復活への最適解は炙って再生か新品交換か? | 639C700 ジェネレーター・レストア完了編



いよいよコールマン 639C700 の

ジェネレーター リペアも佳境に入ります




新品純正ジェネレーター パッケージの

裏面の絵を見ながら見ながら

クリーニングロッドを引っ張り出す段階まで辿り着きましたが

やっぱりです…




ロッドもコイルも材質本来の状態とはほど遠い見た目

真鍮が持つ黄銅色の輝きではありません

黒い汚れがこびり付いています




この煤汚れを落とせば

あるいは再生品として使えるかもしれません




そう考えつつ 床の養生のため広げた紙の上に

クリーニングロッドを置いたところ

なにかが違う気がしました




ジェネレーターのフュエルパイプも目視してみて

疑いがだんだんと形を持ち始めます


もしかしたら…(?_?)




うーん…




新品ジェネレーターを開封し

古ジェネレーターの構成部品と並べてみて

疑念が確信へ 確実に実体を持ちました




古いジェネレーターは明らかに曲がっています

ただし曲がっているのはフュエルパイプ

バーナーアッセンブリを取りはずす際には

ぶつけてしまわないよう細心の注意を払い

かすりもせずに抜きましたし

フレームともなるバーナーアッセンブリにも

曲がりはありませんでした


にもかかわらず

ジェネレーターのパイプだけが曲がっているということは…

衝撃を与えたというより

長い間熱を加えたり冷えたりを繰り返したことによる

劣化のせいなのか…




試しに新しいジェネレーターのパイプは

傾けるとすぐに内包のコイルが滑り落ちてくるのに対し

古くて曲がっている方は…




振ってもコイルは出てきやしません

しかたなくラジオペンチでつまんで

引っ張り出さねばなりませんでした






凝固した煤もスゴイ量です

これはもはや煤ではなくて デブリとでも呼ぶべきか…






目視ではジェネレーターの内側を通るクリーニングロッドは

ほとんど曲がっておりません

再生品として使えるのか わかりませんが

念のためクリーニングロッドまわりも清掃することにします




バーナーは使わず

ヘリテイジタープをシーム処理した時の画筆が余っていたので…




ケロシンランタンのジェネレーターをクリーニングするには

バーナーで炙り 煤を焼き落とす方法が一般的なのですが

ジェネレーターを取り寄せたノースフィールドの説明によると

それをやっても またすぐに煤が付着してしまうらしい…





また一度炙ったジェネレーターは

煤の再付着が起きやすくなる手応えもあるとのことです


ならばやっぱり新しいものに交換した方が

今後も気持ち良く 不安も少なく

安心して使えるのではないかと…

そう考え 新品へ交換してしまおうという結論に達しました



ということで新しいジェネレーターを組みつけ直して

クリーニングロッド下部のカギ状になった部分を

エキセントリックブロック穴に引っかけます






バルブノブを仮組みして 全閉位置まで回します

クリーニングニードルの先端が

ジェネレーター上部から覗いているのを確認するためです




これが消灯側にノブを回しきった状態

ニードルで混合気の噴出を停めている状態


続いてノブを全開位置へひねります






ニードル先端が筒内に引っ込んだのが分かります

クリーニングニードルがエキセントリックブロックに

しっかり引っかかった状態であり

ノブの開閉に連動して動作することを確認できました





あとは分解時の逆の手順で

再び組み上げていけばOK…








OK のはずですが

何かが違うと思ったら…




ヒートシールドを戻し忘れてた…(^^ゞ

再び工程を引き返してヒートシールドも戻して…




リペア完了ですが

けっきょくデフォルトマントルは崩れずに済み

大王マントルの初使用は次回に持ち越しです




古ジェネレーターと一緒に袋に入れましたが

おそらく使えるのは大王マントルと

クリーニングニードルだけでしょうね


そしてお試し点灯へ




不調になった時にジェネレーターまわりだけを疑ったのは

灯油の漏れはありませんでしたし

ポンピングにも何の異常を感じなかったから

やはりチェックバルブまわりは特に問題ない感じで

小気味よくポンピングが進みます




この日は雨でしたが ベランダの雨が避けられる場所へ

ランタンを置いてプレヒート




やっぱりあの日の#11マントルは

生焼け状態までで終わってました (笑)

予熱アルコールの火で しろいだいらの続きの空焼きを行います




そろそろいいかな…




ノブを少しずつ開くと…





無事に復活です




灯色が黄色みがかっているのは

マントルが生焼けだったからかもしれません




これでまた野に出ても

どんなに暗いキャンプ場でも大丈夫です





これにて コールマン639C700 のジェネレーター交換作業レポ

満了です


準備と分解の工程を知りたい方は

↓こちらもどうぞ


 【準備編】
639C700・ジェネレーターのメンテに必要な3つの必需品 639C700 ジェネレーターリペア:準備編

 【分解編】
ランタン修理に楽天の激安インド製工具は使えるか? 639C700 ジェネレーターリペア:分解編


どなたかの役に立てましたら幸いに存じます




更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 












スポンサーサイト



テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : コールマン 639C700 ジェネレーター バーナー 炙る 交換 クリーニングロッド ニードル マントル ケロシンランタン

ランタン修理に楽天の激安インド製工具は使えるか? 639C700 ジェネレーターリペア:分解編



再び話をケロシンランタンのリペアの件にもどします

準備のために用意するものが3つ 必要でしたが

まずそのひとつめです

インチ規格のナットやボルトをはずすための工具は

純正のスーパーレンチではなく 楽天最安値の両口スパナセットを求めました




ただし使うのは上の6本セットのうち

白い○をつけた2つのみで

必要なのは 7/161/2 だけです



単品の組み合わせで買うとそれぞれ送料がかかるので

セット買いの方が安く済むことを見越しての購入でした

使わないサイズは入ってしまいますが この方が安上がりなのです

ただし 配送されるまでの日数がかかり

手元に届くまで1週間以上待たねばなりませんでしたけど…   




時間がかかった理由かもしれないのが製品の出自です

このインチ規格工具はインド製なのだそう

鋳型の精度というか質感というか 少し粗っぽい感じはしますが 価格相応ということでしょう

安いインド製工具が実際に使えるものかどうかは 639Cのリペア作業を経て

はっきりとわかりましたが 結論は後段で述べることにします


2つ目の準備物はこちらへ伺って…




二子玉川のビブラントさんで

リペア中に落ちてしまうだろうマントルの替えを

求めてあります




ビブラントの場所は正直言って分かりにくいですし 車だと駐車場探しに難儀します

初めて行くなら経路は下調べして できれば公共交通機関かチャリで行くのがベターです



そして3つめの準備物は

奈良県の専門店へオーダー






ノースフィールドさんから 639系用のケロシンジェネレーターを

取り寄せてあります

厳密にはオークション落札でしたが 即決価格です 実質直販と言ってよいでしょう

なお古いジェネレーターを炙って復活させる可能性もあります

しかしそのためのバーナーは見つからずじまいだったので

もしも必要になったら 近所のホムセンと100均へ走るつもりです

ガスボンベは100均のもので足りますから…(^^ゞ


準備が整ったので 639C700の分解を開始しますが

もうひとつ 手順の手がかりとなるような図解的視覚的情報が欲しくて

ネットで探そうかと思っていたところ…




ジェネレーターのパッケージ裏面にそれがありました

手順としてはそんなに難しくはありませんし

結果としても この印刷だけで何とかなった感じです


なおこの記事を書くにあたり 探してみたら

639C700 のジェネレーター分解手順を含むマニュアルを見つけたので

こちらにリンクしておきます 必要な方はどうぞ

※ 全て英文PDFですので念のため 別窓で開きます


まず ベイルハンドルを広げてはずし

ベンチレーターとグローブも取りはずしておきます




バーナーキャップ には空焼きしたまま

未点灯の純正マントルが残っていますが…




まだサンシャインマークが残ってました 生焼けということでしょう (笑)

つまりはこの639C 空焼きすらできずに力尽きたことになります




純正より評判が良い大王マントルもビブラントで求めてありますから

気にする必要もないのですが

なるべくなら 志半ばで力尽きたジェネレーターが

最後い足掻いた痕跡は残してあげたいなぁと…

そんな余計なことを考えながら作業を継続…




燃焼中のマントルの熱からバルブを保護する

ヒートシールドも外します




まだジェネレーターも それが貫通するプレヒートカップも

この段階では取り はずすことはできませんが

これら気化機関と予熱皿を取り外すには

ここ…




バーナーアッセンブリをタンクに留めるフレームボルトを

はずす必要があります


…で 登場するのが 7/16 インチのインディアンスパナです





プレヒートカップを下から持ち上げながら

フレームボルトを緩めます






正ネジです 反時計回りではずせます




このあと気密が抜けるので

念のためフィラーキャップを開けてタンク内を減圧




フレームボルトは長さこそ長けれど すぐに緩みます




錆びてはいないが白っぽくなっているのは劣化の兆しなので

あとで拭き上げることにします





ジェネレーターに無理な力がかからないよう

バーナーアッセンブリをまっすぐ上に

ゆっくりと持ち上げて…




ここまでマントルも崩さず

無事にバーナーアッセンブリを抜くことができました

が ベースレスト (カラー) の中はあまり見たくない状態…




虫の死骸が山盛りでしたから…(^^ゞ


ノブアッセンブリをプラスドライバーで緩めてはずし

カラーも取り外して ノンカメラにて入念にお掃除したのは

言うまでもありません




バーナーアッセンブリもキレイに磨きました

今までの組み上がっている状態では

特に底の部分は完全にきれいになるまで磨くことはできませんからね


ではいよいよジェネレーターへのアクセスです




その前にタンクの下に養生のための紙を敷き 汚れ飛散を防ぎますが

ジェネレーターの分解段階で必要なのがこちら




1/2 のインチスパナ

バルブアッセンブリに固定するジャムナットを緩めます




熱を持つ部分なので 一瞬…

ドラゴンフライのジェット交換時のことを思い出しました




上はすでにケロシン用 DKジェットに換装した後の画ですが

この時は長い間 高熱に晒されたり冷やされたりして

DGジェットがガチガチに固着しておりビクともせずで

大汗かきつつ作業したものですが…






いやいや さすがコールマン

ジャムナットはいとも簡単に緩めることができたし♪

そしてこの工具も問題なし

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

E-Value 両口スパナセット インチ ESW-06IS(1セット)【E-Va...
価格:805円(税込、送料別) (2019/7/6時点)


インド製ですがコールマンのランタンメンテに使えます

スーパーな純正工具は決して使いやすくないらしいし高いし…

これでじゅうぶん足りると思います


そしてついに ジェネレーターの心臓部へ




フュエルチューブをはずすと

うーん なるほど…




確かに点かなくなるわけです

スゴイことになっていました

続きます



準備とレストア完了の様子を知りたい方は

↓こちらもどうぞ


 【準備編】
639C700・ジェネレーターのメンテに必要な3つの必需品 639C700 ジェネレーターリペア:準備編

 【レストア完了編】
復活への最適解は炙って再生か新品交換か? | 639C700 ジェネレーター・レストア完了編


どなたかの役に立てましたら幸いに存じます




更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 

















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : コールマン 639C700 ジェネレーター インチ工具 大王マントル ビブラント 二子玉川 ノースフィールド ケロシンランタン ドラゴンフライ

639C700・ジェネレーターのメンテに必要な3つの必需品 639C700 ジェネレーターリペア:準備編



キャンプレポの途中なのですが

やっとこのアイテムのリペアを開始することができました




コールマン 639C700

先月のソロキャンプ時に不調になり

ジェネレーターの不具合を疑っていたもので

その準備顛末がいろいろあったので キャンプレポと同時に

リペア日記を併行します


さて当該ランタンのケースには…




ガムテで印を付けてありますが

ガムテって大事なものにはあまり長い間 貼っておきたくないもの…

長く貼っておくと剥がれにくくなりますから


それでも目印をつけたのは

同じランタンが同じケース入りで3基あるので

どれが大丈夫でどれがダメになったのか…

外みからは分からなくなるためです

オートキャンプしろいだいらでのキャンプ中 手頃な部材がガムテ以外に見当たらなかったのも理由ですが




さて ジェネレーターのメンテにあたり

その準備なんですが これがけっこうメンドクサかったりしますが

次の3つが必要でした



 1 .分解のため インチ規格の工具を調達すること

 2 .新しいマントルを準備しておくこと

 3 .不具合の起きたジェネレーターはバーナーで炙るか交換すること



ということでまずは準備の第1段階

インチ規格のスパナを用意します

規格が規格なので ネットで調達するのがいちばん早くて安いだろうと考え

こちらをオーダーしてありました 6月15日のことです



…で これが届いたのが 6月23日




あらかじめ6月20~23日の間に到着すると連絡はもらっていたのですが

なかなか発送連絡が来ず やきもきしましたけど…(^^ゞ




開封します






インチ規格の両口スパナセット

これでだいたい800円ですがインド製です




使うのはこのうち2本だけなので

バラで安く買えるならそっちの方が得かもしれません




続いて準備 第2段階

メンテ中はまず間違いなく落ちるので マントルを準備しなくてはなりませんが

デフォルトの脆さには懲りましたし

そのデフォルトマントル手持ちも尽きてしまったので

非C社製を店頭販売しているお店を新規開拓しました

訪れたのがこちら…




二子玉川にあるビブラントさん

ヴィンテージランタンの専門店です

結果論ですが このお店に行くには 車で行かないほうが良かったみたい…





電車 もしくは…




可能ならチャリで行くのがベターと思いました

ビブラントへ行ったのが日曜日で車でだったせいなのですが

とにかく週末の二子玉川には車を停める場所がありません




空いているコインパーキングを探す時間は

お店にいた時間の10倍くらいはかかったと思います




雨さえ降っていなければ…

我が家からなら全然チャリか もしくはバイクで行ける距離でしたからね

お店自体は小さいのですが 店内はヴィンテージランタだらけで

まさに宝の山状態でしたし

たぶん再び訪れることがあると思うので

次は二輪の乗り物でいこうと強く決意した次第…




で 求めてきたのはこちら




初大王です

とりあえず2包入り1パックを買いましたが

店頭価格はネットよりだいぶん安くて 500円でお釣りが来ましたから

やっぱり間違いなくビブラントさんは再訪すると思います




当該ランタンには#11マントルは生焼けの状態で残っていますが

メンテの過程で間違いなく落ちるでしょうし


そして準備も最終 第3段階 ですが

自宅にガストーチが何本かあったはずなのが

とれも出てこなくて…




どうやら過去に仕事で使う用事があり 職場に持っていってそのままにしていたとは

しばらく経ってから思い出したこと…


トーチもある程度の機能のものを買うと安くはないので

考え方を変え どうせ不具合の起きたパーツだし

思い切って新調した方が良いだろうと

求めたのがこちら




そう 純正ジェネレーターです

求めたのは奈良のノースフィールドさん のオークションブース

オークションですが即決価格での出品で

しかもその価格は 639系ジェネレーターではおそらく日本一安いもの

コンビニ払いで送料手数料込 2,000円ジャストでした




発送はネコポスですが かといって梱包は不安を感じるものではなく

さすが専門店という感じで安心です






なんとかこれを使わずに できれば職場でマイバーナーを探し出し

古ジェネレーターの煤をバーナーで焼き切って復活できれば

それがいちばん良いのですけどね


ということで準備は万端 整いました




ではリペアの開始です

別の更新に続きます



分解の工程とレストア完了の様子を知りたい方は

↓こちらもどうぞ


 【分解編】
ランタン修理に楽天の激安インド製工具は使えるか? 639C700 ジェネレーターリペア:分解編

 【レストア完了編】
復活への最適解は炙って再生か新品交換か? | 639C700 ジェネレーター・レストア完了編


どなたかの役に立てましたら幸いに存じます







更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : コールマン 639C700 ジェネレーター インチ工具 大王マントル ビブラント 二子玉川 バーナー ノースフィールド ケロシンランタン

海外からケロシンランタンの消耗品を買ってみた





先日の青根ソロで、ドイツから取り寄せた純正ニードルとニップルに交換し… 








みごと、復活を遂げたペトロマックス HK250ですが… 










本来のパワーを取りもどしてしまったホンモノには、代替用マントルじゃ役不足の感が否めません。












本来の勢いで噴出される混合気を受け切れず、リークしてる感じがします… 






ちなみに 代替用にしていたのはこちら。





もともとガス缶ランタン用のマントル。パワー的にはHK250の半分ほどかそれ以下の光量用に作られていると思いますから、無理も言えませんね。





ということで、またもやこのサイトへ行くことにしました。





ドイツのPalem。先月ニードルとニップルを買うために、アカウントを作ってありまして、






HK250の消耗品を求める目的で来たはずなんだけど… 




魅力的なモノが多すぎるし…





HK250用のサイドリフレクタ。反射板です。これカナリ欲しいなぁ… (^_^;








さらに船舶用のランタンも。本体だけだと日本円で1万円弱でした。思わずコヅカイの算段を始めるところだったし… 





思わず物欲に負けそうになりますが、グッとこらえ、


本来の目的のブツを探します。





…で、





HK250 double Hole とあります。見つけました。









ページの中を良く見てみると… 





どうもまとめ買いした方が安上がりみたい。




単品だと1.69ユーロ = 218円弱ですが、10個買えば1.64ユーロ = 211円になります。









10個買っても送料はさほど変わらないみたいですし… 











このままレジに進むと、総額で23.58ユーロとなりました。




日本円で3,038円。ドイツの消費税が高いのは仕方ない。ここでしか買えないモノだし。





この間の取引だと、到着まで2週間ほどかかりましたから、


6月の下旬には届くかな… 






純正マントルで本当の本来の明るさになったらどれだけまぶしいか… 





今から楽しみです。








ところで先日の椿荘ACで、またも幕体にランタンで孔をあけてしまいましたが… 






修理用部材は手配しましたけど、このままだとまた繰り返しそうな気もします。






いっそのこと、幕体内でも使えそうな、


小振りでもガード付きの火器系ランタンなどあるといいなかなぁ~と物色してたところ… 





なかなかヨサゲなガード付きのランタンを見つけちゃいました♪ 





もう少し調べて、詳細をアップしたいと思います。




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン








天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ 送料込みに値下げされてますよ。



やっばりドイツ製パーツが必要か…












不調に陥っているオールドペトロマックス、HK250ですが、





対策できる かな~という 部品が届いております。





ファロスさんちから取り寄せました。





数日前にばらした時に、


どこが不調の原因なのかは、だいたい突きとめてあります。








ヴァポライザー(気化器)の中に収まるニードル先端の微細な針が、飛んでしまったようです。





しかしファロスさんちではHK250のパーツの取り扱いはありません。







残念ながらパーツ類は現行ペトのHK500と150のみ。






どうしたものかと思いつつ、マントルが国産の廉価品で代用できることを見つけた経験則も手伝って、


HK150のパーツを頼んであったということです。









HK150用のニードルで、勝負をかけてみました。






消耗品と言っていいくらいの脆さがありますが、微細でコアな部品です。





HK250をばらします。





ニップルを外すために使えたのは9番レンチ。





だいぶん昔にナメってしまったバイク用の10ミリのボルトにバイス切った時に使ったきり。ウン十年振りに使いました。





ヴァポライザーの外側をはずして





ファロスさんちのHK150用ニードルと会わせてみます。




なんとなく大きさが合う感じ… かなぁ (^_^;







減圧してますがケロで濡れた古ニードルを外すには、ティッシュで囲う必要がありました。





で、針の飛んだニードルを外し、HK150用のと比べてみると… 





うーむ… ほぼ同じ… と言うことはできません。





若干のサイズ誤差が認められます。





これくらいの差は許容範囲… だったら嬉しいなと思い… 





イチバチで、取り替えてみました。






この上からヴァポライザーの外側をかぶせます。





ここまでは大丈夫。








針が見えてますね。しかし… 






よく確認しないままでした。ニップルをかぶせて… 









ハンドルをひねったら、ニップルの真ん中からニードル先端の針が見える筈だった… のが… 




見えません? 軽くパニック。思わず画を撮り忘れます(笑)






このあとニップルをつけはずししてるうちに… 





ふたたびこうなってしまいました。





せっかくのHK150用ニードルも、針が飛んでしまった… 





微細な差でしたが、違うものは違うということか… 








探してみると、ドイツにHK250の消耗品を手がけるお店があるようです。





HK250用ニードルは2ユーロほど。256円くらいで日本国内のHK150用を買うより安いです。もちろん送料度外視の比較ですが… 




やっぱりドイツ語でオーダーするしかないかなぁ… (^_^; 






ケロ沼ってやっぱり深そうです。









にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ







天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ GW期間中は20パーオフセール実施中です(^。^) 








ペトロマックス不調の原因はやっぱり…





最近不調極まりない状態だった我が家のペトロマックス







HK250、古い加圧型ケロシンランタンです。




圧はかかっているのに、きちんと燃焼してくれません。





ちゃんと燃焼してくれていれば、マントルの黒点などカメラには写りません。







こうなったのは、これを取り付けてから。







自転車の空気入れで加圧できるポンプアダプターに換装して以来、不調に陥りました。





時系列で手を加えた手順を追い、単純に考えると、








ポンプアダプターに原因がありそうと捉えてしまいそう 



…なんですが、


これまでの経緯を考えると、ワタシの見立ては違います。







よくよく考えると、昨夏あたりから不調でした。




生産から軽く40年くらい未点灯だった加圧型ランタンです。


微細な部分が、未使用のままでも経年変化で傷んでいたとしても不思議じゃありません。




それを検証するため、バラしてみることにしました。







腰上をはずし…





ヴァポライザーを丸裸にします。






ヴァポライザー中段のナットを弛めると… 





まだタンク内に少しだけ圧が残っていたようです。灯油がにじんできました。ここまではちゃんと機能しているということ。








ここで予感が当たったことに気付きました。


それが何かと言うことは、後で触れます。






ニップルを緩めて見えたのは…










うーん、やはりアタリだったか。










ニードル部先端にあるはずの針が見当たりません。



本来なら燃料バルブを回せば、ニップルから針が見え隠れする筈だったのが、


見えなくなっていることに気付いたのは、ちょうど絶不調に陥った頃だったと思い出しました… 








本来ならこの先端に見えるばすの小さな針が、吹っ飛んでしまったということです。




管の中で上下に動くため、微細なサイズの針様の部位が組み込まれたパーツです。



半世紀近い保管時間を思うに、昨夏からの不調を思い起こすと、ポンプアダプター取り付けが要因でなく、


経年変化で脆くなっていたと考えるのが自然かと思います。








針がない状態で、点火するとどうなるかというと…






HK250に適合するマントルの手持ちはたくさんストックがあります。キャプスタ製を流用してますから。






マントル空焼きして、








ポンプアダプターに空気入れを繋ぎ、












プレッシャーゲージで適正値まで加圧します。









この古ペト、今までプレッシャーゲージが壊れてると思い込んでましたがそうではないことが判明しました。






手で加圧していた時は古いワン皮が空振って、適正な圧までまともに空気が入っていなかったようです… 






しかしポンプアダプターを取り付けたことで、空気入れを使えば、


運用推奨環境を達成できるようになったということです。









加圧したらアルコールで予熱して…







アルコールの青火が消えそうなところでバルブを捻ると…






一瞬、眩しい光を放ちますが、








すぐに勢いを失います。







加圧型のランタンのニードル部は飛びやすいようで、消耗品と言っても良いくらい。








もちろん変更するためのパーツは、すでに手配してあります。










ただ、HK250は当然現行の日本取り扱い製品ではないので、専用の補修パーツは手に入りません。







なのでこれ用。現行のHK150のニードルをファロスさんちでオーダーしました。









届いたら、またリペアの様子をレポしたいと思います。






にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン






ランタンと一緒に持ったほうがいい文房具って?




ペトロマックスのHK500用ポンプアダプターが、HK250にも適合したので、






ここからは火を使いますから、庭で試運転です。


が…    






先日の椿荘ACソロキャンプから帰った後で、自動車用のケミカルスプレーで掃除した際、


マントルが吹き飛んだままでした… (^^;;







古~いHK250の純正マントルは、生産本国ではまだ売られているみたい。でもドイツ語は話せないので… 





あらかじめ、国産品で代用できる品物を探してあります。





キャプテンスタッグのガスランタン用で、M-7906という品番のもの。






オールドペトロマックスに、


異種格闘技戦みたいな感じののマントルが合ってしまうのは不思議ですが、、


今のところいちばん適合するモノみたいです。






本来はこのガスランタン用のマントル。





ここからケロシンランタンのマントル替え時の儀式になるんですが、




ケロシン用だろうがホワイトガソリンだろうが、ガスランタンであっても、



新しいマントルを取り付けるために、どの燃料のランタンであっても、


必ずと言ってあると良い、必要な文房具があるんです。






それは何かというと… 





例えばこんなモノがいいかも。小さめなハサミ。糸を切ることが可能なモノが必要です。






今回はダブルタイマントルなので、なおのこと。





マントルは上端に縫い込まれている糸で、ランタンのノズル部分に結びつけて取り付けます。





そしてその糸は必ずマージンを残してますから… 







ここでハサミの出番。









こうやって余った糸をハサミで切っておかないと… 




空焼き後に燃え残った糸が、ランタン運搬時に揺れてしまい、


灰ほどにもろくなってるマントルを簡単に破く可能性があります。






マルチツールで、糸を切れる精度のハサミパーツが付属するものを持っておくのもアリですね。






マントル装着完了。








燃料フタをはずして… 







コールマンのフューエルファネルで灯油を注入します。





画で見えるとおり黒点の煤が入り込んでますが、ファネルのフィルターが効いているのでタンクには入りません。






ポンプアダプターのフタをはずし… 







ブリジストンの空気入れを繋いで加圧… 





念のため、6回ほど押し込み… 














アルコールを予熱皿に注ぎます。予熱ボトルもコールマン。639C700用です。





アルコールを満たした予熱皿に、ライターの火を近づけると、


簡単に燃え始めます。








予熱用アルコールに火を点けることで、マントルも空焼きできます。


アルコールでマントル空焼きというのは灯油(ケロシン)ランタンならではの儀式。



ホワイトガソリンやガス缶ランタンでは、いつも通りの着火で空焼きも大丈夫。









ほぼ空焼きが済んだかなという頃合いを見計らい、


ペトの燃料バルブを全開位置に回すと… 










勢いよく輝き始めました。







この後、一時不定期に明滅を繰り返す現象に見舞われましたが、


減圧と加圧を繰り返すうちに通常点灯する状態に落ち着きました。








気まぐれさは武井より639Cよりも、遙かに難易度は上ですが、


このランタン、ワタシの父と同じくらいの年齢と思います。







何だか父に、スマホの操作方法を教えているような気がしてきたし… (^_^; 







 










にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ







オールドペトロマックスに空気入れ加圧アダプターは付くのか?




タイヤ用の空気入れで加圧できる接続金具を取り付けた武井301Aを


道志の森で改造後に初運用してみたら、






あまりに劇的に、運用が楽チンになりました。











自転車用の空気入れを繋いで2~3回加圧すれば、かなりしっかりと加圧できるようになりましたからね。





そのためのパーツは、1500円ちょいで手に入ります。





← 必要な方はここから買えますよ。



純正ポンプと接続金具の交換については こちら





この楽さを知ってしまうと… 


 


加圧燃焼する他の火器類にも、同じような道具が使えるんじゃないかという思いが芽生えます。







こっちにも、同じことをしようかとひそかに思ってました。





オールドペトロマックス。HK250。





そう… ペトロマックスにも、


自転車用の空気入れなどで加圧できるオプションパーツがあるんです。





武井が「接続金具」という品名なのに対し、ペトは「ポンプアダプター」。





ただし楽天内で目にするポンプアダプターは、現行品のHK500シリーズ専用と謳われており、


ウチのオールドなHK250に適合するのか、いまひとつ購入に踏み切れないでいたところへ、


某オークションでの出品を発見してしまいました。





これ、運命の出会いかも… ?






楽天のプライスタグより800円も安い即決価格だったことが、背中を押しました… 






無事に落札品が届きました。





ただし手元に届いて現物に合わせるまで、


HK250に適合するのかは、まったく分かりません。









加圧ポンプ部を外して… 








工具は不要。手で回せます。




ちなみに外したポンプASSYの状態は… 








椀皮など、とてもきれいな状態。未使用のまま半世紀前後もの時間、保管されていたことがわかります。




このペトにポンプアダプターを取り付けようとすることに、後ろめたさも感じますが… 




そんな思いとは裏腹に、事態は良い ? 方向へ… 








HK500用ポンプアダプター、HK250にもばっちり適合です…





ということで、これの出番。





BSの空気入れ。これいまだに一度も自転車には使ったことがありません(笑)






米式バルブ用で繋ぎます。武井の接続金具と同じです。










…で、加圧してみると… 








武井の場合と違うのは、やや加圧の回数が多く必要だということ。タンク容量の違いがゆえでしょう。






それでも5回前後の押し込みで、それ以上は加圧できない感じにポンプが重くなります。






改造を加えたランタンの試点灯なので、暗くなるのを待ち、試運転してみますが… 





続きます。










にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン








増えすぎたケロシンランタンの運搬に使える道具とは?





3つ目の639C700をわが家に迎え入れ、米コールマン製のケースも買いましたが、


大型ランタンゆえ、3つをいっしょに運ぶのが難しいことが判明しました。






あの後、実際にネビュラチェーンで吊して運べるか試しましたが、





ダメダメでした…(^_^;




上の画みたいにケースが暴れるし、何より大型ランタン3つ。



単体でもひとつあたり2.29Kgもありますから、


これらをネビュラチェーン一本でまとめて持つとなると 耐荷重的には問題ありませんが さすがに重すぎます。






そこで思い立ったのがこれ。





イタリア土産です(笑)




フィレンツェ駅前のコナードのスーパーで求めた、伸縮ネットの買い物袋。


これけっこうスグレモノで、コナードで買ったたくさんのおみやげをまとめるのに重宝しました。





例えばこの、取っ手が壊れたアレですが…






昨秋、青野原ACで突然取っ手が壊れたイグルージャグ。


こんな大きさのモノも持ち運べてしまいます。







持ち手の余裕が苦しいけど、S字フックかカラビナ噛ませばじゅうぶん運べそうな感じです。




ということでさっそくやってみましたが… 






ランタンケース1個までならOKです。運べます。




でもここまで…


2個以上だと無理。


やはり大きめのコンテナとか、バッグとかを買った方が良さそうです。





ちなみに639Cのケースの大きさは、タテヨコがそれぞれ20センチ。








高さはだいたい45センチ見ておく必要があります。






これらを3ついっぺんに運ぶとなると、高さ50センチで幅60センチ、


奥行き20センチのサイズの入れ物が必要ということになりますが… 







そんなデカイ入れ物があるのかと思って探したら… 







ありました。あっさり見つかりました(笑)





キャプスタの大型収納トートバッグ。


サイズは幅60・奥行き25・高さ50センチ。ガッツリと639Cがケースのまま3つ並んで入ります。






しかも恐れ入ったのは、ワタシが求めたのはMサイズで、さらにデカいLサイズもあるんですよね。





こっちだと幅82・奥行38・高さ55センチ。




4つ目のランタン買ったらこっちにしよう(笑)





ちなみにこのトート、ツーバーナーも運べる大きさみたいですね。





ウチはもう使わなくなったけど…。







もしかしたらサイズ的に、先日買ったユニフのスタンドも入るかもしれません。





同梱できたらメッケモンですね。









にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ






639Cのケース探しはコツが要ります



イタリア旅行記はあと数日続きますが、一週間以内で終わると思います。






イタリアンな日記が終わってから書いても良かったんですが、時宜を逸してしまうかもしれず… 




過日求めた3基目の639C用に、必要なオプションを追加したので、レポを少々差し挟むことに。








ランタンをキャンプ主体で運用する上で、絶対に必要なオプションがあります。



コレです。





ランタンケース。プラ製の米国産。









639C700ランタン自体がC社ジャパンの取り扱いではないので、適合するケースもまた然り。






なぜか今は、国内の正規ルートでは、入手することができないんです。


3つ目の639Cで思い知らされました。





すでにある2基の639Cも米国の純正ケースを使ってますが、これらは某オークションサイトで入手したもの。







今回も同じように探せるだろうと高を括ってましたが、



なぜか、なかなか見つかりません。







オフシーズンだからか、それとも早くも円安の財政政策の影響が功を奏し始めているのか…





謎は深まるばかり… (^_^; 










楽天でも一点だけ、それっぽいランタンケースを見つけましたが、





即決しても良かったんですが、念のためこのお店に『639Cに適合するケースですか?』と問い合わせたところ、


こんなもっともらしい答えが返ってきました…






『C社ジャパンの取り扱いのない製品に対する適合はわかりません』だって… (^^;;



身も蓋もないなぁ… ま、きっとそう対応するようにC社近くから言われてるんでしょう。






今回のメール返答を受け、ますますもってここの日本支社の品物は、


消耗品すら買う気が失せました。



ま、ウチの639Cはもともと、海外に縁のあるお店や知人からしか、マントル等の消耗品は買うことができませからね。


すでに縁は切った状態ですけど。









あるいは639C白ガス版『アメリカンヘリテージコレクションの635Bに使えますか?』と聞いたら、まだショップからの答えは違ったのかもしれませんけど…








で、クーポンコードがあった関係もあり、結局いちばん早く安くゲットできたのはこちら。






アマゾンさんち。こういうキワモノを探す時は有用です。













これでランタンも3つ。






ケースも3つ。








しかしふたつだけなら、まだ片手にひとつずつで運べたんですが、






3つとなると、運搬方法も工夫しないとなりません。







素のままでは片手に1ケースずつしか持てませんからね。






とりあえずネビュラチェーンが生きそうですが、


また細引きで、イグルージャグの時みたいな組紐様の持ち手でも作ろうかなぁ… 














にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ









サイト内検索


ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村





スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ