DUG焚火缶とトランギアで美味しくアルファ米を炊く方法・海外編





1月3日の夜。


一週間以上イタリアンが続いたせいか悪い水を飲んだせいか、お腹の調子が戻りません。







幸い、フィレンツェを発つ前にアルコール燃料は求めてありましたし… 





日本からも食材と調理器具を持ち込んでました。山メシセット一式♪











焚火缶だけでなく、DUGのHEAT-1もあります。





アパートメントタイプのホテルのキッチンには、IH調理器も鍋もあったんですが、


それを使っても面白くないので… 








アルコール開封。




開けてから気付きました。日本の燃料用アルコールは開封してもフタが閉まって密封できますが、


こちらの容器はなんとフタができません。





なんでトランギアからアルコール専用ボトルが売られているのか、理由が分かった気がします。








またピンク色は燃料自体の色。着色されているようです。臭いもパラフィンっぽく、日本の燃料用アルコールと比べるとけっこう薬品臭い。





密封できないし、どうせ機内には持ち込めないので、残っても捨てていくしかありません。





多めに注ぎ入れます。





ライターを近づけて… 








ちと垂れました。着火性は日本のものと大差なし。バーナーシートも持ってきてヨカッタです。





まずはこれを炊きます。






尾西のアルファ米。





開封して吸湿剤を取り出し… 







自販機で求めておいた水を入れます。








手軽に作るならお湯を注ぐだけでも良いんですが冷水で… 





注水線まで水を入れたら… 












まるまる焚火缶に開けてしまいます。







この状態でコッヘルのフタをして、約10分。









特に火加減等は配慮せず。





アルファ米、お湯を注ぐだけより、


こうやって水かげんを計り10分炊飯するだけで、しっかりとしたご飯として炊きあがるんですよね。








10分経ったらひっくり返して蒸らします。






もちろん軍手も日本から持参しました。






おかずはこれで。





和風サーディン。





これもそのままじゃ冷たくて美味しくないので… 










ぐつぐつと煮込みます。







味付けはこれのみ。







醤油を垂らして… 








さらに煮込んだら出来上がり。








HEAT-1でお湯も沸かしちゃいます。











これも持ってきてありました。しじみ汁も付けます。









トランギアにフタをして鎮火を確かめたら… 
















完成。アルファ米も和風サーディンも旨かった。涙が出そうでした。





実際、この食事の後でトイレに行ったら、


今までユルかったものがしっかりと固形に変化してました。


帰国前にやっとお腹の調子を取り戻すことができましたよ。







にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ









トランギアを持ってきておいてヨカッタ…










ではそろそろ晩ご飯をいただきに外へ… 







アパートメントの部屋を出ようとして、玄関スペースにこの扉があるのに気付きました。





開けて入ってみると… 










巨大なクローゼットスペース… 






上段のハンガーポールの高さは軽く2メーター以上。イタリアの住宅事情は、これが常識なのか… 





もしウチがここに引っ越してきても、たぶんスペース的には余るでしょう。いったい何人で使うことを想定した部屋なのか… (^_^;




思うに、前半のローマ滞在は郊外のティベリオでなく、


こっちのホテルでもヨカッタ気がします。カブール駅近くなのでコロッセオにも近いですし、


別部屋になるアパートメントなら3泊しても、お子たちのストレスが少なかったような気が… 










後悔先に立たず。ローマ最後の晩餐へ。







ホテルの前はレオニーナ通り。






フロントの通りを挟んだ真ん前にはブティック。


ママさんがここでセーターを求めました。









バールやカフェ、お菓子屋さんなどもあり、土産を買いつつ… 







見上げると… 




それら店舗の階上は、生活感のあるアパートメントです。






50年以上は経っている感じ。リフォームも手間がかかりそう… 






セルペンティ通りまで出たところに、


大きめのリストランテを見つけたので入ることに。









「ウォンテッド」という名のリストランテ。








ごくごくありふれた味の料理でしたが… 





ママさんやお子たちは満足したようです。





ワタシは実は、まだちょっとお腹が下り気味…


約10日間、人生でここまで続けてイタリア料理を摂ったのは初めてのこと。



オリーブオイルの整腸作用が効き過ぎている感じです。











モレッティのラ・ロッサ(赤ビール)を、生で飲めたことは幸せでしたけどね。





これ旨かった。自宅近くの輸入食材店やお酒量販店でも探してますが、フツーのモレッティですらなかなか。楽天で買おうかなぁ…





お子たちのお腹は、まったく大丈夫なのが不思議です。





ローマの前半で、ワタシだけ水道水(沸かしましたけどね)を飲んだのもマズかったのかも… 






「おあいそ」をお願いします。





リストランテ・ウォンテッドにはテラス席もあるみたいでした。昼間限定でしょうけど。







ホテルへの帰路で、忘れちゃいけない買い物を。








自販機で水を何本か求めました。お釣りなしなら問題なく買えます(笑)







レオニーナ通りは、日本風に言えば3ナンバーの車同士だと すれ違うのに苦労しそうな道幅ですが… 








小型な路線バスも走ってます。商店も少なくないのに大丈夫なのか… 





まだ午後8時くらいなんですが、


往きに寄ったお菓子屋さんも、すでに閉店してました。






ママさん曰く、このお菓子屋さんってけっこう有名なお店だとか… 








さて、アパートに戻ったら… 








いよいよ自炊するか… 





帰国まで、まだまるまる2日間ありますからね。設備も整っているしお腹の調子は戻らないしで、ついに実行することにしました。








 


トランギア一式、持ってきて正解でしたね。









にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ


















無線LANの認証なんて無くて普通らしい国



デューカ D アルバ ホテル のアパート棟のバスルーム。









最初にローマで泊まったティベリオと同じく、ここもシャワーカーテンは無し。アクリルの仕切り板仕様です。







石けんやらシャンプーやらのアメニティは、やたらと豊富。






というかてんこ盛りに近い… 





そしてバスルームは、なぜか収納が多い?








扉を開けてみると、トイレットペーパーや… 







給湯設備の目隠しだったということ、でした。








自分で湯温を調整できるのは良いことですけど。





さらに… 








洗面器を発見しました。手桶ならさらに良かったけど、イタリアではこれでもじゅうぶんありがたい (^。^)







そしてダイニングなんですが… 










この後にあるガラスを開けると… 






キッチンです。対面型ですね♪












流しには洗剤も常備してあります。








なんとIH調理器があります。さらにこの下には… 





ビルドインのオーブンもアリ。





火が通るかは確認しませんでしたが、流しはお湯が出るし実用度はちゃんとしてましたから、たぶんオーブンも使用可能かと。
















カラトリーも皿も鍋の類いも、ほぼ揃ってます。












 


もちろん冷蔵庫も完備。1ドアですがきちんと冷凍室が冷凍庫として機能するもの。




アパートメントタイプの懐の深さ。長期滞在型ってヤツです。


デューカ D アルバは四つ星ですがアパートメントの室内に入った瞬間、内装の古さから、ホントは三つ星くらいなんじゃないかと思いました。



しかし次第に長期滞在に適した環境が明らかになってくると、確かに星4つでもいいんだろうな~と 思うように… 







ところでイタリアでは、これまでコンセントはずっとCタイプだったんですが… 








壁のコンセントにCタイプが刺さるは刺さるけど、どうもぐらつく感じ。





でも大丈夫です。SEタイプも持参して来ています。





イタリアはCとSE、そして一部日本と同じ型のAタイプもあるらしい。一応全て持ってきてありました。







別の場所のコンセントを見ると、CとSE両方の仕様のコンセントになってます。いろいろってことです… 





これでPCも充電可能・ブログも更新可能と思ったら… 

















ホテルの無線に繋ぐには、パスワードが必要だったし… 






実はローマの最初のホテルも、ポンタシエーベのアグリも、そして五つ星のフィレンツェのヴィラ・コーラすら、


宿の無線LANにパスワードは設定されてませんでした。







フロントに行くとすぐに教えて貰いましたが、大丈夫なのかと思うくらいの、すごく単純な数字の組み合わせ… 




ここだけパスワード設定してるのはなぜかと考えたら、すぐに思い当たりました。


おそらく街中のホテルだから。






パスワード認証しないとなると、通りを挟んだアパートからもガンガン繋がってしまうからでしょうね。



ホテル客のネットが重くなってしまうんでしょう。セキュリティ面でなく、快適さを提供するための工夫と思います。




何だかなぁ… (^_^;









にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ









この地のホテルでNHK観れるのは相当ラッキーです







ローマで帰国前に前泊したデューカ D アルバ ホテルは、


アパートメント別館の利用になりました。







こちらが本館のフロント。






別館とはいえ、入口は本館のフロントから徒歩3秒ほど。








別館の入口は内側からドアを閉めれば、外からは鍵を使わないと開けられません。









古いけど堅牢な造りのドア。







廊下から階段を上がると… 







エレベーターがあります。







部屋は2階。







まさにアパートメント。








間取りは3LDK。









こっちはメインのリビング。夫婦と末子で休みました。





ワタシが休んだ左の寝床は折りたたみのゲストベッドだったけど、起きてから初めてそのことに気付きました。






壁面のテレビはやはりサムスン製…





また奥にはもう2部屋。







どうもこの奥の部屋が主寝室っぽい。






こっちは姉兄の寝床になりましたが… 





ここの部屋だけNHKが観れました。こっちのテレビのチャンネルの方が多かったので主寝室かなと…






NHK WORLDなのでMCは英語でしたけどね。




思えばイタリア4つ目のホテルにして、初めてNHK視聴可能なところに当たったことになります。


下調べはしてませんでしたが、イタリアで日本のテレビが見られるホテルに当たるのって、


けっこうな低確率みたいです。ニーズは少ないんでしょうし、何より物理的な距離感をさすがに感じました。






この主寝室の手前に、ゲストルームっぽい小部屋があり… 








壁に作りつけの棚があるのかと思ったら… 










なんとこれ、ベッドだった。慌てて元に戻しましたけど… (^_^;





外の眺めはこんな感じ。








思いっきり市街地です。






ホテルとしては2階の部屋なんですが、周りのアパートより視線が高い。






すぐそこにいろんなお店があります。





後で晩ご飯をいただきに繰り出すことに… 





ところでこのホテルの窓なんですが… 




今は横開き。





でもそれだけじゃないんです。







窓を閉め、ノブの固定を確かめてから引っ張ると… 







縦方向にも開きます。暖房が効きすぎて暑くなった時は便利でした。







デューカ D アルバでアパートタイプにしてヨカッタ点はまだまだたくさん。


一度では紹介しきれません。次の更新でもレビュー続けます。





にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ





長期滞在に適したホテルだったのに…




テルミニ駅のホームには、日本の駅と同じように点字ブロックがありました。











思い出すと、フィレンツェSMN駅には点字ブロックなど無かった記憶が… 





画像を拾ってみると確かにありません。イタリアの鉄道インフラのバリアフリー整備は、残念ながら地域差があるようです。






さて、テルミニに着いたのは午後5時過ぎ。






数日ぶりの中央主幹駅。


ポンタシエーベのアグリの喉かな雰囲気はおろか、フィレンツェと比べても人混みはスゴイです。







駅構内の広告に、こんなモノを発見。











世界堂の新宿西口店の前で撮ったってことみたい。アルマーニの広告です。





ま、いいや。


ローマ地下鉄のB線を目指します。








地下鉄に乗るためのチケットを売る券売機を見つけました。






地下鉄の利用は少しだけなんですが… 





今日の宿はカブール駅のすぐ近く。テルミニからB線で一駅です。





東京の平日の夕方の地下鉄なら、ここまで空いていないでしょう。





時間差通勤が進んでいるということなのか。





あっという間にカブール駅に着き、






下車します。










重たいスーツケースを持っているのに、こんな上り階段が…








実はこんな階段を昇降しなくても、ここのホテルとカブール駅は平坦なまま行き来できたんですが、この日は気付きませんでした… (T.T)






駅の階段を上がると、すでに日が暮れかけてます。






この後、お子たちとワタシで一緒に地下鉄階段近くで待機して、


ママさんが電話をかけに行き、やっとホテルを見つけました。








ちょっとハラハラしましたが、何とか到着です。






Duca D'Alba Hotel(デューカ D アルバ ホテル)。ヴィラ・コーラは五つ星でしたが、ここは四つ星。





ここ、前泊だけの宿として使うことになりましたが、実に惜しい… 


今回の旅行でいちばん長期滞在に適した設備でした。







でもこれは使いませんでしたけどね。せっかくアルコール燃料を買ったことだし。自炊できる宿って最高です♪












にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ





ローマの無印で買ったものとは?









ローマの無印に寄った次に行ったのは… 






スペイン広場。ここも12年前の挙式旅行で立ち寄った場所です。




しかしここもすごい人・人・人…









バルカッチャの噴水でやっと座れる場所を見つけ、休みます。





お姉ちゃんの向こうに座ってる方の視線の先は… 





末子です。噴水の柵をまたごうとして止められ、失笑を買ったという次第… (^_^;





広場からトリニタ・デイ・モンティ教会へ続く、通称「スペイン階段(正しくはトリニタ・デイ・モンティ階段)」を上がると… 





仕切られて楽器が配置されている?




現地時間で12月29日の午後3時でした。クリスマスホリディのイベントか何かがあるのでしょう。










お姉ちゃんの後にあるのはキリスト降誕人形。イタリアでは「プレゼピオ」と呼びます。





人が多くて正面に回り込んで撮るのは諦めましたが… 




いちいち載せてませんでしたが、ここ以外にもあちこちでプレゼピオを目にしてました。


特にローマはカトリック総本山のバチカンを擁しますし、イタリア以外でもこの時期の欧州では、あちこちにある光景みたい。









バチカンのサンピエトロ前にも大がかりなプレゼピオがあったんですが、スペイン階段以上に行列がすごくてこれ以上近寄れずだったし… (^_^;




ちなみにイギリスではクリブ、ドイツではクリッペ、スペインはナシミエント、フランスはクレーシュと呼ばれます。







罰当たりなヤツめ …(^_^;





スペイン広場からトリニタ・デイ・モンティ教会へ階段を上りきったところに、


このみごとなツリーが♪







すぐ横にはメトロの駅があります。








メトロに向かおうと振り返ったらこの景色。素晴らしい♪ 





スペイン広場駅。A線なので… 








ホテルへの公共バスを拾えるチプロ駅まで4駅。




お姉ちゃんと末子は疲れたらしいが、真ん中だけ 無駄に 元気。







チプロに着いて、喉が渇いたので自販機で水を購入。








ガスの有無にかかわらず、500mlで1ユーロ。ローマだと大丈夫ですが、フィレンツェの自販機はコインだけ吸い込まれ品物が出ないこともありました。






ホテルに戻りました。





さっそく今日の成果。無印で買ったものなんですが… 





携行スリッパ。これ必需品でした。日本で買っておくべきだったけど、忙しくて手が回らず…





10ユーロくらいだったかな… 日本円で1000円は軽く超してる筈ですが、





背に腹は替えられなかった。やはり楽ですね。






探したら15足入りで、こういう不織布で床掃除できるタイプの使い捨てスリッパもあるんですね。次はこっちも考えようかな… 





明日は移動日… 





ゲームやりすぎないように、早く寝るんだよ~








親も飲み過ぎないようにしないと…











にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ







あのアウトドアにも使える店がローマにもあります






12月29日のローマ散策は、12年ぶりの新婚時に泊まったホテルの横を通り、


ここへやってきました。





Fontana di Trevi(トレビの泉)ですね。








人が多くて正面に回り込めません。豊穣の女神デーメーテールと海神ポセイドンしか写らない角度 … (^_^;






ま、12年前に夫婦で後ろ向きにコインを投げた甲斐があったということか… 






今回は5人で来れましたし(^。^)





トレビの泉の有名な伝承ですが、泉に後ろ向きでコイン1枚を投げると再びローマに来ることができ、


2枚では恋が叶い、3枚は恋人やつれ合いと別れることができるとのこと。







全額ではないが、このコインはチャリティ団体に寄付されているらしいです。




この伝承をお子たちに話したところ… 






2枚のくだりを聞いたお姉ちゃんの表情が「おっ♪」という感じ… そろそろお年頃ということですね。









上手く投げ入れられたようです(^。^)






さて、再び来た道を戻ります。





ホテル デッレ ナツィオーニの前を過ぎ、通りを渡ったところでこの店を発見♪ 





無印良品が、ローマにも出店していたとは知りませんでした。




無印と言えば、ウチもこれを使ってます。





安価でもしっかりしているステンレスとシリコンのボウル。使い勝手も良いです。




しかし残念ながらローマの店舗は、日本の無印と比べると少し小さめ。


食器や食材の類は少なかったですが、





アロマデフューザー兼加湿器が展示されてました。ただし99ユーロなので、日本円で11,400円ほど。けっこう高かった… 




ここで海外のホテルで快適に過ごすのに、絶対に必要な、あるものを買いましたが、


それが何かはまた後日に… 




その先の土産物屋で… 





これを発見。





今から思うと買えば良かった… 長友のユニフォーム (^_^;







そう言えば12年前も、同じような所でジェラートを食べたなぁ… 






その時はデジカメが普及し始めて間もない頃で、挙式旅行時は1メガくらいの貧弱なコンデジを持ってきたのですが、


今ほど面の皮が厚くなくて、撮った画は少なかった…





今回、もちろんお子たちにも味あわせてあげることに (^。^)





やっぱり女の子だなぁという表情。キミを連れてきてヨカッタよ♪






甘味でパワーをチャージして、次の場所へ向かいます。









やはり世界的な観光地です。ヘップバーンなあの場所へ… 









にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ

トレビアン♪





川岸の散策から車道に戻ります。








カブール橋を渡り…





今日の目的地を目指して、トマチェッリ通りを歩きます。








豪勢なツリーを発見。











フェンディのツリーだった。



撮れませんでしたが、ツリー横には警備員がいて目を光らせてました。ホンモノで装飾してるってことか?








このあたり、フェンディだけじゃありません。


ブランドのお店がたくさんあります。














サン・シルヴェストロ広場まで歩いたところで空腹を感じ、





リストランテで昼食を摂ることに。









お姉ちゃんのカルボナーラ。旨そうな黄色です。






ママさんはアラビアータ。






末子には一人前のパスタはまだ多すぎます。フライドポテトがあってヨカッタ… (^_^;





フレッシュなサラダをいただけるのも嬉しい。





冬場ということもあり、ホテルの食事だけでは野菜が不足します。





ワタシが頼んだのは中空のパスタ。ブカティーニだったかな…





味は良かったが中空なので吸い込みにくい。食べるのに難儀しました (^_^;





お兄ちゃんはシーフードのピザ。来るまでにいちばん時間がかかったのがこれでした。








お腹ペコペコ状態。ママさんに切り分けてもらってひたすら食べてます。






食後にまた歩き始めると…








見えてきました。









Delle Nazioni Hotel(ホテル デッレ ナツィオーニ)




いや~ 懐かしい… 






ここ、12年前に我々夫婦がフィレンツェで挙式した後、


それぞれの両親もいっしょにローマに移動した後で泊まったホテルです。








当時おみやげを求めに寄った、ホテルすぐ横の雑貨屋もまだありました。






このホテルの素晴らしいところは…








あの世界的な名所に徒歩1分の立地ということ。




しかしスゴイ人混みです。さすが世界的な名所だし。










にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ







キャンプ用洗濯洗剤でやってはいけないこととは?





日本時間なら12月29日の午前3時半過ぎ。イタリアではまだ28日の午後8時前です。



今回の子連れで海外旅行、末子も含めたら初と言ってもヨカッタので、和食?の用意もしてありました。








上にはシーフードヌードルも見えてますが、食べたのは下のほう。チキンラーメンのリフィルでした。





とにかく好評で、お子たち3人でふたつのリフィルをあっという間に食べ尽くした感じ。





安藤百福さんは偉大です♪






さてこの日も、宿に戻ってから洗濯をしますが…





やはり日本から持ってきたこれが活躍です。オーストラリアのSEA TO SUMMIT製ですけど。







ポケットランドリーウォッシュ。シート状の洗濯洗剤ですね。





使い方は至って簡単。





ホテルの洗面台にお湯を張り… 





ケースからシートを取り出します。60枚入りですが、上の画くらいの洗濯物の量なら5~10枚くらい。






ひとつお約束があります。絶対に濡れていない手で触りましょう。





これ、すごく大事です。



なぜなら… 








水に入れるとあっという間に溶けてしまうので。




ケースからシートを取り出す時も指が乾いていないと、


中のシートを全てダメにしてしまう可能性がありますから。






8枚くらい入れたところ。こんな感じの泡立ち方です。





これでもみ洗いして濯いでしっかり絞ります。




今回の旅行、手での洗濯はパパの仕事でした。


なぜなら絞るのがいちばん大変。力仕事でしたからね。



しっかり絞った後は、前の日記のとおりネビュラチェーンで干せば、イタリアでは一晩で完全に乾きました。







さて、明けて12月29日のお昼前。





ローマは初日以外はすべて快晴♪





この日は事前にホテルのシャトルバスを予約しておきました。








これで送ってもらって、着いた先は… 
















ここ、最高裁判所だそうです。この前で降ろしてもらいました。






裁判所前にはティヴェレ川が流れてます。













橋のたもとから下に降りれそうなので、行ってみることに。







川面がすぐそこにある岸辺も道路になっていて、


ジョギングや散歩、サイクリングしている方もちらほら見えます。











移動中の車窓からこちらの河川を何度か目にしましたが、


日本と違って濁りが強い感じ。








泥が多いのかな。もっと郊外でも似た水の色でした。





落ちるなよ~ (^_^;








歩いていくと、もう一本の橋が見えてきた… 











その先にいかだを発見。何のためのいかだなんだろう?





分からないままですが、橋のたもとの階段から車道に上がります。










にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ







エロイと言う名の場所があるって本当?




フォロ・ロマーノを横目に、坂道を上り… 







カピトリーノ美術館の脇を通ります。








美術館の前は広場になってました。






iPhoneで撮った画です。左手の指が、ビミョーにレンズにかかってしまったけど… (^_^;




この画を撮った時は、警備員の方かと思ってましたが… 





後で見たらセグウェイのツアーみたいですね。ヘルメットと安全ベストを着用してますし。




カピトリーノ美術館前の広場を過ぎ、


トレ・ピレ通り横の階段を降りて進みます。









ひたすら歩くこと30分ほど。




次の目的地が見えてきましたが、たくさん歩いたのでお腹が減りました。




しかし… 近くにめぼしいお店はありません。





しかたないのでボッタクリかもしれないワゴン販売車で、軽食を求めます。





チキンかフィッシュのフライのサンドイッチを頼んだ筈なのにホットドッグだった…









サンドイッチを囓りつつ、家族で並んだのはここ。







幸いこの名所は、そんなに混んでませんでした。






見えてきた♪ 








そう、真実の口。サンタ・マリア・イン・コスメディン教会です。







しかし以前と違うのは、お布施を払って入ること。





12年前に来た時は真夏の午後で空き空きだった。夏休みシーズンで布施の箱も仕舞っていたということだったのかもしれませんが… 










お約束の記念撮影の後は、教会の中に入れます。












4世紀末、ローマ帝国の公共建造物はキリスト教の教会に変えらていきました。









そのうちのひとつ、ということになります。









コリントのオーダーか?








教会を出ようとすると… 






出口横に土産物屋があります。







ガイドブックの類は各国語版が揃ってますが… 





日本語版は「ロ|マ」となってます。残念… (T.T)









サンタ・マリア・イン・コスメディンを後にして、再び来た道を戻り…





この意匠が地下鉄駅のサイン。メトロですね。





チルコ・マッシモ駅。ここからホテルへ戻ります。





ローマの地下鉄はテルミニを中心にAとBの2路線に分かれており、チルコ・マッシモはB路線。





青がB線。テルミニでA線に乗り換え、オッタビアーノの先のチプロ駅で下車します。郊外の駅なので表示されてませんが… 









あと1分ほどで車輌が入構する意のサイン。








テルミニで乗り替え、チプロへ到着。








チプロから990番のバスに乗るのはこの広場の横。 






エロイ広場。初めてここの地名を聞いた時は、末子以外の家族は吹き出しそうになりました。







ホテルに戻ったらまた洗濯しないとなぁ…






でも洗濯もまた楽しい。次の更新は日本で買っておいたこれの使い方です。キャンプでも使えますよ♪







にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ









ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ