旧世代のABCウォッチ 標高計測の誤差への対応は?



12月初旬までの営業を英断された

オートキャンプせせらぎの朝 7時半




場内の混雑はさほどではないように見えますが

それは林間サイトに限ってのこと




受付棟にはこの日の予約状況が

視覚化された表示がありました




ピンクのマグネットは予約されているサイトで

黄緑が使用中を指すサイト

マグネットがありませんが 自分が入った1番サイトも使用中です






ちなみに道志上の紅葉は11月下旬でこんな感じ

キャンプ場の入口から見た景色です




場内の植栽も一部 真っ赤に染まった木々が見えますが

今はもう少し冬の色に変わっているでしょうか…


なおこの地の標高は720メートルほど




実はスントでの計測には誤差が生じておりました

GPS機能で計測したiPhoneのアプリでは

下の計測値が出ておりまして…




2枚上の画像はiPhoneアプリに合わせて

スントの誤差を修正したものです

修正前はこんな数値を表示しておりました




標高776メートルと 50メートル以上の誤差があります



スント コアが発売されてからすでに10年

この時代のABCウォッチは気圧計測から標高を算出します




なので気圧に変化が生じれば 標高表示も変わってしまうため

山登りなどシビアな状況下で使用するには 標高表示のある位置で確認し

その都度誤差を修正していく必要があります

ケータイキャリアの電波が届く範囲なら

その煩雑さからも開放されたのはありがたいことですが





そろそろ欲しいですが 教育費がかかるしまだ無理かなぁ… (^^ゞ




8時半に焚火を熾しつつ

朝メシの支度を開始




往路の買い出しではおにぎり等の軽食を調達できなかったため

ソロですが朝からしっかり作ります






X-Podでパスタを茹でて…



これたためるし湯切りも可能 パスタ等乾麺の調理には最適です




朝からガッツリ300グラム

カルボナーラとフォカッチャ






コンソメスープはインスタントですが

機内食で人気のアレです







ちょっと作りすぎた感は否めませんが

満腹を目指すことにしました

だって まだこんな状況ですからね




日が照っており9時近いのに4度しかありません

しっかり食べて体内から温度を上げる作戦です


その後は目の前の管理棟にいらしたオーナー様ご夫婦と歓談しながら

のんびり撤収を進めて… 






定刻を過ぎてしまいましたが

11時40分過ぎに撤収完了




寒いですが乾燥してます

幕体は完全乾燥状態で収容することが適いました




帰路はいつもより遠回りして

山伏峠を上がり 山中湖を掠めたルートをとります

山伏ACや奥道志ACの営業状況を確認したのはこの時のこと




道志上のキャンプ場の営業状況を知りたいこともありましたが

それ以上に見たかった光景があります




雪化粧した富士を見たかったのでした









更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : オートキャンプせせらぎ ソロ キャンプ 道志 富士山 焚火 カルボナーラ xpot ABCウォッチ スント

タープポール忘れたのに道具を組み合わせたら何とかなった話





まだ2度ほどしかない標高700メートルを超える

道志上の11月下旬の朝




この冬も やっぱりこのアイテムが役立ちました

miniまる湯たんぽ




容量は1.2リットルしかありませんが

前夜10時頃に注いだお湯は

9時間以上が経過した今も温もりを感じます


さて 自宅に忘れてきたある大事な道具と

その代替となった別のアイテムについて






すでに代替品が何かは

何度か画像で晒してしまっているのですが

お分かりになったでしょうか…?




前室として張り出したノルディスクのテントウイングですが

普段ならこの道具で設営しています




アルミ製のタープポールです

これをまるごと自宅に忘れてきていたのでした

今回のキャンプ前 車をディーラーに定期点検に出したのですが

その際 ふだんは車載しっぱなしのタープポールを

荷下ろししてそのまま忘れてしまった次第… (^^ゞ



…で 代替となったのはこちら




こちらは車載したままでした

ブラックダイアモンドのトレッキングポールです




ただしワタシのは最大長140センチで

一本だけではタープの張り出しに長さが足りません

そこで別の道具も使いました

ナイトアイズのギアータイ

トレッキングポールなど長ものな道具を結束するためのアイテムです







しかしただ結束するだけでは強さが不足しそうだったので

エリッゼステークを噛ませ

強度を上げています




この組み合わせで問題なし

前夜に設営し この後撤収時まで

何の問題もなくオガワ張りをキープできました




あ… クリップに特に意味はありません

夜間の反射物として目印になればと思って挟んだものです




タープ前のポール部

いちばんテンションがかかる場所は

4ミリ径の張り縄でかなり強めに引っ張りましたけどね






狭小サイトというほど狭くないのですが

オガワ張りはけっこう場所を取るので

いつも通り 張り縄は折り返してのペグダウン








タープポールを忘れても

あり合わせの道具でも何とかなるものです




なお これはあり合わせでは効きません

コーヒーの豆だけは忘れずに持ってきてありました (笑)






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : オートキャンプせせらぎ ソロ キャンプ 湯たんぽ miniまる タープ トレッキングポール ナイトアイズ ギアータイ

氷点下の夜を3シーズン用テントシュラフでも熟睡させた小さな道具


22時を過ぎ

空きサイトを挟んだ隣のグループも就寝体制に入った模様で

オートキャンプせせらぎの夜は静かになりつつあります




ワタシもそろそろ眠くなってきました


いつこうなっても良いように

ファウデ設営時にはロフト回復のため

シュラフを幕内に広げてあります




道志上の11月下旬です

快適使用温度は2度とモンベルが定める

ダウンハガー#2をメインにし…




上掛け用にと考え ナンガ450も持参してあります

こちらの快適使用温度は-4度

そして更に念には念を入れ…




幕内でアルパカを焚き

お湯も沸かしておきましたからね




今季初 湯たんぽの出番です





これは午後10時前後の道志村上 下善之木の気温


  

これ1.2リッター容量と湯たんぽとしては小振りですが

これでじゅうぶん足りるのです



ところで今回 湯たんぽを持ってきた替わりというか

何というか もっと基本的にキャンプで必要な

ある大事な道具を忘れてきてしまったのですが…




別の道具で代用…

というより 別の道具類をいくつか組み合わせることで

きっちりとリカバリーできました
それについては別の更新で触れます






焚火が熾きになったのを確認し

iPhone iPadもきっちり充電して

10時半には眠りに就きました


そして翌朝




起きたのは6時55分

平日なら驚愕のあまり一発で目覚められる時刻ですが

幸い今日は日曜日 (笑)




ファウデ ファーリットのような小型テントでは

強力無比な暖房熱源となるアルパカストーブに点火すると…




15分もたたず 幕内温度は25度以上に達し

ケトルの中の冷水が温まる音も聞こえ始めます


この温々した中でずっと過ごしたいものですが…

ノンアル2本分が催す生理的欲求は

抑えることができません

思い切ってトイレに行くため 幕外に出ると…




めっさ寒い… {{ (>_<) }}

標高720メートルの寒気は 少なくとも平地にある自宅では

今冬いまだ経験のない清冽な刺激として顔に当たります




場内は完全に冬の色ですが

緑が濃い頃に多く訪れてきたキャンプ場ですからね

むしろ新鮮に映ります


そしてトイレに向かう前

幕外に置いておいたこれ やっぱりな気温を表示してました




2度しかありません 寒いわけです

7時の現時点でこの気温です 夜明け頃は限りなく氷点下に近い寒さだったでしょう






この状況下で 厳密にはモンベル#2もファウデも

3シーズン用のシュラフとテントですけど

ニッポン古来から伝統の知恵・湯たんぽと合わせると

無敵の暖かさで もちろん朝まで熟睡でした




もしもっと標高の高い山伏ACが まだ営業していたとしても

湯たんぽがあれば 3シーズン装備でも

そこでも全然いけたんじゃないかなと… (笑)












更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : オートキャンプせせらぎ キャンプ 湯たんぽ モンベル ナンガ シュラフ 道志 アルパカ

道志みち通行止めが導いたやさしい自然食材の買い出し先







空が白んでいるように見えるのは

画像上のことだけで 

実際は曇った夜空が広がっていました 




11月23日 勤労感謝の日の夜は更けて 

もうすぐ10時になろうとしています 


ルットルプを傾けて

現在の外気温を表示させると…




8度です 焚火するには ちょうど良い寒さでしょう


燃え盛る広葉樹薪の炎は

温感として肌に

そして視覚的にも目に暖かく届きます




この晩 広葉樹薪は2本しか使いませんでしたが 

特に鉈で割くようなことはせずとも 

文化たきつけと灯油を染ませたキッチンペーパーで着火した後は

ずっとしっかり燃えてくれました




今回は右手にユニフレーム

左手に激安だけど耐熱500度のキャンプグローブをはめ

何度か燃焼中の薪を左右の手で持ち上げて位置替えしましたが

やっぱり使い勝手や耐熱性能において

両者に差異を感じません




買い足して正解でした

これがあればファミキャンやグルキャンで 子どもたちに焚火させても

熱い思いをしなくて済むでしょう


さて…

不測の無空模様にやきもきしていたためか

午後10時近くなっても食事を摂っていなかったのですが…




日連 (ひづれ) のスーパーまつばで

副菜にしようと求めておいた総菜があります




ノンアル2本目はオールフリー

これも不味くはないのですが やはりゼロイチの方が

私的にはしっくりくる味です




スーパーまつば 良く言えば総菜はかなり安い

しかし… 悪く言えば

その見栄えはあまり良い方ではありません




ずいぶんシンプルなポテトサラダだなと思いつつ

ひとくち含んでみると 見た目の印象は再度良い方向へと

跳ね返されました こりゃ旨い♪




コロッケも求めてありました

ポテサラと合わせて 店頭で求められる出来合いの総菜種類は少なくて

仕方なくカゴに入れたものたちです

衣の揚げ色は加熱が足りなさそうに見えるのですが…




ソースなど何もかけなくても こっちもまた美味しい

パッケージの裏を見て

原材料に ぶどう糖やらアミノ酸やらアナトーやらの

業務用調味料・着色料がまったく使われておらず

じゃがいもや挽肉・胡椒などの家庭的な素材だけが記載されていることに

安心感を憶えました





道志みちの通行止めで

これまで自宅から道志方面へのルート途上にある

買い出し先に立ち寄れなくなっています






ダイエー津久井店やスーパーアルプス相模原インター店は

ほぼ縁がなくなってしまいましたが…




言ってみりゃ 「 ケガの功名 」 だったのかもしれません


たった300円ちょっとで 自然なじゃがいもの美味しさを

見事に総菜に仕立てた味覚を楽しめたのは

ラッキーだったと思います

このお店 おそらくは古くから地元で営業されているのでしょうが

私的には新しく嬉しい買い出し先を発見できました




なおスーパーまつばさんの営業ですが

基本は10:00~20:00の時間で年中無休です

ただし年始の3日間はお店を閉じられるそうですから

正月三が日中のキャンプ中は買い出しできませんのでご注意を




そして…

時刻は10時をまわり 周囲も静けさに包まれて

ワタシもそろそろ眠くなってきました





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : オートキャンプ せせらぎ ソロ キャンプ 焚火 買い出し スーパーまつば 日連

広葉樹薪だけでも一発燃焼・超イージーな火熾しは文化たきつけにもうひと手間を



四苦八苦した挙げ句

ようやく辿り着いた楽園のようなキャンプ場で

やっと設営が終わったにもかかわらず

雨が降り出してしまったのです




焚火を始めようかと思っていた矢先だったのに… 


仕方なく泡の出るものを開栓し

喉を潤すことにします




あ そう言えば ワタクシ

お酒をやめました




やめたのは今月初旬

健康診断で人生初の

肝機能のスクリーニングに引っかかってしまいまして

正直ショックを受け また家族の要望もあったりして… 




以前からキャンプ中 車で日帰り温泉に行った際に

いろいろとノンアルを飲んだりしてましたし…




職場の飲み会でも車やバイクで遠い距離を通う身であることから

ノンアルでごめんなさいでも済まされる状況が長く続いてましたし…




自宅じゃほぼ毎夜 晩酌していたのですが

酒を断つことのハードルは高くなかったのです


で自宅近場のスーパーやコンビニで買える

国産メーカーの製品を数品試しましたが

やっぱり一番搾り製法はたいしたものだと分かりました




これ本気で旨いと思います




悔し紛れではありません これ家でも毎晩飲んでますから


幕下でゼロイチを啜り

一缶を空けたところで 幕外に出てみると…




何とか雨は小降りになってくれた様子

正直 ほっとしました




ひさしぶりのキャンプで遠くまで出張ってきて

このまま寝るだけなんて 寂しいですからね

グローブも新調したばかりだし

やっぱり焚火しないままで終わるなんて…




ただ… 多少霧雨っぽいのですが

これらを使えば絶対に着火させることができるという

絶対的確信のある取り合わせがあります


まずはこちら




文化たきつけです




木材の繊維質に灯油を染み込ませたものですが

これだけでも良く燃え 着火剤として頼もしく働いてくれます

が 文化たきつけに さらにひと手間加えることで

例えば着火性の良くない樹種の薪だけでもしっかり火が点くのです




一手間とは上の画の白いもの

我が家の場合 これはティッシュだったり

キッチンペーパーだったりしますが

今回はキッチンペーパー

もちろん素の状態ではありません

灯火器類の給油時に使用したものです




ケロシンランタンへ灯油を補給した際

灯油タンクやフュエルファネルを拭いたりして

灯油が染みたものを捨てずに利用します




ふたつの着火剤の組み合わせは強力で

あっという間に火がついて薪をくべます

すると…




Exifで見たら2分後にはこんな感じ

ちなみに今回持参した薪はすべて広葉樹薪で

杉などの着火しやすい針葉樹薪ではありません






点火から5分後には

着火しにくい広葉樹薪に火が回り始めました




気付くと完全に雨も止み

着火から10分後には確実に薪自体が燃焼しています




諦めず 足掻いてみるものです

連休でアクセスしにくい土地なのに

ソロで極上のキャンプ場に訪れることができ

雨も止んで火遊びも始められましたから










更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : オートキャンプ せせらぎ 楽園 設営 ノンアルコール ゼロイチ 肝機能 焚火

去年の冬の異常気象の恩恵・楽園キャンプ場が下した英断



勤労感謝の日に

所用を済ませて自宅を出たのは15時半を過ぎた頃




河口湖あたりの天気予報は曇りだったと思います


通行止めが続く道志みちですが

その沿線もまた然り




ここ 国道413号線から荒丸会館前で青根方面に曲がり

峠を通って県道74号へ出るT字路ですが

やっぱり通行止めのままでした




Googleマップで荒丸会館前から青根キャンプ場まで

水色のルートを出してみて 左の小さい白丸がそこですが

Googleマップでは 今回のような道志みち通行止めは

「交通状況」のボタンを押しても反映されず…

もっともGoogleだけでなく Bingやgoo マピオンなどの各社地図サービスでも

通行止めを回避するルートは表示されません




唯一 Yahoo! マップのみは

荒丸会館から青根キャンプ場までのルート検索をかけると

設定された地点が 道路から離れているか

ルート探索を提供できない地点です
」と

説明が出て ルートが非表示となる状態です




スマホ用のナビアプリを提供しているYahoo! ならではの半歩リードかな…

ですがせめて Yahoo! ナビアプリのように

PCブラウザ上でも代替ルートくらいは表示して欲しかったですが…(^^ゞ



さてやっとのことで辿り着いたのは

道志村下善之木のオートキャンプせせらぎ




到着は18時半でしたが こちらは予約以外に飛び込みでもOK

ただし受付に表示されているオーナー様の連絡先に

電話を入れる必要があります


もちろん入電しましたが

すでにあたりは真っ暗ですし こちらは何度も訪れており

電話で名前を告げると思い当たったご様子だったりして

翌朝にキャンプ場を訪れていただいた際に

支払いをお願いしようかと考えていたのですが…




「いますぐ行きますから待ってて♪」 とのお言葉をいただき

すぐさま軽快な足取りの軽自動車が現れて

チェックインの手続きをささっと済ませることが叶いました

すでに日没後なのに… 申し訳ありませんでした… (m_m) 


なおその後 オーナー様と話したことですが

今冬は例年の11月中で冬休みに入るのでなく

なんと12月初旬まで営業されること

そしてその理由として… 




昨冬の道志下では雪が多く 40センチ近く積もっていたけど…




もっと標高が高い道志上ではそれほどではなく

下善之木あたりでも

せいぜい10センチ程度の積雪だったらしい

そんな昨冬の異常気象的な状況 そしてお客さんの要望もあって

12月初旬までの営業に踏み切られたらしいです




チェックインを済ませ 入口にいちばん近い

1番サイトを使わせていただくことに決まり

キャンプ場からお戻りになるオーナー様にお礼を述べて

19時からようやく設営開始…




まずは灯りの確保から

ひとつ上の画のとおり 入口に近いサイトは

受付棟や場内照明の恩恵に与れませんでしたから




のんびり設営してたらあっという間に1時間が経過

設営完了は20時でした… (^^ゞ


しかし今年はこの状況が多いのです




今回も車を通路を挟んだ向かいの空き地に停めてます




長又やふもとっぱらに続いての

セパレート・オートキャンプです (笑)


そして

これでやっと焚火でも始められるかなと思った矢先のこと…




なんと雨…

自宅を発ったばかりの空が暗く曇っていたことを思い出しました





恨めしく空を眺めつつ

雨が止むのを待つことにしました… 





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : オートキャンプせせらぎ 道志上 道志中 天気予報

嬉しくも悲しい現実を悟った土曜アウト・穴場キャンプ場が人気キャンプ場に変わった日


プレミアムフライデーからの完ソロで一泊し

朝メシを摂ろうとして

今日が土曜日だったことを思い出します。




オートキャンプせせらぎのイン定刻は

昼過ぎからの筈ですが、8時を過ぎたあたりから

何組かのソロだったり

グループだったりな方々が入場し始めています。





メインサイトはワタシの設営場所より高い場所に位置します。

上の画像で石垣の上にある平地の林間サイトがそれです。

そこからエンジン音が聞こえた後

設営場所を探して何組かがこちらを覗きに来られ

視線が合うことがありました。


オートキャンプせせらぎは

私的には穴場キャンプ場だったのです。




今年のGW前半、ソロで訪れても

こんなに空いていたのですが、その数日後

近くのレストリブレさんにファミキャンで訪れ目にした光景は

ワタシの思惑が過去の遺物になり始めた現実を

予感させるものでした。




レストリブレから見下ろしたせせらぎの第2サイト。

大混雑まではいきませんが

植栽が少ない第2サイトでこの状態。

林間のメインサイトはすでに満員だったのでしょう。


そして今回も… 




まだ9時前で、場内は空いていたにも関わらず

いちばん快適であろう三ヶ瀬川沿い、こちらのサイト真横で

他の方々が設営を開始… 


潮時ということです。




10時には気温30度。

昼にかけてもっと暑くなりそうな気配が濃厚だし

この後も続々と利用者が訪れそうですし

撤収を始めることにします。




荷物を積み込みやすい位置にデリカを移動させ… 




10時16分、撤収開始。




シャングリラを収容。

左がフライシートで右がネストインナー。



やはりソロなので作業が早い。






11時前には撤収完了。

なおオートキャンプせせらぎのアウト定刻は12時だそうです。

今回初めてインとアウト定刻を明示した掲示物を

受付で見つけることができました。



早めの撤収を決意したのは

場内に混雑し始める兆候が見え始めたこともあるのですが… 




実はこの後の道志は雨予報。




前述したとおり朝方に空が茜色に焼けていたのは

その前兆でした。





管理者様がいらしていたので

車上からでしたが挨拶を済ませて退出すると… 




まだ11時過ぎですがやはりと言う感じ。

穴場が穴場でなくなったという現実を悟りました。

混雑が始まっています… (^^ゞ 


この後道志みちを相模原方面へ走る途中

案の定、雨が降り始めましたが… 




相模原市街に下りる頃には晴れ間が広がりました。

せせらぎに幕営された方々も

天候回復に安堵されたのではないかと。



それにしても都会は暑い。




35度です。

やはり朝晩は涼しくても8月は8月でしたね。




次に道志を訪れる時は

もっと涼しくなっているでしょうけど… 

その時は、別の穴場的キャンプ場をめざすしかないかなぁ… (^^ゞ 







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










高ディート虫避けより強烈にブヨ退治・ヤツラが山を越えてやってきた?







iPhone7で清流の水面下からの水中撮影に興じているうちに

すっかり日が高くなりました。




河畔沿いサイトですし

清らかな水の近くということで、今回もブヨ対策は施してあります。

軽井沢では惜敗だったこれ。




サラテクトミスト リッチリッチ30。

ディート30パーセント配合の強力な虫避けのはずでしたが

豊かな軽井沢の自然に育まれたブヨを完封することは適わず… 




3回も献血してしまいました。


ブヨも元気になる涼しさだったライジングフィールド軽井沢と同じく

今回の道志ソロもここまでの気温は

20度台前半で推移しています。




ブヨが活動しやすい気温は20~25度くらいと言われており

7時半前の今頃はピークタイムのはず。





8時過ぎたあたりでも気温は… 




26度。やや高くなってきましたが

朝方に水中撮影で足を清流に突っ込んでいた状況なら

足首に吹き付けた虫避け成分も流れており

刺されてもおかしくないと思うのですが… 





なんと今回のブヨ被害は

ゼロです。完封でした。




さすがディート30パー配合

と、一瞬、第2類医薬品に分類の

反則スレスレな薬効を確信しそうになりましたが

そうではないかもしれないと気付きました。



盛夏を過ぎた今、収穫期を迎えつつあるのは

農業に従事される方だけではありません。





それらは早く飛ぶので上手く撮れませんが

ブヨ等の弱小な羽虫より生態系上では優位な立場にいる存在… 




植栽の間から見える田圃… 

その上で無数に往き来する白い点は

トンボたちです。




道志の田園地帯にあるオートキャンプせせらぎ近く… 


山を越えて大量に飛来してきた逞しい捕食者の前には

ブヨのような小さい羽虫など非力に過ぎます。

大きくても5ミリ程度の吸血虫など、片っ端から喰い尽くされてしまったのでしょう。




トンボたちが自由自在に飛び回る姿を目にし

危険な高濃度の忌避成分に頼る人間の愚かさと、同時に

無慈悲なほどに弱肉強食な自然界のオキテを感じてしまった…。



あの煩わしい痒さを感じずに済むのは自然の恵みの一端かもしれません。

感謝した方が良いんだろうなと思いながら

朝メシにします。




塩分は摂っておいた方がよさそうな天気予報だったので

ソルティライチを求めておきましたが… 




ソロで手抜きしてるとは言え

主菜は糖質が高そうな総菜パンばかり。

ソロキャン時の朝メシでも、もっと自然に感謝しつついただくべき内容にすべきなのだろうと

ふと思ったりして… (^^ゞ 








にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










清流の水面下をiPhoneで撮影したら美しすぎて心が折れるくらいだった





三ヶ瀬川は道志川に注ぐ支流で

このオートキャンプせせらぎだけでなく

あの道志の森キャンプ場の中を流れています。


今は見えないのですが

昨日このサイトに訪れた時はヤマメと思しき魚影を

サイト横の三ヶ瀬川の川面にいくつも見たのです。




ここだけでなく、清流の河畔に位置するキャンプ場を訪れるたび

清流の水面下を画像に収めてみたいと

キャンプを始めた頃からずっと思っていたのですが… 




数年前なら本体が買えそうなくらいの高値な

デジカメ用の防水ケースを求めなければ適わない願望でした。


ですが2017年の今

日常的に使用するこのアイテムは、諭吉を数枚もはたく贅沢を

一気にイノベートし、過去の物にしてしまいました。




iPhoneは7から防水機能を手に入れたのですよね。

iPhone7はIEC規格60529にもとづくIP67等級に適合する防水機能を有しています。

アンドロイドなスマホはもっと前からその機能を備えていましたが

私的には iOSの方がOS段階でずっとユーザーフレンドリーであると感じており

最近はキャンプで使うのはもっぱらiOS搭載機ばかりになっています。




じゃ… やってみましょう。





iPhone水没です。




でも7なので大丈夫(笑) 


ですがこの流域はちょうど瀬にあたる部分で

気泡ばかりが写ってしまいます。




おさかなの姿はまった見えません。





これではイカンと思い、もう少し緩やかな流れで

再びiPhoneを水没させることに… 




この辺りなら気泡も少なめの筈。

なので思い切ってiPhoneをダイブさせてみると… 




気泡は少なめですが魚影は… 

まったく確認できず…(T.T) 




なのですが… 




半水没したモニターが写し出す水面下の光景は

心を奪われるような美しさで、もはや魚影ではなくて… 





別のものを探し、ボリュームボタンを押し続け

シャッターを切っておりました。




水面下から見上げる水面は

まるで鏡のようなきらめきを放っていましたから。






IP67等級ということは、数値の前が防塵等級で

数値後ろのが防水等級を示します。


防塵等級は6段階中の最大評価である6で

粉塵が内部に侵入しない構造を有することを示します。


一方の防水等級は7ですが、これは最大評価は8なので完全ではありません。

0.15~1メートルの水深に30分間沈めても浸水しないということです。


今回の水深は最深で10センチ、水中撮影時間はトータルで5分未満。

ちなみにLightningコネクタ内に入った水は

ウェスでくるんで本体を振りまくり

コネクタ内から水が出なくなったことを視認したのち

始めて充電を始め、その後全ての機能が

無事に反応することを確認しております。





水中撮影後のケアは必要と思いますが

この水面の下に広がる美しい光景を手軽に撮れてしまうのは

素晴らしいことです。



なお… 

これからiPhone7で水中撮影をしてみたいという方のために書いておくと

ディスプレイを水没させた時点で、カメラアプリのボタンタッチは

感応生を失うのでまったく効かなくなります。

その場合、ボリュームボタンが機械式シャッターボタンとなりますので

お忘れ無く。







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










朝焼けの美しさは天候不順への布石でもある


2017年8月、最後の日曜日の朝です。




時刻は5時を過ぎてすぐ。

下善之木の田園風景に靄(もや)がかかり

幻想的な朝焼けの光景が目前に広がっています。








道志村の日の出時刻に

ちょうど間に合うタイミングで目覚めました。



これは軽井沢での画像ですが… 



今年の夏は雨が多く

季節が秋にシフトしつつある今も多雨な傾向は続いています。







あと10日あまりでシルバーウイークも訪れますが

そのタイミングでは、どうにか雨雲が日本列島にかからないことを祈ります。





そして多雨だったこの8月も26日と月末に近く

秋めいてきた道志村下善之木、標高にして約750メートルの地です。

朝5時15分頃の気温は… 





20度です。





ちょっと前から薪に火を点け始めていましたが

気温を見て自分が起き抜けに始めた行為が

必然のものだったと納得できました。



その後焚火に興じてあっという間に2時間が経ち… 





7時過ぎにはウロコ雲に浮かぶ太陽が

地球を睨んでるなぁと思った次の瞬間… 






突然真夏に戻りました。

この後は気温も上がり、再び盛夏に近いような暑さに見舞われ… 

それだけでなく、4~5時間後には夏っぽく、空模様も崩れたようです。






まずは日照の突然変異から

我が身を守れたことに安堵しました。




昨夕、木陰に設営したのは正解だったなぁと。




そしてこの場所の近くを選んだのも良かったのです。




潜って撮ってみても面白そうだなと…(笑) 









更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 












サイト内検索


ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村





スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ