西の富良野と呼ぶにふさわしい場所にあるキャンプ場



このブログ、たまたま岡山県にある休暇村の方に拾っていただく機会に恵まれたようです。


ご招待にあずかり伺ったキャンプ場サイトから見えた光景は、いとも軽く、


東日本有数の酪農がさかんな、群馬の観光地を凌駕する光景を拝むことができました。





そろそろ「西の軽井沢」という呼称は止めたほうが良いかもしれません。



「西の富良野」と呼んでも良いかもしれないなとも思います。














上の画像3枚は、2年前に訪れた富良野の画と取り混ぜて掲載しました。




2枚目が蒜山で、他は富良野です。


景色から感じる開放感や気温や湿度など、大きな違いはありませんでしたからね。






さて予約させて頂いたAC電源つきの18番サイトは… 








サイト指標の裏に回り込むと電源口があります。









容量は20アンペア。コンセントは2口あります。






通路を挟んだ対面のAC無しサイトが空いていたので、写させていただきました。





この芝の密生ぶりは素晴らしい。管理が行き届いてます♪ 











テンティピを設営し、午後6時半頃にようやく設営完了。





サイトは約100平米もの広さがありますが、それぞれデカすぎるジルコン15とノアズ16ft.を連結しなかったのでちと窮屈です。


やむなくデリカを少しだけ端に寄せざるを得ず…(^^ゞ 





そして油断したまま設営を進めたせいで、いきなり洗礼を浴びました。






夕暮れが近いことかはわかっていたので、急いでおりました。


足首まで覆うトレンカタイツを履かないまま設営してたら、右足首にブヨから一発もらってしまった…(^^ゞ 






あわててこれに点火します。





蒜山高原キャンプ場の管理棟でも売ってますがこれは持参したもの。森林香の赤箱です。





もちろん自作クローブ虫除けも噴霧しましたが、とりあえずこの後1日くらいはブヨ被害は無し。


森林香もクローブも、効き目があったようです。





そろそろ小腹も減ってきましたが、まずは汗を流したく思い… 





モニターの恩恵にあずかることにします。







休暇村宿泊棟の風呂を無料で使わせて頂けるとのご配慮を頂いていたので… 








東西にわかれている宿泊棟の西館にやってきました。




なおキャンプ場から休暇村のお風呂までは2キロほど離れており、照明のない道路を通る必要があるため、


徒歩で訪れるのは止めたほうが良さそうです。





西館のフロントでモニター利用であることを伝えると、すぐに道筋を教えて頂きましたが… 





フロントにあったブラシやひげ剃り、宿泊棟のお客さんは無料ですが、キャンプ場利用者は「ひとつ50円戴きます」とのこと。50円なら安い物です。











エレベーターで4階に上がると… 








浴室です。





脱衣場のカゴの数がスゴイ♪ 





ドライヤー完備は宿泊設備なら当たり前ですが、キャンプ場利用者からするとありがたい。







幸いこの時間帯は先客がいなかった (^.^) 








浴槽の喫水するあたり、タイルの染みに歴史を感じますが、ここはラドン温泉ですからね。





夕日を眺めながら温泉を楽しめるとは。700キロも移動した甲斐があったというモノです♪ 






浴槽の脇には懐かしい装備がありました(笑)





ベビ連れのお客さんにも配慮いただいてますね。







シャンプー・リンス・ボディソープは完備されてます。





香りで気付きましたが、ボディソープはおそらくパックスナチュロン。環境への配慮もぬかりないようです。








環境への配慮も伺えましたが、ひとつだけ残念だったのは、キャンプ場利用者は宿泊棟の食事施設がはまったく利用できません。


グランピングも流行りだしてることですし、軽食コーナーでおつまみや生ビールくらい楽しめても良いかなという気もしました。









にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン

励みになります。クリックお願いします♪ 
















関連記事

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用


コメントの投稿

非公開コメント

行きたい

高規格なキャンプ場ですね
ユーザー目線のレポ
さすがにわかりやすい!!
温泉もいいけど、その後の
食事施設利用できたら
最高でしたね(^^)
でも行ってみたくなるキャンプ場です

No title

自動車の車長が4m未満だった頃に建設された住宅は
掘り込みガレージに現代の乗用車が入りません
庶民が自家用車を持てるようになった頃、排気量も1000ccです

3000cc超が当然になりましたが
キャンプ事情もいろいろと変化しつつあるのでは
などと考えております

そのうちいろんな制度やサイズが変わるかも知れませんね

No title

高速で事故られると、逃げ道がなくて困りますね。

こんにちは

西の軽井沢かぁ。
遠いけど軽井沢なんだ。 六甲山麓でも良さそうだけど^^
でもとってものどかな場所ですね。
自然豊かで、これなら乳製品も美味しそう(^^♪
お風呂あるし、ここは宿泊施設も大きいんでしょうね。
うちで昔に行った休暇村、三陸の宮古にもキャンプ設備があった気がしますが規模が全然違う。
かなり力を入れてますね。
食事はムリかもねぇ。
大抵ああいうところは決まった食事以外は予約になってたりするし、不特定多数のメニューには手が回らないかも。

我が家の炊飯器は一番最初は一升炊きで一日分を朝炊いてましたが、その後5.5合になりました。
やっぱり育ちざかりの5人家族ではたくさん食べますね。
うちはご主人様も減ったので一日分でも5.5合で間に合います。
お米、良く通る道沿いにある「矢萩商店」、楽天でも結構良い評価を頂いているようです。
持って帰るのが大変な時はお試しあれ。

こんにちは♪

まあ夏場の気候は富良野に近いですね。
大人の夏休みはそろそろ終わりですね。

No title

自然豊かでとてもいいところですね。

なかなか都会では体験できないことがたくさんですね。

ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ