急な雨で蒸してきているのは分かりますが、キミがブヨにやられたら泣き叫ぶに違いないので… 





急いでこれに火を点けます。








最強の蚊取り線香、森林香です。





林業の方も使ってる品質です。さすがにこの後はブヨも他の羽虫も


サイトから姿を消しました。








チェックインから1時間後、4時近くになりやっと雨脚が衰え始めたので… 








いよいよです。








テンティピ ジルコン15を設営します。





※ 文末ですが追記してから更新。


レストリブレはブヨがいる ということでなく、この季節は清流近くのキャンプ場には当たり前に生息する吸血虫です。


自己防衛が大事ですよ。

















にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ







天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ 送料込みに値下げされてますよ。












道志みち沿いにスゴいキャンプ場ができましたよ♪




とにかく忙しかったここ数週間。







心に鬱積した垢を取り除くには、野に出るのがいちばんだと知ってます。






そしてお子たちも、そんなパパの思いに同調してくれました。






まずはここへ寄り、美味しいモノを買い出ししてから… 












国道413号線へ、舵を切ります。





そう、道志みちです。





今回は、これまで来たことがなかった、今年の4月頃にオープンしたばかりの新しいキャンプ場に向かいますが… 









あれれ… 






雲行きが… 





アヤシイ感じを漂わせつつ、とりあえずここまでやってきました。





道の駅どうし。











しかし道の駅は混んでるのでスルーして… 











さらに道志みちを進みます。






で、





今回予約した、キャンプ場の看板が見えてきました。








今回のキャンプ、天候には恵まれなかったかもしれません。









しかし、道志みち沿いにここまで快適な環境のキャンプ場ができたとは… 







道志みち沿いでキャンプしているみなさん、ここのキャンプ場はちょっとビックリしますよ。


とりあえず今日の更新は前振りということで… 









にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン







天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ 送料込みに値下げされてますよ。










ウルトラライトになのに癒されるランタンがあります








テンティピのジルコン15が来た次の日、届いたものがあります。







あまりに大きさの違うふたつの梱包体。





ジルコン15の上に乗ってるハコを拡大すると、






トリニティ・ワン。これも満を持して投入しました。灯火機類です。





小振りな段ボール箱で配送されたコレ、定形外での郵送を選択することもできましたが、


ショップからの連絡では、「保障のある宅配をお勧めします」とありました。







ということで、届いた箱を開けてみます。






今回、こちらで求めたのは







この2品。




2品 と書いてもよく分かりませんね。



ワタシ自身も今週は忙しすぎて、まだよくわかってない部分があったりします。




きちんと分けると、ひとつはこれ。





カーボンフェルトを触媒にしたアルコールストーブ。






今日はひさびさにトリオで出るので、さっそく使う場面があると思いますが、


大きさはこんな感じ。







iPhone5と比べると小ささが伝わるかと思います。とにかくコンパクトです。




触媒となるカーボンフェルト。これもう少し小さく切ってから使うものらしい。









そしてもう一品の組み合わせがこれ。





やはり小さいですが、立派なオイルランタンです。






燃料はこれを使います。






ジッポ用のオイル。さすがに持っていなかったので、仕事の帰りにスーパーで買ってきました。





車で出るならオイル缶のまま携行できそうですが、ULを意識した燃料ボトルも付いてきました。








点眼薬用のボトルを転用したものかな?






では組み立ててみますが、パーツ構成はシンプルです。








筐体のアルミ缶のフタ部分に、芯となるパーツを通して… 









アルコールストーブ用の触媒と同じカーボンフェルトを取り付けて固定し… 






このカーボンフェルトには水を垂らしておきます。こうすることで筐体が過度に熱せられるのを防げるらしい。





ジッポオイルを注ぎ入れて、








芯を取り付けてあったフタをかぶせます。





着火すると… 





あっけなく灯り始めました。





先ほどのアルコールストーブ用のガードは、このランタンにも転用できます。








灯った火の熱が筐体に伝わることで、灯りも少しずつ強くなってきました。







リビングの照明を落としてみます。





うーん… いい感じ♪





幕体内用の照明として求めたものですが、これは癒されそう。








今回、このULなランタンとアルコールストーブを求めたのはMLVさんち。


現在、ランタンは欠品中ですが、割りとすぐに入荷される感じ。トリニティ・ワン(アルコールストーブ)は在庫があるみたいです。








このあたりと組み合わせて使うのもアリかもしれません。




ULなランタンとアルコールストーブを携えて、今日は疲れた身と心を癒しに、野に出たいと思います。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン







天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ 送料込みに値下げされてますよ。












テンティピに後付けするモノたち…




テンティピが届きましたが、







中身をじっくりと検証する時間は、悲しいことに今のところありません…(T.T)



土曜はトリオキャンプなので、その時までお預けです。








ところで今回、ジルコン15を求めたのはこちら。






小田原のmarue outdoorさん。今年になって、テンティピの国内正規代理店になったところらしいです。





残念ですが、ここで買えたのは幕体の基本セットまで。







どういうことかと言うと、こちらではこのオプションは売られてません。






フロアです。





参天(ワンポールテント)だし、フロアレスで使うのもアリなんでしょうけど、



フロアには結露を低減する効果が多少なりともあることは、






大きさはかなり違うけど、同じく参天のシャングリラで経験済みです。






夏前に、テンティピ日本代理店の別のところから買うことになるでしょう。




そしてもうひとつ…





これに合う、あるモノも探さないと。









ジルコン15はセンターポールがこんなに太いので…






この太さに適合するランタンハンガーが必要になると思います。






ちなみに太さは4.5センチ。







果たして直径4.5センチの極太ポールに適合するランタンハンガーは探せるのか…






 


残念ながらこのあたりだと、45mm径のポールには役不足みたいです。






これもちょっと違うかな… (^_^;






頑張って探したいと思います… (;^_^A









にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ







天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ 送料込みに値下げされてますよ。






本日多忙のためコメ欄閉じてます。コメ返も遅れます。スミマセン(m_m)















ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ