平地サイトよりむしろ斜面の方が快適に過ごせる理由



5月2日はまだ10連休のど真ん中ですが

撤収を進めます




残念だけど仕方ない…


ただでさえ高規格で人気がある上に 10連休中ですからね

ウエストリバーACの予約は3ヶ月前にはすでに満員に近くて

4月30日から5月2日までの2泊しかとれませんでしたから… (T.T)




2月の予約は出遅れた感があり 2泊で2サイトも押さえられたのは奇跡的でした


機材の撤収を完了させましたが

周りのサイトはウチのように撤収する人もいれば

アーリーでインしてくる人もいて…

入れ替わり立ち替わりで設営撤収されているさまに

カオス感を禁じ得ません




正午のアウト定刻を少し過ぎてしまいましたが

幸い我々のいたサイトにアーリーでインする方がいなかった模様で

お咎めはなし


このキャンプ場は 規約や利用マニュアルの入ったファイルを返却するので

チェックアウト時も必ず管理棟に寄る必要があります




敷地上流の橋で御庵沢川を渡り

管理棟に向かう道すがら

自分たちが設営していた場所が見えた時

サイトがこんなにも傾斜していたのかと 改めて思い知ります




遠景でこれだけの傾きになります

この斜面を開いた場所にキャンプ場が作られているということです




初日の画

サイトの平面に水平を合わせて撮りましたが

駐車スペースに停めたデリカが斜めっているのが分かります

こんな感じに場所によっては水平でないエリアがあり

地勢的に過ごしにくい場所のように感じますが

決してそんなことはありません

むしろこの急勾配がゆえ 居心地が良くなる作用があるんですよね




もともとは斜面をサイトにしているので

必然 棚田状というかひな壇状というか 段々畑様になりますが

車1台の車高くらい高さに差があるサイト構成であれば

隣へも隣からも視線が届きにくくなるというものです




上は伊豆の某温泉地にあるキャンプ場

平たい立地のサイトでは 隣からの目線を気にせずに済むよう

植栽で工夫せざるを得ませんが 植え込みの高さが視線を遮るようになるには

まだ時間と手間がかかるのでしょう

しかしウエストリバーACはそんな手間など不要!

立地からしてすでにプライベート感が約束された地なのです




さらにサイトの芝もコンディションは素晴らしくて

この上で直にテンティピを畳んでも

枯れた芝の繊維を巻き込むことはありませんでした




他にもこのキャンプ場…

炊事場でお湯が出るし AC電源サイトはあるし

ワタシと弟は一度も入れませんでしたけど 露天風呂は男女別だし

とにかく気持ちのいい場所でした

さすが 超高規格キャンプ場 と謳われるだけのことはあります




そんなスーパーハイスタンダードなウエストリバーACなのですが

利用料のほうはどうなっているかというと…




E-1・E-2サイトの2箇所を2泊で 31,200円

つまり1サイト料金は1泊7,800円

Eサイトは本来なら8,100円を徴られる筈ですが

HP上から予約したので ネット割で300円オフになっています

なお利用期間によっては利用料の事前振込が必要で 今回はその該当期間でした




この1サイトあたりのサイト料で

大人2人と車1台の利用が可能となりますが

子どもは15歳以下無料

ただし子ども人数はサイトごとの定員に含まれており

Eサイトの定員は4名までですが

15歳以下の利用人数によって定員を超過する場合は

応相談なのだそう

サイト定員について 我ながら分かりにくい説明をしていると思いますが

ウエストリバーACの説明自体がこんな感じなので

あえて踏襲しています





8年前に大人2人・子ども3人で利用した際は相談スルーでした 超過料金も徴られていません


なおサイト料には入浴料も含まれてますから

コインシャワー利用というのは 前述したとおり

もったいないのです




最低でも1人200円を余計に払わなければシャワーを浴びることができませんからね

大人数でシャワーを浴びた最初の晩は 2,000円以上の出費になりましたから

やっぱり気持ち良く 露天風呂に間に合わせるべきだったと思います





車は全部で3台だったので

姪の車の駐車場代で1泊1,000円を別途払いましたが

事前にネット割引された全額を振り込んであったので

チェックイン時に払ったのは2,000円だけでした

ちなみに余剰の車は管理棟近くに駐車場があり

そこに停めることになります


1泊7,800円というのは 正直なところ

安いキャンプ場とは言えません

高いほうだと思います

が…




もっと高く付くくせに もっと不便なキャンプ場を知ってます

そのキャンプ場から 最近は脚が遠退いていますが


プライバシーが確保されていて 使い手に配慮された環境や

手の行き届いた芝サイトがある場所だし

今回が初キャンプだった姪も満足していました




私的には何より露天風呂にも入りたかったし

もっと晴れた南アルプスでの あんなこんなを

満喫したかった悔恨の念もあります…



 

フルーツ狩りはやっぱりやっておくべきだったし

8年前に来た時に行った 星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳のプールにも訪れたかったので

この余りある快適さは きっとまた来てしまうだろうなぁと…

リベンジ感と充実感が複雑に入り交じった気持ちを感じつつ

帰路へ…




中央道でこの場所まで弟や甥姪たちと同道し

それぞれお土産を買い求めてから 別れることに




談合坂SAです

が…




さすがの10連休

ここまではスムーズな車の流れだったのに

いつどこで渋滞が始まるか分かりません




どうやら事故渋滞らしい

仕方ないので上野原ICで中央道を降りましたが

考えることはみな同じ…






下道の渋滞も凄まじかった

明日も休みなのでいっそのこと 道志川の河原でもう1泊…

なんてことも思いましたが 頑張って帰宅しております

車載してあるシュラフ等 洗濯物の量も凄まじかったので…(^^ゞ







更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ウエストリバーAC 10連休 サイト 傾斜 談合坂 事故渋滞 中央道 キャンプ プライバシー

確実で速いのに格安・神レベルの着火剤が降臨した朝



2泊の間 いつもは幕内灯として使うソーラーパフを

姪たちのテントに貸してしまいました




じゃ 夜間のテンティピ幕内は真っ暗だったかというと

そんなことはありません




幕内灯としてノーザンライツを使いました

ブログでは久しぶりの登場ですが これちょこちょこ使ってます




燃料の350ml パラフィンオイルは2年前に買って

まだ残ってます

燃費の良さは手持ちの他の燃料式ランタンの追従を許しません




一時は灯油を混ぜて さらなる燃費向上を目指していたのですが

とにかく燃費が良いので

そんな造作の必要も感じなくなってしまい

いまではパラフィンオイルのみで使っていますが…




夜が明けても全然消える気配がありません

このまま点けっぱなしにするべきか 扱いに悩みます (笑)


それはさておき 撤収日の朝7時を過ぎて

3日目の朝メシを作り始めたところ

その熱源に薪を使おうとして

いつかどこかで買ってあったアイテムが

実はめちゃくちゃ楽に着火できるすごいモノであることに

気付いてしまいました




この成型木炭です

着火がめちゃくちゃ簡単なんですね

端のほうにほんの少し火を点けただけで

瞬く間に炭全体に火がまわるまわる (笑)




BUNDOKのらくらく炭というもの

木炭粉を凝固させた成型炭ですが 着火剤が含まれるので

それ自体に火が回るのが早いし

確実に燃えてくれるので 薪にもすぐ火が移りました




今回はグラットン オーバルパンを調理器具として使います


文化たきつけもすごいけど こっちの方が塊としてデカイので

着火の確実性は上 しかも安い♪

後日自宅近くのスーパーで見かけたのですが なんと130円くらいで売ってましたし


さすがに木炭なので一酸化炭素が出ますから

幕内で薪スト用に使う気にはなりませんが

着火の早さは 文化たきつけよりも確実に速かった




初日に炭火と薪ストで文化たきつけを使っていたので

速さの違いはなおさら分かりました

これはまさに神の域の着火剤と言って良いのではないかと…

そう思います




とにかく火の回りが非常に早いので

手に持って着火することは絶対ダメ…

との注意がパッケージに印字されてるくらいなのです


そのらくらく炭で熾した薪の火で

鶏肉を調理して…




ケチャップマスタード煮にしました






トーストは軽めに炙り

クリームチーズといっしょにいただきます




子どもたちはやはりコレが好き

コーンスープ付きです

今回も野菜は少ないけど たぶん帰路の昼メシで補填できるのでヨシとします (^^ゞ




食後はしばしまったり…




AC電源付きサイトではないし

ポータブル電源はすでに充電切れ

子どもたちのゲームやスマホも もはや充電が切れてしまい

動きません




せっかくキャンプに来たことだし…

いとこ同士 風に吹かれつつ

いろんな話をする良い機会になった様子…

実はポータブル電源は満充電にしていない状態で

今回のキャンプに持ち込んでました

できるならこういう状況を作りたかったので…





語らいの時を経て10時を過ぎたので

撤収を開始します




ウエストリバーのテントサイトの

撤収定刻は正午12時なので

そろそろ始めないと間に合いません




食器は姪たちが中心になって洗ってくれました




2泊3日の間 炙り台として大活躍だったのは

テキーラレッグと ワンバイ材

それとウエストリバーのテントサイト備え付けの合板でしたが…




合板は本来サイトの芝を焚火から養生する用途ですが

転用させていただいたおかげ

ワンバイ材の汚れが僅少で済んだのはありがたい限り♪



ウォーラスはドーム型テントなので…




何年ぶりかの この干し方です

ひさしぶり過ぎて最後にやったのが何年前か 思い出せません (笑)

平成ラスト~令和最初のキャンプレポは あと1回だけ続きます






更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ウエストリバー キャンプ ウォーラス らくらく炭 グリル 着火剤 テキーラレッグ ワンバイ材 ポータブル電源 充電切れ

雨キャンプのおかげでポロンTの効果が判明する皮肉



ウエストリバーACの利用は2回目ですが

初回はいまから8年前のこと

平成23年の8月末でしたが 2泊3日のあいだじゅう

ずーーーっと雨に降られました




あの時ほどフィアマ サイドオーニングのありがたみを感じたことは

なかったように思います




デリカにも欲しい機能ですが

ボンゴフレンディのようにレインモールがないので

ルーフラックの取り付けから始めないとならないんですよね…(^^ゞ





8年前のウエストリバーで3日間降られ続けた結果

帰宅後も幕体が乾ききらず…




このキャンプでおろしたばかりのシャングリラを自宅で干した記憶は

いまだ鮮明です




そして今回は2度目の正直とでも言うべきか…

平成と令和を跨いだキャンプもまたかと言う感じ

もののみごとに降られてしまいましたが

ようやく前夜までの雨が止み 撤収日を迎えています


8年前は いまは無きゴーライトのウルトラライトなシャングリラ5

今回はシャングリラ5の10倍の重さとなるテンティピ ジルコン15で

まだ幕体の濡れた部分が残っているのですが…




ま… これだけ直射日光が差しているし

撤収時間までには 太陽のある方角も変わります

そこまでには全て乾燥してくれることを信じるしかありません




ところで今回は今年初の

あることを試しました

試したというより 試さざるを得なかったのですが

それは…




化繊シュラフだけでの就寝です

それをしたのはワタシだけでなく

今回参加した男子の全て

ダウンシュラフは3つしかなかったので

女子3名に割り当てたのですが…




挑戦の結果は 朝までぐっすり

まったく寒くありませんでした

つまり今年のダウンシュラフのシーズンが終わり

化繊シュラフでも大丈夫なシーズンにインしたということであり

またこの道具もシーズンオフということになります




薪ストも秋口まではお休みです

帰宅したら半年のオフ期間にさび付かないよう 保管する手筈を整えないとなりません




煙突も煤掃除してから仕舞いたいもの




温度計はもう少し早く買えば良かったかな…

でも配送まで2週間近くもかかるとは思わなかったので…(^^ゞ




ちなみにこれ 後日こちらから○マゾンに連絡して

3月22日に既着である旨を伝えてあります





ということで季節の変わり目を感じた10連休キャンプの最終日

もうひとつ気になるのは

平成年間の最後にリペアしたあの幕体です


信越化学工業のポロンTをひさびさに求めて…




なんども洗濯してコーティングを剥がしたのち

有機溶剤の匂いにむせながら

とんでもなく揮発の早いポロンTをハケで塗り…




垂れまくりなアライテントのシームコートを

なんとか余計な箇所に垂らさないようにと

四苦八苦して塗り上げ

やっと蘇ったヴィンテージテント…





1995年製のウォーラス TWO-STAR




実はこの中で寝た姪たちの誰よりも

このテントの方が早く 世に生を受けたのです


後で起きてきた姪たちに確認しましたが

3日間のうちほぼ半分は雨に降られたものの

雨は完封だったとのこと




激しい降りの時はフライシートの下から露が上がってきたことはあったものの

それはこのテントでなくても起こる事態ですからね


撥水処理は大成功と言ってよい結果です

ソロで使う日が楽しみだ♪


 

これら両方ともまだ残ってます

おそらくヘリテイジのタープの撥水処理にも使うと思いますが

別のヴィンテージテントも見つけてリペアしてみようかなぁという気がムラムラと…





更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ウエストリバー オートキャンプ ウォーラス テンティピ TC ポロンT ヴィンテージテント シーム アライテント

事情があってもキャンプ場のルールは守らなければなりません



ウエストリバーAC2日目の夜

21時が過ぎて ようやく雨音が止まった感じ




なんとかタープからの雨漏りも止まったので

子どもたちは楽しみにしていたマシュマロ炙りに

やっと興じることができました




ただ…

我が家時にはデザートタイムなのですが

すでにキャンプ場的にはクワイエットタイムでもあります




照明を落として 声量を控えるよう子どもたちに注意していましたが

どうしても 特にいちばん年少のウチの末子は楽しくて

大きな声が漏れ出てしまう…


しばらくしてお隣さんから「もうクワイエットタイムだから

静かにしてね」と声を掛けられてしまいました…

もちろん即座に謝り 速攻で子どもたちを寝かしつけた次第

雨を恨むほかありません ルールはルールですから




お隣りさんには不快な思いをさせてしまったと思います

たいへん申し訳ありませんでした (m_m)


そんなワケで ほぼ強制的に子どもたちは静かになり

炙り兄弟だったワタシと弟にも

ようやく自分たちの時間が訪れました




ウエストリバーには立派な露天風呂があります

キャンプ場にしては珍しく男女別に入浴できるゴージャスさを誇りますが

入場できるのは20時半までで 21時には完全に閉まってしまいます

なので上は過去に利用した時の画だったりします


昨夜は全員が風呂の時間に間に合わず

シャワーで我慢したのですが さすがに2日続けてシャワーというのは

いろいろな意味でもったいなくて…

最ももったいない意味は撤収時の更新で触れます

甥姪たちは晩メシ前に露天風呂へ行かせていたのですが

今夜もワタシと弟は入浴時間に間に合いませんでした




2日間ともシャワーで我慢です…(T.T)

ちなみにコイン式で3分200円

室内には給湯オンオフボタンがあるので3分間を途中で区切ることも可能



ところでこのシャワー室にはコインランドリーもあり…






料金は乾燥機30分100円で

洗濯機は45リットルで1回200円




ただしコインランドリーで見るような洗濯洗剤の自販機は無し

持参していない場合は管理棟が開いている20時までに

そこで買い求める必要があります


またウエストリバーのシャワールームには

なんとパウダールームまで併設されています




シャワーを浴びたら 即ドライヤーで髪を乾かすことが可能です




見ず知らずの方と裸の付き合いとなる風呂だけでなく

シャワー設備も整えられており 使いやすい印象です

これなら海外から見えるお客さんにも 敷居が低いことでしょうし

実際に滞在中 海外から来られた利用客さんの姿も見ておりました




この後 二十歳過ぎの姪のひとりは

仕事のため帰宅の途につきます



残った我々は…




明日は晴れますようにと祈りつつ

ウエストリバー2日目の夜は就寝…



そして令和元年で2回目の朝




前夜までの雨は止みました

今日こそ晴れに恵まれるはずです


だって朝からの強烈な日射しで

テンティピのTC幕が乾き始めてますからね





ただし乾き始めたのは上のほうの生地で

地面に近いターポリン生地付近はまだ湿ってます






日陰だった部分です これは仕方ない



この後 残った年長の姪から 仕事のため昨夜キャンプ場を発った姪が

無事に帰宅できた旨を知らされました

すでに社会人なので仕方のないことですが

中央道は空いており 翌日に無事に帰宅できたらしい




残ったキミタチにはせめて前夜の罪滅ぼしとして

撤収や皿洗いを頑張ってもらいましょう♪





更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ウエストリバー クワイエットタイム ルール マシュマロ 令和 テンティピ

盛大な雨漏りに泣いた夜・もうひとつ撥水処理すべき幕体があったのに…




このストーブ

アメリカ発の燃焼器具なのですが

実に日本向けの機能を持っているなぁと思います




2箇所のバルブで火力調整できるので

最大火力の 2,192Kcal/h からトロ火まで無段階にコントロール可能

微細な火力調整が効きますから まさに炊飯にはうってつけ♪



白ガスはもちろん 無鉛ガソリンや

軽油 ジェット燃料 そして灯油にも対応する

マルチフューエルストーブです




8年前にデフォルトのホワイトガソリン用DGジェットから

よりランニングコストの安い灯油を使えるDKジェットへ換装
して以来

ずっと灯油ストーブとして使用してます




ちなみに両方のジェットとレンチもストーブ付属品です


微細な火力調整の効くストーブと適切な米の水かげん…

さらに 炊飯中の「焦げ」を感じてから1~2分で

火を止めるというタイミングを知った上で臨めば…




最近はほとんどキャンプ中の炊飯で

失敗することがなくなりました




炊飯前のお米の水かげんはこの記事を参照ください

「水面から米までの深さ」と

「米のいちばん上から底までの深さ」を等しくすればOKです

炊飯中の「焦げ」を嗅ぎ分けることも同じで

どちらもそう難しいことではありません

ドラゴンフライさえあれば 炊飯は簡単な作業である とさえ

自信を持って言い切れます


前夜も同じ10インチのダッヂオーブンで

5合の炊飯を成功させてますが

この日も7合をふっくらと炊きあげることができました




甥たちは紙皿でゴメンです 大人数なので食器が足りませんでした



ところで2晩続けて炭火での炙りものにしましたが

姪たちの要望があり 2日目は多めに野菜を足しています




野菜を食べたい女子たちは

肉を取りたがる男子より箸を進めるスピードが速くないので

一度焼き上がったものはグラットンのオーバルパンに取り分けて

グリル網の端に寄せることにします




ステーキハウスなどのグリル系料理店に行くと分かりますが

鋳鉄皿とは本来 調理用というよりも

具された料理に仕上げのための余熱を加えたり

冷めないよう温かいまま食べさせたりするための器(うつわ)です




炭火BBQの時も然りで

焼き上がった食材を保温する用途に使えますし

何より直火から遠ざけられるので

焦げつかせることなく 熱々な状態をキープできます




もちろん加熱調理具として使うことも可能で

そういう使い方もしましたが スキレット等に保温の用途もあると知っていれば

料理や食事の楽しみ方の幅を広げることができますよ



炭火の遠赤外線で調理した肉と野菜をオカズに

ダッヂオーブンで炊いたふっくらご飯…

美味しくないワケがない晩メシをいただいていたところですが

20時現在でまだ雨は止まず 風も出てきて

むしろ降りが強くなってきました


すると何やら冷たいものが降ってきたので

頭上を見上げると…




うーん… 雨漏りしてます

しかも盛大に…


このタープはヘリテイジ…

つまりカモシカスポーツのオリジナルブランドです

モンベルと似た緑ですが 黒パイピングの縁取りは全くの別物であり

カテナリーラインのエッジが描くフォルムが美しい逸品なのですが…




このタープも立派なヴィンテージ幕で 今は作られておらず

どうやら1990年代にリリースされたものらしい

入手時は使用歴も浅くてコンディション良好だったのですが

その後にシームテープが剥がれてしまったのを忘れてましたし

何も対策していないまま 今回のキャンプに持ち込んでしまったのでした




↑こんな感じにシームテープが貼られていたのですが

一部が剥がれていたんですよね




本来は上の白線のように

いちばん長いセンターラインと

上下の短いラインにシームが貼られていたのですが

↓下の画でお分かりのように…




センターラインにシームテープがありません 剥がれたままでした

ここから盛大に漏れてます…(T.T)




次はヘリテイジの順番かなぁ…

このタープも再生を手がけないとならないみたいです…(^^ゞ



シーリング箇所が長いのでテープの方が良いのかもしれませんが

接着のためとは言え タープにアイロン当てるのは抵抗を感じます


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ライペン(RIPEN/アライテント) シームコート (テント 防水剤) SC
価格:518円(税込、送料別) (2019/5/11時点)


やっぱりジェルで行くかなぁ…





更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ウエストリバー MSR ドラゴンフライ 炊飯 シャワー パウダールーム クワイエットタイム 海外 グラットン 炭火BBQ

ケロシン火器は使用前に灯油の調達限界を調べておくべきかもしれない


5月1日のウエストリバーオートキャンプ場

親戚とのキャンプ2日目のアクティビティに

いちご狩りかマス釣りをするかで逡巡して

後者の候補地を偵察したものの

残念ながら休業日だった…




お休みでは仕方ありませんし

いちごが食べられない甥がいるので

いちご農園にも行けないし

とりあえず偵察部隊がローソンで求めてきた材料を足して

2日目の昼メシを作ります




ダッヂオーブンで作れる手軽なキャンプの昼メシと言えば

我が家的には楽チンなことこの上ない

放置系メニューなアレです




ダッヂ焼きそば

揚げ玉・野菜類・肉類・麺の順番で材料をダッヂオーブンに入れて

蓋して直火に掛け 20分ほど放置したらソースを入れてかき混ぜるだけ

キャベツの水分が勝手に出て 麺や肉を適度にスチームしてくれます

ただし今回はキャベツが少なかったため 途中で少しだけ水を足しました




野菜はモヤシとキャベツ以外は

ほぼ前夜の炙り物で焼かなかったものの残りです

ただ 焼きそばにカボチャってどうなんだろうと少しだけ悩みましたが

勢いで投入したところ…

焼きそばの具としてカボチャはアリでした

焼きそばとカボチャの相性に満足しながら

みんなで舌鼓を打っていたところ

空模様がこんな感じに変化…




嫌な予感がします

そしてその予感が的中

雨です




しかも前日より粒が大きめ

瞬く間にテンティピのTCが濡れていきます




ウォーラスのフライにも

あっという間に水滴がついてきた…




初日より明らかに激しい降り方で

姪の話では幕内に霧様の湿気が籠もったのですが

フライシート下端の開放を閉じたら収まった模様…

あれだけ手間をかけた撥水作業がダメだったワケではなかった

正直 ほっとしました





テンティピ ジルコン15もかなり濡れていますが

幕内に生地由来の雨漏りは起こらず

煙突ポートからは少し垂れてきましたが 問題にならない程度で

この時点では雨に対して完璧の布陣でした

この時点までは…

しかしこの雨 夜まで降り続くようで

マス釣り等のアクティビティは諦めざるを得ず…




これは前日の段階での予報ですが

当日は降雨が20時頃まで続く予報に変わり

実際そういう残念な降り方…


やむなくアクティビティへの出撃は諦め

甥たちをなだめて

必要な食材や物資の買い出しに出ることにしました




初日にも食材を買い求めた場所…

南アルプスビッグステージと呼ばれるSC(ショッピングセンター)です


ここにはさまざまな郊外型大型店舗があり

上の画のイオン系スーパーでとにかく食品が安い ザ・ビッグ白根店

キャンプ初日には激安BBQグリルを買えたのと同系列の

DCM ホームセンターもあります





「くろがねや」はもちろん燃料やアウトドア用品を買うことができますし…


   

  


運が良ければ鹿番長のテントやスチベルクーラー…

また釣り具に車載用結束具の在庫もありそうです


 

 


さらに灯油を買うことも可能…

というよりこの地のキャンプで灯油を使うなら

この機を逃さない方が賢明です




調理や暖房・照明用の燃料として灯油を使う場合は

この先 ウエストリバーへの経路にGSも灯油取り扱い店も

まったくありません




くろがねやは ウエストリバー手前にある

最後の灯油購入スポットなのです


そしてこのSCには 食品スーパーやホームセンターの他にも

ケーズデンキや…




ダイソーユニクロ最近見なくなってきたグラッチェガーデンズ

さらには紳士服コナカや美容院 歯科医院 スポーツ用品店 ボディケアサロンから学習塾まで

ここに来ればキャンプ中に必要な物資も そうでないものでも

たいていのものが手に入る感じに いろいろな店が揃ってます




ウエストリバーのホームページにある買い出し先の情報には

ビッグステージの店舗はザ・ビッグ と くろがねや しか載っていないのですが

実際はもっといろいろなお店を利用可能なのです




着火剤や皿・コップなど ホムセンより100均の方が

安かったりいろいろと探せたりしますし…




川遊びで子どもが服を濡らして着替えを使い切った場合には

ユニクロで衣料を求めることができますからね




黄色い帽子のお店なら もしもの夏タイヤで降雪時に

チェーンを求めることができるはずだし…






ということで南アルプス市でキャンプやアウトドアアクティビティを楽しむ場合

かなり有用な商業施設になりそうなので

情報として載せておきます


末子や甥姪たちには可愛そうでしたが

もし何らかのアクティビティに出たとしても 間違いなく出先で降られたはずで

天候が不順であれば仕方のないことです

彼らのフラストレーションは 晩メシの内容で補填することにしました




ウエストリバーに戻ったのは18時半を回った頃

すでに辺りは暗くなりかかっています




給油だけは昼間のうちに

前日にくろがねやで求めた灯油で済ませてあったので

ランタンを点灯




今は小降りだけど時々強い降り方になります

まだ雨が止む気配はありません




晩メシの仕込み

これもくろがねやで調達した灯油で燃焼します

MSRドラゴンフライを予熱して…






青火に落ち着きました




8人の大所帯なので ダッヂオーブンで主食の仕込み

炊飯です






だいたい30分

ダッヂオーブンから吹き出す蒸気の香りに

焦げっぽさが混じり初めて1~2分したら完成です




撮り損ねましたが前夜はダッヂ炊飯を成功させています

2日目も上手くいったのかは… 次に続きます




文末ですが 今回身に染みた件です

キャンプでケロシン火器を使うなら 燃料の調達先は

事前に調べて情報を押さえておく方が良いと思います

白ガスやガス缶はたいてい管理棟売店で買えますが

売り物としての灯油を置いてあるキャンプ場なんて

これまで一度も見たことがありませんから…





更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ウエストリバー 南アルプスビッグステージ くろがねや 灯油 ダッヂオーブン 焼きそば ケロシン テンティピ ウォーラス

キャンプ中の釣りに良い思い出がないのは誰のせい?



改元された令和初日の朝

ウエストリバーの場内を散策してみました




キャンプ場の敷地内を貫くように流れるのは

御庵沢川 (ごあんざわがわ)

その流れは激しくも清冽です

前夜が雨でも濁ることがないのは 8年前とまったく同じでした






上の2枚は2011年 平成23年 夏の御庵沢川

当時は今回よりもっと酷くて 3日間ずっと雨だったのに

その時も川は澄んだままだった…


令和になった今も変わらず

川の水は濁らず清らかに流れており…




この先には さまざまなスタイルの釣りを楽しめる

区画された管理釣りエリアが広がります


雨上がりのきれいな空気

そしてたくましくも清々しい水を目にして

心が洗われた思いがしました

が… サイトに戻ったら現実が待っています

まずは腹ごしらえの支度をせねばなりません


定番のホットドッグは8人の大所帯ですからね

24個も作りました




この皿は起きてきた甥たちがつまんで すでにいくつか売れた後

でもまだまだ…

これと同じくらいの大皿盛りホットドッグが

もう1皿あるということです




ソロの場合は温朝食なインスタントで済ませますが

大所帯なので焚火缶Lでミネストローネを調理し…




マスタードやケチャップも忘れてません

テッパンなこの味 あと10年食べ続けても飽きないでしょう


しかしどこにも人と違ったことをするヤツはいるもので…




我が家の末子だけはマヨネーズ

なぜか彼はホットドッグにマヨネーズ… (^^ゞ

確かにマヨは七難隠す味だけど これは違うと思います

本人に何度か言いましたが まったく聞く耳を持ちません…(^^ゞ




まずはオーロラソースあたりからケチャップの王道に引き戻さないとならないかも…



朝メシをほとんどの甥姪が食べ終わり

9時を過ぎる頃には…




前夜は濡れ色だったテンティピ ジルコン15もすっかり乾き

ふと思いついて ある幕体も張ることにします




MSRツインシスターズ

この幕も加水分解のベタつきが出てしまい

洗浄 そしてポロンTとシーム剤の塗布を経て

蘇らせた幕体です




こんなに大きさが違うのかと 我が物ながらビックリ… (^^ゞ

かたや15人用 もう片方は2人用

どちらも内側からポールで突き上げ起たす非自立型テントですが

定員7.5倍の違いは 大きさの違いにも顕れるものです




いやしかし良い天気♪

絶好のレジャー日和です

親戚とのキャンプ2日目は南アルプス市ということで

この地ならではのとっておきなアクティビティを

事前に考えてありました


それは…

フルーツ狩りです




キャンプ場への往路沿いでも簡単に

何軒もの観光農園を見つけられたのですが

残念ながらさくらんぼのシーズンは5月下旬…




この地は桃狩りもできるようですが

こちらもシーズン前 まだ少し早いのです

でも大丈夫

さくらんぼや桃だけじゃありません




いちご狩り

こちらはギリギリ5月ならシーズン中で

キャンプ場から14キロほどのところに楽しめる農園もあり

我が家の末子もいちご大好きなので

事前に話したらすっかりその気に…




なっていたのですが…

このプランを現地で提案したところ 甥のうち1人が言いました

「ぼくいちご食べられない…」


うーん… キャンプの前に教えてほしかったけど

いちご狩りのことは伝えていなかったしなぁ…(^^ゞ


ワタシの苦い表情を見て その甥も考えたようで…

思案を巡らせたのちに彼の口から

マス釣りはどう?」との提案が…




確かにウエストリバーには渓流を区画した管理釣場があります

一見ナイスアイデアと思いましたが

あることを思い出し 待ったをかけました


今回も同道している親戚といっしょに行った

過去のGWのキャンプ中も 同じような渓流の管理釣場で

マス釣りに挑んだことがあったのですが…




この時は道志川渓流フィッシングセンター

制限時間いっぱいまで釣り糸を垂れたにも関わらず

ほとんど釣れなかった…




この時はお情けで

管理者様から 数尾のマスを分けていただきました


また別の年のGWも渓流ではない止水の管理釣り場で

マス釣りをしましたが…




この時の釣果もかなりかんばしくなかった…


要はGWの管理釣り場には良い思い出がほとんどないのです




正直 幼少時から釣りに縁がなかったので分かりませんが

人が多い時期は魚たちの警戒心が高まるのかも…


また不慣れな釣り人が多い時期でしょうから

魚たちもたくさん針から餌をぶんどることができ

お腹が満ち足りて反応も鈍くなるのかもしれません




ただでさえ釣れにくい時期なのに

こらえ性がなく釣り向きではない性格のワタシとしては

その状況に耐えるのは拷問に近い…




そんな先入観があるから 負のサイクルに拍車がかかって

キャンプ中くらいしか釣りなんてしないのに

よけいに悲惨な釣果になってしまうのかも…



が…

甥の1人が提案したプランに なぜか他の甥姪も賛同する始末で

やむなく検索して近所の管理釣り場を探し当て

斥候を出すことにしました




昼食の材料を買い足しに行っただけという話もありますが…

ちなみにウエストリバー直近のコンビニはここ

キャンプ場HPにはリンクがありませんてので

ローソン南アルプス街道店です




このローソンの帰路に

塩沢渓谷河川公園という管理釣り場があるはずで

調べるとウエストリバーの管理釣り場よりかなり安く

釣りを楽しめるらしい


買い出しついでに偵察してみたのですが…




残念ながら休業日だった

「おいおい 誰のせいだ~ 」と提案者が叫びそうになってましたけど…(^^ゞ


後で塩沢渓谷河川公園について調べてみたら

もともとは公営施設らしいのですが

管理者はウエストリバーオートキャンプ場

平日は営業しないらしく 今日はGW中だけど一応は平日なので

お休みということらしい…




とりあえず昼メシ作ったので食べてから考えようと思ったら

世の中そう甘くはありませんでした

続きます…





更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ウエストリバー オートキャンプ場 御庵沢川 フルーツ狩り 南アルプス いちご狩り 桃狩り さくらんぼ狩り マス釣り 塩沢渓谷河川公園

新品BBQグリルを半額ゲット・DCMブランドのアウトレット張りな値引きに感謝



新しい時代 新しい年号の朝が明けました




平成31年が終わり 令和元年の最初の朝

前夜はぐずつき気味な曇り空でしたが

新しい時代の幕開けを祝うかのようです

少しずつ雲が晴れていくのが分かります




令和元年5月1日のウエストリバーオートキャンプ場

現在時刻は午前5時35分


…ということはまだクワイエットタイムですが

5時過ぎには周りのサイトから

テントのジッパーを開く音が聞こえてきて 新時代の朝の空気を

吸い込もうとする方の姿がちらほらと…




ワタシもです

まず自分に 次に幕内へと

新しい時代の空気を取り込みました




新しい空気を取り込ませ 薪ストも再稼働開始

今の気温はおそらく10度前後なので

心地良い暖かさを味わえます




ケトルは前夜からこの状態

直置きせずロストルだった網を介し 遠火で薪ストにかけておいたので

空炊きにならずにお湯が沸いたまま残っています

朝メシのスープやコーヒーを楽しむにもうってつけです

中味は平成時代の水になりますけど


しばらくして弟たち男子が1人ずつ起きてきましたが

女子部屋の姪達はまだ夢の中…




3人の姪で使っているウォーラス TWO-STAR

ついこのあいだ入手して洗浄し

撥水剤とシーム剤の塗布処理を行ったばかりで 今回が初の実戦投入ですが

この段階では ワタシのリペアが上手くいったのか

まだ答えは出切ってません




しかし…

昨日の設営時から思っていましたが

このテント悪くない…




いやいや 正直になります

これカッコいい♪




やっと入手できたウォーラスのテントは

マイクロスイフトでなくオービットでもなく トレッカータープでもなかったけど…

それでもさすがの意匠

そしてさすがの存在感です




この幕の初使用の機を姪たちに託したのはワタシてすが

後悔し…

10連休の後は ぜったいにソロキャンプで使ってやろうと

心に決めた瞬間です


ところで です

ずっと切望していたテントは思わぬタイミングで手に入ったのですが

GW前からなんとかして手に入れようと画策していたこのアイテムは

入手できずにいました…




ネットで見つけて一目惚れしたフィールドアのグリルです

このデザイン なかなか他にはないもので

一度だけオークションで中古良品を目にしたものの

気が付くと終了してしまっていた…




フィールドアのアイテムは大手の物にくらべて

入手しやすいプライスタグがついているのですが

このC社スパイダーグリルを明らかに意識しているグリルが現行品

一目惚れした方は生産終了してしまったらしい


しかし安いからと言っても

さすがにこの現行品 車載するには大きすぎます



ヨコ66センチものデカブツなのです

やむを得ない事情で フィールドアのグリルへのこだわりは捨てたものの

なかなか決め手が見つけられず…



すでにグリル台はDOD テキーラレッグとワンバイ材の組み合わせで

目処が付いていたものの その台に適合する大きさで

車載しても嵩を取らないグリルを探しきれないまま

GWのキャンプ当日を迎えたのですが…




なんと!

往路で燃料を買うために立ち寄ったホームセンターで

まさかの展開が待っているとは…




たまたま立ち寄ったホムセンとはくろがねや

画像は南アルプス市の店舗ですが 訪れたのは別の都内の店舗です

その店頭で見つけたのがコレ




なんてことはないフツーのBBQグリルなのですが

くろがねやということはDCMブランド

店頭で同じ製品に約2,000円の値札がついているのに対し

上のグリルだけは1,000円ポッキリの処分品

すでに前夜 一度使っているので少し汚れていますが

店頭で見つけた時点はもちろん未使用の新品でした




楽天にも取り扱いアリ まさにコレです

通常なら税込で1,922円するのですが

なぜ新品のグリルがひとつだけ ほぼ半額に値引かれていたかというと

そのグリルに不具合があるからなのですが…


その不具合 半額の理由は何かというと…




赤丸の部分

片側の取っ手が欠落してます

いやいや こんなの不具合でも何でもありません (笑)



この皮手袋があるので問題ないし

それ以前にこの手のグリルで取っ手を使う場面なんて

たかが知れてますからね




幅もテキーラレッグのグリル台に適合してますし

二段式の脚を短くすると 高さも許せる範囲内




バーベキューグリルは2~3回も使えば炭・脂の汚れにまみれてしまうものなので

端からお高いメーカー品を買うつもりも無かったのですが

なんと驚愕の48パーセントオフ

1,000円のアウトレット張りな値札が決め手になりました♪

ありがとう DCM

なおサイト備え付けの芝養生板を転用させていただいたおかげで

テキーラレッグに使ったワンバイ材はノーダメージです





最近はめっきりホムセンのアウトドア用品コーナーには

足が向かなくなっていましたが たまには覗いてみると

ラッキーな驚きが待っているかもしれませんよ






更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ウエストリバー オートキャンプ ウォーラス 薪スト BBQ グリル くろがねや DCM 炙り

GWや夏休みもDQN・ウェーイがゼロの静かなキャンプ場



山梨県の最西端に位置する南アルプス市

そこを流れる富士川水系の御勅使川(みだいがわ)




キャンプ場に続く御勅使川沿いの道は

途中から未舗装路

雨だったので水溜まりも多かったけど

悪路というほどじゃありません




ウエストリバーオートキャンプ場には

8年ぶりの訪問です




御勅使川 に注ぐ御庵沢川(ごあんざわがわ)の

本流合流部からほど近い斜面に広がるキャンプ場は

急勾配の立地で ひな壇状のサイトが続いています




我々の設営したE1・E2サイトはその中でも

特に勾配がキツめだったらしい

すぐ横を登坂する車のエンジン音の大きさに

何度か振り返ることがあったのです


しかし助かりました




テンティピ設営時に雨がほとんど止んでくれたのは幸いだった

今回はtenki.jpの精度にだいぶん助けられた気がします


いまは4月30日

平成年間最終日の17時半を過ぎたところですが…




アプリが示す予報どおり

雨はほとんど落ちていません

でも山あいに低く立ちこめる雲が

油断できない感をアリアリと漂わせておりますし

夜には小雨が降る時間帯もありました


さて2サイトの設営構成です




Eサイトは駐車スペースを含んでも

60平米くらいの広さです

なので上段のE1サイトはテンティピを単体で設営し

下段にヘリテイジのヘキサタープを張り出して…




先日リペアしたばかりのウォーラスTWO-STARを

エントランスがタープ内に向くようにして設営します




今回の参加メンバーのうち女子は

二十歳過ぎの姪が2人と中学生の姪が1人…

予定ではもうひとり 小学生の姪が参加予定だったのですが

諸事情により不参加となってしまいました




姪がもう1人参加していれば…

女子4人にテンティピを明け渡すところでしたが

3人なので ウォーラスを女子用とする部屋割りに落ち着きます




弟と年長の姪2人を中心に晩メシの支度をまかせ

ワタシは残りの設営作業

ランタンと薪ストの準備にかかります


ウエストリバーのサイト地面は

下流域のフリーサイトをのぞいてほとんどが芝なので

その上で火器を扱う際 養生のための装備が必須です




持ってて良かったスパッタシート♪


サイトには場所ごとに 芝を火から養生するための

板が置かれていますが…




薪ストの下敷きにするはやや小さいのです

なので自前のシートが役立ちました







この時期の気温は山間部でも

明らかに数年前より暖かくなってきた印象があり

薪ストを使わなくても大丈夫かなと思ったのですが

標高500メートル超の土地だし子連れだし

何より雨風が冷たいので 念には念を入れることにします




手持ちのダウンシュラフはすべて女子用に貸し出してしまい

男子部屋は3季用の化繊シュラフのみ…

という事情もありましたけど (^^;




一度設営を終えましたが 煙突が短いかもしれない…

後で組み合わせを見直す必要があるかなぁ…





通路を挟んで我が家のウォーラスの対面に

MSRの幕が設営されたのは感慨深い光景です

そう感じていたのはワタシだけかもしれませんが


設営完了後は 野菜少なめ肉多め…

旺盛な食欲の胃袋向き炙りに舌鼓を打ち

キャンプ初参戦の姪にも満足してもらったようで

入浴も済ませて就寝タイム




しかし男児たちはテンティピの中で

ゲームに夢中…(^^ゞ




でもここはノーACサイト

ポータブル電源もひとつしかありませんから

ゲームやスマホで遊べるのも今のうち…




さらにウエストリバーならではの素敵なルールが

普段はゲームで宵っ張りな子どもたちを

否が応でも自然の中での生活に連れ戻してくれます




22時には あたりが津々と静まりかえり

聞こえるのは御庵沢川の流れる音だけ…

ゲームの音はおろか 声を出すのすら

はばられるような静けさです


…というのも ウエストリバーオートキャンプ場には

21時から朝7時までは 静かに過ごさねばならないルール

クワイエットタイム(静粛時間)という約束があり

徹底されているのです




実際 21時の時点で 見回りのスタッフが各サイトを訪問し

「クワイエットタイムなので 以降は灯りは暗めで

静かにお願いします」と声をかけていましたし…

上の画ほどテンティピは明るく輝いてはいなくて 実際はもっと暗い見た目でした




上のウェーイっぽいのは表情だけ 甥の悪ふざけです


宴会は21時で終了・解散

もし注意を受けても改善が見られなければ退場させられるそう

車の移動もこの時間は原則禁止ですし

夜間ゲートも閉鎖されるそうで

ここまで徹底されていると さすがにDQNもウェーイも出没せず♪


実はEサイトの端に 2日間テントだけで

まったく車も人もいない一角がありましたが…

あるいは退場処分を喰らった人たちのサイトだったのかもしれません




とにかくキャンプ場のルールや運営がしっかりしており

利用者もそれを守る意識が浸透している印象…

訪れる方々も モラルの高い方が多いということなのでしょう




これまで訪れた他のキャンプ場との違い…

あまりの静けさには親戚たちもビックリしてましたが

静かに眠れたのは何よりでした





更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ウエストリバー 御庵沢川 テンティピ ウォーラス サイト 構成 DQN ウェーイ クワイエットタイム

8年ごし再訪のキャンプ場でデジャヴがよみがえる



8年前にもこの経路を辿りました




平成最後にして令和最初のキャンプへと出発し

往路の中央道 初狩PAで休憩中です

キャンプ場は ひさびさの場所にリピしたのですが

あれは… そう8年前のこと




平成23年の夏に

そのキャンプ場に行った時は

家族で2泊3日を過ごしましたが

なんと3日間のほとんどが雨!




キャンプ場から出て 買い出しに行ったり

アクティビティに出たりした時は雨が止んだのですが

サイトに戻るともう 途端に降り出して…




ガッツりと雨が降り続き

初設営だったゴーライト シャングリラ5は

雨の中で設営して 雨の中で撤収…

びしょびしょのまま 持ち帰りました


よく「雨男 雨女」と レジャー時の天候不順を

誰かのせいにしますけど

我が家の場合 彼女がいわゆる雨女…




お姉ちゃんです

8年前当時の画像がありました

しかし今回のキャンプに 雨女である彼女は同道してません




今回は親戚とのグルキャンですが

我が家からの参加は私と末子のみ


実は末子とのペアキャンプの時って

過去を振り返るとほぼ晴れなのです


おそらく今回来た親戚の中の誰かに

きっと新規の雨男か雨女がいたのでしょう


ま それはさておき…




キャンプ場直前の川沿いの道

8年ぶりだと以前のことは

ほとんど憶えていなくて…




こんな道だったっけ? と不安になりますが

看板は立ってましたから間違いないはず





やってきたのはここ

山梨県南アルプス市の 御庵沢川(ごあんざわがわ)沿いにある

ウエストリバーオートキャンプ場




10連休のキャンプ予約を押さえたのが

今年の2月でしたが

ネットからの予約した時点で予約金が発生し

予約確定してからすぐに振り込んであったため

受付で支払うのは3台目の車の駐車場代くらいでした




雨なので手早くチェックインを済ませたいところですが

さすがに10連休 けっこう混んでおり

受付待ちで 約10分ほどかかりました




親戚とのキャンプなので2サイトです

Eエリアに予約を押さえてあり

隣同士に配置していただきましたが

段差が1メートルくらいあるかなぁ…




テンティピを起てるので

広めのところでお願いしてましたからね

この段差も仕方ないところでしょう




テンティピ ジルコン15 設営完了

しかしまだまだ続きがあります




あのヴィンテージテントもリペア後

初シェイクダウンです




ポロンTとシーム処理の効果を

施工後わずか2日で雨に試すことになりましたが

その結果はというと…




別の更新に続きます






更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ウエストリバー キャンプ 8年振り 雨女 雨男 テンティピ ポロンT シーム ヴィンテージ



サイト内検索


ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村





スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ