ストーブ二段階活用法?








キャンプ場でも自宅でも、他の宿泊施設も同じ鉄則があります。






風呂上がりばやっばりこれ。




ビールですね。






ベルの買いだして地ビールを求めておきました。ヴァイツェンなので白エール♪















お子たちも親も楽しめそうな味覚も用意があります。





ねのじのウインナー。





ジューシーでクセの少ない味わい。これは旨い♪







早く食べないとお子たちにすべて持ってかれそう…






今年初物のトウモロコシ。


夏は葉っぱに包まれたまま蒸し焼きにしますが、この時期は葉が剥がされた状態で売られてます。





アルミホイルで包んで焼きましたが、やはり自然に近い状態で蒸し焼きにした方が火の通りが良いです。






炭床とは別にダッヂで主菜も調理してます。







根菜は冷凍モノ。でも麺は生タイプ。








吉田うどんです。太いので食べ応えがありますね。






あっという間に18時半を過ぎました。





画像では明るいけど、実際はもっと暗くなってます。






…ということで、照明投入♪







幕の中でちびストーブにあたるほどは寒くないけど、屋外だと肌寒さを感じます。





お姉ちゃんのかぶり物がそんな気温を物語ります。なので… 






こんな時はこのストーブで。





武井301。補助暖房として持ってきてありました。






ウチの武井301には接続金具を取り付けてあります。








ポンプで手押しするより遙かに楽です。加圧の手間を省けます。






アルコールで予熱して… 










無事に点灯完了。





これで暖かくなりました (^。^)









食後はゲームタイム… (^_^;





せっかくのキャンプだけど、やはりゲームの魅力には抗えません。






しかし標高800メーター超のこの地で19時半を過ぎると、さすがに冷えてきます。




屋外で過ごすのはキビシイので… 





メッシュエッグの中に移動し、ちびストーブに着火します。








薪は火着きの良い桐から燃やし始め、火勢が強まったところで広葉樹、ナラと足していくと10分ほどで全開状態に突入です♪ 






まったりほっこりと暖まれます。






…で、





ここでもゲームかよ… (^_^;




昼間からだらだらと飲んでいたら、21時過ぎには眠くなってしまいました。


翌日、5月5日はお子たちのリクエストでキャンプ場外のアクティビティへ出かけます。






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン







天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ 制作レポはこちらこちらです。









バーベキューを焦げ付かせないために必要なもの




風呂に向かう前に、今回の設営について…





ネビュラチェーンは今回、ノルディスクタープの下に張りました。





冬場はちびストーブをインストールした、メッシュエッグの中に張るのがもっぱらでしたが、


とにかくいろんな小物をぶら下げておくのに便利なネビュラチェーンが移動したことは、


季節が推移したことを物語ってます。






少なくとも日中なら、オープンなウイングタープ下のリビングスペースでも寒くないということです。







さてお風呂へ。



オートキャンプエリアからは徒歩2、3分ほどですが道中にはいろんな光景が見えます。






5月4日の混み方はこんな感じ。オートキャンプサイトはほぼ満員状態。





オートサイトの端にある水場。残念ながらお湯は出ません。





しかしピンクの食器洗い洗剤は中身が途切れることなく常に補充されており、備え付けのバケツに生ゴミも捨てられます。






過去に分譲されたというツリーハウス。





ぜひ再び分譲していただきたいものです…





その横にはロープで登れる樹上の遊び場がありますが、





誤って落ちたらアブナイ高さです。あえて登りにくくするためか、ロープでなければ登れない部分が妙に高くなってました。







管理棟に近づいて、ウッドデッキを上ると…








マス釣り池があります。





その横には釣ったばかりのマスをさばいて炭火で炙れる、囲炉裏みたいな場所もありました。





池を見た末子は当然釣りたがりましたが、今回は機会に恵まれず… (T.T)






管理棟の横腹に、屋外からも屋内からもアクセス可能な造りのトイレへの扉があります。





ここを通って風呂へ進みます。










入浴は16時から23時まで。






キャンプ場で男女別に風呂が分かれているところって、そう多くはありません。





男女別の暖簾を目にすると、何となく嬉しくなります。









実は初日の夜は風呂に入れませんでした。末子はまだ服を脱いでいないのに、浴室を覗きに行きます…







浴場内。やはり早めに動いて正解♪ 他のお客さんはいませんでした。






いやいやあったかい。やはりキャンプで風呂に入れるのって最高です(^。^)







風呂から上がってサイトに戻ったら、火床をいじります。  





SPの焚火台に熾してあった炭火は、スキレットのシーズニングに使うためだけではありません。






板状の木炭を仕切りにして、熱いところとそうではないエリアをこしらえ… 







夕食です。炙りモノが美味しい季節がやってきました♪





スキレットは熱くないエリア上に置いてます。ここで焼き上がった食材を焦がさず冷やさずに取り置くことができますからね。これわが家のBBQの必須アイテムです。





続きます。










にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ







天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ 制作レポはこちらこちらです。













連休キャンプの入浴は先手必勝♪






日常の疲れに打ちひしがれたワタシが、5月の河口湖の午後、


気持ちいい陽気の中、コットで昼寝している間… 









お子たちとママさんで、こちらへ行ったようです。





森と湖の楽園の中にある、コカリナのお店。






昨秋に来た時は… 



ここで野生のヤマガラに餌をあげることが出来たのですが… 







野鳥たちも大型連休中? 邂逅は叶いませんでした… (T.T) 




しかし楽園の中のどこかに確かにいて、様子を伺っていたみたい。








この啼き声、時おり聞こえて来ましたから。














昼食のデザートに、ソフトクリームやココアをいただいてから… 





昨秋、お兄ちゃんがここで作ったのをおぼえていたらしく、末子もどうしても作りたがっている、


あるクラフトものの制作に挑戦。









「うんうん、いいんじゃない? 」





監修役は経験のあるお兄ちゃんです。






そう、末子が作っていたのは… 








バードコール。現地で完成の画を撮り忘れ、自宅での画ですが。






このバードコールを携えて、またいつか彼らに会いにくるんだと思います。










これはお姉ちゃんがコカリナのお店の図鑑を見て描いた画。彼女もワタシと同じビジツ系に進むのかもしれません。







お子たちがコカリナの店からサイトに戻った嬌声で、パパも午睡から目覚めました。



正しくは起こされたということですが…  





#3のモンベル化繊シュラフ一枚で、ちょうど良かったし♪





寝ぼけ眼でバリゴを見ると、もう午後4時をまわってます。





楽園のお風呂が開く時間を少し過ぎました。






連休中だし混みそうだし、夏休み時期もそうですが、


こういう時のキャンプ場の風呂は早めに入浴するに限ります。







着替えやタオルをサックに詰め込み、ひとっ風呂浴びに行ってきます♪









にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン









天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ 制作レポはこちらこちらです。







酔ってもシーズニングは忘れません





河口湖2日目の午前中の買い出しから森と湖の楽園へ戻ったら… 








あるイベントに参加します。





末子も意欲的に参加中♪ 








お姉ちゃんとの共同制作でしたけど…






ここまで来ると、何を作っているかが分かります。








そう… ピザ作りです。





このイベント、本来は団体向けプログラムらしいのですが、GW期間中限定で個人のお客さんも体験可能とのこと。



30名以上の団体なら、年中無休で申し込めるらしいです。




作ったのはマルゲリータ。








これを持って並ぶのは… 






イタリアから来た石窯で焼く行列。






投入して2分ほどで焼き上がります。








こっちは末子が姉の手助けで作ったもの。






こっちはお兄ちゃん製。





6歳の年齢差は、姉のヘルプがあったおかげでちょっとだけ埋まったみたいです。





自サイトに持ち帰り… 





自宅ではやったことがありますが、キャンプで自作ピザというのは初めてだったことに気付きました。





思わずヨダレを飲み込むお兄ちゃん♪ 







ホールで焼いた状態の見た目は良いとは言えませんでしたが、


切り取るとなかなか美味しそうですし、実際かなり美味しい芳香を放ってます (^。^) 






ほどよい焦げ付きは、良い歯応えになりました♪ 











ひとくち頬張ったお姉ちゃん、思わず頬が緩みます。





この後で無心に食べ進み、気が付くと… 









あっという間に完食でした。








雲はあるけど、日差しが気持ちいい楽園の2日目。









実はピザと一緒にビールを飲んでしまい、この時点でほろ酔い状態です。





でもやるべきことはキッチリと… 





ピザ作り体験は釜で焼いてくれるものと知らずに申し込んでいたので、開始前に念のため炭火を熾してあったんですよね。






朝食作り用にと思ってストーブ上にかけておいたスキレットのうち、


ひとつが少々錆ついていたので使わずにおいてありました。







これをシーズニングするのに、ちょうど良い熱源になりました。









100均で200円で買ったスキレットですが、こんなことを繰り返し、もう5年近く使っていることになります。




安かったけどタフな逸品です。





このあと、仕事の疲れが残っていたようで、


ワタシはビールの酔いだけで午睡に突入してしまいました… 







パパが気持ちよくコットでお昼寝している間に、お子たちは楽園の中のある場所で、楽しい時間を過ごしたようです。







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ







天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ 制作レポはこちらこちらです。







火保ちの良い薪の種類









森と湖の楽園、初日の夜は冷えてきました。






夜8時前で12度くらいです。





メッシュエッグの中のちびストーブに着火する際、


ブロとものmatsuyamaさんからいただいた桐薪を使ってますが、そのまま使うには少しだけ長いので、


短くする必要があります。








手で折るにはやや固く、脚で蹴折ったりしてましたが、それを見ていた少年が約1名… 






5歳児にはそういう所作がカッコイイと写るようで、真似ておりましたが… 




おおっ!





手じゃダメなんだよとやり方を教え、あとは放っておきましたが、なんと自分で蹴折ることができたようです。




これは成長なのかもしれません。







この後、ワタシは早々に撃沈。仕事の疲れが出たようです。





そして夜が明け、5月4日の朝6時前… 







河口湖は昨夜よりもっと冷え込んでました。





6度を切ってます。





まだ家族は起きてきませんが、ちびストーブに火を熾しておきます。





ソロキャン時に道志で買ってありました。広葉樹とナラの薪は火保ちが良いです。この後もう一、二度ほど薪を足しておけば… 






2時間ほど後で家族が起きてきても、すぐさま朝食の支度に入れます。









初日に河口湖のスーパーオギノで求めてあった食材で作るのは、







もちろんこれ。ホットドッグ♪ 








朝のカロリーチャージ完了♪






ホットドッグの副菜はいつも通りなインスタントのコーンスープでしたが、


それを具したコストコ容器を洗って干したのはこれでした。






コールマンのパーティツリープレート。こんな用途にも使えるんです。これ買って良かったです (^。^)






河口湖の2日目、この日も晴天に恵まれました。



が… 








散らかしっぱなしのサイトを片づけてから、こちらへ向かい買い出しを済ませます… 







富士パノラマライン沿い、スバルラインとの交差点から近い場所に最近リューアルオープンしたばかりらしい。



ショッピングセンター・ベル河口湖近辺でのキャンプ買い出しに役立つお店がたくさん入ってます。






スーパーセルバさんの品揃えは やや高い価格設定ですが 満足が行くものでしたし、


キャンプの強い味方・ダイソーさんも入っているし、言うことはほぼ無いんです。





誰のせいでもないんでしょうけど… 





河口湖滞在2日目、富士はなかなか完全な姿を見せてくれません。




あと2日間で雲が取れた姿を見れると良いんですが… 




この後で森と湖の楽園に戻り、


お子たちは事前に予約してあったイベントに参加します。






美味しかったですよ (^u^)








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン







天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ ワタシも作りました。詳細はこちらこちらです。








初合わせ同士なのにピッタリ♪






昨日の更新は電源コード不足に阻まれましたが、今は大丈夫。



河口湖近くに最近オープンしたばかりのショッピングモールに入っているダイソーで、3メーターの延長コードを求めてきました。





ということで、昨日の続きから… 





ちびストーブのインストールですが、今回は… 







巻き式煙筒の導入は見送りました。





多少短いですが、デフォルトのオガワ製煙突パーツだけでも余裕で2メーター以上の高さを稼げますからね。







煙突を伸ばしたちびストーブの撤収は、どうしても手間がかかってしまいます。



少しでも軽減しておかないと、連休最終日の撤収に影響が出ますから… 






そして今回、雨蓋のメッシュをはずした状態での運用です。





今回は3泊4日の運用。



雨が降らないとも限らないので、雨蓋なしの直管状態では不安です。



しかし前回の道志の森ではメッシュにかなり目詰まりしてしまったのではずしたままにしてありました。








5月になってだいぶん暖かいし、ゴールデンウイークって晴れの特異日なことが多いし、さほど使わずに済むかもという目論見もあります。




この状態でも問題なく温まれると良いんですが… 








午後6時を過ぎ、暗くなってきました。








今回の照明は639Cを3つのみ。






古ペトは自宅療養中につき留守番です。






思ったより暖かく、ノルのテントウイング下のほうのリビングで、


夕餉をいただくことにします。











この時点で初合わせしたテーブル2つが、


なんと嬉しいことに全く同じ高さだったことが判明♪








手前がデザインリコさんちの自作テーブル。奥の茶色いのがコールマンのロールウッド2ステージテーブルのロー仕様。





共に40センチ高ですが、ドンピシャの同じ高さです。







この適合、カタログ上では知ってましたが実用上での誤差がまったく無かったのは嬉しいですね。











ハートランドで乾杯して… 





自宅でこしらえ、sea to summitの容器で持ってきてあったトマトとモッツァレラチーズや、


菜花の和え物をつまみます。









空はすっかり暗くなりました。









焚き火も進行中。SP焚火台Sにサイト周辺で拾った松ぼっくり・小枝やらのシバ主体で燃焼してます♪





お子たちの夕餉はこれ。





ウインナーと肉詰めピーマンをフライパンで炒めて拵えてます。






これが旨くないはずがない。










あっという間に美味しい夕餉を楽しむ時間は過ぎて… 










気付くと屋外は寒くなってました。







でも大丈夫です。メッシュエッグの中のちびストーブには、


しっかりと薪火を熾しておきましたから。











やっばりこれ。5月初旬の標高が高いキャンプだと、ちびストーブはまだ欠かせません。






持ってきておいてヨカッタです(^。^) 







5月初旬、標高1000メーター近くの高さでキャンプするとなると、薪ストーブはまだあった方が安心です。




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ







天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ GW中は20パーセントオフセール実施中ですよ。


ノルディスクタープとの相性が良いクリップとは






昨秋以来の「森と湖の楽園」にチェックインしたのは、5月3日の午後3時過ぎ。








管理棟で受付・支払いを済ませて、サイトに入り、



設営作業に入ります。






まずはこれを設置。






デザインリコさんちから制作モニターで提供されたテーブル。







制作は大人の知識が必要でしたが、完成した後の設置作業は小学4年生にまかせても大丈夫♪










うーん美しい。






実戦投入は初ですが高さも申し分ない。これ提供いただいてヨカッタ (^。^)





お兄ちゃんがテーブルを組み立てている間、パパはリビングメッシュエッグを設営し… 








ペグの類いは今回からこれに収容。ライペンブランドのアイゼンケース。






シャングリラ5も設営完了。





幕体裾から線を出したのが示すとおり… 









今回もAC電源付きサイトです。




シャン5の中にはホッカペと… 







エルパソのサドルブランケットを投入します。









シャン5と合わせるのは初ですが同じ緑系。憶測通り相性は悪くないようです。





ちょっと前だったらリビングスペースはメッシュエッグの中だけになるんですが、



森林の空気を肌で感じながらの食事も悪くないかなと思い、外にもテーブルを設置します。




が… 樹上から虫たちも降りてくる様子がうかがえたので、タープも設置しないとなりません。





ノルのテントウイングを張るために、まずはロープを巡らせて… 





ノルディスクのテントウイングはループが一箇所足りません。



いちばん短い辺の真ん中にあるべきなんですが、どうもドームテント前室として使う前提だけで作られているようです。




でもワンポールテントの前室にしたり、タープ単体で使うにはどうしてももう一箇所のループが必要になるので、





以前はハングアップクリップを使っていましたが、





今回はこれを使います。





シエラデザインのグリップクリップ。シャン5ネストのループが壊れた時に買ったもの。






こっちのほうがハングアップクリップより、幕体に与えるダメージが少なそうかなと思ってましたが… 








はたしてしっかり固定できるのか… 







…張ってみると大丈夫みたい♪ 





この状態で今のところ3日間張りっぱなしですが、ロープにシュラフを干したりしても全く問題ありません♪






さて次はいよいよ… 





ちびストーブのインストールへ。





…続きを書きたいところなんですが、AC電源付きサイトなのに、


延長コードを一本しか持って来なかった… 不覚でした。








ということでPCはバッテリー駆動中です。そろそろ充電が切れそうなので、ここまでで更新します (^_^;











にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン






本日もコメ返がかなりキビシイ状態です。コメント欄を閉じてます… (m_m)



天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ GW中は20パーセントオフセール実施中ですよ。






もうカーナビは要りません








5月3日、まさに全国的に大型連休の真っ最中。




さすがに主要高速道はどこも混みまくりでしたが…





圏央道が整備されつつあることで、目的地によっては渋滞も回避できます。





渋滞にはまったのは中央道本線を走った30分程度でした。









大月ジャンクション。ここを過ぎ、河口湖を目指すまではまったく混みませんでしたし。









自宅を出たのは、この1時間前くらい。





バリゴは午前11時半を示してますが、出発は10時半前でした。撮影モードを選び間違えてしまった…





上の画で29.8度と出ているのは車内室温。






この後バリゴをこの中に入れます。イグルー・クールメイト。DC電源で冷蔵可能なクーラーボックス。





この後3時間ほどでどこまで冷えるか… 





で、大月ジャンクションを過ぎて富士吉田線に入ったあたりで、


午後1時を過ぎました。






谷村PAで昼食を摂りますが… 






さほどの大きさではない谷村PAですら激コミ。










やはりGW期間です。






やむなく屋外のテーブルで昼食を摂ります。













ご飯モノはワタシだけ。ウチの家族は基本、麺喰いが多いです… (^_^;







昼食後はスムーズに車も進み… 







14時過ぎにはここへ到着。






河口湖近くのスーパーオギノさん。ここで買い出しします。





ついでにクールメイト内の温度を見てみると… 





13度台。あまり冷えてません。前回の道志の森は零下近くになりましたが、あの時は季節はずれの雪だったしなぁ… 







ここから約10分ほどで目的地ですが… 





滞在初日から富士を見られるとは♪












15時過ぎに到着。




途中で昼食と買い出しに費やした時間を考えても、GWにしては楽な移動でした。




今回役だったのはiPhoneの、というかAUのアプリ。





これアンドロイドだった時の画ですけど。





使用料は有料だけど、渋滞考慮もしてくれるし。もうカーナビは要りません。








遠征中のためコメ返遅れます。この日記はコメント欄を閉じてます。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ







天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ GW中は20パーセントオフセール実施中ですよ。


予定がずれたら笹子トンネルで散ってた可能性も…




やや気重ながら、撤収を開始します。






冬キャンプは暖房装備が加わるので、夏より設営も撤収も手間が増えますから…





しかしやはり、ここのテントサイトは広い… 





他のちょっと狭めなキャンプ場なら、長~いメッシュエッグのポール、自サイトから隣りにはみ出すのは必定。




設営時にも「広いな~」と感じましたが、撤収の時もほとんどはみ出しませんでした。








大人が撤収で汗をかいている間、お子たちはまたこちらへ…




コンデジを渡してありました。自分たちで撮ったようです。








コカリナのお店で、人に懐いたヤマガラとの触れあい…





野鳥としては人間に近い歴史がある種ですが、一見の子どもの手指に乗り餌をついばむというのは、やはり凄いことと思います。




実はこの日で「コカリナのお店 in 森と湖の楽園」の年内営業は終了でした。来シーズンはGWから再開されるとか。


良いタイミングに巡り会えたようですが…





ヤマガラとの別れを惜しんでか、なかなかお子たちが帰ってきません。





もうチェックアウト時刻は過ぎているのに… 







実は朝のトレッキングで時間が押してしまい、あらかじめチェックアウトが遅れる旨は受付へ伝えてあり、


快く「いいんですよ~」と言って頂いておりましたが… (^_^;






やっと戻ってきたので、出発です。





森と湖の楽園の出口付近にあるゼロエネハウス。ここも泊まることができるらしい。







しばらく走って、やっと見えました。





富士山。今回はこの時だけしかまみえずでした… 





さて、せっかく河口湖近くに来ているんだから、






湖畔で昼食を摂ろうかと思い、車を走らせますが… 





この日は富士山マラソンの開催日で、正午あたりでも河口湖・西湖近辺は交通規制だらけ。





森と湖の楽園受付でもらったリーフレットにも、規制情報が載ってます。








河口湖大橋はすでに通れる時間帯でしたが、湖畔に降りていくには時間が早すぎました。




過去に30回以上行われた河口湖を二周回する「河口湖日刊スポーツマラソン」から変わった第1回だったようですが、

トラブルもあったみたいですね。






仕方なく、大橋を渡りながら見える紅葉を車窓から愛でつつ… 











※ 撮影は助手席のママさんです。






道路の混雑状況を睨んで、フレンディを甲府方面に走らせつつ中央道を目指します。







一宮御坂ICから中央道に乗ってすぐ… 





釈迦堂PAでやっと昼食です。もう午後1時半になります。














お子たちは相変わらず麺喰いです。こういうところでは必ずラーメンかつけ麺だし… 








末子とママさんはラーメン・チャーハンのセット。








ワタシは地タマゴの目玉焼き定食。提供時間が早そうだったので… 






食後は中央道を走り、自宅を目指します。






ところで一宮御坂ICから中央道に乗ったと言うことは… 






ここも通りました。崩落事故のあった笹子トンネル。画はニュースサイトからの借り画です。




もしも何らかの事情で今回のキャンプが一週間、うしろにずれていたとしたら、


ウチもこれに巻き込まれていたかもしれません。背筋が寒くなりました… 






ヤマガラと会えたこと、事故に遭わないで済んだこと… 





タイミングって大事なんだよ~!






今回のキャンプで学んだいちばんの収穫は、これかもしれません。











にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ




崩落事故の犠牲になった方々とご家族関係者の皆様には心よりお悔やみ申し上げます。





いろんな意味で懐が深いキャンプ場




森と湖の楽園のトレッキングコース奥には… 







楽園主催者、清水国明さんのご自宅がありました。






表札の収まる木彫りのフクロウもおそらく清水さんお手製、チェンソーで作られたのでしょう。









しかし…





この時点で、清水さんはご母堂様の一周忌で帰省されていたそうです。




残念ながら、ご本人には会えませんでした。





実はチェックインの時点ですでに、スタッフから「この週末、清水は帰省しております」と聞かされていたんですけど、


留守にしていなければ、夜にキャンプ場まで来られて利用者と話しこんだりすることもあるそうです。








ではトレッキングコースへ戻りますが、コース後半は森の中を歩く感じ。










途中からは迷わないように、標識ロープ(トラロープ)が貼られてます。







コース終盤の勾配が、お子たちにはキツイ感じ… 












1キロにも満たないコースです。手ぶらでも良いかなと迷いましたが、






念のため、ポール持ってきて正解でした。





ママさんは末子と手を繋いで、一緒に転ばないようもう片方の手でトレッキングポールを使ってます。





霜で濡れた落ち葉や、時々見える苔の生えた岩に足を取られないように下って行き…






ゴールが見えたかな?






焦点を変えて撮ると…





左下に見えたのは資材置き場みたいです。












ふと横を見ると… 





森のキャンプ場?





しかしテントは無し… 





どうも楽園がわで準備した常設テント(手ぶらキャンプサイト)や、持ち込みテントをデッキに設置して使う場所らしいです。



地面で寝ることには抵抗感があるような、初心者向けの用意ということでしょうか。




この懐の深さはさすがです。





こちらには昨秋に予約し、諸事情によりキャンセルしたんですが、「この時期以降、暖かくなるまでテント泊はお勧めしない」と言われてました。



森のキャンプ場にあるはずの常設テントも、寒い中での利用はキビシイので、


撤去したということなんでしょうね。






30分ちょいで、ツリーハウス村の横に戻ってきました。










ということは… 






無事に自分たちのテントサイトへ帰還です。





その奥に見えるのは… 





ドームハウス。中は18畳もの広さがあるらしい。



震災後に気仙沼にも建設され、被災地ボランティアさんたちの宿泊場所になったのと同じものらしいです。







気付くとチェックアウトまで、2時間を切ってました。



そろそろ撤収するか… 





もう1日だけ続きます。復路にある場所を通ってしまったので… 










にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ





ツリーハウス村と清水国明さんご本人との対面は?






メッシュエッグの中は、ちびストーブでポカポカに暖かい… 






昨冬後半から煙突もなるべく幕内に収まるような取り回しにしてますから、


煙突からの発熱も逃がしません(笑)




ただしメッシュエッグの天頂部から煙突を出すと、サイドドアのジッパーが閉まらなくなります。



なので… 








事前にこれを買い増ししてありました。ストリームトレイルのハングアップ。汎用クリップでドアを閉めてます。




黄色いのも持っているんですが、SPの幕には赤のほうが合いそうだったので… 






思うにグレーがいちばん使い回しが効くと思います。色で機能や耐性が異なるワケではありませんが、中間色なのでどんな色とも合いやすい筈です。







姉兄も起きてきたので… 





ホットサンドで朝食を摂らせて… 





食後は家族で散策に出ます。







ふと見ると外に置いてあったイグルーのクーラーは… 





霜々です。陽光が当たってキラキラしてますね… (^_^;





まずはこちらへ… 








森と湖の楽園にあるツリーハウス村。





もともとは清水さんだけがツリーハウスを造って住んでいたそうですが、


園内の木の上の空間を販売する「樹上分譲」を行ったところ、


あっという間に周りをツリーハウスで囲まれたらしいです。






どれが清水さんの住んでいたモノなのか、見分けられませんでしたが… 




ご本人の話では、見晴らしは悪くなるし、見下ろされるし、


後から建てる人はみな清水さんのツリーハウスより立派で、さらに高いところに建ててしまうらしい… (^_^;



調べてみると分譲というより賃貸で、5年間50万円で貸し出すサービスとのこと。





次の
分譲があれば、ワタシも入村したいかも。





さて、歩を進めます。


ツリーハウス村を抜け、巨大なBBQサイトを横目に…








クライミングウォールもあります。





昨日パパが設営している間、お子たちも登ったらしい…





「こんな大きい葉っぱがあったよ!!」





いろいろな発見があります。ママさんはリスも見たらしい…





そして散策の目的はこれ。





トレッキングコース。800メーターと短めですが末子にはちょうどいい距離。






じゃ、行きますか♪







歩き始めてしばらくは平坦な砂利道が続きますが…











中間地点あたりでやや登り坂になり… 








坂の頂上付近。






この先には… 








一軒の住宅が…




この後でいよいよご本人が登場… するでしょうか?






にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ





アルパカとちびストーブはどちらが暖かい?




シャングリラが凍っているのが、遠目でも分かりますが… 







あたりはつーんと鼻に抜けるような、冷たいけど澄んだ空気に包まれてます。






冬キャンは、この清冽さが癖になります。






よく見りゃメッシュエッグも凍ってました。








スノピの幕色は遮光性が高めです。


幕内に入ると暗いので、もう朝ですがランタンも灯してます。







ちびストーブに火を入れてしまえば… 









ケロシンランタンやちびストーブより着火しやすいのは言うまでもありませんが、起きてすぐに点けたアルパカはお役ご免。





キャンプに持ち出せる灯油系暖房器具としては最強の部類になりますが、薪ストーブの圧倒的な火力に比べりゃ可愛いモンです。


灯油を節約するに越したことはありませんし… 








しばらくすると、シャングリラの中から、末子とママさんの話し声が聞こえてきたので…






「こっちのほうがあったかいよ~」と声をかけます。




外気温が氷点下になっていることも伝えると… 






末子に完全防備に近い格好をさせてから、起きてきました。








今回はママさんのリクエストで、久しぶりにこれを持ってきてあります。





コフランのキャンプクッカー。すでに廃盤みたいです… 






ホントはサンドイッチ用の耳なしを買っておけば良かったんですが… 





往路では食パンしか買えなかったので、耳をおとして具を入れ、クッカーに挟みます。






はみ出したパンの白い部分が勿体ない気もしますが… 





ちびストーブの中につっこんで… 





ホットサンドの出来上がりです。





具は定番。とろけるチーズとハムを入れてあります。





インスタントですが クラムチャウダースープも添えて… 








いただきま~す♪ 










食事を摂って、気が付くとずいぶんとポカポカとしてきました。





どおりで… 8時には幕内は20度を超してます(^。^) 






バリゴの計測値以上に暖かいのは、食事と薪火のおかげでしょうね。





昨夜に続いてメッシュエッグの天窓開放だし…(^_^; 










 


アルパカストーブはキャンプ出発前に灯油満タンにしたけど、4分の1も使いませんでした。薪を使ったほうが暖かかったし♪










にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ





冬キャンプで暖かく寝るコツとは




河口湖に近い、森と湖の楽園のテントサイトです。


午後10時に近く、かなり冷え込んでます。この日は放射冷却という言葉を予報で耳にしてました… 




すでにワタシ以外の家族は、この幕の中で休んでます。





シャングリラ5、ポールの高さをギリギリまで下げました。ポールが斜めって倒れそうなくらいまで… 





シャン5にはマッドスカートがありませんが、こうすることでフライシートの4辺の端が地面に近くなり、


地表から幕内への冷気侵入をかなり防ぐことができます。





この幕の中、ボトムにはいろいろと敷き詰めました。





ホットカーペットを中央に配して、それが届かない端のほうには、


パシフィックアウトドアやらサーマレストのバッタモンやらのマットと、汎用の銀マットも持ってきてあるものは投入して…






しかし敷物類でいちばん効果があったのは、これでした。








グラバーのオールウェザーブランケット。






薄いナリして4層構造です。





ワタシが寝たのはホッカペが届かなかったけど、このブランケットの上。地表からの冷気はまったく感じず。かなり遮熱性能が高いということです。






さらにこれも履き込んでます。





今回は撮り忘れてました。前のソロの時の画でスミマセン… (m_m) 





キャラバンのダウンパンツ。下半身はヌクヌクです。






さらに足もとを暖めるために、これも初投入。









湯たんぽです。往路の買い出しに寄ったスーパーで求めたもの。







ちびストーブの上にかけてあるやかんのお湯を注いで、シュラフの中につっこみ就寝… 







#3のモンベルシュラフ、今回はシュラフカバーをせず、インナーにサーモライトリアクターのみを使用しました。











そして夜が明けて… 



合わせ技が効きました。





ホッカペの効いた場所は家族に奪われたままでしたが、朝の6時まで目覚めませんでしたから。





そして起きてから気付きましたが、自宅と同じ睡眠時間が経過してました。


一度も目覚めなかったということは、まったく寒さを感じなかったということです♪







朝の7時ちょい前。バリゴでマイナス1度を示してます… 






前述したシャン5の四隅、これくらい地面近くまで下げてます。









水滴は… すべて氷です。




 





冬キャンで暖かく寝るには、火力系暖房は切っておかないと生命の危機に及びますから、


火を使わずにあたたまる工夫が必要です。





やはり複合ワザを使わないとダメですね。







思うにこちらのテントサイト、松葉がたくさん落ちていたのも幸いしたかも。地面からの冷気を緩和してくれますから。








にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ





零下になるのに薄い?シュラフで寝てみました…




お風呂で温まった後は… 






森と湖の楽園の受付前にあるキッズスペースで、ひとしきり遊んでから… 






自サイトへ戻ります。








ヘッ電が似合う4歳児…(^_^; 





そういや書き忘れてました。



ブロともの満作さんが、下の画を見て「入浴料が高いなぁ」と仰ってましたけど、


宿泊客は入浴料をとられませんでした。






日帰り利用者用の設定みたいです。扉のキャプションには「ご宿泊の方は無料」と朱書されてます。




ボケ画だったので見難かったと思います。すみません…(m_m) 






で、サイトに戻る途中にあるのがこちら。





テントサイト用の炊事場です。





食器洗い用の洗剤とスポンジの備えがあります。









ここ、森と湖の楽園はキャンプ場としては高規格な部類に入ると思いますが… 






残念なことに炊事場はお湯が出ません… 





でもこの設定、清水さんの理念に基づいているのかもしれませんね。





自サイトに戻り… 








あたたかいちびストーブのある幕内でくつろぎます。






次はママさんとお姉ちゃんが入浴する番です。





行ってらっしゃい♪ 










…で、風呂から上がったママさんと男子たちはネムネムになり、


シャングリラの中に入って休みました。







気付けば午後9時過ぎです。






しかしこの人は、まだ小腹が空いてるらしくて…








パパとふたりであのそばを分け合いました。薪ストの上でいつでもお湯は沸いてる状態ですからね…(^_^; 






ヤカンもこれも持ってきておいてヨカッタ… 






とりあえず胃袋を満たしたので、お姉ちゃんをシャン5の中に送ってから、


テーブル上のゲニオールを消灯して… 








639Cも消します。







ヘッ電で撮ったら、この時点でやっばり29度くらい。暑さすら感じてましたが…








この後、就寝時の熱源は… 






自分の体温とホッカペに頼るのみという状況になります…





しかし… 


酷寒の中なのでしかたないことでしたが、いちばん最後にシャン5に入ったワタシは… 






家族にホッカペ上の就寝スペースを奪われた状態で寝ざるを得ませんでした… 







翌朝、どうだったのかは、また続きます。


起きたら氷点下だったりしますけど…(^_^; 














にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ





このキャンプ場に男女別風呂がある理由とは

とっぷれと日が暮れた、森と湖の楽園のテントサイト…






午後6時半過ぎ。これから風呂に入ります。






テントサイトから風呂のある管理棟までは、徒歩1~2分程度。


さほどの距離はありませんが、







末子にはヘッ電を付けさせました。





なぜかというと…






段差のあるテラスの階段を上り、夜露で濡れたテラスのウッドデッキを歩く必要があったから。












このテラスにはマス釣り池もあります。



マス池は柵で覆われていますが、万が一落ちたりしたらコワイので…(^_^; 






…で、テラスの奥にある管理棟夜間出入口から、風呂のある管理棟の中に入りますが、






男女別の入口ということは… 






夜間出入口から入ってすぐのところは、トイレです。







そしてトイレの洗面所の先に進むと…








来ました。お風呂です。嬉しいことに男女別湯♪





キャンプ場で風呂があるところというのは、たいていは時間で男女の利用時間帯を区切ってますからね。



これは別のキャンプ場の画ですけど… 





あるいは1時間とか30分の予約枠で、家族風呂として貸すかのどちらかが多いです。






しかしここ、森と湖の楽園はテントサイトだけでなく、コテージや洋和室の宿泊設備も整ってます。


社内の研修や旅行にも門戸を開いているくらいですから、男女別の風呂は当然の備えなんでしょう。







では入浴♪ 





浴槽はけっこうな広さです。大人が7~8人で入っても大丈夫かも。









温泉ではないと思いますが、湯温も高めでほっこりと温まれました。








石けんはありましたが、シャンプーはありません。





忘れても大丈夫。管理棟受付でシャンプーを売ってます。






すっかり温まり、風呂からレストランスペースを抜け、管理棟の受付へ…










チェックインの時、お子たちはこの場所をしっかり記憶していたようです。






受付の対面にはキッズスペースがありました。











絵本やオモチャだけでなく… 





ソロ用テントまで置いてあります。





ウールリッチがこの大きさのテントを出していたとは知りませんでした。






オモチャよりも、末子にはこっちのほうが楽しかったみたい…(?_?)








この後、しばらく出てきませんでしたから…(^_^; 













にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ

薪ストーブで28度の夕餉♪





森と湖の楽園にチェックインしたのは定刻通り、午後2時ちょうどでしたけど、



設営を終え、まったりとくつろぐ頃にはすっかり日が暮れてます。





そろそろお腹も減ってきたし…





ちびストーブの上では、夕食を仕込み始めてます。





ソーセージを茹でて、DUG焚火缶の中にも食材を仕込んであり…





今夜の夕食メニューには不可欠な白ワインも、用意してあります。








ここまでで、だいたい分かりますね。そう… チーズフォンデュです。








調理熱源はトランギア。









そしてフォンデュ鍋は、過日に求めてあったコロダッチを初投入です。






しかし…





トランギアの五徳、コロダッチとは相性が悪かった… 




五徳の支持点とコロダッチの糸底のサイズが近すぎます。




これじゃ簡単に鍋がはずれてしまいますから、


チーズも溶かしにくいし、お子たちにとってはアブナイです…(^_^; 







タトンカのアルコールバーナーの五徳形状なら大丈夫だったかも…




こっちも持ってきてましたけど、点火してあるトランギアを何にも使わず下げるのは勿体ないし、


お子たちも空腹を訴えていたので、パパが頑張ってチーズをかき回しました。







皮手袋で押さえながらでしたけどね。






そろそろいいよ~と告げ、コロダッチをアルコールバーナーからおろしたとたん…








食欲の権化たちの手が伸びてきます…(^_^; 










外は零下に近いのに、またもTシャツか…(○_○; 






…と思ってバリゴを見たら、幕内はとんでもない温度になってました。





なんと28.4度。ちびストーブが主力でしょうが、アルパカとトランギアの火力も貢献してますね。






大人すら汗をかき始めたので、メッシュエッグの天窓を開放したくらい…








そしてあっけなく…





フォンデュ終了です。






調理開始から、80分ほどの出来事でした。気付けばワタシはほとんど食べてないし…(T.T) 






しかし… チーズフォンデュで本当に美味しいのは鍋が空になった時です。


これを待ってました。




オコゲ状態で鍋肌に残ったチーズせんべい。



これ、剥がしてかじるとワインに合うんです。最強に旨かったし(^u^) 







フォンデュ後のチーズせんべいの旨さは、ママさんから教えられた知識でした。






夫婦で夢中になり、鍋肌のチーズを剥がしたら、コロダッチもキレイになったし…♪











お腹もいっぱいになったので、次はお風呂で温まりますが… 









清水さんち、さすがです。そんじょそこらのキャンプ場とは違います♪








 












にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ





ヤマガラとアルパカとちびストーブの威力と





パパが汗をかきつつ、サイトで設営している間に… 










お子たちは、こんな素敵な体験をしていました。









これ、ヤマガラです。れっきとした野鳥。










お姉ちゃんが手を差し出したその指先に止まり…










餌をついばんでいます。








現在は鳥獣保護法により、飼育は禁止されていますが、


こちら、森と湖の楽園に出店されているカフェ、コカリナで、軒先に来るヤマガラが勝手に懐いたらしい。










ヤマガラと日本人との付き合いは、平安時代に遡るくらい、古くからあるらしいです。





滞在中のこの後、お子たちが何度もこのテラスに足を運んだのは、言うまでもありません。





そしてお子たち、ここで素敵な物作り体験もさせて頂きました。






お兄ちゃんはバードコールを製作中♪





お姉ちゃんは…









これを造りました。樹脂も使ったストラップ。お店の方に「上手に出来てるからカメラで撮らせて!!」と言われたらしいです。










そして、酷寒の河口湖近くで暖かく過ごすための現実に戻ります。






アルパカは、もちろん持ってきてあります。





アレの煙突を支えるためのスタンドも組み立て、







気付くと午後4時半前で、6度しかありません。








あっという間に釣瓶落とし… 





幕内も設営は完了してます。






アルパカストーブだけでは足りないので、これも点火です。





オガワのちびストーブ。この存在感、圧倒的な暖房力はありがたい。






ランタンも点けました。







外で遊んでいたお子たちに、「そろそろ寒くなるから中においで」と声をかけに出て行ったら、


いっしょに幕内に入った瞬間、寒暖差のせいでしょう。






レンズが不本意に曇りました(^_^; 







煙突からも暖かさが伝わってくる感じは嬉しい♪ 







30分くらい後にバリゴで計測したら、





軽く20度を超しました。





この後でさらにスゴイ温度を目にします。


外から幕に入るたび、顔の筋肉が弛緩する感じでした。さすが薪ストーブです。









もちろんCO検知器も使用してますよ♪










にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ





森と湖の楽園



いよいよやって来ました。







森と湖の楽園。受付がある管理棟には、清水國邦の自然樂校という看板があります。







その近くにあるのは、このログハウス。








2003年に清水さんが初めて作ったログハウスだそうです。中は倉庫になってましたけど。







その向かいには、巨大なバーベキュースペースがあります。






さすがにこの時期は使われていない感じ。夏は混むらしいです。









受付を済ませて、いよいよオートキャンプエリアへ… 







三連休の2日目からの予約です。








周囲は前日から泊まってたグループで埋まってましたけど。








リビングメッシュエッグを設営し始めて気付きました。




ここのテントサイト、けっこう広いです!!





経験則からは、家族でのキャンプで、だいたい60平方メートルくらいのサイトだと狭く感じます。




この幕体を設営したことがある方なら分かると思いますが、リビングメッシュエッグのポールってけっこう長いので、


狭めのサイトだと、設営・撤収中は、お隣りさんちにポールがはみ出さないかと気を使います…





事前にホームページで調べてあった森と湖の楽園 テントサイトの広さは、約70平方メートルとのことでしたから、


気を付けなきゃダメかな~と思っていたんですが…






まったく問題ありません。





メッシュエッグがあと2つくらいは起てられそう。100平方メートル以上ある感じでした(^。^) 







家族全員の寝床になるシャン5を起てても、全然余裕がありましたから。










ところで今夜は、今冬でいちばんの冷え込みになると聞いていたので、





これを求めてありました。グラバーのオールウェザーブランケット。






これ、かなり効き目がありました。











冬はやっぱりAC電源付きサイト。シャン5の中にホッカペをインストールし、







画ではホッカペ上に置いてますが、





何でもNASAが開発したという毛布3枚分の保温効果のこれを、ホッカペの下に敷きます。





その上にサーカルのメキシカンラグを敷き、





撮り忘れましたがオガワの2度でも大丈夫な封筒型を敷いたら、全く寒くありませんでした(^。^) 





さて、こうやってパパが設営に汗を流している間に… 





お子たちとママさんで素晴らしい体験をしたらしいです。






さすが自然樂校を謳うところ。ウチの自宅じゃ真似できません。素直に降参です(^。^)








にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ





お餅とうどんの楽園?





昨日からこちらへ…







清水国明さんのプロデュースするキャンプ場、森と湖の楽園へ来ています。






楽園と自称するだけあり、なかなかの充実ぶりですが、



それについてはまた後日。





往路に嬉しいことがありました。


今回の目的地は河口湖近く。高速道路を使う手もありましたが、渋滞していると事前に知ったので、





いつも通りのどうしみちを通り、いつものこちら、きこりさんで薪を求めて…





道路の反対側を見ると…





上棟式かな?






きこりのネコちゃんたちとお子たちが戯れている間、立ち話などをしていると、


「あなたたちもおいでよ」と道路の向かいから声がかかりました。





通りすがりのキャンパー家族にも声をかけていただけるとは…(^。^)






やがて新居の施主さんたちや大工さん達が階上に現れて…








餅投げです♪







テレビなどで観たことは何度もありますが、実際に参加したのは初めてでした。










しかし…






けっこうイタイ…(^_^;








きこりさんでビニール袋もいただいて、おやつや紅白餅、使い捨てカイロなどを大量にゲット♪









きこりさん、お向かいの施主さん、ありがとうございました。








そして嬉しい発見がもうひとつ。





昼食場所で素晴らしい場所を見つけました。





蔵ノ介さんという吉田うどんの店。


お店は自宅を改造した感じで、玄関で靴を脱ぎお座敷でうどんをいただきます。






かけうどんが、なんと300円。





ちくわの乗ったかきあげも足しました。これが100円です。







なぜかTシャツ一枚のお兄ちゃんが頼んだのは、肉うどん。





これも400円。安い!!






驚くことに麺は自家製手打ち麺。





割り箸よりも太いです。角が立っていて、こしの強さはさすがの吉田うどん♪





薬味は七味もありますが、この後は寒い中での設営が待っているので一味をチョイス。






汁は醤油で少し濃いめ、質実剛健な見た目ですが、満足の味でした。






家族5人で2000円でお釣りが来るなんて…♪






ちなみに蔵ノ助さんから森と湖の楽園までは、車で5分とかかりません。





こちらのキャンプ場に来た時、外へ出てリーズナブルに食事したいなら、オススメの場所です♪












にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ







サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ