2年放置のリペア接着剤でテンティピの窮地を救えたのか?



結果的には余計なことをしてしまった…




薪ストをテンティピにインストールする際

幕体を煙突の熱から保護する役割のガードの

ラス網部分から冷気が入る気がして

ヒートバンテージを巻き番線で固定したのですが

余った番線の処理がまずかった…




この余った番線ブラブラが幕体に引っかかり

煙突ガードが抜けず チカラワザではずした際に

テンティピにダメージを与えてしまった模様…




赤丸の部分です

設営した際 天頂部を8角形に広げる骨組み…

グラスファイバー? のパイプがはずれてしまっています


実はこの部分 過去にも外れたことがありまして…




2年前の冬でした

その当時聞いた情報では ある程度使い込んだテンティピでは

このポール外れが起きやすくなるとのことで

対策方法も他のテンティピユーザーから情報を得ていたので

その方法を施し ここまで問題なく使えていたのです


そして今もその対策のための部材は

テンティピのペグ袋の中に入っています

ただし2年以上の月日が経ってますから

果たして今も使える状態なのかは分かりません




リペア部材が使える使えないに関わらず

とりあえずもう撤収は始めてますからね

まず前夜の雪でびしょ濡れになり

幕内に畳んであったフロアを引っ張り出し

広げて乾かします





次にペグコードのテンションを緩めて…





セントラルポールを引き抜きます




地べたに落ちた幕体周囲に埋まる

16本のペグを抜いたら

さっき灰濾ししてまだ火が残る炭壺へ…




前夜は雪だったのでペグはドロドロ

今回も炭火焼きにし 強制乾燥で泥を落とすことにしました


そしていよいよ問題の核心部分へ




幕体天頂部に問題が起きると

3メートル超もの高さがある大型ティピ型テントは

設営中に手出しができませんし

かと言っても 自宅の駐車場で広げてリペアするには

大きすぎますから

この機に手を下すしかありません




これは2年前の画ですが

今回もまったく同じ状況だった…




煙突ガードはなかなか外れませんでしたからね

見事にはずれちゃいました

いや はずしちゃいました が正しいかな…






2年ぶりのご対面です…(T.T)

そして2年間 あたためたリペア部材とは…




アロンアルファ

テンティピで使うのは2年… いや正しくは2年と3ヶ月ぶり

その間 マンティスチェアのリペアで一度使ったきりで

ほぼ放置していたと言ってよい状態です




おそらく中味はすでに固く硬化しているだろうと考え

今回は諦めてアロンアルファを買い直し

次のキャンプでの設営時に使って直せばいいかなと考えます


それが…




スゴイぞコニシ スゴイぞアロンアルファ

なんとキッチリ生きており

接着液はしっかり抽出できました

無事にグラスファイバーのポールは

元あるべき箇所へ収まりました




外側からも接着液を垂らして浸透させ

1~2分の待ち時間で硬化は済みました


今回で使い切ってしまいました また買わないとなりませんね







ペグの泥も焼き切れ 幕体も収容し終えて

あとはフロアだけ乾けば完璧だったのですが…




残念ながら時間切れ






これ以上広げておいても乾きそうにありません




仕方なくフロアだけ座席にざっくり置いて

明日にでも自宅で乾かすことにします

まだ翌日は祝日なので もう一日アドバンテージがあるんですよね





17時半にはすでに受付も無人でした




また来ます

次はもっと空いてそうな日を狙って… (笑)







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 青野原AC キャンプ テンティピ 煙突ガード アロンアルファ グラスファイバー ポール リペア

テンマク薪ストの煙突問題は解決・しかし別次元の悲劇が待っていた…



2月10日 青野原ACはよく晴れましたが

日陰には前夜まで降った雪が残っています




晴れ予報を見込んで

東屋の影が届かない場所に設営していましたから

テンティピのTC生地部分はおおむね乾いています




正午過ぎの画です


ポリアミドのスカート部分も外側はしっかり乾いており…




内側に結露はありましたが

少し前にウェスで拭き上げておいたので問題なし

幕体自体は完璧に乾いたと言って良いでしょう


この数時間前に管理組合の方が料金徴収に訪れましたが…




どんなにデカい幕体でも1帳は1帳

朝の徴収は1,500円で済みました

ちなみにテントの数え方は「~張り」または

「~帳(ちょう)」とするのが正しいそうで

さすが青野原管理組合の方々はそれをご存知でした



幕体はほぼ乾いた様子ですから

次は薪ストの片付け




炉内はほぼ熾き火のみ

この状態なら灰濾ししても大丈夫です




十能と粉ふるいで大きな炭の塊を取り除き

細かい灰だけ1センチくらいの厚みで残します

過去にも何度か書きましたが これは炉内のサビ付きを防ぐため

灰には吸湿効果がありますからね





続いて煙突の撤収です




今回は煙道赤熱も起きませんでしたし

構造的にかじりにくいオガワの煙突も使いましたから

それぞれが外れにくかったり

食い込み過ぎたりすることはなく

ねらった通りの結果となりました



テンマク アイアンストーブちびをお使いで煙突かじりが起きている方

オガワの煙突ならストッパー部分が線状です がじりにくくなりますよ



そして…

オガワ煙突流用以外にも

もうひとつ 今回試行したことがあります




煙突ガードと煙突には隙間がありますが

そこからの冷気流入を少しでも緩和できたら

もっと暖房効率が上がるかもしれないと考え

煙突ガードにヒートバンテージを巻いておきました

しかし これが余計だった…




なんとか引き抜くことができたのですが

ヒートバンテージを煙突ガードに巻くための番線が

悪さをしていたらしい…






余った番線の処理が甘かったのです

ここが幕体の煙突ポートにひっかかってしまい

なかなか抜けず 下からタープポールで突っついて外しました

まさに荒療治でしたが そのおかげで…




煙突ガードの中で

ガードと煙突の空間を稼ぐために仕込んだスプリングや

ガードを吊るステンワイヤーまで外れてしまい…






さらにワイヤーを結束するための甲丸スナップも

開いてバカになってしまった模様…(T.T)


そして悲劇はこれだけでは終わりません




なんと過去に対策した筈のテンティピの弱点が

再び出てしまうとは…

続きます






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 青野原AC テンティピ TC 煙突ガード 撤収 テンマク アイアンストーブちび 甲丸スナップ オガワ ヒートバンテージ

テント乾燥待ち時間中・何すりゃ時を忘れられる?



2月10日 青野原の朝は快晴でした




幕体天頂部から空に突き出す煙突は

空の蒼さを汚すような有色の煙は出していません





テンマク アイアンストーブちびは良好な燃焼状態を保ち

燃え続けています

これも炉内への吸気漏れを完封した成果でしょう

そしてそれだけではありません




コーヒーを飲みながら煙突を眺めるその先…




今回は煙突が真っ赤になるほど

過燃焼することもありませんでした

いわゆる煙道赤熱も起こらなかったのです




この成功も漏入空気を完封できたことで 余計な炉内燃焼が

抑えられたからなのでしょう


煙突の後ろに見える幕体内側に目をやると…




太陽がぐんぐんと濡れたTC生地を乾かしていくさまが分かります






乾燥するのも時間の問題で

午前中には撤収完了できそうかなと考えました


ならば朝昼兼用で食事を作り

腹ごしらえをしておかないとなりません




前夜はキムチ鍋でしたから

シメとして日本蕎麦は合いません

これ朝メシ用にと考えて買っておいたもの




内容物をストアウェイポットにあけ水を足し

アイアンストーブちびの上で火にかけます


そしてこのアイテム…

今回は自宅に置き忘れてはおりませんでした




スタンレー真空保温ジャー

朝昼兼食のタイミングで使うということは…




シェイクサラダです




パスタサラダと生野菜をぶちこんだら蓋をはめ

激しく振りまくります






総菜のパスタサラダと袋生野菜

単体ずつで食べるより 容器で振り混ぜることで食べ応えが増したり

味が中和されたり…

結果としてドレッシングの類いは不要となり

余計な油脂分を摂らずに済みます




温朝食 (笑)

トマトのポタージュは私的にマストです






蕎麦には山菜の水煮もプラス

自宅の食事より栄養バランスが取れている気がしますし

チープなアルミ鍋入り蕎麦も副菜が増えれば舌も楽しめます




もちろん完食でした


食後は再び読書に興じつつ

幕体の完全な乾燥を待つことに…




気が付くと残りあと100ページを切っていた…




薪をくべるのはもう終わりにした方が良さそうです


そして読了




スント コアで時刻を見たら13時

時間を忘れて読みふけってしまいました




テント乾燥を待つ間 ふだん読みたくて読めずにいた本を持ち込み

時間つぶしで読書にふけるのもアリですね

スマホを眺めてい過ごすより 有用な時間だったと思います






2時間近く本に目を落としていましたが

それだけ放置した甲斐あって 幕体はほぼ乾燥したようです


そう 確かに幕体は乾燥していたのですが…

続きます









更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 青野原AC テンティピ ジルコン 乾燥 撤収 雪中 キャンプ ストアウェイポット 読書 蕎麦

道志みち通年営業で冬季インフラ最強のキャンプ場



青野原ACで雪中キャンプとなるのは

過去に何度かあります




過去のあの時と比べたら今回は雪が少ないほうですが…




思い出せば2014年頃から 関東甲信地方でも

毎冬のように雪が降り積もる日が出てきたように思い出せます




朝8時過ぎではまだサイトの日陰も

道志川の対岸にも雪が残っていますが よく晴れてますからね

今日中に消えてしまうでしょう




近くの東屋の屋根は まだ雪に覆われていますが

反対側に回ると…




屋根のひさしからは雪解けのしずくが

止めどなくしたたっていました




この前日時点で翌 建国記念の日も雪予報でしたが

結局は降らなかったのです





さて久しぶりの青野原ACでの冬キャンプですが

確かめておきたいことがありました




過去の冬季には凍結防止のため

水道が止水されトイレは閉鎖されたこともあるのですが…




蛇口やトイレの個室ごと

使用不可となっている箇所があるにはあるのですが

大丈夫なところは大丈夫




しっかり水は出て

給水もできましたしトイレも流せました


そしてなんと…




飲み物やアイスの自販機は通電中でした

商魂たくましいというか何というか…(^^ゞ


いまや道志みち沿いの通年営業キャンプ場で

いちばんライフラインの稼働率が高いのは

ここ青野原ACなのかもしれません






晴れた空を眺めながら

トイレへと歩いてやって来た道を戻ります




道志川対岸にも通年営業中のパンダサイトがある筈ですが

パンダを眺められるこちらのサイトは閉鎖中のため確認できず…




そうそう青野原AC

実は花見キャンプの名所だったりします




河津桜とソメイヨシノが植えられており

前者はまもなく咲き 後者もあと1ヶ月ほどで咲き始めることでしょう


そんなことを考えながら自サイトへ戻りますが…




今回 思い立ってある工夫を施しました




煙突ガードの隙間からの冷気が幕内に入ってくる気がしたので

かつて幕体を薪スト煙突から養生するために使っていたヒートバンテージ

これを煙突ガードに巻いてみたのです




しかしこれ考えが甘かった

数時間後にそのツケを支払うことになるとは思いもせずでした…(^^ゞ










更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 青野原AC キャンプ トイレ インフラ 自販機 パンダサイト 道志

雪中で乾燥の手間かかりまくりなテンティピ設営して大丈夫だったのかというと?



久しぶりの青野原ACで過ごす

ソロの夜…




まもなく日付が変わろうかという時刻まで

夢中になって本を読んでしまいました




だって自宅のエアコンより薪ストーブの方が暖かいし

ランタンの灯りは心がなごむ色合いだし…

まさに極楽です

でもそろそろ眠くなってきたのも確かです




ちょっと危ない感じの乗せ方ですが

何とか大丈夫 もうすぐ湯たんぽも熱々になります




沸騰完了

これを専用の袋に入れダウンシュラフに放り込めば

朝まで絶対に寒くありませんからね

さらに極楽度が上がります


そしてもうひとつ

就寝前の準備です




ロストルを除いたアイアンストーブちびに

極太の広葉樹薪を突っ込みます




その極太薪に火が回り始めたのを確認してから…




吸気口を完全に閉じます

これで極太薪はゆっくりと燃えて

熾きの状態が長続きするはずです




気付くと日付が変わってしまった




深夜0時の幕内気温は21度

薪ストの吸気を絞り 細く長く燃えるようにしたので

妥当な温度です






ダウンシュラフ*2 と化繊シュラフの3レイヤー中に

湯たんぽを入れ込んで

その中に沈むとすぐに寝入ってしました



そして翌朝




目覚めたのは8時です

前夜は植栽から落ちてくる雪に濡れ

色が変わっていたTC生地も乾き始めてます




外へ出て納得




良く晴れてました

前日は設営前から雪が降っており

寒い中で雪に濡れたままなら

到底 乾燥撤収することなど適わない巨大TC幕を設営したのは

こうなる予報が出ていたからです




まだ完全に乾ききったワケではありませんが

これだけ晴れていれば大丈夫でしょう




雪もすでに前夜より溶けて少なくなっていますからね

気温も上がりそうです








更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 青野原AC 極楽 湯たんぽ 予報 テンティピ TC キャンプ 設営 乾燥

世界の中心でまいう~を叫びたいけど叫べない



実はすでに22時を過ぎていたりしますから

静かに過ごしています




日のあるうちは他のサイトからの

音楽や嬌声が賑やかだった青野原ACも

静寂が支配し始めました




ワタシも大人しく鍋をいただきます

1人用のキムチ鍋はあまり色味は美味しそうに見えないのですが

さすが寒い土地の民族の編み出した味覚です




普段は自宅でキムチは食べませんが

寒い冬のキャンプ場では美味しく感じますし

カプサイシンの作用でしょう 身体も温かくなってきます





お腹も減っていたらしい

瞬く間にキムチ鍋の具は胃袋の中へ

消えて無くなりました




韓国ではそうすることが多いらしいですし

いかにも乾麺のラーメンが合いそうなスープの香りなのですが

買い物で選択したのはコレ




パックライスでした

鍋のシメを雑炊にしようとは

このスープの香りを嗅いだ後には絶対に考えないでしょう

でも無いモノはない

あるモノで調理するしかないのです




不味かったら次はやらなければ良いだけの話

だってソロ鍋なのですから

そう考え ダメもとで温玉も落としてみました




しかし そんな予想は

思っても見なかった嬉しい方向へ裏切られます

温玉をくずしてかきまぜたものを

口へ入れると…




あ これって…

激しくウマイ♪

思わず叫びたくなるくらいの美味なのですが さすがにそれはできません (^^ゞ

ちなみにこの鍋を買ったのはスーパーアルプスで

キムチ鍋の素はモランボンの製品です



これの小パッケージでした 次に店頭で見かけたら間違いなく買うと思います




しみじみウマイなぁと舌鼓を打っていたら

あっという間に完食してしまった

温玉入れたのも正解だったようです



今回はアルプスで温玉として買いましたが お湯を入れるだけで作れる容器もあるんですね

小ぶりなのでキャンプ道具に加えるのもアリと思いました




お腹を満たしたら 次は心を満たします




チェアワンとエレコムLEDクリップライトの相性は抜群です




就寝に向けた準備も進めながら

書に親しみます




自宅でもここ数ヶ月で本の虫化していますが

キャンプでもそうなれる環境はありがたい限り





読むのはもっぱら馳星周氏の作ばかりですが

ほぼ裏切られません 面白いですよ








更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 青野原AC キムチ鍋 モランボン 温玉 ラーメン 雑炊 ウマイ ストアウェイポット

薪ストの吸気を制する者は火力を制することができる・それも完璧に♪



ただでさえ到着が遅かったし

テンティピの設営をやり直したので

藤野やまなみ温泉から戻ったら21時になってしまいました…




雪が止んだ青野原ACの夜です

この時点から ようやく薪ストに火を入れることができます




まず文化たきつけに火を点けて

投入する薪はこれ




年末のKBソロの際に分けていただいた

3年乾燥の広葉樹薪…

そのうちの最後の数本です




テンマク アイアンストーブちびは

前回道志の森での撤収直前のタイミングで

脚パーツを本体に差し込むための孔を

ステンボルトで完封してからは 初運用です




風呂上がりのノンアルをいただきつつ

薪スト遊びに興じることに…




脚用の孔をM10ステンボルトと

ナットで完封しましたから

使い手が意図していないエアの流入は

極限まで減っているはず…


運用し始めで薪をどんどん投入する段階では

吸気口を最大まで開けて燃焼を促進させる必要があります




扉の耐熱ガラス窓の下に見える赤い楕円状の点は

吸気口が開いている状況にあることを示しており…




吸気口は全部で6つ

ここから空気が入って 炉内のその裏側あたりから

まるで液体燃料でも噴射しているかのような勢いで

焔が広がるのが耐熱ガラス越しに分かります




やや火の勢いが強くなりすぎたので

火バサミを使い

吸気口の開きを調整するツマミをスライドさせ

吸気口を閉じてみます




するとすぐさま焔の色に変化が生じ

明らかに炉内の温度が下がった感じが伝わってくる…




脚孔を塞いだ効果がもろに分かります

火の勢いを完全に制御できる環境を手に入れました

これは楽しい♪


ではその完全に制御可能な火力を使い

晩メシにします




やまなみ温泉では

食事処のオーダーストップ時刻を過ぎてしまい

食事を摂れませんでしたからね

キムチ鍋の1人用をストアウェイポットに移し替えて

加熱調理を開始します




薪ストの強大な火力を持ってすれば

ストアウェイポッドの中身が

美味しく煮立ち 良い香りを放つまでに

10分もかかりません






うーん いい香り




雪中キャンプで鍋をつつく…

ある意味最高の冬の過ごし方と思います




薪ストあるけど薪ががなかなか手に入らないとお嘆きの方がいたら…

これを使うのも一手と思います






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 青野原AC テンマク アイアンストーブちび 吸気口 ステン 完封 完全 制御

青野原ACから15分圏内で温泉選び放題って知ってました?


ここ青野原ACの標高は200メートル台で

それは我が家とあまり変わらない高さです




なのですが雪は降り続いてます

こんな時は薪ストでしっぽり暖まるのもアリですが

温泉でしっぽりというのもおおいにアリかと…




画面はiPhoneのアプリで

銭湯・温泉・日帰り温泉 レビュー情報共有マップくんのもの

そして青野原からいちばん近いのはこの施設と

表示されました




緑の休暇村にあるいやしの湯




青野原ACからはほぼ道なりと言って良いルートで

片道8.4キロ 車で15分の道のり

しかし現在時刻は19時過ぎだったので

念のためいやしの湯に電話で確認すると…




辿り着いても1時間も経たずに追い出されるタイミング…

アウトです

上の画面は帰宅後にHPで確認した時のもの

アプリを起動して気付くのが遅すぎました (T.T)


そこでここはどうかと考えましたが…




22時までやってるし

950円ならいいかなと思い経路検索したところ

残念ながら渋滞箇所があったため

2アウト… (><)


でもあの場所もあります




食事処の利用はダメでしょう

でも入場はじゅうぶん間に合いそう




藤野やまなみ温泉

過去に一度訪れてましたが

ここ実に素晴らしい

経路も浴室も空いてました




元々は藤野町立牧野中学校があった跡地だそう

牧野中学校は昭和46年に佐野川中学校と統合され

現在も藤野中学校として存続しています

やまなみ温泉自体は平成9年創業で 当初は町営温泉でしたが

平成19年の相模原市と藤野町合併の後 地域住民の設立した地域振興協議会が運営し

現在は同協議会と公益財団法人まち・みどり公社とが連携して

管理運営を行っているそうです




泉質は低張性・アルカリ性の

ナトリウム・カルシウム泉 (塩化物・硫酸塩泉)で

源泉温度は36度と高くないため加温はしていますが

源泉を100パーセント使用しており

一切の加水はないとのことで

空いた温泉で心ゆくまで温まりました




この画像のタイムスタンプは20時26分




やまなみ温泉を後にしたのは

すでには最終受付が終わった後だった

平日なら夜間割引もあったのですが

今回は土曜日の来訪なので通常料金 700円でした





まだ雪は降り止みません




往路は牧野の山の中を通りましたが

帰路は青根を経由して…






青野原AC帰着は21時でした




雪はほとんど止みましたが

植栽からの落雪が幕体生地を濡らしています




ここからようやく薪ストの出番




温泉と薪ストの二段構えで

雪中の青野原の夜を暖かく乗り切ります





ちなみに青野原ACから藤野やまなみ温泉は

10キロ前後の道のりで

往路は県道518号線

帰路は国道413号(道志みち)を通りましたが

県道518号のルートは一部道幅が狭くなっています




大型車両(キャンピングカー含む)は

通行できない可能性がありますから

ご注意を…






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 青野原AC いやしの湯 青根 ゆらり 藤野やまなみ温泉 閉店時間 薪スト キャンプ

何がなんでもテンティピを設営したかった理由



外は雪が降っていますが

あえて巨大なTC幕であるテンティピ ジルコン15を設営しました




しかし設営中 先日のパトキャンで使って楽だった

ファウデのほうを張ろうかと 何度も逡巡したことは確かですし

雪が舞う中でジルコン15の16箇所のペグポイントに

正しくペグダウンするにはフロアを広げる必要がありました




こんなアイテムもあります

使い方は設営場所の中央にこのプレートを置いて

中央の孔にペグを打ち

そこに専用コードを引っかけて…




プレートに描かれた線のガイドに沿って伸ばすと

ペグダウンすべき箇所がだいたい分かるというもの…

つまり 「ガイド」 と呼ぶべきアイテムですが

これのねらいどころである対角線延長上の

適正な位置を探るなら

実際の設営面積に近ければ近いほど

正確な位置にペグダウンできるはずです




つまりフロアを広げ その中央にペグを打って

16角形のフロアの角にガイドコードを伸ばせば

その方が遙かに正確 ポールプレートは不要です


しかし雪は降っているワケで

そんな中でペグ打ちのガイドとして広げたフロアは

どんどん濡れてしまい…




今回はフロアレス

びしょ濡れのフロアはペグダウンのガイドとして使えても

本来用途のグラウンドシートとしては使い物にならず

今は幕内の端に畳んで置いてあります


そして雪中で設営を急いだあまり

もうひとつ残念な忘れ物を発見…




イン・テント・ベントシステムの操作コードを収束して

セントラルポール底に固定させるカップ…

これをセントラルポール底にはめるのを忘れてしまいました

このカップがその位置にはまっていないと

コードの操作が効かないため

天頂部ベンチレーターの開閉ができません




参考画像 カップがはまっていないとベンチレーターは操作できず


操作できないとなれば強制換気できませんから…


つまり安全上の理由で薪ストは使えない状況です


しかたなく もう一度途中から設営を仕切直し

幕体16箇所のコードテンションを緩め

セントラルポールを斜めにおろし

カップをはめなおす行程を反復するため

15分間の手間を要しました




やっぱり設営も撤収も簡単なファウデにすべきだったかと

後悔しきりですが…

とにかく寒いし とにかくこれを使いたかったのです




薪ストです

やはりこれに勝る冬キャンプの暖房熱源はありませんから


寒さだけではありません

前回キャンプは小型テントだったため

前々回の道志の森で見つけたいくつかの課題も

解決を見ていませんでしたからね




その未解決な課題のひとつ…

アイアンストーブちびのテンマクデフォルト煙突は

延長したり煙突ガードで重みがかかったりすると

接合部に 「かじり」 が起きることがわかったので…




前々回の撤収時 いちばん下の煙突はストッパーを超えた白い摩耗痕が残ってます

これがかじりが起きた部分



こっちを使います





同径のオガワ ちびストーブ用煙突です




テンマクの煙突接合部のストッパーが点なのに対して…




オガワのそれは線ですから

耐荷重はどちらが上か

かじりが起きにくいのはどちらなのかは

すでに明らかな気もします…






この選択が正しいかどうかは使用中や撤収時にも分かるはず

結果を楽しみに待ちたいと思います


しかし…

確かに薪ストは暖かいのですが

ここ数回のソロではアレを楽しんでいないことで

不満を感じていたのも事実でして…




冬キャンプで温まれる楽しみは薪ストだけではないのです

詳しくは次の更新で…









更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 青野原 ファウデ 設営 テンティピ テンマク オガワ 薪スト アイアンストーブちび 煙突 かじり

標高下げてもまた雪中キャンプなのは神罰のせい?



この冬前の長期予報はある程度

当たったかもしれません




エルニーニョ現象の影響です

エルニーニョ自体は海面水温の顕著な偏差…

すなわち太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけ

海面水温の偏差が平年より大きくなる現象を指しますが

大気圧の南方振動 (ENSO) と関連して起きることが分かっており

最近は 「エルニーニョ・南方振動」 と併記される場合が増えています



これらの現象が起きると

西日本を中心に低温傾向になると言われていますが

貿易風が弱まることで偏西風の蛇行が起こり

南からの暖気が入りやすくなるため

本州南岸では低気圧が発達しやすい大気状態になるそうです





つまり関東甲信地方も雪の日が増えることになりますから

今は道志や神奈川の相模原でも

こんな感じに雪が残る場所があります





ここ 現在まだ通行止め箇所が残る道志みちの迂回路

相模原市青根のあたりですが

こんな空模様が続くからこそ気を付けたいものです




斜面北側に面する道路は

昼間でもアスファルトが乾かず

気温によっては日中も凍結することがありそうです


首都圏はもともと降雪が少ない場所であり

冬も夏タイヤのまま過ごす方が珍しくありませんし

さらにこの時期の道志みちには

オートバイの姿すら ちらほらと見えています



今の時期 峠を走る場合はせめて

タイヤくらいは冬用に替えた方が身のためですし

オートバイは もう少し暖かくなるまでは

必要に迫られない限り 乗るのを控えた方が良いのでしょう



実は先日のKBパトロールキャンプの際

上の場所で 250ccのバイクが転倒しており

車両の引き起こしに手を貸しました




気がせくのは分かりますが

やはり痛い目に遭ってからでは遅いかな…

あと少しだけ待てば バイクに気持ち良く乗れる季節は

すぐにやってくるのですから…




どうしても待てない場合はこんな乗り物もあるようです

ナンバーを取得すれば公道も走れるらしい

ただし最高速度は時速45キロまでしか出ないそうですが



さて…

KBパトロールキャンプから一週間経ち

再び野に出たくなったのですが

この日もまたもや…




雪でした

2月9日のことです


本当はまだ一度しか行ったことのない

道志上にある通年営業のキャンプ場へ赴きたかったのですが

標高850メートルを超す地に辿り着くにはね…(^^ゞ

この天候は足枷でした




もちろんデリカはスタッドレスを履いていますが

諸々の事情で無理はしたくないので 近場の標高が低い場所で妥協

南関東でキャンプする方なら

上の下り坂に見覚えのある方も多いでしょう




画像に写っていない通り この時は雪が止んでいます

下り坂の先にある2つのキャンプ場のうち

左手のほうに伺っても良かったのですが

こちらは予約が必要と調べてあったので 右にハンドルを切ります




ひさびさの青野原ACですが

いやいや相変わらず…

雪模様なのにけっこうな混みっぷり (^^ゞ




道志川沿いに伸びる細長い敷地を

奥に進もうとして混雑の理由を理解します




開放されているのは手前側のA・B・Cサイトのみ

D・E・Fサイトは敷地養生のため

閉鎖中とのこと…




Googleマップで示すと

ちょうどこの地図で画面表示されるエリアの敷地しか入れません

つまり全サイトのほぼ半分しか使えないので

利用者はそのエリアにギュッと圧縮されてしまうのです



やむなく Bサイトの端 東屋の前に空いた場所を見つけて

ふたたび舞い始めた雪の中 特急で設営開始




そして設営を終えた頃…

18時を過ぎた場内に強烈な灯りが射し込みます




久しぶりの青野原ですが

凄まじい明るさの照明設備があることを

すっかり忘れておりました


トイレは売店近くのものしか開いていませんが

その他の場所も人感センサーで点灯する照明は

しっかり動作する模様…




同じ道志みち沿いの通年営業キャンプ場でも

山梨県内の道志の森や椿荘ACは暗いのに対し

青野原ACは場内の照明設備はしっかり稼働しており

暗くなり始めても ヘッ電の必要を感じないほどです


しかしそれでも幕内は暗いのでして…




ケロ灯を予熱

夜間を快適に過ごすには

自前の光源を確保せずにはいられません





ここで再び雪が強く降り始めた…





カメラのレンズを拭っても拭いきれず…

雪粒が付着したまま撮ってます (^^ゞ




雪が降る中ですが設営した幕体はテンティピです

これにはきちんとした根拠があってのことで

翌日はきっちり乾燥撤収させておりますが

それにしても今冬のキャンプは雪が多い…




これも南岸低気圧の多発が原因で

やはりエルニーニョ現象が起きているからなのでしょう…




「El Niño」 とはスペイン語で 「神の子」 の意味だそう

もともと El はスペイン語の冠詞であり 英語でいえば the のようなもので

「 特別 」な存在であることを強調します

Niño の直意は男児ですが 冠詞をまとって 「幼子のキリスト」 となるのだそう

南米でクリスマス頃に起きる異常気象を 神罰とか奇跡とかになぞらえたものが

あの気象用語の語源らしいです







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 青野原 エルニーニョ オート キャンプ 南岸 低気圧 標高 南方震動 オートバイ

突風吹く中の撤収はワンポールのセオリーを参考にすべし


アウトフリーの青野原ACですが、

さすがに日曜の午後1時を過ぎると空いてきます。




しかしワタシと違い、土日休みでなく日月休みという方もいられるのでしょう。

上の画像と反対方向のサイトには、ソロテントを幾つも設営された団体の利用者様たちが、

先ほどから焚火に興じられておりました。




これから先、さらに空くであろうキャンプ場を独占するに近い状態で楽しまれるのかも知れず、

羨ましい限りです。



ところで撤収開始してから気になっていたことです。

この日の青野原は午後から強い風が吹きすさんでおりました。





スノーピーク リビングメッシュエッグの横っ面を、

これでもかと言わんばかりの強烈な風圧が襲います。




マッドスカートのある冬場も使える幕体の筈ですが、

時折それすら巻き上げて、幕体反対側のドアを押し上げようとする始末。

設営中はスカート上に重石となる石を置いてあったのですが、撤収に先立ちそれらをサイトに返した後でした。





良くもまぁ、こんな画像を撮ったものです。

我ながらの危機意識の欠如、今になって呆れてしまいます。




幼少期に真面目だったワタクシ、決してスカートめくりという悪戯はしたことがありません。

今まさに冬将軍のその悪戯にさらされております…。 



ほどなくしてぱたりと強風が収まったので、

この機を逃さずにリビングメッシュエッグの撤収を開始すべく… 





ペグを抜きロープを収容し始めたその直後です。





再び突風に襲われました。

すでに地面に固定するペグを収容した後ですから、

幕体を強風に持ってかれそうになり… 




慌てて幕体を踏んづけ風に持っていかれるのを押さえ、

少し収まってからすぐさまポールを抜く作業に入りましたが、

設営時は、デリカから少なくとも1メートルの距離があった筈。




それがペグ固定を解いてすぐ、あっという間に強風に煽られて… 




とにかく長いポールを使う幕体です。

それを抜くタイミングが違っていたら、車のボディは傷だらけになっていたかもしれません。

危ないところだったのかも… (^^ゞ 



後になりふと思いついたのですが、何とか乗り越えたこの危機… 

ちょっと古いけどヒヤリハット事例として振り返れば、





いつも使っているワンポールテントの撤収と同じ順序を踏襲すれば、

陥らずに済んだことだと気付きました。


ドーム型テントと似たフレーム構成のリビングメッシュエッグは、

通常の撤収であれば最初にペグを抜いて地面からの固定を解き、

次にポールを抜いて幕体をたたみ収容するのが順当な撤収手順です。





しかしワンポール型の手順は違います。




ペグを抜くのはそれに繋がるコードのテンションを緩め、

まずポールを抜いてからでないと行えません。




この手順はテンティピもシャングリラでも、

2ポール構成であるMSRのシェルターでもいっしょです。






リビングメッシュエッグ、強風下での撤収はワンポールのその作業と同じく、

ロープのテンションを緩めた状態でペグダウンしたままにし、

風に飛ばされない状況を担保して行うべきだったと気付きました。





もちろん2ルームテントやドーム型テントも、

この方法で強風下でも流されずに撤収が進むと思います。



撤収時はちと大変でしたけど、今回のソロはのんびりできました。






撤収完了は15時過ぎ。気温は再び10度を切り始めております。






青野原ACは桜の多いキャンプ場です。




近くで撮ることを失念してしまいましたが、

肉眼を通しての記憶では蕾が膨らんでいることを憶えています。





今春こそ、これまで一度も実現させていなかった花見キャンプをこの地辺りで実現させたいものです。





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










静かな冬キャンプを楽しむには3月初旬が狙い目? ・ 青野原ACでの話です


前夜にインした際もその後も、

決して狭くない敷地面積のあるキャンプ場の割りには、

妙に人口密度が高いなと感じておりました。




昨今は冬キャンプに挑まれる方が増えている様子ですし、

冬季の青野原ではひな祭りの日までは間違いなく人口密度は高まることでしょう。


この告知を見て、そのことを確信しました。






かつてワタシが好んでこの地で設営していた場所は、

車止めに阻まれた先にあります。今は車で進入することが適わないようです。





見慣れない看板表示を見つけ、

古参キャンプ場に新しいシステムが導入されつつあることを、改めて気付かされました。





こんな看板も発見。1年前に訪れた時には見なかった物です。

正面から撮ってみました。




3月初旬まで入れないのはD・E・Fサイトということになります。



少しだけですが徒歩で、

凍結したというサイトに影響がなさそうな範囲で拝見してみましたが… 




かつてこの木立の下のサイトで、何度もソロの夜や、

長男とのペアキャンプで過ごしたものですが、今は車では入れません。



さらにその奥の造営されてから新しめのFサイトも、

今は入ることが適わず。




こんなに広いサイトが空いているのですが、

キャンプ場敷地が凍結する時季に保護するためには、

車の進入を許してはいけないのでしょう。

同じ保護目的のため、通年営業を諦められた別のキャンプ場の存在を記憶しています。



Dサイトにあるトイレに向かってみると… 




このトイレ棟もソロやペアで何度もお世話になった場所ですが… 



トイレに向かう坂道の途中で見ることができました。






なるほど。確かに地面が凍ってます。


これ以上ここを歩いてはいけないと思い、

急いで車止めを越えて自サイトに戻りました。





あと1ヶ月、本格的な春の声が聞こえるまでは、

青野原でお隣のサイトが近いことは我慢しなくてはならないようですが、





3月3日以降は開放されるサイトが拡大され、

この広いキャンプ場で冬キャンプの静けさを堪能できる機会が増えることになるのでしょう。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










青野原で2ルーム張ると別料金ってホント?



青野原ACでの半年ぶりの邂逅に触れる前の出来事で、

気になったことがあります。




料金徴収の際、管理者様たちが訝しげな眼差しでワタシのリビングメッシュエッグを見上げられてから、

こんなご質問をぶつけられました。

「これ2ルームじゃないわよね?」 と。


その時は何も考えず、即座に 「ええ違います。これ単室テントですよ」と答えたところ、

無言のままで上の画像通りの請求額を支払ったのですが、

質問に妙に引っかかる気がしました。


 


もしかして2ルームテントだと増額徴収するシステムに変更されたのかもしれないと…。


領収証を見る限り、2ルームの料金徴収枠は無いのですが、

後になって調べてみるとやはり図星のようでした。


青野原ACで2ルームテントを設営した場合、

テント+タープと見なされ、

500円+500円=1,000円の徴収額となるとのことです。





同じ道志川沿いの神奈川県内にある某キャンプ場が高規格化し、

利用料を値上げして久しいですが、このキャンプ場も同じ方向へ舵を切りつつあるようです。



さて半年ぶりにお会いしたmotosuさんですが… 




いろいろとお話させていただいて、お仕事がお忙しく、

年が明けた今、昨秋入手された新しい薪ストのセッティングを、

ようやく実行できるようになられたとのこと。


仕事上の付き合いも大事だけど、1人の時間はもっと大事との話は、

ワタシも力強く首を縦に振りました。



motosuさんが薪ストセッティングをされたかったように、

ワタシもどうしても1人の時間にしたいことがあったのです。




これ古本屋で買ったのはやはり昨秋だったかな…。


なかなか読めずにいたのですが、

今回はアウトフリーの青野原ですし午後に家族の予定も入っていませんし。




ノワールにしてコメディ。馳星周の綴る痛快な展開に思わず一気読みしてしまいそうになりますが、

ふと気付くと… 




なんと本のの部分が真っ黒に…





そうです。薪ストいじりで汚れたままの手でめくり続けると、

こんなことになってしまいます。




キャンプ中、特に薪スト運用時に読書する時は、

絶対に手指をキレイにしてからでないとダメなんだと認識しました… (T.T)




たまたまこれを持っていたので、

この後キレイに手を拭き上げてから読書を再開します。



合間にバリゴの標高表示をリセットしたりして… 




それでもビミョーに狂ったままですが、この程度なら許容範囲でしょう。

そろそろ薪ストも鎮火しそうですが、この日の正午前は日射しも暖かく、

幕内は30度近い温度です。




アルパカの火力を絞って運用してますが、

それでも暑いくらい。リビングメッシュエッグのドアは絶えずこんな状態です。




まだまだ読書は終わりません。

前日に買い求めておいたオニギリを食べてお腹を満たし、

自分の時間を堪能します。が… 


ここでmotosuさんが作業を終えて撤収を済ませられ、

しばし立ち話。いつかまたお会いすることがありそうですから、

その時はぜひ飲みましょうと約束を交わし… 




なんとステッカーをいただいてしまいました。

ワタシはこういうエンブレムを持っていないので、お返しできず… ゴメンナサイです (m_m)





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










朝起きたら隣のテントは偶然にも知り合いだった♪



現在の時刻は8時を過ぎました。




スノーピークのメッシュエッグ、そのスカートの端は霜が降りたままです。



自サイトの周囲の地面もまだ白い。





30分ほど幕外に放置してあったバリゴを覗き込むと… 




あーやっぱり。氷点下でした。-1.8度。





煙突の排煙も外に出た一瞬で冷やされるのでしょう。

乾燥状態の良い薪で燃焼効率も良好な筈ですが、

外気温が低いので白濁して見えます。



しかし気になるのはバリゴの標高表示。




温度計測機能は素晴らしいと思います。さっきまで幕外で完全放置だったのが、

すぐに指の体温を拾い、0.1度上昇しましたから。




iPhoneの標高計測アプリで計るとこの地の標高は177メートルの筈ですから、

40メートル以上ずれていることになるし…。


実はキャンプに出る直前に画面表示がおかしくなって、

電池を入れ直してリセットし、日付等は再設定したのですが、

標高誤差については修正していなかったんですよね。




まだ氷点下なことは間違いないので、

とりあえず温々の幕内に戻り… 




最後の薪をちびストに投入。

これであと1~2時間くらいは温熱の恩恵に与れるでしょう。



ちびストとHEAT-1で沸かしたお湯でコーヒーも淹れます。





幕外は-1.7度でしたが幕内はというと… 




25.1度。幕外とは27度くらいの差があることに(笑)



この後、iPhoneでツイッターをチェックしてたら、

我が目を疑うような画像を発見。

つい先ほど投稿された知り合いの方のツイート画像に、

ワタシのリビングメッシュエッグが写ってました。


ということは… 




えーっ! と思わず押し殺した叫び声をあげてしまいました。

なんと隣に設営されていたサーカスTC、

ツイとものmotosuさんだったとは… 


何やら作業に没頭されているご様子だったのでとりあえず声はかけず。










とりあえず返信した後、青野原の管理者様たちの料金徴収があり、

その時にやっと作業を中断されたご様子で歩いていられる姿に視線を送り、

半年ぶりの邂逅です。






思えば昨年6月に初KBでお会いして、

その後同じKBに親戚とグルキャンで訪れた際にも久保吊りの辺りで、

すれ違っていたんですが、今回やっと間近で設営することができました。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










ヒートエクスチェンジャーは薪スト上で使えるのかというと…



もちろん起きてすぐ炉内に残る熾き火を頼りに、

広葉樹薪をくべて、ちびストーブの運用は開始しています。




良く晴れてますがやや風が強めで、

そして冷たい。外に出て頬に当たる乾いた冷風から、

現在の外気温は氷点下だと察しが付きます。




正確な温度が知りたくなり、腕に巻いていたバリゴを幕外に放置しておりますが、

腕からの体温が完全に冷めて実温度を表示できるには、少し時間を置かないとなりません。





青野原ACのサイトは渓谷の東に位置しますが、

立地は渓谷の底なので… 





山塊が障壁となり、夜が明けて日が昇っても、

陽光が差し込んでくるまでにタイムラグが生じてしまい、

朝は気温が上がりにくい状況になります。




対岸の新戸キャンプ場もまた同じ立地です。




この時は撮れませんでしたが、てっぺん辺りから煙が上がる幕体が見えましたから、

あちらでも薪ストを運用されている方がいることが分かります。





道志川の流れは寒々しく、空腹も感じてきたので、

スノーピーク リビングメッシュエッグの幕内へ戻ります。



昨夜こしらえてあった激辛メニューが、

MSRとシーガルのコラボクッカー、ストアウェイポットの中にあるという安心感。




ソロキャンプでは撤収を早めたいので行動食に近い朝メシ、

おにぎりやら総菜パンやらで済ませることが多くなってましたが、

今回はなんと四川風麻婆豆腐にザーサイ付きご飯… 




さらにスープも付けた、今まであり得なかった豪華メニューです (笑) 


今回のソロキャンプ、撤収後に急がねばならない予定がなかったので、

前夜に続いて手間をかけられたという次第。




なので本意としてはきちんと炊飯したかったのですが、

昨夜の買い出しはコンビニのみ。主食として最も美味しさを味わえそう物なこの米飯パックでした。



諸事情によりこの担々系の食材は自宅では遠ざけることが多いので… 




担々系食材はピーナツオイルを使うことがあるようです。

この成分を摂取すると死に至る可能性を持つ体質の家族がいるので、

ソロキャンプであっても食後に食器は熱湯消毒しないとなりません。




しかし今回、うっかりいつものケトルを忘れてきてしまったので、

こちらで代用。DUG HEAT-1。




今回初めて薪スト上で使いましたが、全く問題なく短時間でお湯を沸かせました。

なお奥に見えるLサイズのDUG焚火缶では、ふたつめのご飯パックが加熱中だったりします。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

●DUG・HEAT-1(DG-1100)
価格:4060円(税込、送料別) (2017/1/28時点)




アルコールストーブやケロシンストーブ、

さらに薪ストーブ上でもレスポンスが良い。ヒートエクスチェンジャー装備のクッカーとしては古参の部類ですが、

これは頼もしい。薪ストでもしっかり役割を果たせました。






こってりした中華系の朝メシは… 

辛味が身体の眠気をたたき起こしてくれます。





いやいや旨い。

思わず2つ目のご飯パックも平らげてしまいましたが、

それでも麻婆豆腐は余ってしまったので… 





これがストアウェイポットの真骨頂なのかも。





しっかりフタできますから、残りは自宅でいただくことにしました。









サイズは475cc・775cc・1.1L・1.6Lの4展開。小さい方の2つを持ってます。自宅で仕込んだ食材をキャンプに持ち出すのにも使えますよ。



なお食後に幕外のバリゴを見に行くとやっぱり氷点下でした。




実測値は次の更新で… 





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










地面の冷気を制する者は冬キャンプを制す


青野原へインしたのが18時10分過ぎで、

幕体への薪ストインストール完了したのが19時半前になります。




20時過ぎからビールを飲み、調理したりサンドイッチを摘んだり、

PCで画像処理したり、




年末に求めたKansasの楽曲を聴いたりしながらのんびり過ごし、

気付くとすでに23時を過ぎていました。




今はちびスト筐体や煙突からも強烈な熱が幕内を温めていますが、

ソロキャンプで眠りに落ちてしまえば薪の継ぎ手はいなくなります。





冬キャンプで薪ストを使う場合のセオリーです。

就寝中に薪火が落ちた後にも寒くないよう、今回もアルパカの力を借ります。







安全対策も前述通り。CO検知器も稼働してますし、

常夜灯も忘れていません。




上は暖色系で下は寒色系のソーラーパフなのですが、

カメラを通すとほとんど違いが分かりませんね。




ケロシンランタンも就寝中に消えるはずですから、

夜中に万が一、何かあった時に対処するための必要な対策です。






コットは使わない地べた寝ですが、

ダブルダウンシュラフの下はサーマレストですし… 






さらにその下にも工夫があります。






前週の椿荘ACで雪中キャンプだった時と同じ装備で、

雪のない青野原です。ここまでやれば大丈夫でしょう。





ということで起きたのは7時半。8時間も眠り続けたことになります。

自宅での平日の睡眠時間は平均7時間弱ですから、いかに快適な眠りだったか… 




キャンプ場にいた方が快適に眠れるというのは、

何とも皮肉なもの…(^^ゞ 





足元6時の少し離した位置にアルパカを置いたのも正解でした。

じんわりと暖かさが伝わってくるのが分かりましたし… 




ダブルダウンやリッジレスト、

今回も良い仕事をしてくれました。






なおサーマレストより下の地面からの冷気を緩和する手だてはこれら。




地面にオールウェザーブランケットを敷き、その上にクローズドセルマットを敷いています。

さらにその上はサドルブランケット。ここにサーマレストを敷いてダブルダウンで就寝。




雪こそありませんが、外に出るとサイト地表は霜が降りてます。


暖房熱源の効果もありましたが、この時季のキャンプで暖かく眠るためには、

やはり地面からの冷気を防ぐ手だては特におざなりにできないと、

改めて気が付かされました。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










煙突の幕体ガードは自作派? それとも転用派?


テンティピにちびストーブをインストールする際にも煙突の幕避けとして使っていますが、

スノーピークのシェルターにも同じ用途で使えます。




煙突ガードです。




本来は薪ストーブ煙突の筐体側に寄せて取り付け、そのラス網やステン板で覆うことで、

不意に煙突に触って火傷することがないようにするための道具です。






しかしこのガードを転用して、

煙突先端からステンレスワイヤーとピンフックでぶら下げれば… 


 


排熱ダメージから幕体を守る効果ことができます。

ちなみにワタシはステンレスワイヤーをちびスト煙突傘だったものに引っかけたり、

巻き式煙筒を結束するためのホースバンドに吊したりしております。







煙突から発せられる熱量も馬鹿にならないので、

いろいろ考え試した結果、煙突ガードを吊して煙突がなるべく幕内に収まる長さを稼いだ場合、

これらの構成に落ち着いた次第です。




以前は煙突幕体避けは自作していたのですが、

この煙突ガードを転用すれば手持ちの複数の幕体で使えると分かり、

自作派から転用派に切り替えました。




しかし今夜の青野原、幕外に放置したビールが冷えまくりだなと思ったら… 




当たり前です。まもなく幕外の気温は冷凍庫内レベルに達する予報。



こんな場所であっても暖かく眠るため、

先週の雪中凍結キャンプで効果絶大だったダブルダウンシュラフ… 




今回もこれらの組み合わせです。

ナンガ450とモンベル#2はロフト回復のためにサックから解き放ちました。




お腹が空いていたことを思い出すのを忘れるくらい、

冬ソロキャンプの設営やその後の諸々の工夫は楽しい物ですが、

そろそろ生理的欲求に抗いきれなくなり… 





自宅から持ち出したり往路で求めたりした食材を、

クーラーから取り出します。






どうしても必要な長ネギは自宅にはなく、現地でこれを求めるため、

青野原近辺で3件のコンビニをハシゴしてしまった… (T.T) 



そしてこれも必要です。ごま油ですが… 





いやいや驚きました。




最近はしょうゆだけでなく、

ごま油もフレッシュボトルになっているとは… 



今夜作ろうと思い自宅から持ち出したのはこれです。




本格四川の辛味が期待できます。中村屋の麻婆豆腐。



やっぱり麻婆は絹豆腐だよなぁとひとりごちながら、

中村屋の麻婆の素をストアウェイポットにあけ… 




絹豆腐にペティナイフで切れ目を入れてから投入。



苦労して入手した長ネギですからまな板を出しても良かったのですが、

ほんの少量だけ刻めば良いとのお品書きでしたから、

麻婆パッケージを布巾で拭いてから開き… 




そのパッケージのビニールコーティング上で刻みます。


ストアウェイポットに激辛麻婆の材料のほとんどを入れて、

灼熱の熱源であるちびストーブ上で加熱しました。




が… 




長ネギだけ求めるつもりで入ったコンビニでそれが見当たらず、

余計なものを買ってきてしまった。



調理しながらビールを啜り、サンドイッチや生野菜を摘みつつ、

さらにビールを啜り続けると… 




もうお腹いっぱいです。今夜作った激辛メニューは、

明朝にいただくことにします… (^^ゞ 













更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










薪ストーブ運用開始後にいじり過ぎて陥りやすい失敗例…



昨年末のチャリ合宿キャンプ前に無理なお願いをして、

kB管理人様より頒布いただけた良質な広葉樹薪のうち、

残った物を自宅へ持ち帰っており、それを今回は持参してありました。





久保キャンプ場の管理者様が選ばれた薪の乾燥状態がいかに素晴らしいかは、

この光景を見れば頷けます。


まだ点火したばかりで火勢をつけるため、吸気口を全開にしてありますが、

そこから逆流する焔がこんなにも… (・_・;





これひょっとしたら危険な状態だったのかもしれませんが、

ほどなくして火の勢いは落ち着きを見せ始めました。






炉内を覗くと最初の1本はすでに燃え落ちており、

2本目も燃え始めています。




まもなく3本目にも火が入るでしょう。なんとも頼もしい燃え方です。

やはり3年も乾燥させると、こうも激しく燃えてくれるようになるんですね。


時間をかけることの成果に納得してちびストの吸気口を全閉にし、

今度は火勢を制御する方向へ、運用の舵を切り直します。





すると途端に炉内の火勢は落ち着きを見せ、

じっくりと燃焼し続ける方角へと転舵反転。






こうなればあとは時々薪をくべるだけで、このあと就寝時まで、

暖かく過ごせるでしょう。




点火させた薪ストーブの火勢が軌道に乗る段階までの行程は、

焚火を操るのとはまた違った楽しさがあるものですが、

この行程段階で調子に乗って何度も炉内を覗き見していると、

こういうことが起こります。





それまでちびスト前でヘリノックスに座しておりましたが、

立ち上がって気付けば、幕内は滅茶滅茶に煙たい状態だった… ^^;



でも大丈夫。




スノーピークのリビングメッシュエッグは、

メッシュという単語が名称に含まれるくらいで、

ユーザーが任意に換気や通風を操ることができますから。




天頂部近くのドアを一部開放すれば、

面白いくらい迅速に排煙できます。

恐ろしいくらい迅速に寒くもなりますけど。


もちろん別の視点からも、煙たい状態に陥ったとしても、

無事に帰宅するための予防策も講じてあります。



 

CO検知器ですね。だいぶん汚れてきましたが、動作はまだ大丈夫みたいです。






すったもんだして21時を過ぎ、幕内温度は20度前後で安定しました。



ところでこの時期の青野原ACですが、

以前秋口に訪れた時ほどではないにせよ、

けっこうな混み方です。




以前のように冬季の開放をされず、

今の季節は週末だけオープンという体制に変わったようですが、

何というか… 不自然に人口密度が高い印象を受けます。





そんな状態になっているのは理由があるからなのですが、それについてはまた別の更新で…。

またその理由の恩恵でしょう。この後、ある方との邂逅が待ってました。





 
設営を終えて薪スト火勢も御し終え、

開栓したブラウマイスターの旨いことと言ったらもう… (^^)




ビールは今の時季、外に出しておくだけで勝手に冷えてくれますからね。

設営で適度に身体を動かした後、

キンキンに冷えたビールが不味いワケがありません♪


小腹も空いてきたことに気付きました。




こんな時間からですが晩メシの調理もスタートします。








更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










3年乾燥広葉樹薪だけで炊く薪ストの熱量は…




設営地と幕体に妥協しておりますが、装備はそういう訳にはいきません。

勝手知ったるスノーピークのリビングメッシュエッグは、

ヘッ電だけで設営できましたが、すでに19時を過ぎています。




場所により強烈な照明がある青野原ですが、

設営に選んだ場所はほぼ真っ暗でしたから、快適なソロキャンプの夜を過ごすため、

手持ちの強力なケロシンランタンに給油し予熱して点灯させます。




639Cはやっぱり明るい♪ 

スノーピークのシェルター内では、これ2つでもじゅうぶん過ぎるほどです。




さっきまでは夜空の星やヘッ電に照らされていたメッシュエッグが、

今はその中に内包した光源の力を借りて、自己主張を始めたのかと見紛うほど。





この明るさがどんなに頼もしいか… 

例えば夜中に起きてトイレまで歩いて戻る時、寝ぼけていたとしても、

自分が戻るべき場所を間違える可能性が大幅に減ることは間違いないと、

胸を張れます。




ちなみに現在20時14分の幕外気温は1度を切りました。


先週末はこの日より500メートルほど標高が上の地で、

周りが雪だらけの状況において、熱源をこのストーブのみで乗り切れたばかりなのです。




アルパカストーブ。日本より寒い土地での冬キャンプを支える韓国製。

異国産の屋外専用灯油ストーブは、見た目の小ささに似合わないような強力な熱を放ちます。



そして今回、なんと18リッター缶に満載の灯油も持参しておりました。




これ自宅暖房用の灯油を、キャンプ帰りに買って来てとママさんから頼まれたものですが、

「キャンプ中に少し使って良いでしょうか… 」と伺いを立て、

渋々ながら了解は貰ってあります。


ただし暖かさの代償として、お世辞にも燃費が良いとは言えないのがアルパカストーブの欠点。

どこで使うにせよ我が家で灯油を買いに行くのはワタシの役割でもあることもあり、

なるべく温存しておきたいのは山々なので… 




前回は使わなかったちびストーブを設置することに。





昨年12月にKBで頒布いただいた最高品質の広葉樹薪は、

今晩くらいなら保ちそうなくらいの残りがあり、持参しておりました。




これまでに道志で求めたりネットで取り寄せたりしたどの薪より、

乾燥状態が素晴らしかったので勿体なくて… 

年末のトリオキャンプでは別に入手してあったナラ薪を重点的に使った結果、

今回に持ち越せたもの。




いわばソロで使う時用に残しておいた物、

ということで、今回その仕上がり具合を、やっとじっくりと堪能することが適いました。




いやしかし… 




この薪だけで運用というのはなかなかのもの。





火勢を付ける間は油断すると幕体に孔を開けてしまいそう。

こりゃスゴイです。






なお青野原のサイトは基本土で、直火も許可されているのですが、

そうした方が良いだろうと考え、スパッタ養生シートを使っております。




幕内の床面を走る黒いベルト。

メッシュエッグのフロアにはテンション調整のためのベルトがあるので、

これを養生するのにスパッタシートは必要でした。










更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










凍結急坂の下にあるキャンプ場にリベンジ決行…?



昨年さんざんお世話になり、

今冬は2月末まで冬休みに入られている某キャンプ場。




1月下旬の今はもちろん冬休み中です。


しかしあらかじめ管理人様に伺っておくことで、

厳冬ぼっちキャンプに挑むことができるかもしれません。KBソロ会員のみの限定です。



そのぼっちキャンプ… と言うより、

耐酷寒単独野営への挑戦とも言うべきチャレンジのエントリーは済ませてあったので、

先週末に伺ったのですが… 




この先は冬タイヤ装備の四駆車でも降りられないような凍結状況で、

ぼっち酷寒単独野営は諦めざるを得ませんでした。





別のほど近い通年営業キャンプ場に訪れ、

何とかほぼ単独野営を果たすことができたのですが、

心の片隅にちょっぴり悔しさが残っておりまして、


リベンジ決行です。




先週末より、心なしか空は晴れ渡っているような気がしますし… 




気温も高め。これなら先週は凍結していたあの急坂も、

何とか溶けているかも知れないかと… 




そんな希望的観測を持っていた筈なんですが、

この日は先週末にKBを目指した時より、自宅を出発した時刻が遅くなってしまいました。





青野原のセブンイレブンに着いた時点でまもなく18時。

すでに辺りは漆黒の闇の中で、本願の目的地にたどり着くまで、

あと30分・15キロ弱は走らないとなりません。


あの場所にはとんでもない魔物が棲んでます。




上の画はその直前でまだ見えてますが、

そこに差しかかると、車のフロントガラス下辺には路面がまったく見えなくなります。




それはまるで、ジェットコースターの下り坂のよう。

進む先が全く見えないほとへの急な下り坂です。

しかも7日ほど前に自分の足で歩いて下った時には、二度も足元を滑らせて転んだほどの凍結状態でした。


過去に大雪で凍結した上り坂をトルクが太めのミニバンでも、

登れなかった苦い記憶が蘇り… 




今回も別の通年営業キャンプ場へ鞍替えです… (T.T) 

うーん… 悔しい。次の機会には必ずリベンジを果たしたいもの。





しかしここに訪れるのはほぼ1年ぶり。

暗い中でしたが、だいぶん様変わりした様子が分かります。

去年は受付棟にLED照明なんて無かったですし。


しかも場内は何というか… 

この時季にしては車も人も多く、何とも人為的に圧縮された密度を感じます。




その圧迫感の理由は別の更新で触れますが、

何とか空いている場所を見つけて設営開始。





本心では年末に苦労して洗濯し撥水処理を果たしたテンティピを起てたく、

もちろん車載してあったのですが、今回こそ薪ストの恩恵に与りたかったのと、

サイトの広さとの兼ね合いで妥協せざるをえず… 




先週に引き続いて今回もスノーピーク。

リビングメッシュエッグの出番となりました。



しかし夜空は良く晴れてます。




オリオン座がみごとに眩しく写っております。

それはもう悔しいくらいに…(;.;) 







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 












サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ