キャンプ中の強風が視覚的に伝わるか試してみたら…



もうすぐ4月ですが、道志の森の止水期間は継続中。

例年4月中旬~下旬ころに解除されるのですが

止水期間中は利用できるサイトも制限されています。




どのあたりまで利用制限されるのかは

その年によって異なる感じですが、西沢林道から管理棟へ入ると

天然プール周辺のサイトしか入らせてもらえません。




こんな感じ。ロープが張られており

これ以上奥には進めません。




冬季は管理棟でのキャンプ受付をしないので

巡回の手間を省く意味があるのかも。




巡回徴収ですが料金はこの価格です。相変わらず安い♪ 


さて… 




相変わらずくしゃみは止まりません。

杉花粉の本拠地に来てしまいましたからね。




9時半を過ぎ、ますます暖かくなってきて

薪も熾火も尽きたのでちびストーブを撤収した後のこと。




風が強くなってきた…。

幕内から見える天然プールの水面が

その状況を視覚的に捉えていました。






水流はほぼ止まった状態の天然プールの水面が

強風でさざ波に揺れています。


さらに幕体も






エントランスから吹き込む風で

幕体がパンパンに膨張する瞬間です。




もともと風に強いティピで、16角錐の頂点をしっかりペグダウンしていますから

この程度の風なら問題ないのですが、幕体をたたんで収容する時に

風に持って行かれないタイミングを読むのに苦労しそう。




実のところは収容時は風が止み、無難に収容できたのですが。




現在11時で気温は16度。

この後、無事に幕体を収容完了。




でもまだ帰れません。

前述の16箇所のペグは地面から引き抜くと

間違いなくドロドロに泥が付いているから…。


しかし止水されている道志の森なのに、ありがたいことに

ペグの泥汚れを完膚無きまでに洗い流せる設備が整ってます。




天然プールに注ぐ天然水。

飲用も可能ですが、とにかく水勢がスゴイので

16本のペグを瞬く間にきれいに洗えてしまいました。




おひさまのおかげで濡れたペグもすぐに乾かせたし♪





ソロでのんびりと身も心も休まったいい時間でした。

これでくしゃみさえ止まれば言うことないんですが…。





キャンプ後に切れてしまい楽天で追加オーダーしたのですが

薬って配送されるまでに時間がかかる場合があり… 

仕方なく実店舗で買い求めてしまいました…(^^ゞ 





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 道志の森 ソロ キャンプ 強風 天然プール 花粉 アレグラ

春先キャンプ・最大最強の障壁との戦い






2月にリペアを済ませ

前回キャンプ、KB冬ひとりキャンプに持ち込んでいた

今はなき伝説。デザインリコ謹製のホワイトアッシュ卓。






修繕後、やっとの実用が適いました。


問題が起きていた左右天板を合わせるセンターは… 




修繕後1ヶ月経ってますが問題ありません。

完全に実用レベルに戻せました。


そして完全復帰を果たした伝説のガレージブランドのテーブルで

ソロにしてはやや贅沢めな朝メシをいただきます。




アルファ化米は完全に戻り

こんなにも美味しそうに盛りつけることができました。




ほんの少しだけ焦げがつきましたが

風味には影響を感じません。




激辛麻婆豆腐に… 




前日に求めてあった和食系の総菜も添え

さらにエスニック系も添えて… 




相変わらずですがこれ大好きです。

トムヤムクン。


これらを平らげて、食後にコーヒーも淹れましたが… 




スタンレーマグに淹れてますからね。

帰路車中で喉を潤す温かい飲料にもなりました。



さて… 




早朝は雲海に沈んだ道志の森ですが

午前9時を過ぎる頃には晴天に恵まれています。




一見したところ、気持ち良く撤収作業に入れそうなビジュアルなのですが

実は違うのです。




風が強い。

この時期、杉林が近くにある山中で強風に見舞われると

くしゃみが出始めてしまいます。




かつて同じ時期に道志に赴いた際も

同じ目に遭ったので、これを持参していましたが

今回も使う羽目になりました。




アレグラを服しても車載のボックスティッシュは全て使い切ってしまい

帰路途中に補充分を買い求める必要があったほど。



花粉症ってこの時期のキャンプ、最大の難敵。

楽しみを阻害する最強の障壁かもしれません。




あと少し、杉花粉の飛翔は続くと思います。

対策はお忘れなく。





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 道志の森 キャンプ 麻婆豆腐 トムヤムクン 花粉 アレグラ ボックスティッシュ アルファ化米

腹が減っては撤収できません



見る間に雲が、自分の目の高さの近いところで動いて行きます。






道志の森の一帯は雲海に包まれ

幻想的な眺めをもたらしていました。








キャンプ場の敷地を貫く東沢林道を上っていったら

雲の中で散策が適うかもしれませんが

現実に自分が置かれた状況が妄想を打ち砕きました。




あーそうだった。

薪の残りが僅かしかないのです。




もはや開き直って、ちびスト吸気口は全開状態での運用。


自宅から持ち込んだ広葉樹薪はガラ袋1つ分のみで

往路道中で追加調達しようかとも思ったのですが

暖かそうな予報でしたからね。久保つりへの立ち寄りは見送ってしまいました。




ま、薪がなくなっても、アルパカストーブの灯油は

まだまだ潤沢に残ってますしね。

そしてもうひとつ、現実的な欲求が

雲海を追いかけるなどという妄想を、完膚無きまでに打ち砕きました。




腹が減っては撤収はできません。

普段から夕食の量は少なめなのですが、特にソロキャンプでは

設営して灯火器類や薪ストを運用し始め、ビールを飲んでいるうちに酔いが回り始めて

そのまま酔いつぶれては防寒上危険なので、早めにシュラフに入ってしまいます。




そのため気が付くと夕食を摂らずに寝ていることが多いのですが

今回もそうなってしまったので… 

朝起きると、メチャメチャお腹が空いた状態なのです。




ということで朝メシ作りを優先させましたが

上の銀色のパッケージ、実は… 




某所から、賞味期限切れ間近の

防災用非常食を貰い受けてきたものでして… 




アルファ化米ですね。

ひさしぶりにこれの調理にチャレンジしてみました。








かつての海外旅行で現地の水に当たってお腹を壊した時

窮地を救った食材です。

今回も良い仕事、してくれました。




この画だと思いっきり見た目が悪いのですが…(笑) 






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 道志の森 キャンプ 雲海 ガラ袋 ちびスト 薪ストーブ アルパカ 灯油 アルファ化米

道志の森で雲海キャンプが適う


今回訪れたキャンプ場とは異なるところのトピックですが

同じ道志村で同じように人気のある場所なので掲載します。


久保キャンプ場: KB の新しいサイト区画が公開されましたね。




今回のサイト改変では各エリアのサイト数が減らされていますが

個々のサイトを拡大されたようです。




これは昨シーズンまでのサイト図。

サイト改変により利用料は上がりました。


しかし昨シーズンよりも広く使えることになりますから、差し引きゼロ… 

否、特にこちらにはソロで訪れることが多く

ソロ薪会員の料金が据え置かれていますから、値上げ以上の価値があると捉えています。

ざき姐さん、ありがとうございます (^^)


さて、同じ道志ですがKBよりもっと奥、山中湖側にある

道志の森のソロの夜。






幕外は冷たく漆黒の闇に沈んでいますが

幕内はホカホカ。




自宅から持ち込んだ庭先乾燥薪は

3月上旬の嵐で雨に濡れてしまったのですが

何とか薪ストを稼働状態に持っていけました。


でも就寝中には熾火状態になってしまいますから

今回も灯油熱源とのダブル運用。






信頼のアルパカストーブです。


そしてこの備えも夏以外のキャンプでは

もはやマストなアイテムになりました。






湯たんぽですね。

これらの装備でモンベルのダウンハガー#2とくれば

寒いはずがありません。






翌朝まで一度も目覚めず。なんと9時間半も爆睡。

今回も自宅より快適に眠れました。

中高生のいる我が家は夜が遅いのです。


明朝目覚めたのは6時半ちょっと前。

つまり前夜は21時頃には寝てしまっていたことになります。




幕外に出て 「あれ…?」 と思ったのは

就寝後のことでしょう。

小雨が降ったことは、車体の濡れ方を見て理解できたのですが

幕体はほとんど濡れておらず。




しかしそんなことよりも

その雨を降らせた憎たらしいはずの雲。




それががこんなに美しいとは…




標高800メートルの地なら

雨雲が地表近くに流れる光景もあり得ます。




昨夕の空模様も綺麗でしたが

道志で雲海にまみえることができるとは… 




この地に長いこと訪れていますが、初めてのことでした。







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 久保キャンプ場 道志の森 キャンプ ソロ 雲海

春の嵐に濡れた薪を薪ストで燃やすのにかかった時間は…



まさに漆黒の闇。

その中に沈んだ道志の森。




3月はまだ場内止水期間中であり

照明も少ないので、自前の灯りに頼るしかありません。





こんな状況でも不安なく過ごせるので

この強力な光量のランタンにして本当に良かったと感じます。




コールマン639C700。ケロシンランタンは

白ガスはおろかキャンガスを燃料とする物より

また近年進化が著しいLEDのランタンより、はるかに強力です。




このランタンの稼働状況を直写するには

ワタシの技量では… 

スマホを使ったほうが手っ取り早いのですが

下のような画を撮る時は、デジイチを使います。




幕内と外の明るさの違いが如実に分かる画です。

外は無力感を憶えるくらいの深い闇ですが

幕内は明るく、昼間のような光の空間。

その差が顕れた状況の撮影は、iPhoneでは逆に難しくなります。


さて自宅軒下で約1年間ちょい放置して

万全の乾燥状態になっていた筈の広葉樹薪です。




19時半。それらの薪は何とか薪として燃えていますが

ちびストーブ扉の吸気口は全開状態。




乾燥は1年ちょいと書きましたが、正確には 

1年と3、4ヶ月は、自宅の軒先で乾燥させていたのでしたが… 




3月8日から9日にかけて

東日本を襲った、あの春の嵐の影響… 

自家乾燥薪は、その影響を受けてしまってました。




今回の一週間前の週末にもソロに出るべく準備をしていたのですが

条件が整わず見送っており、その際車載しかけた薪をそのまま庭に放置… 




そして3月8~9日の嵐の風雨に

ガラ袋入りでしたが、晒されたままの薪を

そうと気付かずそのまま持ってきてしまったのでして…




風雨に晒してしまったものの、ガラ袋に入れてあったのが救いだった。

たった2時間ほどの格闘で

何とか薪ストを稼働状態まで持っていけましたから (笑)




世の中の仕組みの多くはそんなものなのかもしれませんが

最初に躓いたとしても、環境が整っているなら

回り始めてしまえばその後は何とかなってしまいます。




乾燥していた1年4ヶ月の月日が功を奏しました。

何とかなったらしい(笑) 




ところで憂歌団って知ってます?




本文とほぼ無関係ですが、この時iPadで流してたアルバム。

日本語のソウルフルなブルースって、いまだ誰も彼らを超えられていない気がします。










更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 道志の森 キャンプ ちびストーブ ケロシン ランタン 639C700 ブルース 憂歌団 春の嵐

1年自宅乾燥の広葉樹薪をソロキャンプ薪ストで使ってみると…



3月上旬ですが、いまだ凍結防止のため

場内の水道が通水していない道志の森キャンプ場です。




画像の右端に見える自販機の後ろには

オンシーズンならウォシュレット完備のトイレ棟を備えていますが

今は上水道は止水され、電気も止められているので

催したら水色の簡易トイレを使うほかありません。


そんな不便な環境に、わざわざ訪れた理由はあります。




この地、道志村のキャンプ場には

手付かずの自然が残されており、そのダイナミズムを

五感で感じることができるから、です。




春先で雲行きが不順な時期がゆえ… 

なのでしょうか。





道志の森の天然プール脇サイトに設営しましたが

夕方に見えたのは、こんな雲海っぽい空模様でした。




なかなか綺麗。

ヘビロテしている道志の森でこんな天然のグラデーションの妙が見せられると

得した気分になります。


しかし、うかうかしてはいられません。




こんなに明るく見えても、すでに17時57分。

この時点で道志村の3月上旬の日没はすでに過ぎています。


焦点を変えたらこんなに暗い。






500CP(キャンドルパワー)の高光力を持つケロシンランタンは

その光源をデジカメで直写できないくらいですが

設営したTC幕生地の遮光度が、幕外の暗さを物語ってます。




天然プール対岸にいらっしゃっている方を写させて頂きましたが

焚火に興じてらっしゃるのが良く分かります。

とにかく暗くて、そこはかとなく寒いのです。



対岸のキャンパーさんが連れていらっしゃった幼子さんの嬌声を聞きながら

我が家のお子たちが大きくなってきたことを感じます。




子どもたちの食欲や体調を気にせず

ビールを開栓できるようになったのは

幸せなことなのかもしれません。


冬枯れな空気の中、設営作業で乾いた喉を潤した後は

今回のソロキャンプで検証すべく

道志の森キャンプ場に持ち込んだ課題をこなすことにします。




自宅で乾燥させていた広葉樹薪。





これがきちんと薪ストーブで使える燃焼材となるのかどうか…。




少々苦労しましたが、結果オーライということで。




冬キャンプを薪ストで楽しみたくて、薪となる材がもらえる状況があり

それを乾かす場所があるとしたならば、その機会は逃してはならないのです。









更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 道志の森 キャンプ場 雲海 ストーブ 乾燥 自宅

KBは営業開始したけど「森」はまだ冬だった




気がつけばもう3月中旬。





まだ寒さに凍える日もありますが

春めいた陽気になる時もあります。





先の土曜日は後者でした。

暖かい晴れ間に恵まれ、日々の忙しさに疲れた心を癒しに

やっと今年2回目のキャンプに出られたのです。




いつものスーパーアルプスで買い出し。




津久井広域道路。

この道が根小屋まで開通した後、我が家から道志方面へのアクセスは

劇的に改善されました。




青根の手前で片側交互通行。

道路工事の多さに年度末を感じます。








さて前回と同様、大渡の水汲み場でイグルージャグを満水にしますが

今回訪れるのは久保キャンプ場ではありません。






道志下の久保キャンプ場はすでに冬季休業期間を終えましたが

道志中のここはまだです。




道志の森。




厳密には休業しているのではありませんが…




この状況。


なお道志の森の冬季営業期間は

場内の水道は全て止水処理されています。




ただし場内に、沢の水を流しているホースはいくつかあります。

しかしその近くに設営できるとは限らないため

可能ならジャグで飲み水を持ち込んだ方が快適に過ごせます。




現地着は16時ちょうどでしたが… 




のんびり設営してたら、あっという間に1時間が経ってしまった。




慌ててランタンを点灯。

真冬の頃に比べると日没は遅くなってきましたが

まだまだ油断はできません。




もともと灯りの少ないキャンプ場ですし

冬季営業期間中はそれに拍車がかかりますからね。










更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 道志の森 キャンプ 止水 水道 イグルー ジャグ ランタン

持ち主と対峙せずに済んでホッとした… 道志の森に潜む大型野生動物の痕跡とは?


末子が頑張って掴まえようとしたのは

バッタだけではありませんでした。




道志の森のグラウンドにある

砂嘴状サイトの近くの沢には

彼らの姿もたくさん見られたのでして… 




カジカガエル。

清流のテノーリストとも呼ばれてます。


末子がカエルを掴まえた様子は何度も見たのですが

カジカはバッタ以上に数が多すぎました。

ワタシの足元でもとにかくたくさん跳ねていたので

記録する気にならなかったということです。



でも彼らのうんざりな状況に遭う方は

そんな多くはないと思いますので… 




音声アリで上の動画を再生いただくと

「あの鳴き声か」と思い出す方も少なくないかなと。





彼らは道志下でも棲息してますから

山梨と神奈川の県境にあるキャンプ場でも

そのきれいな歌声を聴くことができます。 




ですがずっと標高が高い山間の地にある

手付かずな自然が残されているこのキャンプ場では

もっと大きな野生生物が訪れていて

しっかり活動しているのだと分かりました。





鹿の角。

砂嘴サイトの近くで拾ったのはワタシですが

末子だけの状況で持ち主と遭わなくて

本当に良かったと思います。




真新しくはないのですが

これの持ち主が道志の森を訪れている証拠は

初夏に訪れた時も確認していたので。




海の日連休のあたりでこちらに訪れた際

同じグラウンドのサイトで

たくさんの鹿の糞が落ちているのを

視認しておりましたからね。




鹿肉を食べたことがありますが

赤身でクセがなく、牛豚羊よりも純粋に美味しかったです。

しかしそれを狩る術がない状態で対峙直面した場合は… 




その瞬間は明らかに人間の方が弱い存在です。

対峙するような状況で鹿に直面したことはないのですが

それを経験したことがある方の話を聞くと

身動きできなくなるくらいの迫力があるとも聞きます。




そんな畏れを具現化したのが日本の風土文化だったり

ジブリ作品だったりするのかなと。

鹿は臆病らしいので、よほどお腹が空かないと

人間の領域には来ないのかもしれませんけどね。



では撤収です。




これが強烈に灯っていたおかげで

山から野生動物が降りてくる状況を退けてくれたのかもと思いつつ

ケロシンランタンのフュエルキャップを緩めて減圧し

ケースに仕舞います。



ちょっと暑くなってきた… 




24度。


幕体内のシュラフ収容に長けているお兄ちゃん

今回は不参加ですからワタシがやらざるを得ず。






大汗を掻いて幕内を片付け

テンティピをたたみ始めます。




20キロの幕体をおなじTC製サックに押し込めて 




一気にデリカの後部荷室へコンテナにまとめた道具を

押し込みます。


が… 




笑えるなぁ… (^^ゞ 


キミにも間もなく、撤収とか設営の

イロハを教え始めますからね。


そして気付くと… 







台風で連休キャンプキャンセルのリベンジャーたちで混んでいた

道志の森のグラウンドは、我々だけになっていました。





定刻から50分も遅れてしまいました。

スミマセン (m_m) 




じゃ、帰ろうか。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 道志の森 カジカガエル バッタ 鹿 野生動物

ゲームばかりでなく虫を素手で掴まえるような子どもに育てたい


今年は週末になると

天気が悪くなる傾向が多い気がします。




これは過去画。今回キャンプ中の撮影ではありません。


このキャンプに出た理由は

前週に予定していた連休キャンプが

台風直撃の憂き目で流れたからだったからですが

朝方は雲が多い空模様となり、マズイかなと思ったのです。




でも大丈夫でした。

てるてる坊主を作ったりもしてませんし

普段からの行いに気を付けていた訳でもありませんが

この日の太陽は、我々キャンパーの味方になってくれました。




今の時期、朝にこれだけ晴れていれば

乾燥撤収はほぼ確約されたに等しいです。


安堵と共に、前に野に出た時より

確実に空気の涼しさを感じ続けてましたから… 




コーヒーを飲みたくなります。

それも手っ取り早いワンドリップではなく

パーコレーターで沸かしたものを。




これからパーコレーターを買おうかと考えている方のために書いておくと

コレ用のコーヒー豆は粗挽きにしないとなりません。




カルディなど、対面販売で挽き豆を売る実店舗なら

「パーコレーター用に挽いてください」と言えば大丈夫ですが

ネットで入手する場合はきちんとリクエストしないと

後で痛い目に遭うかもです。





ところで今回も、あの肉食系昆虫のありがたさを

身をもって感じました。



道志の森にもたくさん来てます。




トンボたちの飛来数は

せせらぎさんで見たそれとは比較にならないくらい。

ともかくハンパない。前回比200パーセント増しくらいです。

彼らが来てくれる季節がくれば… 




ブヨなどひとたまりもありません。

今回のキャンプでのブヨ害はゼロだったとは

言うまでもないことです。




サラテクトリッチリッチは今回も持ってきてましたけど、未使用のままで終わりました。


しかしそろそろ撤収を始めた方が

良さそうな時刻なのですが… 




今まで虫に触りたがらなかった末子が

こんな成果を挙げてきました。




虫嫌いだったのにね。

バッタを掴まえるまでになるとは

パパはビックリです (^.^) 




彼のゲーム好きは否定しませんし

往復の車中や就寝前は正直

そればかりになっている状況もありますが

虫取りに興じることも忘れていなかった。




あるいはと思い、背中で見せてきた成果なのかもしれません。

少し嬉しい気持ちになりました。





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 道志の森 トンボ ブヨ パーコレーター カルディ バッタ

豊かな自然が残るキャンプ場は手付かずだけに残念な事態も起きる


道志の森の秘境です。

ここは繁忙期だけ開かれる

グラウンドと呼ばれるエリア。




そのいちばん山側の

沢に囲まれて砂嘴状になったサイトに設営しています。


まずは食レポ。

時間的には朝メシですからね。

ひとつめのレシピは前夜の残り。パエリアです。




程よい酸味を添えるレモンも

クーラー内で新鮮な状態に保存してありました。

これはワタシがいただきます。


昨日の日記で朝からチャコスタでを使ったのは… 




これを炭火で炙りたいがためだけに行った所業。




石釜で焼いたパンだそう。

ちょっと固めな歯ごたえでしたが

それがゆえ逆に食欲をそそりました。




スキレットで焼いたハムエッグを添えてあるだけでなく

あの濃厚チーズも仕込んであります。

半熟気味なのはワタシ用で… 







末子用はじゅうぶん火を通した目玉焼きを乗せました。




ホントはクロックムッシュかモンティクリストにしたかったのですが

フレンチトーストには適さない固めなブレッドでしたので

ラピュタ系おひさまトーストに落ち着いた次第。


炭火で炙ったので、パン自体が

とても香ばしくて美味しかったのですけどね。





朝メシ後は撤収定刻までまだ時間があったので… 




過去にここに来た時の記憶を辿り

あの場所に行ってみることにします。




その場所はグラウンド沿いに走るわき道を辿ると… 




すぐに辿り着けます。

まるで秘密基地のような林間サイトで

程よい広さに整地された平面サイトが広がっていたのですが… 




こんな感じの整地感。

1、2年の風雨に晒されただけで

すでに平地が平地でなくなってました。




あまりに残念だったので直視的な撮影もせず。

上の画像で右に少しだけ見える草っぱらが

秘密基地に見えた場所の残骸です。


しかしこのサイト上に山道が伸びていることを徒歩で確認。

水道もトイレもない完全な山間サイトですが… 




設営されている強者がいらっしゃいました。スゴイなぁ… (^^ゞ 



その散策から戻る途中

砂嘴サイトの片側を流れる水源を見つけましたが… 







この後、さらに素晴らしい自然の産物を拾ってしまいます。




幸村が来たのかと思いました(笑) 






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 道志の森 グラウンド 秘密基地 砂嘴 サイト モンティクリスト クロックムッシュ おひさまトースト

<


ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪
icon icon

icon icon











メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
いろいろ