ルーフを使わない積載の工夫




まもなく発ちますが、






昨日の時点で荷物は95パーセントくらい積載完了してます。








あとは出発時に着替えを詰めたドラムバッグ、カメラやお子たちの私物リュックを乗せるのみ。









ファミキャンの準備や撤収の際、いつも思うことです。



わが家のボンゴフレンディ、レインモールもあるけどオートフリートップなので…





ルーフキャリアを付けることができません。





この屋根を上げると中で大人2人が休むことができます。



地上高2メートルにテント張るようなもの。



メッシュで開け放てば、暑い時期でも快適さはなかなかのものです。





ただし…






このギミックは諸刃の剣…



ルーフキャリアをガッチリ取り付けることができるはずのレインモールが死に体になるんですよね。





天井裏の居住性を素早く活かすには、頭上に荷物を積載する選択肢は諦めないとなりません。







そしてこのことはすなわち…





荷物はほぼすべてを車内に収容するしかないということ。







3列シートの右側、お姉ちゃんのお気に入りの席なんですが…








今回、無事に確保完了です♪




五年生にもなると、家族でのお出かけも友だちと遊ぶこととの天秤にかかるようです。


気を使わざるを得ません(T.T)






で、これまでも何度か、3列目の片側だけを残してのキャンプ往復を試みてますが、


山道のロールで荷崩れしてしうことも多く、道の駅などで積み直す手間もありました…





なので今回はちと工夫です。




この結束状態じゃちと不安ですが…





今回は高速道路主体の往復なので、ユルくてもなんとかなるでしょうか。






しかし…


リビングメッシュエッグがでかすぎと感じるくらい。




昨年あたりから、小さい幕の数を増やして収容人数を稼いできましたが…










荷積みを少なくするための工夫としては効果的でした。写ってない幕も載ってますけど…




後列シートは半分の空きを確保できましたからね♪







じゃ、行ってきます。










blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

海・山両用のスゴイやつだった



先日、某所で泳ぐ機会がありました。


屋内プールでしたが、さすがにまだ寒いのでこれを着用です。





上はNRSのウェイブライツシャツ、本来はカヌー甩だけどいわゆるラッシュガード。下はモンベルのアクアボディショーツでした。




水に入っていた時間は20分程度でしたが、都合によりたっぷりと水を吸ったウェアを絞る時間が持てないまま


着替えないとならない事態になりまして…



水漏れは大丈夫かなと思いつつ、



これにラッシュガードとスイムパンツを突っ込み、念のためビニル袋に入れて持ち帰りました。




これとは…


以前から紹介してるグラナイトギアのエアペアのこと。








30デニールのシルナイロン(コーデュラ)製で、


巾着袋状の2気室を底辺で縫合したカタチです。





撮影した時点でも、たっぷりと水を吸った厚手のラッシュガードとスイムパンツを突っ込んでありますが…




すごいことです。


生地じたいからはもちろん、縫い目から水が滲み出てくることもありませんし、


入口のコードをきつめに縛れば、そこからもほとんど水気が漏れ出しません。





完全防水を謳ってる品物ではありません。コードのシメが緩けりゃ水が出てくると思います。




上の画が示すとおり、ワタシの持ってるエアペアはLサイズ。








容量は4リッターですから、男性用の水着(上にラッシュガードを着てると仮定して)上下が入ります。





XL、L、M、Sの4サイズのラインナップがあるみたい。





これより大きなXLサイズなら6リッター。



Mは3、Sは2リッターの容量となります。



以前からキャンプで使ってましたが、




キャンプ場の敷地内とか近くとかのお風呂で、脱衣を入れ込んだ場合が多かったので…




紹介するのははばかれてました…


だってシルって薄いから、脱いだパンツとか透けて見えたらねぇ…(^_^;




ともかく…


この高機能さでLサイズでも薄くて小さいです。




この画のスイムキャップと比べて頂くとわかりやすいかと…




あ、わが家の4歳児の足も映ってしまいました。彼の靴は今16サイズ。


末子の着た水着なら全部が片方の気室に入りそうですね(^。^)





ところで…


梅雨空は続きそうですが…




いよいよ待ちに待ったキャンプの日が近づいてきました。







こんなのが近くにあるキャンプ場ってどうなの? と思ってしまいますが…




ひさしぶりのファミリーキャンプだし…





楽しんできたいと思います(^。^)








blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

女子に奪われそうなタオルです




昨日の続きです。




この肉付きの良いセクスィーダイナマイトな後ろ姿、店頭で見たことがある方も少なくないはず…








これのパッケージデザインですね…





MSRのパックタオル。


いろいろとバージョンがあり、廃盤になってるみたいです。ワタシが買えたのはパーソナル。




求めたのはLサイズ。大きさは42×92センチ。







一般的なフェイスタオルは幅30~35センチで長さが80~90センチくらいですから、


幅広のフェイスタオルくらいのモノです。







過去に、これの同類のSサイズを買って、


今も現役続行中なんですが…









残念なことに…



テープをループに固定するためのスナップが取れてしまいました。






この状態でもリュックの肩ベルトに強引にくっつけて







使用することは可能なんですけどね。








トレッキング中、こうしてぶら下げておけば、速攻で汗拭けますし。









しかしスポーツ用品店のプール用具コーナーにあるこっちのほうが、


生地厚があるので、たぶん吸水性能は上じゃないかと思います。




ただし

プール用は乾いた状態になるとゴワゴワしすぎて携行性はよくありません。






やはり山でも海でもOKなのはこっちかなと思います。







小さいけど、お皿を洗った後や泳いだ後に水気を拭き取って濡れてしまっても、


絞ればまた吸水性が蘇りますから。







では小さくても使えるモノを持ってるのに、なぜ新しいのを買ったのか言うと…



これからの本格的なファミキャンシーズン突入を考えるに、


大は小を兼ねるかなと…思いまして…(^_^;





今週末はさっそくファミキャンでちびっ子と入浴することになりますから…




まさに即戦力です。



絞れば吸水力が戻るのは分かってますが、


お子たちと一緒に風呂から上がった後は、しぼる手間が少なくて済むのに越したことはありませんからね。



…で、










UL指向とそうでないモノの比較になりますが…





けっこう違うなぁと思いました。





生地の厚さが全く違います。





黄色が今回の購入品。パーソナル用途です。明らかに新しいほうが分厚くて、肌触りも良さそうです。





もうひとつ、わが家にあるエヌリットのタオルと比べても…







やはりMSRのパーソナルは拭き心地も優しそうかなと…




ソロなバイクツーでは小さい方を持っていくと思いますが、


今週末のファミキャンではパーソナルを使うと思います。




ウチの女湯軍団に取られないようにしなくては…(^_^;)










blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ


ニューテントにSPカスタムポールのオマケが付いてきた





MSR ツインシスターズ、二天頂の参天は、





トレッキングポールでの起ち上げを前提にしたプロダクトです。





現行型には起ち上げのための専用ポールが付属しますが、ワタシが入手した旧色の初期型には付属してません。









山行やバイクツーでの参天使用では、トレッキングポールを使って幕を起ち上げると荷積を軽減できます。



しかしオートキャンプなら、それぞれ用のポールがあった方がヨロシイことも間々あるかなと…





…で今回の落札物にはこちらが付いて来ました。







スノピの小型レクタタープのポンタ用。ライトタープポール♪








でもポンタ用のライトタープポールって、デフォルトでは125cmくらいの竿長のはずです。








上の仕様画を見る通り、ツインシスターズの天頂部高さは120cmほどですから、


そのまま使うには微妙に長いのですが…




なんと出品者さんに、ちょうど良い長さにカットしてあるものをつけて頂きました。








カット部分には、トレッキングポールの石突き用ガードまで付いてます。







嬉しかったのはこのオクの取り引きの際、


「石突きガードを付けたせいで、サックから出し入れしづらくなってしまって…」という


お気遣いの言葉までいただいたこと。






でも大丈夫です。





同じポールがうちにもあります。





素晴らしき巡り合わせか ウチがルーズなだけか…




オクのオマケとして付けていただいたものより、


ウチにあったモノのほうがヤレてますから…(^_^;








元もと所有してたほう(もちろん下)はサック締め口のコードもビロビロなので、これに入れて使えば問題なさそうです(^^;


















ところで…


なんだかんだで気が付くと、わが家にMSRの品モノが増えてきましたけど、





実はもう一品… 買っちまいました。




山だけでなく海でも使える頼れるヤツ。まさにSEA TO SUMMIT な逸品です。


続くです。










blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ






新しい幕ですが何か…



それは偶然だったのか…




それとも必然か…






ネットやカタログで張り姿を見て、一目惚れしてしまう幕というのがあります。






思えばシャングリラもネット上で見て「いいなぁ」と思ってたタイミングで、



ファミキャン用のドームテントが壊れてくれて…(?_?)




購入できたという経緯があります。





今回の場合は某オクでのアラートメールから…





実は以前も同じ幕の出品を見つけて入札したのに、惜しいところで他の入札者に持ってかれましたが…





今回は無事に落札です。






MSRのツインシスターズ。あえて旧色です。




恋がやっと適いました。






現在もツインシスターズという名前の幕は出てまして…



現行品は出入のための開口部やエアインテークが前後2つになり、立ち上げのためのボールも2本付属と使い勝手が良くなりました。






しかし幕色はちょっと…


食指が動かないというか、私的には所有欲を満たす色合いとは思えませんでした。





旧色だと出入口も換気口もひとつだけなんですが…



管理の難しさはありますが、この色のほうが美しい気がして…






ではスタッフサックを開梱してみます。






中古の出品ですが状態は良いとのことでした。






確かに…




シルナイロン独特の香りが漂いますが、気持ち悪いにおいじゃありません。




シャングリラの中にいるのと同じ香りが鼻腔をくすぐるのと同時に、


この幕が、きちんと気配りされた環境の中で保管されていたことが分かります。




この色のシルナイロンの幕体、


実用でも保管でも湿気に気を配らないと、幕体防水のためにコーティングしてあるウレタンがあっという間に加水分解され


酷くなると悪臭を放つことで知られています…





ちなみにウチの車の中も、ほのかに同じ臭いがします。もちろん新鮮なほうの香りですけど。




そして気になるのは…





この幕色、前述の加水分解により、新品でもロットによりベタベタの手触りになりやすいことですが…














問題なしです。





張り縄はありませんが、たくさん持ってるので問題ありません。


そして同梱のペグ袋を開き、ニヤリとしました。




グラウンドホグステイク。好日でノルディスクのタープ用に求めたものと一緒でした。




このペグ、堅い大地への刺さりかげんはソリステと同じくらいですが、


鋳鉄で重たいスノーピークのモノと比べると、感動的なくらい軽いし…






購入の時にすでに引き縄が付いてますから、ペグ抜きを持つ必要がありません。




私的には、ペグとしてのコスパは今のところ


これを凌ぐものは見つかりません。





さらに今回の落札品には驚くべきオマケが付いてきました。






この袋と中味は、ワタシも持ってますが…







すばらしいカスタムです。


出品者さんからオクの取引最後にいただいた配慮の言葉も嬉しかったし♪








詳しくは次の更新で触れたいと思います。








blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ


やっちまった、要交換です



いよいよ青根を出ようと、バイクを発進させた直後


突然後輪がロックして、盛大に立ちゴケしました。



さすがに転けた画は撮ってません。


平日のキャンプ場、周りに人が少なかったのは幸いでした… (^_^;








原因は…



これです。リアのブレーキディスクにかましたロック…




バイクに跨るのが久しぶりだったので、


走り出す前にロックを外す「儀式」をすっかり忘れてましたね(^_^;





外観では車体のダメージは無い感じなんですが…





帰路途中、相模原市内で後輪からスゴイ振動が…






なんとか騙し騙し走って帰宅して…





おそるおそる確認すると…









「あー、やっぱり」という感じ。



後ろのブレーキディスク、歪んでました(T.T)




上の画の黒っぽくなっている部分、ディスクが偏摩耗してるのが分かります。



スイングアームにメンテナンススタンド噛ませて後輪を持ち上げ、


手で回すと、特定の場所でひっかかる感じですから確実です。







でも大丈夫♪ というか渡りに舟かな…



数年前に買ってあったストックが生きます(^。^)





BRAKING社のウェーブディスク。





以前バイクで通勤してた時に買ったんですが、転勤で乗れなくなってしまい、交換に踏み切れずにいたモノ…






そろそろリアタイヤも交換時期なので、


バイク屋に持ち込んでタイヤもディスクも交換をお願いしようかなと…







ブレーキディスクはネジ止め剤で止まってる筈なので、


ウチにある工具だけでは敷居が高いんですよね。ネジ山潰したら厄介だし…





で… タイヤはこのあたりからチョイスかな…



  

CRMのモタードを作る時、スイングアームのチェーンカバーステーを削り取るという道を選ぶとタイヤ選択の幅が広がりますが、


ワタシのは残してあるので、そのクリアランスから130/70というサイズの縛りがあります。もちろん17インチです。




ちなみに今履いてるのはDUNLOPのTT900GP、本来はチューブレスタイヤですが、


スポークホイールなのでチューブ入れてますけど…






最近はスポークホイールをチューブレス化するキットも売ってますね。




でもこの施工が必要なほど、激しく走るワケでもないし、


ルックス重視でリアタイヤ幅のボリュームを求め過ぎると、リアステアで「ヒラヒラ」と切り返す感じが消えそうな気がして…








モタードですが2ストです。ドリフト走行には向いてませんから(^_^;






そうそう…


曲がったブレーキディスクを交換する際は、これも一緒に換えないとダメです。





ブレーキパッド。こっちも間違いなく偏摩耗してるので、新しいディスクにとっては良くありませんから。







さて、バイク屋に電話しないと…










blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ




テントに入った羽虫を退治する方法




ここ、青根キャンプ場は都心からのアクセスも良く、夏場は激コミになるらしい。



しかしこの日は平日。月曜日です






ワタシ以外には2組のお客さんのみ。




これ、けっこう贅沢な状況です。


いつもはお休みの土曜日に働いた甲斐があったなぁ(^。^)




どれくらい贅沢かというと…


オガワ張りって、張り縄でけっこう敷地面積を必要としますが









通路にペグダウンしても、誰にも怒られませんでした。





平日キャンプ、バンザイ(^。^)





自由な時間が嬉しい。こんな風に思う日が来るとは、20代の頃は考えたこともなかったなぁ…




しかしそろそろ…


自由時間の終わりが近づいてきました。





アリさんが忙しく這い回る幕体。夏になったなと感じますが…





ペグを抜き、乾燥させて…






ライムライトのフットプリントを乾かしてる間に…







幕体はこうしておきます。


夜間、開け閉めの際に、どうしても小さい羽虫が入ってしまったので…





ドームテントの場合は開口部をひとつだけにして、太陽に向けておくことで羽虫は外に出てくれます。




走光性という虫の習性を利用した駆虫方法です。



このスクリーミングの後、入口に頭からつっこんで幕を逆向きにして持ち上げ、アリやらの飛べない虫たちを追い払えば…





幕内の駆虫は完了します。





撤収完了…♪







テントとタープとヘリノックスチェアはバイクの荷台へ




しかしこの後でアクシデントです。





うっかりしてました…(^_^;










最近のはリマインダーワイヤーも同梱なんですね。これ必要だなぁ…











blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ


ハニカムエンボスとオガワ張りの効果



セブンイレブン相模原津久井青野原店で求めたのは…




価格と味覚とスタック、三つ組みの折り合いをつけたらこれになりました。



サッポロ一番・担々麺。moe♪☆☆さん大当たりです(^。^)




お湯はすでにトランギアで沸かしてあります。


オニギリをかじりつつ、調理スタート。





HEAT-1で袋麺を煮る時は、はんぶんに折らないと入りません。






麺を投入して煮立つのと同じ頃に…




デルタボウルにサッポロ一番の担々スープを開けておき…





粉末と液体の2種類。




でもこのスープ中には残念ながら、お肉はありません。



以前のソロキャンの買い出しでも手に取ったことがあり、


実質、肉が入ってないと知ってたので…



ついでにこれ。ジャージャー麺の素。





強い味方になると思って買いました。







煮上がった麺を注いでジャージャー麺の素をかけたら…






もっと肉肉しいかなと思ってましたけど…





ラーメンの具という調理例はパッケージには印刷されてませんでしたし、こんなモンでしょうか。




150円くらいだったし…






担々麺じたい、ちょっとつゆだくになりすぎてる感じはあります。



でもこの状況って…



初の実地検証にはうってつけだったりします。






SEA TO SUMMITのデルタシリーズ、


熱々のスープを入れて抱えたとしても、持ち手が熱くならない工夫として、




皿の底面に、ハニカム構造のエンボス加工が施されてますけど…












オケーです。ノープロブレム。




デルタボウルの側面は、まだ触りたくないくらい熱いのに、


底面は指の平に熱々ラーメンの重さを預けても大丈夫でした。






お皿の機能に助けてもらいつつ、


ほどほどの辛さが中途半端な暑さにはちょうど良く食が進んで…





気付けば完食♪





ただ、オニギリ3個とラーメン一杯のボリュームは、空腹を満たすにはじゅうぶんすぎました。





眠くなってきたということです…




チェックアウトまでまだ4時間ほどあるし…




この装備なら1時間もあれば余裕で撤収できるので…





ライムライトに潜り込み、ひと眠りすることに…






ここでありがたかったのが、頭上の桜葉とこの幕。








深めのオガワ張りでテント上に被せたテントウイングの濃緑色が、ほどよく遮光してくれます。





こんな感じ♪





これくらいの暗さというか明るさというか、



実際、撤収のタイミングを寝過ごすこともなく


ほどよい眠りを貪れましたから。





オガワ張りには昼寝を快適にする効果もあるということですね(^^)






7,000円弱でこのフォルムとクオリティ。被らない率はCHUMSはもとよりケルティより上と思いますよ♪









blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ



ただ、これだけはイッコだけでも買って持っておくべきです。



ノルディスクのTentWingでオガワ張りする時には絶対に必要です。詳しくはこちらをご参照ください。




HEAT-1 不調の理由とは?



青根のあたりの道志川もいい蒼さでした。





この水の色には本当に癒されます。




ただひとつ。





ここも決して汚い方ではないし、カジカガエルも住んでるので水質は悪くないのですが





道志川の神奈川流域を見るに、同じ川の15キロほど上流、


山梨県内を思い出すと…





この画は道志村の谷相あたりです。





岩の色が違うのは、下流の神奈川県域のほうが泥などの付着物が多いからかな…





これは道志村田代あたり。道志川には無数の沢が流れ込みますから、たった15キロの違いでも泥の流入量は大きく変わるはずだし。





安全面からは、足を滑らす可能性があるので、


泥っぽい付着物のある岩には、なるべく乗らないほうが良いでしょうね。




でもキレイな清流を求めて上流に行けば行くほど、水は冷たくなりますけど。




さて河川敷からキャンプ場内に戻って…





トイレの横にはこれが。



青根キャンプ場には、こぢんまりとした遊具もあります。




サイトに戻って…







そろそろ朝メシです。


早朝から歩き回ったり堰の上を飛び跳ねたり、昨夜はビール以外はエダマメしか喰ってなかったり…



さすがにお腹が減ってきたので



今回はセブンイレブンの100円値引きスペシャル。ちょうど値引きセール中でしたし。





そして汁物も付けます。



湯沸かしの熱源、バイクキャンプではこの小ささが生きました。





トランギア。1950年代にすでに完成されたアルコールストーブの小さい仕舞いはバイクキャンパーの大きな味方です。





ところが今回のHEAT-1、





沸騰まで、6分ちょうどくらい。Exif情報から割り出しました。







ほぼ1ヶ月前、5月の青野原ACより2分も遅かった…?



気温は今回の方が高い筈なんですけどね。湿度の高さが燃焼効率に関わっていたのかもしれません。


意外な結果に驚きました。






そしてその汁物なんですが、やはりバイクキャンプのため、


ある著名なメーカーのほどよく小さめな商品にしてみました。







セブンイレブンにもおいてある、この時期にも食べたくなる、熱くて辛いモノなんですが…


さて何でしょう?



当たっても何も出ませんけど…








blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ



 



ここには盛夏のキャンプに欠かせない要素があります




青根の朝。午前5時過ぎ。





曇天で空気に湿度を感じますが、まだ暑くないので涼しいです。






設営したのは、道志川の河岸で土手になった場所の…





桜の樹の下。





4月初旬ならお花見も楽しめたでしょう。




ところで、前日にこのサイトに来た時から気になってました。







土手の先には?






土手の盛り土の切れ目から降りてみます。




そう…


この先に流れるのは道志川。




キャンプ場の敷地に近いところの流れは緩やかです。







川面に近寄ると、たくさんの小さい黒い影が散り散りに…








オタマジャクシ♪




すごい数です。全部がカエルにはなれないでしょうけど、


あと1ヶ月くらい後には大合唱が聞こえそうかな(^。^)






オタマジャクシ牧場の浅瀬からすぐ先には



道志川の本流です。ブロック状の堰が設えられてます。




大人なら水面から顔を出す堰のブロック上をジャンプして行けば


濡れずに対岸まで渡れそうな感じ。







ブロック堰があるおかげでこのあたりの水深はやや浅め。







ただし流れはちょい速めです。





そして堰のすぐ上流側は









この蒼緑な川面の色が示すのは、水深があるということ。





コンクリの人造堰も気になるので、こどもを川遊ひぜさせるに監視が必要かもしれません。




大人でも万が一にそなえ、PFDは必要かも…









真夏にここでキャンプして、


ライジャケを着け、対岸からドボンと飛び込み、







プカプカと瀬のあたりまで流されたら気持ちいいでしょうね。







盛夏まではまだ時間があります。


夏の河畔キャンプの候補地が、またひとつ出来ました。







blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ


ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ