ケトルが折りたためるならそれに越したことはない




ドッペルの勢いも大したものですが、

世界的に見ればもっと勢いづいているアウトドア用具ベンダーがあります。


おそらくこちらの方が、ワールドワイドに見てみれば、

微に入り細に要りの様々に小回りが良いアイテムをリリースしており、

その実用度の高さは、ドッペルよりも上と思います。




SEA TO SUMMITです。



このベンダーのプロダクトには、我が家はかなり以前からお世話になっており… 




嵩張らずにしっかり水を冷やせるウォータージャグ、パックタップは今も一線級で使ってます。

これ買ってからというものの、ビンテージなブリキジャグは活躍の場を失いました。





防寒用のシュラフインナー、サーモライトリアクターも冬場は欠かせませんし、

夏場はこれだけでフェリー泊に使ったこともあります。






お皿類やカラトリーも使ってます。


さらにこれらを処するのに、

食事後の油脂にまみれた皿やスプーンを洗うには、

蛇口から冷水しか出ないことが少なくないキャンプ場では油汚れを落とすのに難儀してましたが… 




キッチンシンクを買ってから様相が変わりました。

ある程度の量のお湯を沸かして注ぎ、洗剤を加えれば、

食器類の油脂汚れをきれいに落とすための予洗バケツになります。



しかしキャンプ中って、ある程度の量を確保してお湯を涌かすのに、

苦労する場合が少なくなくあり得るんですよね…。




そしてSEA TO SUMMITと言えば、

最近のプロダクトで忘れてはいけないのがこちら。




X-ポッドです。2.8リッター容量のシリコン製のボディのクッカー。





これ何度も使ってますが、シリコン製ボディの底はアルミ板になっており、

バーナー程度の火力なら、問題なく加熱調理が可能。

マナスルの業火でもシリコンボディが焦げたり穴が開いたりすることはありません。



そしてX-ポッドのボディは折りたためるシリコン製なので、

小さくスタックすることが可能です。





この状態でプリムスのライテックフライパンにスタックできます。





しかしこれクッカー。鍋ですから、

お湯だけ沸かしたい場合はちょっと用途が違います。




案外と嵩張るのがケトルの類い。

もちろんこのケトルはこれ以上たたんで小さくすることはできません。




以前から、X-ポッドシリーズの使い勝手の良さがある、

折りたためるケトルがあればなぁと思っていたのですが… 






やっぱり出ました。その名もX-ケトル♪ 


サイズは15.5×9.0cmで、収納時は高さが3.5cmほどになります。

容量は1.3Lと必要にしてじゅうぶんな大きさがあり、

重さ約186g、耐熱性能は-40から180℃までイケルそうです。





Xシリーズはお得意のセット販売もあるみたいですが、とりあえずX-ケトルだけ欲しいかな。

夏場の灯油・薪ストーブを使わない時期にお湯が欲しい時、

ぜひ用意しておきたいアイテムです。



思い出したのでついでに書いておくと、アウトドア用品全般に強いSEA TO SUMMITですが、

我が家ではアウトドアだけでなく海外や国内旅行でもお世話になってました。




左のペーパー様な洗濯石けんはイタリアで大活躍しましたよ♪





日本ではモチヅキが代行です。覗いてみるだけでも面白いと思います。




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 












関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : SEATOSUMMIT


コメントの投稿

非公開コメント

容積を抑えたいなら必然的に折り畳みとなるから、このプロダクトになりますよね。

信じられない

いや~これだけ技術が発展しているということですね
すごいなあ
ストーブの上にお湯
ちょっと火傷が怖くて
なかなかできないです(^^;

No title

私はモンベルが最も優れたアウトドア用ブランドと思っていました
それだけ、アウトドアに接していなかったのかも知れません

ご紹介をありがとうございます

こんにちは

我が家にはないブランドだなぁ。
アウトドアだけでなく、普段使いも出来るものなら買えるんだけどな。
趣味になりつつある(年一回限定だけど)登山が本格的になったら本気出して見てみようかな。
持ち物が有名メーカーだと慣れた人っぽいですものね。
今は有り合わせの物だもんな。

昔から我が家のベランダに入り込んで悪さをしていたニャンコはもはやジャンプする体力は無さそうで
     (でも、もっぷが来る前からいてて、野良でまだ生きているんだからエライ。)
産卵ラッシュが一段落したらベランダに放そうと思います。
本当は陶器の睡蓮鉢が欲しいのですが、重いし高いのでプラスチックを購入済み。
来年もこのペースで増えたら・・・義実家の溜め水にでも放そうかしら^^

No title

舛添さんも、叩けば叩くほど、どんどんでてきますね。

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ