新幕購入!ヴィンテージ幕の泥沼にも突入?



超大型連休を前にして

こんな道具を手に入れました




一見 シュラフかと思った方…

残念ながら違います

寝袋かと見紛った方がそう思ったのは

ストレージバッグ様なサックに入っているせいでしょう




これシュラフではありませんし

某C社のアイテムでもありません

C社ロゴのサックはデフォルトではなく

元々のサックはすでに無かった模様






おそるおそる中を覗いてみますが

それだけでは状態が分からず…

ブツを取り出してみました




デフォルトサックがないということは もちろん中古なのですが

ただの中古品ではありません

少なくとも20年かそれ以上は前…

つまり20世紀末に作られたアイテムです


下の構成物を見ると このヴィンテージが

いったい何の道具なのか

お分かりになる方が多いと思います




ゴールドのポールということは…

そう テントです

ちなみにポールのショックコードは伸びたり切れたりは無し

むしろ伸縮がきつく 組み立て難いくらいでした





オークションで掘り出し物を見つけました

今は存在しないけど 由緒正しきメーカーのテント…


ただ 掘り出し物だけど

やっぱり古いだけのことはあります




フライシートには砂や泥が付着してますが

いつのものか分からないくらいの色合いです




砂泥は縫製部のシームに沿って貼り付いている感じで

いかにも頑固そうな汚れ…

撥水処理もやり直した方が良いかもしれません


そしてこの手の中古ヴィンテージテントをネットで入手して

いちばん不安な要素は PVC生地の経年劣化

特に加水分解によるべとつきなのですが…




触った感じ ほんの少しだけ

指にまとわりつく感触があります




…なのですが ワタシが持っている某オレンジ幕で

加水分解によるベタベタを対策処理した後と比べると

大差ない状態でした


当該オークションの内容では 「ベタつきはない」 とされていたのですが

「主観の違い」 と捉えられる範疇のレベルにあります

ちなみに上の画像はMSRのオレンジ幕に撥水処理する前の状態で

ポロン-T で処理すると こんな感じになります




視覚的にもベタつきがとれ サラッとした感じになっているのが伝わるかと


今回入手したテントのフライシートは

この処理後の状態よりはほんの少しだけ

ベタっとしている感じなのです


ただ フライ以外のテント本体はというと…




フライと同様の素材と思われるポールスリーブは

内側がくっつくような感触はなし






この状態ならポールはスムーズに通るでしょう

ちなみにテントの形状はドーム型で ポールは3本

いわゆる魚座型に近いけど厳密には違います

キャンプ初心者の頃に使っていた3ポールテントと同じ形です





そろそろ正体を明かしましょう





この海獣マークということは…





そう Warlus ( ウォーラス ) です







ウォーラスとは…

シェラデザインズの創始者であるボブ・スワンソンとジョージ・マークスの手で

1984年に創業された 伝説のアウトドア用品メーカー

しかし MSRに吸収合併され

しばらくはMSRのカタログにブランドとしてその残滓を留めますが

2001年には CASCADE DSIGNS に完全吸収され

消滅してしまいました




同じ様にMSRに吸収合併されたメーカーとしては

MOSS の方が圧倒的に有名ですが

有名なぶん 中古市場でもバカ高い値札がついています

その高い取引価格の割りに 加水分解による劣化が激しく

まるで牛糞のような匂いを放つ個体も珍しくありません




MOSS は色々な意味で敷居が高いこともあり

快適素材の欧製TC幕を入手した後は

興味を失うこと久しかったのですが

実を言うとウォーラスの幕体については

MOSS 以上に その形状に興味を持ち続けておりました




このミニマムな形状 欲しかったんだよなぁ…

ただ 今回入手できたのは上の micro swift ではなくて

こっちなのですけどね↓




記憶に懐かしい3本ポールの構成です


過去に何度かオークションでウォーラスのテントを物色したものの

その都度 縁がなかったようで フラレていたのですが…




これ見つけたのは5年ぶりくらいかな

長年の片思いがやっと適った感じがしています





もっとも… コンディションは悪くはないものの

さすがに2~30年前の幕体なので いわゆるMOSS臭ほどではないにせよ

古いPVC幕特有の芳香… 古いビニール玩具のような匂いはあり

これはなんらかの処理を施さないと消せない筈




実戦投入はもう少し先かなぁ…


  

ひさびさにテント洗ったり撥水剤縫ったり シーム施したりの工程が待ってると思いますが

そんな苦労も楽しいもの…




超大型連休を前に 深い沼に足を踏み入れたような気もしますけど… (^^ゞ







更新の励みになります


アウトドアランキング

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : ウォーラス ヴィンテージ テント オークション MSR MOSS シェラデザイン 加水分解 ベタつき

GW道志みちの超大渋滞は確定…ヤバい大渋滞情報に根拠あり



今回の朝霧JAMで平日ソロキャンプを過ごして

得られた収穫が2つあります




ひとつはこれ

ピザ釜にも使える中華薪スト温度計がとても優秀だったこと

特に薪スト運用の初期段階では

いつ吸気を絞るべきかがよく分かるようになりました




これでテンマク アイアンストーブちびは

その鉄材を傷める危険性が減り

末永く使えることが補償されたと思います


そしてもうひとつがこの薪の使い方です




杉のような針葉樹薪はこれまで薪ストから遠ざけてきましたが

じゅうぶんに乾燥していれば 広葉樹薪と混ぜて使っても

問題ないことが分かりました




いつどこのキャンプ場でも広葉樹薪を確保できるとは限りませんし

杉薪しか置いていないキャンプ場も珍しくありません


そんな時 広葉樹薪と取り混ぜて使っても

しっかり乾燥した針葉樹薪なら大丈夫なのです




過去の5月もそうしましたが もうすぐやってくる大型連休でも

薪ストは使うつもりでいますからね


特に今年は超が付くくらい大型の10連休です

キャンプ場や近辺で薪の供給が追いつかなくなる状況もあり得ますから

ふたつめの収穫は GWで予想以上の大きな好影響を及ぼすかもしれません



それら収穫の手応えを感じつつ

撤収は進行中…




道具荷物の積み込みのため

いつも通りデリカのリアハッチをテンティピのエントランスに直付けします

車をこう移動させることで撤収作業がだいぶん楽になります




この時点で撤収定刻の17分前だったりしますが

テンティピ以外は積み込むだけなので大丈夫なのです




設営の時こそもっと時間を要しますが

テンティピはどんなに大きくてもティピ型テントなので…




とにかく収容は手早く済んでしまう

ちょっとだけ定刻をオーバーしましたけどね




朝霧JAMフリーサイトの平日アウト定刻は16時ですが

たったの18分でジルコン15を畳み車載し終わりました


ところでここ 朝霧JAMにもこんなトークンシステムが…




ポイントカードができてました

2年前の夏に来た時はなかったなぁ…




2,000円ごとにスタンプ1つで

10個たまれば1,500円 20個たまると4,000円もオフになります

道志の椿荘ACも最近ポイントカードを導入しましたが 朝霧JAMは自宅から遠いので

こっちのスタンプを貯めるのは時間がかかりそう…(^^ゞ





しかし午後になって雲に隠れた富士は

結局 退出時まで再び姿を表さず…




それだけは心残りですが

自宅への帰路を辿り始めます



国道139号線へ右折して5キロほど走り

ワタシとしては珍しく 職場の同僚へのお土産を買うために

こちらへ立ち寄りましたが…






たまにはそういう善い行いもしてみるもの…

道の駅売店は棚卸しのため早仕舞い直前だったので

大急ぎで土産を買いましたが外へ出てみると…




朝霧高原の去り際に

最後の富士の麗姿を見ることが適った次第




GWはこの地じゃないんだよなぁ… ゲストさんたちにこれを見せてやりたかったけど


ところで 往路は中央高速を通って来たのですが

帰路にあることが気になったため

あえて下道を通ることに…




ここ 道志みちです

山梨との県境から神奈川県に入ったあたり

道志みちを通るということは あの場所…




青根の信号

以前 暫定開通時期は3月下旬と聞いていたのですが

残念ながら平成31年3月29日時点では

いまだに昨秋の台風24号が起こした道路崩落による通行止めは続いており

ガードマンの誘導で迂回路へと曲がらざるを得ず…


ではいったい いつになったらこの状況が変わるのか

気になって調べてみると…


「これまで 暫定開通時期は3月下旬を予定していたが 

仮橋の設置に必要な資機材等の確保に時間を要したため 

4月下旬に変更」
とのこと




出典元 : 国道413号(通称:道志みち)の全面通行止め

および市道橋津原平丸(はつばらひらまる)の暫定開通について


相模原市公式ホームページ「道路」 より



3月20日時点の発表によると こういう状況だった…


残念なことに 道志みち 国道413号 青根地区の暫定開通は

4月下旬に先延ばしされてしまい

そして暫定開通しても 仮設橋は

なんと片側交互通行による一車線規制とのこと




これってつまり GWの道志みちは大渋滞するのだと…

そう考えるのが定石でしょう…(^^ゞ




道志みち沿いでのキャンプを心ゆくまで楽しむなら

仮橋が開通する前の今のうちか

あるいは完全復旧するのを待つ方が良いのかもしれません…




現在使われている迂回路も生きているとは思いますが

そのことに気付く方も少なくないはずですし

元々その迂回路は地域の方々の生活道路ですから

あまり通ろうと考えない方が良さそうです


残念ですが間に合わなかったものは仕方ありませんね




GWに道志を訪れたり通過したりする予定の方は

大渋滞を覚悟して臨むか 超早めに家を出るとか…

対策しておく方が良さそうですよ






更新の励みになります

にほんブログ村 アウトドアブログへ

2つのバナークリック、ぜひともお願いします 
















テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

tag : 朝霧JAM テンティピ GW 道志みち 大渋滞 迂回路 片側交互通行 仮橋 崩落 通行止め

<


サイト内検索


ランキング



PVアクセスランキング にほんブログ村





スポンサードリンク
tag cloud
更新履歴
カテゴリ
feedly
follow us in feedly

RSS
月別アーカイブ
Twitter
Follow me on Twitter
ナチュラム
アウトドア&フィッシング ナチュラム

アウトドア&フィッシング ナチュラム







QRコード
QR
いいものいろいろ♪










メールフォーム

ブログの内容に関係のないコメントは承認しません。

メールフォームをご利用ください。

リンク
Advertisement
いろいろ