「~地方最大級」のフレーズは当てにしない方が良いのだけど…(笑) 


12月30日の朝メシは手早く済ませます。




マフィンにチーズと目玉焼きを挟み

エネルギーを注入したら撤収へ。




真冬で丸裸の樹木の影が伸びてます。

現在9時40分。




バリアフリーサイトですからね。

駐車スペースとサイトの段差が無いのはありがたい。

荷物をまとめたら一気に積み込めます。




テンティピをたたんで収容すれば… 





撤収完了。

アウト定刻にちょうど間に合いました。




モビリティーパーク、テントサイトのチェックアウトは

正午なのです。


ところで一年前を思い出すと… 




2016年の暮れにこちらに訪れた時

最終日は土砂降りでしたが… 






今回滞在は全日晴天でした。

途中から雨女が合流していた筈なんですが…(笑)



さて、1年前はこのまま帰路に就いたのですが

今回は違います。




自宅とは逆方向に南下して

まずは道の駅 伊東マリンタウンへ。




こちらには43メートルもの長さの足湯があります。

看板によると関東最大級とのことですが

よくよく考えるとここは静岡県




東海地方じゃないのか~ とツッコミたくなりますが

100歩譲っても上には上がいるのです。


同じ関東地方? の那須塩原 湯っ歩の里には

もっと長い、60メートルの足湯があるらしい。




30メートルの長さの回廊状になった足湯が2つあり

合わせて60メートルとのこと。



しかしさらに、上には上がいます。

長崎県雲仙市の小浜温泉には

なんと全長105メートルの足湯があるとのこと。




2018年現在で日本一長い足湯はここらしい。


マリンタウンの看板、あるいは「東海地方最大級」と書けば

誤りではなかったのかもしれません。

ま、足湯は別に長くても短くてもあまり意味はないとは思いますが

43メートルでもスゴイとは思います。




おそらく100人くらい、同時に入ろうと思えば入れるでしょう。

ワタシは車にタオルを忘れてきたので入れませんでしたが。




さてマリンタウンで昼食を摂った後は

伊東から下田方面へ。






稲取温泉をかすめて国道135号線を南へ走ります。



目指していたのは

我が家的には最大級に気持ちいい (笑) あの温泉宿。




今回で4度目のリピで、スタッフ様に顔も名前も覚えられてしまいましたが

何度来ても最大級の快適さは変わりません。




こちらの最大級は確実です。折り紙付きですよ。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : モビリティパーク キャンプ テンティピ マリンタウン 伊東 足湯 道の駅

この冬の寒気のハンパなさ・伊豆キャンプでまさかの氷点下…?



伊豆随一の高規格キャンプ場、モビリティパークには

薪ストーブがある宿泊施設(ケビン)もあります。




上の画は我が家が初めてモビに来た際

天候不良で急きょテントサイトから

ケビンに予約替えしてもらった時のもの。




これ2010年の夏。

この頃のケビンにはまだ薪ストはありませんでしたが

今は真冬でも快適に過ごせる設えがあります。


※ 参考画像です


しかしキャンプ場のセンターハウス売店だけでは

それ用の薪は賄えません。

モビ在庫の間伐材薪はとにかく小さ過ぎるので

薪ストーブだけで暖まろうとするなら燃料としては足らなくなる筈です。




モビから20キロ強の距離かありますが

伊東市内のハンディホームセンターまで足を伸ばせば

キャンプ場で買うのと同じ束単価、600円で

倍以上の嵩がある広葉樹薪束を入手できたのです。







12月30日、前夜から容赦なく

薪を焚き続けたところ幕内は寒くなく

大晦日前日の朝を迎えることができました。


ところで過去に伊豆のキャンプ場に訪れた際

氷点下の朝を迎えた記憶はありません。


ましてやモビリティーパークの標高は320メートルほどです。




暖流である黒潮が沖に流れる太平洋岸の

その海までほんの数キロの地にあるキャンプ場なので

暖かい筈なのですが、さすがに朝は冷えました。




頭上に訪れた寒気は容赦なかった。




冬の伊豆ですが、12月30日、午前6時40分

まさか氷点下になるとは思いませんでした。




日が昇っても冷気は頑強。

幕外にいると冷気の気持ち良さを感じますが

四肢末端に寒さも感じます。




末子が起きて、広場に行きたがったので

付き合いますが… 




伊豆の国市でこんな光景。

芝草が凍ってます。



さらに池も… 






薄氷ですが全面凍結。


冬キャンプですが温暖な伊豆でこんな光景にでくわすと

思ってなかったので呆気にとられてしまった…。


しかし末子が気にしていたのは

彼らの棲息する池でした。






夏はじゃぶじゃぶ池になるこのプール

冬場はマス釣り池になるんですよね。


そして彼らは… 




無事でした。

棲息池が凍ったのは端の方の

流れが静かな水面部だけだった。




この後いつまでも池の氷を割ろうとする末子でしたが

朝メシも食べてないので、さすがに窘めてサイトに戻ります。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 広葉樹 モビリティパーク ストーブ ちびストーブ プール マス 釣り 全面凍結

キャンプで思いっきり格安SIMを使い倒してみたところ…




モビリティーパークがある伊豆の国市から

20キロ強のドライブでしたが

何とかハンディホームセンター伊東店で薪を入手でき

サイトに戻りました。




17時を過ぎたばかりですが今の季節ならすでにまっ暗。

急いでランタンを点灯させます。




ケロシンランタンの大光量の下で

改めてハンディで求めた広葉樹薪を眺めると… 




樹皮が残ってます。

おそらく1年そこそこの乾燥期間と思われます。

計りこそしませんでしたが、含水率は高そうな木端の色。




ちびストーブは熾火が消えてましたが

前夜の薪の残りに文化たきつけを使って着火済み。




その後、炉内にハンディの薪を投入したら

何とかなりました。


モビ2日目の夜、これで家族も寒くなく眠れるでしょう。




安心して風呂にも行けます。


先客がいたので撮れませんでしたが

モビの風呂は温泉ではなく循環式。




それでも温かい。

上の画は昨年撮った物ですが、今回もまったく同じ環境。

シャンプーやボディソープの備えもあり

清潔な風呂で温まることができました。





さて風呂から戻ると… 




末子にiPadを渡してあったままだった。




薪を買いに行った帰り道の車内で

つまらなそうにしていたので、つい

「使っていいよ~」と渡したままにしていたんですよね。




ワタシのiPad、ビッグローブのSIMを

入れて使っているのですが

ゲームやYouTubeなど、思う存分楽しんでくれたようです。

おかげで2017年12月はこんな結果になってました…(^^ゞ 




月末数日間のグラフの跳ね上がり方がえげつない…(^^ゞ 


それでもパケット繰り越しで1月は11ギガ使っても大丈夫。

ちなみにビッグローブSIMは先月からiPhoneとiPadの2台で

毎月6ギガをシェアしているのに、安心な状況です。


いまだドコモの通信制限上限で毎月苦しんでいる

ママさんとお姉ちゃんの姿を見るにつけ

格安SIMに移行すれば楽なのにと

何度も伝えているのですが… 




ドコモのメアドが変わる手間が嫌だと言って聞きません。

残念です…(T.T)








更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : モビリティパーク キャンプ ハンディ ホームセンター 伊東 広葉樹 自宅 ストーブ

モビリティパーク付近で広葉樹薪が買える場所をそっと教えます


宇佐美海岸を見下ろす山の斜面。




モビリティーパーク2日目は

宇佐美農園さんでのみかん狩りに伺いましたが

みかん好きな末子は食べ放題にもかかわらず

たったの4つでギブアップ。




理由は明白。

欲を張って大きめの実ばかりを採って食べていたからです。




大きめの実は水分が多く

すぐにお腹が膨れてしまいます。

加えて大きいほど大味で、美味しくありません。




みかん狩りの食べ放題でよりたくさん味わうには

小振りで中味の詰まった実を狙う方が良いのですが

それを教える前、すでにお腹いっぱいになってしまったらしい…(^^ゞ 




なお宇佐美農園のシステムは、その場での食べ放題だけなら

ひとり400円の入園料(大人料金)。

小学生未満は無料、小学生は300円

中学生以上からは大人料金です。




持ち帰る場合はネットの大きさにより値段が変わりますが

小:200円、中:400円、大:600円。




我が家は中サイズ。

なお実はワタシ、フルーツがあまり得意ではないので

今回は入園せず。車内で留守番しつつ

この後の行動プランをiPadで練っておりました。




今回のみかん狩りの画はすべて

お姉ちゃんが撮ったもの。


そしてモビ2日目のお出かけの

もうひとつの目的です。




結論から先に言うと

良質な広葉樹薪は無事に調達できました。





しかし過去の経験則から

広葉樹薪を伊豆現地で入手するのは

簡単なことではないことは分かっています。




かつてそうしたように、ネットで薪を購入し

キャンプ場まで配送してもらうよう手配する方法もありましたが… 




オガライト。これ燃え方の見た目や爆ぜ音は

薪の雰囲気には敵わないものの

機能的には立派な薪スト用燃料になりますし

これなら伊豆の地でもホームセンターで

入手可能と考えたのです。




宇佐美にはホームセンターがありませんが

大仁や伊東まで足を伸ばせば、カインズなど何件かの

大型店舗を見つけることができます。

そしてオガライトの在庫がありそうなのは… 




ハンディホームセンター伊東店。

こちらは店舗も広大で、品揃えは業者向け。

しかしそのアウトドア用品コーナーで見つけたのは

オガライトではなくこちら。




オガ炭。成形炭です。

一度こちらを持ってレジに伺いましたが

パッケージの注意書きをよくよく見ると、屋内では使用禁止。

オガ炭も木炭。一酸化炭素中毒の危険性があります。




一度会計を済ませてしまったのですが慌てて引き返し

返品をお願いして薪の在庫が無いかと訊ねたら

なんと「ありますよ」との返事。




最初から直接店員さんに聞けば良かったのです。

アホでした。





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : モビリティパーク ストーブ キャンプ 宇佐美 農園 みかん 狩り 食べ放題

冬のモビリティパークで立ち寄るべき伊豆名産の狩り物系アクティビティとは?



2017年12月28日の夜、時刻は19時半です。




自宅から持ち込んだ薪は

ガラ袋に目一杯詰め込んだ物が2袋半。




この時点では潤沢な量の薪がありますが

2泊ではこの量でも足らないだろうなと分かっていました。




モビリティーパークで広葉樹薪を求めることは可能ですが

売店で見たそれは薪としてはあまりに短く、一束で600円。




モビのそれは道志みち沿いの久保つりばし販売所で買える

上の画の左2束、ナラ薪の束よりもうひとまわり小振りな量感です。

ちなみに久保つりでのお値段は400円ですから、とてもじゃないけど買う気にはなれず。




残りの薪をくべ湯たんぽを用意しながら

翌日に予定しているアクティビティの合間に… 




薪を現地調達できる場所をネットで検索。

初日の眠りに就きました。


そして12月29日の朝。




7時半起床。

前夜家族は鍋にしたようですが

ワタシはあまり空腹を感じず、それを口にしないまま寝てしまった。




薪、あるいはその代替品を買う宛ては探してあり

残りの薪も躊躇なくちびストーブに投入。




朝メシは末子が久しぶりにBLTドッグを食べたいとのことでしたが

食パンしか買えなかった。BLTサンドになりました。




ワタシは前夜の海鮮鍋の残りもいただきます。


朝メシ後に訪れたのはこちら。




宇佐美の冬と言えばやはりこれ。





みかん狩り。

宇佐美農園さんです。




実は末子、無類のみかん好きでして… 




放っておくとこのCMくらいの勢いで

自宅のみかんを食べ尽くすくらい。

じゃ食べ放題できるこちらで思いっきり食べてもらおうと

前夜のうちに話がまとまっていた次第。




ということで入場しましたが

そんな親の思いとは裏腹な結末になりました。




続きます。





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : モビリティーパーク モビリティパーク 間伐材 広葉樹 宇佐美 農園 みかん 狩り

冬キャンプ防寒の決め手2つ・足元暖房家電と冷気遮断の簡単な工夫



モビリティパークでの年末キャンプで

やっと家族5人が揃ったのは

12月28日の18時をだいぶん過ぎたころでした。




お姉ちゃんの高校部活の買い出しは

15時までかかったそうで… 




終わってから西日暮里を発ち

宇佐見駅までは2時間を要したようです。




13時半過ぎからたっぷり時間をかけ

冬キャンプで家族が寒くないよう、ガッツリと設営を済ませてあり

頑張ってきた娘を暖かい我が家に迎え入れる準備はできております。




先月含水率計で計った結果は不安な数値だった

道志みち沿いの吊り橋横にある販売所で買った薪も

1ヶ月養生させた今は大丈夫。




自宅乾燥薪と久保つり、KBでいただいた残りの薪をかき集め

持参したのがこれらですが、今夜分にはじゅうぶんでしょう。







ダウンシュラフもサックの収束を解き

薪ストの発する遠赤外線に当てて

ロフト回復を計っております。



加えてコレです。




冬キャンプ、自前の体力だけでなんとかすると

やせ我慢しない方が絶対に良いです。

血行障害とか肩痛とかは不意に我が身に訪れます。




AC電源が使えるキャンプ場なら

ホットカーペットは絶対に持参すべき家電。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:16000円(税込、送料無料) (2018/1/4時点)



暖房力は各社製品に大差はないと思うのですが、このメーカーです。

富士通製ホットカーペットは何年使っても黒粉を吹いたりすることもなく

劣化が少ないのです。今回のキャンプはもちろん

我が家の自宅リビングでも使ってます。



しかし頑張って冬キャンプの備えを充実させても… 




幕外は氷点下に近いですし

冷気は足元から忍び込んできます。




で、思いついたのがコレ。




あらゆる荷物をテント内の底辺部に近い場所に配置して

冷気を遮断するための遮蔽物に仕立てました。




この苦し紛れとも取れる工夫… 

実は意外と効果が高くて、薪ストの圧倒的な温熱をシュラフに浴びせ

それを逃がさない効果があります。





ホッカペの暖かさも逃がしませんし

まさに何とかと道具は、使いようなのです。





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : モビリティパーク キャンプ 自宅 AC ホットカーペット 富士通 道具

100均の文化たきつけは広葉樹薪の着火でも使えたか?


買い出しと後から合流するお姉ちゃんを迎えるため

ママさんたちは宇佐美駅へ。




ワタシはひとりモビリティパークに残り

設営の最後の仕上げに取りかかります。




ランタンを予熱して点灯させ、幕内へインストールしますが

あとひとつ、最後の仕上げです。




テンティピ幕内に、すでに煙突は通してあります。

薪ストの点火も行わないとなりません。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]


価格:124円(税込、送料別) (2018/1/4時点)



昨年暮れに訪れたKBで味わったこの着火材の強力さは

記憶に新しいところ。なのですが… 




より手頃な価格のこちら。




ダイソーで求めた、文化たきつけと同じような着火材です。

108円で買えるこちらでも同じ威力があるか

試してみることにします。




ちなみにモビのセンターハウス売店に

本家文化たきつけが売られているのは確認済み。

100均のこっちがダメなら、徒歩2分のセンターハウスまで

本家を買いに行けば済みます。


灯油を染み込ませたティッシュペーパーも併用しましたが… 




灯油は不要だったかも。

100均のたきつけも本家と変わらない火力で燃え始めました。




今回持参した薪は自宅乾燥薪と… 




久保つりばしで求めたナラ薪。

また12月にお世話になったKBでいただいた薪の残りも少々。

つまり着火性の良い針葉樹薪でなく

すべて持続性は高いが着火性は悪い広葉樹系薪ばかり。




これらを薪スト炉内の100均たきつけの種火だけで着火できるのか

不安はありました。

が… 




杞憂というヤツだった。

点火から10分後には、ちびストーブの吸気口にフタをして

火力を絞る必要があったくらいでしたから。




これでモビのセンターハウスに行く必要はなくなった筈でしたが

薪スト運用が思いのほかあっさりと完了してやることが無くなり

こちらを求めに売店へ出向くことに…(^^ゞ 




静岡麦酒、サッポロの期間と地域限定ビール。

今の時期、静岡に来たらコレをのまないと♪ 





昨年末もここで飲みましたがウマイですよ。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : モビリティパーク 設営 ストーブ 文化たきつけ ダイソー 100均 着火材 広葉樹 静岡麦酒

伊豆随一の高規格キャンプ場に電車バスで行く方法?



あけましておめでとうございます




今年もよろしくお願いいたします

2018年最初の更新ですが、気付くとすでに1月3日。

親戚への挨拶で駆けずり回っているうち、あっという間に

年明けから3日も経ってしまいました。




ブログ的にはまだ年末のキャンプレポが始まったばかりですが

あるいはこちらのキャンプ場から、この更新をご覧になる方が

いらっしゃるかもしれません。


12月28日、2017年最後のキャンプで予約したモビリティパークでは

特に依頼した訳ではないのですが、バリアフリーサイトを宛っていだきました。




ここバリアフリーなだけじゃありません。

とにかく広い。テンティピ ジルコン15設営のため

その16角形、対角長6メートルの巨大なフロアを広げますが

まだまだ余裕があります。


どれだけ広いかが分かるよう、隣のサイトとの境界に

テーブル類を置いてみます。




いちばん奥に見える緑色のシアトルクーラーまでが4番サイトですが

おそらく120平米はあるでしょう。




ジルコン15を設営してもまだ余裕があります。




上の画で椅子とテーブルを置いている辺りにタープを起てても良かったのですが

さすがに冬なのにオープンタープを設営してもあまり意味がないので

それはせず。





さて13時半にインしてから

のんびり3時間ほどかけて設営を進めましたが

ここでママさんのスマホが鳴ります。




実は今回、往路に高1のお姉ちゃんは同道せず。

部活関連の買い物があるとのことで、都内まで出た後

電車を乗り継いでモビリティパーク最寄り駅まであと少しと

電話が入ったのでした。




ワタシはまだ少し設営が残っているため

サイトに居残り、ママさんと兄弟で買い出しを兼ね

最寄り駅へ向かいます。


ちなみにモビリティパークの最寄り駅とは… 




利便性では伊東線の宇佐見駅。

ここからなら車があれば、モビリティパークまでは18分で到着できますし

宇佐美駅付近にはスーパーマーケットも所在します。


なおモビリティパークHPの交通案内ページには

公共交通機関で来場する情報が一切記載されておらず

バスも走っていないため、自前の車がなければ

宇佐美駅からタクシーを使うしかないのですが… 




実は距離的にいちばんの最寄りは修善寺駅。

こちらからはモビ隣のサイクルスポーツセンターまではバスがあるようです。




ただし本数は少なめなので、本気で自家用車でなく

このキャンプ場を訪れるならインアウトともタクシーかレンタカー利用が最適なのでしょう。





そろそろ16時半。釣瓶落としですから

灯りの支度も始めます。







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : モビリティパーク バリアフリー サイト キャンプ 電車 バス サイクルスポーツセンター 宇佐見駅 修善寺駅

本気で作られたバリアフリーサイトは本気でみんなに優しかった



昨年末もこのキャンプ場のお世話になりました。




静岡県伊豆の国市、伊豆半島北部にあるモビリティパーク。


昨年末はお姉ちゃんが高校受験を控えていたため

男三人のトリオキャンプでしたが、今年は家族全員で伺っておりまして… 




今回の予約時、モビのサイトで

特別な要望を書き込んだ憶えはないのですが

4番のテントサイトを宛っていただきました。




ここ、高規格キャンプ場であるモビリティパークにあって

その中でも特に高規格なサイトだったのです。


下は昨年末に訪れた時の画。




29番サイトでした。

道路に段差がありますが、今回のバリアフリーサイトでは

段差はありません。




ま、まだ段差が気になるお年頃の家族はいませんが

バリアフリーサイトを宛われてありがたかったのは

こちらの設備の違い。




上下2枚は昨年末の通常テントサイトです。




モビリティパークの水場はお湯が出ますが

通常サイトのその機能は全ての蛇口では適わないのですが

こちらのバリアフリーサイトでは… 




蛇口の数は少ないのですが

全てに給湯のための蛇口が付いてました。これはありがたい。


そして水場の横にはある建物が立ってます。






これバリアフリー風呂棟とのこと。

我が家は対象ではなく使えませんでしたが、さすがのモビリティパーク。

みんなにやさしい備え、万全と感じました。



ところでモビリティパークと言えば

全サイトにAC電源が備わっておりまして

今回ももちろん使用を申し込んでおいたのですが… 




以前こちらを利用した時に見た

このコンセント設備が、このサイトには見当たらない…。




どこにも無い…。





ん…(?_?) 

もしかしたらコレか…?
 





いやいや恐れ入りました。

段差だけでなく突起物となるコンセントタワーも

地下埋設でバリアフリー化してたんですね。




本気のバリアフリーサイトです。

もちろんしょうがいをお持ちの方だけでなく

みんなにやさしいサイトであり、これまでより快適に過ごせた気がします。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : モビリティパーク バリアフリー サイト キャンプ AC 電源 段差

幻の氷の池を伊豆スカイラインで撮れた瞬間


昨年末の父子キャンプでは、

幕体がずぶ濡れになっただけでなく縫製部から雨漏りまで起きるという始末。




雨漏りしていても張り姿の美しさは健在です。

草臥れ始めた幕体を復活させるため、これからあるところに向かうことにします。



その前に、お借りしていた物品を返却せねばなりません。




モビリティーパークのテントサイトでAC電源を使うにはこのコネクターが必要でした。

これと約定等が入れられたファイルを返却するため、クラブハウスへ立ち寄ります。




まだまだ雨は降り続いています。







キャンプ場を後にして、亀石ICから伊豆スカイラインに乗り、

一路、小田原を目指しますが… 


往路にこの有料道路を走った際、素晴らしい景観をカメラに収めたのと同じ場所で、

再びデリカを停めてしまいました。




海が蒼く見えています。

海面レベルの天候は回復傾向に差しかかったのでしょうか… 




玄岳あたりですが、窪地にある小さな湖沼が目に止まります。

これ幻とも言われる湖だとは、後で調べて分かったこと。




氷ヶ池。

温暖な伊豆ですがこの池は標高630メートルに位置し、

かつては天然の氷を切り出していたそうです。



その玄岳から熱海峠にかけては、いまだ分厚い雲に覆われており… 







程なくして雲の中に突入… 





熱海峠では、この電光表示を目にしました。









過去に何度となく箱根では濃霧に遭遇しています。

友だちとのバイクでのツーリングだったり、親族との旅行での帰路だったりしますが、

自分だけがハンドルを握る身としてこの環境下に挑んだのは、

初めてのことだったように思います。







十国峠レストハウスに辿り着いた時は妙に嬉しかったような気が…(^。^)






もうすぐ正月です。こちらで家族や親戚へのお土産を求めて、

一路下界へと向かいますが… 


自宅に戻る前の経由地に立ち寄る前に、

すでに雨雲は立ち去っていました。




何とも言えませんが、この後一週間以上、

我が家地方では、雨も雪も降らない乾燥した気候が続きました。



そして経由地へ到着です。




こちらで今回キャンプ撤収時に感じた修繕についておたずねすると、

さすがのお答えをいただきました。




どうやら撥水が草臥れたこの幕体も、復活が適いそうです。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










<


ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪
icon icon

icon icon











メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
いろいろ