秋キャンプでピッツェリア






ほどよい寒さの中で待つこと10分ほど。







ちゃんこが出来上がりました。





添付のうどんも一緒に煮込んだので、ちゃんこうどんと呼ぶべきかな?





お子たちが食べ始めると… 








あれれ… まだパパは食べてないのに、10分ほどで完食… (^_^;





この事態も想定の範囲内。






こっちの用意もしてありました。ピザ生地です。





ナポリタイプのピザクラスト。本当のナポリピザなら、サンマルツァーノ種のホールトマトを使うべきですが… 





そこまで準備するには時間的・資金的にも足らなかったので、市販のピザソースです。





5月の連休に、楽園で自作ピザの経験があるお子たちには、


生地が出来上がっている状態からだと歯応えが足りないかもしれませんが… 






お兄ちゃんがピザソースを塗って… 








チーズはとろけるタイプのスライスチーズをちぎって乗せます。スライスチーズを使うことで末子も調理に参加できますから。





フレッシュトマトも持ってきてありましたが、迷った末にピーマンとベーコンを散らしました。







熱源はコレ。ケロ火のドラゴンフライを下火に使い… 








ダッチオーブンの上火は広葉樹薪。真のナポリピザの定義では、樫木やオリーブの薪以外は使ってはいけないらしいですけど。






わが家のピザ職人さんたち約2名、出来上がりを待ってます。





火にかけてから15分ほどで、良い香りが立ちこめてきました。











上火の薪を焚火台に戻して… 





リッドリフターでダッチのフタを開けると… 





無事に完成です♪








時間があれば生地から作る方法もアリですが、生地だけ用意してトッピングを工夫しても楽しいですよ♪ 





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン







デザインリコさんちのテーブル、見た目も使い勝手もコスパも良いですよ♪











鍋キャンプの季節到来♪








早めに風呂を済ませたのが幸いしました。


観光農園キャンプ場の時間はゆっくりと過ぎていきます。






午後5時半前にランタンの点火を始めます。





いつも通り、639Cはあっさりと点火。







明るくなったサイトでは、オシャレさんが出没。





「パパ撮って~」と言われたので、一応載せておきます (^_^;





HK250も空気入れで加圧して… 










圧力ケージで適正値まで加圧したのを確認し… 


 






アルコールでプレヒート。







こっちもコールマンのケロシンランタンと同じく、あっさりと点灯開始♪ 





639Cより少しだけ光量が劣るHK250は、ジルコンの中に入れて幕内灯にします。




寒くなり、だいぶん虫は少なくなってきましたが、冬場でも蛾はいるので、


光量が大きいランタンは幕外で集蛾灯にし、小さいランタンはリビング灯として運用すれば、


顔の近くに虫が寄ってくるような事態を避けることができます。





そしてこれも点火。





トヨトミ レインボーストーブ。いよいよ今シーズンの運用開始です。






幕外に出て、焚火に薪を足し… 







晩メシの支度もスタート。








MSRとシーガルコラボのストアウェイポットを取り出して… 






もう10月ですからね、鍋が美味しい季節の到来です。





往路の買い出しでちゃんこの1人鍋を求めてありました。





汁はコラーゲン入りだそうです。






野菜を投入し… 








鶏肉も投入。1人鍋ですが、けっこうボリュームがある感じ。





この鍋、嬉しいことにうどんも入ってます。




シメで戴きたいところですが、お子たちの腹を満たすには最初から入れたほうが良さそうだったのでこれも投入。






焚火の煤でストアウェイポットが真っ黒ですが、気にしません。この黒ずみもキャンプ道具としての風合いになるでしょう。






焚火にかけること約10分ほどで、良い香りが… (^。^) 





さて、美味しくできたかな ? 




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン







デザインリコさんちのテーブル、見た目も使い勝手もコスパも良いですよ♪











風呂代コスパは最強かもしれないキャンプ場




観光農園キャンプ場の風呂ですが、去年はここで温まれました。






浴槽は小さめだけど、親子3人で何とか入れる広さ。





入金機は100円硬貨専用。500円が必要です。





往路の買い出しで、くずしておいてヨカッタ♪





入金して湯栓をひねると… 





無事にお湯が出ました♪ あまりのお湯の勢いで蛇口が反っているのが分かります。





キャンプ場にある給湯設備って、けっこうお湯の勢いが弱く、使えないことも珍しくないけど、


観光農園キャンプ場の風呂の給湯力は、しっかりしてます。






30分という時間は親子3人が頭も身体も洗い、浴槽でしっかりと温まって、ついでにお湯を抜き、







浴槽をきれいに流すにも、じゅうぶんな時間でした。




30分間ですが、500円ポッキリで親子3人が温まれる風呂というのは、





たとえばお安い風呂がある椿荘ACなら時間制限は無いけれど、大人300円子ども200円ですから、700円が必要です。





気持ちよさを求めるなら、時間制限ありですが、レストリブレでキャンプして宿の風呂を使う手もあります。





椿荘ACと同じ値段ですが、30分の時間制限があります。









観光農園キャンプ場のお風呂って、コスパだけで見たら最強に近いかもしれません。






ちなみに観光農園キャンプ場の風呂には、石けんやシャンプーの類いはありません。





さっぱりしたければ、それらを持参する必要があります。






今回は久しぶりに、これを使ってシャンプーを持参してました。





humangear【ヒューマンギア】のGoToob。シリコン製チューブで吸盤が付いてますから♪  






キャンプ場やホテルなどのあまり広くない浴室でも、マイシャンプーやマイボディソープを入れていき、鏡などにくっつけて使うことができます。





タオルはこれで。





SEA TO SUMMITのテックタオル。観光農園の風呂は足拭きタオルもありません。2本持っていたのは助かりました。






手頃な価格のSサイズを2つで運用すれば、使い勝手が広がりますよ。






温泉じゃありませんがキャンプ場と考えれば… たった500円で親子3人が温まれるし、コスパ的には最強かもしれません。




…で、サイトに戻りますが、





見た目も明らかに徒歩45秒くらいなんですが、またも末子がこれを見つけたので、


倍以上の時間がかかってしまった。







そう、観光農園キャンプ場は今の時期、拾いができるんです。





末子はここまでで手を出せませんでした。イガが痛かったらしいので、栗拾いは翌朝に持ち越すことにしました。





うかうかしてたら、炊事場にはすでに照明が灯ってます。











時刻は5時23分。





秋のキャンプはここから暗くなるのが早い… 急ぎ、灯りを点けることにします。









にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン












ちょこっとだけハロウィンキャンプと不安な風呂と




観光農園キャンプ場は、設営さえ終えれば自由にくつろげるキャンプ場。






1年前に来た時の経験で、風呂アリと分かってます。サイトが整えば、この時間にはビールを戴けるということ♪ 





午後4時前にラガーを開けられる幸せ。前回の椿荘ACでは我慢せざるを得ない状況があったので尚のこと、染み入りました♪







そういや、季節的にはこれ。








もうすぐハロウィンです。末子にせがまれて、前日に買っておいたもの。暗くなったら、中に灯りを入れてあげるね~と約束しました。





そしてここは河畔の立地です。


まだ10月なので念のため、ブヨ対策に、これも点火済み。






林業御用達の強力駆虫な森林香、と言いたいところですが、すでに在庫を使い果たしてしまったので… 






普通の蚊取り線香をダブルで点火して使いました (^_^;




これでも効果があったのか、単に寒さでブヨが来なかっただけなのかは分かりませんが、


幸い、今回のキャンプでは、ブヨ被害はありませんでした。









秋冬の夕暮れは釣瓶落としです。ビールをすすりつつ、ランタンの支度を進めます。





酔いがまわっ… 勢いあまって、灯油をこぼしてしまったけど… 








あわてず騒がず、ティッシュで拭き取って焚火台へ放り込めば…  





そのまま着火剤として使えます。



気温も下がりつつあり、きこりさんちで薪を求めておいたのは正解でした♪





設営したのはテニスコートに近いサイトでしたが、寒さのせいか、夕方には誰もいなくなってました。








観光農園キャンプ場の河畔サイトは案外と木立が繁っており、日差しの遮蔽度は高め。盛夏はけっこう涼しいかも。






日没前、混む前に温まろうと言うことになり、風呂へ向かいます。






風呂への往路で末子が何かを見つけたようですが… 





ある秋の恵みです。翌朝までに収集しましたが、それはまた別の更新で。





…で、徒歩45秒ほどで風呂へ到着(笑)





簡素で狭そうな、プレハブっぽい風呂ですが… 






3分で200円のコインシャワーと、





30分で500円のコイン風呂があります。もちろん風呂のほうがお得ですが、値段を表示する看板の文字も消えかかってるし… 




1年前もちゃんとお湯が出るのか、不安を抱えて中に入りましたが… 





今年はちゃんとお湯が出たのかは、次の更新で… (^_^;








更新の励みになります



にほんブログ村 アウトドアブログ 犬連れ・猫連れキャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログへ にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ
バナークリック、ぜひともお願いします 





テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

アルパカより素敵なキャンプ用灯油ストーブもあるんです





道志の観光農園キャンプ場は、今回が初めての利用ではありません。




ちょうど1年前、10月最初の週末にも来てましたが… 








画像の撮影日時は2012年の10月3、4日あたりと思います。1年前の10月初旬でお子たちの格好はこんな感じ。フル装備に近いのに…





それが今年は… 





末子は半袖半ズボン。ワタシも同じ出で立ちです。今年がいつになっても暑いというのが、こんなところにもあらわれてます…







とは言っても、ここは道志村の東神地。





標高は700メートル近い、10月中旬、中道志のキャンプ場です。





今は半袖でも大丈夫ですが、朝晩の冷え込みをなめたら風邪をひきかねません。





ということで、これを持ってきてあります。トヨトミ・レインボーストーブ。






先々週の椿荘ACでは、アルパカストーブの今シーズン初運用を開始しましたが… 





暖房の瞬発力というか熱量というか、パワーとしてはアルパカのほうが、レインボーストーブに勝るものの、





経験則から分かっていたことですが、やっぱり燃費は悪かったので、レインボーに戻してみました (^_^;






これ今日現在で、楽天最安値みたいです。残り10コくらいみたい。ストーブの機能だけでなく、灯りにもなります。翌朝、その機能を思い知りました。







ジルコンの中には、ラグとエアベッドを仕込み済み。





フロアは、センターを開いて土間状態にしてみました。これも、ちびストーブ導入時には必要な環境設定です。





しかしまだまだ、ラグもマットも足りません。ジルコン15の中は広すぎます (^_^;





そして飲用・調理用の水の調達。





観光農園キャンプ場、水場は遠くはありませんが、鍋とかヤカンで汲みに行けるほど近くもないので… 






イグルーの5ガロンジャグの出番です。





しかしここもご他聞にもれず。イグルー5ガロンはニッポン仕様ではない大きさなのだと、改めて分かります。






持っててヨカッタ♪ マイホース。





ジャグに水を入れつつ流しの前を見ると、こんな感じの小川が流れてます。








道志なので水はキレイ。川自体は人工でしょうけど、天然の水源から引いてる流れみたいです。夏場はここで子どもたちもたくさん水遊びしたんでしょうね。





水を汲んで、サイトに戻ると… 





お子たちの楽しそうな声が、フレンディのAFTの中から聞こえてきます。やはりアジト遊びみたい。





「テントの中にベッドができてるよ~!!」と声をかけると… 





こうなりました (爆)





確かにこのエアベッド、ふわふわ感はなかなかですからね。






ラグとの相性も良いですよ♪







にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



良いと思ったら、ぜひクリックお願いします♪ 








ワンポールテントを綺麗に張るにはフロアも活かすべし







10月13日の土曜日、観光農園キャンプ場に着いたのは、この時間。






午後2時過ぎ。ちなみにAUは3Gになったり1Xになったりと、電波状況はあまりよろしくありません。





ホントならもう少し早く着くことができたんですが、ここへ寄り道してました。





きこりさん。格安で良質の薪を入手することができます♪ リンク先見ても分かりますが、看板娘さんは現在産休中です。





で、設営です。





ちなみに最近、ここがテンティピ・ジルコンの指定席。助手席でシートベルトに固定すると、道志みちでも暴れないんですよね(笑)






ところでテンティピみたいなワンポールテントで、正確にペグ打ちするための方法として、


あることを思いついたので、今回のキャンプで実行してみました。






これを有効利用します。フロアです。




テンティピにはガイドのロープや布地とかも付いてきますが、






この布地だと8角錐までしか計れません。





そこでこれ。16角錐のジルコン15専用フロアを活用します。








まずは皺がなるべく少なくなるように展開して… 






フロアの中央(テンティピはフロアの真ん中をジッパーで開くことが可能)に、ガイドロープをソリステで固定し… 







フロアの16箇所の頂点を介し、ガイドロープをピンと張って、ペグを仮打ちしていけば… 







ほぼ正しく、22.5度ずつペグダウンすることができます。





22.5度というのは、360度をジルコンの16角で割った角度ですね。





これで幕体を起てれば、ほぼ正確に美しく張れるはず。



ですがその前に… 





幕体の、煙突用開口部のサイズを測定しておきます。






最大径17~18センチくらいまでOKっぽいですね。オーダー済みの煙突ネットガードも、余裕で通るかなと。








ポールと煙突のクリアランスは、だいたい30センチくらいみたいですね。






そして、いよいよ起ち上げます。








この時点ではまだ分かりませんが… 








テンショナーで張りを調整したら、以前より綺麗に張れた気がします。




気がするだけじゃなく、ドアのジッパーがきちんと開け閉めできることで、


均等にテンションがかかっているのが分かりました。








ワンポールテントを均等にテンションかけて張る方法として、






フロアの活用というのは、他のワンポールテントでも使えるかもしれませんね。






こんど、シャングリラでもやってみようっと♪ 






ゴーライト シャングリラ。相変わらずどの大きさも品薄みたいですね。










にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



良いと思ったらクリックお願いします♪ 









3連休の中日に予約なしでもOKなキャンプ場






昨日は正午前に自宅を出て… 







道志みちを走り、あるキャンプ場へ来ています。







人気の道志みち沿いのキャンプ場にあって、いちばん人が集まるであろう、道の駅どうし直近のキャンプ場なのに… 





なんとサイトは選び放題♪ 





ここはどこかというと… 





観光農園キャンプ場。




ちょうど一年前に、こちらに来た時も予約せず、


電話で問い合わせたら「あいてますよ」とのことでしたが、今回も昨日、電話して確認したら、







「予約不要で入れます」と言われました (^。^)




三連休の中日なのに大丈夫なのか、あるいは夏の繁忙期が終わった余裕なんでしょうか… 




連休直前まで出張だったので、2泊できるほど体力的に自信がなかったワタシとしては、ありがたいことでした。





…で、今回もトリオキャンプです。







ファミキャンは11月の連休に予約済みなので、そこまでは最小構成で安くあげたいと思ってます。


できればソロがいちばん良いんですが… 




じゃ、設営ですが… 





今回はまだ灯油系暖房ですが、前日の更新のとおり、ジルコンにちびストーブを入れ込む準備が進んでいるので… 





煙突の取り回しとかを計りつつ、の設営になりました。






こんなモノも持参したりして…(^_^; 











とりあえず現地更新です。続きます。







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン







リコさんちのテーブル、ラインナップが充実してきました。欲しい人は急ぐべし♪










給湯設備は不要。SEA TO SUMMITのキッチンシンクの威力♪





散策からテントに戻ると、お兄ちゃんも起きてきました。


末子もお腹がへったと言い出しましたが、



慌てず騒がずで。





あらかじめ火を熾してあった焚火台に、ブロとものmatsuyamaさんからいただいた杉薪を放り込みます。







これまでmatsuyamaさんからいただいてた桐薪にも劣らず、素晴らしい乾き具合です。





乾燥状態が良いだけでなく、ウチの焚火用具に合うような、手頃な短さに裁断して送っていただきました。





ユニフのケトルに冷水を注いでも、





すぐにお湯が沸く火力だし。






スキレットで朝メシの具を炙る、そのうしろで杉薪がしっかり燃え始めてます。








もう何度作ったか分かりませんが…





ホットドッグです。バターロールでのケチャップアリはお兄ちゃん、ないのは末子用。






パパ用は黄色いのを乗せます。





フレンチマスタード。未経験の方はぜひ一度、肉料理で食べてみてください。人生観が変わる可能性がありますから(本気)







ハンバーグとかソーセージあたりでオススメですよ。







シェラカップで具するコーンポタージュが付くのもいつも通り。





スノピのチタンシェラは末子用。





非シェラな食器もファミキャンではアリかなと思い始めてます。


そう思っていた矢先、コスパに優れた逸品を見つけたので、





近いうちにまた紹介したいと思います。










お兄ちゃんはベルモントのチタンロッキーカップで。





ロールパンは10個あったので、すべてホットドッグにしました。


朝メシでは食べきれなかったのですが、残しておくと帰路の車内食になります。






食事が済んだら、ここからが大忙し。


まずは食器洗い。





SEA TO SUMMITのキッチンシンク、大活躍でした。





沸かしてあったお湯を入れた後に汚れた食器を放り込み…






洗剤を入れておきます。





手が濡れてしまっているので撮れませんでしたが、


冷水しか出ない観光農園キャンプ場の水場でも、きれいに脂汚れが落ちました♪







使用後のキッチンシンクは洗って水気を払ってから車のダッシュボードに置いておけば、帰宅する頃には乾いてました。





晴れてくれたので、幕体も乾いていきます。





メッシュエッグは中の結露もあったので風を通して乾かしてから撤収。






シャングリラはフライを剥がしてネストを風に晒します。





ネストに触れるフライシートの結露で濡れていたので。





その後に写ってますが、
フライは天頂部の裏側が特に結露が酷かったので…






裏返し、下にスリーピングマットを巻いて立てたものを支えにして乾燥させてます。







チェックアウトまであと20分…(^_^;






何とかほとんどの幕体は乾きましたが、


これだけはダメでした。







シャングリラのフロア。グランドシートとして使っているモノです。





フロアのみ今回もビニル袋で持ち帰りです。





晴れたまま終わるのはいいなぁ。これだけなら帰宅してすぐに乾くでしょうし♪





撤収完了です。ちと遅れてしまったけど…








実はチェックアウト定刻より15分ほど遅れてしまったのですが、


受付前を通る時は…





お咎め無しでした。あの警告の看板は何だったのか…?






チェックアウトを11時にしたほうが、このキャンプ場の評判はもっと上がりそうな気がしましたが…








ま、いいや…





観光農園キャンプ場はあと半月ほど、10月いっぱいで冬季クローズに入ります。






渓流釣りは通年営業らしいですが。





別の道志のキャンプ場に来た際、釣りだけ楽しむにも良い場所ですよ。










blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ





武井ストーブで5度上がります





さてメッシュエッグの中ですが…





武井ストーブでぬくぬく♪








バリゴの16.4度の計測は、外気温より5度も高いことになります。






しかし雨に見舞われず、キャンプ場で夜が明けるのは久しぶりのことです。







8月下旬のオム以来の晴れ空。純粋にうれしいモンです♪







しかも秋めいて来た空気は清々しいし。







まもなくお子たちも起きて来るでしょう。




シャン5からは、ごそごそと動く音が聞こえてきますから。







天はやっとわが家のキャンプの味方をしてくれましたけど、


晴れても結露からは逃げられません。




車のガラスがしっとりしてましたから、もれなく幕体も…







かなりの濡れ方です。










フレンディのサイドオーニングも例外ではなかった…











水滴がしたたるくらい…




夜露を避けるため、オーニングの下に置いたはずのマキシポップにも垂れてました…






今回のために洗濯したんだけどなぁ…(T.T)








10時のチェックアウト前に乾くかなぁと思っていたら、


山の斜面に日が差してきました。






いい徴候です。日が差してきたら、効率よく幕体や椅子を乾かさねば…













末子が起きてきましたが、まだお腹は減っていないとのこと…






朝メシよりも、暖かい幕の中よりも…









こっちがいいらしい。




完全に焚火当番にはまりましたね。




この後で末子が尿意を催して、トイレに連れて行ったついでに川沿いの散策へ…






道志川の流れは速そう。水遊び向けではない感じです。





手前の浅瀬なら大丈夫かもしれませんが、








子どもを遊ばせるにも、監視の目は必要でしょう。






やはり子どもの水遊びはこっち。場内の小川のほうが安心でしょうね。







そろそろお兄ちゃんも起きるかも。





テントに戻ろうか。









blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ




ストーブ変更の温度の基準とは



観光農園キャンプ場、散策は続きます。





河畔サイトと山側サイトを地勢的に分けるのはこれ。






場内に流れる浅い小川。




夏場は小さい子どもたちの水遊びでにぎわうことでしょう。


末子も昨日の到着直後に突入しそうになりましたが、さすがに止めました。


もう10月だし、風邪引かせたら怒られるのはワタシなので…






後で知りましたが、ここで魚のつかみ取りもできるらしい。言うまでもなく夏場がオススメです。









この小川にかかる橋を渡ると…








昨夜、親子で温まったコイン風呂・コインシャワー棟があります。






その向こうには…









テニスコートまであります。予約制で2面を備えるとか。先に見えるログハウスは釣り場の受付でしたね。





まだ6時前ですが、そろそろ火を熾した方がいいかなと思い、


サイトに戻る前にもう一箇所の見どころを発見。




池がありましたが…








ここでホタルを育てているらしい。






道志村ホタル祭りというのが毎年7月の第2土曜に開催されていて、会場になるのがこのキャンプ場です。


だいたい6月中~7月中旬が見頃で、前半は源氏ホタル、後半は平家ホタルが舞うそうですよ。








じゃ、サイトに戻って火を熾し…





もちろん桐薪から。すぐに火勢がついてくれますから♪






湯を沸かして、昨夜の残りのおでんも温めておきます。







食材コンテナの中に、これを見つけました。





たまには緑茶がほっとします。日本人なんだと感じる瞬間です。








朝6時で11度弱ですが…






これくらいの気温なら、主リビングとなるメッシュエッグの中は、


これひとつでこと足ります。







武井301。




予熱時はけっこうな焔が上がることもあるので屋外で運用し、


安定した青火が出てから…







メッシュエッグの中にインストール。瞬く間に暖かくなります。





サイズは30センチほどの高さと16センチ径の小振りなストーブですが、


春秋ならじゅうぶんな火力を持つ暖房器具です。






ただし、あと5度くらい気温が下回るとなると、武井だけじゃ足りなくなるでしょうけどね。


こいつやトヨトミレインボーの出番が来るでしょう。






アルパカにハイマウント謹製ウインドスクリーンを簡易反射板として使うことで、かなり効率よく暖かくなると昨冬わかりましたし。






0度前後あたりからは、灯油系暖房でなくこっちを使う方法があります。






幕体内を温めるのに隙間を無くして気密性を上げるのは危険です。それより暖房の熱量を上げる方が手っ取り早いし安全です。





だんだんと冬キャンプの季節が近づいて来ているなぁと感じて、


嬉しかったりして♪







そして気付けば今回はやっと、






雨が降らないままで終わりそうかな…








でも結露は免れないみたいですけど…










CO検知器もそろそろ出番かな…














blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ




チェックアウト時刻にキビシイキャンプ場なの?



体育の日の夜が明けつつあります。





目覚めたのは10月8日 月曜日の午前5時過ぎ。





起き抜けにシャングリラから出て撮った画は、空が大きめに写り込んだので明るく見えますが…








散策に出た場内は、実際はまだこんな暗さです。





まずは水場に行ってみました。





山側のサイトには3つの水道蛇口があります。





出るのは冷水のみ。道志標準規格です。





しかしここ、生ゴミを捨てていけます。






水場に生ゴミ専用バケツがありました。





これはありがたい備えですが、よくよく考えると渓流を区画した釣り場も備えるキャンプ場です。


釣果をさばく場所として、当然の備えということでしょう。


流しはコンクリート。広めに作ってある感じで、魚をさばくのにも適した感じがしました。






水場のすぐ横にはトイレ棟があります。






個室は3つ。





男女別の表示はありません。右端の個室ひとつだけが洋式です。総じて中のスペースは広めでした。







しかし前夜からトイレを使ってましたが、この看板には気付かなかった…






チェックアウトは午前10時。それを過ぎたらディキャン料金が発生するとのこと…





うーん…



これ読んだ時は「えーっ」という感じ… (^_^;


どうも11~12時というチェックアウトの時刻設定に慣れてしまっていたようです…








観光農園キャンプ場を紹介した道志観光協会ブログにもこの情報は無かったなぁ…(^_^;










この後の行動計画を早めないとなりません。





軽く落胆しつつ、
トイレ棟の横を通るとこんなのが…





なんと生ゴミだけでなく、可燃ゴミと缶ビンペットボトル用のゴミバケツがあるし…






この備えには、懐の深さを感じました。




道志村は決して大きな自治体ではないので、ゴミ処理能力に限界があるそうです。


なのでたいていのキャンプ場は、可燃ゴミ持ち帰りとなってますから。




中道志のあたりは都留市とのアクセスも良い筈なので、村とでなく民間ゴミ処理業者に委託しているのかも?








ブヨを警戒して設営を避けた河畔サイトに行ってみると…





こっちはトイレはありません。でも山側のトイレ棟に行くのに徒歩でも苦労しない距離感です。









河畔側にも水場があります。





こっちのサイトは水場にチェックアウト時刻を告知する看板がかかってますね…





うかうかしてられないなぁ…(^_^;










blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ




キャンプ場にコイン風呂って良いかも




観光農園キャンプ場に公式HPはありません。



道志村観光協会のブログに紹介記事がありますが、


そこには風呂棟はあるけどシャワーが使えるとしか書いてありませんでした。






なので現地で風呂に入れることが分かったのは、本当に嬉しい誤算です♪












料金機に投入できるのは100円玉のみです。あらかじめ受付で両替しておく必要があります。








浴室も浴槽も決して大きくはありませんが、親子3人で入るならちょうど良い大きさです。







中も清潔に保たれており、安心感があります。


30分お湯が使えるのはけっこう長い時間でしたよ。








で、親子で温まり…





末子に風呂の栓を抜いてもらいました。




お金を入れてから30分経つ前、お湯が止まる前にじゅうぶん温まり、


風呂から上がることができました。






思い出すと道志で風呂があるキャンプ場で、


家族風呂として貸し切りができるところと言えば…






オムさんの岩風呂が思い浮かびます。ここのも味があって良かったなぁ…







しかしここは人気があり、岩風呂の使用時間は30分限定です。





岩風呂棟の入口の白板に書かれた時間通りに入浴しないと、次の方を待たせてしまいます。







この時期だからなのかもしれませんが、観光農園キャンプ場は幸いなことに空いてたので、





次の入浴者を気にする必要はありませんでした(^。^)





この余裕、嬉しかったなぁ♪





風呂から上がったら、本意は温まった状態のままシュラフの中へ入って欲しかったんですが…





残念なことに? 車内にあれが残ってました。






前回ファミキャン時に買ったままになっていた花火です。








椿荘では2日目が雨でも初日は夜まで降らなかったのに、なぜか花火をやらなかったなぁ…





わが家の男チーム、ちょっと得した感じですね。






今回も焚火台で花火に着火してもらい…










燃え尽きた花火は、焚火台に放り込んでもらいます。





これでゴミも残りません。














今度こそ、今年最後の花火になったかな…











まだ午後8時過ぎですが、中道志は標高6~700mくらいあります。





冷えてきたので、シャン5の中でお子たちをシュラフに包み込ませて、


スマホでYou Tubeを見せて眠りに就かせました。








お子たちが寝たあとで、少しだけ焚き火を楽しみ…





ワタシも夜10時半過ぎに床につきました。






明朝の起床後に散策して、


このキャンプ場のキビシさが分かりましたけど…(^_^;









blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ




コイン風呂のお湯は出たのか?




晩メシのおでんをガっつく兄弟…







昨日のレポまでは末子の活躍ばかり書いてたので、お兄ちゃんの影が薄いとのコメもいただきましたが、






お兄ちゃんの活躍した所の紹介が遅れただけです。


例えば上の画で末子の横にあるオリカソですが…








すでに販売終了してる感じですが、登山用具店でプロパー棚の隅のほうを探すと残っているかもしれません。





これを組み立ててくれました。





彼の脳ミソは立体パズル系に強いみたいです。ロンポスの立体モノも、ワタシより早く解いてましたから




ちなみにフラッタブルウェアなオリカソのコップは、


熱々のおでんを冷やすための冷水を末子が自由に使えるための容器です。







つい1ヶ月前はまだ暑くて、


コンビニのも食べたくもなかったのに…





なんという旨さ♪





「うん、ウマイ」と頷いてます(^。^)







リビングメッシュエッグの中は武井301ストーブを焚いてますが、


午後6時半過ぎでも22度です。






一気に秋めいてきた感じ




おでんがウマイ季節になったってことでしょう。


このあとの秋冬には何度もわが家の食卓に、この湯気が上るんでしょうね。





さて食後はいよいよ…





あの場所へ行きます…







風呂 30分 - 500円 とのフダがかけられてるのは…








コインバスです。ちなみに左のフダがかかってる消灯したドアの向こうに、コインシャワーもありました。




ここにすぐ来れたのもお兄ちゃんのおかげ。



パパの設営中にお兄ちゃんに指令を出し、「お風呂を探しておいて」と伝え、


場所を突きとめてくれたので、暗い中でもすぐに辿り着た次第です♪






じゃ、中に入ってみましょう。








あれ? これってコインシャワーの料金投入機と同じだよなぁ…








ちゃんとお湯が出て温まれたのかは…







続きます













blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ




焚火当番を譲る時が来たか?



では晩メシの支度ですが、温めるだけで済むものを持ってきました。





すぐに出来上がりますし作るためにもコレを燃やすのが近道なので、


知り合いから戴いた逸品を紹介することにします。







桐の薪。ブロとものmatsuyamaさんに送っていただいたもの。






桐はよく乾燥させてあると、本当に良く燃えてくれます。




着火したものを焚火台炉内の下層に入れ、足で蹴折っておいた桐薪をくべると、


あっという間に火が回ります。








今回は桐以外に、肉厚な杉もいただいたのでそれも載せてみると…







火勢が衰えたかと思いきや…








杉の薪も、桐と同様の素敵な乾燥状態でした。







すぐに火が回り、じゅうぶん煮炊きに使えそうです。







ということで、焚火台にグリルネットをセットして、


焚火缶を火にかけます。






中味は何かというと…






レシピはあとで紹介することにします。





ここでなんと! 焚火当番を名乗り出た幼児が出現…






迂闊でした。車の後部収納部に置いてあった火ばさみを見つけて持ってますが…






うーん…






「お手てがハダカだとあつくなるよ~」と伝えると…









なんと!!




皮手をはめてリトライしてました。


皮手をはめるのに、ワタシはまったく手伝ってません。自分でやってます。








皮手袋はもちろん大人用。4歳児の手には余ってるはずなんですが…






さすがに火ばさみで燃えてる最中の薪の出し入れは手伝いましたけどね…






キャンプ中の親の仕草とか、よく見てるんだなと感じました。





では末子くんが半分くらい、手伝ってくれた夕餉メニューの発表です。







今回は…





否、今回も…(?_?)





おでんですね。お兄ちゃんのリクエストに答えました。






まさにどや顔。




いい顔してました♪














blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

リュブリカントはあった方が良い





バリゴ・ブラックピーク初仕事です♪





観光農園キャンプ場の標高は約620mほど。午後4時20分で16.9度を表示しました。







早くしないと夕暮れが来ます。まずはシャン5を起て…





メッシュエッグ内にリビングをしつらえ…










寝床も仕立てたら、もうこんな時間…






あっという間に1時間経ってしまった。気温も2度以上下がってます。





観光農園キャンプ場、道志村ではおそらく唯一 渓流を区画した釣り場があるんですが、


到着が遅くなってしまいました。 今回は釣りはできないでしょう。



実は忘れ物をしたヤツがいて、一度家に戻りました。


誰が、というのは伏せておきます。時間的ロスの責任があることを伝えて、釣りが出来ないことは納得してくれたみたいです。











しかし今回のキャンプ、雨は大丈夫かなぁ…(^_^;






今年のこれまでの道志週末は雨が多すぎでした。今回は予報じゃ大丈夫そうなことを言ってましたけど…







不安を感じていても仕方ない。降られた時はその時で…





灯火機類の支度をします。






以前も書きましたが、頻繁に野に出てるわが家は、撤収時にランタンの燃料をいちいち全て空にはしません。





しかしどの火器にどれだけ燃料を残してあるかまでは、把握していないので…





ランタンやストーブを振って、ケロの残量を確かめます。





その後、残が少ない火器にのみケロシンを補充しますが…





前回の椿荘ACまで雨が続いたせいか、加圧がシブイ…





でも大丈夫。





リュブリカント(潤滑油)は常備してますから♪







アルコールで予熱して











武井301も必要な季節になりました。画では速熱器を使ってますが、アルコール予熱のほうが確実にプレヒートできますよ。






午後6時少し前で13.4度。冷えてきました。








でも大丈夫。ってこの言い回しは2度目だし…(^_^;











メッシュエッグの中で2つの光源と1つの熱源を灯せば、あっという間に暖かくなりますから。






やっとこれをいただきますです。





とりあえずビールはとりびいというらしいですが、差詰めやとびいか…(^_^;





外に出たら真っ暗でビックリ。





まさに釣瓶落とし。急いで晩メシを作り始めねば…




















blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ




風呂がないと聞いてたキャンプ場に風呂があった?



日曜日からこちらへ






前々日の更新通り、行ってきました。道志の観光農園キャンプ場へ






上の画の看板、道の駅どうしに行ったことがあれば、ほぼまちがいなく目にするはず。それくらい道の駅の近くにあります。


しかし看板の大きさの違い通り、オートキャンプよりフィッシングセンターとしてのほうが力が入ってる感じです。




なぜなら…





道志川を渡ってすぐにある、受付と思しきログハウスを尋ねると…




受付のおじさんに「キャンプはあっち」と疎ましげに教えてもらいました…






キャンプ場の受付はこっちの古びた民家風の建物。中は囲炉裏や座敷もあり、食事も出来る感じでしたけどね。






…で、チェックインの際、事前に調べておいたキャンプ場の施設について質問しました。



シャワーはあるとのことだったのでその場所を尋ねると、







場所を教えてもらったあとで「シャワーは200円で3分、お風呂は500円で30分お湯が出ますよ」とのこと。




「えっ… お風呂あるんすか?」と思わず聞き返してしまったのは言うまでもありません。



嬉しい誤算です。後で入りますが、受付で言われた通りコインシャワーならぬコインバス。


コインバス、初体験でしたがキャンプ場ではアリだなと思いましたよ。








こちらのサイトは2種類。河畔サイトと山側サイトがあり…








山側をチョイスです。理由は後で…






末子の操作でフレンディのオートフリートップを上げて








4歳児にも操作できるくらい、これを上げるのは簡単。ボタン一発ですから。





自分であげた屋根裏部屋に入って遊んでもらってる間、パパは設営に勤しみます。







手伝わせても良かったんですが…





実はこのキャンプ場、河畔だし水辺は多いし、ブヨが多いという噂を聞いていたので…








ワタシも森林香を2つ点けた状態で設営してました。






森林香ダブル点けが良かったのかは分かりませんが、結果的に虫さされは無しでしたけど。


ブヨは道志川沿いなら夏以降、降雪期以外は間違いなく潜んでいる筈なので、念には念を入れたワケです。







河畔サイトを避けたのは、ブヨ避けという意味でした。


















blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ






サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ