強雨の朝、ポリ袋撤収直後に晴れるとは… 






ライジングフィールド軽井沢 RFKの

センターフィールドのチェックアウト定刻は

午前11時。




7時の時点で雨は止みません。




タープの生地が少し弛んだ部位には

見る間に雨水が溜まるくらい。


ヘリテイジのヘキサはビンテージと呼んで良い年代のタープですが

シームはしっかり留められていました。




にも関わらずタープ内側が濡れています。

それだけ湿度が高いということです。

やはりここ軽井沢は、ケッペンの気候区分上で

亜寒帯湿潤気候にあるのだと納得します。



しかしもっと決定的な絶望感をもたらすのは

この光景です。




テンティピはずぶ濡れ。

いつぞやの朝霧高原で嵐に見舞われた時のような

幕内の雨漏りこそ起きませんでしたが

撤収までの乾燥を期待できない条件が

整い過ぎるほど整っています。





乾燥状態でも19.9キロ。たっぷりの雨で

重量増となっているでしょうから…

先が思いやられます。



この後は晴天時より体力を使いそうなので

まずは腹ごしらえ。







ドラゴンフライとDUG焚火缶で炊飯開始。





きっちり30分、焚火缶からの香りも香ばしくなってきたところで

火から下ろします。




固そうに見えますが芯は残ってません。

今回の飯盒炊飯も成功を収めました。






トマトスープは地場産野菜を使ったもの。




肌寒いので温まることと言ったら♪





子どもたちも起床させて

朝メシを摂らせ…






食後に撤収開始。





9時を過ぎてようやく雨は止みましたが

カラッと晴れるわけでもなく…





冷涼な避暑地の湿気が幕体の乾燥を阻みます。





当然のようにポリ袋撤収。しかもダブルです。





厚手の90リットルポリ袋は道具コンテナに常備してあります。

これを2つ使って、ずぶ濡れのテンティピとヘリテイジの収容完了。





定刻に少しだけ遅れましたが

お咎めも超過課金もなし。お世話になりました。





RFKを発つ前、

センターハウス前で子どもたちの記念撮影をしましたが…




なんとここで晴れ間が差してきて…





白糸ハイランドウェイに出る時には

ガッツリと晴れ渡りました… (TT)







RFKにはレイトチェックアウトの選択肢もありましたが

1時間ごとに1,000円の料金がかかります。

帰宅後に幕体を乾燥させる手間を考えれば、決して高い出費ではないのですが

林間サイトであるセンターフィールドは日照が届きにくく

滞在を伸ばしても乾燥し切れない可能性がありました。

またこの後の予定もあったので、現地での乾燥撤収を諦めた次第です。







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










超高規格キャンプ場、最終日の朝は最悪の天候に…




散策から自サイトに戻り、

RFK2日目の夜を迎えます。







焚火が心地よく暖かい。






ビールもあまり進みません。

どちらかというと日本酒、それも熱燗でいただきたいような

涼しさでした。








ワタシは日中、半袖になることもありましたが

ママさんはずっとダウンジャケットを羽織ったまま。





晩夏の軽井沢は涼しすぎました。





ジルコンの中にもランタンをインストール。





サイトの後ろは原生林。

この中に野ギツネやシカが潜んでいるのでしょう。





幸い今回のRFK滞在中、

野生動物の被害に遭うことはなかったのですが、繁忙期がゆえ、

キャンプ場に人間の匂いが強かったということなのかもしれません。



そして最終日の朝。





6時過ぎ、雨音で目覚めてしまいました。





なんと土砂降り。最悪の天候状況です。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










濃い内容のキッズイベントと充実のファシリティに高規格キャンプ場の実力を見た


タタンカプレミアムのある一帯を抜けると

突然前が開けます。




広大な芝生広場。

SKY FIELD (スカイフィールド) と呼ばれるこの場所は

1,600坪、つまり約5,300平米もの広さがある芝生広場です。






晴れていれば浅間山の姿も見えるそうですが

あいにくこの時は雲が立ちこめてました。




こんな感じに見えるらしい。





またスカイフィールドと呼ばれるだけあり

晴れた日の夜には… 




天の川も見えるそうです。

この日は無理でしたが…(T.T) 



そのスカイフィールドの一端には

デッキがあります。






こちらはSKY ARK (スカイアーク) と呼ばれる

180平米の大型多目的ホール。








イベントやミーティング用の空間。




この時は中に入れませんでしたが

雷雨時には避難所としても機能するそうです。




スカイアークの横には

清涼飲料の自販機。







価格設定は観光地仕様ではありません。




良心的だなと感じます。


その近くでこれを発見。









スタンプラリー用のスタンプ台。




RFKではこのスタンプ台を回るスタンプラリーに

随時参加可能で、他にもいくつかのキッズ向け・ファミリー向けの

アドベンチャーイベントが企画されています。


 

 


実は末子も薪のお使いに行った後で

初対面の子どもたち、数名のスタッフと一緒に

キャンプ場近隣で低山ハイキングに行ってきたばかり。


親は同道できないので、末子の「山に登ったよ」という報告からしか

活動内容は知り得なかったのですが、サイトに戻ってきた時の表情から、

充実したプログラムだったことが分かりました。




スカイフィールドで末子の後ろにいるのは

その時に仲良くなったお子さん。






キッズ向けイベントの用意は他のキャンプ場でも目にしますが

RFKのそれは他とはひと味違う本格的な内容だったようです。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 












涼しいキャンプ場だからこそ必要な設備



RFK ライジングフィールド軽井沢の備えは盤石でした。





このキャンプ場のセンターフィールドには

いくつもの鉄道コンテナを転用した

キャンプベースと呼ばれる設備があります。





その中は炊事場にもなっています。







給湯ありです。





ただでさえキャンプ中に使う食器は脂汚れが多く

冷涼な軽井沢で蛇口をひねって冷水しか出ないと想像すると

ゾッとします。ありがたいことです。





キャンプベースの後ろには

プロパンガスのボンベ。ガス給湯です。





キャンプベースのトイレはもちろんウォシュレット。



すぐ近くに別のトイレ棟もありますが

こちらはなんと汲み取り式。





ただしいわゆるボットン便所ではなくて

簡易式の水洗トイレになってます。




男子トイレの個室便座は和式ですが

便座の底に槽が見えるのではなく

臭いも気になりません。いわゆるバイオトイレというヤツです。





これだけの豊かな自然の中にありますが

蜘蛛の巣や虫の骸などはほとんど無し。

清掃が行き届いてました。





トイレ棟、男女別の間には

みんなのトイレもあります。






酔い覚ましに場内の散策へ。





こちらはタタンカプレミアム。

コテージのように見えますが木壁ではなく

常設テントだそう。





デッキ部 15平米、幕内 30平米で

定員6人、最大8人の宿泊が可能。





コットが干してあるのが見えます。

タタンカプレミアムに泊まると貸与いただける備品らしい。

なお幕内にはAC電源もあるそうです。



タタンカプレミアムの群落横を抜けて…





さらに進むと、突然前方の視界が開けます。




そこにはとっても気持ち良い空間が

待ち受けていました。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










野ギツネと共生するキャンプ場はヒトにも優しかった?


たぶん3キロは下らない薪束です。




サイトまではリアカーでだったけど

キミにも持ち上げられるようになったんだね…(^^)



ちなみにRFKのフロントにある薪のうち

杉薪を求めたのですが、お値段はリゾート地価格でして…




450円。

道志ならその半額以下でも買えるのに…(^^;;



なお自宅を発つ前、着替えの荷造りは子どもたち各自に任せていたのですが

末子は靴下をほとんど持って来なかった…。

ボカしてますがママさんの呆れっぷりは斜に構えた姿に出てます(笑)




幸いにも品揃えの手厚いRFKフロント売店には

末子の忘れ物を補完する用意がありました。




ここまでいろいろあった、グラットンのオーバルパンで

ようやくとっておきのツマミを作ります。






生チョリソです。



自宅を発つ時はカチコチに凍ってましたが

すでに解凍の必要はありません。



RFKは国立公園に所在するキャンプ場です。




夜間はキツネ等の野生動物が徘徊するため、食材や生ゴミ、

さらに皮革製品も含めて車の中に入れておかないと

翌朝までに持ち去られてしまうことがあると

スタッフに聞かされておりましたし… 




たとえテントの中に入れたとしても

彼らは人間が寝静まってから、可食物を嗅ぎ付け

静かに幕内に入ってくるそうです。

ここは国立公園内ですから彼らを駆除することはできず。共存していかねばなりません。




確かにサイトの後ろは手付かずの原生林。キツネや鹿がいつ出て来てもおかしくない雰囲気でした。


しかしそれでは公共交通機関を利用して

こちらのテントサイトに訪れた方々は

キツネたちにやられっ放しということになってしまいそうですが… 




大丈夫でした。 

日本屈指のリゾート地にある超高規格なキャンプ場の管理運営者が

そんな失態をおかす訳はありません。





キャンプベースと呼ばれる設備があります。


サイトにはいくつかこれらの鉄道コンテナを

再利用した拠点がありました。






ベースの看板にあるピクトサインを見ると

トイレや流しがあるのだとわかりますが…





このサインは何かというと… 

中に入ればわかります。




コンテナの内部には冷蔵庫が置かれており

ここで食材を冷蔵保存できます。





扉に貼られた掲示物とビニール袋。

名前とアウト日を書いて冷蔵保管させていただけますし… 






このコンテナは食材等の一時保管庫として使わせていただけますから

自家用車で訪れていない方も

夜間に徘徊する野生動物からゴミや食材を守ることができます。


もちろんゴミを車内で保管することに抵抗を感じる方が

コンテナ庫内を一時的な保管場所として選択することも可能です。




そしてこの冷蔵庫は冷凍庫も備わっています。





つまり保冷剤を再凍結させることができます。

それだけでなく家庭から持ち込んだ冷凍食材を

野生動物の脅威に晒さず冷蔵庫内で解凍するなんていう

普段着の感覚で調理に臨めるような環境が整っているのです。




そう、カチコチに凍ったチョリソは

この冷蔵庫内で解凍してありました。




今回はイグルーでなくシアトルクーラーだったのですが

保冷剤を再凍結することができたので、

3泊4日の軽井沢遠征中、ずっと飲み物は冷たいままでした。




国立公園内で野生動物と共存するキャンプ場は

動物だけでなくニンゲンにも優しいキャンプ場だったようです。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










キャンプの食油にオリーブオイルが最適な理由


3日間のRFK滞在中に晴れたのは

2日目の今日だけでした。





タテヨコを逆張りしたヘリテイジのタープ下は

快適な空間です。




撮影した画像が緑変してしまうことを除けばの話ですが。


ちなみに我々が設営しているのは

RFKの中でも特に高規格な、センターフィールドと呼ばれるサイトで、

さすが日本屈指のリゾート地に所在するキャンプ場だと

施設の充実ぶりに驚くことばかり。




どれだけ高規格なのかは後日の更新で触れます。


さてこちらのキャンプ場、軽井沢にあるだけあります。





場内にあるカフェ&バーは食事や飲み物の提供内容も

たいへん充実しており

昨今の肉食ブームも手伝ってか、

美味しそうなメニューがずらっと並んでます。





ですがワタクシもかつては

ステーキハウスの厨房で働いていた身。

夏休みの家族キャンプでいただいたら

絶対に美味しい食材はいくつか心当たりがあります。




そのうちひとつが本物の生チョリソです。

これ例のお店のオンラインショッピングではなく

楽天で同じクオリティの物を提供するショップを見つけて

そこから取り寄せてありました。


が…

それを焼く前に、思っても見なかった下準備が必要になってしまった…(^^;;



コンテナに入れっ放しだったスキレットの類いに… 




なんとカビが生えていたのでした。




カビが生えていた姿は自分もショックだったので

撮ってません。とりあえず水洗いしてから

完全に焼き切るべく、焚火に掛けてます。





コロダッチも同様。

こちらも焼き切り消毒です。








グラットンのスキレットも同じでしたが、

きっちり洗ってから焼き切り、

オリーブオイルで再シーズニングを終えました。






ダッチオーブンはカビ害は大丈夫なのですが

焼きそばを作った後に水洗いしてますからね。




ついでに再度、オリーブオイルの被膜を作ります。


キャンプ用の食油としてはサラダ油などでも良さそうに思うのですが

実はオリーブオイルがいちばん役に立ちます。




これまでもキャンプ中、

何度かスキレットのシーズニングを行いましたが

その際に使えるのは言うに及ばず… 






生野菜にカッテージチーズを振り

塩とオリーブオイル、あればバルサミコ酢をかけるだけで

即席ドレッシングにもなります。




なおスキレット等のシーズニングでは

本当ならオリーブオイルでくず野菜を一緒に炒めると良いのですが

野菜がなければオイルだけでも何とかなりますよ。



しかしここで初日に求めた杉薪の在庫が

乏しくなってきた…(^^;;





仕方なく末子とママさんに

薪の買い足しをお願いすることに。



すると…





なんとこんな可愛い大八車があるんですね。





末子の腕力で薪束を運ぶのは難しいかもと

iPhoneにママさんからの呼び出しコールが来るのを待っていたのですが

杞憂に終わったようです。





これでようやく

とっておきのおつまみが作れます。










更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










やっと晴れてタープが良くも悪くも大活躍




天空カフェ・アウラを発ち

ライジングフィールド軽井沢(RFK)のサイトに戻ります。


ちなみにこの天空のカフェに行くには

RFKはもちろん、他の場所からも車かバイク、

あるいは路線バスを使うしか訪問ための交通手段が無いようです。




自動車専用道路から曲がる道のみが経路なのです。

幸いハイランドウェイには路線バスが走っています。本数は激少ですが。


なおアウラとRFKは車で8分、1.7キロの距離があります。




地図を見ると白糸ハイランドウェイの反対方向から来れそうにも思うのですが

その先は私有地(別荘地帯)なので関係者以外は立ち入れません。






さてRFKの現在時刻は11時半を過ぎたばかり。

でも今日はもう運転しないので… 





昼メシ前から軽井沢ビールで乾杯。





大人用のツマミとお姉ちゃんの昼メシ用に朝メシの残り、否… 

正しくは前夜晩メシの残りである焼きそばをリメイク。




リメイクと言っても目玉焼きを載せて青海苔とマヨを振った程度ですが…。



お姉ちゃんはまだですが

男児たちは軽く食べているので… 




これまた朝メシの残り。ズッキーニのスープで

軽めのランチです。





しかし画像の色が悪い…(^^ゞ 





これはもう仕方ない。





ビンテージの部類に入るヘリテイジのタープは

モンベル以上にライムグリーンが強いのです。





その下にいて撮っているので

どうやっても画像が緑がかってしまいます。







気まぐれなお天道様が照りつけてくれるせいで

タープ下の人や物を撮ると補正が効かないくらい緑変してしまう…(T.T) 

これはもう諦めるしかありませんでした。




タープのおかげで女性陣は日焼けを気にせず済んだようですが。


なお軽井沢の気候区分は前述通り温帯ではなく亜寒帯です。

これだけ晴れてますが今回のキャンプは

7~8月中なのにずっと長ズボンで過ごしてました。





この時はグラミチのパンツを履いてますが

冷涼さを見越して他にもいくつかロングパンツを持ってきてあり、

その装備は正解でした。とにかく涼しいのです。




半パンだけにしなかったのは、この時期特有の別の理由もあったのですが。





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










天空カフェは曇りにつき「雲海に浮かぶカフェ」に変わりました


軽井沢駅近辺で買い出しを済ませ

再び白糸ハイランドウェイをRFKに戻る途中で

こちらへ寄り道です。




天空カフェ・アウラ さん。


軽井沢の天空に一番近い場所にあるカフェ

絶景と自然の恵みにつつまれながら、お茶と食事を楽しめる場所です。


しかし到着が早すぎた。




こちらの営業時間は10時30分からなのですが

現地着は開店の15分以上も前。

しかしさすがの人気スポットで、開店までの15分間

2つある駐車場のうちひとつがすぐに満車になってしまうほど。


時間きっちりに「どうぞ」と店員さんから声がかかり

店内へ進みます。





こちらは気持ちよさそうなテラス席。




でもここには座らず。家族は5人ですしね。

人数的にもより天空度も高いこちらの席に座しました。





カウンター席です。

しかしこの日の午前中は曇天だったのです。




同日のアウラFBにもその天気の様子が綴られてます。

しかしそこはさすが、天空のカフェを自称されるだけのことはあります。





標高はRFKよりもう少し高く、ほぼ1200メートルで

この立地ですから… 






我々が見下ろす視点は雲の上ということ。





天空カフェと言っても良いが

この状況は雲海カフェとした方がより適正でしょう。







時間の経過で雲はすぐに流れ

軽井沢駅周辺も雲海上に出てしまいましたが… (^^ゞ 



軽井沢に来るのは10年振りのことで

最後の訪問では存在しなかった新しい名所について

事前に調べておいたのは正解でした。




ぼかしてますが絶景を前にして

ママさんもお姉ちゃんも破顔が止まりません。

ママさんはイタリア旅行で見たポンタシエーベの光景を

お姉ちゃんは岡山遠征キャンプの往路に立ち寄った六甲山からの眺望を

それぞれ思い出していたようです。






こんな絶景を前にしても

色気より食い気なのは男子たち。




中2のお兄ちゃん、食欲に底がありません。

彼はソーセージバーガーを、末子は芳醇スティックチョコケーキをオーダーしてました。



親とお姉ちゃんは飲み物だけですが… 




ワタシが頼んだアイスカフェラテ、コーヒーが濃いめで風味豊か。

とっても飲み応えのある味わいでしたよ。





さらにもれなく気の利いたお土産も

頂けます。





ナッツやドライフルーツのミックス。

金のアーモンドが入っていたらアタリで、特製入浴剤がいただけるそう。

残念ながら我々家族は全員ハズレでしたけど。





メニューはこんな感じ。





営業時間は10時30分~17時。

店休日についてはアウラFBを見るのが確実なようです。



なおアウラの利用は小学生以上からとなっているのですが

例え学齢条件をクリアしていても

敷地内は高低差のある場所が多いので、

お子さんが走り回らないようにした方が賢明と思います。

また他の利用者の癒しの場であることへの配慮も利用の必要条件かもしれません。




ペット連れの方専用テラスの用意もあります。


なお車椅子の方等が利用できるユニバーサルテラスがあり、

それのみ予約が可能とのことです。




ここはいつか夫婦2人だけで再訪したいかも。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










秘湯の温泉で朝風呂・高規格キャンプ場の贅沢オプションを利用してみた


RFKは白糸ハイランドウェイ、

つまり有料自動車道の途中にありますが

同じ有料道路を2分ほど車で走ると

こちらの明治9年に開業した歴史ある温泉宿に辿り着きます。




小瀬温泉ホテル です。


軽井沢で温泉と言えば

星野リゾートを思い浮かべる方も少なくないでしょうが

星野温泉が開業したのは大正初期ですから

小瀬温泉の方がもっと古くから、

この地で温泉宿としての営みを始めていたことになります。





そんな古参の小瀬温泉ホテル、

宿泊客の快適な環境保持のため日帰り入浴客を一切拒絶してきたそうですが

現経営陣とRFKは友好的な関係にあるそうで、キャンプ場利用者に限り

日帰り入浴を楽しませていただくことができます。





利用可能時間は前半7時〜10時 (最終受付9時)

後半が13時〜21時 (最終受付20時)





料金は大人 (16歳以上) 1,500円、子ども (4歳~15歳) 800円、

3歳以下の幼児は無料ですが時間は30分間。





利用のための手続きはRFKセンターハウスのフロントで予約し、清算。

半券を渡されるので、これを小瀬温泉ホテルフロントへ提出します。





1回の入浴可能人数は男女各5名まで。

場合によっては待つ場合があるとのことでしたが

この時は大丈夫でした。




循環装置、濾過装置、ジェットバスなど皆無で、

湧き出たばかりの生粋の温泉を楽しめる環境です。




8時からの朝風呂をお願いしてありましたが

ホテルHPを見るとお湯を入れ替えるのは10~13時の間とのこと。





しかしかけ流しです。

1時間で浴槽のお湯の半分はオーバーフローで流されるそうですから

あまり気にはなりません。




脱衣場の掲示物にあった通りです。

給湯口には湯の花が浮いているほどで、湯温は熱すぎずぬるすぎず、

しっとりとした湯ざわりを楽しめました。




成分表は以下の通り。




泉質はナトリウム - 炭酸水素塩温泉

効能は神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、

うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期のほか

疲労回復、健康増進、きりきず、やけど、慢性皮膚病などに良いとされているそうですが

飲泉としても適するとのこと。




温泉から上がりフロントにお礼を告げて

女湯で長湯を楽しむ女性陣を待ちます。




ホテル前に流れる小瀬川は

浅間山の雪解け水が伏流水となって流れているものだそう。





クレソンが自生していますが

時期を違えれば上流ではワサビの花も楽しめるそうです。





小瀬川が浅間山の伏流水であること以降の説明は、

たまたまその場で居合わせていらした宿泊客様から伝え聞いたことですが、

こちらの小瀬温泉ホテル、RFKキャンプ後に泊まる手もあると考え

一月ほど前にネット上から予約を試みたものの、適いませんでした。


その方のお話では宿泊時に次の予約をフロントで取ってしまわれるとのことで

個人客の利用が95パーセント、うち7割が常連客で占められているとのことですから、

一見に過ぎないワタシが予約できなかったのは無理もない話でしょう。








歴史ある閑静な一軒宿のリゾート温泉ホテルは

まさに秘湯でした。




RFKからホテルまで、車で白糸ハイランドウェイを走れば2分の距離ですが

徒歩の場合は自動車専用道路は通れません。

トレッキングだと信濃路遊歩道を15分で到着します。




小瀬温泉を離れ、2日目の飲み物と不足していた予熱用アルコールを求めるため

旧軽井沢から混雑する中山道を裏道で迂回してこちらへ。




国立公園内はドラッグチェーン店も自然公園法等の縛りを受け

茶色主体の看板を掲げなければなりません。






買い出しを済ませたら

子どもたちに見せてあげたかった

もうひとつのとっておきな場所へ向かいます。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










亜寒帯にあるキャンプ場は8月も冬装備が必要だった



RFK2日目の朝。





前夜の雨でテンティピが濡れているのが分かります。





RFKは標高1,100メートルを超す高地にあります。





日本を代表する避暑地である軽井沢町は

亜寒帯湿潤気候に区分されるそうですが、

中心部である軽井沢駅の標高は約940メートルだそうで

そこから200メートル高地にあるRFKの朝6時半頃はこんな気温。




18度しかありません。


使わないかもしれないなと思ったのですが

一応持ってきてあったユニクロ ダウンジャケットを

ホグロフス ウインドシェルの下にミッドレイヤーとして羽織ってちょうど良いくらい。







この日は都心部も30度に達しない涼しさだったようですが

軽井沢の山中にあるキャンプ場は涼しいを通り越して寒いくらいで、

就寝中はダウンシュラフや化繊でも耐寒性能の高いシュラフが絶対に必要な寒さでした。





ケロシンツーバーナーを駆使して

朝メシを作り始めます。





地面の色でひんやり感が伝わるでしょうか。





ママさんがバケットを切ってくれて… 





RFKは給湯設備がありますが

温かい料理を摂るためお湯も欠かせません。





時短のため炊事場で入れたお湯をさらにケトルで沸かし、

それでスープを作ります。





ズッキーニとオニオンにソーセージを入れ

岩塩とブラックペッパーだけで味付けしたスープ。





バケットはフレンチトースト仕立て。





甘いのは好きではないのでワタシのは別に取り

岩塩とブラックペッパーで味付け。

ママさんと子どもたち用はその後で甘くしたそうです。





朝メシが出来たら急いで子どもたちに食べさせて

前夜RFKで申し込んであったある場所へ

向かいました。




RFK宿泊者だけが許される

特別な場所が、キャンプ場の近くにあるのです。

続きます。





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 












ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ