20kgの巨大テントの仕舞い方


椿キャンプ場のサイトの地面は、鬱蒼とした木立のおかげで、


落ちる雨粒も少なめ。乾いてます。







それは涼しさという恩恵ばかりでなく、災いをももたらすようです。






目下、撤収中ですが… 





テンティピデフォルトのアルミペグだと、こうなりました。





乾いた地面は必然、固い地盤となり、ヤワなペグはまっすぐに刺さりにくくなるということです。





あまりに固いので、これも使いました。






こういう固い地面では助かります。エリッゼステイクとSPのソリッドステークの鋳鉄ペグ、そして無メーカーの鉄ペグ。




しかしジルコン15は16角錐。最少でも、16箇所のベグダウンが必要です。



 




弱いデフォルトのアルミペグも使わないと足りませんから、鋳鉄ペグであるソリステで先行穴をあけ、


途中からアルミペグを叩くと何とか刺さる感じ。










その手間に気付く前に曲げてしまったのがこれ。他の曲がったペグは叩いて戻せましたが、さすがにここまで酷いのは諦めざるを得ません。







テンティピにはアルミペグだけでなく、左のような頑強なスチールペグも同梱されてるのに…。





アルミペグもあらかじめ予備が同梱されているので、1、2本捨てても大丈夫なんですが、初めからスチールペグを使うべきでしたね。







そして、目論んだ通り。








2時間ほど放置すれば、朝方の雨もほとんど乾いてくれました。







まずは今回初投入だった、ジルコン15専用のフロアを外しますが… 





フロア下の地面は、やはり乾いてるし。











じかに地面に敷く、グランドシートの類いです。地表から揮発する水分で裏面がビショビショになるのが常なのに、それがまったくないのはビックリ… 





しかし直径6メーター、さすがにデカイ… (^^;;






大きいけどさらっとしてるというか、御し易い素材です。あっけなくたたむことができます。








フロアをたたみ終えたら、次は幕体本体。


総重量19.9キロのコットン混紡の幕体は、たたみ方にコツがあるようです。






100リッターくらいのリュック状のサックに入れるため、ともかくリュックのカタチをイメージし、幕体を潰すようにたたみます。





潰す、というのはたたんだ幕体が嵩張らないよう、上に乗ったりして、


とにかく空気を追い出すということ。








コンプレッサーベルトも同梱されてるので、これも使い…







いよいよサックへ…






この行程、テントを仕舞うというより、マミー型シュラフをサックに入れていくような感じ。







幕体を入れるというより、サックを引き上げていく感じで… 






とりあえず収容完了。






リッドを閉めますが、ペグとポールは入れません。





本来は幕体サックに入りますが、帰宅してから下ろす時に重いので、あえて別体にしてます。









このテーブル、もはや手放せません。撤収時にも高スペックさを発揮してくれますよ♪







撤収を終えたのは…









11時ちょい前。椿キャンプ場のチェックアウト定刻4分前。セーフです。






昨日のチェックインの時は、鮎釣り大会開催中だったせいでしょう。


受付がとにかく忙しそうで、「チェックアウト時の清算でいいですよ」と言われてました。







チェックアウト時の精算というのは珍しい。






…で、椿キャンプ場、一泊のお値段はこうです。





父子3人で4,600円。ちと高めな印象も否めませんが、風呂入り放題なのを考えると妥当なのかもしれません。もっと入ればヨカッたなぁ…






では帰路へ。





椿荘さんちの前を通って、紅椿の湯の横を抜け、道志みちに出ます。














しかし、下界はこんなに暑かったとは…






椿キャンプ場がいかに涼しかったか、津久井ダムまで降りてくると良くわかりますが、ダムの貯水量はヤバイ気が… (^_^;





そしてキャンプ帰りのお約束。








最近ブログじゃ端折ってましたが、ソロキャン以外はほぼ間違いなく、帰路に廻転寿司に寄ってます。





末子が寿司を食べる量も増えてきたので、このパターンも見直さないと… (^_^;







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン










今までにない板遣いのローテーブルも発売です。隣のサイトには、まだありませんよ♪



夏キャンプにめかぶそば、オススメします






朝7時ころ、末子も起床。









手持ちの薪はそろそろ燃え尽きる頃で、DUD焚火缶のお湯が沸きました。





このタイミングで、末子が起きてくれたのはありがたい♪ 





これ、お子たちが食べたいと言ったので、前日の買い出しで買っておきましたから。








残念ながら、売ってたままで作りました。海老ワンタンスープ。いつもながら野菜が少ない… (T.T) 





そして朝食の主菜はこれ。





めかぶそばです。流水麺に市販の、めかぶパック売りをぶっかけ、刻み海苔を散らしただけですが… 





これがまたウマイ!!! 









お椀(コップですが)の麺つゆが無くなっても、めかぶのパック売りは味付きですからね。






これがそばに合うんですよ。自信を持って、オススメします。










朝食後はまったりと過ごし… 





のんびりと椅子でうたた寝するワタシをヨソに、お子たちはフレンディの2階で遊んでます。






ぼーっとしながら撮った画の中から見つけました。





椿キャンプ場の「屋根」です(笑)





これだけ頭上に枝が茂っていたら、雨粒もサイトまで届かない度が上がりますね。



野放図とは言いません。快適な空間ですから。







のんびり、うたた寝したあとで目覚めたらこの時間。





8時25分。そろそろ撤収を始めますが、このあとで異常事態がいろいろと… (^_^;











デフォルトのペグではダメな場合もあるかもしれませんね。勉強になりました。




 


あと1日だけ椿キャンプ場レポ、続きます。




にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ










今までにない板遣いのローテーブルも発売です。隣のサイトには、まだありませんよ♪








河畔キャンプの涼しさという皮肉






朝6時前の道志川。







まだ鮎釣り大会の釣り人もいません。空梅雨でしたから、水量も少なめなのかもしれません。







前日の川遊びで末子が転んだあたりかな…。 





水の透明度と、カジカガエルの鳴き声が、清らかな流れであることを伝えてくれます。





帰宅してから知ったことですが、同じ道志川の下流域で同じ日に、


あの某A野原で、成年男性が溺れて亡くなったと聞きました。ご冥福をお祈りします。








その訃報が起きたであろう時刻とは、さほどの差がないタイミングで、わが家のトリオキャンプで思い知ったこと。






夏の水遊びに、PFD(ライフジャケットの類い)は絶対に必要です。末子も川遊び中に転んだ際、これで救われました。






親として、そしてキャンパーとしての思いはいろいろですが、


間もなく起きてくるだろう、庇護すべき空腹な胃袋たちのために、火を熾しておきます。












明け方の通り雨で濡れかけた椅子たちも、焚火に晒せば… 





すぐに座れるくらいに、乾いてくれました。






…で、火を熾してから30分後。





思った通り。6時過ぎにお兄ちゃんが起床します。






すぐにDSを始めてしまったけど… (^_^;





同じ頃、末子はまだ夢の中… 








あの格安サーキュレーターは、サーキュレーターとして稼働させる必要は、ほとんどありませんでした。





朝は22度くらいの気温で涼しかった。役立ったのはLED機能だけというのは皮肉だなぁ…。











木陰のサイトだし、今までのどのテントより通気性が良いのが分かります。










コットン混紡という生地、そしてティピの構造ゆえの通気性の良さは、さすがとしか言うほかありません。






焚火缶のSでお湯を沸かし始めますが… 








焚火台もSサイズ。しかしSだと、そろそろ足りないかもしれないなぁ… 




椿キャンプ場、道志川対岸の頭上に道志みちが走っており… 





この時間でもすでにバイクの爆音が響きます。それさえなければ静かな場所なんですが… 







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン










今までにない板遣いのローテーブルも発売です。隣のサイトには、まだありませんよ♪













いろいろと大きすぎることの弊害が…(^_^;



日曜の朝、起きたのは夜明け過ぎた頃。


4時半くらいでしたが、







幕体を打つ雨音がして、あわてて目覚めました。





急いで幕外へ出て、椅子やらテーブルをジルコンの中や、





フレンディのオーニング下へ待避させますが… 






イグルーのクーラーも濡れてます。






これ通電箇所があるんだった。雨ざらしはご法度でした。うっかりしてた…







しかし椿キャンプ場、


林間サイトで木立が多く、ジルコン15の設営に苦労しただけあります。









他のキャンプ場より、繁った木々の枝は高密度みたいで、雨除けにもなるようです。


木陰度が高いとでもいうべきか、小雨くらいなら大丈夫そうな印象を受けます。








これが夏なのに、サイトの地面が乾いている理由でしょう。








ただし、ジルコン15は巨大さゆえに、


この木立の中でも、幕体全てが濡れないという訳にはいかず。






ちょうど半面だけが濡れてしまった感じです。








ま、コットン混紡の幕体です。気温が上がればじきに乾くでしょう。










まだ夜が明け切らないうちに、場内の散策へ出てみます。







ウチのサイトのすぐ裏は、炊事場になってました。






食器用洗剤が置いてあるのはありがたい。





しかし流しのシンクは小さめ。






この小ささが災いしました。






実は、これがシンクに入らず。







イグルーの5ガロンジャグ。








どうやっても小さめのシンクに突っ込むことが出来ませんでした。



蛇口の先をシンク外に取り回すこともできなくて、結局、今回はただの飾りになりました… (^^;;






徒歩5秒で水場があるので、問題なかったけど… 






このジャグ、正直なところその大きさがゆえ、





他のキャンプ場でも水を入れにくかったことが何度もありました。






今回、初めて注水不可能という事態に遭遇しましたが、








前から感じていたことですが、こういう事態に備え、マイホースを持ち歩く必要がありそうです。







場内を歩くと… 









道志川沿いに護岸された、さほど広くないサイトですが、やはり木陰度が強い感じ。





真夏でも涼しさが期待できそうです。






どうりで気温はなんと23度くらい。メチャメチャ涼しいし♪






トイレに行きがてら、管理棟にも行ってみました。








昨夕の風呂上がりに、ここで鮎とジュースを奢ってもらったんだよなぁ… 





さすがにまだ朝早すぎたようで、誰もいませんでしたけど。






管理棟横の自販機で缶コーヒーを求めて、自サイトへ戻ります。





自分でコーヒー淹れても良かったんですが、日が高くなれば暑くなりそうだったので… (^_^;






にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ










今までにない板遣いのローテーブルも発売です。隣のサイトには、まだありませんよ♪













呼吸するテント生地








焚火台に薪を足して、火を大きくしたら… 








夏キャンプの夜 = 花火 … 







このお約束の構図は、お子たちの中では普遍的なものになっているようです… 











今回のキャンプ前に、ママさん方のおばあちゃんからも花火を差し入れていただきました。







けっこう盛大に(もちろん手持ちだけです。打ち上げはありません。)花火で遊んだせいか、





虫は近寄ってこなくなりました。










花火が終わり、そろそろ寝る支度に入ります。







ジルコン15を3人だけで使えるというのは、幸せなことです。






下界とはコットン混紡の幕体で仕切られていますが、生地じたいが呼吸するので、快適な温度と湿度に包まれてます。





上にも広大な空間。











あの充電式サーキュレーターも使ってますが、このあとで稼働を止めました。





コットンなティピ幕体、さすがです。涼しいこと、この上ありません。





じゃ、そろそろ寝るか… 


















にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン










今までにない板遣いのローテーブルも発売です。隣のサイトには、まだありませんよ♪













古ペトHK250、好調だったはずが…







道志川沿いの林間サイト、椿キャンプ場の午後6時半。








夕餉のスタートです。











やはりエダマメの浅漬けは旨い♪ 











寿司も好評でした。





まだ明るく見えますが、もうすぐ暗くなりますから、


灯りの準備も進めます。






最近絶好調のオールドペトロマックス。空気入れで加圧します。






ポンプアダプター装着済みなので、自転車の空気入れを使い、


加圧作業も楽なんですが、






調子に乗って、プレッシャーゲージの赤線を超えるまで、加圧したのはマズかった… 






この時点ではちゃんと点灯してます。





しかし後になって、また不調になりました。





639Cもふたつ点灯させましたが… 





ペトはこのあと、再びニードルが飛んでしまったみたい。







さらに… 






FREELIGHTのミニオイルランタン。





ジッポオイルを充填して着火しますが… 




なんとこっちも不調。






上手く点灯しません。













ミニランタン、カーボンフェルトが濡れているのは筐体が熱くなりすぎないようにするためです。どうも芯の上下が渋くなってます。





どうやらまた、メンテに精を出さないとならないらしい… (^_^;







デリケートなペトたちに比べて、639Cのタフさは呆れるくらいです。











円高影響で国内で買えるものは値上がりしてますね。でも安定度はさすがといわざるを得ません。






パパ的にはちと渋い気持ちですが、風呂もメシも終わったので… 





焚火台の火を大きくします。夏の子連れキャンプはお約束のアレをやらないと、お子たちの気持ちが収まりません。







にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ










今までにない板遣いのローテーブルも発売です。隣のサイトには、まだありませんよ♪






絶対に旨い♪ エダマメの浅漬けは簡単に作れます




椿キャンプ場の楽園に向かう前に、やっておくべきことがありました。


夏にピッタリな、冷え冷えでミネラルも塩分も摂れてしまう、かなり美味しいモノを作ります。









この時期、道志みち沿いのキャンプ場に向かう前は、


ほぼダイエー津久井店でしか売っていない、






「エダマメの浅漬け」を買ってます。






晩メシ前にいただくのが、わが家のトリオキャンプの鉄板なんですが、







今回はね… 





気まぐれで、別の店に寄ってしまった。そこでは売ってませんでした… 







でも大丈夫なんです。簡単に自作できますから。





まずはMSR ストアウェイポットに、冷凍エダマメ(400グラム入り)をあけます。


ストアウェイポットでなくても、700ミリリットルくらいの容量で、フタができる容器なら大丈夫でしょう。






盛夏に小一時間ほどクーラーから出しておいたら、半解凍くらいになりました。





これに浅漬けの素を入れます。




液体の使い切りタイプを求めましたが、このサイズの浅漬けの素では足りませんから、


水をヒタヒタくらいに足します。







フタをしてだいたい20~30分ほど放置。






仕込み完了。じゃ、サイトを後にします。













やってきたのはこちら。






トイレ? だけなワケはありません。








ちなみに椿キャンプ場、男子トイレに洋式便座はありません。女性用は分かりませんが。





この水色の建物、トイレの隣りにお風呂があるんです。








風呂は男女を入れ替え、1時間交代制。





道志ではひとつの風呂を時間で男女交代にするのは当たり前ですが、30分刻みでないのは嬉しいかな。




もちろんこの時は男湯タイム。


まだ明るいので貸し切りかもと思いつつ、入ってみると… 





鮎釣り大会中ですからね。すでに先客がいました…






末子のこんな姿を撮るまでが、精一杯… (^_^;  







パンフから拝借しましたが、こんな感じの岩風呂です。





大人が3~4人でいっぱいの大きさの岩風呂で温泉じゃありませんが、ほどほどの湯温で気持ち良かった♪ 





ちなみに浴室内にはボディソープ以外はありません。シャンプーは持参する必要があります。






風呂から出て、建物の裏側にある煙突の大きさにビックリ♪ 





このあとで管理棟に寄り、お子たちのジュースを求めようとしたら、


鮎釣り大会に参加していた方に声をかけられ、焼きたての鮎、


そしてジュースまで、ご馳走になりました。ありがとうございました。




炙り立ての、苦み走ったいい匂いの鮎を撮り忘れたのは悔しいかも…(T.T) 








サイトに戻り… 






奢っていただいたジュースを飲んで、入浴で火照った体を冷やします。





暑いので、調理で火を使いたくないんですが… 





焚火はまた別モノです。










火遊びをしてますが、そろそろお腹も減ったらしい。













今回も手抜きです。暑いので、総菜コーナーのお寿司に逃げました(笑)







切って盛りつけただけですけど… 






考えたらキャンプ場で寿司というのは、長いキャンプ生活の中で初めてでした。













そしてエダマメの浅漬けは… 





このあと、やめられない止まらない状態に突入。やはり旨かったですよ(^u^)









にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン









今までにない板遣いのローテーブルも発売です。隣のサイトには、まだありませんよ♪













露出度が高すぎる保育園児(^_^;






流されかけた末子の様子を見て、


お兄ちゃんもPFD(Personal Floating Device いわゆるライフジャケット)を身に付けました。






…で、再び流れの緩やかな護岸近くで遊ばせ始めたお子たちが出会ったのは、






これ。





オタマジャクシ。カジカガエルの子どもかな?







末子はサンダルで掴まえようとしますが、





彼のスキルではまだ無理でしたから、パパが手助けして… 









「すぐにおうちに帰してあげようね」と約束して、一匹だけ末子のサンダルに入れます。








連れて帰りたそうな表情をしてますが… 







ここでしか生きられないことを、かみ砕いて伝えると、川に帰してくれました(^。^) 








このあと、通り雨が落ち始めたので、


川遊びを終えてサイトに戻り… 






清流の近くで通り雨が来たあとです。






前回のトリオキャンプで、ブヨに襲撃された教訓を活かし… 





ブヨ避けです。森林香を立てます。



これ、翌朝にも焚いて発煙を継続させました。





さすが林業従事の方の御用達品。今回キャンプはブヨ被害はありませんでした。



北の大地遠征用に、赤のほうを買ってみようかなと考えてます。







そしてパパは、やっとこれにありつけました。





フツーのスーパードライはどうしても、舌にも喉にも合いませんが、黒だけはウマいのは不思議です。






フレンディのオーニングの下にPFDを干した頃には、通り雨もあがったので… 







椿キャンプ場のテントサイトを後にして… 








この急坂を歩いて上り、とある場所へ向かいます。






しかし… 





前回トリオキャンプのレストリブレでも、片鱗を見せてましたけどね。







末子はどうやら裸族系らしい。脱ぎたがり過ぎだし…(呆)






で、椿キャンプ場の楽園へと、向かいます。 














末子が使ってのはこのサンダル。これつま先部分に穴がないので砂利が入りません。オタマジャクシを入れることもできます(笑)











今朝は早出なのでコメ欄閉じてます。コメ返も遅れます。スミマセン(m_m) 



にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ










今までにない板遣いのローテーブルも発売です。隣のサイトには、まだありませんよ♪













夏キャンプの川遊び、一瞬の油断が…





椿キャンプ場はいわゆる下道志に位置しますが、標高はこれくらい。







iPhoneのGPSアプリでは550メーターほどを表示します。AUの電波は弱いエリアみたいで地図画像が追いついてません (^_^;






頭上には夏空がひろがります。





気温は測ってませんが、おそらく32~3度にはなっていたことでしょう。







道志川は釣り人もたくさん。








それにしても多いなぁと思ったら、鮎釣り大会と同じ日に来てたらしい。





このあと、釣り人たちとの交流もあったりして、お子たちもご馳走になったりしました。


椿キャンプ場にいらした大会参加者のみなさん、ありがとうございました。





ところで椿キャンプ場前の道志川は、鮎釣りのポイントにもなっている? くらいで、


子どもが水遊びするにはやや流れが速いところもあるので… 






飛び飛びにある、コンクリの護岸部分の前あたりが、ちょうど良い遊び場になります。








2年前に買ったスターンズのPFDは小さいらしく、末子は背中が痒くなって脱いでしまいましたが… 







このあたりで親の監視の元、ちゃぷちゃぷと遊ぶなら、身に付けさせなくても良いかなと… 






末子に遅れ、お兄ちゃんも水着に着替えて到着です。







さすがお兄ちゃん。末子がサイトに忘れてきた、あるモノを持ってきてくれました。











そう、水鉄砲。バトル開始です(笑)






この後でパパ(水着ではない)と、カメラも濡れそうになりましたが、ひとしきり戦ったあとで一時休戦となり… 







冒険したいそうで、みずからPFDを身に付けます。





この所作に救われました。でも水鉄砲は置いていけばいいのに… 






護岸の浅瀬のすぐ横に、末子の腰のあたりの深さの、緩やかな流れがありましたが… 








これ撮った直後、足から転んで流されかけました。





一瞬ヒヤッとしましたが、顔までは水没せず。


流れが緩やかな場所で、近くで見ていたのですぐに助け上げることができましたが、


むしろPFDで自分が浮くことが分かったらしく、助け上げた時は笑い声を上げてたし… (^_^;






大事にはいたりませんでしたが、あまり野放図にするとコワイので、


このあとは護岸近くの浅瀬に戻りました。




すると… 





なにやら、可愛らしいイキモノと遭遇したみたいです。








やはりこれ、絶対に必要です。水遊びの時は欠かせません。








にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン








今までにない板遣いのローテーブルも発売です。隣のサイトには、まだありませんよ♪












コットンテントは盛夏でも涼しいのか?



椿キャンプ場は道志川沿いにある、細長い敷地のキャンプ場です。






昨日はジルコン15が起ったかどうか、触れないままで記事を保存しましたが、


結論から言うと… 







起ちました。







ただし… 






エントランスをまたぐ2箇所のペグループをダウンした場所は、立木をまたがざるを得ず、






他のペグダウンした箇所も、木の根元ギリギリです。






何度か地面の上で、立ち上げる前の幕体を引きずり回した結果、





椿キャンプ場の地面、この時期にしてはやけに乾いていて、土埃でボトムスカートが汚れてしまいました… (T.T)





狭いサイトでジルコンを起てようとすると、こういうことが起きるんだなぁと… 


ただしこの汚れ、幸か不幸か翌朝に降った雨のおかげで消えましたけど。








ニッポンの夏で谷あいの立地なのに、乾いた地面というのは不思議。これ月曜の朝の雨が、理由を教えてくれました。また後日に触れます。








…で、幕体本体から遅れて購入したこれを、初投入。





ジルコン15用のフロアです。






16角錐なので、22.5度ずつ、自由に土間を調整できます。





だいたい7時半くらい。225度の角度でフロアを展開してみました。






その上にラグを敷き… 








焚火テーブル上にとりあえずペトを置き、奥のボトムベンチレーター前に、あの充電式サーキュレーターを配置します。






ですが木陰なのが幸いしたかな。




サーキュレーターを使わずとも、内部の高い空間とコットン混紡の素材が幸いして、


通気性の良さが分かります。






レストリブレでは木陰のない、完全な日なたに張ってましたからね。





設営する場所を選べば、かなり涼しく過ごせるというか。






…で、幕外に出ると、真夏の日差しのもとに、


こんな光景が飛び込んできますから… 







この清流を前に、飛び込まない手はありません。











設営で汗だくだったけど、冷たすぎるほどではなし。ほどよい冷たさに生き返りました♪ 





もちろん末子もパパに続きます。





念のためPFD(Personal Floating Device)は身に付けさせてますが、2年前に買ったものなのでサイズがギリギリでした… (^_^;












同じグレードのスターンズのPFD、さすがに2年経つと、意匠も変わったみたいですね。









にほんブログ村 アウトドアブログへ blogram投票ボタン


おきてがみ







天然木テーブルの組み立てキット販売中♪ 送料込みに値下げされてますよ。














ランキング


にほんブログ村 アウトドアブログへ

サイト内検索
カスタム検索
スポンサードリンク
tag cloud
Twitter
Follow me on Twitter
feedly
follow us in feedly
アクセス解析研究所
カテゴリ
ブログパーツ(β)
RSS
月別アーカイブ
更新履歴
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム
Teva(R)
Teva(R) 公式サイト(テバ公式サイト)
QRコード
QR
いいものいろいろ♪














メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
マナスルストーブ










価格(笑)
いろいろ

 
クロックス オンラインショップ