おでんが旨いキャンプ♪

ニュー田代オートキャンプ場の標高は


DSC_0299.jpg

510メートルくらい。




DSC_0301.jpg

11月末の午後6時過ぎで外気温は5度。




DSC_0345.jpg

しかしリビングメッシュエッグの中は22度になりました…




DSC_0297.jpg

温度差の熱源はこちらです。快適この上なし♪






設営も完了したし、まずは一杯♪


DSC_0310.jpg



ビールの横に写り込んでますが… パパの設営を待つ間にお兄ちゃんが作ったのはこれら…


DSC_0315.jpg


DSC_0304.jpg


DSC_0307.jpg

食玩です。「もじバケる」というバンダイの売れ筋らしいです…



そして夕餉の支度ですが、今回はこの人が一緒だし…



DSC_0302.jpg


やっぱりおでんになりました(^-^;



温めるだけのタイプを2パックと、彼の好物の「うずら天」も足してあります。

DSC_0314.jpg

調理は焚火缶で。Lサイズは実戦初投入です。




DSC_0324.jpg


DSC_0325.jpg


DSC_0327.jpg



薪の火力は凄まじくて、ものの10分ほどで吹きこぼれそうになりました。




DSC_0338.jpg



熱いけど旨し♪


DSC_0344.jpg


DSC_0340.jpg

やめられない 止まらない…(^-^;



後で気付きましたが、今回のおでん、なんと5人前を作ってましたので…


多すぎましたね。朝メシにも持ち越しです。








お腹もいっぱいになったので、そろそろシャワーを浴びて寝る支度に入りますが…


DSC_0349.jpg


DSC_0352.jpg



キャンプ場でよく目にするコイン投入タイプのシャワーではありません。


自分で湯温を調整できて、時間を気にせず温まれるのは嬉しいです。


DSC_0353.jpg

これなら風呂が無くてもいいかな(^。^)




いやしかし… シャワー棟の中も掃除が行き届いてます。


DSC_0354.jpg


DSC_0358.jpg


DSC_0356.jpg

ディレクターチェアは待ち席かな? こういう備えも嬉しいですね。







人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

ちびストーブのセッティング

ではちびストーブを組み立てます。



DSC_0278.jpg

本体内部に煙突や足が全て収まるのは嬉しい♪




キャンプで持ち運べる薪ストーブはいろいろありますが、じゅうぶんな暖かさを得るための本体の容量と、


パーツをパッケージングできるバランスがほどよく両立してるのはさすが、オガワです。




DSC_0279.jpg


DSC_0280.jpg

本体に収める煙突パーツには足と火ばさみが収容できます♪




そして昨年作っておいたこちら…



DSC_0275.jpg




この格好のジグがないと、煙突にエビ曲がりを使うタイプの薪ストーブは安定して煙突を支えられません。





折り畳み式ハンモックのネット部分が切れてしまったものからアーム木部を転用して作りました。




DSC_0282.jpg

ジグで煙突を支えて設定完了… じゃなかった(^_^;




忘れるところでした。これを煙突に巻かないと、熱でジグや近接する幕が焦げてしまいます。



DSC_0284.jpg

グラスウールのロール。




本来、寒い時期にバイクのマフラーに巻いて排気温度低下を防ぐためのもの。


しかし煙突に巻くことで、延焼を防ぐ役を果たしてくれますし、同時にストーブの排気効率も高まるかも…



DSC_0285.jpg

昨冬までは一巻きだけでしたが、今冬は増やしてみました。




これらを煙突の本体近くに巻いて…



DSC_0287.jpg




ステン番線で固定します。100均で買ったものをプラペグに巻いてあります。



DSC_0286.jpg




今度こそ準備完了♪



DSC_0288.jpg




いよいよ今冬初の火入れですが、薪の使い方について… 自己流ですけど。



DSC_0292.jpg

左から、ナラ・杉・建築端材・桐。桐はブロ友のmatsuyamaさんから譲っていただいたもの(^。^)




右の薪ほど着火性が良く、逆に左の薪ほど火持ちが良いですから…



DSC_0290.jpg

matsuyamaさんちからいただいた桐はとにかく良く乾燥してるので、手で簡単に折ってストーブに入れやすくできます。




もちろん桐から燃やし始めて…




DSC_0295.jpg




乾燥していたせいか… すぐに建築端材も杉も燃えたので、



DSC_0311.jpg

ナラも投入してしまいました(^。^;




この下の画、明るく焔が見えているところから、けっこう大きく吸気する音が聞こえてきます。



DSC_0312.jpg
ナチュラルドラフトです。




吸気と燃焼と排気が上手くリンクしました。


ほどよい感じに煙突から煙りが昇ってます(^。^)


DSC_0296.jpg




この冬も、我が家のキャンプを暖かく演出してくれそうです。






人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

ちびストーブとリビングメッシュエッグとシャングリラと

世間一般から見れば、午後4時というのはキャンプ場へのチェックインとしては遅めの時刻です。



DSC_0239.jpg




しかしワタクシ的にソロ的に、最近はとっぷり暮れてからの現地入りばっかりだったので…



DSC_0246.jpg

日が登ってるあいだに設営開始できるのは、夏のファミキャン以来かもしれません(爆)




予約時に「落ち葉だらけですよ」と、オーナーさんに忠告されていましたけど…



DSC_0247.jpg

これくらいなら問題なさそうです。




ニュー田代ACのサイト図はこんな感じですが…



DSC_0577.jpg




子連れですしトイレもシャワーも水場も近くて便利そうなBサイトにしました。




さっそく設営にかかろうかと思ったのですが、チェックイン時、受付(民家です)でおばあちゃんが


「あとで嫁か息子を向かわせるから…」と言っていただいていた通り、


ほどなくしてワタシと同い年(くらいかな?)な感じの男性が現れ、


「自由に使っていいですよ」と施設について教えて頂きました。





貸切り状態と予約時には知ってたので、Bサイトの炊事場の直近に設営しようかと思ってましたけど


DSC_0240.jpg




そのすぐ横のコンセントから、備え付けのコードで電源を取っていいとのこと♪



DSC_0244.jpg

DSC_0245.jpg

屋外用コードはありがたいです。霜が降りてもまだ安心ですし…




そしてなんとさらに…


「寒いから、ここの薪をどんどん使ってください」とのこと。



DSC_0256.jpg

予約時から「寒いから」と心配いただいていたことと、今年はこの週末以降に冬季閉鎖するので… このサービスをいただいたのでしょう。




これは嬉しいことです。


上の画だと丸太以外写ってませんけど、シートの下にはたくさんの割られた薪がかくれてます♪




嬉しい配慮をいただき、設営も急ピッチで♪


DSC_0260.jpg

釣瓶落としですから…



DSC_0265.jpg




そういやリビングメッシュエッグとシャングリラの組み合わせは初でした…



DSC_0268.jpg




そして639Cの強烈な灯りをともしたら…



DSC_0273.jpg

今回シャン5には初めてネストも仕込んであります。




薪使い放題なのが嬉しい…♪


DSC_0274.jpg




今回、これを持ってきて正解でした。



DSC_0276.jpg




オガワのちびストーブ、今シーズンやっと始動ですが、


薪ストーブ運用開始にはドンピシャなキャンプ場に来れたようです(^。^)



人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ




現地更新・ニュー田代オートキャンプ場

昨日はこちら経由でどうしみちへ



DSC_0226.jpg




車窓から見た宮ヶ瀬湖界隈。ずいぶんとにぎわっています。



DSC_0227.jpg




実はこの日は宮ヶ瀬湖ライトアップの点灯式でした。





過去に行った時の画ですが…




仕事絡みで立ち寄らないとならない場所があり、県道64号線を通り、厚木から清川村経由でどうしみちへ抜けたのですが、


キャンプ場に告げたチェックイン時間に間に合わなくなるため、点灯式にはまみえずでした…



DSC_0232.jpg


DSC_0236.jpg




道志村役場の近くにあるこちらへ着いたのは午後4時ちょうど。約束の時間ピッタリでした。



DSC_0237.jpg




ここが道志でも屈指の優等生キャンプ場、ニュー田代オートキャンプ場です。



DSC_0254.jpg




キャンプ場として用意されているべきものはほとんどあり、またオーナーさんの心遣いの行き届いた気持ちの良い場所です。



DSC_0255.jpg

しかも貸し切り状態だし♪




どんな風に優等生なのかの詳細はまた後日…





人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

道志村で2番目にオススメのキャンプ場とは?

東日本でも有数のキャンプ場立地数を誇る、神奈川県と山梨県に跨る「国道413号線」


またの名を「どうしみち」…





神奈川県がわのどうしみちへの入口。青山交差点です。




そんなキャンプ場ギンザですが、北東から西南に延びる山間に立地し、村の中央を道志川が北東に向けて流れています。


道志川側沿いにどうしみちが通っているのですが、北は道志山塊、南は丹沢山塊と1000mを超える山が連なっています。(wikiより抜粋)





このような立地ですから、たくさんあるキャンプ場もさほど広さには恵まれてはいません。




おおむね6~70平米のサイトというところが多いです。





さて、この地にそろそろ冬が訪れようとしています。







で、どうしみち沿いの多くのキャンプ場は、11月の終わりをもって冬季休業期間に入ってしまいます。







そんな中にあっても通年営業をしているのがこちら…







ウチも何度訪れたか… 花の森オートキャンピアさん。







ここは道志村にたくさん連なるキャンプ場にあっても、おそらくナンバーワンの施設充実度を誇ります。







炊事場の給湯・風呂・AC電源付きサイト(一部)・ウォシュレット付き水洗トイレ、


そして夏場はジャグジー、冬場は薪ストーブの無料レンタルという無敵のサービス内容♪









実は今日、ひさびさに長男とのペアキャンプです。


ソロでなく子連れなので、設備面で安心な花の森へ… と思いましたが、もう何軒か素敵な場所があります。その中のひとつ…



newtashiro02.jpg




こちらも11月を過ぎると閉まってしまうキャンプ場ですが、給湯・AC電源・水洗トイレと無料シャワーがあるところ。残念ながら風呂はありませんが…



newtashiro01.jpg




花の森はいつでも開いているので、どうせならと思いこちらへ予約しました。




しかし電話した時に「とにかく寒いですよ」と忠告されたので、フル装備で行ってきたいと思います。










そうそう、このキャンプ場、こんなものの収穫も楽しめるそうです。



wasabien.jpg

なんとわさび狩り体験農園があるそうで…




さすがに今の時期は無理でしょうけどね(^_^;




良いところだったら夏場にファミキャンでリピするかも♪



人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

しゃがんだ瞬間にお尻が濡れてるし…

お昼ごはんと団欒はこれで…



DSC_0200.jpg







スノピのBAJA。ミニテーブルは折りたためて、ソロキャンじゃなくても役立ちます。



DSC_0111.jpg


sirexの山ざぶとんも、ママさんのおしりを地面の冷えから守ってくれました。






そしてこれも楽チン♪



DSC_0129.jpg




クレイジークリークのザ・チェア。



DSC_0137.jpg

実はこんなふうに足を伸ばすよりも、あぐらをかくほうが安定します。






食後はフリスビーで♪



DSC_0169.jpg DSC_0167.jpg

DSC_0144.jpg DSC_0140.jpg

ドッヂビーと言ったほうが正しいのかな?





無心になって楽しめるのがいいですね♪




DSC_0154.jpg

背が届かないのでおジャマ係というか、球拾いに活躍してくれました…





DSC_0197.jpg


DSC_0198.jpg





そして、公園内を流れる水無川にも行ってみました…



DSC_0204.jpg


DSC_0212.jpg




が…



DSC_0211.jpg


うーん、やっちまいましたね(^_^;




DSC_0213.jpg




今週末、家族キャンプも行けそうなので風邪っぴきにさせるワケにも行かず…


午後3時前には退散です。



DSC_0209.jpg


残念ながら風の吊り橋には辿り着かず…




この橋の袂で写真撮って年賀状に… という目論見は3歳児に覆されました(T.T)





そうそう、蛇足ですがこの戸川公園を流れる水無川のすぐ上流にもキャンプ場があります。



takisawaen.JPG




滝沢園キャンプ場。来年の夏場に訪れてみたいモノです。





人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

「はたの」と言うと現地の方に怒られる?

昨日はこちらへ



DSC_0062.jpg




2010年、全国植樹祭で秦野会場になった会場でした。



DSC_0064.jpg


DSC_0071.jpg




神奈川県立戸川公園…



DSC_0063.jpg




ここは古くから丹沢の登山口として、また整備が行き届いた渓流のある公園として有名な場所です。




シンボルの「風の吊り橋」には…


DSC_0072.jpg

後で行きたいと思います。




まずはここへ。子どもの広場にある…



DSC_0074.jpg


DSC_0075.jpg

ふわふわジャンプ♪




これは楽しそう♪



DSC_0077.jpg


DSC_0095.jpg


DSC_0078.jpg


DSC_0086.jpg




小学生以下のみの利用制限で親は上れませんが、まわりで見てるだけでも楽しめました。






他にもいろんな遊具がありますが…


DSC_0104.jpg


DSC_0105.jpg

なんとか自力で上れました(^_^;




難易度というか安全上の配慮というか、



DSC_0102.jpg




遊具は5才を区切りに色分けされています。


赤主体の遊具が5才以下、青主体が5歳以上ということです。


これは伝えやすかった(^。^)



DSC_0100.jpg

5才になったら両方で遊べるってことか…(?_?)




築山もあり…



DSC_0098.jpg




とにかく広大な敷地で、お弁当を食べる場所にも事欠きません。



DSC_0112.jpg




じゃ、そろそろお昼にしましょう。



DSC_0108.jpg




明日も続きますね。





ところで先の更新について。


海外在住の知人にお願いしてケロシンランタンを安く入手する方法ですが、ランタンに限ったことではありません。




例えばこんなのも…








ニーモのモルフォ2。これ、国内では幾らするのでしょうね(^_^;







人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

海外からケロシンランタンを安く買う方法

今日は出かけるため、軽めの更新で…




すでにひとつ持ってますが、これを買い増しすることにしました。





コールマンの639C、ケロシンランタンです。




まだ白ガスだけでキャンプ時灯器を運用していた時も同じ手法を取ってましたが、


同タイプのランタンをふたつ使うことで、消耗品の運用が楽になります。





285をふたつ。デュアルフューエル仕様ですから赤ガス(車用ガソリン)も使えます。




しかし639Cは日本国内未発売モデル。



楽天でも取扱がありますが、並行輸入品でしょうか…


コールマン ケロシンランタン#639

コールマン ケロシンランタン#639
価格:12,800円(税込、送料別)




けっこういいお値段します。急ぐならこちらもありかもしれません…(^_^;


ワタシが入手したのは某オクでですが、それでも1万円前後しましたけど…




しかし…


amazonusa01.jpg

米本国のアマゾンです。




こちらだと84.99ドルで売られてました。


これを1ドル80円として換算すると… なんと6799.2円!


かなり安いことがわかりますね。





しかし残念なことに…




米アマゾンの639Cは国外には直接送付できない商品です。


これをクリアするには、米国内に住む知り合いに頼むか、知り合いを作るか…




ウチはフランスなら在住してる知人がいますが、アメリカには…(^_^;



と、思っていたら…

wa.jpg




なんと知人ができちゃいました。こんなこともあるんですね…


不定期で続きます。




人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

グランピングって知ってる?

ここのところソロキャンプばかりですが、もうすぐ年末年始だし、


自分の誕生日も近づいてきたしで、家族でのキャンプ場行きのプランを考える時期になってきました。








去年のワタシの誕生日は、青野原ACですき焼きキャンプでしたっけ…





…で、いろいろとキャンプ場を探していますが、正月明けにひとつ予約が確定。



ieg01.jpg

初の関西遠征です。




どこなのかはまだ明かしませんけど、上の画だけでも分かってしまう人には分かってしまうと思います。



いやしかし…


ieg04.jpg ieg06.jpg

ieg03.jpg ieg05.jpg

ここもずいぶんと高規格だなぁ…(^_^;




このキャンプ場に行きたいと言い出したのはママさんです。残念ながらキャビンでの予約を入れました。



私的には、これまでワタシが揃えてきた冬キャンプ用の備えを投入すればぜんぜん大丈夫と思うのですが、


家族全員でこの時期、屋外の幕で過ごすのは不安はあるでしょうから… 仕方のないことです。




ieg02.jpg


ここに予約してふと思い出したのは…




今まで訪れたキャンプ場でも、施設設備が高規格すぎて、


「これはキャンプ場とは言えないのでは?」と思った場所がいくつかあったこと。






最近ソロで、最低限な水回りとかトイレとかばっかりのところにしか行っていないワタシからすると、


炊事場でお湯が出るだけでも、じゅうぶん設備の充実度を感じます(^。^)





道志村の「花の森オートキャンピア」、ここは風呂もあり、ACサイトも選択可。道志村最高規格と言っても差し支えないかも…






そして、無線LAN配備済みというキャンプ場もありました。





北軽井沢スイートグラス。赤い矢印のところに泊まったら、ギリギリ圏外でしたけど…(T.T)



キャビンによっては圧巻のキッチンストーブもあり。イベントも豊富でした。




白州のビッグランドも無線LANあり。しかしここも電波は弱かった記憶が…



でもここは、夕方に子ども向けの映画上映会を催してくれるのがありがたい配慮でした♪ 映画観てくれてる間に洗い物が済むし(^。^)





那須のキャンプアンドキャビンズの設備もかなりの充実度…




場内に露天風呂もあるはずだったんですが、この時は冬季閉鎖中…(T.T)






テントサイトもかなり広め。このときはキャビン泊でしたけど…




ほかにも遊園地近接だったり、オフロードコース併設(コースにキャンプ併設が正しい?)だったりするところも…




その最たるところがこれらふたつ…



初島のアイランドキャンプヴィラ… 常設テントサイトで調理の必要もなし。食材はスタッフがサイトまで運んでくれました。



そして大子広域公園グリンヴィラ。コテージにテレビがあったし…





コテージのキッチンとはいえ、キャンプ場でIHに出会うとは思ってませんでしたし…






ところで、こういう高規格なキャンプをさして言う呼び方がちゃんとあるようです。


グラマラス(glamorous)な キャンピング(camping) を略して、グランピング(Glamping)と言うそう。


キャンプ場のサービスを高級ホテル並にした高級キャンピング(Luxury Camping)スタイルをそう呼ぶそうです。



海外富裕層が楽しむサファリツアーなどがそれに当たるんだと思います。



glamp3.jpg


glamp2.jpg



初島のアイランドキャンプヴィラあたり、すでにグランピングと言ってもいいのかもしれません。








ワタシの誕生日キャンプ、我が家は「誕生日スペシャル」というルールがあって、


バースデーを迎える家族が我が儘を言えるので…


グランピングとまでは行かなくても… たまには高規格なキャンプ場行きでも画策してみるかなぁ…




人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

ボイジャーコット VS クロスターコット

クロスターの中古(ですが限りなく新古に近い)コットをゲットしたのですが、


すでに持っているこれとの比較をしてみることにします。



DSC_0035.jpg

ボイジャーコットですね




ボイジャーコットはこちらで求めたもの。



販売元の快速旅團のサイトでは約4kgとなっていますが、


DSC_0034.jpg

ウチでの計測は3.7kgと出ました。




持った感じではクロスターのコットのほうが重さを感じたのですが、



DSC_0044.jpg




実際はボイジャーコットのほうが重かった…


たった0.1kgの差で、クロスターはサックを含まない計測です。ほぼ同重量ということになるでしょう。



DSC_0041.jpg

サックの大きさもほぼ同じ…




しかし並べてみると…



DSC_0040.jpg

何か写ってますけど…(^_^;




生地のテンションのかかり方が違います。



DSC_0036.jpg




クロスターはかなりコシが柔らかい感じ。これに対してボイジャーはかなり堅めです。




たぶんクロスターのコットを使うのはこの人なので、どっちがいいか尋ねたところ…


DSC_0037.jpg

お兄ちゃん、やっぱりこっちがいいそうです。




ボイジャーコットの堅さは大人には心地良いですが、子どもには堅すぎるのかも…



DSC_0038.jpg

並べてみて気付きましたが、高さも違いますね。





そういや昨日の更新で書いた、フレームの曲がりですが…


DSC_0020.jpg




こういうことです。ヘッドレスト部分を立ち上げるための構造でした。



DSC_0030.jpg




しかしテンションがかかりにくい部分なので、ほとんど角度は感じないかな…(^_^;



DSC_0043.jpg




これらコット使ってパパとお兄ちゃんとで、この幕の中で寝ることになるかな?







  





こういう備えをし始めたということは、近いうちにペアもしくは家族でキャンプに出る予定ということだったりしますが、


またそれは別の機会に…






人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

<


ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪
icon icon

icon icon











メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
いろいろ