道志みちのコンビニがすぐ閉店しちゃうのはなぜ?



このキャンプ場 管理人様には

いつも良くして頂いているのですが

お伝えしていなかったことがあります




実は久保キャンプ場には

夏は来ないことを心に決めていました

別に不快な思いをしたのではありません

夏の道志川沿いの人気キャンプ場では

スタッフ様たちは命を削るような思いをして

運営に当たられています




繁忙期はただでさえ忙しいのに

それに荷担してしまいそうで なんとも偲びなかったからです


しかし今回はその禁を破りました

なぜかというと先月半ば 管理者様の

「管理人を引退する」 とのツイートを

目にしてしまったから


そんな思いから これまではどちらかというと

寒い時期に伺うことが多く

薪スト用の薪を頒布いただいたり…








また何度もソロの際に差し入れをいただいたりしておりますので…

心に決めていた禁を破ったのは

引退される前に 挨拶しに行かなくてはならないと考えたから

人として正しい道を歩むのなら です




…で チェックアウトの際

管理棟に伺い 管理者様の姿を見つけて

声をおかけしたのですが…

ワタクシ 大きな勘違いをしておりました

いやいやお恥ずかしい…(笑)



引退告知のツイートはこれですが

引退の文字にばかり目が行ってしまい

他の文面をよく見ていなかったんですよね

現場から退かれるのは 来年夏の終わりなのです

しかしワタシ以外の常連さんも同じ勘違いをされる方が多いらしくて

管理者様いわく 「みんな間違えてるのよね~」と

苦笑されておりました


また現地の管理は娘さんが引き継がれて

ザキ姐さんは裏方に回られるので

完全に引退というわけではなさそうで…




少しホッとした気がして 久保キャンプ場を後にします


ちなみにこの日は金曜日

平日なので 例の崩落現場…

片側交互通行の待ち時間は僅かだった






この一週間前に道志みちを含めて

東京五輪自転車競技のテストイベントがありましたが

当日は通行止めでしたからね


さすがに崩落箇所の片交や信号も

関係無しで走っていったらしい

それにしても上のツイートの動画 チャリの数がハンパない

来年の夏 本番はもっとスゴイのでしょうけど… (^^ゞ


その後 青野原に入り

お昼時だったのでこちらへ寄った際のこと




この地でも 時流を感じる表示を

目にすることに…




青野原のセブン 8月から時短営業

つまりもうそうなってます

ま 確かに道志みち沿いで年中無休の24時間営業というのは

無理があると思います


現に 過去何軒か存在した道志みち沿いのコンビニは

ことごとくお店を畳んでしまいました




ヤマザキデイリー道志中央店

過去の冬キャンの際にずいぶんお世話になりましたが

2012年3月に閉店してしまいました




今はキャンプの駅CSS104に変わっています




また2015年3月にオープンしたサークルK津久井青野原店は

フランチャイズ母体がファミリーマートと統合される少し前

2017年12月に閉店してしまいました

おそらく粛正されたのだと思います




最近はキャンプブームで週末や祝日にこそ

混雑することがある道志みちですが

道志みちの山梨側である道志村の総人口は

1,700人を切ります

※ 令和元年8月1日で1,677人




こんな調査があります

2019年の山梨県の人口10万人あたりのコンビニ店舗数

56.14 軒だそうです

この56.14 軒を10万人で割れば 1人あたりのコンビニ軒数が算出できますが

その数値に道志村の人口 1,700人をかけ算すると…

0.95店舗となります




つまり道志村には ギリギリで1軒 コンビニが存続できるかできないか…

それくらいの人口しかいないということになるのです




おなじ計算を道志みちの神奈川県側で試みると

もう少しましな数字になるはずですが

人口の母数となる地域をどこで線引きにすべきかは 正直分かりません

ただ このセブンの辺りの義務教育機関を見れば

道志みちの神奈川県側も 決して人口が多い地域と言えないことがわかります




青野原地区は小中学校とも ひとつの敷地に収まっていますし

同じ相模原市緑区の山間部は同じような小中併校が多いです


また 道志村近辺の主要道路は国道413号線のみなので…




東西に長い道志村や 相模原市緑区のこの地域は

交通の便は自家用車が中心です

どこにコンビニを作ったとしても

交通インフラが東西に長い道路しかないのなら

集客力は限られてしまいます


この地に住まう者ではありませんが

キャンプ時にコンビニがあれば便利ですし

おそらく地域の方にとっても この店舗があるに超したことはないはずです




ワタシとしてはセブン-イレブン 相模原津久井青野原店の決断を

支持したいと考えます



そして帰路途中にやはり雨が降り出しました




台風はすでに熱帯低気圧にまで勢力が落ちており

全国的に影響が少なかったのは何よりでした




私的にはこのタープの防水性能を試したかった気もしますが

それは別の機会がいつかきっと訪れることでしょう







更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















スポンサーサイト

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 管理者 引退 ヤマザキ コンビニ サークルK セブン 時短営業 キャンプの駅 ファミリーマート

黒い雨雲が接近中…濡れダメージを最小限にする雨撤収の手順鉄則は…


昨日付でパステルカラーレインボーの

ハゴロモちゃんが家族になり

そのことを呟いてみたのですが…


インコ好きな方ってこんなにいっぱいいらっしゃるんですね

いいね と リツイートの多さにビックリしております…(^^ゞ


…なのですが

ここは 本来 キャンプブログなので

キャンプレポに戻します


管理者様に無理を言って入らせていただいた

久保キャンプ場でいちばんの絶景を望めるAサイト




暑いは暑いのですが 川風が心地いいですし

目前にはこんな光景が広がっています




このロケーションであれば疑う余地はありませんが

こちらは人気のキャンプ場です

特に学校が夏休みの今は 子連れの団体さんも多く訪れます

そしてこの日 7月26日の昼からも

そんな方々が入られる予定と聞いておりました


それでも管理者様にはお気遣いいただき

「団体さんは14時に入場されるので

13時まで滞在しても大丈夫ですよ」 と

言っていただいたのですが

こちらとしては11時には退出し サイトを明け渡すつもりです


自分が同じ立場なら 前のお客さんが滞在していたり

撤収しているのを見てしまったりするより

すでにあいた場所に入る方が気持ち良いでしょうし…




過去に伊豆で苦渋を舐めたこともあります

できればもっと早く管理者様から知らせて欲しかった…



もしも子ども連れの団体が入場してくる際

この超弩級に細くて急な坂道で鉢合わせたら…




やばたにえんのムーリー春雨

考えたくもないくらい とんでもないことになるでしょう


というわけで 朝メシが済んだら早々に

やるべきことを済ませます




まず テントの点検作業




TWO-STAR は 4月下旬にフライシートが劣化した状態で入手し

その後 幕体生地をリペアしたのですが

他の部分にも機能上の細工を施してあります




上の画のように 調整機能が皆無のペグコードだったので…




スライダーやバックルを後付けしてました

販売時に付加されていなかったそれらの調整具が

きちんと機能しているかを確認しなければと

ずっと感じていたのです




ホームセンターで買って後付けした安物ですけど

コードの太さに適合したものを選んだはずですが…




一部 コードの縒り(より)があったので それを戻しましたが

それ以外は問題ありませんでした

もうリペアしてから3回目の使用ですが

フライシートは後付け機能も含め

今後もしばらく使用に耐える状態です

それ以外の箇所に問題を見つけてしまったのですが…

別の機会に取り上げます



それにしても…




たたずまいが美しい…

手元に来た時はベタつきが重症なボロ幕だったけど

きっちり手をかけ ここまで直した甲斐があるというものです




やるべきことが終わったので

9時45分に撤収をスタート


しかし撤収を始めて10分経ったところで…




だんだん雲が厚みを増してきた…

やはり台風が近付いているのです

あわてて撤収作業を早めたのは言うまでもなく…

まずはウォーラスから




フライをひっぺがして逆さにし ボトムを乾かしてから

サックに収容して車載し

その後に道具コンテナ類とシュラフを片します




たまに撤収時 シュラフを天日干しする光景に出くわしますが

それはやらない方がベター

そのタイミングで膨らましても

サックに入れにくくなるだけですし

天日干ししたければ 使用前か帰宅後にやればいい話です


再び空を仰ぐと…




10時半を前に さらに雲の色が怪しさを増しました…(^^ゞ

日照はまだありますが いつ急変し

雨が降り出してもおかしくありません

そこで撤収の方針を 雨バージョンに変更します




夏のキャンプで天候急変に見舞われる確率は

他の季節より高いと思います

なので撤収する際も 道具が雨で濡れてしまった場合を仮定し

その物理的・心理的ダメージが大きいものから先に

そうでないものは後でという感じに順序付けて片付ければ

後悔は少ないはずです


雨バージョン撤収の考え方は2つです

ひとつは 車載が楽ですぐに片付けられる道具は

後回しにするべし



たとえばこのテーブルとメタルバスケットは

材質的に濡れても拭けば大丈夫ですし…




ラゲッジスペースの隅に立てかけたり

他の大きなコンテナ等の上やセカンドシートに置けば良いので

後回しにしても大丈夫

ちなみにメタルバスケットは 先日これと同じ時期に買った

マーキュリーのバンジーで内容物が暴れないようにしてあります





チェアワンやマンティスチェアも後回し

こちらもメタルバスケットと同じ立ち位置の荷物です




隙き間に入る大きさになりますし

車載物の空隙のどこにでも収容できます

これは末子もたためるので 彼に任せることにしました


そしてもうひとつの考え方として

最後までサイトに残すべき道具はこれにします




タープですね

もし不幸にして雨が降り出したとしても

タープがあれば雨宿りできます

その場合タープ自体は濡れてしまいますが

構造は一枚布だし 晴れた日にベランダなどに干して乾かすのは

テントが濡れてしまった場合もよりずっと作業は楽で

心理的ダメージも少ないはず (笑)




また最近の日本の夏は殺人的な日照になることも多いので

熱中症予防の観点からも タープは最後まで残すべきかと…

思います





なおタープを撤収する手順ですが…




必ずサイドのポールやペグから片付けるべき

これはセンターラインのテンションを残しておけば

前述した殺人的な日照や 突然の豪雨にも対処できるから





先日の室久保グリーンパークでも

撤収中 土砂降りに見舞われてしまいましたが

この状態であれば タープの下で雨宿りして待つこともできました

この時は急いでいたので 泣く泣く雨に濡れながら畳みましたけど…




タープは最後の最後まで

人間を守ってくれるありがたい幕体なのです






約束は守れたようです

これで何も憂うことなく おうちに帰れます(笑)



なおもし撤収中に雨降りだけでなく雷が鳴り始めたら

タープを最後まで残すというのは得策ではありません




ポールに雷が落ちてからでは遅いので

その場合は車内に避難した方が安全ですので

念のため






更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 ウォーラス 台風 撤収 タープ メタルバスケット チェアワン サイト 室久保グリーンパーク

ブヨ害ゼロを今年は継続できている理由



季節は夏で

清らかな渓流沿いでのキャンプです




この景色

サイトに座ってみているだけで癒されます




こうして座っているだけで

身の回りに羽虫たちが

たくさん飛んで来ているのも見えています


間違いなくコイツらも その中にまぎれて

我ら人間の生き血を求め

飛んで来ているはずでした




清流の吸血鬼 ブヨ です

これまで 清流近くや 高原のキャンプ場においても

この吸血虫には何度も害を受け その都度

悶絶するような痛がゆさを味わってきました




ワタシを含め 都会に住む人間には

人の生き血を吸う害虫といえば蚊のほうが身近なので

つい ブヨにやられた時も蚊と同じく 「刺された」 と表現しがちですが

ブヨの場合 「刺す」なんて生やさしいものではありません




ヤツラはヒトの皮膚をかじり 喰い破ってから血液を啜るので

やられると ほぼ間違いなく出血します

また人間がわにアレルギー体質がある場合

ブヨの唾液が反応物質となって ひどく腫れることもあります




ワタシはアレルギー持ちです

腕を刺された時がツラかった…

手首まで腫れてしまって

撤収時に動かしにくくなることも しばしばありました


そんな甚大な害をもたらす吸血虫に 黙って献血してやる気など

さらさらありませんからね

これまでいろいろと策を講じてきております




ブヨが忌避するミントやクローブなどのハーブ・香辛料を使い

その成分を抽出したり あらかじめ精製してあるオイルを使って

さらにシーブリーズも混ぜて 自作の虫避けを作りもしたし…




獣も忌避してよけていくと言われる

強力な虫避け線香 パワー森林香を焚いたり…




また身体の部位としては足首を狙われることが多いので

そこを覆うことができるトレンカタイプのタイツも購入…





トレンカを忘れてきた時は

スポーツタイツと足首を隠す長さのソックスを併用して

とにかく下肢の肌の露出を抑えたりなど

ありとあらゆる対策を講じてきました




今までの対策の中では

下肢の肌を露出しない方法がいちばん効果がありました

しかしこの方法には致命的な弱点があります




暑い夏は無理… (^^ゞ

薄手の生地でもタイツは暑いし できるなら靴下すら履きたくありませんからね


今回の久保キャンプがまさにそれで

川風に吹かれているものの 設営で泳げなかったし…

タイツはおろか靴下も履きたくなくて

実はこの状態で過ごしていたのです




完全ノーガード です

ブヨにやられすぎてやけになったわけではないのですが

今回あの高ディート配合の市販虫避けも持ってきておりません




にもかかわらず

渓流沿いキャンプであるにもかかわらず

今回は一度もブヨにやられませんでした




ちなみにボトムはグラミチのショーツで

ノーガードで挑んだのには暑さ以外にも理由があります

そのことに思い当たって 「いっちょ試して見るか」 と思った次第ですが

その理由というのは彼とワタシの所作の違いにヒントがありました




末子もこれまでさんざん肌を露出した状態で

夏キャンプに来ているのに

ほとんどブヨにやられたことがありません




↑これは過去の道志中のキャンプ場で

夕立ちが上がったばかりで蒸しまくりの夕方

ワタシは言うに及ばず 何カ所かブヨに喰われましたが

このあとも末子は肌を露出しまくりだったのにもかかわらず

まったくの無傷でした


半分は同じ血が流れているはずの彼と

ワタシの行動の違いを考えるに

それはズバリ これを摂取しているか否かの差です




お酒 ですね

ところで ワタシは昨年秋に酒を止めています

それ以降年末年始も年度末・年度始めの職場の飲み会ですら

一滴も飲んでおらず

ただしビールの喉ごしは好きで それを諦める気はありませんから

今回もノンアルは飲んでおりました




お酒を嗜んでいた時って

夏のキャンプ中に飲んだら最後…

露骨に吸血虫にやられ始めた記憶もあったのですが

最後に飲んでから半年以上が経過した今ならもしかしたら…

そう考え ノーガードで臨んだ結果が

みごとに的中だったワケです




おそらく…

アルコールを摂らなくなって体質や代謝が変わり

吸血虫に狙われにくくなったということなのでしょう

ブヨは飲酒後に人体が発する香りに敏感なのだそうですし




実際 今年になって

キャンプ中にブヨにやられたことは一度もない ですし

またキャンプ以外の自宅や仕事中も

蚊に刺されにくくなった気がしています




最近 足の裏の常在菌によっては

蚊に刺される確率が上がると言われ始めましたが

アルコールを代謝する際も 人体から二酸化炭素が発生するので

蚊をおびき寄せやすくなるそうです

どちらかといえば後者がなくなったことが

ワタシが蚊に刺されなくなった理由かなと…


念のため付け加えておくと…




晩夏にトンボが大量に飛び始めると

その地域のブヨは激減しますが 7月下旬の道志に

彼らの姿はまだありません




キャンプ中のお酒は確かに美味しく感じます

しかし心の底からブヨ害を避けたいのなら お酒をやめて少し経ってから

野に出てみるのもアリと思います




健康上もよろしいですし ノンアルも美味しいものが出てますし


ま… 自宅にはまだ

酒をやめる前に虫避けを画策していた頃の

さまざまなグッズが残っているのですけどね






幸い 夏休みに大酒飲みと連れだっていくグルキャン予定があります

これらは貸しを作るため メンバー用に持っていくことにしましょう (笑)





更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 清流 ブヨ タイツ トレンカ 吸血 アレルギー 虫避け

冬は高くなるので夏の間に安く買った方が良いキャンプアイテム



まもなく台風が本州中部に上陸し

大雨が降るとの予報が出ていた7月26日




テレ朝ニュースより

しかも現時点で梅雨すら明けていないのですが

午前9時を過ぎたばかりなのに

温度はこんなん出てしまいました




32度 …(^^ゞ




久保キャンプ場はサイトの植栽的 木陰的スペックは

正直言ってしまうと そんなに高いとは言えません

上の画の感じでは 木陰が多そうに見えますが

残念ながら方角がよくなくて…




Aサイトの木陰は午前中はサイトを覆いません

タープが無ければ直射日光がハンパないことになります




1泊のキャンプで真っ黒に日焼けしたい人にはオススメです(笑)

が…

薄い色のタープでも 何とかなってしまうのが

久保キャンプ場の不思議なところです




幕体のはためきがずっと続くのが その不思議を物語ってます

道志川を吹く川風が止まないので

そんなに遮光度が高くないタープでも

直射日光さえ遮れば 何とか過ごせてしまうのです


しかしこの川風

夏の今なら涼感というありがたさを与えてくれるのですが

冬場はとんでもないことに…




昨年12月の朝は氷点下4度でした

もちろん川風はこの時も吹いており

体感温度はもっと低かったと記憶しています




久保キャンプ場の位置する標高は約450メートルほどなので

さほど高地とは言えないのですが…




何年も継続して冬の道志に来ていますが

この地はもっと標高が高い道志上のキャンプ場よりも

雪が多く積もる傾向があるようです




渓谷の地形が影響して

雲が風に流され 降雪しやすい場所になっている印象を受けます




川風は良くも悪くもこの渓谷の名物なのでしょう


もちろんこの道志川をのぼる風は

昨夜もずっと吹いておりまして…




微風になる時もありましたが

アルコールストーブの運用時 自宅に忘れてきたアイテムの代わりに

チャコスタを風よけとして立てる必要があったくらいでした

ウインドスクリーンはどの季節のキャンプでも必須ですね





昨夜の最低気温は20度でしたが

夏でも風が吹き続ければ

体感気温はもっと下がります






末子は寒くないように700FPのダウンシュラフを与えて

父は先日オクで入手したばかりの このシュラフを初使用し

休んでみました




W2という詳細不明なメーカーの

ダウンと化繊フィルのハイブリットシュラフ




夏の平地のサイトなら フィルが化繊のみのシュラフでも

じゅうぶん寒くなく寝れると思いますが

河畔で川風がずっと吹いてましたからね

化繊だけじゃ寒さで目が覚めることがあったかもしれません




そのあたり さすがダウン併用です

謎のメーカーですが 一度も目覚めることなく朝を迎えられました




何より朝起きてみてビックリしたのは

自宅で初めて広げた時より

シュラフが大きくなっていたこと…(?_?)




あとでサックに収容した後で改めて見つけましたが

明らかに目の錯覚ではありません





下の2枚は自宅でサックに収容されていた時の様子







キャンプで初使用した後を見ると

あきらか膨らみ方が違います




サック両端がパンパンに膨らんでいるのを見れば明らかですね

約4000円で入手したものです

安かったけど良い買い物でした




ダウンシュラフはシーズンとなる秋冬より

夏の今の方が 明らかに安く手に入る確率が上がります




冬もキャンプに行くことを考えているなら

探している方は早めに動く方がよさそうですよ


さて今回のキャンプではもうひとつ

これは良かったと心の底から思えたことがあります




今までは 夏の渓流沿いや高地でのキャンプなら

覚悟しなくてはならない重大な事象だったのですが

免罪符を手に入れられたのかもしれません











更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 標高 450メートル 道志下 道志上 道志川 川風 氷点下 ダウンシュラフ

燃料別に1時間の費用をガチ比較・最安バーナーは圧倒的スペックなあの燃料の…



今年は梅雨明けが遅かった…

この時点でまだ関東甲信地方は

梅雨期が明けておりませんでしたが…




昨日出ていた80パーセントの降水確率予報は

みごとにはずれました




7月26日 金曜日の朝です

道志川に立ちのぼる朝もやが まるでスクリーンのように

渓谷に差し込む太陽の光を神々しく捉えています




なんとも幻想的な光景を見ることができましたが

これも急きょ人数増となったこちらの我がままに対して

河畔のAサイトをあてがっていただいたおかげ

管理者様のご配慮が ありがたい限りです




しかし今回はソロ行ではないのでして…




7時過ぎに末子が起床

現実に戻り 父として朝メシの支度を始めねばなりません




今朝も熱源はトランギア

すでに暑くなり始めていたので大火力のバーナーを避けましたが…




現実ついでによくよく考えると アルコール熱源というのは

そう燃費が良いものではないんですよね


そのあたりについて 前々から再考する必要を感じていたので

今回の更新は 本当にサイフにやさしいキャンプ用の燃料とは何なのか

とことん突き詰めて考えることにしました




まず燃料用アルコールですが

これはドラッグストアや薬局などで 手軽に求めることができます

調達のしやすさは ホワイトガソリン(白ガス)よりも上でしょう

しかしそのお値段 実は安いとは言えないのです




ネット上ではもっと安いものも探せますが 送料はかかります

一方 実店舗ではだいたい300円台後半くらいで買えますから

1リットル必要ならば700円を超す出費になります




この伝統的なアルコールストーブの容量は50ml で

通常は3分の2くらいまでアルコールを注いで運用し

熱源としておよそ25分間 約1000kcal/hの熱量を発します




他の燃料と比較するため 時間単位に条件を均(なら)します

キャンプで調理にかかる時間の合計は

おそらく1泊で1時間程度の方が大部分と仮定し

前述した燃焼時間と燃料注入量からは

トランギアの1時間あたりのアルコール消費量は ほぼ80ml

実費として 500ml入りのボトルを400円で購入した場合は

1時間あたりのアルコールストーブ燃料費は64円

となります




日本の燃料用アルコールは高いです

過去にイタリアでそれを求めた時は

1リットルのボトルが1.28ユーロ で買えました

当時のレートで 日本円ならほぼ150円

しかも日本より入手は簡単で

駅前にあったスーパーで食料品と一緒に買えてしまいました




日本でもイタリアなみの価格でアルコールを買えるなら

1時間あたりの燃料費は30円程度で済むのですが…(^^ゞ




それでもアルコールは 一般的なホワイトガソリン(白ガス)よりは

安いのです

ガレージ・ゼロの比較的安い白ガスで リッター単価は 540円

送料別なのでネットで買えばもっと高くつきますが

全国津々浦々のキャンプ場売店に置かれている某○コクリーンはもっと高いし

圧倒的シェアを誇るそれ以外を求めようとすると

ホームセンターを選んで探さねばなりません



エネゴリくんちの一斗缶もあります これなら1リットル359円と安いけど

本来の用途は機械洗浄用です

燃料として使うなら お約束の「自己責任で」 という前提が付きます


では白ガスを実際の火器で使用した場合は

燃焼費用はいくらになるかというと…




白ガスの一般的なストーブとして挙げるのはこれ

コールマンのスポーツスターⅡ




コールマンの公称値では最大火力が約2,125kcal/h

燃料タンク容量は約520ml で 燃焼時間は1時間半~3時間ですが

実際は満タンにせず運用しないと加圧できず

きちんと燃焼しない質のバーナーです

最大容量の8割程度まで給油し 火力を調整しつつ

2時間使うとすると 1時間あたりの燃料使用量は約200ml となりますが…




これが前述の日石一斗缶の白ガスならば 1時間72円

アルコールなみの費用で済みますが

純正燃料ではなんと 179円

1時間でほぼ180円が燃えて消えていくことになります



別の燃料を使えるストーブも3つ

引き合いに出しましょう


 



先般発売されたばかりの CB缶使用 スノーピーク HOME&CAMPバーナー と

マルチフューエルの古参 MSRドラゴンフライ

それに自動車用ガソリンが使えるMUKAストーブ


前二者 HOME&CAMPバーナーとドラゴンフライの最大火力は

共に2,200kcal/h くらいなので スポーツスターII とほぼ同じくらいの出力性能ですが

MUKAストーブは最大で4,000kcal/h の高出力バーナー

しかしその勢いで使ってしまうと燃費はかなり落ちるらしい…


そしてこれらのバーナーを取り上げたのは

いずれも燃料の選択や購入先について

いくつかのバリエーションが考えられるものだからです




まず発売が新しい方からスペックを見てみると

HOME&CAMPバーナーは

1時間あたり178グラムのガスを消費します




専用CB缶 ブタンガスは237円

これ1本で110分の運用が可能ですが

1時間あたりに換算すると129円かかることになります

ワタシはSPバーナーを買う気はないし 持ってすらいないので分かりませんが

もしも 100均で買ったCB缶が使えたなら

1時間あたり59円ほどの費用に抑えることができるみたい



ふたつめはSOTSのMUKAストーブ




こちらは白ガスと

自動車用のレギュラーガソリン(赤ガス)が使えますが

赤ガスを調達するには 消防法令に適合した携行缶が必須となります




一般に20リットルまでのタンクしか売られていないのは

消防法令で22リットルまでしか購入できないことに由来するらしい

また特に自動車ガソリンを持ち運ぶのは鋼材のタンクしか許可されないそうです





前述したとおり MUKAストーブの最大火力は4,000kcal/h ですが

その勢いで使い続けると たった1時間で燃料切れを起こします

しかし2,500kcal/h つまり中火程度で使用した場合は

480mlの燃料で約1時間半の運用が可能だそう

これをリッター140円のレギュラーガスを使うとして 1時間あたり費用を計算すると

なんと 45円という安さ!


ただしこの燃費は赤ガスを使用した場合で

白ガス運用の場合はもっと効率が落ちるそうです


いっぽう最古参のMSR ドラゴンフライ

工場出荷状態は白ガスで運用する前提のセッティングに

なっていますが…




灯油用ジェットが付属しており ユーザーサイドでの換装が可能で

実際灯油で運用されている方も多く見かけますし

我が家のものもご多分に漏れず そうしてあります


実燃費をきちんと計ったことはないものの

ネット上で調べてみて 複数筋から得た数値情報は共通してました

灯油600ml で153分間 つまり2時間半以上も燃焼するらしいです




そして灯油のお値段は…

いつも5リットルタンクに給油するのですが

支払いはだいたい450円未満で済んでしまいます




ドラゴンフライが1分あたりに消費する灯油量は

切り上げて 約4ml なのですが

リッター単価 85円として 1時間あたりの費用はなんと驚きの…

0.34円!



確かにドラゴンフライを使う時って

その前に燃料ボトルに給油したのがいつだったのか

思い出せないことがほとんど…

これはやはり燃費が良いからなのです




やっぱりランニングコストがいちばん良いのは灯油でした

MUKAがどんなに凄くても イタリアのアルコールが安いとしても

この圧倒的な数字の前には色褪せて見えます




灯油を5リットル買っても 燃料用アルコール500mlより

少し高いくらいの出費で済みますからね

次からは暑くても ドラゴンフライを使うことにします… (^^ゞ




では話をキャンプレポに戻しましょう

灯油のランニングコストが最安値だろうという気はしていたものの

それでもアルコールストーブを使うことにしたのは

このクッカーの存在が大きな理由でした




sea to summit のX-ポット 耐熱シリコン製クッカー

底はアルミ 胴は耐熱シリコンのクッカーですが

耐熱とはいえ強火が回ればシリコンは焦げるはず…




でもトランギアなら…

いや正確にはトランギアと専用ゴトクなら

胴部分に火が回ることはほぼありませんし…




X-ポットのこのフタが罪なヤツなのです

湯切りが出来る多孔部分がありますから

暑い時季のキャンプ飯に最適なこのメニュー…




素麺を茹でるには 最適なんですよね


ちなみに川下からの風はこの時も止まっておりません

なので…




昨夜に引き続き チャコスタを風防代わりに使っております



風防となるウインドシールドは持っているのですが

手持ちのものは 薪スト使用時にその有用さを見出してしまったため…




アイアンストーブちびのケースに同梱したまま

自宅で夏眠中なのでして…(^^ゞ




夏用を本気で買わないとならなくなってきた気がします… (^^ゞ


そして素麺の出来上がり♪




4束 つまり4人前を茹でましたが…




この後きれいに 父子2人の胃袋に

すべてが飲み込まれていきました




この人 相変わらずの麺喰いです

昨夜もラーメン食べてますし 実は昨日の昼も蕎麦を食べていたりします (笑)






更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 アルコール トランギア MUKA スノーピーク ホワイトガソリン CB缶 ドラゴンフライ 灯油 レギュラーガソリン

ランタンマントルの放射性物質から身を守るごく簡単な方法とは



19時半の道志村 久保キャンプ場




場内には照明設備がありますが

このタイミングでスタッフ様が不在だったため

まだスイッチは入っていません




ですが場内の照明が点いたとしても

河畔のAサイトにはその光があまり届かないので

どっちにせよ自前の照明器具が必要になります




温泉に行く前にすべてのランタンに給油しておいたので

未点灯だった残り2基の639C700も点灯させて

快適なサイト照度を確保完了

そして 「やっぱりか」 と確信しました

このところ感じていたことなのですが

最近 639Cの灯色が黄色っぽいんですよね




ただし そう感じたのは最近になってから




6月くらいからのキャンプで

夜間に撮ったRAW画像を現像すると

黄色みが強い場合があることに気付いていました

そしてこの現象は あの時のケロシンランタンを

撮った時にのみ起きる現象だということも…




6月末にジェネレーターを交換した639Cが1基ありますが

そのマントルは空焼きを2回行っていました

初回は生焼けだったのですが ジェネレーター交換後に

本焼きとなる空焼きをしたマントルは…




自宅での初回点灯時から真っ黄色でした




やっぱりあの時 大王マントルに付け替えるべきだったかなと

少し後悔しましたが いや…

もしかしたらこれで良いのかもしれません


というのも 実は ランタンのマントルには

微量の放射性物質が使用されています

ご存知の方はご存知の事実です




過去にドシメーターを所持していた時

中華マントルの線量をはかったのが上の画です




マントルからドシメーターを離すと

すぐに線量が下がります


なにゆえわざわざ 被曝の危険性がある放射性物質を

ランタンなどに使うのかというと マントルの輝度を増す効果があるからです

マントルには微量の放射性物質 硝酸トリウムが使われているのですが

これは硝酸トリウムを燃焼させて酸化した状態で加熱すると

白色に強く発光する性質を持つため


ちなみにトリウム( Th )が放射能を持つことは

1898年にマリ・キュリーらによって発見されています





しかし先日リペアしたランタンが白色でなく

黄色く灯るということは…




二度空焼きを行う羽目になったことで

トリウムがとんでいたということかもしれないなぁと…

少なくとも子連れのキャンプではこっちの方が安心ですけどね

ま 実際のところ 前述の線量計測画を見ていただいてわかるように

マントル直上では毎時0.65マイクロシーベルト(μSv/h)と表示されましたが

トリウムが出すのはα線です

α線はすぐに原子と反応して速度が落ちる = 透過能力が極めて弱い ので

紙でも遮蔽できます




心配な方は ランタンの周囲に和紙のついたてでも立てて運用すれば

それだけで大丈夫なはずです

むしろついたてが燃えないようにする方に気を遣うとは思いますけど

またマントル交換の際は素手ではない状態で取り扱えば安全です



話を替えて キャンプレポに戻ります

この時点でまだ梅雨明けしていませんが

それでも季節は夏で やっぱり暑いので…






調理や湯沸かしは

熱量の少ないアルコールバーナーで良いのではないかと

最近になって考え始めました

なお ユニフのチャコスタを横に立てているのは

ウインドスクリーンを忘れてきたからにほかなりません

絶えず吹く川風で 焔が煽られるのです




ところで なぜお湯を沸かしているかというと

紅椿のラーメンだけじゃお腹が足りなかった

小学生がいるからでして…




炭水化物は要らないそうです

それより肉系が食べたいとのことで

自宅から持ってきたソーセージを炒めます




夜ですが これに温朝食のアレも付けました






熱かったらしいですが

寒くて寝られないよりはマシなはずです


それにしてもやっぱりにサイトが黄色い…

目がおかしくなりそうに感じ 補助照明を点灯させます




テーブルライトとしてのノーザンライト

その焔の色はケロ灯よりも黄色いような気がしますが

実際は白い光であることを カメラは

この画像をもって 教えてくれました




現在の温度は23度

ルットルプの表示を撮った色の変化で

近くに置いたノーザンライトの色味が伝わるでしょうか…


とは言え…




就寝前にジェネレーターを修理していないランタンのみ消灯すると

サイトを照らす灯色は黄色みがかってしまう…

大王マントル 1つしか買ってなかったので 換装するのはちと惜しいんですよね




マントルは素手で扱わないのはもちろんですが

空焼きも念入りに行った方が良いのかも…






更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 639C700 ケロシン ランタン ノーザンライツ ジェネレーター 大王マントル トリウム 放射性物質 輝度

たった100円で快適度大幅UP↑ 夏の道志川温泉はサービスタイム避けると間違いナイトプール♪



冷たい道志川での川遊びで

身体をキンキンに冷やされたらしいです




こういう時 夏キャンプでもダウンシュラフは役立ちます

キャンプの冬装備は夏装備を兼ねますが 逆は無理ですしね



ダウンシュラフは正値では安い買い物ではありませんが

OEM品などを探せば安い場合もあります



しかし根本的に末子を温めてやり お腹も満たすには

行動と場所を移すべきですから その準備を始めます




Aサイト脇にあたるBサイトエリアに駐車して良いと言われていましたが

たまたまその横にドラム缶風呂があります

ですがこれは我が家でお願いしたものではありません


その場所に行って戻る頃には

ほぼ間違いなく日没が過ぎることになるので

サイトの灯りを確保しておく必要があります





ということで 639C700 3基 に灯油を注入




先日ジェネレーターを交換したばかりの物を選び

これ1基だけを点灯させておきます




ジェネレーターの真鍮色がまだ眩しいですが…




さすがジェネレーターはほぼ新品なので絶好調♪

さらに眩しくなりました (笑)




これから向かう場所まで 3キロ弱

KBからは徒歩なら40分必要ですが

車なら5分とかかりません




道志川温泉 紅椿の湯ですね





この時点で時刻は17時50分




しかし 紅椿の湯と言えば

19時を過ぎてから入場すればサービスタイムで…




大人1000円が500円に

小人500円が300円へと割り引かれるのですが

まだその時刻にはだいぶん早いです

にもかかわらず訪れたのは これを持っていたから




キャンプ場で貰える紅椿の湯の割引券

KBだけでなく 椿荘ACなどでも配布されています

大人はサービスタイム利用の割引より100円高いけど小人料金は同額

それにその開始時刻である19時を過ぎると

館内はあからさまに混み始めますから




土日でなくとも今は学校が夏休みなので

100 円くらい余計に払ったとしても

そのほうが空いており快適に過ごせるのでは と考えました




実際 この時刻に訪れたら 土日は絶対に満車状態な

建物直近の駐車場に停められましたし♪




思惑通り 浴室内はガラ空きです

土日の19時以降は行くのをためらうくらい混んでいる露天風呂すら

貸し切り状態でした (^^)






風呂上がりに入浴方法や禁忌など

ちゃんと目を通す余裕があるのも

ガラガラに空いていた証拠です


もちろんお食事処のテーブルも選び放題で…




末子はラーメンをオーダー

それだけでなくソフトアイスまで注文




ダブルオーダーさせても 厨房は暇そうだったので

心が痛むことはありませんでしたし

何よりあっという間に食券番号をコールされました


ワタシはノンアルで喉を潤しつつ…





よくばりぶっかけそば でお腹を満たします




かき揚げとわかめ それに山菜入りの冷そばですが

こちらも思ったより全然早く作ってもらえましたが

思惑より早く食べ始めたせいで 意外とお腹が膨れてまった…

だってゼロイチが半分以上残ってる段階で 番号呼ばれちゃいましたからね

…という感じで たった100円多く払うだけで

貸し切りに近い温泉や食事処を堪能できた割安感は

お釣りをもらったのかと感じるくらい大きなものでした


100 Yen Coin - 100円玉

キャンプ場割引券を利用して紅椿でサービスタイム外の空いた温泉に入浴する…

このワザ 特に夏の繁忙期には有効みたいです




KBに戻ったのは19時5分前

ちょうど入れ替わりに

団体さんがキャンプ場を後に車数台で出ていかれましたが

もしやあの人数が紅椿の湯に来たと考えたら…

サービスタイムをはずしたのは正解と確信を深めました (笑)




今回はランタンを点けて行かなくても間に合ったかもしれませんが

どうせすぐに真っ暗になるだろうと思っていたら…




30分も経たず加速度的に真っ暗闇です


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Coleman ケロシン(灯油) ランタン 639C700
価格:19872円(税込、送料別) (2019/7/27時点)



ケロ灯の中ではいちばん安定稼働すると思います 点けっぱなしでも安心です






更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 KB 紅椿の湯 サービスタイム 100円 割引券 椿荘 639C700 ガラ空き 貸し切り

子連れのキャンプこそラック・テーブル類を増やした方が良い理由



たっぷり2時間は川遊びをしていたでしょうか…




急きょ ソロ予約を末子とのペアに変更するべくお願いし

入らせていただくことが適ったA1サイト




ここは清流 道志川に近いだけでなく

同道した子供を川遊びさせている最中に何かが起きても

秒で駆けつけられるロケーションにあります




もちろんPFDを身につけさせた上で

「目を離さなければ」 という前提付きですが

小学生を水遊びさせながらも

設営を進めることができる環境が整っていました




そんな末子も16時頃には遊び飽きて

テントにイン…




道志川の水温は低いので 身体が冷えてしまったらしい

ウォーラスの中でダウンシュラフにくるまってしまいました…(笑)


ところで今回の帯同人数は2人にもかかわらず

ラックやテーブルの類は多めに持参してあります




なのですが私感としては

これでも足りないような気がしてならないのです

そう感じたのには理由がありまして…




キャンプ中は 屋外での住空間を快適にするため

普段以上にいろいろな道具や食材を使わなければなりません




その営みは 自宅にいても同じはずなのですが

通常なら 家屋の中には備え付けの棚や

家具としてのテーブルなどがあるはずで

道具や食材を並べたとしても 置く場所にはそう困ることなどありません






しかしキャンプ場に来れば

これらのラックやテーブルなど

テントサイトにも コテージにさえ用意されておらず…




ただでさえいろいろな道具を広げなければ

快適度は上がらないのですが それらを置いておく台は

無いか あるとしても有償で借りるしかありません

それなら自分で持ってきたほうが早くて安上がりです




今回は9脚のテーブル・ラック類を持参してきましたが

帯同人数2人のペアキャンプでも

これで足りるかどうか…


 
ユニフのフィールドラック3脚 焚火テーブルは2脚…

それらに加え デザインリコさんのテーブルを大小2脚とクーラー台を1脚

さらにDODのテキーラレッグでしつらえたテーブルも展開しています




ソロキャンプであれば もっとずっと荷物を減らせますし

道具や食材も用が済みしだい片付けていけば良いのですが

少なくとも自分以外に同行者がいて

特に それが子どもである場合は厄介です




彼らは散らかすのが仕事なので…(笑)

キャンプ中 子どもたちにオモチャやらゲームやらを 「片付けろ~」 と言いつけても

楽しくでそれどころではない場面は多いもの

挙げ句に声が大きくなったり 怒ったりしても 周囲の方に迷惑がかかかるだけ…





子どもに対して いろいろ言ってもまったく響かないことがありますが

非日常の空間で楽しいことが盛りだくさんなキャンプ中は

特にそうなることが多いはず…




そんな時は小言を吐くより前に 置き台をより多く広げてやり

自分から気付いて整理できるよう環境を整えてやる方が

まだ建設的と考えています

そんな考えのもと ラックやテーブルの類を9脚も持参してきたのでした

最近は「片付けろ~」と言わなくても なんとかしてくれるようになってきた気がします




また自主的な片付けを促す環境を整えるなら

ゴミを捨てる環境も充実させると良さそうです



話が逸れましたが KBの現在時刻は16時半




この時点で場内放送が入ります




レンタルテントを借りている団体の方々に向けて

「このあと雨が降る可能性があります」 とのことで

テント上の屋根になるよう 集会テントを移動しますとのアナウンスでした


なるほど確かに…




朝の時点で確認した画ですが

午後は80パーとかなり高めの降水確率でした

台風も日本に近付いているし 何より今はまだ梅雨明け前なのです


場内放送の30分後には

Bサイトはこういう光景に変わっておりました




翌朝に撮った画ですが テント上に集会テントです

この備えなら大雨が来ても 少なくとも上からの水滴は防げるでしょう


いっぽう我が家は団体客ではありませんから

雨が降る前に 自前で何とかするしかないのですが

その辺りの準備については 事前にきっちり仕上げてあります




今回のタープ ヘリテイジは

GWのグルキャンで大規模な雨漏りに見舞われるという惨事を受けて

連休後に古いシームテープを剥がし

新たにシール処理を施してありましたから




少しずつ空模様が怪しくなってきましたが

いつ雨が降ろうとも それを迎え撃つ準備は整っております




この張り方だけはやり直した方が良さそうなので

それを整えてから 道志キャンプじゃお約束の場所へと向かいました




ただしいつもそこへ行く時間帯よりちょい早めなのですが

その方がお約束の場所は空いていて 末子も楽しめると考えたから

この考えのための対価は安いものでした 続きます






更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 KB テーブル ラック 子ども 帯同人数 台風 梅雨明け シーム処理 ヘリテイジ

台風が来る前に至高の眺望サイトで川遊びキャンプを楽しめたのは誰?



7月24日に九州南部・九州北部 (山口県を含む) 四国・近畿

そして北陸地方が 25日には中国地方も梅雨が明けましたが

東海や東北 関東甲信地方では まだ宣言が出ていません




25日の関東地方は暑くなりました

これで梅雨明けしていないというのが信じられないほどです




11時半の外気温は34度に達しています


相模原市緑区城山付近を車で移動中ですが…




確かにこの空の色は まだ梅雨時季のものかもしれません

真夏の青空より 蒼の深みが足りないように思えてきます

しかし東日本に梅雨明け宣言が出ない 最大の元凶は

これが来ているからなのでしょう


今週末は明らかに東海・関東甲信地方は大雨です

世の子どもたちはせっかくの夏休みなのに気の毒ですが

私的には仕事が一段落した向きがあり

上半期に頑張った自分へのご褒美として有休を取り

こちらに平日キャンプの予約を入れてありました




5ヶ月ぶりの久保キャンプ場

ですが今回はソロではなく この人も同道です




ひさびさの末子とのペアキャンプ


KBに予約した当初はソロのつもりだったのですが

末子のほうから 「いっしょにキャンプに行きたい」と言い出したので

直前に管理者様に人数追加をお願いしたところ 快諾いただきました

姉兄たち2人ともが高校生になって 家族でのお出かけが激減した4月以降

なかなか連れ出してあげられずにいましたしね

贖罪にも悪くないタイミングです




まずはアプローチを下り お忙しそうな管理者様に挨拶し

早々に受付を済ませます




この急坂を降りるのはこれまでほとんどソロでした

1人じゃないのは実に3年ぶりです




出典元 : 久保キャンプ場 http://kubocamp.com/book/


忙しい合間の管理者様から伺った話では

ワタシが予約当初の予定通りソロキャンプだったら

いつものCサイトにするおつもりだったそうですが…




ここです ワタクシのKBソロでテッパンなのはこの光景

しかし今回はなんと!




KBの中でいちばん眺めが良く 道志川へのアクセスも良い

Aサイトをあてがっていただきました

私的にはこのサイト KBの中で最も魅力的で

かつ夏の川遊びキャンプには最適な 至高の場所です

ありがとうございます





父は先に設営をしなくてはならず 末子だけ水着に着替えさせ

「泳いでおいで」と送り出せましたし…




スイミングスクールには通っているけど

もちろん PFD (ライフジャケット) はつけさせています

それでも絶対に溺れないとは言い切れませんから

何かあれば数秒で道志川に飛び込める距離で監視しながら

設営をすすめられるのは 本当にありがたい!

ちなみにワタシも大人用 PFDの持参は忘れておりません




ひさしぶりにウォーラスを設営して

ときおり末子に声を掛けつつ 設営を進めていきます






晴れたままなのか雨が降るのか微妙な空模様ですし

大きめのタープを張り出したかったので

コードの取り回しを工夫しながら ペグダウン






ヘリテイジはシームの再撥水処理後 初張りですが

やっとその効果を試すことができそうです


ただ 惜しむらくは…




私が設営を終える前に末子はひとりで満足するまで水遊びして

川から上がってしまったこと…

私は川に入ることは適いませんでした (T.T)






元もとは長女用に買った大きさの物ですが

末子も使えるようになりました

子どもの成長って早いなぁ… (^^ゞ






更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 KB ソロ 道志川 水遊び ペアキャンプ 台風 梅雨明け 至高 サイト

あのキャンプ場不法侵入事件は2017年も起きていた?



今年は正月の不法侵入事件以来

パトロールキャンプとして何人かの方が

KBに訪れています


ワタシもパトロールキャンプに伺ってますから

前日に続いて2日目も場内の巡視を行いました




バンガロー棟前の積雪にある足跡は

ワタシが付けたものです




新しいログハウス10も窓から中を覗きましたが

侵入者の形跡はありません






トイレ棟や…






場内最下流域にある丸太小屋C・Dにも

人が入った形跡はありませんでした





Cサイトに残された足跡もワタシが付けたもので…





まさに 「雪に閉ざされたキャンプ場」 といった風情




2日目の巡視を終えて

管理者様に 「異常なし」 とDMで報告しましたが

過去に訪れた雪中のKBソロと今回では

異なる点があったことまでは申し添えませんでした


これは昨年 2018年の冬サバイバルソロキャンプ時の画像…




2017~2018年の冬季閉鎖期間の当時は

管理者様のご厚意で

雪中の水も電気もない環境でも凌げるようなそれなりの装備を持ち

トイレなども後腐れ無く処理できる人限定で

「サバイバルソロキャンプ」 と銘打たれて

挑戦者への門戸が開かれていたのです

そしてその愚行に2年も続けてエントリーしたのはおそらく

ワタシを含めて数名しかいないはずですが

もちろん管理者様の許諾を得た上での挑戦でした





2018年と2017年に撮った画に写り込んではいないのですが

実はその時のKBには ワタシ以外にも

そして明らかに雪中サバイバルキャンプ挑戦者ではない来場者が

訪れていました


それも1人ではありません

複数名です




これも昨年 2018年の冬サバイバルソロキャンプ時の画像


過去2年の雪中ソロ時に姿を見たのは

軽トラを駆り作業着を着た河川管理者と思しき方が2名と

どうやら雪遊びのためか 徒歩で現れた親子連れ3名…

後者はあるいはキャンプ場の近所の方だったのかもしれませんが

いずれも気が付いたら 姿を消しておりました

だいたい小一時間程度と思います




管理者様にも確かめたワケではありませんけど…

前者は合法的な敷地内進入だったとして

しかし後者はそうではないのかもしれません


それが今年はパトロール要員である自分以外は

まったく人影が見えません





この違い…

もしも管理者様の発した情報の力に依るのだとしたら…


やはりスゴイ

SNSの影響力って 驚嘆すべきことと思います

私的には 今回 パトロールという使命を帯びていたとはいえ

静かな時間を過ごせたのはありがたい限りでしたけど…



でももう使命は果たしたのだから

なるべく足早に去るべきなのでしょう




巡視中に見つけました

昨年末に川の水を汲むために使わせて頂いたバケツが

トイレ棟の横に置いたままだった…(^^ゞ




中を濯いでから元の場所へ戻して

年末にソロキャンプで2泊を楽しませていただいたことへの

感謝とけじめを示すことができた気がします






Bサイトにも日が差し込んできて

車窓の霜の融解も幕体の乾燥も進んできた…






正午過ぎには6度にまで気温が上がります






ファウデを収容し

撤収を完了させて…






次に伺う時は不法侵入者の心配などせず

純粋なキャンプ客として ここソロの聖地KBで

楽しい時間を過ごしたいものです






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 ソロ サバイバル キャンプ パトロール ファウデ 不法 侵入者 探偵



サイト内検索


ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村





スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪












メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ