さよならボンゴフレンディ





いよいよ納車の日を迎えました。






デリカD:5。D-Powerパッケージ。





ということは、この車と過ごすのもあと数時間。





マツダ・ボンゴフレンディ。






思えば我が家のアウトドアライフは、この車と共にあったと言っても言い過ぎではない気がします。








昨夏は北の大地への連れて行ってくれたし… 








苫小牧アルテン、日本一と言っても良い規模のキャンプ場でした。











家族の念願だった旭山動物園に行くこともできたし。















富良野や美瑛の美しく力強い大地を見せてくれたのも、このタフな車があったからこそ。





フルに車載した状態で、いったい何キロくらいの荷物になっていたのか…









約7年間、正確には6年と10ヶ月だと記憶していますが… 






購入当時、だいたい32,000kmだった走行距離は… 





110,841kmに達しました。年に12,000km前後を走ったことになります。





通勤で使っていたわけでもないのに、月に1,000km走ってたのは、





やっぱりキャンプの足に使ってたからということでしょう。












さよなら、ボンゴフレンディ。家族への思い出をありがとう。




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン















スポンサーサイト



D:5の納車なぜ伸びたのかというと… 




青野原ACの管理組合の方々の助けを受けて… 








なんとか自宅へ戻れました。





しかしここから一仕事。もう一度、汗をかかないと…。あと一週間もせず、フレンディは下取りに出すことになってますからね。




積みっぱなしになっていた道具や工具の類いは、この週末に全て下ろしておかねばなりません。





日程的に、今日を逃すと平日に肉体労働はキビシイですから。





車内のヘッドスペースで、マットやシュラフなど、軽モノの収納に大活躍してたクレトムのインテリアバーも外します。





これデリカでも使うことになってます。






デフォルトで天井や各所にマルチユースフックが付きます。ここに引っかければフレと同じ感じで軽モノ収容に使えますし♪ 






1時間半ほどの肉体労働の末に… 








フレンディの車内はスカスカに。シート下から見えるオレンジ色っぽいのはゴミ袋なので、この後で無くなりました。




寂寥感は禁じ得ません。いよいよだなと言う気がしてきました。






そして、この道具だけが残ります。





フィアマのサイドオーニングを開閉する棒。オーニングもガタが来ており、車体と一緒に手放しますからこれも残りません。





あとは…





豪雪地帯と化した青野原近辺を走った車体はドロドロ。せめて洗車くらいはしてやらなきゃですね。






そしてこれも、数日以内に付け替えることになります。





現時点でこれ以上の雪上性能はないらしいスタッドレス、ブリザック。大盤振舞です。ホイール付きでワタシの実弟の元へ嫁ぐことになってます。





とりあえず洗車とタイヤ交換だけを残し、この日は遭難に近いソロキャンで雪かきもたくさんしたので、


早めに休み、翌日はフツーに仕事に出ました。







が… 






休憩時間にママさんから電話が来て、ビックリ… 





簡単に書くと、デリカの購入資金に充てるはずの資金繰りには、もう一週間近くかかるとのこと。


満期になった保険の解約って、すぐにはできないらしい。









ということで、納車が一週間先に伸びましたけど…(T.T) 





あんなに無理して、管理組合の方々にもご迷惑をおかけして


フレンディ最後のキャンプを決行したのは誤りだったかと思いきや… 









記憶に新しい建国記念日の一週間先。2月15日頃にも再び、誰も予想しなかったような記録的な豪雪がありましたから。








…とにかくこの車には、


いろんな経験をさせてもらいました。






フレンディとの付き合いが一週間弱、伸びたことは嬉しいことと受け取ることにします。









にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン















サイドオーニングかカーサイドタープか?



ボンゴフレンディを買い替えることが決まり、


すでにデリカD:5の納車日も決まったところで、重大なことを忘れてたことに気付きました。






これが使えなくなります。レインモール… (^^;;





D:5だけでなく、最近の、いわゆる乗用車登録される車にはこれはありませんが、


フレンディには備わっている装備。








これがなくなることに、今さら気付いて愕然としてしまった…。




ボンゴフレンディに現代は商用車にしか見られなくなったレインモールが実装されているのは、


発売時期が古いことが大きいかもしれません。







デリカ以外に商用車の200系を次の車として選択肢に上げたのは、レインモールを実装してることも理由の一つでした。






なぜレインモールにこだわるかというと…






例えばこれが使えます。SPのタープフック。





これレインモールに引っ掛けて、タープをサイドオーニング様に設置することが可能です。





そして本命はというと… 





これとの相性が良いこと。サイドオーニングです。






ウチのフレンディには最初からフィアマのF45iが付いてました。





中古で購入した車でしたけど。それでもありとあらゆる場所で、その機能を発揮してくれて… 









雨キャンプでは、濡れた幕体を乾かすための雨除けとして機能したり… 






雪中キャンプの設営時は、車載の荷物を濡らさずに降ろすこともできたり… 






割りと降られることが多い我が家のキャンプでは、強い味方でした。






別の特典として、頑強なレインモール用のルーフキャリアもガッチリと取り付けられますしね。





フレンディはレインモールがあるけど、ルーフキャリア付けるとオートフリートップを上げられなくなってしまうので付けられなかったけど。







残念ながら次の車には、レインモールなんざありません。








スターワゴンなら付いてましたっけ…。







D:5でカーサイドにオーニング様に幕体を展開するには…






やはりルーフキャリアのベースくらいは取り付けないとならないみたい。






フレンディの車高は公称値210ミリで、都内に出た時などは駐車場を探すために、


事前調査が欠かせませんでしたから、前調べが必要な縛りから逃れられるのはありがたいことです。






D:5の車高は210ミリより低いんですが、ルーフキャリア付けると簡単に同じくらいの車高に達するみたいです。サイドオーニングは諦めざるを得ないかも…(^_^;






カーサイドタープという手もあるので、もう少し考えてみたいかなと… (^_^;






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン











ライトバルブ交換時、手で触っちゃいけない理由って知ってる?






すでに格安で下取りが決まったボンゴフレンディの右のヘッドライトバルブ、


まるでワタシの品格を試すようなタイミングで切れましたが… 







やっぱり取り替えることにしました。イエローハットで求めたら、楽天よりも安かったし。









ひさびさにフレンディのボンネットを開けて… 







フロントグリルとヘッドライトASSTYを外します。





フレンディのヘッドライトバルブ交換は、バルブを固定する針金を付け外す操作が必要。なのでここまでばらした方が作業しやすいです。





バルブの交換は、バイクではさんざんやってきたけど、四輪だと初めてだった。





10ミリのボルト3本と丸ネジ1本を外す必要がありますが、そんなに難しい行程じゃありません。





右が切れてるスタンレー、左がコイトの新品ハロゲンバルブ。ドイツ製からニッポン製へのチェンジです。





新しいバルブをソケットに装着し、ガラス部分を触らないように気を付けながら、






ライトに戻します。




ヘッドライトのバルブを交換する際、ガラス部分に触れてはいけないと良く言われますが、


それはなぜかというと… 







皮脂が付いた箇所が点灯時に高温となるから。短命になる可能性があるんですよね。








ヘッドライトASSYを車体に戻しつつ、ふと見ると… 






これが目に入ります。





数少ないフレンディのアフターマーケット電装系チューンパーツ。オートエグゼのアーシング。






取り付け直後は確かに燃費が良くなったのが分かりましたが、これは外さず下取りに出さざるを得ず。交換しようにも、すでに純正品が手元にないので… 





グリルを戻し… 







交換したバルブが点灯するかを確認。





大丈夫です。復活しました。






…で、悩んでいたBSのブリザックですが、





下取りしてくれる三菱さんに相談したら、外して夏タイヤに戻しても良いとのこと。


「使う方の元で活かしてあげてください」と嬉しいことを言われました。ワタシの弟の元に嫁ぐことになりそうです。







デリカD:5、安い買い物じゃないので、できるだけ元を取りたいところでもあるんですが… 






7年間、家族をいろんなところへ連れて行ってくれた、この車へのも忘れたくなくて… 


な~んてカッコつけてみましたけど…(笑)





1,500円くらいのバルブなら安いモノと割り切りました。整備不良で切符切られるのも嫌だし、


今週末はフレンディとのラストキャンプに行くことも決定したし。






さてどこにしようかなぁ…♪ 





にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン















フレンディの下取り価格は悲しい結果に…(T.T)



デリカD:5の納車は、2月16日に決まりました。あと10日強、2週間弱ということになります。






で、三菱から届いた請求書です。




ウチが求めたのは、Dパワーパッケージ。





車体色はこれとは違います。





デリカクリーンディーゼルは、現在のところ2グレード構成になっていますが、


ウチが選んだのは安い方のグレードです。 といっても総額350万は超してます。


そしてメーカー・ディーラーオプションはいろいろと考え、絞ってありますが、その理由は後日に書くことになると思います。








…で、赤丸の部分。





そう、この車を下取りに出すことになりました。








画像はメーター11万に行ってませんが1月初旬のもので、今は総走行距離11万キロを超した愛車、ボンゴフレンディ。






走行距離もさながら、車体の経年変化もかなりのものなので、


下取りの値段なんてつかないだろうな~と思ってましたが… 







案の定です。たった5,000円でした …(T.T)


リサイクル料の13,000円ちょいはオマケしてもらいましたけど。





ということでほぼ7年間、我が家の足として、また出先ではポップアップコテージとして、








酷使されてきたこの哀車(泣)とも、あと2週間もせずにお別れです。しかし5,000円とは… (T.T) 







すると、こんなタイミングで、微妙な問題が起こりました。




過日の青野原ACソロキャンとその後で夜間に走っていて、右前方がミョーに暗いことに気付いてましたが… 





もしやと思って確認したら、やっぱり右のヘッドライトバルブが切れてたし。





こっちは正常点灯する左のヘッドライト。昼間に撮りましが、右のバルブか切れてることは明らかにわかります。









5,000円しか値がつかないと言われた車に、今さら、その3分の1にも達する価格の部品代を支払って交換すべきか否か… 





下取りの低価格に衝撃を受けたあと、哀車を見てたら… 





ひょっとしたら、BSのブリザックは6部山でトップランのアルミ付き。これだけ中古で売ったほうが車体より高くなりそうな気が… (^_^;





さてどうしようか…(?_?) 






16インチのアルミに15インチのブリザックを履かせてます。5穴でPCDは114.3mm。ちょっと前の年式のいろんな車種に付く筈だし…。





車を買い換えるのって、いろんなところでエネルギーを使いますね。











 …悩みましたけど、まだまだ使えそうなパーツの嫁ぎ先とか修理の可否とか、いろいろと決断しました。続きます。







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン















車内デッドスペースの有効活用・インテリアバーとバゲッジネットの合わせ技






ある程度長い期間、キャンプ旅行に出る際は、どうしても荷物が多くなります。



車のトランクスペースに荷物を積み込み、それでも足りない場合は… 







ルーフキャリア(屋根)を活用するのが、定石と思います。





ところがウチの車ったら… 





オートフリートップ(AFT)という素敵な仕組みがあるおかげで、ルーフキャリアを取り付けることができません。




これは仕方のないこと。AFT自体はプラスチックの構造体のため、その上に荷重かけるなんて御法度ですからね。



ところでウチのフレンディ、排気量が2,500ccなので3ナンバー。しかし車幅は5ナンバーサイズ。







ついこの間、近場の道志に行った時にでさえ、こんな感じにリアトランク部分には荷物が溢れてます。ソロキャンプだったのに… 




北海道キャンプは近場にフラっと行くのとは、ワケが違いますから、


車幅上の制限を克服するために、いろいろ工夫を凝らしました。







まずはこれです。innoのバゲッジネット。





広げるとこうなり… 







こんな感じでトランクスペースの荷物を、上から押さえつけて使うのが本来用途なんでしょうが… 








ウチの場合、ニーズが違います。





アシストグリップに取り付けて、車内ルーフ・天井部分に張ってみました。




前述通り、ボンゴフレンディの横幅は5ナンバーサイズですが、


車内の縦方向は、AFTがあるためでしょう。






頭上のクリアランスは、かなり高いんです。






AFT内に移動するための開口部を、あけたままでAFT閉めておくと、






なんと、こんなにスペースが生まれます♪ 銀マットを3段にたたんで仕舞えてるのが分かりますね。







しかしネットだけじゃ、ふわふわに軽い荷物しか載せられませんから… 






骨組みも調達済みです。クレトムのインテリアバー。





思う所があり、フレンディの車内用にしては1本多く、3本を購入しました。






さっそく、フレンディの車内に吊ってみます。






ただし… 






車体左前のスライドドア上のアシストグリップだけ、他より5センチほど低い位置になっているので… 









これも求めておきました。高さを調整できるパーツです。




この後で調整パーツのセッティングに手間取りましたが、


エンジンを止めた車内で汗だくになりつつ、なんとか設定を完了しました。








3本目は筋交いです。1本あたり5キロの耐荷重があります。




これで15キロまでOKということになるかな… 






マミー型のシュラフやシュラフカバー、ラグの類いくらいは、頭上に追い込めると思います。











あとはティッシュとかも…(笑) 






コイツがね、けっこうティッシュを使うんですよ。





鼻炎持ちらしくて、しょっちゅう鼻をかんでますから… (^_^;










このバーで、カーテン付けるのもアリですね。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン










今までにない板遣いのライトテーブル完成品も発売中。届いたらすぐに使えますよ♪













ボンゴフレンディに別れを告げる日…







この車を買ってから、早くも6年が経とうとしています。







マツダ ボンゴフレンディ。




まだ4万キロを走っていない状態の良い中古の車体をタイミング良く見つけて、


現在の居宅を購入するのと同時に買ったのが、2006年の3月。







不必要に距離を伸ばさないよう大事に乗ってましたが、気付けば走行9万キロを超えてました。





突然エンジンブローしてしまい、腰上をオーバーホールしたり、






オートフリートップ(AFT)のモーターがいかれて交換したり、





古い車なので、いろいろ手がかかってました。



時間は無情に過ぎていきます。


そろそろ各部の老朽化に対しての修復が、追いつかなくなってきた感が否めません。






ひとつ、決定的だった かもしれない のは、AFTのモーターASSY交換時に、





すでにメーカー欠品だった部品があり、完全にリペアできなかったこと。





ディーラーの担当者さんから「次に同じ所が壊れたらもう直せません」とも言い渡されてます。




寂しいですが、そろそろ潮時が近いということです。




もっともこの4月に車検は通す予定なので、もう少し乗るつもりですが、


次に大がかりな修理が必要になったら、もう手放すタイミングかなと…







そんな気持ちになったのは、この車のリリースを見聞きしたことと無関係ではありません。





デリカ D:5 クリーンディーゼル仕様の販売開始…





満を持した感のある、現行型デリカのディーゼル仕様。


しかもこの今に出るという意味は、マツダ渾身のスカイアクティブDの後発だということ。





いろんなサイトで調べましたが、このエンジンもなかなか良さげです。




ディーゼルパジェロほどガツンとは来ないけど、必要じゅうぶんにトルクフルでありつつ、


エンジンの静かさは上と聞きますし、乗りやすさも両立してる感じ。






デリカD:5の内装はプラスチックの意匠が多く、安っぽいとも聞きますが… 









ボンゴフレンディは、もっとチープだしなぁ…  





比較対象にならないでしょうね。






似たようなモノというか、それ以下かもしれないし…







ちょっと心が移ろってます…





でも残念なことがひとつ。ウチの自宅近くには三菱のディーラーが見あたりません。






ボンゴフレンディが壊れるのが先か、三菱のディーラーを見つけて乗り込むのが先か… 


金銭的な準備はしておくべきみたいですが。







この使い勝手は手放したくないけど、車にも人にも時間は平等に過ぎていきます… 







にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ


















冬タイヤでインチアップの理由?




自宅近辺はまだですが、標高500メーターくらい上がった場所では、


そろそろこんな場面に出くわしてもおかしくない季節… 






昨冬の道志の森での画です。







ということで、わが家のボンゴフレンディも、冬タイヤに換装です。







この車に乗り始めて、初めてスタッドレスを新調しました。





チョイスしたのはブリジストンのブリザック。





e-CAMPさんから「BSが良いよ」との助言もいただき、ハマゴムから履き替えました。







…しかしボンゴフレンディ、デフォルトのタイヤサイズは15インチ。





秋口に行った観光農園キャンプ場の時の画。実はこの時ホイルキャップをひとつなくしてしまい、恥ずかしいので四輪とも外した状態にしていました。






いつもタイヤ交換をお願いしているお店では、BSでフレンディの車格に合う15インチはすでに欠品でした。





スタッフさんに勧められたのは、ホイールを15から16へインチアップして、


ブリザックの215/65の16インチを履けば、タイヤ外径は現行と変わらないとのこと。





…で、こうなりました。





そんなに高いアルミホイールではなかったですが、





まさかこんなに乗り味が変わるとは… 





デフォルトの鉄ホイールが重かったということもあるんでしょうし、


扁平率が下がったこともあり、コーナーの安定性が、かなり高まった気がします。







この週末に東名を走る機会がありましたが…








これくらいの速度域だと、振動がかなり減っている感じ。




家族にも「滑るような走行感がある」と好評でした。


なお上2枚の画は、助手席から腕を伸ばしたりして撮ってもらったものです。







インチアップのデメリットも、あるんでしょうけどね。




1インチ程度だと、さほどではないかもしれませんが、車体への負担は大きくなってる筈なので、


足回りのガタが出やすくなるかもしれません。







まだまだつき合いたいクルマです。今後ドレスアップの誘惑にかられても、これ以上のインチアップはしないと思いますけど…






しかし…


夏タイヤに戻す時は、すなわちインチダウンすることになります。





乗り味の変容を考えると、夏タイヤもインチアップしたいところですが、


古いクルマだし ボディもヤレてるし、山が残ってるウチはデフォルトのタイヤサイズで我慢かな…








にほんブログ村 アウトドアブログへ

blogram投票ボタン



おきてがみ






フレンディの後継… スカイアクティブDはミニバンに搭載されるのか?


先日こちらへ






いつもお世話になっているマツダのディーラーさんへ行ってきました。




車の6ヶ月点検です。




この夏で総走行距離が90,000キロを突破した、わが家のボンゴフレンディですが…






点検の結果、走行機能上の問題点はどこにも見られずでした(^。^)






しかしすでに9万キロを走った車です。





数年前に、エンジン腰上の換装もやってますし…








今年はオートフリートップのモーターも交換したり…



今回点検では走ることに関しての問題はなかったけど、スライドドアの真ん中ヒンジのローラーがへたってることが分かり、現在パーツの納品待ちだったりします。





経年変化でお金がかかるようになってきてるのは否めません。







来年の4月には次の車検をひかえていますが、ディーラーの営業さんに言われるまでもなく、


おそらく売り時としてのタイミングは今 が最後に近い というのは分かっています。




でもねぇ…






「この車の存在価値というか、自由度の高さというか居住性のカスタマイズの許容度というか、


今の車で代替となる車種がマツダには見あたらないんですよね」と、バカ正直に営業さんに伝えました。




「フレンディの魅力を凌駕する可能性があるなら、この車のエンジンが6人乗り以上のキャパの車種に載った場合」と申し添えると…








CX-5に積まれる新世代クリーンディーゼルエンジン・SKYACTIV-D 2.2ですが…




残念そうに言われたのは、マツダの開発陣にその気がないらしいということでした。



実際、そのディーラー社員の中にもウチと同じAFT付きフレンディに乗るアウトドア好きなお父さんがいるらしいのですが、


買い替えたくても代替車種が見つからないそうです。







こんな選択肢もありますけど…





購入も維持するのもお金がかかりそうだし…(^_^;






マツダさんの話でも、フレンディ乗りが200系ハイエースに流れるのは仕方ないみたいです。





バンテック新潟というキーワードが過ぎりますな…





しかし200系って売れすぎですし、特車であってもありふれてるのは否めません。



  


先日の椿荘ACでも見ましたしね。なるべく余所様とは被りたくない気持ちがありますから…







もうひとつの現実的な選択肢としては…






同じボンゴフレンディのなるべく状態の良い中古車を探すことみたいです。








マツダの営業さんにもお願いしておきました。だんだんとエンスー(死語か…)の道に、はまってる気がします…(^_^;











blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ




これでAC電源なしサイトも怖くない





最近のクルマは、車内にACコンセントを備えているものが増えてきました。






EVやHVだけでなく、例えばこのクルマも。







三菱のデリカD:5。


いちばんリーズナブルなMパッケージ以外になりますが、中上級グレードは電源が使えるコンセントが付いていますね。





ただし100Wとの刻印あり。





おそらく100Wは定格出力のことで、瞬間最大では280Wくらいでしょうか。



でも念のため、スマホやデジタルオーディオプレーヤーの充電くらいにとどめたほうがいいかもしれません。








例えばパソコンなら、XpやVISTAはノートPCを起動するのもやや心許ないです。消費電力が小さいWin7ノートなら、まだ大丈夫でしょうが…


OS起動時は通常使用時の3倍の電力を消費するらしいですから、高スペックなPCを車で使う場合は注意が必要かもしれません。





ところでウチのフレンディ、平成11年登録ですが、



なんと…






車内にコンセントの備えがあります


けど…





確かにコンセントはあるのですが






実は右後輪前ボディのこのアダプタへ、ACから電源取って使うだけのコンセントです。




寒い時期にAC電源付きサイトを使う場合は、これで車泊が快適になりますけどね。





でもAC電源付きサイトのないキャンプ場もたくさんあります。




ここなんか、その最たる場所です。




キャンプ場検索サイトで「AC電源付き」で探して予約し、実際行ってみたら「使えません」と言われることもありますし。





とやの沢での漢キャンプでカメラが壊れ、スマホの充電も出来ずにイタイ目に遭ったのは記憶に新しいし。




キャンプ場だとしてもしょせんは野営ですから、とどのつまりは自己責任ということです。





改めてそう感じ、車内で充電できる環境を構築したいなと思ってたところ…




まさに渡りに舟でした♪




たまたま寄ったオートバックスで、3000円切るタグが付いており、迷わずレジへ進んでしまいました。





以前からずっと欲しかったブツです。





AC/DCインバータ♪ やっと買いました。





シガーソケットから電源を取り、





前面には家庭用コンセントとUSB、




背面にはシガーソケットの3種4口の電源供給経路があります。





定格出力は120Wですが




最大150W、瞬間最大出力は300Wまで可能♪





じゃ、さっそくクルマにつけてみましょう。






エンジンをかけていない状態で、インバータの電源もOFFにして








シガーソケットに供給プラグを挿します。








エンジンをかけたらインバータ本体の電源をON…





通電を示す緑色LEDが点きました♪





ではまずこれを充電してみます。





スマホですね。





繋いでみると…







オケーです。





充電中と出ました♪




じゃ、次にワタシのノートPCで…





ちなみにWin7でCOREi5。この日記を書きかけのところで強引にクルマに持ってきたので、起動したままですけど…





電源はついさっき、自宅のコンセントから抜いてきたばかり。


タスクバーのアイコンは、バッテリー駆動中であることを示してます。







PCのACコードを繋いでみると…







来ましたね。





無事に充電しています。当然と言えば当然の結果ですけど…





ところでフレンディには2つのシガーソケットがあります。



運転席の他、もうひとつはこちら…






3列目シートの左側後方です。




ここだとユーティリティポケットもあるので、置いておくにも良いでしょう。


何よりお子たちが移動中、2、3列目でDSやるのに電源とれるのでこっちのほうが良いのかも…







ホントはやらせたくないんですが…(T.T)











楽天だとオートバックスより安かったけど、送料でトントンかな…




安いのでコスパ的には良いかもしれません。万が一バッテリーの容量が低下してもアラームがなりますよ♪









blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ


キャンプ帰り・連休末の渋滞予測にはこれで




いよいよ今日からキャンプに出ますが、


大型連休なこの時期は、渋滞にまみえるのは必至かと…





これは数年前のSWの帰路・中央道だったりしますが…



帰り道の混雑ぶりは、今から不安です。




でもウチは車にナビは積まず…




スマホのケータイキャリアが提供するソフトでじゅうぶんだから。




ふだんの近県までに行く時に使うぶんには、使い勝手もよいです。


カーナビが売れなくなっているのも頷けます。




月額300円の負担で、渋滞を考慮してリルートしてくれる機能までありますが…








ダッシュボードのスマホからの情報で、「あと300メートルで右折だなぁ」と思ってたら、


「周囲の交通状況が変わりました…」


音声案内でリルートされると面食らうし…





音声の指示通りにハンドルを切っても、




けっきょく到着までの所用時間は事前の予測と大差なかったケースもありました。






特に道志や伊豆のような、抜け道が少ない場所だと、事前に渋滞情報を知っておいたほうが良いことも…







で、渋滞予測を見る琴になります。PC版ではここが有名ですね。





JARTIC(財団法人 日本道路交通情報センター)の渋滞予測




地図だけでなくテキスト情報も探せますし、






リアルタイム(に近い10分前の道路状況を5分間隔で自動更新)での状況把握も可能。







しかし…




高速道路だけ使うならJARTICでも良いんですが、一般道だと…





例えば山梨県では甲府市内の一般道しか表示されず…



首都圏だとほぼ網羅されているんですが、山梨県でウチがいちばん使う、


国道413号線・どうしみちの混雑状況は分からないと言うことです。





やはり…


こういう機能はスマホにあってこそ使えると思い、帰路の渋滞対策にこのアプリをインストールしてみました。





渋滞ナビ
です。上の画、Google Playの当該アプリページに飛びます。







これならGoogleマップの渋滞情報を表示できますし(Android 2.3以上)、JARTICの文字情報で所要時間も分かります。




文字情報は首都高の入り口閉鎖にも対応しているそうで、


ふだんよく使う路線をブックマークしたり、GPS情報から現在地(都道府県)を一発選択したりすることもできるそうです。








地域にお気に入りマークをつけて、普段行かない地域は非表示にできるし、


路線をブックマークすれば、他エリアの路線もすぐに選択できます。




試しにどうしみちを見てみると…



道志村役場のあたりはすでに混んでるみたい…(^_^;





ちなみにGoogleマップ上の凡例は下のとおりです。




キャリアのナビアプリと組み合わせ、これで経由地のアタリを付けて使えば…




安価に渋滞回避することができるかも…







じゃ、行ってきます♪



今朝は早い出立なので、ブロともさんちには伺えないかもしれません。ご容赦下さいませ。











blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ



復活!オートフリートップ



ボンゴフレンディ、無事に退院してきました。







当初は日曜の朝イチで工場入りしてオートフリートップのモーターを交換してもらい、


月曜夕方の退院となるはずでしたが、電装系のトラブルとディーラー定休日との合わせ技でずれ込み、


戻ってきたのは木曜の夜…





平日は時間がなく、動作確認していなかったので、やっと今朝になって試動させることができました。





じゃ、オートフリートップを上げてみましょう。




ボンゴフレンディの屋根の上げ下げのスイッチは、ここあります。






フロントのシート真ん中の天井部




開閉動作中はこのスイッチをずっと押し込んでいないとなりません。





万が一、オートフリートップ内に人がいた場合を想定した安全上の配慮らしい…




1分ほどで、どのキャンプ場に行っても設営料金を取られないテントスペースが車上に出来上がります。








では中に…







オートフリートップ内にもデフォルトで照明が灯りますが、ちょっと暗いですね。





カメラのレンズに雨粒が付いたままだったし…




でも大丈夫。








開閉は手動ですが…



ちゃんとルーフ窓もあります。





ところで今日、雨の中をわざわざ試動させたのはもうひとつ理由があります。





AC電源付きサイトで使うキャンプ専用のホットカーペットと銀マットを置く場所にもなっているので…



ディーラーさんで修理している時は、ホッカペとマットはもちろんここから出してもらってましたから。


ちなみに銀マット下の青い柄はマツダ純正・オートフリートップ内専用マットレス。絶版で、今はもう入手できません。





ではいよいよ閉じてみます。これがスムーズにできなくなっていたので修理でした。ちとドキドキ…



まずはオートフリートップ内のランプ近くにあるスイッチを押します。




これを押さないと開閉スイッチのCLOSEを押しても動きません。二段階なのも安全上の配慮ですね。



すると車内に閉じる動作を始めようとしていることを知らせるブザーが鳴り始めるので、


それが聞こえてから30秒(くらいだったかな?)以内にオートフリートップから車内に逃げて、


フロントシート天井の開閉スイッチを押し込みます。





ここにも安全上の配慮が為されていて、途中でいったん止まる仕組みです。





開ける時はスイッチ押し込みのワンアクションで一気に開きますが、閉じる時は半分ほどで一時停止、


再度スイッチを押し込むと最後まで閉まる仕組みになっているんですね。






閉じた状態のオートフリートップ内。全閉状態でも出入り口を通してちょびっとだけ見ることができます。




ちゃんと閉じたのでホッとしました。


昨年末の青野原あたりから、これがスムーズに出来なくなっていたんですよね。





これで今日からまた出られるなぁと…



思ったのもつかの間。試合終了です。







ウチのお姉ちゃん、インフルB型罹患となりましたので…(T.T)







blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

怒ってないから…早く帰ってきてね


フレンディ、予定では月曜日の夕方に


オートフリートップの修理が終わって退院するはずでしたが、





いろいろあって、数日伸びてしまいました。






まず今回入院の大命題 : オートフリートップのモーター交換は、





モーターユニットはここですね。





日曜の朝一で工場入りして、月曜のマツダさんの営業時間終了にギリギリ終わったらしいのですが、





なぜかランプが消えなくなったらしく




「翌営業日まで持ち越させて欲しい」と連絡がありました。





そして、別のトラブルまでも発生…








代車で来ていたデミ男くん…





なんと、バッテリーが上がってしまいました。







末子を保育園に送った後、職場に乗り付けたママさん、









月曜は大雨だったのでライトを点けて運転してたらしいんですが、


消灯し忘れたままで出勤してしまったらしいです。







慣れない車だったがゆえか…消し忘れたんでしょうけど…





仕方なくマツダさんに連絡して、





メカニックさんにママさん職場の近所で借りてる駐車場まで出張っていただき




デミ男くんのバッテリーを修理してもらい、ことなきを得ました。









…いろいろアリすぎます。




たまたま今日も月一のマツダさんちのお休みらしく、明日の退院予定になりましたが…




すんなりとフレンディが修理上がってくるのか…





ちと不安です…(^.^;










blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

明日入院です…



今週も仕事が終わり、今日からはフリーになります。



まだ寒いけど、いよいよこの幕を実戦投入…




と思いきや









… 忘れてました。



今週末は大事な約束がありました。





アレです





コレ





そうでした。



オートフリートップのモーターがいかれてしまったので、ディーラーさんで修理をお願いしていた日程でした。








ボンゴフレンディのオートフリートップは、


イグニッションをオンにしてエンジンをかけないと動かない仕組みになっています。



これを動かすモーターが寿命に近かったということです。








この車のこの装備、中で大人ひとりが悠々と休むことができます…








親子2人でもOKでした。ちょっとがまんすれば、大人2人もOKでしょう。









たいへん素晴らしいのですが…


ひとつだけ不満があります。







キャンピングカーを所有しているのであれば、


間違いなく日常の足として、もう一台軽自動車も持つようになるんですが…








日常の足として使えてしまうので、


もう一台所有する気になれない…







で、ママさんの用事とかち合うと、ワタシはソロで出るのを諦めざるを得ません(T.T)





バイクもまだ寒いしなぁ…





いろんな思いを秘めつつ、明日入院です。












人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

オートフリートップ、手術決定




わが家のボンゴフレンディのルーフには素敵な仕掛けがあります。





オートフリートップ。車内のボタン操作で電動により立ち上げ・たたみができます。





中は大人2人だと狭いですが、大人と子どものペアならなんとかなりますから、


だいたい2人用テントとして売られている幕と同等くらいの広さはあります。






もちろんマツダ純正の装備です(厳密には社内品とはビミョーに言えないらしいですが…)





オートフリートップの中だと地上から2メーターほど高くなることで、夏場は涼しく寝ることもできたし、


幕体も分厚くて頑丈なので…





冬場にこの中で寝ても、寒さは軽減できます。





こんな素敵な装備なんですが、マツダのディーラーで営業さんと話したところ、


今後はこの装備を積んだ車がマツダから販売されることはないらしいです… (T.T)







ディーラーさんからも「大切に維持していきましょう。そのための出来る限りの手伝いはさせていただきます」と言われております…





そう、残念ながらウチのフレンディ、


すでに10年選手です。






実は、こうやってオートフリートップを上げてキャンプを楽しみ、


数日後に撤収する時、車内のスイッチを押しても…






この状態のまま下がらないケースが見られるようになってきました…





原因は… ここです。





オートフリートップを上げ下げするのに、上図のの中にあるモーターが動きますが、


経年変化でモーター内の摩耗物がゴミとして貯まり、歯車の動きを妨げている状態とのこと…


マツダディーラーのメンテ担当さんから聞きました。





他のメーカーの新車購入とも迷いましたが…







新潟のトヨタ外殻同じような仕様で頼むと、軽く3桁くらい余計にかかりますしね…





…やはりオートフリートップの便利さは代え難いものがありますから、


マツダで必要なパーツを発注しました。




今月中にモーターと周辺器具が届き次第、交換作業なのですが…




数日間の入院が必要らしいです…



なんでもオートフリートップを引っぺがして持ち上げる大手術になるとか…(^_^;


ちょっと見てみたい気もしますけどね…








ところでもうひとつ、フレンディで替えないとならない部品があります。




もともと寒冷地仕様ではないタイプですが…




寒冷地仕様の仕様に改造した状態でウチに来ましたので、バッテリー2個積みです。


これら2つのバッテリーのうち、サブのほうが上がりそうになってました。




サブバッテリーが上がってしまうとどうなるかというと…





これが効かなくなります…




ベバストのFFヒーター…




 

本体はセカンドシートの下、コントローラは右サイドのコンソールに仕込んであります。




FFヒーター、あるとないとでは大違い。車のイグニッションをオフにしていても効く暖房です。


なのでこれを発注しました。





バッテリーくらい自分で取り替えてみようかなと…







オートフリートップの手術代、けっこうかかるらしいですからね…(^_^;





人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ

GSの整備にはご用心?

先の週末はこちらへ…







ディーラーへ、車の6ヶ月点検と冬タイヤへの交換をお願いしに行ってきました。



キーを預けて「車の調子で気になることはありますか?」と言われたので、


「そういえば最近二度ほど信号待ちでエンストした」と伝えると、整備担当者さんの表情が曇ったのが分かりました。



実はウチの車、過去に一度エンジンブローを起こし、こちらでエンジンの主要部分を交換した経緯があります。







エンストの時の状況を話しているうちに、そうなるちょっと前に受けたガソリンスタンドでの整備が怪しいということになり、


詳しく経緯を伝えました。



ママさんが末子の保育園送迎で立ち寄った近所のスタンドで、「冷却水が足りない」と言われたので、補充をお願いしたそうです。







しかしその際、冷却水に空気が混入してしまい、そのまま走るとオーバーヒートしてしまうから、


スタンド従業員に「エア抜きをさせてほしい」と言われ、翌日も車を預けることになりました。




その時は「ちゃんと責任感持って整備してくれるんだな」と思い、


エア抜きが完了したと言われて、「こっちの不備だから…」と整備費を取らなかったスタンド側に対して、


「いい仕事してるな」とまで思ったくらいでした。




しかし、ディーラーで見てもらった結果は…


「ラジエーターにしか冷却水が残っていない。サブタンクに至っては全く空の状態で、このまま走ってたらまたブローします」とのこと…





どういうことかというと…




フレンディの冷却系は特殊で、簡単に描くと上の図のようになるそうです。


サブタンクにもラジエーター本体にもキャップがありますが、サブタンクのキャップには圧を逃がす「ベント」機能があるのに対し、


ラジエーター本体のキャップにはその機能がないものを使って、熱くなり圧が上がった冷却液が気化しすぎないよう、


コントロールしているそうです。



しかしラジエーター本体のキャップはマツダでなく「JO○O」のシールのあるキャップを被せてあったとのこと。


そしてそのキャップは、ベント機能があるものとのことでした。



これでは冷却水はラジエーターからどんどん排圧され、少しずつ気化して無くなってしまいます。







ちょうどこのタイミングで点検を入れておいて正解でしたが、ディーラーさんの話では、


実際のところこういうトラブルは多いそうです。


ご婦人が運転して給油に行ったスタンドで、「車の調子が悪そうだからみますね」と言われてよく分からないまま預けたら、


素人判断の整備をされてしまい、かえって調子が悪くなるというケース…





ウチの車が特殊な冷却系だったとは知らずでしたが、新しい車ではありませんし、







必然、ディーラーさんに任すべき部分は多いんでしょう。勉強になりました。







…で、土日の二日間をかけて冷却系から再度完璧にエアを抜いてもらい、マツダ純正のラジエーターキャップも付き…





スタッドレスも装着完了♪




これで心おきなく週末は旅立てそうです(^。^)



人気ブログランキング


blogram投票ボタン







おきてがみ

完璧な修理

2泊3日のウエストリバーACでのキャンプ中は隠してましたけど 



DSC_0997.jpg





ウチの車、実はこんなになってました。




a617.jpg
左後輪のフェンダーからバンパーにかけて、酷い傷が…





7月だったと思います。



ママさんの通勤途上で細い路地を通行中、歩いてきた爺さんに道を譲ろうとしたら、


なぜか怒り出して杖を振り回してきたそうで、左折して避けようとしたら、


コンクリの構造物にガリっと擦ってしまったとのこと。



あるいは○呆徘徊者だったのかもしれません。




4bd8.jpg





1ヶ月近くこのままだったので、それはもうイイ感じに…



6e18.jpg
赤サビまで出てくれましたし(^_^;




1ヶ月も修理できずにいたのは、



こちらで修理の予約は取れたものの、代車の都合がつかなかったため。




カーコンビニ倶楽部
カーコンビニ倶楽部ですね。




フレンディは末子の保育園送迎にも使っているので、代車がないと修理に出せませんでした。





ちなみにカーコンの修理総額は9万円ちょい。


錆取り・板金とバンパー補修と塗装で込みの額でもこれくらい。やはり安い!





代車が借りられるのはウエストリバーから戻ったすぐ次の日だったので、


帰宅してキャンプ道具だけでなく、ふだんから積みっぱなしの工具箱などもおろしたり、


車内を掃除をしたりして… けっこうたいへんでした。



DSC_0721.jpg DSC_0892.jpg DSC_1099.jpg
それだけじゃありません。キャンプ中に車を含めてカメラ撮る時、実はけっこう気を使ってましたし…





で、工場にフレンディを預け、代車のミラを借り受け…



3日後に取りに行くと…




DSC_1265.JPG
嘘でしょ?と思ったし…





いやいや、ビックリしました。


ここまできれいに戻るとは…




DSC_1261.JPG
バンパーへの地面の写り込みは歪んでいるように見えますが、ウチの駐車場のコンクリ模様ですね。







テールリフレクタのハウジングにも小傷があったのですが、ここまで完璧に直るとは思っていなかったので


そこは修理依頼せず…



DSC_1262.jpg
かえって目立つ感じに残ってしまった…




嬉しい誤算ですが…




ちなみに修理を頼んだのは、カーコンビニ倶楽部加盟店の中で2年に一度行われる、技術力とサービス品質の競技大会である、


カーコングランプリの工法部門で2009年度全国最優秀賞を受賞した店舗





satou_v2.jpg
※ 2011年度は東日本大震災の影響のため、技術部門のコンテストは中止になったそうです。





決して大きな工場でもなく、町の小さな自動車修理工場という佇まいでしたけど、


接客態度も丁寧で、プロフェッショナルという感じがしました。




事故原因を作った相手は話が通じない感じだったらしく、仕方なく自腹で泣き寝入りましたが、


錆取りも完璧だったのは驚きです。



DSC_0781.jpg




そろそろ10年選手なので、この店を見つけたのは心強いですね。






末子のおたふく風邪にご心配の言葉をいただいた皆様、ありがとうございました。


昨夜やっと熱が引きましたが、まだ片方の耳下腺しか腫れておらず、


もう一個も腫れるんじゃないかと恐々としています。


しばらく経過観察ですね…







人気ブログランキング


blogram投票ボタン


にほんブログ村 アウトドアブログへ




おきてがみ






サイト内検索


ランキング



にほんブログ村 にほんブログ村へ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ


にほんブログ村 アウトドアブログへ




スポンサードリンク
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ