キャンプ食は低山ファミ登山でも活きますよ







松崎町の高通山、標高500メートルの低山と侮ることなかれ… 






前に来た時もありました。風が強い西伊豆だからか、けっこう灌木が倒れているんですよね。





それだけでなく高通山遊歩道、総じて細かくガレてる感じです。








こんな巨岩がゴロゴロしていますからね。





2年前に登った時は、たいした準備もせずに来てしまいましたが、


今回は水分もきちんと用意してあります。






末子はなっちゃんを飲んでますが、たぶんすぐに飲み干してしまうでしょう。その光景は目に浮かんでいたので… 





前日に、マックスバリュで多めに水分を求めておきました。もちろんこれらはパパのリュックに入れてあります。






遊歩道入口をくぐってから約30分後… 





GPSでは標高300メーターちょいまで上がってます。





お兄ちゃんは元気です。





パパの後を追いかけて登り、ママやお姉ちゃんを置き去りに… 





申年生まれです。登山向きなのかもしれないなぁ… (^_^;





11時半過ぎて、バリゴの表示は標高400メートルを超しました。







山頂まで200メートルのところにある休憩所。








ここまで来たら、あともう一踏ん張りで山頂のはず。2年前の記憶がそう呼びかけます。






ほどなくして頭上の灌木が途切れはじめて… 





天候は「晴れ」だったことを思い出しました。







ここを登れば、フラットな遊歩道になります。








まずはここで一息。







高通山の山頂に近い、北側展望台からの眺望。





千貫門は雄壮な姿を見せてます。 





しかし元旦の西伊豆は、正午近くなっても霞んだままでした。










「あー 富士山が出てない~」 とママさんがポツリ。






雲見温泉街や牛着岩はキレイに見えましたけど。






親の眺望への微かな希望と、お子たちの食の欲求をはらみつつ、






もう100メートルほど、平坦な道を進み… 










無事、登頂完了です。5歳児も根を上げずに登り切りました (^。^) 





高通山登頂時刻は、12時半頃。








iPhoneとバリゴの標高表示に差が出てますが、腕時計のアルチメーター機能は誤差が出やすいかなと。






高通山は公称値519メートルなんですが、細かい数値にはこだわらないことにします。






波勝崎あたりの絶景をここから見られることと… 






ふたたび家族でここに来れたことが、何よりの成果ですね。






それでは山頂キッチンの開設。





たいした調理はしませんが… 





SEA TO SUMMITのカラトリーのナイフやらボウルやらを、持ってきてありました。





マックスバリュで求めておいたロールパンに切れ目を入れ、チェダーチーズとハムを挟んだだけ。簡易ハムチーズサンドです。







ロールパンは1袋6個入り。これ2袋を山頂で全て簡易ハムチーズサンドにしましたが… 







多めに作って持ち帰ったので、





下山途中の休憩所で、お子たちの胃袋を満たすのにも役立ちました。





SEA TO SUMMITのデルタボウルは使えます。フタは一緒に付いてるモノを買ったほうが良いと思います。




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン















元旦に山登り・5歳児が標高500メーターに挑みます









アロエの花が咲く、西伊豆の雲見AC。





この花を見られるのは、温暖な土地だからということ。







さて年越しキャンプ2日目、元旦のアクティビティへ出かけます。





そこへの入り口は、雲見ACの敷地内にあります。





そう、高通山遊歩道。2012年末に雲見にクリスマスキャンプで来た時にも登りました。





登山開始は10時半過ぎです。








遊歩道入り口にはこれがありました。どなたかが置いていかれたスキー用のストック。





片方だけのが一本ずつあったので、ありがたく末子とお兄ちゃんが使わせていただくことに。





末子にはオーバーサイズですけどね (^_^;





我が家にはBD(ブラックダイアモンド)のトレッキングポールが1組だけありますが、


これはお姉ちゃんに使わせました。





実は彼女は2013年の10月下旬、右足を捻挫してます。ほぼ完治してますが念のためです。




ちなみに小学6年生のお姉ちゃん、身長は150センチ超ありまして… 


使用者の身長に対するトレッキングポールの適正なセッティング長については、過去の更新で触れてますが、


彼女にとっての適正な長さとしては、ややショートな105センチに設定しました。登りだからです。





じゃ、高通山遊歩道へ入山です。





高通山自体は500メートルほどの低山ですが、雲見ACにある入山口からの遊歩道は1キロ弱。





ちなみにキャンプ場の標高は約180メートルなので、実際に登るのは300メートルちょい。


遊歩道という割りに、勾配はきつめです。








登り始めは元気なお子たちは… 





20分ほどで70メートルも登ってしまった…。この後が心配ですが… (^_^;





2012年に登った時の記憶を呼び起こすと…





忘れもしません。当時3歳の末子はバテバテでした。なんとか家族全員で登頂しましたけどね。





パパがおんぶして下山時したけど… 








しかし今は、もう5歳。





おぶるにしては、ちとキミは大きいし (^_^;






実はこの時点ですでに泣きが入り始めていますが、





果たしてホントに泣いたりせず、登頂できるのだろうか?







家族で山登りするなら、もう1、2本求めてきた方がよかった感じです。後悔あとに立たずですね (T.T) 



にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン











3歳児 登頂

猿岩休憩所を発って







もうすぐ山頂です。







今は葉っぱすらついてませんが、桜並木あり。





春先はキレイらしい。




北側展望台にて登頂前の最後の休憩…






よく晴れたし、もしかしたらあのfヤマが見えるかも…







あわてずに、まずは千貫門と雲見温泉を見下ろして…








牛着岩もよく見えます。




雲見夕陽と潮騒の岬ACも見えました。





左のロッジにフレンディが停まっているのがわかります。






そして…





ひときわ大きく見える雲の塊のむこうには…




ラピュタが… (嘘)




うーん…








あとちょいなんだけどなぁ…




この絶景を見もせずに…





そろそろパパにスマホ返して貰おうか…(-.-#)






末子はかなり泣きが入ってました。カルピスウォーターを楽しみにここまで登ったようなモノです…






休憩を終え歩き出すと、さっきまでと打って変わってなだらかな歩道が、


山頂近くを思わせます。







そして到達。







やはり姉兄のほうが早かった…






末子は…








思わずママの胸に飛び込んでました。ふたりともがんばったね…(^_^;











スントは515mと表示…





山頂下の北側展望台では見れなかった反対の山麓側に、浜勝崎がよく見えます。







ここまで降りることもできるみたいですが、かなり長い道のりになるようですから、


来た道を引き返すことに…









しかしその前に…













富士山、やっと見れました♪




じゃ、下山です。





しかしどうも燃料切れっぽい。






嫌な予感はしてましたが…





最後はやっぱりこうなった…




傾斜がキツイところもあるので、そこは歩いてもらいましたけどね。




みんながんばったので、下山後はご褒美を戴きに行きました♪








人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

高通山トレイル

じゃ、高通山(たかとおりやま)を登りましょう。







いきなり倒木がありましたが、







小学生は上をまたぎ…




保育園児は下をくぐってクリア




低山ですが噂通り。傾斜もキツめ…








早くも背中を押して貰ってます…(^_^;




対照的なのが小2のお兄ちゃん。








さすがパパが連れ回してるだけある?




途中から末子以外の全員が枝を杖にしてぼりました。トレッキングポールが必要でしたね。







標高300mほどのところにある休憩所。





雲見夕陽と潮騒の岬ACを出たのが9時半で、ここまで約1時間…









どうしても3歳児は姉兄に遅れてしまうので、奥の手を出します。





パパのスマホのゲームをやらせてる間に…






ちょっとでもアドバンテージを稼ごうと…





けっきょくすぐに追いつかれちゃいましたけど…





高通山トレイル、ところどころにベンチがあるのは助かります。




標高400mの猿岩休憩所にも♪





山頂まであと200m、ここまで来たらあと少し…



あれれ、何か登山ブログみたいだ…?


人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

雲見オートキャンプ場?

雲見夕陽と潮騒の岬ACのかまぼこ型管理棟を見やりつつ…







坂を下ります。



振り返って見たらこう。


キャンプ場内は二段の棚田状になってます。





足場パイプで手作りしたブランコと滑り台もありました。






ここ松崎町は、石部の棚田が有名ですが、








雲見も石部も同じ松崎町だから



ここも棚田状なのか…







最初は農道っぽい舗装路を歩き…







この坂道を上がったカーブの先に突然、場違いなものが…




なぜこんなところにお風呂が?






実はここもキャンプ場。雲見オートキャンプ場です。


スコーリア(火山礫)を敷き詰めたサイトが良好な水はけを誇ることでも有名です。







一部、造成中とおぼしきサイトもありました。








ここにもやがてスコーリアが敷かれることでしょう…





言って見りゃ「キャンプ場の赤ちゃん」ですね♪




ここから雲見夕陽と潮騒の岬ACも見えました。





こんなに小さく見えます。




で、今夜は雲見オートキャンプ場へ泊まります…




じゃなくて…


目的地はここからもうちょっと上でした。




高通山遊歩道の入口が…




噂じゃ遊歩道というより登山道に近いらしいですが…





山頂は標高518m…




いわゆるひとつの低山です。



しかし… 産まれてから初めての山登りとなる3歳児が…





キミは無事に登れるのだろうか…









人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ



ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ