ペトロマックスに21Aでリベンジ達成?




先生!! ペトロマックス点灯の宿題ができました。










ニュー田代ACでの初点灯は、その場合わせの適合してない大きさのマントルで、







数十年の眠りを破るには、愚行だったと言わざるを得ません。


正直言ってかんばしい結果じゃありませんでした。





悔しいので、帰宅後にこちらを使ってみました。









コールマンの21Aマントル。




以前使ってたアンレデッド・2マントル用のストック。これを使って仕切直します。


















ランタンをケロ化して約1年になります。




白ガスなランタンも消耗品も、もう使うことはないと思ってましたが、思わぬカタチで生きました。




以前にググッて、どうもこのマントルが合いそうな手応えを得ていたので…













装着してカラ焼きとプレヒートを済ませます。







マントルサポートかあるので、ホントならダブルタイがいいんでしょうが…






じゅうぶんな予熱を済ませてからバルブを捻ると





やりました。






ニュー田代ACで、大き過ぎる#11で点灯させた時は、



マントルがすぐに崩れてしまい、チムニーにもこぼれてましたが、





今回はそんなこともありません。




安定して灯ってます。









ただし、やはりこれ用の薄いマントルです。




過去にも何度もこうなってる事態がありました。この#21Aマントル、何度落ちてたことか…





ペトに使っても同じでしょう。運送中に落ちるて可能性は高いかな…




やはりマントルサポートがあるのでダブルタイが安心でしょうし…




ダブルタイマントルとは上下の2箇所に縛り口がついているということ。二点支持のほうが安心です。







できればちゃんとした適合品を使ったほうが、気持ちよく運用できそうかな…


ドイツ語のお勉強が必要になるのかも…(^_^;









#21Aは非常時用に取っておくことにしようと思います。







blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

ペトロマックス再び



震災から一年が過ぎ…





いわゆる帰宅困難者になって、35キロの道のりを歩いて帰ったのはもう一年も前のことになります。






上の画は当時履いてたモントレイル。


もともとへたれてましたが、アスファルト上の35キロというのはダメージも大きくてこの靴も壊れ、


さらに足の爪が二枚ほど剥がれたっけ…








そしてあの頃、手に入れたあるモノが、



今も使わずにリビングにあります。







ペトロマックスです。オクで手に入れたもの。







前所有者の話では、おそらく戦前の製造かということです。







これ、かなりコンディションも良くて、しかも未点灯です。








入手当時はあまりのコンディションの良さと、未点灯のままでここまで来たという歴史への畏怖から、



このまま使用しないで飾っておこうかと思っていました。





マントルやらノズルやらの消耗品も手に入るかわからなかったし…










しかし残念ながら…






一年間、いろいろと調べると、純正品でなくてもなんとか維持できそうとわかってしまい…









今後、それらの入手目処が立ったら…







火を入れてみようかと思っています。




なぜ心変わりしたか…









カタチあるものはいつか壊れます。







でも使われないまま朽ちるよりは、無形であっても思い出のなかで、


使われた記憶が人の中に留められたほうが、道具として幸せなのではないかと思うようになったから…







これも震災の影響と思います。






ということで、近い将来、これを灯す日が来そうです。












blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

割れたホヤは再生できるか

このところ続いてるリペア日記の最終章です。










ウチのケロシンランタン、639Cをケースごと落としてしまい、


ホヤにヒビを入れてしまったのが昨年末のことでした。










モノはガラスですから、さすがにリペアはできないかなと思い、



代替品を発注したのが届かないまま、出発の日を迎えて、







西伊豆の…



雲見 夕陽と潮騒の岬ACでは、ヒビが入ったままで使ってましたけど…








何とか年明け直前に届いて、富士吉田への出立直前に換装したら、



PICAでは何の問題無も無くフツーに使えてました…













新品のホヤに何らかの問題があればレポに取り上げたかもしれませんけど、



全く無問題だったので、取り替えたことすら忘れてましたから…(^_^;)












で、取り替えた割れホヤなんですが…










ワレモノとしてゴミの日に出してしまえば良いんですけど、


何とかリペアできないかなと考えてます。












学生時代、ビジツ系で板ガラスを積層し接着させた作品も作ったことがあったので使ったことがありますが…




ガラス同士をくっつける接着剤というモノは、ちゃんと存在します。










フォトボンドと言いまして、紫外線を照射することで硬化します。当時は東急ハンズで買いました。









くっつけたいガラスに屋内の薄暗い所でフォトボンドを塗って合わせ、



その状態でお日さまの下で日光に晒すと30分ほどでガッチリ張り付いて外れなくなる…








しかしこれ、面どうしは上のセオリーを守れば簡単にくっつくんですが、


切断面どうしだと厳しかった記憶がありまして…






記憶の範囲では、そんなにサラッと染み込む感じではなかったし…




そして耐熱性能も100度を下回るものでした。ベンダーさんに問い合わせたらそう回答いただきました…




しかし… さすがニッポン♪



熱硬化型のガラス専用硬化剤もあるみたいです。






これだと加熱でもくっつく可能性があるみたいで、試してみたい素材ですね。


でもどうやって入手すべきかな…




ハンズ、また覗いてみるか…





これも紫外線で硬化させるタイプですが、体熱性能は100度以下だし…




板ガラスをくっつけて遊ぶにはいいんでしょうけど…


先は長いかも… (^_^;





人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ



639・301に合うランタンケース

これ、オクでゲットです。



DSC_0091.jpg


DSC_0092.jpg




国内未発売のコールマンランタンケース。



DSC_0093.jpg




これまで639Cは、この状態でキャンプに持って行ってました。


DSC_0111.jpg
買った時の箱です。




さすがに段ボールだとね。


雨で濡れたり、同梱してることが多いリュブリカントが漏れた場合は破損する可能性もあります…






これなら持ってますが…




コールマンのソフトランタンケースだと中型ランタンまでしか入りません。


639Cは大型の部類なので、これじゃ役不足でした。






では現物合わせを…


DSC_0101.jpg




DSC_0102.jpg
心地良い感じで「カチッ」とはまります♪


DSC_0103.jpg




うし♪ さすがにぴったり…



DSC_0104.jpg


DSC_0105.jpg
と思ったら…



DSC_0106.jpg
やられました…




底部に左右というか前後というか、フタ固定用のツメが対照に位置してますが、


気を付けないと片側だけはまっていないこともありそうです。




両手で同時にはめ込まないと、ケース筐体を割ってしまうこともあるかもしれません。


DSC_0107.jpg DSC_0108.jpg




この点に気を付ければ大丈夫でしょう。



予備マントルもこんな感じで…


DSC_0113.jpg


DSC_0116.jpg




同梱できます。ホントは底部に入れるのが正しいのかも…


ウチはもうこのランタンには使いませんが、ランタン用ハンガーも一応は同梱可能みたいです。



DSC_0109.jpg






ところで…


ふと思いついて、これも入るか試してみました。


DSC_0117.jpg



武井の301ですね。


タンク底部の形状が違うので、コールマンの適合ランタンみたいにカチッとはまりませんけど…


DSC_0118.jpg
火力調整つまみや工具を同梱したところ…




んん…(?_?)



DSC_0119.jpg













DSC_0120.jpg



やりました。武井301もOKです(^。^)




もっともウチの武井さん、専用の鉄ケースがまだ健在です。


DSC_0122.jpg




これが朽ちたりしたら、もうイッコ入手して代替で使うのもアリですね。







楽天の中にもありました。220、290、295ともちろん639、そして武井301も? 収容可能ですよ。








人気ブログランキング

blogram投票ボタン

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ にほんブログ村 アウトドアブログへ





おきてがみ

パイルダー・オン

まいりました。




先の更新でゲットしたはずのレインボー…



こんなことは初めてでしたが、購入を申し込んだショップから



昨夜、ウチの自宅へ直で電話があり、



すごく歯切れが悪い話し方で… 「卸元にも在庫がなくて、月曜にならないと入るか分からない」とのこと…




だったらとっととリンク削除しなよと思いましたが、一応月曜まで待つことにしました。






しかしこれ、ホントに品薄みたいです。



探してみましたがオクの中古でも宛てになりませんし、


もう次の手を考えた方がいいのでしょう。




で… 去年から考えてたこっちも探したけど、同じようにかなり品薄でした…



楽天では買えない状態みたいです。



遅きに失したか…(^_^;







こうなったらいよいよ…



これでも買うか?




工事費用と維持費を計算しないとなりませんが、たぶん無理でしょうね(^_^;







すごーくイヤな気持ちになりかけてましたが、そんなところへこんなものが…



DSC_1786.jpg
届きました。




入札したことすら忘れてました。



これ、コールマンのGI POCKET STOVEのフレーム。廃盤品です。


DSC_1789.jpg


DSC_1791.jpg




ちなみにGI POCKET STOVEとはこちら。


GI_POCKET_STOVE_530_02.jpg
ワタシは本体は持ってません。




元々は軍用だったものを民生品化したもので、白ガス(ホワイトガソリン)用のストーブです。


そのフレームだけが格安出品されていたので、これは…と思って入札したら、落札しちゃいました…



というのは、これみたいな使い方が出来るかなと思ったから。



ペトロマックスのケロシンランタン用のクッキングトップ




500cpくらいの照度のランタンだと、明るさはハンパないですが発熱量もとんでもなく熱いです。


それを調理の煮炊きにも活かしてしまおうという視点のオプショナルアイテム。






ウチのコールマン639Cも爆暑ですけど…



でもこれは頭でっかちなので…




こっちじゃ使えませんね。





じゃ、こちらでは?



DSC_1794.jpg
チャイナなケロシンランタンで…




フードを外して…



DSC_1795.jpg




パイルダー・オン♪



DSC_1796.jpg




あれ…



DSC_1801.jpg




うーん、残念でした(^_^;



DSC_1798.jpg



でもま、ちょっとした小加工でなんとかなりそうな寸法かなと。


これはまた土日でイジるお題を貰った感じですね。



DSC_1792.jpg
ちと勿体ない気もしますけど…




イヤな思いを払拭できたかな。
前向きな気持ちを貰えました(^。^)





人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

リス園チャレンジ♪

こんな可愛い輩と遭遇しました。



DSC_0596.jpg
もちろん遭ったのはキャンプ場…



ではなくて、東京都内の某市にあるリス園です。





DSC_0597.jpg
キャンプ帰りにどうしみちを走っていて、目の前をリスが横切ったことはありますが、




こちらのリスはタイワンリスとのこと。



今夏、ワタシの夏季休は細切れで、三勤四休っぽいペースとなりました。


先のウイークデー、ママさんの出勤する日に、ワタシとお子たちで夏休みとなりまして、


こちらのリス園に行ってきたという次第です。




DSC_0571.jpg


DSC_0600.jpg


DSC_0599.jpg
園が用意するエサ(一袋100円)と無償貸し出しのミトンを手にはめれば、エサやりスペースでリスたちとふれあうことができます♪




実は上のお子たち2人、ここには一度、来たことがありますから…



DSC_0569.jpg


DSC_0601.jpg


DSC_0582.jpg
これくらいのリスが、あっという間に集まって来ますが問題なし… 喜んでました(^。^)






しかし… 末子はリス初体験。



リスの動きの俊敏さは、小さい子どもにとっては、恐怖に映ることもあるかなと、


危惧してました。



DSC_0566.jpg



で…


DSC_0576.jpg



DSC_0575.jpg



おっと…(?_?)


DSC_0574.jpg
初コンタクト成功ですね♪




DSC_0568.jpg
というか、ノープロブレムでしたし(^。^)




実は彼、ワンコが大好きです。散歩中のワンコをナンパするのが趣味と言っても言い過ぎではないくらい…




DSC_0609.jpg



彼にとってはリスも犬も一緒だったのかもしれません。



DSC_0611.jpg
お子たち、3人とも喜んでくれました。また行きたいそうです(^。^)



いい夏休みの一日になりました。

アイデアいただいたワカメパパさん、ありがとうございました(^。^)




で、こちらも点灯を試みております。



DSC_0612.jpg
コールマンの639Cですね。



DSC_0619.jpg
まずはグローブ、ベンチレーター、ベイルハンドルを外します。




新しいマントルを装着し…


DSC_0621.jpg



コールマンのランタンです。もちろんコールマンのフューエルファネルで灯油を入れられます。



DSC_0615.jpg
これ、他社だと燃料口の径が合わなくてダメな場合がけっこうあります。



当たり前にできることが、ちょっと嬉しかったりして…


DSC_0622.jpg




そして予熱皿にアルコールを注ぎ…


DSC_0623.jpg



プレヒート開始♪


DSC_0625.jpg




マントルの空焼きも同時に行えます。ケロシンランタンならでは♪ です。



DSC_0627.jpg



ここ大失敗が発覚…


予熱前に加圧しておくべきでしたが、忘れてました。


DSC_0632.jpg
慌ててポンプを押しまくり…(^_^;



いよいよ調整レバーを捻ります。



すると…


DSC_0640.jpg
これは明るい!!



シーアンカーと大差ありません。500cpくらいの照度はありそうです。


DSC_0650.jpg
しかも特筆すべきは…



チャイナなランタンと比べると、燃焼音が遙かに静かです。


DSC_0642.jpg
ちらつきとか赤火とかの、不安定な燃焼要素はみじんもありません。




さすが、コールマン。テントはもう買わないと思いますが、ランタンは素晴らしいですね。



某Yオークションで探せば、一万円程度でも落札可能ですよ。気になった方はぜひ探してみてください(^。^)





人気ブログランキング

blogram投票ボタン

にほんブログ村 アウトドアブログへ



おきてがみ

639という選択肢

これを求めてみました。



DSC_0524.jpg
あえてコールマンのランタンです。理由は下に…





最近のウチの傾向として、言うまでもなくケロシン(灯油)ランタン。639C700です。



DSC_0526.jpg
コールマンジャパンでは取り扱いのない品物。




米国産のケロシンランタンで、噂ではかなり明るいらしい…





なんで639を求めたかというと、現在メインで使っているこちら…



シーアンカーのランタン…




500CPで明るいのはいいのですが、とにかくマントルがよく落ちます。




まとめ買いしてありますが、在庫切れになる日も近いかと。不安になるくらいの勢いで落ちまくりです…




使うたび、点灯させるたびにマントルが落ちてる感じで、いかにも要領ワル過ぎですし…


さすが中国製。


電車も落ちちゃうくらいだし、証拠隠滅のために速攻で埋めちゃうような国だしね。あきれてしまいます…




そしてこっちもありますが、むしろ真逆… ドイツ製は堅牢に過ぎます。



レトロなペトロマックスですが…



あまりのコンディションの良さに、未使用未点灯状態を破る勇気が涌きません。消耗品もまだ探せてないし…




そんな状態だったので、いろいろ探してみて、


コールマンのケロシンランタンの評判は至極、よろしくて…


ペトやオプティマスよりも安定して点灯するとの評判ばかりに出会いました。





そしてさすがはコールマン。国内で本体の扱いのないランタンでも、消耗品は…


DSC_0549.jpg
# 11マントルなら…






これですね。アマゾンでも楽天でも入手可能です(^。^)




前置きはこれくらいにして、さっそくばらしてみましょう。



DSC_0530.jpg



DSC_0535.jpg




この真鍮のお皿が予熱皿。プレヒートカップです。その中を貫通してるパイプがジェネレータ(気化器)ですね。



DSC_0536.jpg




付属のアルコールボトル。



DSC_0537.jpg




これでこんな風にして、グローブをずらしてアルコールを注ぎ、火を点けて…



DSC_0548.jpg
ジェネレータを予熱します。




灯油(ケロシン)はランニングコストがぺらぼうに安いですが、沸点が高い(200~350度)ので、


本体の点灯前には、気化器をあらかじめ熱しておく「儀式」が不可欠です。




この「儀式」は点灯のたびに必要になります。なので…


DSC_0546.jpg
グローブも…





DSC_0545.jpg
ベンチレーターもその都度ずらさないとなりませんから…




固定具を兼ねるベイルハンドルが着脱しやすくなってます。


DSC_0542.jpg


DSC_0543.jpg




ちなみに大きさはこれくらい。アクオスのリモコンと対比しますが伝わるでしょうか?






DSC_0539.jpg
コールマンの中では間違いなく大きめのランタンです。いや太めと言うべきか…



点灯の様子は次回以降の更新で…


あ、新しい幕も決まりそうです。というか落札してしまったし…


人気ブログランキング

blogram投票ボタン

にほんブログ村 アウトドアブログへ



おきてがみ

ドイツ語は履修しておくべきでした

線量計(ドシメーター)が届き、ちょこちょこと自宅内や周辺の放射線量を計っていますが、



見えないものが具体的に数値で見えてきたので、対策も講じなければなりません。


DSC_0598.jpg
住所地が分かってしまう恐れもあり、提示方法はもうちょっと考えます。数値はまた後日に…(^_^;




でも、雨どいや屋根などの除染に、これを入手したほうがよさそうかなと…





まずまず除染できるらしいです…




そして、はたと気付きました。


まだ計ってませんが、車の屋根部分なども怪しいと思います。




この中では寝ないほうがいいのかなぁ…



ウチのガレージは露天なので…


早いとこ、高圧洗浄機をゲットしないとですね(^-^;





ところで、ドシメーターと同時に入手してあった、こちらも届きました。


DSC_0606.jpg




年代物のペトロマックスです。ケロシンランタンですが、完全に未点灯品です。


DSC_0605.jpg



今まで使ってたチャイナな安物とは違い、ただならぬ雰囲気を感じます。


DSC_0612.jpg




ペトですからもちろんメイドイン・ジャーマニー。マニュアルはドイツ語ですし。



DSC_0634.jpg
全く読めませんけど…(^_^;




DSC_0613.jpg


DSC_0618.jpg
これはマントルサポート。



これが付いてるランタンは初めて見たかも…


DSC_0607.jpg



ベルリンの壁が壊れた後の生産みたいで、
時間経過によるヤレは感じますが、ペイントロスは皆無です。


DSC_0631.jpg

https://blog-imgs-130.fc2.com/c/a/m/campdaisuki/20110622_ysutwbbpnqtajmtb_re.jpg

スペックは250キャンドルパワーみたいで、チャイナな使い倒し系のアンカーの半分の光量ですが…


DSC_0625.jpg



ちょっともったいなくて、点灯を躊躇うかもです(^-^;


DSC_0624.jpg DSC_0623.jpg

ノブを回せばクリーニングニードルはきっちりと顔を出します




あ、ジャンク品ではありません。完全未使用で、加圧機能も生きてます。


DSC_0626.jpg



家族の記念日にでもとっておくかなぁ… でも気まぐれに点けちゃうかもしれませんけど…



で、ご存じの方も多いですね。マントルが役に立つのです。



更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 線量計 ドシメーター ペトロマックス ケロシン ランタン マニュアル ドイツ語 マントルサポートクリーニングニードル

マントル12個で680円

最後のキャンプに出たのは、もう二ヶ月も前のこと…



DSC_1470.jpg
こんな画を見ると、自然とため息が出てしまいます…




しかし残念ながら、まだまだ出られないようです。




お子たちの学校行事や習い事の発表が続いたのもさながら、今年度、ママさんが育休明けで仕事復帰したのが大きいですね。



夫婦とも同じ職種なのでして、先週末の私と同じ事由で、次の週末は休日出勤らしいし…


DSC_1184.jpg
このちびっ子を外行に連れて行くには、まだ大人二人の目が必要ですし…




ま、仕方ありません。


この週末は、自宅近所で父子で遊びつつ、道具の手入れに精を出すのがよいかというか… そうする以外に道はありません…(T.T)




…で、これ用の消耗品を、「お取り寄せ」してみました。


DSC_0049.jpg
チャイニーズな灯油ランタン・アンカーの500cpですね。




DSC_0115.jpg




入手元はオークションですが、「お取り寄せ」と書いたのは、


原産国である中国の商社さんの出品物で、いつも即決落札価格での出品だから…




DSC_0116.jpg


DSC_0118.jpg
「マントル」です。ランタンを灯す上で核になるものですね。






ちなみに過去のキャンプでは、何度もこういう事態に見舞われました。









キャンプ場についてランタン使おうとしたら落ちてたということが何度も… やはり予備は必要ですからね。






しかも今回ゲットしたのは12個入って、たったの680円です。おそらくペドとかの同じ光量ランタンにも使えるでしょう。




ちなみにペトロマックスの純正品はこちら… ほとんど同じです。




ペドの純正品は、単品でも今回の落札価格の半値くらいです。



 
こちらをお持ちの方も、チャイナなランタン用なら安くあがるかもしれません。





相性はどうなのかは分かりませんが、こういう選択肢もあるということで…(^_^;



しかし… あと10日も外に出られないのはツライなぁ… (T.T)





人気ブログランキング

blogram投票ボタン

にほんブログ村 アウトドアブログへ



おきてがみ

100ワット裸電球3個ぶん

マントルの空焼きは済みましたが…


DSC_0040.jpg



まだ予熱用バーナーで炙ります。


これを行うことで、垂直気化器(ヴェポライザーまたはジェネレーターとも言います)が暖まり、


中の灯油を気化させることができます。


DSC_0029.jpg
この真鍮色のパイプがヴェポライザーです。



そろそろかな…?


DSC_0041.jpg


DSC_0038.jpg



いよいよバルブを捻ります。


DSC_0042.jpg



すると、あっさりと…


DSC_0043.jpg


DSC_0045.jpg



点灯完了です。



しかし… まぶしいくらい。


DSC_0048.jpg
500CP(キャンドルパワー)の光量があります…




ランタンの光量はCP(キャンドルパワー)で表されることが多いです。


ロウソク1本分の明かりを1キャンドルパワーとした単位ですが、


(キャンドルパワー+28)÷1.7 でワットに換算できます。ワットは光量を電力に換算した数字ですね。



なのでこの500CPをワットに換算すると、約310.6ワット。100ワットの裸電球三個ぶんです





もともとウチにある285は公称値140ワット。






まったく同じものが2つありますが…



285を2つ、全力で灯したとしても、この明るさには敵わないことになります…


DSC_0047.jpg



あ、発熱量もハンパないです。着火作業中、これは絶対に必須でした。


DSC_0051.jpg
軍手はホントは滑り止めがないほうがヨカッタです。一部、溶けてましたからね…(^_^;





こんなものもあります。ケロシンランタンの上部に取り付け、熱を調理に利用します。クッキングトップです。





人気ブログランキング

blogram投票ボタン

にほんブログ村 アウトドアブログへ



おきてがみ

SEA ANCHOR

これをゲットして、試運転しようとして、中途半端なところで報告が止まってました。


DSC_0020.jpg
チャイナなケロシン(灯油)ランタン・シーアンカーの500cpです。




基本機能に不具合が生じたワケではなかったのですが、単純に手間がかかる道具にかける時間がなかったということです。


連休もほぼ終わったタイミングでやっと余裕が生まれたので、初点灯の続きに取りかかりました。




一応、新品でゲットしたものですが、改めて見てみると…


DSC_0023.jpg


DSC_0021.jpg
ずれてるのが分かりますでしょうか?



なんというか… 造りの粗さが目につきます。


ちょっと不安になりますが、


DSC_0024.jpg
付属のファネルで灯油を入れて…



マントルを取り付けます。


DSC_0025.jpg


DSC_0026.jpg DSC_0028.jpg

DSC_0029.jpg




…で、このチープな感じのポンプを押してエアを加圧していきます。


DSC_0031.jpg




しかし、本来動くはずのこれが…(?_?)


DSC_0022.jpg
燃料キャップを兼ねる圧力計。「2」の刻印のところに針が来れば加圧OKなのですが…



圧を逃がすバルブを開くと排気音がするのですが、圧力計の針はピクリとも動かず… さすがメイドインチャイナという感じ?


ま、コールマンのランタンももともと圧力計なんて付いてません。


目安としては60~100回程度のポンピングが必要ですから、とりあえず100回ほど押し込みました。



で、ここからは屋外で。



火を使いますので、ウチの駐車場建屋地階にある倉庫で作業します。


DSC_0033.jpg



加圧は済んでますから、予熱用バーナーのバルブを開けて…


DSC_0034.jpg



チャッカマンで着火すると…



DSC_0036.jpg



ランタン始動の儀式ですね。マントルの空焼きです。


DSC_0035.jpg



これが燃え尽きればいよいよ次は… 着火です(^。^)



長くなりそうなので、今日はこのへんで…








ところで先の更新で、日記題と内容が伴ってないことを、ブロとものももびーさんから指摘されました(^_^;



日記の書き始めは題名通りの内容で書いてたのですが、途中で気が変わって構成を変更したのに、


題名はそのままで更新ボタンを押してしまった…(^_^;




こういうことでした…



UCOのキャンドルランタン用リフレクターのパッケージには…


DSC_022.jpg




本来の用途以外にも、こういう使い道があると書いてあります。


DSC_021.jpg
コーヒーを淹れるのにも使えるって…?



しかしコーヒードリッパーとして使えるかは疑問かなと… ももびーさん、ご指摘に感謝します(m_m)


DSC_0042.jpg
開度があり過ぎると思うのですが…(^_^;




人気ブログランキング

blogram投票ボタン

にほんブログ村 アウトドアブログへ



おきてがみ

おニューなケロシンをゲット♪

昨夜はこちらも大雨で、外行にも出られないなと思っていたところに…


DSC_0086.jpg
ベニヤで厳重梱包なこれが届きました。





ちょっと前にオクで格安にて落札していたもの。


アンカーのケロシン(灯油)使用のランタン。チャイナな新品です。



さっそく開梱してみますが…


DSC_0088.jpg
検品時についたのか、箱には灯油っぽいシミまでありました(^_^;



DSC_0089.jpg


DSC_0091.jpg


DSC_0094.jpg




チャイナなランタンと言えば、以前に中古でジャンク扱いのチョウチョブランドのをゲットして直してました。






本体のポンプでエアを加圧して燃焼させるものですが、



残念ながらどうやっても圧がかからず、こりゃだめかなと諦めてたところに、



別品で安価な新品があるのを見つけたという次第でした。



DSC_0097.jpg



DSC_0098.jpg



並べて見比べると、造りは新品のほうが粗い気がしますが…


DSC_0103.jpg



いずれも左側がアンカー、右がバタフライです。



両方ともチャイナ製のレプリカであることには変わりないのですが、


新しい方がバリとか精度的な粗さが見えるのは…(^_^;




でも新品だし、ちゃんと圧が加わって点火できる筈です。


DSC_0106.jpg
ちゃんと点火したかどうかの続きは、また次の更新で…





人気ブログランキング

blogram投票ボタン

にほんブログ村 アウトドアブログへ






おきてがみ

リニュしたの?

なかなか進まないバタフライランタンのリペアですが…


SH380251.jpg



先日交換したピストンASSは組み込み済みなので、やっと本気で? 加圧してみました。


SH380252.jpg
20回程度の押し込みで、エア圧はかかってる感じ。





加圧後にタンク蓋を緩めると、プシュ~っとエアが抜けていきます。





しかし、このタンクの蓋部分にある加圧ゲージが反応してない様子…


SH380253.jpg



加圧に対して、ほんのぴくりとっしか動いてくれません。


どうやら交換が必要な感じです。





で、ピストンコンプリートキットを買ったこちらに再びアクセスしてみると、


zannenn.jpg
あらら…




なんとこんなことに。ファロスストアに移転。でも閉店ですが、前向きな統合と言ったおもむきです。


在庫一掃?セールもやっており、UCOのキャンドルランタンが25パーセント引き


新品でゲットできるから、かなりお買い得です。欲しい人はチャンスですよ!急ぐべし(^-^)



ワタシもこちらをゲットしてしまいました。



テント内の照明に使うのもアリでしょう(^。^)





そしてこのファロスストア、アフィリエイトパートナーも募集していたので、ついでに申し込みして、





現在、ウチの日記の右カラムには、こんな感じのオサレなバナーが表示されてるという次第です。





ウチも武井さんにはお世話になっておりますから、こちらとはいいお付き合いができるといいかなと(^。^)





あ、そういやゲージ蓋…


SH380255.jpg



オーダーし忘れましたけど…もうサイフに余裕がないや(^-^;



というのも、いよいよこちらの修理見積りが出まして…


d60.jpg



12,000円だそうです。



安く上がったのだと思います。カメラをリニュしないで済む金額です。


でも緊急の出費というのは、やはりイタいものですね…(T-T)




人気ブログランキング

blogram投票ボタン

にほんブログ村 アウトドアブログへ








おきてがみ

断髪済み

更新が一日置きになってしまってますが、


バタフライランタンのリペアも、なかなか進みません。


DSC_0955.jpg



とりあえず、ペドロマックスの加圧ポンプassyはジャストフィッツで、



DSC_0959.jpg
シュコシュコと押し込めるはずですが…



あれ? と思うくらい重いのです。




でも、こんな時はこちら。



DSC_0951.jpg
リュブリカント、潤滑油です。




コールマン謹製ですね。



DSC_0954.jpg



DSC_0957.jpg




これをポンプ部と本体受け口に垂らすと…



DSC_0958.jpg
あら不思議♪




瞬く間に動作が軽くなりました。


DSC_0940.jpg
ま、ホントは不思議でもなんでもない。




灯火器類用の潤滑油だから、こうならなきゃおかしいですが…





で、甦ったポンプで加圧できるのかというと、


何度もポンプで加圧しましたけど…



DSC_0960.jpg




あれ… まだダメでした。



DSC_0961.jpg




灯油入れ過ぎたかなぁ? 今日はこれまでです。週末は出る予定があるし、まだまだ復活までかかるのかも…


今日のところは残念ですが、リペアはこのあたりで諦めました。






さて、ここで話題を替えて…


ウチの末子、現在2歳10ヶ月ですが、ついにメジャーアップデートとなりました。



今までちょこちょこと、先っぽ切ったりしてましたが、ついに本格的に断髪です。



danpatu.jpg





ツミマテン、マチガエマチタ…
こっちでした。



DSC_0948.jpg DSC_0949.jpg






こちらの日記には初登場ですが、今後の登場は減るかもしれません。




DSC_0946.jpg




4月から園児だし。





人気ブログランキング

blogram投票ボタン

にほんブログ村 アウトドアブログへ








おきてがみ

チョウチョは羽ばたくのか?

最近入手したこちら。





灯油(ケロシン)を燃料とする灯火器、バタフライランタンです。





中古で点灯未確認だというモノを、ヤフオクで格安ゲットしたのですが、





やはり点灯せず。加圧ポンプアッセンブリに不具合がありました。





で、互換性のあるこちらを注文してあったのですが、連休挟んでやっとという感じで届きました。


DSC_0928.jpg



DSC_0929.jpg
ペドロマックスのピストンコンプリートassy…







まずは、はめ込んでみると…


DSC_0934.jpg



いや~ 確信犯です。ペドはアメリカン、バタフライはチャイニーズ。


DSC_0936.jpg



ODA世界1位と、もはや2位です。密約があったんじゃないかと思うくらいピッタリです。




…って関係ない方向に行ってしまうところでしたが、はたしてこれで無事に使えるようになるのか…


DSC_0937.jpg



あ、その前に、チョウチョのほうからこちらを外して移植しまして…


DSC_0939.jpg



スンマセン… 次に続きます。いやマジメに平日は時間がないのです(^-^;




人気ブログランキング

blogram投票ボタン

にほんブログ村 アウトドアブログへ








おきてがみ



サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ