今からGWの予約可能かつ温泉入り放題のキャンプ場?




遅きに失した感がありましたが、ようやくGWに向けたキャンプ予約に動き始めました。


ホントなら先週から動く筈だったのですが、体調を崩してしまったため、PCの前に座る気にもなれずで… (^^ゞ 







去年の5月連休は道志のこの辺りででしたけど、まだ朝晩は寒い時期だし、


「暖かい土地が良い」との家族からのリクエストがあったため… 








昨秋から癖になってる感があります。中伊豆方面を探してみることに。




さらにもうひとつ。家族からリクエストとして告げられたのが、このキビシー条件。







「温泉入り放題がいい~!」とのことですが、


一見ありそうだけど、ほとんどありえないのが温泉入り放題のキャンプ場。


これまでに我が家でも、過去に一度もそんな豪奢なキャンプ場とは巡り会えていません。





ただし…







サイトから徒歩1分未満の圏内に立派な温泉が併設されたキャンプ場なら、過去に行ったことがあります。







大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ。


しかしこちらは料金が入浴の都度かかります。確か大人500円だったような記憶です。





他に家族のリクエストに近そうなキャンプ場の記憶をたぐり寄せると…






御殿場の乙女森林公園キャンプ場も温泉会館から近いですが、厳密には別施設なので車で2、3分かけて行く必要があり、


もちろん入り放題ではありません。キャンプ場の割引措置で、グリンヴィラよりお安い値段で入浴することができますけどね。




他にも道志みち沿いなら、青根ACならいやしの湯、椿荘ACなら紅椿の湯、


室久保グリーンパークなら道志の湯などを徒歩で利用できますが、






椿荘ACでいただくことができる紅椿の湯の割引券。しかしこれ使うより夕方のサービスタイムに素で行った方が安く上がったりします。



やはり入り放題ではないし、ここ何年かで値上げしたり、現在改装中の場所もあるし、


これらはキャンプ場付帯設備としての温泉ではないので、


キャンプ客が快適に過ごせるようサービスをフォーカスしてくれるようなありがたみは薄く感じます。







キャンプ場の敷地内に温泉があり、しかも入り放題という環境を求めるのは、


どだい無理なんじゃないかと言う気さえしていたのですが… 





探してみてビックリ。さすが温泉大国。見つかりました。







しかもそのキャンプ場、過去に目の前まで行ったことがあった場所だったし。











さらに驚いたのは、この時期(厳密には3月6日現在)で、GWにAC電源付きサイトを2サイト予約できたこと。



残念ながらジルコン15を設営するには1サイトだけでは足りなかったのですが、弟家族とのグルキャンなので2サイトぶち抜きで押さえられたという次第。


これ以上は書けません。連休のキャンプ場予約が取れずに悩んでいる方がいられれば、上の3つの画をヒントに探してみてください。


このブログの過去記事検索すれば、見つけにくくはない筈ですから。










にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 










テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

都会で買えるナラ薪の供給状況速報と旅立ちと




今年もだんだんと押し詰まりつつありますが、昨日までに家の大掃除と、


年末キャンプにむけた車への荷物積み込みは済ませてあります。







冬のキャンプはどうしても荷物の量が多くなります。


夏より暖房器具やブランケットの類いが増えるので、仕方ないのですが、


昨日は久しぶりにこれを使いました。







インテリアバー。クレトム製です。





軽いけど嵩張るマット類などを頭上に追いやるしかなかったのですが、


どうもインテリアバーって、準備のあたりでイマイチだなぁと思う瞬間があります。







前の車であるボンゴフレンディは、インテリアバーを置くアシストグリップが動かなかったのでまだ良かったのですが、


デリカのアシストグリップはバネが仕込まれた可動式で勝手に跳ね上がるため、


引っかけるだけのアシストグリップとの相性はあまり良いとは言えません。




なのでやむなくこうしてみました。





ロープで固く結束することで、


積み込んだ荷物を固定するためのネットやバンドの保持点に設えてます。


ドリルでインテリアバーのプラ部分に孔開けてタイラップで固定という手も思い浮かびましたが、柔軟性に欠けるような気がしたので止めました。





今回のキャンプのために積み込んだ荷物総重量は、軽く200キロを超えるでしょう。





だいぶん尻下がりになった感があります。




ただし200キロの荷物のうち、


4分の1を占める荷物については、キャンプ場で消えてなくなります。







例の横浜産のナラ薪です。事前の目算から50キロ超・30本弱を車載してあります。






こちらの薪を紹介したところ、何件かの問い合わせをいただき、連絡先を紹介させていただきましたが、


横浜の薪屋さん、今年ぶんの薪在庫は今月ですでに捌けてしまったようです。






我が家ぶんの在庫も10本程度しか残っていません。


相変わらず道志の薪屋さんはダメっぽいし、年明け以降はしばらくの間、ネットで探すしかないのかもしれません。


心当たりは何件かありますので、また紹介したいと思います。







大掃除の合間に、足元を暖かくするための装備もママさんに出してもらいました。





これで心おきなく今年最後のキャンプに出ることができます。




では今日から、年末の享楽キャンプを楽しみに行ってきます♪ 





現地から更新したいと思いますが通信環境が良い場所ではありません。数日間コメントへのレスは控えさせて頂きます。ご容赦下さい。









今年一年お世話になりました 

にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

来年もよろしくお願いします♪ 













テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

超高規格キャンプ場へのリベンジ・年末予約完了♪



思い出すと去年の今頃、


否、正確にはもう少し年末が押し迫った頃です。ある高規格なキャンプ場を訪れました。






結局このキャンプ場に来ることは出来たのですが、ここに来るまでがたいへんな道のりだった。







キャンプ予約した日の直前に発熱し、インフルA型との診断が出たお姉ちゃん。



さすがに解熱後数日間経った後でもウイルスを排出している期間はマズイと思い、


キャンプ場に連絡して日程を変更していただき、結果的には楽しい時間を過ごせたのですが、



ひとつだけ後悔が残ってました。







最初に予約していた段階では2泊の予定だったのが、1泊になってしまったこと。







キャンプ後に温泉宿の予約を取ってあったことで日程調整が効かなくなり… 









やむなくキャンプを1泊で切り上げざるを得なかった次第です…(T.T) 










夜間は解熱して数日後のお姉ちゃんが寒くないよう、両親でかわるがわる深夜まで起きて薪をくべたりもしました。




こんな状況でしたからもちろんキャンセルする手もあったのですが、


事前にキャンプ場へ薪を配送してしまったのが痛かった。






初訪問のキャンプ場に無理を言って、60キロもの薪を受け取ってもらっていたおり、まさに首が回らない状況。


インフル解熱後で何とか外出できる状況に間に合わせ、やっとこさ行けたという感じでした。









この高規格にして気持ちいい空間を、ろくに堪能できなかったことはあまりに悔しかったので、


もちろんリベンジさせていただきます。






一年越しのリベンジを果たすべく、予約完了です。






キャンプ場の真ん前には、末子にもお手頃そうな低山もあったのですが、去年は麓から眺めるだけでしたけど… 





今回はぜひとも登りたいものです。


あと3週間、家族総体で体調管理に気を付けないとなりませんね。





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 













テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

シルバーウイークの道志のキャンプには長袖は必要か?




連休前にオーダーしてあったブツが、出発前に間に合いました。







折り紙のようにたためるソーラーライト…







ソーラーパフ。







では開梱します。









たたまれた状態での大きさはこんな感じ。







iPhone6よりひとまわり大きい。







パッケージにはインフレータブルという文字が見えたので、エアの注入口があるのかなと思い探しますが…







あれ?







触っているうちに膨らんでしまいました。








そしてエアの注入口を発見。







まさに折り紙感覚。手で拡縮するだけでここからエアが出入りしてくれます。







パッケージから取り出してすぐの状態ですが…







スイッチをオンにすると…











灯りました。これはローモード。






オーダーした時に把握していたのはロー・ハイの2段階に光量の調整ができることだけでしたが、






動画にすればヨカッタかも…(^^;;






点滅モードもあります。これは万が一の時に便利です。






明るい室内で撮ったのでわかりにくいけど…







これがローモードの40ルーメン。








そしてこれがハイモード。90ルーメン。




約20時間後に実感しましたが、40ルーメンでも照明が少ないキャンプ場に持っていくとけっこう明るく感じましたよ。






ではソーラー充電開始。










晴天なら8時間でフル充電できます。この日、昼間のうちは充電びよりでした ♪






ということでシルバーウイークのキャンプに向けた、ライティングの準備は整いましたが、


この日は夕方から雨が降り出してしまい…








こっちの準備は間に合いませんでした。





ダッチオーブン。庭で炭火を熾してシーズニングするつもりだったのに…(^^;;











明日はもう出発。でも自宅では焼けなかった。





どうやらキャンプ場でのシーズニングに臨むしかないようです。



ということで下準備だけ、自宅で済ませることにします。





まず、ぬるま湯でダッチオーブン全体を洗いますが…







けっこうな勢いでお湯を弾いてるのがわかります。



工場出荷状態で、相当な量の油脂分が被覆されてるということ。







7、8年前に、同じ製品をシーズニングした時の記憶が蘇ってきました。



このダッチオーブン、使い始めの頃は、油脂系の匂いがけっこうきつめだったっけ。







なので…






この先、二度と洗剤を使うことは無いでしょう。ガシガシと泡立ててスポンジで洗います。











洗浄完了。水分をしっかり乾かします。





ということでシルバーウイークのキャンプに向けた準備が済み、


現在、現地から更新してますが、さすがに道志は涼しくて、朝晩は寒いくらいです。



これから出発という方がいるとしたら、長袖の類いを持つことをお忘れなく♪











にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン


良いと思ったらクリックお願いします♪ 









テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

神戸と言えばあの山でしょう



今年の夏休み旅行とキャンプの前半戦は、城廻り。後日に合流する私はまだ仕事してる頃ですが… 





行ったことがある方ならこの階段の画で、ここがどこか分かるでしょうか? これどこか分かります?







正解は… 








名古屋城。私も2年前に仕事で立ち寄ったことがあります。






昨日の更新でも立ち寄ったことに触れましたが、彼にも会えたようです。








ひこにゃんです。彦根城ですね。





さらに大阪城にも寄り、城好き日本史好きな姉・兄は満腹状態♪ 








一方、後を追うパパは、新宿から深夜バスに乗りましたが… 





この時期だからでしょうか。深夜12時だというのにバス乗り場は凄まじい混雑で、危うく違うバス会社の乗り場に行ってしまうところだった…(^^ゞ 








何とか正規のバスに乗り込み、その後は夢の中へ。






午前6時過ぎ。トイレ休憩でバスが立ち寄ったのはここ。








大津SAです。琵琶湖畔のSAは、おそらく帰路にも立ち寄ることになるでしょう。






バスは早朝の梅田で半数の乗客を降ろした後、神戸に入り… 








三宮(さんのみや)のバス停に到着。午前8時半でした。





深夜高速バスの神戸の乗降地である三宮バス停。


到着したのは国道21号線沿いの道路ばた。乗車場所がターミナル然とした場所で、わかりやすいのとは異なるようです。バス会社によってこうなるのかも?





やっと家族と合流して、神戸での泊地であるホテルへ向かいます。








宿泊したのはホテルモントレ神戸。神戸の町中にある四つ星ホテル。





イタリアンな雰囲気が漂う佇まい。


数年前に訪れたことがあるフィレンツェ郊外、ポンタシエーベのアグリツーリズモ(農宿)とも通ずる空気感があります。





まずは神戸で深夜バス乗車の疲れを癒したいところですが… 





せっかく訪れた日本を代表する港町。ここに滞在できるのは一泊のみ。もったいないのでお出かけを♪ 





ということでやってきました。日本三百名山のひとつですね。続きます。









にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

大遠征キャンプに必要なのは車内空間の確保と…



いよいよです。





今夏の大遠征キャンプ、出発の時が来ました。






いってらっしゃ~い♪ 





…ってあれ? ワタシはおいてきぼり (?_?; 




そう、今回の関西遠征、ワタシは家族と予定が合わなかったので、


仕事のため後日神戸で合流するので、昨朝自宅でお子たちとママさんをお見送りしたという次第。







ですが総移動距離1,500キロに達するであろう今回の旅程で、家族が車内で窮屈な思いをせず、かつ、


しっかり荷物を詰み込めるよう、過日はデリカに細工を施してありました。






右側のサードシートはデタッチャブルボルト装着で取り外してあります。






その結果… 








荷物の積載状況はこんな感じです。





荷物の内訳は… 


グリッドコンテナ*3、シュラフ*5、メキシカンラグ*4、銀マット*7、ケロシンランタン*3、テーブル類多数と火消し壺に、


クーラーボックス、テンティピジルコン15・フロアとタープ2枚、タープポール6メーター分、着替え一週間*5人分と、その他モロモロ… 




これだけ詰め込みましたが、サードシートの片側は空いてます。








ワタシが合流するまではママさんとお子たち4人の旅。この席は使いませんが、神戸以降は5人。お姉ちゃんの指定席になります。






中学生1人が余裕を持って座れるだけのスペースを確保できました。






そうできたのは、このパーツでサードシートを脱着可能にできたおかげ。デタッチャブルボルトキット、導入して正解だったなぁと (^。^) 







さらに、サードシートの片側を外して生まれた広大な荷積空間のおかげで… 








2列目シートにも余裕が生まれました。ブランケットは末子が眠くなった時に上掛けに使います。







サーキュレーターは嵩張るのと、暑がりなお兄ちゃんのために2列目に設置しましたけど…(^^ゞ 





ここまでで、これまでのキャンプではあり得なかったくらい広くて快適な車内空間が確保できたことが伝わるかと思います。






さらにもう一品。








カーナビお持ちの方には関係ない装備ですが、スマホのナビアプリ使ってる方、ホルダーにお困りじゃありませんか?



いいモノを見つけちゃいましたよ。続きますね。









にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

ヘリノックスチェアOEM、2つ落札の総額は?

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

キャンプ時の安眠や道具自作でも役立つアイテムと思い、買いました



夏休みの関西遠征キャンプは、家族との予定が合わないため、


ワタシだけ深夜便の高速バスでの移動になります。







そこで無印で買ってきたのがまずこれ。





アイマスク。隣席の読書灯などで、車内は完全に真っ暗ではない可能性もありますからね。







もうひとつ、ネックピローも求めました。








空気入れて膨らませます。




数年前の渡欧時、18時間を超えるフライトを経験しましたが、その時の辛かった記憶を糧にしています。






機内での安眠対策で用意したのは、これだけでした。






成田空港で搭乗直前に買った耳栓のみ。案の定、あまり熟睡することは適わず。






それでも耳栓がなければ、機内ではもっと眠れなかった筈で、今回は新しい耳栓と、できれば腰枕も揃えるつもりです。


ブロともさんからのコメントでいろいろ脅され始めたので、万全の対策で臨みたいと思います。それでも眠れないとなれば、諦めもつくというものです…(^^;;







そして自分の深夜バス対策以外にも、関西遠征キャンプの準備物は届き始めております。






デリカ用のサードシートデタッチャブルキット。





見た目よりずっと荷積量の少ないデリカD:5をキャンプ等で奮い立たせるには定番の改造パーツです。








商品名通り、デリカの3列目を取り外す仕様に仕立てるためのキットですが、その全容はこの通り。





上の黄色いケースの中には…






デリカの3列目シートのプラパーツ部分に穴をあけるためのホールソーも同梱されてます。











ただしこのホールソー、取り付けられるのはチャック能力が10ミリのドリルでないと直付けできません。





これを機に充電式ドリル買っちゃおうかと考えてましたが、





お手頃な価格帯だと10ミリのチャック能力はまず無理なので…






ロイヤル行ってきました。








5000円でお釣りが来る電動ドリルを購入。





パワーはそれほどでもありませんが、ドライバビットのオマケに惹かれてしまった♪








あ、もちろん充電式ではありません。





ACコードをコンセントに繋いで使います。












言うまでもなく、デタッチャブルキットに付いてきたホールソーを装着可能なチャック能力があり… 








デリカ3列目を取り外す手筈は、ほぼ整ったんですが…














コンチクショーです。雨が止みません。作業お預けの状態で、実行は次の週末になりそうかなと…(T.T) 








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

某高規格キャンプ場から無料招待を受け、行くことにしました



夏休みにご招待をいただいたキャンプ場から、封書が届きました。





場所は岡山県。蒜山(ひるぜん)高原にあるキャンプ場。というか…










国民休暇村内にあるキャンプ場、というのが正しいようです。








ご招待を受け、お願いしたのはAC電源付きサイトです。





添付のキャンプ場マップを見ると、牧場の直近ということになります。






経験則に照らせば間違いなくあの吸血虫・ブヨが潜んでいそうですが… 






クローブを漬け込んで自作し、とりあえず道志では大成功だった虫除け剤の真価を試す、格好の舞台にもなりそうかと。








ところで今回ご招待いただくことの対価は、ブログでキャンプ場のレポを書くことなんですが、


そのためには、色々なプログラムを試す必要もありそうで…






蕎麦打ち体験もできるらしい。


これまでにお姉ちゃんは経験済みです。小6のお兄ちゃんはもちろん、小1の末子にもそろそろ良いかもしれません♪










さすがに手ぶらプランは使わないかなと思いますが…






食材をキャンプ場内で調達するなんて贅沢も、たまには良いかもしれません。





ジンギスカンを頼んだとしたら、2年前の北海道遠征以来。ヘルシーな羊肉もまた美味しいですからね。







もちろんリーフレットだけでなく、予約案内書も同封されておりました。








先方のご担当とはメールや電話で何度か打ち合わせさせていただきましたが、なんとワタシの通勤途上でよく寄る場所に以前住まわれていたとのこと。


お会いするのが楽しみです。






…で、なぜに遠い岡山のキャンプ場の招待を受ける話に乗ったのかというと、


その理由はママさんたち家族が関西での知人の結婚式に招待されていたから。


この予定はキャンプ場からの招待を受けるよりずっと前に確定しており、


お子たちが興味を抱いているこの旧跡にも行くみたいです。





お城ですね。







ただしワタシは仕事都合で、家族より後に別動で関西に行かねばならず… 





移動手段として、すでに高速バスを予約してあります。が… 





支払ってから気付きましたが、神戸三宮が着地なのにコンビニで受け取った受領証はなぜか大阪着の印字…(?_?) 





これバス会社に問い合わせたら無事に三宮までのチケットが取れているそうで、ただの誤印字みたい。


知らない土地に、早朝から放り出される事態にはならないみたい。ホッとしました (^^ゞ 










気を取り直して受領証を見直してみたところ、3列独立タイプの座席なので、イメージはこんな感じかなと。








高速バスは初体験ですが、今回は深夜便。





やはりいろいろと対策した方が良いみたい。なので… 








無印行っていろいろと買ってきました。これキャンプ場でも使えると思いますが、も少し買い足す必要もありそう。続きます。







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

夜行バスでキャンプに出るバカです(^^ゞ





今夏のキャンプは関西遠征の予定ですが、仕事都合でワタシだけ単独で移動しなくてはなりません。


その移動手段が何なのかについて、昨日の更新で臭わせたのですが、勘の良い方々にはバレバレでした。






そう、高速バスです。





キャンプ前泊の神戸での宿泊地が三宮なんですが、ここは高速バス発着地がある土地なんですよね。


そして自宅から首都圏のバス発着地である新宿や横浜なら、割とアクセスの良い場所に住んでますし、


何より価格面で、飛行機や新幹線使うより安く上がるのは魅力的です。何より単独での移動だし…。





…で、とりあえずiPhoneに得バスというアプリをインストールしてみました。






新宿発-三宮着で、オプションを選択し… 




 


ちと我が儘めにオプションを指定して絞り込むと… 




あれれ… ちょっと我が儘が過ぎたようです (^^ゞ 






とりあえず、「シート2列」という、いちばんキビシそうな条件をはずして… 





再び検索をかけると… 





5件ヒット♪ 





その5件のうち、特に気になったのがこのプラン。





VIPライナー5便。他より少し高めですが、時刻的にはちょうど良い♪ 





気になったので、iPhoneでなくPCからVIPライナーのHPを覗いてみると… 





路線やシートタイプからもバスを検索できるみたい。






さらにVIPライナーのHP内で検索をかけてみました。すると… 





いや~ 出るわ出るわ (^。^) 





5件ヒットです。さいたま発なので始発には乗れないと思いますが、選択肢はアプリよりPCの方が広がりました。





ちなみに上の5件のバス座席はこんな感じ。





これだけリクライニングが効けば、ワタシくらいの不感症(笑) ならガッツリ眠れると思います。





かつて渡欧した際、20時間近く乗ったエコノミー便より、ずっと快適な時間が過ごせそうです。






VIPライナーのHPには詳細な乗り場案内のマップも記載されており… 





これなら桜木町なんていう普段は近寄りもしない土地でも無事にバス乗り場までたどり着けそう。







実際の乗り心地等は使ってみないと分かりませんが、選ぶ楽しさは味わえます。高速バス、今後の遠征キャンプなどで使う機会が出てくるかもしれません。






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

キャンプに新幹線とか飛行機で移動するのはアリか?




先の更新での今夏のキャンプとそれ以前の予定に伴う宿泊地について、


いろいろなご意見、またご厚意もいただきありがとうございました。




おかげさまで、この週末に何とかキャンプ前泊となる神戸での宿を押さえることができたようです。





このホテルを決めたのはママさんですが、いかにも彼女の好み通りというかなんというか、


本格北イタリア風テイストが漂うホテルらしい。





ここ取ったよと言われて話半分程度に聞いてたのですが、


言われたホテル名をググってみたら、かつてイタリアに渡った時の記憶が蘇るような素晴らしい調度を備えた宿のようです。






キャンプも楽しみですが、前泊のホテルも楽しみになりました。





ところでそのキャンプの予定なんですが、8月2日から2泊の予定。


そしてママさん同僚の結婚式が8月1日。式が終わり神戸のホテルで一泊してから、岡山のキャンプ場へ旅立つことになります。


家族は7月31日から神戸に入る予定なんですが、残念ながらワタシは31日は仕事です。




ということはつまり… 





ワタシ以外の家族だけで500キロ近くを移動することになり、ワタシは自力で神戸まで移動しないとなりません。





ママさんのハンドル捌きについては、過去にもワタシ抜きでの義母との旅行で同じくらいの長距離を運転し、


無事に帰宅したことが何度もあるので心配しておらず、


また往路に大人1人が乗らないことで、デリカ車内の空間にも大きな余裕が生まれるものと思います。











じゃ、後から駆けつけるワタシ自身はどうすべきか… 




クルマやバイクでのソロ行なら百戦錬磨 (笑) ですが、





公共交通機関だけで単独の長距離移動というのは、何十年ぶりだろうか… 






一瞬、不安が過ぎりましたが、すぐに経路検索でいろいろ楽しめる余地が生まれたことに気付きました。






さっそく調べてみると… 








7月31日の夜23時に品川から夜行列車で発つ経路を発見。





ムーンライトながらとあります。






これ夜行快速列車で、寝台特急とかではありません。週末で仕事で疲れた状態で大垣まで6時間揺られるのはツライかなぁ… 





空路も探してみました。が…





早朝便まで待たないとなりませんね。残念ながらこれはパスです。




そしてもうひとつ気になるのは料金。


上の画はジョルダンさんで探したものですが、どれも軽く14,000円を超えてます。






もっと安い手段がないか考えて探すと… 





もちろんありました。しかもラグジュアリー度も高めで料金はもっと安い♪ やはりこれかなぁという感じです。続きます。






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

今夏キャンプは700キロを遠征します




2年前の夏に北の大地に遠征したことがありますが、長距離の移動になったのは言うまでもありません。






自宅に帰着した時、当時乗っていたボンゴフレンディのトリップメーターは2周目。


北海道遠征キャンプでの総走行距離は1,960kmを超えました。





もちろん全行程が陸路だったのではなく、八戸~苫小牧間はフェリーを利用したのですが、


自宅から八戸港まででも700km近い走行距離でした。







デリカD:5に乗り換えた今では、よくあの古い車でこの長距離を移動したなぁと我ながら関心してしまいます。






ところで今夏、実はあるキャンプ場からお誘いを受けました。


岡山県の休暇村に併設されたキャンプ場に、モニターとして宿泊してほしいとの連絡です。



いただいた連絡内容によれば、某ブログランキングサイトから人気ブロガーさんを抽出してメールしたとのことでしたから、


ウチ以外でも「連絡来た」という方はいらっしゃると思います。





しかし我が家から岡山県まで移動するとなると… 





総延長650km以上の移動です。つまり2年前の八戸港までの移動と、ほぼ同じ距離を走るということ。




連絡をいただいた時点で、モニター宿泊というのは非常に魅力的だなぁと思いました。


そのキャンプ場を調べてみると、自然環境としても懐が深く、ゆっくりできそうな印象を持ったから。










テントサイトも100平米以上あるとのことで、上の画を見た時に北海道のキャンプ場を思い出してしまった。






東神楽町のキャンプ場とよく似た立地、よく似たサイト規模だなぁと。まるでデジャヴを見たような心地がしました。





サイト画を見た時点で、すでにワタシの心は決まっていたんですが、


さらに後押しをしたのが今夏、あらかじめ入っていた予定。







8月初旬にママさんの同僚が神戸で挙式する予定で、当然ですがママさんだけ招待されているので… 





他の家族もくっついて行って、関西観光でも洒落込もうかと話していたところだったんですよね。





つまり知人挙式に合わせて神戸で前泊し、翌日に岡山まで移動してアウトドアアクティビティを楽しむというプランです。






そのキャンプ場からのお申し出では、宿泊料は全額負担、交通費も補助していただけるとのありがたい話です。






ただ、問題は前泊となる神戸での宿探し。



 



神戸付近のキャンプ場を当たりましたが、移動の手間等を考え、結婚式会場に近い場所を探すとあまりヒットせず… 





やむをえずホテル泊と考えて探してますが、


 
 



この時期の神戸で今からホテル探すとなると、なかなかハードルが高いようです。有馬温泉まで候補を広げようかな…(^^ゞ 





実は岡山県の休暇村のキャンプ場の担当者様にはすでにモニターを受けることを伝えてしまいましたからね。





最悪の場合は日帰り温泉利用とか車中泊とか… にならないように宿泊地を探さなきゃです。


ま、何とかします…(^^ゞ 







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

本当に気持ちいいキャンプ場は心配りも凄かった



デリカに荷物を積み終えたところで高い発熱が発覚したお姉ちゃんですが… 





昨朝、通院させたら案の定、インフルA型との診断が出されました (T.T) 






すでに満パンに荷物を載せた状態なのに… 








あまりにリアに荷重がかかり、デリカは尻下がりな状況…。





写真の撮り方が下手なのできちんと写ってませんが… 








ジルコンやストーブで、リアの視界は運転席からは、すでに無くなっているくらいの状態です。




とにかくキャンプに行けないことは明らかな状況なので、朝イチでキャンプ場に電話しました。


しかし何度電話をかけても繋がらず。キャンプ後泊の宿の予定もあり、調整して日程変更を伝えたかったんですが…。




仕方ないのでキャンプ場HPからのメールリンクで事情を伝えるメールを送ると、


すぐさまレスが返ってきました。







薪も昨日の時点で到着するよう手配してありましたからね。暖かいお返事に安堵しました。





その後夕方になって電話が繋がり、他のお客さんもいることから、インフル完治してからのキャンプということで、


やっと日程調整が完了。







キャンプ出発は29日に延期ということで手筈が整いました (^^) 




いや~一安心♪ しかしさすが、「本当に気持ちいいキャンプ場」に選ばれているだけのことはあります。


管理人さんの心配りにも感服いたしました。





今回は一泊だけになりそうですが、いつかまたリピしたい場所になりそうです。






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 











テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

「本当に気持ち良いキャンプ場」に行くことにした




今年も残すところあと3週間半。師走の忙しい日々が過ぎていきます。



思い起こすと、昨年末は我が家初の年越しキャンプという経験をしたのですが… 






キャンプ後に寄った、河津温泉郷でヨサゲなキャンプ場を見つけてありました。





すぐ近くには清流・佐ヶ野川が流れてます。





夏場だったら川遊びも楽しめそうですが、今回は冬キャンプなので眺めるだけかな?






いろいろ情報を集めてみると、林間主体で、サイトを区切る遮蔽物は少ないらしい。









でも、良い感じの林間サイトです。







そして高規格キャンプ場の必須要件を満たしてます。



AC電源サイトがあるだけでなく、流しはお湯が出るらしい。







久しぶりのファミキャンです。給湯アリの炊事場のキャンプ場というのはありがたい♪






こんな感じの遊具があり…





これは末子が夢中になるでしょうね (^.^)









早くその時が訪れないかと、ウズウズしちゃいます。





そしてこのキャンプ場は、なんと温泉露天風呂付き♪





冬季は家族風呂をあてがわれることもあるみたいですが、それでもありがたい設備。






これでもかな高規格さの、このキャンプ場、


ピカ系列とかじゃありませんが…





BE-PAL増刷の「ほんとうに気持ちいいキャンプ場100」に掲載されているらしい。







自分の目と耳と、五感で本当に気持ち良いのかを確かめてきたいと思ってますが…






「本当に気持ち良いキャンプ場」に2泊した後は、さらに気持ち良い宿に泊まる予定も入れちゃいました。





飲用可能な清潔な温泉があり、美味しい料理も楽しめて…





実はここ、今年の正月にも泊まった宿です。






そして我が家の女性陣には、これが楽しみらしい。





岩盤浴。ホント気持ち良いみたいです。男湯にもあったけど1年前は入らなかったんだよなぁ…(^^;;





あと、約半月したらこれらの「本当に気持ち良い」場所に行くことになりますからね。






それまでもう少し、仕事を頑張らないとですね。






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 







今朝は末子インフルでバタバタです。一度治りかけたのに再び発熱。コメ返遅れます (m_m) 







テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

苦肉の策…が大成功?




いよいよマナスルのリペアも最終章。






脚部の溶接と外装の磨き上げ、そしてワン皮交換を済ませて、自庭で試運転します。 






青火が出て快調に燃焼しているように見えます。が、しばらくすると… 





タンク下に液体が滲み出てきた… 





(゚◇゚)ガーン… 灯油が漏れてます。





水没チェックではタンク溶接部からの漏れはなかったはず。





ただしこの時は… 





タンク底のハンダ浮きが気になり、そこからの漏れがないと確認して安心していたかと。


要するにタンクの下部までしか水に浸けていなかったということです。吃水線はもう少し上げるべきでした。







指で触って漏れの箇所を確認すると… 





ポンプ近くから漏れているようです。







頭を過ぎったのは、タンク内部にある逆流防止弁のダメージ。





しかし今から代替品を求めたとしても、お盆キャンプには間に合わないし…

※ ちなみに上の画はNOVAの逆流防止弁です。マナスルの画は無くて… 





やむを得ずというか苦肉の策。別の可能性に賭けてみます。





まずストーブが冷めてから、ブレーキクリーナーでポンプまわりを脱脂し… 





続いてこれを使用。





デイトナの液状ガスケット。





本来はバイク用ですが、高熱になるエキゾーストパイプまわりでも使えるので、マナスルにもじゅうぶん使えるはず。





逆流防止弁でなく、ポンプロッドまわりの溶接部位からのリークと仮定しての処置をとったということです。







とりあえずナナメにした状態をキープし、ガスケット硬化に必要な24時間を待って… 







触診で、ポンプ部まわりからの燃料漏れ有無を確認します。





指に灯油は… 





付着しません。






庭に出してから、もう少し検証してみます。








フタを閉めるべき箇所がしっかり閉まっていることと、減圧ネジが閉まっていることを確認してから… 





加圧します。








少しタンクを振り振りしてから、ポンプロッドを下にして置いてみても… 





漏れてきません。






日を改めて、点火した状態でも確認します。








漏れは… 止まったようです (^。^) 








どうやら夏休み前に宿題を片づけることができたのかなと…。







じゃ、今日からバカンスへ出てきます♪ 





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 







今日から数日間、キビシー通信環境下におります。更新もコメ返も滞りますが、どうぞご容赦ください (m_m) 






テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

夏休みキャンプのタープ決定か?




すでに夏休みのグルキャンの予約は押さえていますが、


それまでに、あるアイテムを調達しないとならないようです。






それは何かというと… 





ニーズとしてはありきたりな状況かと思いますが、大きめのタープが必要です。






ウチにある大型のタープは、上のオガワ フィールドタープヘキサの旧品と… 





モンベルのリップウイングなんですが…






モンベルはカビが生えてしまい、GWのグルキャンで設営を見送ったと書いたのは、記憶にも新しい…。






そしてオガワも似たり寄ったりな状況。中古入手ですが、入手時から燻された臭があります。前の所有者はお寺関係者か、お香マニアじゃないかと思うくらい。







特に夏のキャンプでは、リビングスペースは少しでも風通しを良くしてなおかつ日影を作り、


雨を防ぐ大切なアイテムです。






夏休みまでに、なんとか新しいタープを入手したいと考えているところですが…







ここ数年、スクエアフォルムでも伸縮性のあるシルな生地のタープが流行りということも気付いてます。






ヒルバーグの鮮やかな紅い幕体は目をひくし、張り姿も新鮮なんですが…







この曲線美。カテナリーライン。ロープなどの両端を持ったときにできる懸垂曲線のことです。






私感ですが、スクエアに切り取られた幕体よりは、あらかじめこの曲線美を有するほうが、張り姿は美しいと思い… 






必要なモノなら、自分が納得できるカタチのほうがいいですからね。こっちのカタチを探してます。





欲を言えば、テンティピと同じ割合のポリコットンタープが取り扱いも楽なんですが、





そうするとなると、大きさに制約が生まれますし 3TCは品薄だし…。





素材にはあまりこだわらず、カタチとサイズを重視し、


在庫面・価格面のバランスで入手可能と思われるブツが見つかったのかというと… 









こちらに落ち着くかもしれません。ヨーレイカです。







パラウイング。素材は75Dポリエステルリップストップで、その重さはたったの1.4キロ。





サイズは5.5メートル四方で短い幅が4メートル。この色でこの大きさなら、ジルコン15との相性も良さそうです。





楽天じゃタトンカ同様在庫はありませんが、アマゾンならまだありそう。お小遣いを節約しないとならないみたいです… (^_^; 








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

お盆キャンプの予約は数時間の格闘の末に…



6月1日、お盆休み時期のキャンプの予約で動き始めましたが、本命はハードルが高そうでした。


そこで保険となるプランを練り、問い合わせたり調査したりしてますが、なかなか良い結果に繋がりません。






この、囲炉裏を囲める民宿も良いかなと思いましたが… 





ちょっと煮詰まった感じもしてきて、そういう時は原点に戻るに限ります。






この画の左側あたりにある山伏AC、今まで行ったことがなく、人気もあり予約が取れたのは嬉しいことでもあるんですが… 







やはり行きたいのはここ。





スカイバレーキャンプ場です。





ジャグジーも良かったし… 









サイトごと、個別の流しもあるし… 





AC電源はほとんどのサイトで使えるようです。ウチのお子たちも甥姪も、ゲームの充電ができないとダメでしょうから…(^_^; 









何より、モチハギ沢で安全に水遊びできそうなことと、サイトの広さに惚れました。






ということで6月の某日、いよいよスカイバレーキャンプ場の夏休み予約解禁日。


午前8時がスタートラインでした。




iPhoneから電話しますが、過日にここでチェックアウトした時、


オーナーさんに言われていたとおり、まったく電話は繋がらず。



朝は通勤途中でしかかけられず、そのあと休憩時間にも何度も何度も電話して… 






(98)というのは電話をかけた回数。98回も、他のiPhoneの通話履歴が全部消えるほど、リダイアルした結果… 



祝・予約完了 (^。^) 





やはり原点に返って正解だった。


ちなみに上のキャプ画で山伏ACと出てるのは、保険での予約をお断りした時の履歴です。






しかし予約を取った数日後に、スカイバレーキャンプ場のHPの予約状況を見てみると… 





あれだけ苦労して電話しまくったのに、オートサイトはまだ空きがある感じ?




このキャンプ場、ボーイスカウトや子供会の利用が多いので、


そっち系の予約が殺到したということらしい。


バンガローやロッジが完全に埋まってるのは、子どもの団体の予約ということでしょう (^_^; 


解禁日の電話殺到も、おそらくボーイスカウトの世話人や子供会の役員になっているお母さんたちが、


電話をかけまくっていたのではないかと思われます。







ちなみにウチが押さえたのはこのサイト。


グループ用で奥にもう1サイト隠れてます。オーナーさん、ウチのブログも見て戴いたらしく、対岸のこのサイトだと教えてくれました。







HP見たらちょっと力が抜けた感じでしたが、予約できたのでヨシとしますか (^_^; 





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 













テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

夏キャンプ予約作戦、難航中…(^^ゞ


前の更新でも書きましたが、今年の夏休みのキャンプは近場で過ごすことになりました。





やはり新車に替えた影響は大きいです。去年みたくゴージャスに北の大地まで遠征できるほど、我が家のサイフの体力は戻ってませんし。





今の時期は、近場のこことかこことか、夏休みの予約を取り始めるタイミングになりますが、


今夏も弟家族とのグルキャンになるので、できればAC電源付きで2サイトを押さえたいところ。




ということで、6月に入ってすぐに動き始めたという次第。



まずはここ。








2年前、弟家族のキャンプデビューとなった、岩風呂のジェットバスが超・気持ち良いAC長又さんに電話しますが… 








2年前に押さえたグループ用サイトはすでに予約が入っているとのこと。




ちなみに長又さんちでは、AC電源はこのサイトでないと使えないとのことで見送らざるを得ず。






次に電話を入れたこちらでは… 





希望する時期は「もう予約がいっぱいです」と言われてしまいました。さすがの人気キャンプ場です (^_^;







実を言うと、夏休みの本命はこちらでして… 





このあいだ行ったばかりのスカイバレー。








広いだけじゃありません。テントサイトのほとんどでACも使えます。AU圏外なのは目を瞑るとして、やはりリピしたい場所。





ウチのお姉ちゃんや、甥・姪にも、この環境で思い出を作らせてやりたいと思いました。




しかしスカイバレーのチェックアウト時に、オーナーさんから教えてもらったのは、


夏休みの予約を解禁する6月某日は、申し込みが殺到するため、かなり電話が繋がりにくい状態になるということ。


そしてその日のうちに、ほとんどお盆あたりの予約が埋まってしまうらしい。


さらにスカイバレー、メールやwebでの予約は取っておらず、電話が唯一の予約の手段となります。






本命ではない(失礼 (^_^; )キャンプ場に、夏の空きを確認しているのは、


6月某日の解禁日に、本命のスカイバレーキャンプ場で予約が取れるとは限らないので、


その前に保険をかけておこうと考えた次第です。







しかしこの時点では、まだ保険となる予約すら取れず… 





だんだんと焦りを感じ始めた時に、ダメもとで道志の某人気キャンプ場にダメもとで連絡してみると… 





山伏峠の道志でいちばん標高の高い場所にあるあそこ、といえば分かりますね。




山伏AC、なんと予約できちゃいました♪ 






ただしそこは人気の山伏さん。取れたのは2泊のみ。





弟やママさんと話していたのは、せめて3泊くらいしたいね~ということだったので、


念のため、保険の質を上げていきます。




キャンプ場がダメなら、3泊目は宿に泊まってはどうかというアイデアも出て… 





たとえば紅椿の湯。ここ日帰り温泉だけじゃなくて、宿泊もできます。が… 





楽天トラベルで検索すると、希望日はすでに満室だった。





果たして3泊の夏休みキャンプ、予約が取れたのかというと… 





このあとスゴイことになりました。続きます。






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

シュラフって洗濯して良いモノなのかというと…


連休キャンプに向けた準備を着々と進めていますが… 






これも充電しとかないと。





最近はご無沙汰でしたが、ストックの道具箱の中にあるのを見つけました。





ソルライト ライトキャップ。ソーラーランタン兼ウォーターボトルです。






中に水を入れると光が拡散して、まずまず明るめの幕内灯になります。






これ弟たちのテントで使ってもらうことになるかと。






…で、キャンプと言えば大事な道具がいくつかありますが、


特に標高の高い場所で大事になってくるのが就寝中の備え。






シュラフです。ここ数週間洗っていなかったので、土日の2日間かけて洗濯しまくりでした。





ところでシュラフって洗濯していいのかどうか、ドライクリーニングが必要かとか、


特殊な洗剤が必要なんじゃないかとか、迷う方もいるかと思います。






結論から言うと、全く大丈夫。特に化繊シュラフならフツーに洗濯機で洗えます。



ちなみにダウンシュラフも洗濯機で洗濯して良いと思いますが、脱水は手絞りのほうが良いらしい。







詳しくはこのページが参考になると思います。





ナンガのサイトでは脂汚れがシュラフの保温力を削ぐことになるので、それを取り除くべきとありますし、


モンベルのシュラフサックにもこの注意書きがあり… 







ホロウバッグ#3のサック。これ買ったのは4年前なので、注意書きのタグもだいぶんくたびれてますけど… (^_^; 





モノは化繊シュラフ。長期使用後には洗濯することと、ドライクリーニングはダメとの記載があります。






モンベルも、洗って良いと言ってるということです。






ただし本当は陰干しが良いらしい。ウチは天日干ししちゃってますけど。陰干しでないと、退色することもあるようです。





…で、キレイになったシュラフを取り込みましたが、





いちばん上のモンベルのストレッチバロウバッグ#3、そろそろ7年目に入ります。





モンベルの温度チャートを見ると、#3ならマイナス10度まで耐えられることになりますが、


どうも耐寒性能が落ちてきているみたいで、







マイナス10度なんてとんでもなくて、これくらいの気温でも単体では寒すぎて眠れません。





もともとメーカーが示しているシュラフの耐寒性能を表す温度は、あまり正しい感じではありませんが、


そろそろ新しいものを求めても良さそうです。特にこのシュラフ、もともと中古で買ったものだったし。




ということで検討に入りましたが… 





モンベルは高いのでパス…(^_^;





自宅での洗濯がしやすい化繊シュラフに絞り、価格と性能をにらめっこしながら候補を絞ります。



まずはこれ。ナンガの化繊3シーズンシュラフ。





余剰生地で作られた製品なので価格設定が安いようです。快適使用温度は0度以上、使用可能限界温度は-5度まで。





そしてふたつ目の候補はこちら。





イスカのパトロール。これも化繊シュラフで、参考使用温度は2度とのこと。なお中綿は600グラムで上のナンガと同じです。





さらに3つ目の候補は… 





スナグパックのスリーパーライト。重さ約1600グラムで、快適外気温度は0度、下限外気温度は-7度。





前述どおり、メーカーの言う使用可能な温度域はまちまちですし、


それを鵜呑みにして良いかもブツが届いて実際に手にとってみてからでないと分かりません。







ホントはある程度のお値段のする、しっかりしたモノを求めたほうが、後々もずっと使えるのは分かっているんですがお子たちの分も必要だし…(T.T) 







実はすでにオーダー済みだったりして。しかも2つ。届いたらまたレポ載せたいと思います。




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 















今からでも間に合うゴールデンウイークに空きのあるキャンプ場





もうすぐ4月も中旬にさしかかります。


そろそろ5月連休の足音が近づいて来る頃で、大型連休の予定をしっかり押さえておきたい時期です。






ちなみに去年は森と湖の楽園へ。






さらにその前年は道志のニュー田代ACへ。





どちらも混んでましたけど、マナーの良い方々も多く、落ち着いて連休キャンプを楽しめました。





もっと以前には、連休当日に問い合わせて何とか空きのあるキャンプ場を見つけ… 





なんと連休中に当日予約して、山北町に急きょ突撃というのもありましたが、たまたまのレアな事態だったのだと思います… 





すでに今の時期、5月連休のキャンプ場はどこも満員になりつつある状態なのは、


予約状況を公開しているキャンプ場のHPを見れば明らかなこと。








道志みち沿いだとまだ空いている場所もありますが、この更新の頃には埋まってるかな… 






那須のC&Cは全滅だし…。






ちとお高く付くけど静かさは折り紙付きのこちら。このカレンダーでは後半一泊ならテントサイトに空きはあるみたいですが… 





しかし全国津々浦々のキャンプ場が混みまくるこの時期でも、大丈夫な場所があるんです。


不人気なキャンプ場を狙うとか、人気のあるところのキャンセル待ちを狙うとか、


いろんな方法があるとは思いますが、そうではない人気キャンプ場で、直球勝負を受けとめてくれる所があります。






そこはどこかというと… 






とにかく広い富士山の袂のキャンプ場… 











そう、ふもとっぱらですね。車はサイトに横付けできないけど、広さは折り紙付きです。


※ 修正です。宿泊客なら車のサイト横付けは可能らしい。




実はこの更新の一週間前にウチの家族だけで予約してOKを貰ってたんですが、


その後にグルキャンの話が出たので、ふもとっぱらさんに問い合わせたら、これも即OKでした。







おそるべし、ふもとっぱら♪  ってグルキャンで連休というのも初だし。今から楽しみです。 (^。^)






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 

















サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ