もう一泊したくなるキャンプ場ランキング第1位は間違いなくここでした


東京ドーム100個分の広さというのは、

2万5千分の1の日本地図ならば9センチ四方もの大きさで、

掲載されるのだそうです。





それだけの広さのふもとっぱらの、

端の端に設営したおかげで、

土曜日のアウト定刻に近くなっても、

周囲に設営する方の姿は疎らでしたが…





草原が切れたこの辺りの地盤も、

他の方々が近付かない理由だったと思います。





とにかく石が多いのです。





この地盤では強靭なテンティピのデフォルトペグをもってしても、

設営時に工夫を要しました。



鍛造ペグで先行穴を開けてからでないと無理だったと思います。





エリステですね。





多少の石ならこの鍛造ペグを用いれば、

地中で割ることも可能です。





先端が鋭利なエリステで先行穴を開けて、

その後に返しが付いているテンティピデフォルトペグを打ち込めば、

嵐の夜でも不安は感じませんでした。






今までは別々に持っていたのですが、

今回はエリステの有用性を思い知らされましたから…




今後はテンティピのペグケースに、

エリステを1本同梱させることにします。



さて撤収を進めながら迷っていました。





インしたのは金曜日で今日明日は普通に週末で休みだし、

この場所ならもう一泊、週末のふもとっぱらであっても、

静かなソロキャンプを楽しめるかもしれないことに。





3年前にグルキャンで来た時も、

状況は異なりましたが延泊を迷ったことを思い出します。



迷いながらも…

自宅ではワタシの分担の家事があり、

逃げられる身分ではないことを思い出し…





定刻前に撤収を完了させます…(^^;





車両票を管理棟で返却し帰路へ。





後ろ髪を数万馬力で引かれながら、

麓を後にしたのでした。








更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










現役引退…



東京ドーム100個分もの広大なサイトを持つだけでなく、

晴天に恵まれればこんな絶景を臨むことができるキャンプ場です。




それなのに、ふもとっぱらのアウト定刻は14時。

太っ腹と言って良いでしょう。


しかしその絶景がゆえか、時を忘れてしまい、

撤収開始は1時間10分前からとなりました。





コットはけっこう寝汗が浸みてしまうものなので、

撤収時には不可避の作業です。





シュラフも同じように天日干ししたくなりますが、

天日で膨らんだりしないコット生地とは違い、

それをやってしまうと膨張してサックへの収容に手間取ります。

シュラフを干すのはキャンプ後帰宅してからの片付けの一環と考えた方がベターです。




いつの間にかボイジャーコットは快速旅團さんちだけでなく、

アマゾンでも買えるようになりましたね。




さて他の道具も片付けを進めている最中、

悲しい現実と直面することになりました。




エーライト マンティスチェア。


ポール根元の不具合があり、

何度か試行錯誤した挙げ句、完治したかに思えていたのです。





今回もその不具合箇所は問題なく、

普通に座れていたのですが… 





座面生地をポールからはずして、

気になってポール不具合箇所がどうなっているかを確認したところ… 





なんと、簡単に不具合が再現できてしまった…(T.T) 





座っていた時は何の問題も感じなかったのになぁ…





良く見れば完全にネジ山がなめってます。





これも持ってきてありましたが、

ネジ山がここまで潰れていると焼け石に水。




まったく用を為しませんでした。




マンティスチェア、残念ながら現時点では終了です。





ネットでのレビューを参考にすると、

やはりこのチェア、ポールやその接合部の構造が強くはありません。





同様の形状のヘリノックスも持ってますが、

同時期に入手したチェアワンは今も何の問題もなく使えています。





子どもたちも慣れ親しんだマンティスは、

残念ですが現役引退の運びとなりました。




なのですが… 

去る物もあれば来る物もあります。





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










ふと見りゃテンティピすらちっぽけに見えてしまう絶景


スカートめくりに興じた成果です。




ジルコン15のマッドスカートはもう乾き切っていたので、

元の姿にグロメットを結束し直しています。




まるで新品のよう… とまでは行きませんが、

前夜の嵐で3月の砂埃にまみれた越生での撤収の惨状は、

ほぼ精算できたと言って良いでしょう。



雨漏りした前夜のT/C ( テトロン / コットン の混紡の意 )生地も、

完膚無きまでに砂汚れを洗い流せました。





このプチな16角錐の再生を祝うかのように、

同じような形状の世界遺産が姿をあらわにし始めています。






今から19時間前は、

豪雨と濃霧の朝霧高原だった。





せっかく仕事の振替休日をもらったのに、

わざわざ土砂降りの中でずぶ濡れになり、悪寒すら感じながら設営するのは、

間違っているのではないかと思った瞬間があったことは否定しませんが… 






さすがです。


人類が共有すべき顕著な普遍的価値を持つ存在は、

前夜の逡巡すら微塵も残さず吹き飛ばしてくれました。





近景のちっぽけなジルコン15でないほうの錐体にフォーカスを合わせると、

その大きさがほとんど変わらず写るから不思議です。



前夜惨状を思えば劇的とも言える変化がもたらした感動。

それを独り占めできたような感覚を憶えていてますが、

手元の時刻表示に目を遣り… 





感動の余韻に浸る猶予が1時間ちょっとになったことに気付きます。





撤収を開始すべき時刻はとうに過ぎておりました…(^^ゞ 







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










天候好転を待つ間は道具メンテに励むと良いことが…


たまたま金曜日から休みが取れて、

嵐を圧してインした翌朝の9時を過ぎました。





つまり現在は週末が始まりつつある真っ最中で、

おまけに天候が回復しつつあるふもとっぱらは… 




草原のサイトには新しい入場者さんの車がガンガン入場しつつあり、

テントやタープがここかしこで起ち増えつつある光景が、

木立の向こうに見えています。




ワタシの設営した場所は端も端なので、

この時間帯はまだ閑散としてましたが… 




近くに設営する方が現れるのは時間の問題でしょう。





テンティピのボトムスカートを完全に乾かし、

昼メシを摂り撤収する時間を含めた計上ですが… 




ふもとっぱらは14時アウトを選択できるので、

あと5時間はこのサイトで時間を使えます。




朝霧高原はパラグライダーを楽しめる場所でもあります。

晴れ空を優雅に舞うオレンジの幕体を見遣りつつ、

緑豊かな毛無山を眺めては癒しを感じつつ… 




ふとテンティピ背面の光景を見ると… 



うーん… 




来そうで来ない… (T.T) 


じらされ過ぎて叫びそうになりますが、

そんなことをしても何も変わらないのは分かり切っております。




仕方ないのでペトロマックスHK250のメンテをし… 




ついでにスノーピークのファブリックコンテナに仕舞ってある、

ロープ類の整理に取りかかります。




これ以前からやらなくちゃと感じてたことですが、

富士にじらされたおかげです。




両方とも整いました。

これで次のキャンプでも気持ち良く使える筈。



遠い景色を望むのが難しければ、

ダメモトでも手元の作業に没頭してみれば良いかなと思ったのです。




この考え方は間違っていなかったらしい。





更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










スカートをめくらないといけない事態・TC生地テント設営の雨後の話


5月の晴れ間の日射しは強烈です。

それが元もと綺麗な空気のこの地に降り注いでおり、




前夜の豪雨で空気中の塵が叩き落とされたことを考えれば… 




テンティピの幕色が白く見えるのは、

日射が強いため、と思いたい。

洗濯して色あせた可能性があることは否定しきれませんが…(^^ゞ 



富士山の全景は見えそうで見えず、

今は気まぐれな雲塊が全体を覆い隠していますが、

幸いふもとっぱらへの直射日光を遮る角度にはありませんでした。




通気性の良いTC生地(ポリコットン生地)は乾きつつありますが、

前夜の豪雨で上部TC生地からの雨浸みの影響を受けていた、

ボトムスカートのPVC部分です。




このボトムスカート部生地自体は強力な撥水性があるのですが、

言い返せばいったん内側に水が入れば乾きにくいということになります。


過去に何度かTC幕であるジルコンで雨中や高湿下のキャンプを経験しましたが、

自然の豊かな地では… 




撤収時にこんな生物がボトムスカート部に忍び込んでいたこともあったくらいです。

他にカエルくんと見えたこともあったなぁと。


そんな強烈な防水性のあるボトムスカート部、

前夜の雨浸みで内がわが濡れたままだったので… 




スカート部に喝を入れます。



本来は内側でスカート部を結束しているグロメットを、

外側に向けて反転したカタチで結束。




せっかくの好天ですから、

16辺のスカート部をすべて裏返しました。




加えてこの手も下します。


テンティピテントの幕体でいちばん濡れたり汚れたりするであろう、

入口部分のボトムスカートを跳ね上げました。




ジルコンフレックス 15CP のリリースは見送られたようですが、

それに模した張り方。







すでに降雨の気配はほぼ無くなり、

5月の乾いた風が吹きつつありましたから、

豪雨の夜を堪えたボトムスカートも何とかなってくれるかなと…。







あとは世界遺産サマの姿を完全に拝むことができればなぁ…。








更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










ポリコットンかTCか? どう呼ぶにせよ雨には強い幕体です


ポリコットンのことを、

最近ではTCと言う方が流行りなのかもしれません。




言い方はどうでも良いのですが、

晴れ空の恩恵で我が家のテンティピ、

TCな部分は乾燥が進みつつあります。


そしてそのバックグラウンドに、

テンティピと同じようなカタチの巨大な造詣が浮かびあがりつつあります。


が… 






富士の高嶺をクリアに拝むことは、

なかなかできません。




現在時刻はまだ7時半を過ぎたばかり。

薄雲に隠されてしまった世界遺産は、

全景を拝するまでにもう少し時間を使う必要がありそうですが、

ふもとっぱらのアウトは14時なのがありがたい。



嬉しい設定です。余裕を持って時間を使うことができます。




起床してから随分と動き回りました。

肉体が空腹を訴え始めつつある頃合いでしたから、

朝メシを作り始めることに… 





ドラゴンフライを予熱して… 




蒼いケロ火に整ったので、

既に絶版となったプリムスのライテックフライパンで、

ソーセージ類を加熱します。





食材買い出しにはコンビニにしか寄れなかったので、

残念ながら植物系食材は皆無です。





いつものホットドッグとハムステーキ。







食材を入れたコンテナからトマトのポタージュを見つけ、

それを宛うしか野菜風なメニューを摂る方法はありませんでした。





ホットドッグは作り過ぎ感があったので無理して食べきらず、

アルミホイルに包んでクーラーボックスに入れ、昼食にも回すことにしております。




食後に再び幕外に出てみると… 




いまだ世界遺産は、

その姿を晒すことをじらしている様子… (^^ゞ 



少しずつ気温が上がってきましたが、

幕内スカート部はまだ濡れていたので… 




天頂部ベンチレーターを開放します。





ふと、もう少し時間がかかるから別のことに時間を使った方が良いよ… との、

霊山からの示唆かもしれないと思い… 





ある行動に出てみたら大正解でした。





テンティピをお持ちの方ならとっくに気付かれているかもしれませんが、

スカート設営方法に幅があるテントなのだと改めて思い知った次第です。






更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










テント洗いを土砂降りにまかせてみるのもひとつの方法かもしれない


この絶景の中央近くに、

ある構造物が見えています。





これトイレと水場。

ふもとっぱらは豊かな自然溢れる富士のたもとにあり、

なおかつ東京ドーム100個分の広大な敷地を誇るキャンプ場です。




トイレは簡易式の物しか置けないのは… 

快適な環境を求めたい気もしますが排水設備拡充のあおりで値上がりされても嫌だし、

我慢の範疇です。男性目線の意見かもしれませんが。



インの際にいただいたマップです。




右下の赤いのあたりに設営していますが、

水色の蛇口のアイコンが示すのは水場がその辺りに存在することを示しています。

しかしトイレは明示されていません。



今回のキャンプ中にツイッターでいただいたリプライで知りましたが、

この前週末にはこの簡易トイレすら無かったらしい。

おそらくハイシーズンインを目前にして、

メンテナンスのための入れ替えがあったのだと思います。




3年前にこちらで見たトイレもやはり簡易式でしたが、

左に見える白いトレーラータイプは今回もありました。


ワタシは今回トレーラータイプは利用しなかったのですが、

噂ではどうやら快適さが別次元らしい。女性は白い方を使った方が快適なのかもしれません。



ちなみに似たようなタイプの屋外設置用簡易トイレがどれくらいの価格なのか、

調べてたら、買うとなるとけっこうなお値段になります




おそらくふもとっぱらのトイレはレンタルでしょうけど。


東京ドーム100個分の敷地に下水管を埋設してもらい利用側の快適さがアップする替わりに、

利用料に跳ね返ってくるのはやっぱり困るので、多少の臭いとかは… 

やっぱり我慢しないとならないのかもしれませんね。





ところで初めてふもとっぱらを訪れた時から3年経った今回、

利用システムの更新があったことに驚かされました。


これです。




インの際、管理棟で受付を済ませる際、

少しだけ待つようにと言い渡されて頂いたのがこちら。




車両証。ナンバーは手書きですが、

アウト日時と利用の人数と幕体規模がはっきりと明記されています。






これアウト時には要返却です。

実はこの後車窓を開けていた際、何度か風に飛ばされて、

追いかける羽目になったのですが…。







さて今の天候は回復傾向ですが、

前夜は雨が降り過ぎでした。




夜明けから2時間経ったくらいのテンティピの幕体は、

これでもかというくらい雨水を含み濡れたままです。





この3月に埼玉でのキャンプで付いてしまった砂汚れがどうなったのか、

豪雨で洗い流せたのかを確認するには… 




幕体の乾燥を待たないとなりません。







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










嵐の夜を乗り切った者だけに許される楽園の色



なんというか… 




この色を見た時は天を仰ぎました。


前日は仕事の振替休日をもらうことができたので、

豪雨と強風を圧してでも、気持ち良さを期待して裏切らないだろうこの地に、

なんとしてでも来たかったのです。




標高800メーターに位置する地べたを這うような雲海が去り、

毛無山は緑豊かな姿を見せてくれました。

これだけでも来た甲斐があったというものです。




金曜インの恩恵もありがたい。




この超がつく人気キャンプ場の週末の朝の絶景を、

限りなく独り占めに近い状況で迎えることができております。




前夜はさんざんな思いをしましたが、

天候は回復傾向にあります。



ただ、ふもとっぱらの毛無山とは反対方向に見える筈の、

世界的な遺産と認定されたあのお山はまだ、

姿を見せてくれません。





今までも何度も富士山近辺への遠征では、その美麗な姿を拝す期待を裏切られてきましたから、

日本最高峰の美しい姿を拝むのは簡単ではないと重々承知しております。


この地で適えたい最大の願望を果たすには、

もっと時間を使う必要があるようです。



…なのですが、とにかくこの光景。





雲と空と緑の色合いは、まさに楽園の体。

再び天を仰ぎ、ため息すら出てしまいましたが… 





それだけではありませんでした。

ここ2ケ月ほど、シャカリキにお仕事を頑張ってきたご褒美かなと思います。




天からのもっと素晴らしいプレゼントを見せて頂くまで、

あと少しだけ辛抱しないとなりません。









更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










豪雨キャンプの翌朝・雨空と曇り空と青空が同時に訪れる山の天気

5月も下旬ですが幕外気温は15度にも達していませんでした。




自宅を発つ際、この時季の装備としてはオーバースペックかと思ったのですが、

念のためアルパカストーブを持ってきたのは間違いではなかった。


調理の熱源にもなりますし。






現在時刻は22時を過ぎているのですが、

その1時間半前にキャプチャーしたiPhoneの画像です。




ふもとっぱらに間断なく雨雲がやってきていることが分かります。

そして都心でも気温は20度に達していません。


標高800メーターを超す麓の幕内は現在こんな気温。




30度ですが暑くない。ちょうど良い気温に感じるのは、

やはり幕外が冷えている証拠でしょう。






朝霧高原のセブンで求めたチルトの豚汁を温め、

身体の中から温まる必要もありました。






栄養補給を済ませて23時に就寝体制に入りますが、

いまだに激しい雨音を聴きながら寝入る状態だった。



そして翌朝。




ペトロマックスの静かな排気音が耳に入ったのは、

6時半を過ぎた頃。



すでに幕体を打つ雨音は聞こえなくなっている様子。






恐る恐る幕外に出てみると… 









まだ低い雲が垂れ込めていますが、

雨は止んだようです。





空模様は回復傾向にあると言えばあると言えるし、

まだ降りそうかと言えばそうとも言える微妙な趨勢。





濃い色の雲の隙間から青空も覗きますが、

雨空と曇り空と青空が同時に存在しているような状況でした。




これが山の天気ということなのでしょう。







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 










テント上下から浸水し始めた豪雨と強風のキャンプはどうなるのか…


他社製のマントルを装着したペトロマックスHK250の輝きです。




コールマン#11 マントルでもまったく問題ありません。

新鮮な被覆を得た放熱源が、眩しい灯りを放っています。





灯りは不安が無くなったのですが、

別の問題がありました。



とにかく雨も風も強くて… 




バラバラという音を伴う、

固形物が当たるのに近いような大粒の雨が幕体を打ち続けています。




ポリコットン幕なら大丈夫。

そう自分に言い聞かせました。





激しい雨音が響く頭上ばかりを見ていてはいけません。

足元も確認すべきと思った次の瞬間。




やっぱり来たかと思いました。

床下浸水が始まっています。




そして再び頭上に目を移して、

あることに気付きました。




撥水処理していない縫製部以外の幕体生地から、

雨漏りが… (T.T) 


縫製部のみシーム処理したのは間違いだったかもしれないと思いましたが、

雨漏りの状況は昨年末にテンティピ再撥水を決意させた中伊豆キャンプ時よりは、

遙かに軽いものでした。




視覚的には中伊豆キャンプの時より今回の方が浸水の度合いが大きい感じですが、

幕体内に雨粒が垂れ落ちる頻度は遙かに少なかったのです。



昨年末よりはマシな状況ですが、

時間を見つけて何とかしないとならないようです。




もう一度ジルコン15を洗う作業の労働量を考えるとため息が出そうですが、

コットンプルーフの撥水性の強烈さは身をもって知っておりますからね。 

やらないとならないのでしょう…(^^ゞ 




豪雨下で、頭上の環境を快適にする作業の必要性に気付きましたが、

現時点でもっと喫緊の事態に対応するべき状況であることも忘れておりません。



床面は親水が始まってますから、

とにかく地面に物を置かない状態にしないとなりません。






台と呼べる物の上に、

道具の全てを置き直します。




再配置の作業が終わる頃には、

22時を回っていました。



トイレに行きたくなり外に出ると… 




まだまだ雨は止みません。



ずぶ濡れになりながら幕内に戻り目にした光景。

分厚めなPVC製スカートはかなりしっとり濡れています。




テンティピのポリコットン生地部は快速に乾くのですが、

この部分はなかなか乾かないのです。

いつも苦労するのですが、翌朝になってある工夫を思いつき実行したところ、

快適に収容できる結果となりました。







更新の励みになります。

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 












ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ