7月のキャンプでこれを持参するとは…



いよいよ今日からトリオキャンプです




が…



今朝5時の朝の番組での天気予報だと雨模様…




雨に降られるのは最近慣れっこなので、幕の撤収手順を工夫すれば済むことです。



しかし気温は…



東京で最高気温22度・最低は18度…




訪れる地の標高は900mほど。単純に計算すると、


5度ほど低く見積もったほうがいいことになります。



ということは…



これくらいの気温を想定しておいたほうが良いということ。





まさか7月下旬で10度台前半になるとは思いませんでしたが、


予約してしまっているし、何より…







彼らも楽しみにしているので、今さら後には退けません。




風邪をひかせる訳にもいかないので、これを持参していきます。





武井301の出番です。





今回のサイトはAC電源が使えないので、火器系暖房を用意していくほかなさそうです。



せっかくのトリオキャンプで身軽だし、荷物が大きくなるのも嫌なので、



 

いちばん小振りな灯油系暖房で暖を取りたいと思います。










出発は午後です。行ってきます。













blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ


関連記事

安くてビッグなメキシカンラグ♪




実用性重視な道具も良いんですけど、


これを求めたことでワタシの中で何かが変わった気がします。





実用性と遊び心が旨い具合に融合した逸品と思います




グリップスワニーのネビュラチェーン。明日からの漢キャンプ実行前には届きそうです。



最近は遊び心をくすぐる道具の要素も面白いと思うようになってきたんですが…






ウチの幕の中は相変わらず…






寒い時期はホッカペむき出しだったり、寒くない時期はシュラフオンマットだけだったりします。







ずっと何とかしたいなぁと思っていて、エスニックテイストのヨサゲな意匠のラグを探していたのですが



いいなぁと思うデザインだと、それなりの値段になってしまうことがほとんど。





例えばこれが良い例。ペンドルトンはさすがに格好いいなぁと思います。しかし残念ながらやや小さめです…





これは約96cmx約166cmと、家庭でソファなどにかける用途を前提にしたサイズかと思います。


幕床に敷いてひとりで寝転がるにしても小さいかなと…







いっぽうで、アウトドア用品メーカーも「それっぽい」雰囲気のラグは出してます。



全国津々浦々のホムセンで、いちばん多くテントが売られてるだろうC社のラグ。



サイズは家族で使える大きさのテントで使うことを意識した大きさがあり、ファミキャンでの使い勝手は良さそうですが…





全国津々浦々のホムセンにありそうなテント屋がゆえ、余所様のサイトと被る確率は大きいでしょう…







値段とサイズ、そしてそれなりに満足できる意匠を求めるとなると、


これまではメガネに適ったラグに、なかなか出会えませんでした。







でも…諦めずに探していれば、巡り会えるものです




一昨日のことです。これを探し当てました






アメリカはサンチァゴ発祥のメキシカンブランド SERCAL(サーカル)のブランケット。






もちろんラグとしても使えます。





カラーバリエーションは6色あり、その中から…





ネイビー系を選んでみました。




このブランケットというかラグというか、


サイズはなんと約180cm×約180cmというサイズ。


意匠的にはビミョーでしたが、大きさはそれを補って余りあります。



実はコレと迷ったのですが…



意匠とサイズの2項目で、サーカルのほうに軍配を上げました。





今回、BACKYARD(バックヤード)さんちでサーカルのブランケットを探しましたが、








このブランドに限らず、自分の用途に見合ったラグを探すのって、歯応えのある作業でした。


テキスタイル系の道具を探す沼も面白いかもしれませんね











blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ


関連記事

ママっ子をパパとのキャンプに連れ出す秘訣


過日に予告済みですが





次の週末はここへ…





どこなのかは表記しませんが、以前も来た場所です。





どうしみち沿いのキャンプ場にはたくさん行ってますが、


キャンプ場検索サイトを見ても、まったくと言って良いほど悪評を聞かないところです。









ほどよい標高で、盛夏でも暑さは和らぎますし、


冒頭の画の通り、小さい子ども連れでも安心して遊ばせることができる源流に近い沢が流れています。






キャンプ場にはこの風呂もあり、




前泊時に撮った後で風呂棟に入ったとたんに混み混みと知ったので、これ以上の画像はありません…







場内の施設は手作り感満載ですが、幼児から小学生くらいまでの子どもたちは楽しんでました。








サイトが近かった子どもたち同士から仲良くなって、親同士で話すようになり…




撤収時は「またね~」と言って別れた記憶が残ってます。






まさしく楽園。







このキャンプ場の良さを評するによく言われることですが、近隣サイトとの距離感は最適の設定です。


棚田状の配置はプライバシーを守ることが出来ました。






この人が来たのはこれくらいの時。もちろん覚えていないだろうなぁ…














…そう、今回はわが家初の男子だけキャンプです。




末子は4歳を過ぎ、やっと最近パパと寝てくれるようになりましたけど、まだまだママっ子です。




近場で考え得る最高の環境を押さえましたが、それだけじゃ足りないでしょう。




いろいろと策を練ってますが…








お兄ちゃんがペアキャンの時に熱中してた食玩とか…





花火も持って行かないと…





そしてもうひとつの決め手はたぶんこれです。





食べ盛りですからね。





旨いソーセージと美味しいオニクで胃袋キャッチが必要でしょう(^_^;


食材はちょっと張り込まないとなぁ…





まだまだいろいろ考えていますが、結局のところは…






パパとの時間で心から笑わすことかなと…




当たり前のところに結論見いだしちゃいましたが、


これがなきゃ次もないでしょうから…








blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ


関連記事

ガチにオシャレでワイルドだぜ~



去年くらいから、キャンプサイトでこんなお洒落な小物を目にすることが増えてきました。



 




スピナーだったり、タルチョだったり…





個性的なテントサイトの演出に気を遣う方が増えているのは遊び心というか、ゆとりを楽しむ余裕みたいな空気を感じます。





しかし我が家のサイト設営姿勢はいまだ…


基本…






ワイルドだろ~ が定番かなと…(^_^;






もう少し何とかしたいと思ってたところ、





これと出会いました。




WILD-1から先月初旬に発売された、グリップスワニーとのコラボ製品。


グリップスワニー NEBULA CHAIN ネビュラチェーンです。




グリップスワニーと言えば…


  


  




これですね。いわば皮手袋の故郷です。


西部開拓時代に起源を遡る、ワークグローブのプロダクトで知られてます。




どういう繋がりがあったのかは知りませんが…







クライミング用途のデイジーチェーンをテントに流用する向きからヒントを得て、


テントサイトに転用しやすいカタチでリリースされたのがコレです。





1本あたり134cmの長さで、耐荷重は3kgまで。




テント内に吊り下げ、LEDランタンやウェアを掛けたり、


キッチンスペースに吊り下げるとカップやクックウェアを掛ける用途にも使えそう。








カラーは4色あったのですが…




一本あたりが手頃な価格だったのと、最近は現金主義なのでクレカを使わず代引取引をチョイス、


そして代引手数料がかさむのは嫌なので、一度で全色オーダーだせ~
ワイルドだろ~♪




WILD-1オリジナルだから楽天やアマゾンのポイントは使えないぜぇ… ワイルドだろ?(^_^;



でも対価なりの実用性、そしてオシャレ度アップが期待できそうなシナモンと出会えた気がします。




使いやすさとオサレさが両立しそうなアイテムです。


デビューは今週末ですね♪








blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ






関連記事

キャンプ場でかぶらない率が相当高いらしい



過日より探しているMSRツインシスターズの内幕ですが、




ゴーライトとBD以外にも、候補が出現です。



出現というより、見落としてたかも…





グラナイトギヤのザ・ヘブン。すでに枯れた品ですね…




 

同社製のホワイトライトニングやノーザンライト、あるいは他社製タープと組み合わせて使うことが可能です。




さらに、ノーザンライトタープにヘブンを入れ込み、下の画のタープドジャー(前室)をふたつ使えば、4シーズン用の幕にもなります。






潔さを感じるくらいのフルメッシュで、重量は493g。底面は30Dのシルナイロン。






ワタシの中の対抗馬であるシャン2ネストが675gなので、7割ほどの重さしかないことになりますし、


シャン2ネストの底部が70Dのナイロンタフタで作られていることを考えると、仕舞い易さは格段に上でしょう。



参天幕は設営・撤収が楽で、堅牢な構造です。
稜線じゃ使いづらい気になりますけど…






ただひとつだけ難点を上げるとすると、内幕だけはメッシュと底部がゴワゴワして、やや仕舞いづらいことがあげられます。










ヘブンはその点もクリアしてそうな感じです。ただし…




この潔さは… サイトが川になるような雨に降られたとしたら…




底部の防水部分がバスタブ状に立ち上がっていないので、間違いなく浸水してきますから




スコップ持つか、薪で縁を立ち上げるとかの工夫が必要かな…




そして心配なのはサイズ。幕長214cm×幅142cmという数字はすぐに分かったのですが、


高さの表示がなかなか見つかりません。



ググってみても、ほとんど情報がなく、


 



出てくるのはライトとかナイトとかがつくORか、またはマーモットの幕の情報ばかり…




グラナイトギヤのいちばんの利点は、キャンプ場で被らない率がかなり高いことかも。確かに今まで一度も見たことありませんし(笑)




で、やっと見つけた情報によると、高さは95cm前後しかないらしい…






ツインシスターズは天頂部が1.22mですから、20cm以上も余ってしまいます…




ポールの先端からガイライン出してぶら下げれば何とかなりそうだけど、天井低いのはなぁ…





ポールをメッシュ外に追いやれる利点はありそうですけどね。




現在、シャン2ネストの在庫がありそうなお店に在庫確認をお願いしているところですが、


返答次第では「理想郷」をあきらめて、「天国」行きを選ぶことになるかもしれません。







双子の姉妹に惑わされる夏は、まだ続きそう…












blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ


関連記事

ソロキャンの足が蘇りました



この車体、すでに生産から15年が経ってます。







前世紀末ころ、排気ガスが環境に優しくないと悪評が立ち、存続の危機に立っていた2サイクルエンジンを


ホンダがエミッション性能を劇的に向上させたAR燃焼という燃焼改善技術の投入により


存続させようと試み、市販にまで漕ぎ着けたエポックメイキングなバイクです。







それでいてオフロードコースでは、ライバル社が環境配慮をせず性能重視で送り出してきた車種とも


互角に戦えるポテンシャルを持っていたと聞きます。





もはや稀少車種。


大事に乗らないとなりませんが、このバイクで行った青根ソロキャンでやっちゃいましたけど…




やっと直りましたです。





後輪のディスクロックを外し忘れたまま走り出そうとして、リアのブレーキディスクを曲げてしまったのでしたが…









いつもお世話になってるバイク屋さんで、そろそろ限界を迎えてたリアタイヤの交換を頼むついでに…





歪めてしまったリアのブレーキディスクも交換してもらいました。






ブレーキディスク交換ということは、パッドも交換しないとダメですから…



あらかじめ求めてあります…







そしてブレーキング社のウェーブディスクも持ち込み…




一日ほどで戻ってきました。





リアタイヤは初のミシュラン





5kmほど自走して戻りましたが、この程度じゃヒゲは剃れませんね。





今はこのタイヤサイズしか選択の余地はありません。




モタードだしラジアルタイヤでも良いんですが、けっきょくはオフ車です。、


コストも燃費も上がることを狙い、今回もバイアスタイヤをチョイスしました。





ミシュランマンが微笑んでます。





…で、ブレーキングのウェーブディスク♪







乗り出しで5km程度の走行じゃ、まだディスクもパッドもアタリが出てない感じでしたけど…






あと何回か乗れば、このNewディスクの効きを感じられると思います。しかしキャリパーがサビサビだなぁ…(^_^;




見た目も良くなりました♪ キャリパーは磨かないとダメですが…(^_^;







あと1ヶ月ほどで夏休みです。


その前後あたり、このバイクで出勤してみる手もありかな…






そして秋口になったら…



またバイクでソロキャンも良いでしょうね。うーん楽しみ(^。^)





 

もう少し大きめのキャリアやロッドホルダーも付けたいものです。釣り竿は持たないけどタープポールは運べますし♪





blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ





関連記事

水ジャグだけじゃもったいないテーブル



案外と早く、例のモノが届きました。





何かというと…





コレです。








過日の更新で、ウォータージャグの置き場に良さそうと思って買った水コンテーブル





良さそうと思ってポチったものですが、届いた時点で「案外とデカい… 」と感じました(^_^;


アクオスのリモコンを並べて撮ったのは、大きさを伝えたかったから。





開梱するとこんなです。





底面には折りたたみ式の脚がついてます。








アルミ製の脚の先端部には柔らかめのカバーが付いてますが…






これが良い感じで…




リビングの床上で展開しましたが、多少の振動なら解消してくれそうです。



実は届くまで分からなかったのですが、天板はスチール素材





パッケージ裏面のスペック表示はこんな感じです。




耐荷重は制止荷重で21kgとあります。





この上に乗るウチのジャグは容量約10リッター。


撮影現在の中味は空ですが、山のお水をいっぱいに注ぎ込んでも大丈夫そうな剛性感があります。



でわジャグと合わせてみると…



明らかに余裕があります。同容量くらいのジャグをもうイッコ買っても大丈夫そうです(笑)





冗談はさておき、ロゴスのこのテーブル、ちゃんと考えられてるなぁと感心したのは





このまるいへこみ…




ちゃんとジャグのスピゴット(注ぎ口)にはまるポジションに決まります。








イグルージャグのスピゴットにも、しっくりと適合してますね。





ちなみにスピゴットまわりが茶色いのは、このジャグを入手した時点で水漏れがあったのをリペアしたため。


液状ガスケットで補修した後の水漏れは皆無です。





なおウチのジャグは、国内で買えるイグルージャグと、フタと本体が逆色。前所有者さんの話じゃ珍しい仕様らしい…





決して容量は大きい方ではないけど、2泊程度なら10リッターでもじゅうぶんです。





これでキャンプ時のジャグの置き場は確定したかと思いきや…





ためしにこれを置いてみました。





クーラーボックスを置くのもあり… ですね(^_^;






ソロ行で使うことが多い小さめのクーラーなら
、いい置き場所になりそうです。




そして天板がスチールなのでこれも…






メッシュ孔があるので、この卓上でアルコールバーナー使うのも面白いかなと…






クーラーボックスに虐げられてるような気がして入手したウォータージャグ用の置き台の筈ですが、


汎用性というか可能性というか、秘められたスペックを感じます。


結局のところ、イグルージャグの居所が見つかったのかはビミョーですが…








このメッシュ卓、色のバリエーションなど変われば、これから来るかもしれませんよ~(笑)















blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ


関連記事

夏は必ず品薄になる幕装備



先日入手したこの幕…






MSR ツインシスターズですが…




これからの時期、少々使いづらくなります。






なぜかというと…





MSRには、これ用の内幕のラインナップがありません。



二天頂の参天(ツインポールテント)で、ゴーライトのシャングリラでいうところのネストが売られてませんから。








参天の内幕は、ネストとかバグテントとか、メーカーによりいろんな呼称がありますが、






共通してるのは、ナイロン製の目の細かいメッシュで構成された内幕であり、虫の侵入を防ぐには必須ということです。






どのメーカーの参天にも、必ずあると言っていいオプションなんですが、


MSRはメッシュインナーのラインナップがありません。




おそらくこういうことではないかと思いますが、MSRの参天幕には必ずスカートがあります。




防寒性能を追求しているということです。




メッシュインナーは、虫がいない冬場や高山なら必要のない装備です。


MSRの作る参天は、よりミニマムで、より過酷な環境下での運用を想定した位置づけであることが伺えますが…





問題はこの幕生地。冬季以外しまっておくにしては、やけに配慮が必要です。




通年で使い倒したほうが、間違いなくべたつきが出ないんじゃないかと思ってます。





…で、使えそうなものがないかなと探してみると…



嬉しいことに、たくさんありました。






ゴーライトのシャングリラ2のネストや…






ブラックダイヤモンドのベータバグ。いわずと知れたベータライト用の内幕です。





ツインシスターズの寸法を見ると、シャン2ネストはジャストフィットっぽい。ベータバグも幅は広めですが、何とか収まりそうです。





上はツインシスターズの寸法図。シャン2は高さ122cm、床寸が287cm×145cm(最小幅)とほぼ同じ大きさです。





ただ… シャン2ネストのほうが安いのですが、本体を買わないと売ってくれないお店が多い…


そしてゴーライトのネストって、なぜかこの時期は極端な品薄になります。









昨夏のシャン5初投入時、どこを探してもネストが手に入らず、ブガミッドで代用したことは記憶に新しいし…






いっぽうベータバグはゴーライトのネストよりやや高め。実は幕の天頂高も少し大きいのですが、在庫も潤沢です。





本体と一緒じゃないと売らないなんて言われることもありません(笑)








横幅はツインシスターズより広めですが、このカタチでメッシュインナーならどうにでもなりそうかなと…







ツインシスターズにジャストフィットだけど入手困難なシャン2ネストと、入手しやすいがちょい大きめのベータバグのどちらにするか…


迷い始めてもう一度調べると、こんな選択肢もありました。





SEA TO SUMMITのモスキートネット…




吊り方の工夫が必要で、やや窮屈な感じがあるのは否めませんが、独り寝ならツインシスターズの中に収まります。


そして何より安い。5,000円でお釣りが来ます。さらに仕舞がコンパクトだし♪





バイクでの運用も考えると、仕舞寸法の小ささも重要だしなぁ…





シャン2ネストを探してみて、ダメならモスキートネットかな…?


BDに逃げるのはいつでもできそうなので、もう少し探してみたいと思います。








blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ





これ使う手もありますね。幕体より高くなってしまうけど…(^_^;





関連記事

クーラーボックスにスタンドがあるならこれにもあるべきではないかと…



ウチのクーラーボックスは、このスタンドを使ってます。





リッカルのクーラーボックススタンド。




リッカルという道具屋は、もうありません。



すでにリッカル=理研軽金属工業株式会社では、OD製品を作らなくなりました。






入手したのは、某オークション。









このブランドの評判は知ってたので見つけた時、背筋に走るモノを感じました。





評判通り堅牢な造りで、すでに10年選手に近いはずですが、




全く壊れたりせず。収容・展開時に可動する部分のヤレも皆無です。













ソロ行で荷積が少ない場面を除き、



ほぼ毎回キャンプで活躍しています。




が… ある日、気づいてしまいました。







クーラーボックスとかぶりそうなポジションのこちら…



 

今は直輸だとオレンジ、キャプテンスタッグだと水色の筐体カラーみたいです。




ウォータージャグです。



これ用のスタンドって、あまり見ないなぁということ。





ウチのメインのクーラーもジャグも、共にイグルー製ですが、







クーラーには立派なリッカルなスタンドがあるのに対し、ジャグはいつもおざなりです…





ミニテーブルの上だったり、クーラーボックスの横だったりと…


定位置というのがないんですよね。







ちと不憫に思ったので、


ジャグの収まりドコロって本当にないのか、探してみました。






SOTO製でこれが出たのは、何年前だったか…

残念ながら、ジャグは専用形状の物しか使えません。










小ぶりなクーラーボックススタンドを転用できそうかなと思いつつ、開脚時のサイズは30センチからでした。




ジャグの底面の径より明らかに広いので、アウトです。





しっくり来るモノはないのかなぁと思ってたら…




これを見つけました♪






その名も「水コンテーブル」、水コンテナ用の略ですね…




とりあえず楽天のポイントが入ってきたので、ひとつオーダーしてみましたが、











同じロゴス製のジャグ専用っぽいと思いきや、汎用性も期待できそうです。


汎用性アリというレビューや、洗浄後の食器を置くスペースがあるというコピーも目にします。







クーラーに虐げられてきた?かもしれないジャグの復権に一役買うのか…


届いてレポ書くのが楽しみです。










blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ


関連記事

AC電源のないキャンプ場では必須でしょう




こないだのファミキャンの往路でこれがサドンデス。突然死でした。





シガーソケットのUSBチャージャー(充電器)。



100均で買ったものですが、コスパ的にもアタリでした。



安いだけにケータイのバッテリーが膨らまないか不安だったけど、ガラケーも大丈夫だったし、


スマホに乗り換えてもノントラブルだったし…





楽天で「チャージ時間が短い!!」と評判だったマイクロUSBケーブルで繋ぎ、車中でスマホに給電していたものです。





で、ウチの車はナビを積んでおらず、


オーディオもCDとFM/AMチューナーのシンプルな取り合わせです。








スマホのナビアプリと音楽プレイヤーで事足りるので、ステレオプラグでFMトランスミッターに繋ぎ使ってますが…




やはりこれが使えなくなったのはイタイ…




給電できないままナビアプリを使い続けると、あっという間にスマホの充電は減ってしまいます。





楽天で探しても良かったんですが…



週末は必ず使うので…



近所の「黄色い帽子」でこのチャージャーを買ってみました。




もちろんシガーソケット経由でスマホに給電できますが…








これが付属してます。リチウムチャージ。非常用の充電池です。







出先で充電の残りが少なくなったスマホのマイクロUSBに繋げば、一時的な使用ができるらしい。







リチウムチャージはもちろん車内で充電可能ですが、


それだけでなく、モトローラ純正のUSB充電器でチャージしておくことも可能でした。








青のLEDが3つ点けば満充電完了です。






先日のキャンピカ富士ぐりんぱでは、




AC電源付きBサイトだったので、スマホを充電して難を逃れましたが








トータルで考えると、AC電源なんざないところに行くことの方が多いので…










青野原も道志の森も青根にも、フリーなコンセントなんてありません。





試しに一度、ご近所ドライブで使いましたが、以前のモノより給電が安定します。




再来週のトリオキャンプではナビ以外にも絶対必要なのです。




スマホでYou Tubeを1分だけ観てから「おやすみなさい」するのが最近の寝室での慣例になってます…


充電できてないと大変なことになりそうですからね(^_^;








blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ


関連記事


サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ